Cisco NX-OS システム メッセージ リファレンス
Cisco NX-OS のシステム メッセージ および回復手順
Cisco NX-OS のシステム メッセージおよび回復手順
発行日;2012/01/15 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Cisco NX-OS のシステム メッセージおよび回復手順

AAA メッセージ

AAA-1

AAA-2

AAA-3

AAA-6

ACL メッセージ

ACL-2

ACL-4

ACL-6

ACLLOG メッセージ

ACLLOG-4

ACLLOG-6

ACLMGR メッセージ

ACLMGR-2

ACLMGR-3

ACLMGR-4

ACLMGR-6

ACLQOS-SLOT メッセージ

ACLQOS-SLOT#-2

ACLQOS-SLOT#-3

ACLQOS-SLOT#-4

ACLQOS-SLOT#-5

ACLTCAM メッセージ

ACLTCAM-2

ACLTCAM-3

ACLTCAM-6

AM メッセージ

AM-2

AM-3

AM-5

AM-6

ARP メッセージ

ARP-2

ARP-3

ARP-5

ARP-6

ASCII-CFG メッセージ

ASCII-CFG-2

ASCII-CFG-3

ASCII-CFG-6

ATIMERS メッセージ

ATIMERS-3

BGP メッセージ

BGP-1

BGP-2

BGP-3

BGP-4

BGP-5

BGP-6

BIOS_DAEMON メッセージ

BIOS_DAEMON-2

BIOS_DAEMON-SLOT# メッセージ

BIOS_DAEMON-SLOT#-2

BOOTUP_TEST メッセージ

BOOTUP_TEST-2

BOOTVAR メッセージ

BOOTVAR-2

BOOTVAR-3

BOOTVAR-5

BOOTVAR-6

CALLHOME メッセージ

CALLHOME-2

CALLHOME-3

CALLHOME-6

CDP メッセージ

CDP-2

CDP-3

CDP-5

CDP-6

CMPPROXY メッセージ

CMPPROXY-2

CMPPROXY-5

CMPPROXY-6

COPP メッセージ

COPP-2

COPP-3

COPP-5

COPP-6

CORE-DMON メッセージ

CORE-DMON-2

CTS メッセージ

CTS-2

CTS-3

DEV_LOG メッセージ

DEV_LOG-3

DEVICE_TEST メッセージ

DEVICE_TEST-2

DEVICE_TEST-4

DEVICE_TEST-5

DEVICE_TEST-6

DHCP_SNOOP メッセージ

DHCP_SNOOP-2

DHCP_SNOOP-3

DHCP_SNOOP-4

DHCP_SNOOP-6

DIAG_PORT_LB メッセージ

DIAG_PORT_LB-3

DIAG_PORT_LB-5

DIAGCLIENT メッセージ

DIAGCLIENT-2

DIAGCLIENT-3

DIAGCLIENT-4

DIAGCLIENT-5

DIAGMGR メッセージ

DIAGMGR-2

DIAGMGR-3

DIAGMGR-4

DIAGMGR-5

DIAGMGR-6

DOTIX メッセージ

DOTIX-2

DOTIX-3

DOTIX-4

DOTIX-5

DSTATS メッセージ

DSTATS-2

DSTATS-3

EIGRP メッセージ

EIGRP-2

EIGRP-3

EIGRP-4

EIGRP-5

ELTM メッセージ

ELTM-2

ELTMC メッセージ

ELTMC-SLOT#-2

EPP メッセージ

EPP-5

ETH_PORT_CHANNEL メッセージ

ETH_PORT_CHANNEL-1

ETH_PORT_CHANNEL-2

ETH_PORT_CHANNEL-3

ETH_PORT_CHANNEL-4

ETH_PORT_CHANNEL-5

ETH_PORT_CHANNEL-6

ETH_PORT_CHANNEL-7

ETH_PORT_SEC メッセージ

ETH_PORT_SEC-3

ETH_PORT_SEC-5

ETHPORT メッセージ

ETHPORT-2

ETHPORT-3

ETHPORT-5

EUREKA_USB メッセージ

EUREKA_USD-3

EVMC メッセージ

EVMC-5

EVMS メッセージ

EVMS-2

EVMS-4

EXCEPTIONLOG メッセージ

EXCEPTIONLOG-SLOT#-2

GLBP メッセージ

GLBP-2

GLPB-3

GLBP-4

GLBP-5

HEAP メッセージ

HEAP-3

HEAP-4

HSRP_ENGINE メッセージ

HSRP_ENGINE-3

HSRP_ENGINE-4

HSRP_ENGINE-6

ICMPV6 メッセージ

ICMPV6-2

ICMPV6-3

ICMPV6-4

ICMPV6-6

IGMP メッセージ

IGMP-2

IGMP-3

IGMP-6

IM メッセージ

IM-3

IM-5

IMAGE_DNLD メッセージ

IMAGE_DNLD-SLOT#-2

IMAGE_DNLD-SLOT#-5

IMAGE_UPGRADE メッセージ

IMAGE_UPGRADE_SLOT#-2

IMAGE_UPGRADE-SLOT#-6

INTERFACE-VLAN メッセージ

INTERFACE-VLAN-5

IP メッセージ

IP-2

IP-3

IP-4

IP-6

IPACL メッセージ

IPACL-0

IPACL-1

IPACL-2

IPACL-3

IPACL-4

IPACL-5

IPACL-6

IPQOSMGR メッセージ

IPQOSMGR-2

IPQOSMGR-4

IPQOSMGR-6

IPV6 メッセージ

IPV6-2

IPV6-3

IPV6-4

IPV6-6

ISIS メッセージ

ISIS-2

ISIS-3

ISIS-4

ISIS-5

ISIS-6

KSINK メッセージ

KSINK-3

KSINK-6

L2FM メッセージ

L2FM-0

L2FM-1

L2FM-2

L2FMC-SLOT# メッセージ

L2FMC-SLOT#-0

L2FMC-SLOT#-2

L2FMC-SLOT#-5

L2FMC-SLOT#-6

L2MCAST-SLOT# メッセージ

L2MCAST-SLOT#-0

L2MCAST-SLOT#-2

L2MCAST-SLOT#-6

L2NAC メッセージ

L2NAC-2

L2NAC-5

L2NAC-6

L2NAC-7

L3VM メッセージ

L3VM-2

L3VM-3

L3VM-4

L3VM-5

L3VM-6

LACP メッセージ

LACP-3

LACP-5

LC-FCFWD メッセージ

LC-FCFWD-3

LC-SPAN メッセージ

LC-SPAN-3

LC_CFG メッセージ

LC_CFG-SLOT#-2

LC_PORT_CHANNEL-SLOT# メッセージ

LC_PORT_CHANNEL-SLOT#-0

LC_PORT_CHANNEL-SLOT#-3

LC_PORT_MGR メッセージ

LC_PORT_MGR-SLOT#-2

LICMGR メッセージ

LICMGR-2

LICMGR-3

LICMGR-4

LICMGR-6

MAC-SLOT# メッセージ

MAC-SLOT#-2

MCAST メッセージ

MCAST-2

MCAST-4

MCAST-5

M6RIB メッセージ

M6RIB-3

M6RIB-6

MRIB メッセージ

MRIB-3

MRIB-6

MODULE メッセージ

MODULE-2

MODULE-4

MODULE-5

MODULE-6

MSDP メッセージ

MSDP-2

MSDP-3

MSDP-6

NFM メッセージ

NFM-2

NFM-3

NFM-4

NFM-5

NFM-6

NFM-7

NFP-SLOT# メッセージ

NFP-SLOT#-2

NPC-SLOT#-3

NPC-SLOT#-4

NPC-SLOT#-5

NTP メッセージ

NTP-2

NTP-3

NTP-6

OTM メッセージ

OTM-2

OTM-3

OTM-5

OTM-6

OSPF メッセージ

OSPF-1

OSPF-3

OSPF-4

OSPF-6

PHY_USD-SLOT# メッセージ

PHY_USD-SLOT#-4

PIM メッセージ

PIM-2

PIM-3

PIM-6

PIM6 メッセージ

PIM6-2

PIM6-3

PIM6-6

PIXM メッセージ

PIXM-3

PIXM-4

PLATFORM メッセージ

PLATFORM-0

PLATFORM-1

PLATFORM-2

PLATFORM-3

PLATFORM-4

PLATFORM-5

PLATFORM-6

PLATFORM-7

PLOG メッセージ

PLOG-4

PLOG_SUP メッセージ

PLOG_SUP-4

PM メッセージ

PM-2

PM-3

PM-5

PM-6

PMALLOC メッセージ

PMALLOC-3

PMALLOC-6

PORT メッセージ

PORT-3

PORT-5

PORT_CHANNEL メッセージ

PORT_CHANNEL-1

PORT_CHANNEL-2

PORT_CHANNEL-3

PORT_CHANNEL-4

PORT_CHANNEL-5

PORT_CHANNEL-6

PORT_CHANNEL-7

PORT_SECURITY メッセージ

PORT_SECURITY-2

PORT_SECURITY-3

PORT_SECURITY-4

PORT_SECURITY-6

PRIVATE-VLAN メッセージ

PRIVATE-VLAN-5

PROC_MGR-SLOT# メッセージ

PROC_MGR-SLOT#-2

PROC_MGR-SLOT#-4

PSS メッセージ

PSS-0

PSS-1

PSS-2

PSS-4

PSS-5

PT メッセージ

PT-4

QOS メッセージ

QOS-2

QOS-3

QOS-4

QOS-6

RADIUS メッセージ

RADIUS-2

RADIUS-3

RADIUS-5

RADIUS-6

REGEX メッセージ

REGEX-3

RES_MGR メッセージ

RES_MGR-1

RES_MGR-2

RES_MGR-3

RES_MGR-4

RES_MGR-5

RES_MGR-6

RIB メッセージ

RIB-0

RIB-1

RIB-2

RIB-3

RIB-4

RIB-5

RIB-6

RIP メッセージ

RIP-2

RIP-3

RIP-4

RIP-5

RIP-6

RM メッセージ

RM-6

RM-SLOT#-2

RPM メッセージ

RPM-2

RPM-3

RPM-6

SAL メッセージ

SAL-5

SCHEDULER メッセージ

SCHEDULER-2

SCHEDULER-3

SCHEDULER-4

SCHEDULER-6

SECURITYD メッセージ

SECURITYD-2

SECURITYD-3

SECURITYD-6

SENSOR_USD メッセージ

SENSOR_USD-2

SENSOR_USD-3

SENSOR_USD-5

SESSION-MGR メッセージ

SESSION-MGR-2

SESSION-MGR-3

SMM メッセージ

SMM-3

SMM-5

SMM-6

SKSD メッセージ

SKSD-5

SLAB_LIB メッセージ

SLAB_LIB-2

SLAB_LIB-3

SPAN メッセージ

SPAN-2

SPAN-3

SPAN-5

SPAN-6

SPI メッセージ

SPI-SLOT#-2

STP メッセージ

STP-2

STP-3

STP-6

SYSLOG メッセージ

SYSLOG-3

SYSLOG-4

SYSMGR メッセージ

SYSMGR-2

SYSMGR-3

SYSMGR-4

SYSMGR-5

SYSMGR-6

SYSMGR-7

SYSWRAP_LIB メッセージ

SYSWRAP_LIB-2

TACACS メッセージ

TACACS-2

TACACS-3

TACACS-5

TACACS-6

TCAP メッセージ

TCAP-2

TCP メッセージ

TCP-2

TCP-3

TCP-6

TTYD メッセージ

TTYD-2

TTYD-3

TTYD-6

TSP メッセージ

TSP-4

TX メッセージ

TX-3

TUNNEL メッセージ

TUNNEL-3

TUNNEL-4

TUNNEL-5

TUNNEL-7

UDLD メッセージ

UDLD-3

UDLD-4

UDLD-5

UFDM メッセージ

UFDM-2

U6RIB メッセージ

U6RIB-2

U6RIB-3

U6RIB-4

U6RIB-5

U6RIB-6

URIB メッセージ

URIB-2

URIB-3

URIB-4

URIB-5

URIB-6

VDC_MGR メッセージ

VDC_MGR-2

VDC_MGR-6

VFC メッセージ

VFC-3

VFC-6

VLAN_MGR メッセージ

VLAN_MGR-2

VLAN_MGR-6

VOMD-SLOT メッセージ

VOMD-SLOT#-2

VRRP_CFG メッセージ

VRRP_CFG-2

VRRP_CFG-3

VRRP_CFG-5

VRRP_ENG メッセージ

VRRP_ENG-2

VRRP_ENG-3

VRRP_ENG-4

VRRP_ENG-5

VRRP_ENG-6

VSHD メッセージ

VSHD-2

VSHD-3

VSHD-4

VSHD-5

VSHD-7

XBAR メッセージ

XBAR-2

XBAR-3

XBAR-5

XBAR_CLIENT メッセージ

XBAR_CLIENT-2

XBAR_CLIENT-3

XBAR_CLIENT-SLOT# メッセージ

XBAR_CLIENT-SLOT#-2

XBAR_CLIENT-SLOT#-3

XMLMA メッセージ

XMLMA-2

XMLMA-5

XMLMA-6

XMLSA メッセージ

XMLSA-2

XMLSA-5

XMLSA-6

Cisco NX-OS のシステム メッセージおよび回復手順

この章では、メッセージを出力する同一のシステム ファシリティに従ってメッセージを一覧にします。メッセージは、システム ファシリティごとにアルファベット順に並んでいます。それぞれのシステム ファシリティ セクションでは、メッセージは重大度およびニーモニックごとにアルファベット順に並んでいます。各エラー メッセージに続いて、説明と推奨処置を示します。

AAA メッセージ

ここでは、Authentication, Authorization, Accounting(AAA; 認証、認可、アカウンティング)メッセージについて説明します。

AAA-1

エラー メッセージ AAA-1-AAA_SESSION_LIMIT_REJECT: aaa request rejected as maximum aaa sessions are in progress.

説明 同時 AAA セッション数の上限に達したため、AAA 要求が拒否されました。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

AAA-2

エラー メッセージ AAA-2-AAA_NVRAM_UPGRADE_FAILURE: upgrading of accounting log failed. [chars].

説明 アカウンティング ログをアップグレードできませんでした。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

エラー メッセージ AAA-2-AAA_PROGRAM_EXIT: aaa daemon exiting: [chars].

説明 AAA デーモンが終了します。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

