Cisco Nexus 9000 シリーズ NX-OS レイヤ 2 スイッチング コンフィギュレーション ガイド リリース 6.x
レイヤ 2 スイッチングの設定
レイヤ 2 スイッチングの設定

目次

レイヤ 2 スイッチングの設定

レイヤ 2 スイッチングについて


(注)  


インターフェイスの作成の詳細については、『Cisco Nexus 9000 Series NX-OS Interfaces Configuration Guide』を参照してください。


レイヤ 2 スイッチング ポートをアクセス ポートまたはトランク ポートとして設定できます。 トランクは 1 つのリンクを介して複数の VLAN トラフィックを伝送するので、VLAN をネットワーク全体に拡張することができます。 レイヤ 2 スイッチング ポートはすべて、MAC アドレス テーブルを維持します。


(注)  


ハイ アベイラビリティ機能の詳細については、『Cisco Nexus 9000 Series NX-OS High Availability and Redundancy Guide』を参照してください。


レイヤ 2 イーサネット スイッチングの概要

このデバイスは、レイヤ 2 イーサネット セグメント間の同時パラレル接続をサポートします。 イーサネット セグメント間のスイッチド接続が維持されるのは、パケットの伝送時間の長さだけです。 次のパケットには、別のセグメント間に新しい接続が確立されます。

デバイスは、高帯域のデバイスおよび多数のユーザに起因する輻輳問題を解決するために、デバイス(サーバなど)ごとに専用のコリジョン ドメインを割り当てます。 各 LAN ポートが個別のイーサネット コリジョン ドメインに接続されるので、スイッチド環境のサーバは全帯域幅にアクセスできます。

衝突はイーサネット ネットワークに重大な輻輳を引き起こしますが、有効な解決策の 1 つは全二重通信です。 一般的に、10/100 Mbps イーサネットは半二重モードで動作するので、各ステーションは送信または受信のどちらかしか実行できません。 これらのインターフェイスを全二重モードに設定すると、2 つのステーション間で同時に送受信を実行できます。 パケットを双方向に同時に送ることができるので、有効なイーサネット帯域幅は 2 倍になります。

セグメント間のフレーム スイッチング

デバイス上の各 LAN ポートは、単一のワークステーション、サーバ、またはワークステーションやサーバがネットワークへの接続時に経由する他のデバイスに接続できます。

信号の劣化を防ぐために、デバイスは各 LAN ポートを個々のセグメントとして処理します。 異なる LAN ポートに接続しているステーションが相互に通信する必要がある場合、デバイスは、一方の LAN ポートから他方の LAN ポートにワイヤ速度でフレームを転送し、各セッションが全帯域幅を利用できるようにします。

デバイスは、LAN ポート間で効率的にフレームをスイッチングするために、アドレス テーブルを管理しています。 デバイスは、フレームを受信すると、受信した LAN ポートに、送信側ネットワーク デバイスのメディア アクセス コントロール(MAC)アドレスを関連付けます。

アドレス テーブルの構築およびアドレス テーブルの変更

デバイスは、受信したフレームの送信元 MAC アドレスを使用して、アドレス テーブルをダイナミックに構築します。 自分のアドレス テーブルに登録されていない宛先 MAC アドレスを持つフレームを受信すると、デバイスは、そのフレームを同じ VLAN のすべての LAN ポート(受信したポートは除く)に送出します。 宛先端末が応答を返してきたら、デバイスは、その応答パケットの送信元 MAC アドレスとポート ID をアドレス テーブルに追加します。 以降、その宛先へのフレームを、すべての LAN ポートに送出せず、単一の LAN ポートだけに転送します。

スタティック MAC アドレスと呼ばれる、デバイス上の特定のインターフェイスだけをスタティックに示す MAC アドレスを設定できます。 スタティック MAC アドレスは、インターフェイス上でダイナミックに学習された MAC アドレスをすべて書き換えます。 ブロードキャストのアドレスは、スタティック MAC アドレスとして設定できません。 スタティック MAC エントリは、デバイスのリブート後も保持されます。

仮想ポート チャネル(vPC)ピア リンクにより接続されている両方のデバイスに、同一のスタティック MAC アドレスを手動で設定する必要があります。 MAC アドレス テーブルの表示が拡張されて、vPC を使用している MAC アドレスに関する情報が表示されるようになりました。

vPC の詳細については、『Cisco Nexus 9000 Series NX-OS Interfaces Configuration Guide』を参照してください。

