VTP の設定
VTP の設定

VTP の設定

VTP の概要

サポートされている VTP は、VTP バージョン 1 および 2 です。


(注)  


実際に VLAN を作成せずに VLAN を設定できます。 詳細については、VLAN 作成前の VLAN 設定を参照してください。


VTP

VTP は、VTP ドメイン内の VLAN の追加、削除、名前変更を管理することで VLAN の一貫性を維持する、レイヤ 2 メッセージング プロトコルです。 VTP ドメインは、同じ VTP ドメイン名を共有し、トランク インターフェイスを使用して接続される、1 つ以上のネットワーク装置で構成されます。 各ネットワーク装置は、1 つの VTP ドメインだけに属することができます。

レイヤ 2 トランク インターフェイス、レイヤ 2 ポート チャネル、および仮想ポート チャネル(vPC)は、VTP 機能をサポートしています。

VTP は、デフォルトではデバイスでディセーブルになっています。 コマンドライン インターフェイス(CLI)を使用して、VTP をイネーブルにして設定することができます。 VTP をディセーブルにすると、デバイスで VTP プロトコル パケットが中継されません。


(注)  


VTP は Cisco Nexus 9000 シリーズ デバイスでトランスペアレント モードだけで動作し、デバイス全体に VTP ドメインを拡張できます。


デバイスが VTP トランスペアレント モードの場合、デバイスはトランク ポート上で受信したすべての VTP プロトコル パケットを他のすべてのトランク ポートに中継します。 VTP トランスペアレント モードの VLAN を作成または変更するとき、それらの VLAN の変更は、ローカル デバイスだけに影響します。 VTP トランスペアレント ネットワーク デバイスは、VLAN 設定をアドバタイズせず、受信したアドバタイズに基づいて同期化することもありません。


(注)  


ネットワークで VTP がサポートされている場合、スイッチの相互接続に使用されるすべてのトランク ポートで VLAN 1 が必要です。 これらのポートのいずれかから VLAN 1 をディセーブルにすると、VTP は正常に機能しなくなります。


VTP の概要

VTP は、各ルータまたは LAN デバイスがトランク ポートのフレームでアドバタイズメントを送信することを可能にします。 これらのフレームは、すべてのネイバー デバイスで受信できるマルチキャスト アドレスに送信されます。 これらは通常のブリッジングの手順では転送されません。 アドバタイズメントは、送信側デバイスの VTP 管理ドメイン、設定のリビジョン番号、認識している VLAN、既知の各 VLAN の特定のパラメータを示します。 これらのアドバタイズメントの検知によって、同じ管理ドメイン内のすべてのデバイスは、送信デバイスで設定されている新しい VLAN について学習します。 このプロセスは、管理ドメイン内の 1 台の装置だけに新しい VLAN を作成し、設定できます。またその後、同じ管理ドメイン内の他のすべてのデバイスによって情報が自動的に学習されます。

デバイスが VLAN について学習すると、デバイスはデフォルトでトランク ポートからその VLAN 上のすべてのフレームを受信し、必要に応じて、他のトランク ポートへそれらを転送します。 このプロセスは、不要な VLAN のトラフィックがデバイスに送信されるのを防ぎます。

VTP は、Cisco Discovery Protocol(CDP)など他のプロセスで読み取ることができる共有ローカル データベースで、ドメインおよびモードに関する情報をパブリッシュします。

VTP モード

VTP は次のモードでサポートされます。

  • トランスペアレント:他のすべてのトランク ポートにトランク ポート上で受信したすべての VTP プロトコル パケットを中継することが可能です。 VTP トランスペアレント モードの VLAN を作成または変更するとき、それらの VLAN の変更は、ローカル デバイスだけに影響します。 VTP トランスペアレント ネットワーク デバイスは、VLAN 設定をアドバタイズせず、受信したアドバタイズに基づいて同期化することもありません。