AAA-3

エラー メッセージ AAA-3-AAA_NVRAMFAILURE: nvram failure.

説明 NVRAM に対する読み取り/書き込みができないため、アカウンティング ログを保存できません。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

AAA-6

エラー メッセージ AAA-6-AAA_ACCOUNTING_MESSAGE: [chars].

説明 アカウンティング メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

ACL メッセージ

ここでは、Access Control List(ACL; アクセス コントロール リスト)メッセージについて説明します。

ACL-2

エラー メッセージ ACL-2-ACL_HA_FAILURE: Failed to do high availability operation: [chars].

説明 表示されている理由のため、ハイ アベイラビリティ操作がエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACL-2-ACL_INIT_FAILED: Initialization failed for ACL: [chars], reason: [hex].

説明 表示されている理由のため、ACL を初期化できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACL-2-ACL_LINECARD_STATUS: Status from linecard [dec], for module: [chars](ID: [dec]), status : [dec], error_id: [hex], catastrophic: [chars], restart count: [dec].

説明 ラインカードのステータスを示すメッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACL-2-ACL_MTS_FAILURE: Failed to do MTS operation: [chars].

説明 表示されている理由のため、Messaging and Transaction Service(MTS)操作がエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACL-2-ACL_MTS_REGISTRATION_FAILED: MTS options setting to [hex] failed for opCode: [dec].

説明 表示されているオペレーション コードの理由のため、MTS オプションを設定できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACL-2-ACL_PSS_FAILURE: Failed to do PSS operation: [chars], reason: [hex].

説明 表示されている理由のため、Persistent Storage Service(PSS)操作がエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACL-2-ACL_PSS_VER_FAIL: PSS file [chars] has version [dec].[dec].[dec], expected version [dec].[dec].[dec].

説明 PSS のバージョンがミスマッチでした。PSS サービスのバージョン番号が、想定されるバージョン番号と異なっています。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACL-2-ACL_RUNTIME_FAILURE: [chars] [dec], Error: [hex].

説明 ACL のランタイム エラーを報告し、エラーのタイプおよびエラーの理由を表示するメッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACL-2-ACL_TCAM_FAILURE: Failed to do TCAM operation: [chars].

説明 表示されている理由のため、Ternary CAM(TCAM)操作がエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

ACL-4

エラー メッセージ ACL-4-ACL_WARNING: [chars] [dec].

説明 ACL 警告の詳細を示すメッセージです。

推奨処置 対処不要です。

ACL-6

エラー メッセージ ACL-6-ACL_DIAG_EVENT_STATUS: [chars] [hex].

説明 ACL システムのヘルス ステータスを報告するメッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACL-6-ACL_LINECARD_EVENT_STATUS: [chars] [hex].

説明 ACL のラインカード イベント ステータスを報告するメッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACL-6-ACL_MCAST_EVENT_STATUS: [chars] [chars].

説明 ACL のマルチキャスト イベント ステータスを報告するメッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACL-6-ACL_PORT_MODE_EVENT_STATUS: [chars] [chars].

説明 ACL のポート モード イベント ステータスを報告するメッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACL-6-ACL_RUNTIME_STATUS: [chars] [dec].

説明 ACL のランタイム ステータスを報告するメッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACL-6-ACL_SPAN_DEST_CONFIG_STATUS: [chars] [chars].

説明 ACL の SPAN 宛先設定イベント ステータスを報告するメッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACL-6-ACL_SPAN_SRC_CONFIG_STATUS: [chars] [chars].

説明 ACL の SPAN 送信元設定イベント ステータスを報告するメッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACL-6-ACL_STATUS: ACL Status: [chars].

説明 ACL のステータスを報告するエラー メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACL-6-ACL_UPDATE_SSRAM_QOS_EVENT_STATUS: [chars] [chars].

説明 QoS(Quality of Service)イベント ステータスの ACL のアップデート SSRAM を報告するメッセージです。

推奨処置 対処不要です。

ACLLOG メッセージ

ここでは、Access Control List(ACL; アクセス コントロール リスト)ログ メッセージについて説明します。

ACLLOG-4

エラー メッセージ ACLLOG-4-ACLLOG_MAXFLOW_REACHED: [chars].

説明 現在のインターバルにおける maxflow に達したことを報告するメッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLLOG-4-ACLLOG_THRESHOLD: [chars].

説明 フローのしきい値に達したことを報告するメッセージです。

推奨処置 対処不要です。

ACLLOG-6

エラー メッセージ ACLLOG-6-ACLLOG_FLOW_INTERVAL: [chars].

説明 現在のアラート インターバルにおけるフロー情報を報告するメッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLLOG-6-ACLLOG_NEW_FLOW: [chars].

説明 新しい Acllog フローのステータスを報告するエラー メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

ACLMGR メッセージ

ここでは、ACLMGR メッセージについて説明します。

ACLMGR-2

エラー メッセージ ACLMGR-2-ACLMGR_COMMIT_FAIL: Commit failed: client %llX, [chars].

説明 ppf コミットに失敗したステータスを報告するエラー メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLMGR-2-ACLMGR_NO_ERRDISABLED: [chars] event on ifindex [hex] allowed to succeed in spite of access-list failure.

説明 ポートのイベント時に、アクセスリストの操作でエラーが発生しましたが、errdisable が許可されていないことによりポートのイベントは正常に終了しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLMGR-2-EXITING: Exit reason: [chars].

説明 ACLMGR サービス プロセスが終了したエラー メッセージです。プロセスは自動的に再起動されたはずです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLMGR-2-INITFAIL: ACLMGR Service Init failed: [chars].

説明 ACLMGR サービスを初期化できなかったことがエラーの理由です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLMGR-2-MALLOC_ERROR: Size [dec] bytes.

説明 ACLMGR サービスで、メモリを割り当てることができなかったエラー メッセージです。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

エラー メッセージ ACLMGR-2-PSS_ERROR: [chars]: PSS ret. val=[dec].

説明 ACLMGR サービスで、永続ストレージ データベースの操作時にエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

ACLMGR-3

エラー メッセージ ACLMGR-3-ACLMGR_PPF_ERROR: PPF error: [chars].

説明 PPF がエラーを生成しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLMGR-3-ACLMGR_PSS_CORRUPTED: [chars] PSS found corrupted.

説明 ACLMGR サービスが、永久情報データベースの 1 つで破損を検出しました。データベースは再作成されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLMGR-3-ACLMGR_STAT_CONSOLIDATION_FAILURE: ACL statistic parsing or consolidation failed.

説明 解析または統合中に統計情報をアップデートできませんでした。統計情報が失われた可能性があります。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLMGR-3-ACLMGR_VACL_REDIRECTION_DISABLED_REMOVAL: VACL redirection to ifindex [hex] disabled: the port has been removed.

説明 ポートが削除されたため、ポートへの VACL リダイレクションが無効にされました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLMGR-3-ACLMGR_VERIFY_FAIL: Verify failed: client %llX,[chars].

説明 PPF Verify に失敗したエラー メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLMGR-3-MTSERROR: [chars].

説明 ACLMGR サービスで MTS エラーが発生しました。エラーの発生したコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

ACLMGR-4

エラー メッセージ ACLMGR-4-ACLMGR_PPF_WARNING: PPF warning: [chars].

説明 PPF が生成した警告の詳細を示すメッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLMGR-4-ACLMGR_VACL_REDIRECTION_DISABLED_PCM: VACL redirection to ifindex [hex] disabled: the port became a portchannel member.

説明 ポートがポート チャネルのメンバーになったため、ポートへの VACL リダイレクションは一時的に無効にされました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLMGR-4-PSS_VERSION_MISMATCH: PSS [dec] Code [dec].

説明 ACLMGR サービスといずれかの永続ストレージ データベースのバージョンがミスマッチです。永久情報は新しいフォーマットに変換されました。

推奨処置 対処不要です。

ACLMGR-6

エラー メッセージ ACLMGR-6-ACLMGR_PPF_NOTIF: PPF notification: [chars].

説明 PPF が通知ステータスを生成したことを示すメッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLMGR-6-BECAME_ACTIVE: Became ACTIVE from standby mode.

説明 スタンバイ スーパーバイザの ACLMGR サービスがアクティブになり、クライアント要求を処理可能な状態です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLMGR-6-BECAME_STDBY: Became STANDBY from active mode.

説明 ACLMGR サービスがアクティブ モードからスタンバイ モードになりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLMGR-6-FAILED_TO_SEND_HEARTBEAT: Failed to send heartbeat to system manager: Reason:[chars].

説明 ACLMGR サービスがハートビートをシステム マネージャに送信できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLMGR-6-SERVICE_UP: Initialized [chars].

説明 ACLMGR サービスがアップになって動作可能な状態です。サービスは適切に初期化されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLMGR-6-SRVEXIT: ACLMGR Service shutting down gracefully.

