Cisco Nexus 9000 シリーズ NX-OS QoS コンフィギュレーション ガイド リリース 6.x
索引
Index
発行日;2014/01/21 | 英語版ドキュメント(2013/11/21 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

Index

A

ACL

IP のバージョン 3-3

許可-拒否 3-3

照合シーケンス 3-2

照合の設定 3-3

分類基準 3-1

C

CIR

定義 5-3

class-map

トラブルシューティング 2-1

CoS

分類基準 3-1

CoS 値

照合の設定 3-10

D

DiffServ。「DSCP」を参照

DiffServ コード ポイント。「DSCP」を参照

DSCP

照合の設定 3-4

信頼された 4-7

標準の値 3-4

分類基準 3-1

ポリシー マップによる変更 4-7

マーキングの設定 4-2

I

IP precedence 4-1

照合の設定 3-6

3-6

分類基準 3-1

マーキング 4-1

マーキングの設定 4-4

P

PIR

定義 5-3

Q

QoS

Session Manager 2-16

イネーブル化 2-13

キューイング 6-1

スケジューリング 6-1

設定手順 1-2

デフォルトの動作 1-5

統計情報 9-2

トラブルシューティング 6-2

モデルのコミット 2-16

QoS グループ

値の変更 6-2

QoS トラブルシューティング 6-9

QoS 内部ラベル

分類基準 3-1

マーキング 4-1

マーキングの設定 4-6

QoS フィールドの変更

マーキング 4-1

QoS ポリシー

実装 2-13

適用 2-13

付加 2-13

複数のインターフェイス 2-13

ポート チャネル 2-13

qos ポリシー

最大 2-3

説明 2-2

Quality of Service。「QoS」を参照

R

Real-Time Transport Protocol。「RTP」を参照

RTP

照合の設定 3-11

分類基準 3-1

S

Session Manager 2-16

T

Type of Service(ToS) 3-1

U

UDP ポート範囲

照合の設定 3-11

W

WRED

しきい値 6-1

輻輳回避 6-2

一時停止動作 7-1

違反トラフィック

アクション 5-4

インターフェイス

デフォルト キューイング ポリシー 1-5

重み付けランダム早期検出。「WRED」を参照

ガイドライン

キューイング 6-3

スケジューリング 6-3

分類 3-2

ポリシング 5-2

確認

キューイング 6-15

クラス マップ 2-12, 3-12

スケジューリング 6-15

ポリシー マップ 2-12

ポリシング 5-9

関連資料 i-x

キュー

シェーピング 6-12

非プライオリティ 6-11

プライオリティ 6-2, 6-11

キューイング

pq キュー 6-11

ガイドライン 6-3

確認 6-15

キューイング マップの変更 6-2

シェーピング 6-2

しきい値 6-1

制限 6-3

定義 6-1

複数のキュー 6-1

優先順位による 6-1

キューイング ポリシー

キューイング 2-4

最大 2-3

シェーピング 2-4

説明 2-2, 2-4

デフォルト 1-5

キュー サイズ

ポリシー マップ 6-9

キュー制限

例の設定 6-22

共有ポリサー

確認 5-9

クラス ベース フロー制御 8-1

クラス マップ

match all 2-1

およびマーキング 4-1

確認 2-12, 3-12

キューイング 2-8

最大基準 3-2

システム定義 2-6, 6-11, 6-12

設定 2-8

説明 2-1

説明の適用 2-11

デフォルト 2-6

トラフィックの分類 2-3

トラブルシューティング 2-8

変更 2-8, 6-2

例の設定 3-12

最大情報レート。「PIR」を参照

サービス クラス。「CoS」を参照

シェーピング

キューイング 6-2

帯域幅割り当て 6-8

定義 6-12

システム定義

クラス マップ 2-6

システム定義のクラス マップ

シェーピング 6-12

プライオリティ 6-11

出力トラフィック

QoS ポリシー マップ 4-7

シェーピング 6-12

帯域幅割り当て 6-2

輻輳管理 6-2