VTP がトランスペアレント モードの場合、最大 128 文字の VLAN ロング ネームを設定できます。

インターフェイス単位の VTP

VTP では、VTP トラフィックを制御するために、ポート単位で VTP プロトコルをイネーブル、またはディセーブルにすることができます。 トランクがスイッチまたはエンド デバイスに接続されている場合、着信 VTP パケットをドロップし、この特定のトランクで VTP アドバタイズメントを防ぎます。 デフォルトでは、VTP はすべてのスイッチ ポートでイネーブルになります。

VTP の設定に関する注意事項および制約事項

VTP 設定時の注意事項と制約事項は次のとおりです。

  • SNMP では、VTP 機能がイネーブルかどうかが vlanTrunkPortVtpEnabled オブジェクトによって示されます。 vlanTrunkPortVtpEnabled オブジェクトのステータスは、show vtp trunk interface eth a/b コマンドの出力に一致しています。

デフォルト設定

次の表に、VTP パラメータのデフォルト設定を示します。

表 1 VTP パラメータのデフォルト値

パラメータ

デフォルト値

VTP

ディセーブル

VTP モード

透過性

VTP ドメイン

ブランク

VTP バージョン

1

インターフェイス単位の VTP

Enabled

VTP の設定

CiscoNexus 9000 デバイスで VTP を設定できます。


(注)  


VTP がネットワークのトランスペアレント モードで使用されている場合、スイッチの相互接続に使用されるすべてのトランク ポートで VLAN 1 が必要です。 これらのポートのいずれかから VLAN 1 をディセーブルにすると、VTP はトランスペアレント モードで適切に機能しなくなります。



(注)  


VTP が機能するのは、トランスペアレント モードだけです。


手順の概要

    1.    config t

    2.    feature vtp

    3.    vtp domain domain-name

    4.    vtp version {1 | 2}

    5.    vtp file file-name

    6.    vtp password password-value

    7.    exit

    8.    (任意) show vtp status

    9.    (任意) show vtp counters

    10.    (任意) show vtp interface

    11.    (任意) show vtp password

    12.    (任意) copy running-config startup-config


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 config t


    例:
    switch# config t
    switch(config)#
     

    設定モードを開始します

     
    ステップ 2 feature vtp


    例:
    switch(config)# feature vtp
    switch(config)#
     

    デバイスの VTP をイネーブルにします。 デフォルトはディセーブルです。

     
    ステップ 3 vtp domain domain-name


    例:
    switch(config)# vtp domain accounting
     

    このデバイスを参加させる VTP ドメインの名前を指定します。 デフォルトは空白です。

     
    ステップ 4 vtp version {1 | 2}


    例:
    switch(config)# vtp version 2
     

    使用する VTP バージョンを設定します。 デフォルトはバージョン 1 です。

     
    ステップ 5 vtp file file-name


    例:
    switch(config)# vtp file vtp.dat
     

    VTP コンフィギュレーションを保存する IFS ファイル システムのファイルの ASCII ファイル名を指定します。

     
    ステップ 6 vtp password password-value


    例:
    switch(config)# vtp password cisco
     

    VTP 管理ドメインのパスワードを指定します。

     
    ステップ 7 exit


    例:
    switch(config)# exit
    switch#
     

    コンフィギュレーション サブモードを終了します。

     
    ステップ 8 show vtp status


    例:
    switch# show vtp status
     
    (任意)

    バージョン、モードおよびリビジョン番号などのデバイスの VTP 設定に関する情報を表示します。

     
    ステップ 9 show vtp counters


    例:
    switch# show vtp counters
     
    (任意)

    デバイスの VTP アドバタイズメントの統計に関する情報を表示します。

     
    ステップ 10 show vtp interface


    例:
    switch# show vtp interface
     
    (任意)

    VTP-enabled インターフェイスのリストを表示します。

     
    ステップ 11 show vtp password


    例:
    switch# show vtp password
     
    (任意)

    管理 VTP ドメインのパスワードを表示します。

     
    ステップ 12 copy running-config startup-config


    例:
    switch(config)# copy running-config startup-config
     
    (任意)

    実行コンフィギュレーションを、スタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。