説明 ACLMGR サービスが適切にシャットダウンされました。これは通知メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLMGR-6-SWITCHOVER: Switching Over to other Sup.

説明 ACLMGR サービスはスタンバイ スーパーバイザ カードに正常に切り替わりました。

推奨処置 対処不要です。

ACLQOS-SLOT メッセージ

ここでは、ACLQOS-SLOT メッセージについて説明します。

ACLQOS-SLOT#-2

エラー メッセージ ACLQOS-SLOT#-2-ACLQOS_FAILED: ACLQOS failure: [chars].

説明 aclqos クライアントで ACLQOS 操作に失敗しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLQOS-SLOT#-2-ACLQOS_MALLOC_FAILED: Memory allocation failed.[chars].

説明 メモリ割り当てがエラーになりました。これはクリティカルなエラーです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLQOS-SLOT#-2-ACLQOS_OOTR: Tcam resource exhausted: [chars].

説明 acl をプログラムするための Tcam リソースを使い切ったというエラー メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLQOS-SLOT#-2-PPF_FAILED: Database failure: [chars].

説明 aclqos クライアントでデータベース操作に失敗しました。

推奨処置 対処不要です。

ACLQOS-SLOT#-3

エラー メッセージ ACLQOS-SLOT#-3-ACLQOS_QUEUING_ERROR: ACL/QoS queuing error: [chars].

説明 ACL/QoS キューイング設定の内部エラーです。

推奨処置 対処不要です。

ACLQOS-SLOT#-4

エラー メッセージ ACLQOS-SLOT#-4-ACLQOS_QUEUING_INVALID: ACL/QoS invalid queuing policy: [chars].

説明 無効なキューイング ポリシーを設定しようとしました。

推奨処置 対処不要です。

ACLQOS-SLOT#-5

エラー メッセージ ACLQOS-SLOT#-5-ACLQOS_NON_ATOMIC: Non atomic ACL/QoS policy update done for [chars].

説明 ACL/QoS ポリシーの非アトミック アップデートが行われました。

推奨処置 対処不要です。

ACLTCAM メッセージ

ここでは、Access Control List(ACL; アクセス コントロール リスト)Ternary CAM(ACLTCAM)メッセージについて説明します。

ACLTCAM-2

エラー メッセージ ACLTCAM-2-ACL_TCAM_CONFIG_READ_FROM_DRIVER_FAILED: [chars] [dec], Error: [hex].

説明 フォワーディング エンジン ASIC ドライバから設定が読み取れないエラー メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLTCAM-2-ACL_TCAM_CONFIG_WRITE_TO_DRIVER_FAILED: [chars] [dec], Error: [hex].

説明 フォワーディング エンジン ASIC ドライバに設定を書き込めません。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLTCAM-2-ACL_TCAM_INCONSISTENT_DATABASE: Database found inconsistent.

説明 データベースの矛盾が見つかりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLTCAM-2-ACL_TCAM_INCONSISTENT_TCAM_CONTENTS: TCAM contents found inconsistent.

説明 TCAM コンテンツの矛盾が見つかりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLTCAM-2-ACL_TCAM_INIT_FAILED: Initialization failed for forwarding engine ASIC: [dec], [chars] TCAM.

説明 TCAM のフォワーディング エンジン ASIC を初期化できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLTCAM-2-ACL_TCAM_INIT_REGIONS_FAILED: Initialization failed for forwarding engine ASIC: [dec],[chars] TCAM,[chars] Region.

説明 TCAM のフォワーディング エンジン ASIC のリージョンを初期化できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLTCAM-2-ACL_TCAM_MALLOC_FAILURE: Memory allocation failed for size [dec].

説明 メモリの割り当てができなかったというエラー メッセージです。

推奨処置 プロセスを再起動します。

エラー メッセージ ACLTCAM-2-ACL_TCAM_MTS_FAILURE: MTS operation failed: [chars].

説明 MTS 操作に失敗したことがエラー メッセージの理由です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLTCAM-2-ACL_TCAM_MTS_REGISTRATION_FAILED: MTS registration failed for opCode: [dec].

説明 opCode の MTS 登録ができませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLTCAM-2-ACL_TCAM_NO_TCAM_LEFT: ACLTCAM resource exhausted for interface : [chars].

説明 ACLTCAM ハードウェア リソースを使い切りました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLTCAM-2-ACL_TCAM_PHY_TCAM_READ_FAILED: [chars] read from hardware TCAM failed(ASIC: [dec], [chars] TCAM, Address: [dec], Num Entries: [dec],Error: [chars]).

説明 ハードウェア TCAM からの読み取りができなかったというエラーメッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLTCAM-2-ACL_TCAM_PHY_TCAM_WRITE_FAILED: [chars] write to hardware TCAM failed(ASIC: [dec], [chars] TCAM, Address: [dec], Num Entries: [dec],Error: [chars]).

説明 ハードウェア TCAM への書き込みができなかったというエラーメッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLTCAM-2-ACL_TCAM_PSS_FAILURE: Failed to do PSS operation: [chars],reason: [hex].

説明 PPS 操作を実行できなかったというエラー メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLTCAM-2-PSS_OPEN_FAILED: PSS open failed -[hex].

説明 ACLTCAM の永久データベース ハンドルを取得できなかったというエラー メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ACLTCAM-2-RECONS_FAILED: Reconstruction of TCAM contents failed during upgrade-[hex].

説明 無停止アップグレード時に ACLTCAM コンテンツが正しく再構築されていないというエラー メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

ACLTCAM-3

エラー メッセージ ACLTCAM-3-REGISTER_FAILED: Could not register to MTS opcode [chars]-error [hex].

説明 表示されている通知に ACLTCAM プロセスを登録できなかったというエラー メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

ACLTCAM-6

エラー メッセージ ACLTCAM-6-ACL_TCAM_STATUS: Status: [chars].

説明 ACLTCAM ステータスはエラー メッセージとして報告されます。

推奨処置 対処不要です。

AM メッセージ

ここでは、AM メッセージについて説明します。

AM-2

エラー メッセージ AM-2-SET_SCHED Format: Failed to set policy or priority

説明 AM の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ AM-2-INIT_FAIL Format: Initialization failure

説明 AM の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ AM -2 - SYSMGR_QUERY Format: Failed to query sysmgr for %s

説明 AM の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ AM-2-SYSMGR_UUID Format: Failed to get uuid from sysmgr during %s

説明 AM の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ AM-2-SYSMGR_NAME Format: Failed to get name from sysmgr during %s

説明 AM の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ AM-2-SYSMGR_NOTIFY Format: Bad notification from sysmgr for %s

説明 AM の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ AM-2-SHM_CREAT Format: Failed to create shared memory: %s

説明 AM の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ AM-2-SHM_LOCK_CREAT Format: Failed to create shared memory lock: %s

説明 AM の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ AM-2-API_INIT Format: Failed to initialize %s API

説明 AM の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ AM-2-URIB_CNTXT Format: Failed to get %s VRF from URIB

説明 AM の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ AM-2-URIB_PIB Format: Unable to get pib for %s VRF from URIB

説明 AM の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ AM-2-SVR_REG Format: Failed to register as a client of %s for VRF %s

説明 AM の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ AM-2-CLI_INIT Format: Failed to initialize CLI

説明 AM の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ AM-2-THR_CREAT Format: Failed to create thread %s: error %d

説明 AM の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ AM-2-THREAD_FAIL Format: Failed to start %s thread

説明 AM の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ AM-2-MQ_OPEN Format: Failed to open message queue %s: %s

説明 AM の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ AM-2-MTS_SADDR_GET Format: Failed to get source of mts queue %s: %s

説明 AM の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ AM-2-MTS_BIND Format: Failed to do mts_bind for %s: %s

説明 AM の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ AM-2-MTS_RECV Format: MTS queue receive failed on %s queue: %s

説明 想定外の重大エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ AM-2-BAD_TIMER Format: %s

説明 AM の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ AM-2-REQD_COMP_DOWN Format: Required component %shas gone down.

説明 想定外の重大エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ AM-2-REQD_COMP_FAIL Format: Required component %shas failed to initialize.

説明 AM の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

AM-3

エラー メッセージ AM-3-RIB_RTE_CHG Format: Failed to send AM route changes to %s

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ AM-3-THR_MUTEX_LOCK Format: Failed to thread mutex lock

説明 pthread_mutex_lock 機能を実行できませんでした。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ AM-3-THR_MUTEX_UNLOCK Format: Failed to thread mutex lock

説明 pthread_mutex_unlock 機能を実行できませんでした。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ AM-3-MQ_RECV Format: Message queue receive failed on %s queue: %s

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ AM-3-MQ_SEND Format: Failed to send %s to %s queue: %s

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ AM-3-MTS_SEND Format: Failed to send %s to %s queue: %s

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ AM-3-NO_MEM Format: Malloc failed for %s %s

説明 システムのメモリが不足している可能性があります。

推奨処置 メモリの不足です。ルータにメモリを追加します。

エラー メッセージ AM-3-NO_SMEM Format: Smalloc failed for %s %s

説明 多数の隣接が存在しているかまたはメモリ リークが原因で、AM の共有メモリ クォータを使い切っている可能性があります。

推奨処置 メモリの不足です。ルータにメモリを追加します。

エラー メッセージ AM-3-MAX_RETRIES Format: Notification retry limit exceeded for %s

説明 クライアントがこちらからの通知に応答していません。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ AM-3-NO_PIB Format: Unable to get pib for client pid %d while processing %s

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ AM-3-NO_AF Format: %s: Unable to get address family block for index %d

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ AM-3-DEL_PROT_ADJ Format: Unable to delete protocol adjacency for %s, uuid %s

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ AM-3-PT_ADD Format: Pt_add failed for %s%s

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ AM-3-QUEUE Format: %s failed for %s

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ AM-2-NO_WORKBIT Format: Failed to register %s too many notify clients

説明 想定外の重大エラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ AM-3-BAD_PARAMS Format: Called %s with address family %d, iod %d, l3address %s

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ AM-3-MTS_DROP Format: MTS drop failed on %s queue: %s

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ AM-3-READ_LOCK_HOLD Format: %s:%s():%d: Assert, read-lock not acquired

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ AM-3-MSG_TO_TLV Format: Notification message to TLV failed

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ AM-3-TLV_TO_STRUCT Format: Notification TLV to struct failed

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ AM-3-MAC_REG_FAILED Format: Mac registration with L2FM failed for mac %s, iod %s, phy iod: %s

説明 Mac を L2FM に登録することに失敗しました。

エラー メッセージ AM-3-SHM_OPEN Format: Shared memory does not exist: %s

説明 システム イベントに関する情報ログです。

推奨処置 特に対処は不要です。

AM-5

エラー メッセージ AM-5-REG_DELAY Format: AM register %s delay: %d seconds

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ AM-5-MQ_UNEXP Format: Received unexpected message (%d/%d) on %s queue

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ AM-5-MQ_MAJOR Format: Received unknown major message type (%d) from %s

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ AM-5-MQ_MINOR Format: Received unknown minor message type (%d) from %s

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ AM-5-MSG_UNK Format: Received unknown % type: %lu

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ AM-5-MTS_OPC_UNK Format: Received unknown MTS opcode %lu

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ AM-5-INVALID_NOTIFY Format: Received invalid notification message

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

AM-6

エラー メッセージ AM-6-SYSMAN_CLEANUP Format: Terminated by SYSMAN cleanup signal

説明 システム イベントに関する情報ログです。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ AM-6-FAILED_STATS Format: Failed to retrieve stats from FTM