アドレス テーブルは、ハードウェアの I/O モジュールに応じて多数の MAC アドレス エントリを格納できます。 デバイスは、設定可能なエージング タイマーによって定義されるエージング メカニズムを使用しているため、アドレスが非アクティブな状態のまま指定時間(秒)が経過すると、そのアドレスはアドレス テーブルから削除されます。

スーバーバイザおよびモジュール上で一貫した MAC アドレス テーブル

各モジュールのすべての MAC アドレス テーブルが、スーパーバイザ上の MAC アドレスと正確に一致するのが理想的です。 show forwarding consistency l2 コマンドまたは show consistency-checker l2 コマンドを入力すると、不一致、欠落、および余分の MAC アドレス エントリが表示されます。

レイヤ 3 スタティック MAC アドレス

スタティック MAC アドレスは、次のレイヤ 3 インターフェイスに設定できます。

  • レイヤ 3 インターフェイス

  • レイヤ 3 サブインターフェイス

  • レイヤ 3 ポート チャネル

  • VLAN ネットワーク インターフェイス


(注)  


トンネル インターフェイスにはスタティック MAC アドレスを設定できません。


レイヤ 3 インターフェイスの設定の詳細については、『Cisco Nexus 9000 Series NX-OS Interfaces Configuration Guide』を参照してください。

スイッチングのハイ アベイラビリティ

従来のイーサネット スイッチングごとに、ソフトウェアのアップグレードまたはダウングレードをシームレスに実行できます。 レイヤ 3 インターフェイス上にスタティック MAC アドレスを設定している場合、ソフトウェアをダウングレードするために、これらのポートの設定を解除する必要があります。


(注)  


ハイ アベイラビリティ機能の詳細については、『Cisco Nexus 9000 Series NX-OS High Availability and Redundancy Guide』を参照してください。


レイヤ 2 スイッチングのライセンス要件

次の表に、この機能のライセンス要件を示します。

製品

ライセンス要件

Cisco NX-OS

レイヤ 2 スイッチングにライセンスは必要ありません。 ライセンス パッケージに含まれていない機能はすべて Cisco NX-OS システム イメージにバンドルされており、追加費用は一切発生しません。

MAC アドレス設定の前提条件

MAC アドレスには次の前提条件があります。

  • デバイスにログインしていること。

  • 必要に応じて、アドバンスド サービスのライセンスをインストールします。

レイヤ 2 スイッチングのデフォルト設定

次の表に、レイヤ 2 スイッチングのパラメータのデフォルト設定を示します。

表 1 レイヤ 2 スイッチング パラメータのデフォルト値

パラメータ

デフォルト値

エージング タイム

1800 秒

レイヤ 2 スイッチングの設定手順


(注)  


Cisco IOS の CLI に慣れている場合、この機能の Cisco NX-OS コマンドは従来の Cisco IOS コマンドと異なる点があるため注意が必要です。


スタティック MAC アドレスの設定

スタティック MAC アドレスと呼ばれる、デバイス上の特定のインターフェイスだけをスタティックに示す MAC アドレスを設定できます。 スタティック MAC アドレスは、インターフェイス上でダイナミックに学習された MAC アドレスをすべて書き換えます。 ブロードキャストまたはマルチキャストのアドレスは、スタティック MAC アドレスとして設定できません。

手順の概要

    1.    config t

    2.    mac address-table static mac-address vlan vlan-id {[drop | interface {type slot/port} | port-channel number]}

    3.    exit

    4.    (任意) show mac address-table static

    5.    (任意) copy running-config startup-config


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 config t


    例:
    switch# config t
    switch(config)#
     

    コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 2 mac address-table static mac-address vlan vlan-id {[drop | interface {type slot/port} | port-channel number]}


    例:
    switch(config)# mac address-table static 1.1.1 vlan 2 interface ethernet 1/2
     

    レイヤ 2 MAC アドレス テーブルに追加するスタティック MAC アドレスを指定します。

     

    ステップ 3 exit


    例:
    switch(config)# exit
    switch#
     

    コンフィギュレーション モードを終了します。

     
    ステップ 4 show mac address-table static


    例:
    switch# show mac address-table static
     
    (任意)

    スタティック MAC アドレスを表示します。

     
    ステップ 5 copy running-config startup-config


    例:
    switch# copy running-config startup-config
     
    (任意)

