『Cisco Nexus 9372PX NX-OS-Mode スイッチ ハードウェア設置ガイド』
コンポーネントの交換
コンポーネントの交換

コンポーネントの交換

ファン トレイの交換


注意    


交換用ファン トレイが正しいエアーフローの方向であることを確認します。つまりシャーシのファン トレイおよび電源モジュールと同じ色のマークがあることを確認します。 そうでない場合、スイッチが過熱しシャットダウンする場合があります。


ファン トレイの取り外し


(注)  


ファン アセンブリをシャーシから外すときにファンがまだ回転している場合があります。 ファン アセンブリの筐体の隙間に指やドライバなどを近づけないでください。



ファン トレイの取り付け

はじめる前に
  • ファン トレイ スロットの 1 つは空いていて、新しいファン トレイを取り付けられるようにしておく必要があります。

  • スイッチが稼働中は、新しいファン トレイを手元に用意して元のファン トレイを取り外してから 1 分以内に取り付けるようにする必要があります。

  • 新しいファン トレイには、このスイッチに必要とされるポート側吸気エアーフローがあることを示す赤紫色のストラップが表面についている必要があります。

ステータス(STS)LED が点灯し、グリーンになることを確認します。

AC 電源モジュールの交換

別の電源モジュールが取り付けられていて交換時に稼働している限り、動作時に AC 電源モジュールを交換できます。 スイッチは 1 つの電源モジュールだけで稼働するので、稼働中に冗長電源モジュールをホット スワップできます。 シャーシに取り付けられている電源モジュールが 1 個だけの場合、電源モジュールを取り外す前に空いている電源モジュール スロットに新しい電源モジュールを取り付けることでモジュールを交換できます。


注意    


交換用電源モジュールが正しいエアーフローの方向であることを確認します。つまりシャーシのファン トレイおよび電源モジュールと同じ色のマークがあることを確認します。 そうでない場合、スイッチが過熱しシャットダウンする場合があります。


AC 電源モジュールの取り外し

スイッチ シャーシの 2 つの電源モジュールのうち 1 つを交換する場合は、一方がスイッチに電力供給している間にもう一方の電源モジュールを取り外し、空きスロットに新しい電源モジュールを取り付けます。 電源モジュールが 1 つしかないシャーシの電源モジュールを交換する必要がある場合は、新しい電源モジュールを空いている電源モジュール スロットに取り付け、古い電源モジュールを取り外す前に、そのモジュールに電源を投入します。


    ステップ 1   電源ケーブルのプラグを持ちながら、電源モジュールの電源コンセントからプラグを引き抜き、電源 LED が両方ともオフになっていることを確認します。
    ステップ 2   電源モジュールのリリース ラッチを左に動かし、シャーシから電源モジュールを途中まで引き出し、シャーシから電源モジュールを取り外します。
    ステップ 3   シャーシから引き出す際、もう一方の手で下から電源モジュールを支えます。
    注意       

    モジュール背面の電気コネクタに触れないようにし、他の何かが接触してコネクタが損傷しないようにします。

    ステップ 4   シャーシの電源モジュール スロットを空のままにしておく場合は、電源モジュール用ブランク フィラー パネル(部品番号 N2200-P-BLNK)を取り付けます。 それ以外の場合は、AC 電源の取り付けで説明されているようにスロットに別の電源モジュールを取り付けます。

    AC 電源の取り付け


      ステップ 1   シャーシにシステム アースが接続されていることを確認します。 アースの接続方法については、シャーシのアース接続を参照してください。
      ステップ 2   電源モジュール スロットにフィラー パネルが取り付けられている場合は、リリース ラッチを左に動かし、パネルをスロットから引き出して外します。
      ステップ 3   一方の手でモジュールの下部を持ち、もう一方の手でハンドルを持つ形で交換用電源モジュールを持ち、電源モジュールの後端(電気接続の終端部)を空いている電源モジュール スロットに合わせ、電源モジュールがカチッと音がして所定の位置にはまるまでスロットに完全に押し込みます。
      ステップ 4   リリース ラッチを使用せずに電源モジュールをスロットから引き出すようにして取り付け具合を確認します。

      電源モジュールが動かなければ、スロットに確実に固定されています。 電源モジュールが動く場合は、カチッと音がするまでスロットに完全に押し込みます。

      ステップ 5   電源モジュール前面の電源コンセントに電源ケーブルを接続します。
      ステップ 6   電源コードの反対側を AC 電源コンセントに接続します。

      2 つの電源モジュールが取り付けられていて電源(n+1)の冗長性を確保するには、両方の電源モジュールを同一の電源に接続します。 2 つの電源モジュールが取り付けられていて入力電源(n+n)の冗長性を確保するには、各電源モジュールを異なる電源に接続します。

      (注)     

      配電ユニットのコンセントの種類によっては、スイッチをコンセントに接続するために、オプションのジャンパ ケーブルが必要となる場合があります。

      ステップ 7   電源モジュールの LED がグリーンになっているかどうかを調べ、電源モジュールが動作可能であることを確認します。 電源モジュールの LED が示す内容については、電源装置の LEDを参照してください。