説明 システム イベントに関する情報ログです。

推奨処置 特に対処は不要です。

ARP メッセージ

ここでは、ARP メッセージについて説明します。

ARP-2

エラー メッセージ ARP-2-SET_SCHED Format: Failed to set policy or priority

説明 arp の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ ARP-2-INIT_FAIL Format: Initialization failure

説明 arp の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ ARP-2-SYSMGR_QUERY Format: Failed to query sysmgr for %s

説明 arp の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ ARP-2-SYSMGR_UUID Format: Failed to get uuid from sysmgr during %s

説明 arp の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ ARP-2-SYSMGR_NOTIFY Format: Bad notification from sysmgr for %s

説明 arp の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ ARP-2-SHM_ATTACH Format: Failed to attach %s shared memory

説明 arp の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ ARP-2-API_INIT Format: Failed to initialize %s API

説明 arp の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ ARP-2-SVR_REG Format: Failed to register as a client of %s

説明 arp の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ ARP-2-AM_REG Format: Failed to register as a client of AM %s

説明 arp の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ ARP-2-AM_PIB Format: Failed to acquire AM handle %s

説明 arp の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ ARP-2-TIMERS_INIT Format: Failed to initialize timers

説明 arp の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ ARP-2-TIMER_SET Format: Failed to initialize new timer set

説明 arp の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ ARP-2-CLI_INIT Format: Failed to initialize CLI

説明 arp の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ ARP-2-THR_CREAT Format: Failed to create thread %s: error %d

説明 arp の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ ARP-2-THREAD_FAIL Format: Failed to start %s thread

説明 arp の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ ARP-2-MQ_OPEN Format: Failed to open message queue %s: %s

説明 arp の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ ARP-2-MQ_RECV Format: Message queue receive failed on %s queue: %s

説明 想定外の重大エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ ARP-2-MTS_BIND Format: Failed to do mts_bind for %s: %s

説明 arp の初期化中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ ARP-2-MTS_RECV Format: MTS queue receive failed on %s queue: %s

説明 想定外の重大エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

ARP-3

エラー メッセージ ARP-3-TIMER_RSTART Format: Failed to restart timer 0x%p for %s on %s

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-API_MQ_INVAL Format: ARP API エラー メッセージ Invalid ARP message queue in %s

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-API_MTS_INVAL Format: ARP API エラー メッセージ Invalid ARP MTS queue in %s

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-API_MQ_SEND Format: ARP API エラー メッセージ Failed to send %s to %s queue: %s

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-API_MTS_SEND Format: ARP API エラー メッセージ Failed to send %s to %s queue: %s

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-MAC_ERR Format: Failed to get MAC address on %s for %s

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-ADJ_ADD Format: Failed to add adjacency for received packet from %s on %s

説明 このエラーにより、このアドレスへのパケットの転送は次に再試行が正常に終了するまで影響を受けます。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-ADJ_UPD Format: Failed to update adjacency for received packet from %s on %s

説明 このエラーにより、パケットの転送には既存の ARP 隣接エントリ値が引き続き使用されます。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-MBUF_ERR Format: Failed to get the remainder of packet, expected %d, got %d bytes

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-HDR_L2LEN_ERR Format: Received packet with incorrect layer 2 address length (%d bytes)

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-HDR_L3LEN_ERR Format: Received packet with incorrect layer 3 address length (%d bytes)

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-HDR_ERR Format: Failed to get ARP header, expected %d, got %d bytes

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-INVAL_HDR Format: Found incorrect hardware/protocol type in ARP header: %hu/%hu

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-INVAL_STATE Format: Unrecognized ARP entry state in timer callback: %lu

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-NO_MEM Format: Malloc failed for %s %s

説明 システムのメモリが不足している可能性があります。

推奨処置 メモリの不足です。ルータにメモリを追加します。

エラー メッセージ ARP-3-NO_MBUF Format: Failed to allocate buffer for %s

説明 システムのパケット メモリ バッファを使い切った可能性があります。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ ARP-3-PKT_ENCAP Format: Failed to encapsulate packet

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-PKT_OUT Format: Failed to send packet to PM

説明 PM メッセージ キューが一時的にいっぱいになった可能性があります。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-MTS_DROP Format: MTS drop failed on %s queue: %s

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-VRRP_IOD Format: Adding vrrp arp for %s: invalid interface %u

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-VRRP_ETH Format: Adding vrrp arp for %s: invalid interface %s, not ethernet

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-VRRP_P2P Format: Sending vrrp arp for %s on invalid interface %s, point-to-point

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-VRRP_NON_AM Format: Sending vrrp arp for %s on invalid interface %s

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-VRRPQ_IP Format: Trying to add invalid IP address %s on %s to vrrp queue

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-VRRPQ_ADD Format: Failed to add VRRP queue entry for %s, %s on %s

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP -3 - REQ_IOD Format: Sending ARP request for %s on an invalid interface %u,request from pid: %d

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-REQ_ETH Format: Sending ARP request for %s on invalid interface %s, not ethernet,request from pid: %d

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-REQ_P2P Format: Sending ARP request for %s on invalid interface %s, point-to-point,request from pid: %d

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-REQ_NON_AM Format: Sending ARP request for %s on invalid interface %srequest from pid: %d

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP -3 - REQ_IP Format: Sending ARP request for %s IP address %s on %s,request from pid: %d

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-REQ_ADD Format: Failed to add adjacency while sending request for %s on %s,request from pid: %d

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-GRAT_IOD Format: Sending gratuitous ARP for %s on an invalid interface %u

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-GRAT_ETH Format: Sending gratuitous arp for %s on invalid interface %s, not ethernet

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-GRAT_P2P Format: Sending gratuitous arp for %s on invalid interface %s, point-to-point

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-GRAT_NON_AM Format: Sending gratuitous arp for %s on invalid interface %s

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-GRAT_IP Format: Sending gratuitous ARP request for %s IP address %s on %s

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-3-IF_INDEX Format: Invalid interface index received from %d

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

ARP-5

エラー メッセージ ARP-5-MQ_UNEXP Format: Received unexpected message (%d/%d) on %s queue

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-5-MQ_MINOR Format: Received unknown minor message type (%d) from %s

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-5-MSG_UNK Format: Received unknown % type: %lu

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-5-MTS_OPC_UNK Format: Received unknown MTS opcode %lu

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-5-UNK_SIG Format: Received unknown signal %d

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-5-UNK_MSG_MINOR Format: Unrecognized %s message minor type %d

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-5-UNK_IP_NOTIF Format: Unrecognized IP address change notification type %lu

説明 想定外の回復可能なエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ARP-4-SRCIP_ERR Format: Source address of received packet (%s) does not match subnet on interface %s

説明 LAN に接続されているルータ インターフェイス間で、サブネットの設定のミスマッチが存在している可能性があります。

推奨処置 不適切な設定がないかどうか、インターフェイス上のすべてのインターフェイスをチェックします。

エラー メッセージ ARP-4-DUP_SRCIP Format: Source address of packet received from %s on %s is duplicate of local, %s

説明 このネットワーク上に、同じ IP アドレスが設定された別のルータが存在している可能性があります。

推奨処置 不適切な設定がないかどうか、インターフェイス上のすべてのインターフェイスをチェックします。

エラー メッセージ ARP-4-DIR_BCAST Format: %s address of packet received from %s on %s matches directed broadcast address, %s

説明 この LAN に接続されたルータ インターフェイス間で、サブネット マスク長の設定のミスマッチが存在している可能性があります。

推奨処置 不適切な設定がないかどうか、インターフェイス上のすべてのインターフェイスをチェックします。

エラー メッセージ ARP-4-INVAL_IP Format: Received packet with invalid %s IP address (%s) from %s on %s

説明 不正な IP アドレスのパケットを送信するルータが接続されている可能性があります。

推奨処置 不適切な設定がないかどうか、インターフェイス上のすべてのインターフェイスをチェックします。

エラー メッセージ ARP-4-INVAL_MAC Format: Received packet with invalid %s MAC address (%s) from %s on %s

説明 不正な MAC アドレスのパケットを送信するルータが接続されている可能性があります。

推奨処置 不適切な設定がないかどうか、インターフェイス上のすべてのインターフェイスをチェックします。

エラー メッセージ ARP-4-OWN_SRCMAC Format: Received packet with a local source MAC address (%s) from %s on %s

説明 ローカル MAC アドレスのパケットを送信するルータが接続されている可能性があります。

推奨処置 不適切な設定がないかどうか、インターフェイス上のすべてのインターフェイスをチェックします。

エラー メッセージ ARP-4-DUP_IP Format: ARP entry found with duplicate IP address %s on %s

説明 このネットワーク上に、同じ IP アドレスが設定された別のルータが存在している可能性があります。

推奨処置 不適切な設定がないかどうか、インターフェイス上のすべてのインターフェイスをチェックします。

ARP-6

エラー メッセージ ARP-6-SYSMAN_CLEANUP Format: Terminated by SYSMAN cleanup signal

説明 システム イベントに関する情報ログです。

推奨処置 対処不要です。

ASCII-CFG メッセージ

ここでは、ロールバック機能の ASCII 設定(ASCII-CFG)メッセージについて説明します。

ASCII-CFG-2

エラー メッセージ ASCII-CFG-2-ACFG_CONFIGURATION_APPLY_ERROR: Error encountered while ASCII configuration was being applied. Please use show startup-config log to view details.

説明 ASCII 設定の適用中に 1 つ以上のコマンドがエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ASCII-CFG-2-ACFG_LIB_INVOKE_ERR: ASCII config library invocation error: [chars].

説明 ASCII 設定を表示するためのライブラリ関数を呼び出し中にエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ASCII-CFG-2-ACFG_ROLLBACK_FAILED: rollback operation failed for atomic option.

説明 アトミック オプションのロールバック操作ができなかったエラー メッセージです。

推奨処置 問題を解決し、ロールバックをやり直してください。

エラー メッセージ ASCII-CFG-2-ACFG_ROLLBACK_UNDO_FAILED: Undo failed for atomic Rollback,Please correct the error manually and retry rollback.

説明 ロールバックの変更分(アトミック動作)の取り消しができなかったエラー メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ASCII-CFG-2-ACFG_SYSLOG_INIT_FAILED: ASCII config Syslog Init Error.

説明 ASCII 設定に関する Syslog を初期化中にエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

ASCII-CFG-3

エラー メッセージ ASCII-CFG-3-ACFG_MTSERROR: [chars].

説明 ASCII-cfg-server(ロールバック プロセス)で MTS エラーが発生しました。エラーの発生したコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

ASCII-CFG-6

エラー メッセージ ASCII-CFG-6-ACFG_CHECKPOINT_CREATED: created configuration checkpoint.

説明 すべての設定チェックポイントが作成されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ASCII-CFG-6-ACFG_CHECKPOINT_DELETE_ALL: Deleted all the configuration checkpoints.

説明 すべての設定チェックポイント ファイルが削除されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ASCII-CFG-6-ACFG_CHECKPOINT_DELETED: deleted configuration checkpoint.

説明 設定チェック ポイントが削除されたエラー メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ASCII-CFG-6-ACFG_MAX_CHECKPOINTS: Maximum no of checpoints reached, Removing the oldest checkpoint.

説明 チェックポイント数の上限に達したため、最も古いチェックポイントを削除しています。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ASCII-CFG-6-ACFG_ROLLBACK_ATOMIC: Performing configuration rollback with atomic option.

説明 atomic(アトミック)オプションを使用して設定ロールバックを実行しているというエラー メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ASCII-CFG-6-ACFG_ROLLBACK_BEST: Performing configuration rollback with best-effort option.

