Cisco SFS InfiniBand Fibre Channel Gateway ユーザ ガイド
ファイバ チャネル ゲートウェイの HA
ファイバ チャネル ゲートウェイの HA
発行日;2012/01/14 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

ファイバ チャネル ゲートウェイの HA

冗長トポロジ

ロード バランシング

ダイナミック ゲートウェイ フェールオーバー

ファイバ チャネル ゲートウェイの障害または切断からの回復

予想されるフェールオーバー時の動作

予想されるシステムへの影響

回復に必要な作業

トラフィックおよび SRP 接続の再配分

Element Manager を使用する

CLI を使用する

ファイバ チャネル ゲートウェイの HA

この章の内容は、次のとおりです。

「冗長トポロジ」

「ダイナミック ゲートウェイ フェールオーバー」

冗長トポロジ

ファイバ チャネル ゲートウェイの High Availability(HA; ハイ アベイラビリティ)は、冗長トポロジに依存します。冗長トポロジでは、次の事項に注意してください。

すべての SRP ホストが、同じ InfiniBand(IB)ファブリックおよびサブネット上の複数のファイバ チャネル ゲートウェイを経由して、各ストレージ デバイスに到達できる必要があります。

各ファイバ チャネル ゲートウェイの 2 つのポートは、同じストレージ デバイスにアクセスできる必要があります。

図2-1 に、冗長トポロジの例を示します。

図2-1 冗長トポロジ

 

単純なトポロジ例では、両方のファイバ チャネル ゲートウェイがホストに同じ LUN へのルートを提供し、各ファイバ チャネル ゲートウェイの両方のポートが同じ LUN にアクセスできます。このトポロジ例のサーバ スイッチは、(相互に直接接続されているので)両方とも同じ IB ファブリック上の同じサブネットで実行されます。サーバ スイッチは同じ IB ファブリックおよびサブネット上に常駐しているので、デバイス マネージャは両方のステータスを監視し、一方のファイバ チャネル ゲートウェイに障害が発生した場合には、他方のゲートウェイですべてのトラフィックが処理されるように指示します。各ゲートウェイの両方のポートは同じ LUN にアクセスするので、ゲートウェイ上の ITL は、ダイナミック ロード バランシング、ダイナミック パス アフィニティ、およびダイナミック ポート フェールオーバーをサポートできます。

ロード バランシング

ITL にロード バランシング オプションを設定すると、ファイバ チャネル ゲートウェイの両方のポートで、I/O の負荷が分散されます。ファイバ チャネル ゲートウェイは、各 I/O のサイズに基づいて各 I/O を追跡するロード メトリックを使用して、I/O を転送するポートを判別します。

ダイナミック ゲートウェイ フェールオーバー

ダイナミック ゲートウェイ フェールオーバーに必要なのは冗長トポロジだけで、ソフトウェアの設定は不要です。冗長トポロジを構築するには、複数のサーバ スイッチをそのまま使用するか、または複数のファイバ チャネル ゲートウェイを備えた 1 台の Cisco SFS 3012 を使用します。

「冗長トポロジ」のトポロジ要件を満たしているサーバ スイッチを起動すると、自動的にゲートウェイ フェールオーバーが実行されます。ただし、障害のあるファイバ チャネル ゲートウェイを回復する場合、または新しいファイバ チャネル ゲートウェイを実稼働ファブリックに追加する場合には、トラフィックを再配分する必要があります。

ファイバ チャネル ゲートウェイの障害または切断からの回復

ここでは、冗長トポロジであることを前提とします。

予想されるフェールオーバー時の動作

何らかの理由でファイバ チャネル ゲートウェイがダウンするか、切断された場合、そのリンクを使用している接続はすべて、別のファイバ チャネル ゲートウェイに自動的にフェールオーバーされます。フェールオーバーは、次のように実行されます。

切断された Initiator-Target(IT; イニシエータ/ターゲット)接続上でハードウェアのタイムアウトが発生します。

新しい接続要求が、Connection Manager(CM)に送信されます。

CM により、接続が新しいゲートウェイにリダイレクトされます。

予想されるシステムへの影響

ホストとストレージ間には複数のパスが存在するので、一方のゲートウェイに障害が発生したり、ゲートウェイが取り外された場合、トラフィックおよびすべての SRP 接続は他方のゲートウェイに自動的に移行します。

