Cisco Nexus 9000 シリーズ NX-OS Quality of Service コンフィギュレーション ガイド リリース 6.x
新機能および変更された機能に関する情報
新機能および変更された機能に関する情報

新機能および変更された機能に関する情報

この章では、『Cisco Nexus 9000 Series NX-OS Layer 2 Configuration Guide, Release 6.x』に記載されている新機能および変更された機能について、リリース固有の情報を示します。

新機能および変更された機能に関する情報

次の表は、『Cisco Nexus 9000 シリーズ NX-OS Quality of Service コンフィギュレーション ガイド』の新機能および変更された機能を要約し、その参照先を示します。

表 1 新機能および変更された機能

機能

説明

変更されたリリース

参照先

8q モード

8q モード機能のシステム定義オブジェクトのサポートが追加されました。

6.1(2)I2(2a)

モジュラ QoS コマンドライン インターフェイス(MQC)の使用

AFD

Approximate Fair-Drop(AFD)機能のサポートが追加されました。

6.1(2)I2(2)

キューイングおよびスケジューリング

バッファ ブースト

バッファ ブースト機能による追加バッファのイネーブ化のサポートが追加されました。

6.1(2)I2(1)

キューイングおよびスケジューリング

TCAM カービング

Ternary Content Addressable Memory(TCAM)機能によるアクセス コントロール リスト(ACL)のサイズ変更のサポートが追加されました。

6.1(2)I2(1)

TCAM カービング