説明 best-effort(ベストエフォート)オプションを使用して設定ロールバックを実行しているというエラー メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ASCII-CFG-6-ACFG_ROLLBACK_FIRST_ERR: Performing configuration rollback with stop-at-first-failure option.

説明 stop-at-first-failure(初回エラーで停止)オプションを使用して設定ロールバックを実行しているというエラー メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

ATIMERS メッセージ

ここでは、ATIMERS メッセージについて説明します。

ATIMERS-3

エラー メッセージ ATIMERS-3-ERROR Format: %s

説明 アクティブ タイマー API がエラーを返しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ATIMERS-3-OPER Format: timer failed to %s, error %s

パラメータ:タイマー動作、理由

説明 アクティブ タイマー API がエラーを返しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ATIMERS-3-START Format: starting timer 0x%p: heap not allocated for set id %u

説明 アクティブ タイマー API がエラーを返しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ATIMERS-3-STOP Format: stopping timer 0x%p: heap not allocated for set id %u

説明 アクティブ タイマー API がエラーを返しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

BGP メッセージ

ここでは、BGP メッセージについて説明します。

BGP-1

エラー メッセージ BGP-1-FATAL Format: Fatal error: %s: %s

説明 想定外の重大エラーが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ BGP-1-UNKNOWNFATAL Format: Unknown fatal error %d: %s

説明 想定外の重大エラーが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

BGP-2

エラー メッセージ BGP-2-MTSBIND Format: Unable to bind to MTS SAP for %s, sap %d: %s

説明 BGP が、通信に使用するメッセージ キューを作成できませんでした。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ BGP-2-APIMTSBIND Format: Unable to bind to MTS SAP for %s, sap %d: %s

説明 BGP クライアントが、通信に使用するメッセージ キューを作成できませんでした。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ BGP-2-APIINIT Format: Unable to initialize %s API

説明 BGP の初期化中に、回復不能なエラーが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ BGP-2-ATTACH Format: Unable to attach to %s

説明 BGP の初期化中に、回復不能なエラーが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ BGP-2-URIBREG Format: Unable to register with URIB for [afi/safi:%d/%d]

説明 BGP の初期化中に、回復不能なエラーが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ BGP-2-SRVREG Format: Unable to register with %s

説明 BGP の初期化中に、回復不能なエラーが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ BGP-2-AFINIT Format: Error initializing address family, (%d)

説明 BGP の初期化中に、回復不能なエラーが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ BGP-2-AFINITFUNCS Format: Error initializing address family function vectors,(%d)

説明 BGP の初期化中に、回復不能なエラーが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ BGP-2-IPV6REG Format: Unable to register with IPv6

説明 BGP の初期化中に、回復不能なエラーが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ BGP-2-U6RIBREG Format: Unable to register with U6RIB for [afi/safi:%d/%d]

説明 BGP の初期化中に、回復不能なエラーが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ BGP-2-TSP_INIT Format: Unable to initialize with TSP

説明 BGP の初期化中に、回復不能なエラーが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ BGP-2-SYSMGR_QUERY Format: Failed to query sysmgr for %s

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ BGP-2-SYSMGR_CONDVERIF Format: Sysmgr conditional verify failed

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ BGP-2-PTHREAD Format: procket_pthread_create failed for %s: error %d

説明 想定外の重大エラーが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ BGP-2-MQLOOP_INIT Format: Message queue loop %s, %s, Error - %s

説明 BGP の初期化中に、回復不能なエラーが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ BGP-2-PEERSHALTED Format: BGP %s shutdown due to no memory condition (%s)

説明 システムのメモリが不足している可能性があります。

推奨処置 ネットワーク設定を変更してメモリの所要量を減らします。自動的にシャットダウンしている BGP ピアをすべてクリアします。BGP に使用可能なメモリがある場合は、内部エラーがあったので、BGP を再起動します。

BGP-3

エラー メッセージ BGP -3 - NEXTHOPADD Format: [string] Couldnt add next-hop to RNHDB for%s/%d,error%d'

説明 ルータが BGP ネクストホップを内部データベースに保存できませんでした。原因にはメモリの不足が考えられます。

推奨処置 BGP のメモリが不足していた場合は、ルータにメモリを追加するか、ネットワーク構成を変更してメモリの所要量を減らします。自動的にシャットダウンしている BGP ピアをすべてクリアします。BGP に使用可能なメモリがある場合は、内部エラーがあったので、BGP を再起動します。

エラー メッセージ BGP -3 - NEXTHOPDEL Format: [string] Couldnt delete next-hop from NHDB for %s/%d,error%d'

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP -3 - BRIBADD Format: [string] Couldnt add dest to BRIB for %s/%d'

説明 BGP がプレフィクスを BGP RIB に追加できませんでした。BGP プロセスのメモリが不足している可能性があります。

推奨処置 BGP のメモリが不足していた場合は、ルータにメモリを追加するか、ネットワーク構成を変更してメモリの所要量を減らします。自動的にシャットダウンしている BGP ピアをすべてクリアします。BGP に使用可能なメモリがある場合は、内部エラーがあったので、BGP を再起動します。

エラー メッセージ BGP-3-BRIB_ADD_INT Format: Internal error in adding to BRIB: %s

説明 BRIB にパスを追加する際に内部エラーが発生しました。BGP プロセスのメモリが不足している可能性があります。

推奨処置 BGP のメモリが不足していた場合は、ルータにメモリを追加するか、ネットワーク構成を変更してメモリの所要量を減らします。自動的にシャットダウンしている BGP ピアをすべてクリアします。BGP に使用可能なメモリがある場合は、内部エラーがあったので、BGP を再起動します。

エラー メッセージ BGP-3-BRIBDEL Format: [string] Couldnt delete dest from BRIB for %s/%d'

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-FINDAGGR Format: [string] Did not find aggregate path for entry %s/%d

説明 BGP が、設定済み集約を発信するための内部データ構造を見つけられませんでした。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-AGGADD Format: [string] Couldnt add aggregate for %s/%d'

説明 BGP が、集約を内部データ構造に保存できませんでした。BGP プロセスのメモリが不足している可能性があります。

推奨処置 BGP のメモリが不足していた場合は、ルータにメモリを追加するか、ネットワーク構成を変更してメモリの所要量を減らします。自動的にシャットダウンしている BGP ピアをすべてクリアします。BGP に使用可能なメモリがある場合は、内部エラーがあったので、BGP を再起動します。

エラー メッセージ BGP-3-AGGDEL Format: [string] Couldnt delete aggregate for %s/%d'

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-NONBESTPATH Format: [string] Non bestpath in attr. path chain for %s/%d

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 コンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ BGP-3-LIST Format: %s

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-ATTRID_OP Format: Failed to %s attribute ID

説明 BGP は、BGP PATH アトリビュート ブロックのインデックスの割り当てまたは解放ができませんでした。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-ATTRAVL_OP Format: Failed attribute external database operation: %s, id %lu

説明 BGP が、アトリビュート外部データベース操作を実行できませんでした。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-VRF_CTX Format: VRF %s, failed %s

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-VRFAVL_OP Format: Failed vrf database operation: %s, vrf %s id %lu

説明 BGP が vrf データベース操作を実行できませんでした。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-TBLAVL_OP Format: Failed table database operation: %s, table %s id %lu

説明 BGP がテーブル データベース操作を実行できませんでした。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-PEER Format: Peer %s, failed %s

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-TBLCTX_INIT Format: VRF %s, %s, table %s: Table initialization failed

説明 BGP が内部データベース構造を初期化できませんでした。BGP プロセスのメモリが不足している可能性があります。

推奨処置 BGP のメモリが不足していた場合は、ルータにメモリを追加するか、ネットワーク構成を変更してメモリの所要量を減らします。自動的にシャットダウンしている BGP ピアをすべてクリアします。BGP に使用可能なメモリがある場合は、内部エラーがあったので、BGP を再起動します。

エラー メッセージ BGP -3 - BRIB_RDADD Format: [string] Couldnt add rd info %s to BRIB'

説明 BGP がプレフィクスを BGP RIB に追加できませんでした。BGP プロセスのメモリが不足している可能性があります。

推奨処置 BGP のメモリが不足していた場合は、ルータにメモリを追加するか、ネットワーク構成を変更してメモリの所要量を減らします。自動的にシャットダウンしている BGP ピアをすべてクリアします。BGP に使用可能なメモリがある場合は、内部エラーがあったので、BGP を再起動します。

エラー メッセージ BGP -3 - TBLATTRAVL_OP Format: Failed table attribute database operation: %s, id %lu

説明 BGP がテーブル アトリビュート データベース操作を実行できませんでした。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-RDINFO Format: VRF %s, %s, table %s: rdinfo %s failed

説明 BGP が内部データベース構造を初期化できませんでした。BGP プロセスのメモリが不足している可能性があります。

推奨処置 BGP のメモリが不足していた場合は、ルータにメモリを追加するか、ネットワーク構成を変更してメモリの所要量を減らします。自動的にシャットダウンしている BGP ピアをすべてクリアします。BGP に使用可能なメモリがある場合は、内部エラーがあったので、BGP を再起動します。

エラー メッセージ BGP-3-RPMHANDLE Format: RPM notification handle does not match existing handle for policy %s

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-RPMBIND Format: RPM policy bind failed for %s %s

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-PLCYOUT Format: Cannot add reference to policy out info for route-map %s

説明 BGP が発信ポリシーのエントリを作成できませんでした。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ BGP-3-PLCYRNHATTACH Format: Couldnt attach to policy RNH info for policy %s,error:%s'

説明 ポリシーを使用する際に内部エラーが発生しました。

推奨処置 BGP のメモリが不足していた場合は、ルータにメモリを追加するか、ネットワーク構成を変更してメモリの所要量を減らします。自動的にシャットダウンしている BGP ピアをすべてクリアします。BGP に使用可能なメモリがある場合は、内部エラーがあったので、BGP を再起動します。

エラー メッセージ BGP-3-PLCYRNHDETACH Format: Couldnt detach from policy RNH info for policy %s,error:%s'

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-PLCYRNHSETUP Format: Couldnt setup rnh notifications for policy %s,error:%s'

説明 ポリシーを使用する際に内部エラーが発生しました。

推奨処置 BGP のメモリが不足していた場合は、ルータにメモリを追加するか、ネットワーク構成を変更してメモリの所要量を減らします。自動的にシャットダウンしている BGP ピアをすべてクリアします。BGP に使用可能なメモリがある場合は、内部エラーがあったので、BGP を再起動します。

エラー メッセージ BGP-3-CLISET Format: Unable to set %s inheritance for %s

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ BGP-3-DAMPCFG Format: Both policy and global dampconf exist

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-ACLTESTADD Format: Failed to add %s peer policy test

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-MTSRECV Format: MTS receive failed on %s queue: %s

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ BGP-3-MTSDROP Format: MTS drop failed on %s queue: %s

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-MTSSEND Format: MTS send() error to SAP %d, opcode %d: %s

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-API_UNEXP_RESP Format: Received unexpected message from SAP %d, opcode %d, address %s, ignore it

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ BGP-3-APIMTSRECV Format: MTS receive failed on %s queue: %s

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ BGP-3-APIMTSDROP Format: MTS drop failed on %s queue: %s

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-APIMTSSEND Format: MTS send() error to SAP %d, opcode %d: %s

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-ULIBREG Format: Unable to register with ULIB for [afi/safi:%d/%d]

説明 BGP の初期化中に、回復不能なエラーが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ BGP-3-URIBRNH Format: URIB RNH error: %s

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-U6RIBRNH Format: U6RIB RNH error: %s

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-ULIBRNH Format: ULIB RNH error: %s

