Cisco Nexus 9000 Series NX-OS インターフェイス コンフィギュレーション ガイド リリース 6.x
索引
Index
発行日;2014/01/20 | 英語版ドキュメント(2013/12/30 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

Index

B

BFD

BGP の設定 4-13

EIGRP の設定 4-14

IS-IS の設定 4-17

OSPF の設定 4-15

PIM の設定 4-18

SHA-1 認証 4-3

インターフェイス上での設定 4-8, 4-10

エコー機能 4-3

確認 4-21

仮想化のサポート 4-4

機能のイネーブル化 4-6

機能をディセーブルにする 4-7

セッション パラメータ 4-2

セッション パラメータの設定 4-7

説明 4-1

認証の設定 4-9, 4-10

ハイ アベイラビリティ 4-4

モニタリング 4-21

ライセンス 4-4

4-21

C

clear counters コマンド 2-24, 2-26

I

IEEE 802.3ad 5-1

LACP 5-1

IP アドレス

ポート チャネル 5-14

L

LACP 5-1

MAC アドレス 5-8

Marker Protocol 5-8, 5-9

イネーブル化 5-23

管理キー 5-8

グレースフル コンバージェンス 5-29

個別一時停止 5-32

作成 5-13

システム ID 5-8, 5-27

システム プライオリティ 5-8, 5-27

制限事項 5-11

制約事項 5-11

設定 5-23

説明 5-6 ~ 5-9

チャネル グループ 5-6

チャネルごとのメンバ数 5-6

チャネル モード 5-7 ~ 5-8

チャネル モード、設定 5-23

注意事項 5-11

ディセーブル化 5-7

デフォルト設定 5-12

統計情報 5-38

トラブルシューティング 5-7

ポート チャネル 5-6

ポート プライオリティ 5-28

他の機能との相互運用性 5-11

ライセンス 5-10

LACP グレースフル コンバージェンス 5-29

LACP システム プライオリティ 5-27

Link Aggregation Control Protocol。「LACP」を参照

M

Maximum Transmission Unit(最大伝送単位)。「MTU」を参照

mgmt0 インターフェイス

デフォルト設定 4-5

MTU

設定 2-16

定義 2-3

P

PAgP、サポート対象外 5-2

R

RBH

ポートチャネル ハッシュ分散 5-34

U

UDLD

設定 2-21

定義 2-4

メッセージの間隔 2-4

インターフェイス

Error Disabled 2-2

LACP 5-6

MTU

設定 2-16

定義 2-3

no shutdown 2-19

UDLD

設定 2-21

定義 2-4

カウンタ 2-24

管理 1-2

管理ステータス

設定 2-19

定義 2-4

再起動 2-19

サブインターフェイス、設定 3-5

指定 2-8

シャットダウン 2-19

シャットダウンする 2-19

スループット遅延

設定 2-18

定義 2-3

説明 2-9

定義 2-2

帯域幅 3-7

設定 2-17

定義 2-3

帯域幅、設定 3-7

タイプ、指定 2-8

デフォルト設定 3-3, 4-5

統計情報 2-24

範囲 2-8

ビーコン モード

設定 2-11

定義 2-2

フロー制御

注意事項 2-7

ポート チャネル 5-2

説明 5-1

ポート モード 3-4

ルーテッド 3-4

ルーテッドとして設定 3-4

ループバック 3-2

ループバック、設定 3-8

カウンタ

インターフェイス 2-24

確認

ポート チャネル 5-37

管理インターフェイス

デフォルト設定 4-5

管理ステータス

設定 2-19

定義 2-4

管理ポート 1-2

関連資料 ix

サブインターフェイス

物理インターフェイス上の設定 3-5

スループット遅延

設定 2-18

定義 2-3

制約事項

ポート チャネル 5-11

説明

定義 2-2

帯域幅

設定 2-17, 3-7

定義 2-3

単方向リンク検出。「UDLD」を参照 2-4

チャネル モード

active 5-23, 5-24

LACP 5-7

passive 5-23, 5-24

アクティブ モード 5-7

設定 5-24

デフォルト設定 5-7

パッシブ モード 5-7

ポート チャネル 5-7

注意事項

ポート チャネル 5-11

デフォルト設定

LACP 5-12

ポート チャネル 5-12

デフォルト設定値

ポート チャネル 5-7

統計情報

LACP 5-38

インターフェイス 2-24

ポート チャネル 5-38

トランシーバ

シスコがサポートするトランシーバを使用 2-7

ハイ アベイラビリティ

BFD 4-4

ハッシュ分散

アダプティブ設定と固定設定 5-34

グローバル コンフィギュレーション 5-34

ポートチャネルの設定 5-35

ビーコン モード

設定 2-11

定義 2-2

ファイバ チャネル インターフェイス

デフォルト設定 4-5

フロー制御

注意事項 2-7

ポート集約プロトコル。「PAgP」を参照

ポート チャネル

IPv4 5-12

IPv6 5-12, 5-13

IP アドレス 5-14

LACP 5-6

MTU 5-12, 5-13

passive 5-24

アクティブ モード 5-24

確認 5-37

管理アップ 5-17

互換性要件 5-3 ~ 5-4

作成 5-13

サブインターフェイス 5-1, 5-2, 5-14

システムあたり最大 5-10

制約事項 5-11

設定 5-2

説明 5-1, 5-19, 5-26

帯域幅 5-16

チャネル モード 5-3, 5-4, 5-24

チャネル モード、設定 5-24

注意事項 5-11

デフォルト設定 5-12

統計情報 5-38

動作している 5-1

トラブルシューティング 5-23

ハッシュ分散 5-34

番号設定 5-10

フロー制御 5-20

ポート モード 5-24

ポートを強制的に参加 5-4

他の機能との相互運用性 5-11

メンバ ポート、設定 5-3, 5-4

メンバ ポート設定 5-4

目的 5-2

ライセンス 5-10

レイヤ 3 ポート チャネル 5-1

レイヤ 3 ポート チャネル、ポートの追加 5-14

レイヤ 3 ポートの追加 5-14

ロード バランシング 5-5

マニュアル

追加資料 viii

マルチキャスト トラフィック

ポート チャネルを使用したロード バランシング 5-5

ライセンス

LACP 5-10

ポート チャネル 5-10

ループバック

インターフェイス、デフォルト設定 3-3

設定 3-8

レイヤ 3 インターフェイス

デフォルト設定 3-3

ロード バランシング

アルゴリズム 5-5

設定 5-21

デフォルトのアルゴリズム 5-5

ポート チャネル 5-5, 5-6

マルチキャスト トラフィック 5-5

モジュールごと 5-5