    実行コンフィギュレーションを、スタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

     

    次に、レイヤ 2 MAC アドレス テーブルにスタティック エントリを追加する例を示します。

    switch# config t
    switch(config)# mac address-table static 1.1.1 vlan 2 interface ethernet 1/2
    switch(config)#

    レイヤ 3 インターフェイス上のスタティック MAC アドレスの設定

    レイヤ 3 インターフェイスのスタティック MAC アドレスを設定できます。 ブロードキャストまたはマルチキャストのアドレスは、スタティック MAC アドレスとして設定できません。


    (注)  


    トンネル インターフェイスにはスタティック MAC アドレスを設定できません。


    レイヤ 3 インターフェイスの設定の詳細については、『Cisco Nexus 9000 Series NX-OS Interfaces Configuration Guide』を参照してください。

    手順の概要

      1.    config t

      2.    interface [ethernet slot/port | ethernet slot/port.number | port-channel number | vlan vlan-id]

      3.    mac-address mac-address

      4.    exit

      5.    (任意) show interface [ethernet slot/port | ethernet slot/port.number | port-channel number | vlan vlan-id]

      6.    (任意) copy running-config startup-config


    手順の詳細
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1 config t


      例:
      switch# config t
      switch(config)#
       

      設定モードを開始します

       
      ステップ 2 interface [ethernet slot/port | ethernet slot/port.number | port-channel number | vlan vlan-id]


      例:
      switch(config)# interface ethernet 7/3
       

      レイヤ 3 インターフェイスを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

      (注)     

      スタティック MAC アドレスを割り当てる前に、レイヤ 3 インターフェイスを作成する必要があります。

       

      ステップ 3 mac-address mac-address


      例:
      switch(config-if)# mac-address 22ab.47dd.ff89
      switch(config-if)#
       

      レイヤ 3 インターフェイスに追加するスタティック MAC アドレスを指定します。

       
      ステップ 4 exit


      例:
      switch(config-if)# exit
      switch(config)#
       

      インターフェイス モードを終了します。

       
      ステップ 5 show interface [ethernet slot/port | ethernet slot/port.number | port-channel number | vlan vlan-id]


      例:
      switch# show interface ethernet 7/3
       
      (任意)

      レイヤ 3 インターフェイスに関する情報を表示します。

       
      ステップ 6 copy running-config startup-config


      例:
      switch# copy running-config startup-config
       
      (任意)

      実行コンフィギュレーションを、スタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

       

      次に、スロット 7、ポート 3 上のレイヤ 3 インターフェイスにスタティック MAC アドレスを設定する例を示します。

      switch# config t
      switch(config)# interface ethernet 7/3
      switch(config-if)# mac-address 22ab.47dd.ff89
      switch(config-if)# 

      MAC テーブルのエージング タイムの設定

      MAC アドレス エントリ(パケットの送信元 MAC アドレスおよびパケットを学習したポート)を、レイヤ 2 情報を含む MAC テーブルに格納しておく時間を設定できます。


      (注)  


      MAC アドレスのエージング タイムアウトの最大時間は、設定された MAC アドレス テーブルのエージング タイムアウトの 2 倍です。



      (注)  


      インターフェイス コンフィギュレーション モードまたは VLAN コンフィギュレーション モードで MAC エージング タイムを設定することもできます。


      手順の概要

        1.    config t

        2.    mac address-table aging-time seconds

        3.    exit

        4.    (任意) show mac address-table aging-time

        5.    (任意) copy running-config startup-config


      手順の詳細
         コマンドまたはアクション目的
        ステップ 1 config t


        例:
        switch# config t
        switch(config)#
         

        コンフィギュレーション モードを開始します。

         
        ステップ 2 mac address-table aging-time seconds


        例:
        switch(config)# mac address-table aging-time 600
         

        エントリがエージング アウトし、レイヤ 2 MAC アドレス テーブルから廃棄されるまでのエージング タイムを指定します。 指定できる範囲は 120 ~ 918000 秒です。デフォルトは 1800 秒です。 0 を入力すると、MAC エージングがディセーブルになります。

         
        ステップ 3 exit


        例:
        switch(config)# exit
        switch#
         

        コンフィギュレーション モードを終了します。

         
        ステップ 4 show mac address-table aging-time


        例:
        switch# show mac address-table aging-time
         
        (任意)