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP -3 - RNHCB Format: RNH %s error: %s

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-URIBRT Format: URIB RT error: %s

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-RESTARTTYPE Format: Error in learning restart type

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-LISTEN_SOCK Format: Failed to listen on %s BGP TCP port

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-SOCK_ERR Format: Socket (%d/%d): %s

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP -3 - SOCKOPEN Format: TCP connection for peer %s already open, fd %d, state %s

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-SOCKCREATE Format: Cannot create socket for peer %s: %s

説明 ソケット操作中にエラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-SOCKBIND Format: Cannot bind local socket for peer %s: %s

説明 ソケット操作中にエラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP -3 - SOCK_ACCEPT Format: Socket (%d/%d) accept: %s

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-SOCKNONBLOCK Format: Couldnt make fd %d non-blocking: %s'

説明 ソケット操作中にエラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-SENDBUF Format: Error manipulating sendbuf: %s

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-NEGWRITE Format: Negative nr of %d bytes left to write to peer %s

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-MD5PASS Format: Cannot set MD5 password %s for peer %s

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-EBGPTTL Format: Unable to set EBGP TTL for peer %s, fd %d

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-IPTOS Format: Unable to set IP TOS bits for %s, fd %d

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-LOWMEM Format: Low on heap memory

説明 システムのメモリが不足している可能性があります。

推奨処置 ネットワーク設定を変更してメモリの所要量を減らします。自動的にシャットダウンしている BGP ピアをすべてクリアします。BGP に使用可能なメモリがある場合は、内部エラーがあったので、BGP を再起動します。

エラー メッセージ BGP-3-ALLOCFAIL Format: %s malloc (%ld) failed for: %s

説明 システムのメモリが不足している可能性があります。

推奨処置 ネットワーク設定を変更してメモリの所要量を減らします。自動的にシャットダウンしている BGP ピアをすべてクリアします。BGP に使用可能なメモリがある場合は、内部エラーがあったので、BGP を再起動します。

エラー メッセージ BGP-3-PFX_NOMEM Format: Could not allocate %s for %s/%d

説明 システムのメモリが不足している可能性があります。

推奨処置 ネットワーク設定を変更してメモリの所要量を減らします。自動的にシャットダウンしている BGP ピアをすべてクリアします。BGP に使用可能なメモリがある場合は、内部エラーがあったので、BGP を再起動します。

エラー メッセージ BGP-3-NOMEMORY Format: Could not allocate %s

説明 システムのメモリが不足している可能性があります。

推奨処置 ネットワーク設定を変更してメモリの所要量を減らします。自動的にシャットダウンしている BGP ピアをすべてクリアします。BGP に使用可能なメモリがある場合は、内部エラーがあったので、BGP を再起動します。

エラー メッセージ BGP-3-NOBUF Format: [string] Unable to get buffer for %s msg to peer %s

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-ILLARGS Format: %s called with illegal arguments

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-INTERNAL Format: Internal error %d: %s

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-NBRERR Format: %s Peer error: %s

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-ASSERT Format: %s:%d: Assertion `%sfailed.'

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-PATH_DEL Format: Failed to destroy path (%s), error %d

説明 BGP プロセスのメモリが不足している可能性があります。

推奨処置 ネットワーク設定を変更してメモリの所要量を減らします。自動的にシャットダウンしている BGP ピアをすべてクリアします。BGP に使用可能なメモリがある場合は、内部エラーがあったので、BGP を再起動します。

エラー メッセージ BGP-3-TIMER_START Format: Couldnt start %s timer %s'

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-THREAD_SHUTDOWN Format: Problem shutting down thread %s: Operation - %s, Error - %s

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-MQLOOP_SHUTDOWN Format: Couldnt shutdown %s message queue oop'

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-APPLY_BESTPATH_CFG Format: Failed to apply bestpath configuration: %s

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-RESTARTINIT Format: Unable to determine restart status and initialize

説明 BGP の初期化中に、回復不能なエラーが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ BGP -3 - PATH_STALE Format: [string] %s path being %s, for %s/%d from peer %s, should not be stale

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-SRAND Format: Failed to set random seed

説明 BGP の初期化中に、回復不能なエラーが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ BGP-3- EVENT_WAIT Format: Error while waiting for %s event, error - %s

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-INVHDR Format: Peer %s sent unexpected header pattern

説明 メッセージ ヘッダーのマーカー パターンが無効でした。

推奨処置 ピアリング ルータが正しく設定されているかチェックします。変更した場合には、必要に応じてピアをクリアします。

エラー メッセージ BGP-3-ASPREPEND Format: Expected AS sequence or entry sequence, got %d/%d

説明 AS パスの先頭に付加する際にエラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-COMLEN Format: Community sets exceeded maximum allowed limit

説明 コミュニティを追加する際に内部制限に達しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-COMADD Format: Error occurred in community addition, no action taken

説明 コミュニティを追加する際に内部エラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-ASLEN Format: AS-PATH prepend length exceeds internal limit

説明 AS パスを先頭に付加する際に、内部制限に達しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-3-SOFTINCAP Format: Peer %s not capable of soft refresh in, operator intervention needed: %s

説明 ルータは、表示されているピアのソフト リフレッシュを実行できませんでした。

推奨処置 必要に応じて、ピアとの接続をリセットします。

エラー メッセージ BGP-3-SNMP_API_DATA Format: Message data is NULL

説明 データを保存するための SNMP メッセージのメモリがありません。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ BGP-3-CONDSRV_CLEANUP Format: Conditional Service cleanup request failed, %s

説明 Sysmgr が BGP のシャットダウン要求を拒否しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

BGP-4

エラー メッセージ BGP-4-SLAB_HOLD Format: Not able to hold element from %s slab

説明 スラブからのエレメントを保持できません。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ BGP-4-MAXPEERS Format: Trying to configure more than %d neighbors

説明 BGP が、設定可能なピア数の制限に達しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ BGP-4-PFXEXCEED Format: [string] No. of prefix received from %s exceeded configured limit %d

説明 BGP の受け入れ設定数よりも多くのルートがピアから送信されてきました。

推奨処置 ピアリング ルータが正しく設定されているかチェックします。変更した場合には、必要に応じてピアをクリアします。

エラー メッセージ BGP-4-PFXWARN Format: [string] Number of prefixes received from %s reached %d, maximum %d

説明 ピアから送信されてきたルート数が警告しきい値を超えたため、BGP は警告を生成しました。

推奨処置 ピアリング ルータが正しく設定されているかチェックします。変更した場合には、必要に応じてピアをクリアします。

エラー メッセージ BGP-4-MQUNEXPECT Format: Recieved unexpected message (%d/%d) on %s queue

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-4-MTSUNKOPC Format: Recieved unknown MTS message on %s queue, opc %d

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-4-MTSNOMSG Format: No MTS payload found on %s queue, opc %d

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-4-TXLIST Format: %s

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ BGP-4-NODAMPMEM Format: [string] Unable to dampen prefix %s/%d from peer %s due to no memory

説明 BGP のメモリが不足している可能性があります。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ BGP-4-NORID Format: Peer %s sent us 0.0.0.0 as its router-id

説明 BGP ピアから無効なルータ id が送信されてきました。

推奨処置 ピアリング ルータが正しく設定されているかチェックします。変更した場合には、必要に応じてピアをクリアします。

エラー メッセージ BGP-4-SAMERID Format: Peer %s uses same routerid as us

説明 BGP ピアがこのルータと同じルータ id を使用しています。

推奨処置 ローカル ルータまたはリモート ルータのどちらかを異なるルータ ID に設定します。

エラー メッセージ BGP-4-ISSU_CHECK Format: Not ready for ISSU: Graceful Restart or hold time check failed

説明 1 つまたは複数のピアのグレースフル リスタートがディセーブルになっているか、ホールド時間がスイッチオーバー時間を下回っています。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ BGP-4-ISSU_HOLDTIME Format: ISSU will be affected if hold time is less than system switchover time (%d seconds)

説明 ホールド時間がシステム スイッチオーバー時間を下回っています。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ BGP-4-SNMP_REGFAIL Format: Failed to register MIB with the SNMP agent, the BGP MIB will be unavailable. (%s)

説明 起動時に MIB 登録ができませんでした。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ BGP-4-SNMP_DEREGFAIL Format: Failed to deregister MIB with the SNMP agent (%s).

説明 シャットダウン時に MIB 登録の解除ができませんでした。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

BGP-5

エラー メッセージ BGP-5-BADSIG Format: Should not have received signal %d

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

BGP-6

エラー メッセージ BGP -6 - START Format: BGP process %s startup, reason: %s

説明 表示されている BGP プロセスが起動しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ BGP -6 - ADJCHANGE Format: neighbor %s %s %s

説明 BGP セッションが確立された直後です。または、セッションがシャットダウンされた直後です。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ BGP -6 - EXIT_DECONFIG Format: BGP process exiting due to deconfiguration

説明 表示されている BGP プロセスの設定が解除されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ BGP -6 - EXIT_RESTART Format: BGP process exiting due to manual restart

説明 表示されている BGP プロセスが再起動中です。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ BGP-6-EXIT_UNKNOWN Format: BGP process exiting due to unknown reason

説明 不明な理由により、BGP プロセスが終了します。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ BGP-6-MEMSTAT Format: Hit low memory condition - Free: %u MB, Min free: %u MB

説明 メモリ不足の状態になりました。

推奨処置 特に対処は不要です。

BIOS_DAEMON メッセージ

ここでは、BIOS(BIOS_DAEMON)メッセージについて説明します。

BIOS_DAEMON-2

エラー メッセージ BIOS_DAEMON-2-BIOS_DAEMON_PRI_BOOT_FAIL: Primary BIOS is corrupted or un-bootable.

説明 プライマリ BIOS が壊れているか、ブート不能であることを報告するメッセージです。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

エラー メッセージ BIOS_DAEMON-2-BIOS_DAEMON_SUP_ERROR: BIOS Sector ([dec]) is write protected.

説明 BIOS が書き込み保護されていることを報告するメッセージです。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

BIOS_DAEMON-SLOT# メッセージ

ここでは、BIOS_DAEMON-SLOT メッセージについて説明します。

BIOS_DAEMON-SLOT#-2

エラー メッセージ BIOS_DAEMON-SLOT#-2-BIOS_DAEMON_LC_ERROR: BIOS Sector ([dec]) is write protected.

説明 BIOS が書き込み保護されていることを報告するメッセージです。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

エラー メッセージ BIOS_DAEMON-SLOT#-2-BIOS_DAEMON_LC_PRI_BOOT_FAIL: Primary BIOS is corrupted or un-bootable.

説明 プライマリ BIOS が壊れているエラー メッセージです。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

BOOTUP_TEST メッセージ

ここでは、起動テスト(BOOTUP_TEST)メッセージについて説明します。

BOOTUP_TEST-2

エラー メッセージ BOOTUP_TEST-2-EOBC_FAIL: Module [dec] has failed test [chars] on EOBC due to error [chars].

説明 オンライン診断の EOBC テストでエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ BOOTUP_TEST-2-EOBC_SKIP: Module [dec] has failed test [chars] on EOBC due to error [chars].

説明 オンライン診断の ManagementPort テストでエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ BOOTUP_TEST-2-MGMT_PORT_FAIL: Module [dec] has failed test [chars] on Management Port due to error [chars].

説明 オンライン診断の ManagementPort テストでエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ BOOTUP_TEST-2-MGMT_PORT_SKIP: Module [dec] has skipped test [chars] on Management Port due to error [chars].