ポリサー 5-2

マーキング 4-1

照合

ACL に設定 3-3

CoS 値の設定 3-10

DSCP の設定 3-4

IP precedence の設定 3-6

RTP の設定 3-11

UDP ポート範囲の設定 3-11

最大基準 3-2

すべての基準 3-2

特定の基準の無視 3-2

トラブルシューティング 3-2

複数の基準 3-2

プロトコルの設定 3-7

レイヤ 3 パケット長の設定 3-9

スケジューリング

ガイドライン 6-3

確認 6-15

制限 6-3

定義 6-1

適用 6-1

制限

キューイング 6-3

スケジューリング 6-3

分類 3-2

ポリシング 5-2

帯域幅の割り当て

シェーピング 6-8

出力トラフィック 6-2

設定 6-9

帯域幅の残量 6-8, 6-9

定義 6-1

超過トラフィック

アクション 5-4

適合トラフィック

アクション 5-3, 5-4

データ レート

ポリシング 5-3

デフォルト 1-5

デフォルト設定

帯域幅 6-11

統計情報 9-1

テーブル マップ

説明の適用 2-11

テール ドロップ

しきい値 6-1

輻輳回避 6-2

統計情報

イネーブル 9-2

クリア 9-3

デフォルト設定 9-1

表示 1-5, 9-3

表示例 9-4

モニタリング 9-1

入力トラフィック

QoS ポリシー マップ 4-7

ポリサー 5-2

マーキング 4-1

ネットワーク QoS 7-1

ネットワーク QoS ポリシー 7-1

パケットの廃棄

ポリシング 5-1

バースト サイズ

ポリシング 5-5

輻輳 8-1

輻輳回避

WRED 6-2

テール ドロップ 6-2

輻輳管理

出力トラフィック 6-2

設定 6-8

ポリシー マップ 6-8

プライオリティ

キュー 6-2

デフォルト設定 6-11

例の設定 6-22

プライオリティ キュー

設定 6-11

プライオリティ フロー制御 8-1

プライオリティ ポーズ単位 8-1

プロトコル

照合の設定 3-7

有効な照合 3-7

分類

class-default 3-2

およびクラス マップ 3-1

ガイドライン 3-2

基準 3-1

照合の代替 3-1

制限 3-2

定義 3-1

トラブルシューティング 3-2, 3-3

複数の基準 3-2

マーキング 4-1

例の設定 3-12

ポート チャネル

QoS ポリシー 2-13

ポリサー

シングルレート

説明 5-1

タイプ 5-4

デュアルレート

説明 5-1

分散トラフィックへの適用 5-2

ポリシー マップ

DSCP 値の設定 4-7

およびクラス マップ 2-3, 2-10

およびマーキング 4-1

確認 2-12

キュー サイズ 6-9

最大クラス 3-2

削除 2-13

シェーピング 6-9

システム定義 6-4

設定 2-10

説明 2-1

説明の適用 2-11

帯域幅 6-9

テール ドロップ 6-9

輻輳管理 6-8

プライオリティ 6-9

変更 2-10

マーキング 4-2, 4-7

ポリシング

ガイドライン 5-2

確認 5-9

シングルレート 5-2

制限 5-2

説明 5-1

超過したトラフィック 5-1

データ レート 5-3, 5-4

デュアルレート 5-2

トラブルシューティング 5-3

入力 5-7

パケットの廃棄 5-1

パケットのマーキング 5-1

バースト サイズ 5-5

マークダウン 5-7

例の設定 5-9

マーキング 4-1

DSCP の設定 4-2

IP precedence の設定 4-4

QoS 内部ラベル 4-1

QoS 内部ラベルの設定 4-6

およびクラス マップ 4-1

およびポリシー マップ 4-1

出力トラフィック 4-1

説明 4-1

トラブルシューティング 4-1, 4-2

入力トラフィック 4-1

複数の機能 4-2

分類 4-1

ポリシング 5-1

例の設定 4-9

マークダウン マップ

ポリシング 5-7

マニュアル

追加資料 x

モジュラ QoS コマンドライン インターフェイス。「MQC」を参照

量子 8-1

リンクレベル フロー制御 8-1

キューイング 6-22

キュー制限 6-22

クラス マップ 3-12

スケジューリング 6-22

統計情報 9-4

プライオリティ 6-22

分類 3-12

ポリシング 5-9

マーキング 4-9