        MAC アドレスを保持するエージング タイム設定を表示します。

         
        ステップ 5 copy running-config startup-config


        例:
        switch# copy running-config startup-config
         
        (任意)

        実行コンフィギュレーションを、スタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

         

        次に、レイヤ 2 MAC アドレス テーブルのエントリのエージング タイムを 600 秒(10 分)に設定する例を示します。

        switch# config t 
        switch(config)# mac address-table aging-time 600
        switch(config)#

        MAC アドレス テーブルの整合性検査

        スーパーバイザ上の MAC アドレス テーブルとすべてのモジュールの一致を確認できるようになりました。


        (注)  


        または、show consistency-checker l2 {module_number} コマンドを使用して MAC アドレス テーブルの整合性を検査できます。

        例:

        switch# show consistency-checker l2 module 1
        switch#

        手順の概要

          1.    show forwarding consistency l2 {module_number}


        手順の詳細
           コマンドまたはアクション目的
          ステップ 1 show forwarding consistency l2 {module_number}


          例:
          switch# show forwarding consistency l2 7
          switch#
           

          スーパーバイザと指定のモジュールの間の、矛盾、不足、余分な MAC アドレスを表示します。

           

          次に、スーパーバイザと指定のモジュールの間の、MAC アドレス テーブル内の矛盾、不足、余分なエントリを表示する例を示します。

          switch# show forwarding consistency l2 7
          switch#

          MAC テーブルからのダイナミック アドレスのクリア

          MAC アドレス テーブルにある、すべてのダイナミック レイヤ 2 エントリをクリアできます。 (指定したインターフェイスまたは VLAN によりエントリをクリアすることもできます。)

          手順の概要

            1.    clear mac address-table dynamic {address mac_addr} {interface [ethernet slot/port | port-channel channel-number]} {vlan vlan_id}

            2.    (任意) show mac address-table


          手順の詳細
             コマンドまたはアクション目的
            ステップ 1 clear mac address-table dynamic {address mac_addr} {interface [ethernet slot/port | port-channel channel-number]} {vlan vlan_id}


            例:
            switch# clear mac address-table dynamic
            
             

            レイヤ 2 の MAC アドレス テーブルから、ダイナミック アドレス エントリをクリアします。

             
            ステップ 2 show mac address-table


            例:
            switch# show mac address-table
             
            (任意)

            MAC アドレス テーブルを表示します。

             

            次に、レイヤ 2 MAC アドレス テーブルからダイナミック エントリをクリアする例を示します。

            switch# clear mac address-table dynamic
            switch# 

            レイヤ 2 スイッチング設定の確認

            レイヤ 2 スイッチングの設定情報を表示するには、次のいずれかの作業を行います。

            コマンド

            目的

            show mac address-table

            MAC アドレス テーブルに関する情報を表示します。

            show mac address-table aging-time

            MAC アドレス テーブルに設定されているエージング タイムの情報を表示します。

            show mac address-table static

            MAC アドレス テーブルのスタティック エントリの情報を表示します。

            show interface [interface] mac-address

            インターフェイスの MAC アドレスとバーンドイン MAC アドレスを表示します。

            show forwarding consistency l2 {module}

            モジュールとスーパーバイザのテーブル間の不一致、不明、および追加の MAC アドレスを表示します。

            レイヤ 2 スイッチングの設定例

            次に、スタティック MAC アドレスを追加し、MAC アドレスのデフォルトのグローバル エージング タイムを変更する例を示します。

            switch# configure terminal
            switch(config)# mac address-table static 0000.0000.1234 vlan 10 interface ethernet 2/15
            switch(config)# mac address-table aging-time 120

            レイヤ 2 スイッチングの追加情報(CLI バージョン)

            関連ドキュメント

            関連項目

            マニュアル タイトル

            スタティック MAC アドレス

            『Cisco Nexus 9000 Series NX-OS Security Configuration Guide』

            Interfaces

            『Cisco Nexus 9000 Series NX-OS Interfaces Configuration Guide』

            高可用性

            『Cisco Nexus 9000 Series NX-OS High Availability and Redundancy Guide』

            システム管理

            『Cisco Nexus 9000 Series NX-OS System Management Configuration Guide』

            標準

            標準

            タイトル

            この機能でサポートされる新規の標準または変更された標準はありません。また、既存の標準のサポートは変更されていません。