説明 オンライン診断の ManagementPort テストがスキップされました。

推奨処置 対処不要です。

BOOTVAR メッセージ

ここでは、ブート変数(BOOTVAR)メッセージについて説明します。

BOOTVAR-2

エラー メッセージ BOOTVAR-2-ALLOC_MEMORY: Memory allocation failed.

説明 サービスでメモリを割り当てることができませんでした。

推奨処置 システムのメモリが不足していないかどうかを調べ、メモリ不足の場合はスイッチをリセットします。

エラー メッセージ BOOTVAR-2-AUTOCOPY_FAILED: Autocopy of file [chars] to standby failed. [chars] (Error-id: [hex]).

説明 自動コピー機能を使用してスタンバイにイメージをコピーすることができませんでした。

推奨処置 エラー ID をチェックして理由を調べます。

エラー メッセージ BOOTVAR-2-AUTOSYNC_FAILED: Image autosync failed Reason: [chars]([hex]).

説明 イメージの同期化ができませんでした。

推奨処置 フラッシュ メモリに十分なスペースがあること、およびシステムのハイ アベイラビリティの状態をチェックします。

エラー メッセージ BOOTVAR-2-CONFIG_ERROR: Failed to update boot configuration.

説明 ブート設定ファイルのアップデート中にエラーが発生しました。

推奨処置 フラッシュ メモリに十分なスペースがあることをチェックし、設定されているイメージ名を show boot を使用してチェックし、それらと現在のブートローダ設定を show loader internal configuration を使用して比較します。両者の整合性がなければ write erase を実行し、設定を保存し直します。

エラー メッセージ BOOTVAR-2-IMAGE_NOT_COMPATIBLE: Warning: image [chars] is not compatible with the current platform in SUP [dec].

説明 入力されたイメージ名が現在のプラットフォームと矛盾します。

推奨処置 リブートする前に、正しいイメージが指定されていることを確認します。

BOOTVAR-3

エラー メッセージ BOOTVAR-3-AUTOCOPY_FAILED_STANDBY_FULL: Autocopy of file [chars] to standby failed due to not enough disk space on standby.

説明 スタンバイのディスク スペースが不足しているため、ファイルをコピーできません。

推奨処置 スタンバイ ディスクのスペースをクリアします。

エラー メッセージ BOOTVAR-3-INIT_FAILED: Initialization failed: Component [chars].

説明 サービスが開始できませんでした。コンポーネントの初期化中にエラーが発生しました。

推奨処置 show processes を使用して他のプロセスの状態をチェックし、表示されているコンポートネントに注目します。

エラー メッセージ BOOTVAR-3-LOAD_VERIFY_LIB_FAILED: Fetching library [chars] failed, reason=[chars].

説明 bootvar で指定された検証ライブラリのロードに失敗しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ BOOTVAR-3-MODULE_LOCK_FAIL: Unable to get module lock, please don't reload <error-id:[hex].

説明 自動同期中にユーザがリロードすることを防止するために、modlock を取得できません。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ BOOTVAR-3-NEIGHBOR_REJECT_AUTOCOPY: auto-copy failed - not supported by neighbor supervisor.

説明 スタンバイ スーパーバイザが自動コピーをサポートしていないため、エラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ BOOTVAR-3-VERIFY_FAILED: Image [chars] for bootvar [chars] verification failed, reason=[chars].

説明 この bootvar のイメージ セットが検証プロセスでエラーになりました。これは警告メッセージです。

推奨処置 理由をチェックして対処方法を決定します。

BOOTVAR-5

エラー メッセージ BOOTVAR-5-AUTOCOPY_SUCCEED: auto-copy of file [chars] to standby supervisor succeed.

説明 ファイルの自動コピーが正常に終了し、スタンバイによりイメージの完全性が確認されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ BOOTVAR-5-AUTOCOPY_VERIFY_SEND_FAILED: Unable to ask standby to verify file [chars], error = [hex].

説明 スタンバイへのイメージのコピー時、スタンバイに完全性を確認させるためのメッセージを送信できませんでした。

推奨処置 自動コピーをオフに切り替えてオンに戻します。

エラー メッセージ BOOTVAR-5-AUTOSYNC_DONE: Image autosync done.

説明 イメージの同期化が正常に実行されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ BOOTVAR-5-AUTOSYNC_REBOOT: Rebooting standby after successful autosync.

説明 イメージの自動同期化が正常に終了し、新しいイメージをロードするためにスタンバイ スーパーバイザをリセットしています。

推奨処置 スタンバイ スーパーバイザが正常にリロードすることをチェックします。

エラー メッセージ BOOTVAR-5-AUTOSYNC_START: Starting image autosync. Please wait until completion.

説明 スタンバイ スーパーバイザが現在のイメージの同期化を要求しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ BOOTVAR-5-IMAGE_NOTEXISTS: Warning: image [chars] doesn't exist on sup[dec].

説明 入力したイメージ名は指定されたスーパーバイザに存在しません。

推奨処置 入力した入力イメージ名が存在するかどうかを確認し、フラッシュにそのイメージが存在することを確認してからリブートします。

エラー メッセージ BOOTVAR-5-NEIGHBOR_UPDATE_AUTOCOPY: auto-copy supported by neighbor supervisor,starting.

説明 スタンバイが自動コピーをサポートしていることを報告する情報ログです。自動コピーが開始しています。

推奨処置 対処不要です。

BOOTVAR-6

エラー メッセージ BOOTVAR-6-ALREADY_IN_SYNC: Image already in sync.

説明 スタンバイ スーパーバイザのイメージをアップデートする必要はありません。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ BOOTVAR-6-CONFIG_UPDATED: Boot configuration updated.

説明 ブート ローダ設定ファイルが正常にアップデートされました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ BOOTVAR-6-STARTING: Boot configuration initialized.

説明 サービスが正常に開始されました。

推奨処置 対処不要です。

CALLHOME メッセージ

ここではコール ホーム(CALLHOME)メッセージについて説明します。

CALLHOME-2

エラー メッセージ CALLHOME-2-EVENT: [chars]. Callhome event [chars]. occurred.

推奨処置 callhome 通知を受け取るように自分の電子メール アドレスを設定している場合は、電子メールでこの callhome イベントの詳細を確認してください。callhome がイネーブルになっていなかった場合は、callhome 関連の CLI コマンドを実行してエラーに関する詳細情報を入手してください。

エラー メッセージ CALLHOME-2-PROGRAM_EXIT: callhome process ending: [chars].

説明 callhome プロセスが理由を表示して終了するエラー メッセージです。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

CALLHOME-3

エラー メッセージ CALLHOME-3-CALLHOME_CFS_MERGE_OPERATION_FAILED: [chars].

説明 CFS マージ操作ができなかったエラー メッセージです。

推奨処置 CFS 操作のエラーの理由を確認し、問題を修正してください。

エラー メッセージ CALLHOME-3-CALLHOME_CFS_OPERATION_FAILED: [chars]: [chars].

説明 表示されている理由のため、Cisco Fabric Service(CFS)を使用するコール ホーム操作がエラーになりました。

推奨処置 CFS 操作のエラーの理由を確認し、問題を修正してください。

エラー メッセージ CALLHOME-3-CALLHOME_MAX_ALERT_MSG: [chars].

説明 コール ホーム アラートが発生しました。

推奨処置 callhome メッセージの生成の理由を確認し、問題を修正してください。

エラー メッセージ CALLHOME-3-EVENT_PROCESS_ERROR: error in processing callhome event [chars] reason:[chars].

説明 表示されている理由のため、コール ホーム イベントの処理中にエラーが発生しました。

推奨処置 callhome 設定が正しいかどうかをチェックしてください。SMTP サーバ アドレス、宛先プロファイルの電子メール アドレスをチェックし、callhome のイネーブル ステータスをチェックしてください。設定を表示するには show callhome コマンドを使用します。

エラー メッセージ CALLHOME-3-MESSAGE_SIZE_EXCEED: message size for callhome alert:[chars]exceeds maximum limit for destination profile:[chars].

説明 コール ホーム アラートのメッセージ サイズが、表示されている宛先プロファイルの上限を超えています。

推奨処置 該当する宛先プロファイルの最大メッセージ サイズをチェックしてください。可能な場合は、電子メールの宛先の許容最大限度に合うように最大メッセージ サイズを増やします。

CALLHOME-6

エラー メッセージ CALLHOME-6-NONCRIT_EVENT: [chars].

説明 クリティカルではないコール ホーム イベントが発生しました。

推奨処置 callhome 通知を受け取るように自分の電子メール アドレスを設定している場合は、電子メールでこの callhome イベントの詳細を確認してください。callhome がイネーブルになっていなかった場合は、callhome 関連の CLI コマンドを実行してエラーに関する詳細情報を入手してください。

CDP メッセージ

ここでは Cisco Discovery Protocol(CDP; シスコ検出プロトコル)メッセージについて説明します。

CDP-2

エラー メッセージ CDP-2-INITFAIL: CDP Daemon Initialization failed: [chars].

説明 表示されている理由のため、CDP デーモンを初期化できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

CDP-3

エラー メッセージ CDP-3-ALLOCFAIL: Heap Memory allocation failed: [chars].

説明 CDP デーモンのダイナミック メモリが不足しています。エラーが発生したコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ CDP-3-GENERROR: [chars].

説明 CDP デーモンで一般エラーが発生しましたが、上記のカテゴリのいずれにも該当しません。エラー メッセージにエラーの内容およびそのコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ CDP-3-MCASTBINDFAIL: Failed to bind for CDP multicast address on interface [hex]-[chars].

説明 CDP マルチキャスト アドレス宛てのパケットを登録できませんでした。インターフェイスおよびエラーの理由が表示されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ CDP-3-MTSERROR: [chars].

説明 CDP デーモンで Messaging and Transaction Service(MTS)エラーが発生しました。エラーが発生したコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ CDP-3-PKTRECVFAIL: Failed to receive packet -[chars].

説明 表示されている理由のため、パケットを受信できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ CDP-3-PKTSENDFAIL: Failed to send packet,interface [hex]-[chars].

説明 パケットを送信できませんでした。インターフェイスおよびエラーの理由が表示されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ CDP-3-PSSERROR: [chars].

説明 CDP デーモンで Persistent Storage Service(PSS)エラーが発生しました。エラー メッセージにエラーの発生したコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ CDP-3-SOCKBINDFAIL: Failed to bind to raw socket, interface [hex]-[chars].

説明 CDP を raw ソケットにバインドできませんでした。インターフェイスおよびエラーの理由が表示されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ CDP-3-SOCKOPENFAIL: Failed to open socket for receiving raw 802_2 packets - [chars].

説明 表示されている理由のため、raw 802.2 パケットの受信用にソケットを開くことができませんでした。

推奨処置 対処不要です。

CDP-5

エラー メッセージ CDP-5-DISABLED: CDP is disabled.

説明 CDP はデバイスでディセーブルになっています。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ CDP-5-ENABLED: CDP is enabled.

説明 CDP はデバイスでイネーブルになっています。

推奨処置 対処不要です。

CDP-6

エラー メッセージ CDP-6-CDPDUP: CDP Daemon Up.

説明 CDP デーモンが正常に作成され、アップになって稼働しています。これは通知メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ CDP-6-CDPEXIT: CDP Daemon shutting down gracefully.

説明 CDP デーモンが適切にシャットダウンされました。これは通知メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ CDP-6-NEIGHBOR_ADDED: Device [chars] discovered of type [chars] with port [chars] on incoming port [chars] with ip addr [chars] and mgmt ip [chars].

説明 隣接デバイスを検出しました。これは通知メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ CDP-6-NEIGHBOR_REMOVED: CDP Neighbor [chars] on port [chars] has been removed.