冗長構成の一方のファイバ チャネル ゲートウェイが障害でダウンしたり、切断された場合、次のイベントが発生します。

そのゲートウェイを経由する接続が、ホスト ドライバ側で瞬間的に中断されます。ホストは、アプリケーション側で接続の損失が認識されないように、ただちに新しい接続を確立します。

ファイバ チャネル ゲートウェイを交換または再搭載した場合には、ゲートウェイの負荷を再配分する必要があります。詳細については、「トラフィックおよび SRP 接続の再配分」を参照してください。

回復に必要な作業

何らかの理由でゲートウェイを交換する必要がある場合には、次の手順に従って、ファイバ チャネル ゲートウェイ間の冗長性を回復してください。


ステップ 1 新しいファイバ チャネル ゲートウェイを取り付けます。

ステップ 2 ファイバ チャネル ゲートウェイからファイバ チャネル ストレージ デバイスへの冗長接続を設定します。

ステップ 3 新しいファイバ チャネル ゲートウェイのイネーブル化および設定の手順を実行します。

ステップ 4 SRP 接続を再配分します(トラフィックおよび SRP 接続の再配分 を参照)。

停止したゲートウェイを再び取り付けたあと、管理者は、そのゲートウェイをシステム上で再確立する必要があります。接続を再配分してロード バランシングを実行するには、この手順が必要です。


 

トラフィックおよび SRP 接続の再配分

アクティブ ファブリック上で、障害が発生したファイバ チャネル ゲートウェイを回復するか、または新しいファイバ チャネル ゲートウェイを追加したら、トラフィックを再配分してそのゲートウェイに相応のトラフィックおよび接続を分担させます。

Element Manager を使用する

Element Manager を使用して複数のファイバ チャネル ゲートウェイにトラフィックを再配分する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Element Manager を起動して、サーバ スイッチに接続します。

ステップ 2 Fibre Channel メニューで、Storage Manager を選択します。Storage Manager ウィンドウが開きます。

ステップ 3 Storage ナビゲーション ツリーで、Gateway Cards フォルダを展開します。

ステップ 4 アクティブ ゲートウェイをクリックします。右側のディスプレイに Redistribute Connections ボタンが表示されます。

ステップ 5 Redistribute Connections ボタンをクリックします。すべての非アクティブのゲートウェイに、再配分したゲートウェイのトラフィックが分散されます。

ステップ 6 すべてのアクティブ ゲートウェイについて、この手順を繰り返します。


) 複数のゲートウェイのトラフィックを 1 つの新しいゲートウェイに再配分する必要がある場合には、ホストをストレージからログアウトして、再びログインします。ログイン時にホストがデバイス マネージャにクエリーを送信すると、デバイス マネージャにより新規/復旧ゲートウェイ経由でリンクするというアラートが表示されます。



 

CLI を使用する

CLI を使用して複数のファイバ チャネル ゲートウェイにトラフィックを再配分する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 CLI セッションを開始し、ファイバ チャネル読み書き権限のあるユーザとしてログインします。権限の詳細については、『Cisco SFS Product Family Command Reference』を参照してください。

Login: super
Password: xxxxx
 

ステップ 2 enable コマンドを入力して、特権 EXEC モードを開始します。

SFS-3012R> enable
SFS-3012R#
 

ステップ 3 configure terminal コマンドを入力して、グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

SFS-3012R# configure terminal
SFS-3012R(config)#
 

ステップ 4 interface コマンドを入力し、次の内容を指定します。

gateway キーワード

アクティブ ゲートウェイのスロット番号

ファイバ チャネル インターフェイス コンフィギュレーション サブモードが開始されます。

SFS-3012R(config)# interface gateway 5
SFS-3012R(config-if-gw-5/1)#
 

ステップ 5 no fc srp initiator-target コマンドを入力して、SRP 接続を再配分します。

SFS-3012R(config-if-gw-5/1)# no fc srp initiator-target
 

ステップ 6 すべてのアクティブ ゲートウェイについて、この手順を繰り返します。


) 複数のゲートウェイのトラフィックを 1 つの新しいゲートウェイに再配分する必要がある場合には、ホストをストレージからログアウトして、再びログインできます。ログイン時にホストがデバイス マネージャにクエリーを送信すると、デバイス マネージャにより新規/復旧ゲートウェイ経由でリンクするというアラートが表示されます。