説明 隣接デバイスを削除しました。これは通知メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ CDP-6-PORTDISABLE: CDP disabled on port [chars].

説明 所定のポートで CDP がディセーブルになりました。ポートはインターフェイス ID 文字列で表示されます。これは通知メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ CDP-6-PORTDOWN: A CDP enabled port [chars] went down.

説明 CDP 対応ポートが操作不能になりました。ポートを特定するインターフェイス ID の文字列が表示されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ CDP-6-PORTENABLE: CDP enabled on port[chars].

説明 所定のポートで CDP がイネーブルになりました。ポートはインターフェイス ID 文字列で表示されます。これは通知メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ CDP-6-PORTUP: A CDP enabled port [chars] came up.

説明 CDP 対応ポートが操作可能になりました。ポートを特定するインターフェイス ID の文字列が表示されます。

推奨処置 対処不要です。

CMPPROXY メッセージ

ここでは、CMP プロキシ メッセージについて説明します。

CMPPROXY-2

エラー メッセージ CMPPROXY-2-LOG_CMP_IS_NOT_UP: Connectivity Management processor(on module [dec])did not come up.

説明 Connectivity Management Processor(CMP)が、このモジュール上でハートビートを送信していません。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ CMPPROXY-2-LOG_CMP_WENT_DOWN: Connectivity Management processor(on module [dec])went DOWN.

説明 CMP がダウンしているか、または長時間ハートビートを送信していません。

推奨処置 対処不要です。

CMPPROXY-5

エラー メッセージ CMPPROXY-5-LOG_CMP_AAA_FAILURE: AAA failed for a login from CMP(on module [dec]).

説明 認証に成功しなかったので、CMP はログインのアクセスを拒否しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ CMPPROXY-5-LOG_CMP_UP: Connectivity Management processor(on module [dec])is now UP.

説明 CMP が起動し、この SUP スロット上の CP とハートビートの交換を行っています

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ CMPPROXY-5-MALLOC_FAILURE: Memory allocation failure.

説明 malloc/calloc を呼び出す際に、メモリの割り当てができませんでした。

推奨処置 対処不要です。

CMPPROXY-6

エラー メッセージ CMPPROXY-6-LOG_CMP_AAA_SUCCESS: AAA succeeded for a login from CMP(on module [dec]).

説明 AAA が成功したので、CMP はログイン アクセスを許可しました。

推奨処置 対処不要です。

COPP メッセージ

ここでは、COPP メッセージについて説明します。

COPP-2

エラー メッセージ COPP-2-COPP_INIT_FAIL: CoPP Initialization failed: [chars].

説明 CoPP を初期化できなかったエラー メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ COPP-2-COPP_MTS_FAIL: Failed to do MTS operation: [chars].

説明 MTS 操作を実行できなかったことがエラーの理由です。

推奨処置 対処不要です。

COPP-3

エラー メッセージ COPP-3-COPP_ALLOC_FAIL: Failed to alloc required memory: [chars].

説明 必要なメモリの割り当てができなかったことがエラーの理由です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ COPP-3-COPP_PPF_FAIL: Failed to do PPF operation: [chars].

説明 PPF 操作を実行できなかったことがエラーの理由です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ COPP-3-COPP_PSS_FAIL: Failed to do PSS operation: [chars].

説明 PSS 操作を実行できなかったことがエラーの理由です。

推奨処置 対処不要です。

COPP-5

エラー メッセージ COPP-5-COPP_DISABLED: COPP Disabled.

説明 COPP サービスがディセーブルです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ COPP-5-COPP_ENABLED: COPP Enabled.

説明 COPP サービスがイネーブルです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ COPP-5-COPP_INIT: COPP initialized.

説明 COPP サービスが初期化されました。

推奨処置 対処不要です。

COPP-6

エラー メッセージ COPP-6-COPP_POLICY_ATTACHED: CoPP policy has been attached to control plane interface.

説明 CoPP ポリシーがコントロール プレーン インターフェイスに適用されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ COPP-6-COPP_POLICY_DETACHED: CoPP policy has been detached from control plane interface.

説明 コントロール プレーン インターフェイスから CoPP ポリシーの適用が解除されました。

推奨処置 対処不要です。

CORE-DMON メッセージ

ここでは、コア ダンプ デーモン(CORE-DMON)メッセージについて説明します。

CORE-DMON-2

エラー メッセージ CORE-DMON-2-MODULE_COREDUMP_DONE: kernel coredump completed on module:[dec].

説明 モジュール上のカーネル coredump が終了しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ CORE-DMON-2-MODULE_COREDUMP_STARTED: kernel coredump started on module:[dec].

説明 モジュール上のカーネル coredump が開始しました。

推奨処置 対処不要です。

CTS メッセージ

ここでは、CTS メッセージについて説明します。

CTS-2

エラー メッセージ CTS-2-DBG_INIT_FAILED: Debug Infrastructure Initialization failed ([chars]).

説明 デバッグ インフラストラクチャを初期化できなかったエラー メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ CTS-2-FSMU_INIT_FAILED: State Machine Infrastructure Initialization failed ( [chars] ).

説明 ステート インフラストラクチャを初期化できなかったというエラー メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ CTS-2-IPC_INIT_FAILED: IPC (Inter Process Communication)Initialization failed ([chars]).

説明 CTS マネージャが IPC インフラストラクチャを初期化できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ CTS-2-LICENSE_UNAVAILABLE: License:[chars] unavailable, service exiting.

説明 ライセンスを使用できません。サービスはこれで終了します。

推奨処置 この機能を継続して使用できるよう、ライセンス ファイルをインストールしてください。

エラー メッセージ CTS-2-MEM_FAILED: Memory operations failed File: [chars] Line [dec] for size [hex] bytes.

説明 メモリの操作ができなかったというエラーメッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ CTS-2-POST_INIT_FAILED: Post-Initialization failed( [chars]).

説明 初期化後のエラー ステータスを報告するメッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ CTS-2-PSS_INIT_FAILED: PSS Infrastructure Initialization failed ([chars]).

説明 PSS インフラストラクチャを初期化できなかったというエラー メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ CTS-2-RBACL_UNABLE_PARSE_ACE: Unable to parse RBACL ACE substring: [chars].

説明 RBACL ACE サブストリングを解析できないというエラー メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

CTS-3

エラー メッセージ CTS-3-DOT1X_AUTHC_FAILED: DOT1X authentication failed on port: [chars].

説明 ポートの DOT1X 認証でエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

DEV_LOG メッセージ

ここでは、DEV_LOG メッセージについて説明します。

DEV_LOG-3

エラー メッセージ DEV_LOG-3-ERROR: [chars].

説明 Dev_log_lc でエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

DEVICE_TEST メッセージ

ここでは、デバイス テスト(DEVICE_TEST)メッセージについて説明します。

DEVICE_TEST-2

エラー メッセージ DEVICE_TEST-2-ASIC_REG_CHECK_FAIL: Module [dec] has failed test [chars] [dec]times on device [chars]instance [dec] frontpanel ports affected [chars] due to error [chars].

説明 オンライン診断の ASICRegisterCheck テストでエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DEVICE_TEST-2-COMPACT_FLASH_FAIL: Module [dec] has failed test [chars] [dec] times on device Compact Flash due to error [chars].

説明 オンライン診断の CompactFlash テストでエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DEVICE_TEST-2-CRYPTO_DEVICE_FAIL: Module [dec] has failed test [chars] [dec] times on Crypto device due to error [chars].

説明 オンライン診断の CryptoDevice テストでエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DEVICE_TEST-2-MALLOC_FAILURE: Memory allocation failed.

説明 デバイス テスト プロセスが、メモリを割り当てることができませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DEVICE_TEST-2-NVRAM_FAIL: Module [dec] has failed test [chars][dec]times on device NVRAM due to error [chars].

説明 オンライン診断の NVRAM テストでエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DEVICE_TEST-2-PRIMARY_BOOTROM_FAIL: Module [dec] has failed test [chars] [dec] times on device Primary BootROM due to error [chars].

説明 オンライン診断の PrimaryBootROM テストでエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DEVICE_TEST-2-PWR_MGMT_BUS_FAIL: Module [dec] has failed test [chars] [dec] times on device Power Mgmt Bus on slot [dec] due to error [chars]error number[hex].

説明 オンライン診断の PwrMgmtBus テストでエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DEVICE_TEST-2-RTC_FAIL: Module [dec] has failed test [chars] [dec] times on device RealTimeClock due to error [chars].

説明 オンライン診断の RealTimeClock テストでエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DEVICE_TEST-2-SECONDARY_BOOTROM_FAIL: Module [dec] has failed test [chars] [dec] times on device Secondary BootROM due to error [chars].

説明 オンライン診断の SecondaryBootROM テストでエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DEVICE_TEST-2-SPINE_CONTROL_BUS_FAIL: Module [dec] has failed test [chars] [dec] times on device Spine Control Bus on slot [dec] due to error [chars] error number [hex].

説明 オンライン診断の SpineControlBus テストでエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DEVICE_TEST-2-SYSTEM_MGMT_BUS_FAIL: Module [dec] has failed test [chars] [dec] times on System Mgmt Bus for chassis [chars] instance [dec] due to error [chars] error number [hex].

説明 オンライン診断の SystemMgmtBus テストでエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DEVICE_TEST-2-USB_FAIL: Module [dec] has failed test [chars] [dec] times on device USB due to error [chars].

説明 オンライン診断の USB テストでエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

DEVICE_TEST-4

エラー メッセージ DEVICE_TEST-4-THREAD_CREATE_FAIL: Thread creation failed.

説明 デバイス テスト プロセスがスレッドを作成できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DEVICE_TEST-4-TIMER_CREATE_FAIL: Timer creation failed .

説明 デバイス テスト プロセスがタイマーを作成できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DEVICE_TEST-4-TIMER_START_FAIL: Timer start failed .

説明 デバイス テスト プロセスがタイマーを開始できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

DEVICE_TEST-5

エラー メッセージ DEVICE_TEST-5-NOTICE_TEST: Memory allocation failed notice.

説明 デバイス テスト プロセスが、メモリを割り当てることができませんでした。

推奨処置 対処不要です。

DEVICE_TEST-6

エラー メッセージ DEVICE_TEST-6-INFO_TEST: Memory allocation failed info.

説明 デバイス テスト プロセスが、メモリを割り当てることができませんでした。

推奨処置 対処不要です。

DHCP_SNOOP メッセージ

ここでは、DHCP_SNOOP メッセージについて説明します。

DHCP_SNOOP-2

エラー メッセージ DHCP_SNOOP-2-INITFAIL: DHCP Daemon Initialization failed: [chars].

説明 DHCP デーモンを初期化できなかったことがエラーの理由です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DHCP_SNOOP-2-REGPARTREE: Unable to register par tree: [chars].

説明 パー ツリーを登録できなかったことがエラーの理由です。

推奨処置 対処不要です。

DHCP_SNOOP-3

エラー メッセージ DHCP_SNOOP-3-ALLOCFAIL: Heap Memory allocation failed: [chars].

説明 DHCP デーモンのダイナミック メモリが不足しています。エラーの発生したコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DHCP_SNOOP-3-DHCPDENIEDARP: ARP frame denied due to DHCP snooping binding on interface [chars] VLAN [dec] sender mac [chars] sender ip [chars] target mac [chars] target ip [chars].

説明 このメッセージには、ARP パケットが拒否されたインターフェイスおよび VLAN が表示されます。送信元 mac、送信元 ip、ターゲット mac およびターゲット ip も表示されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DHCP_SNOOP-3-DHCPRATELIMIT: Interface [chars] has been error disabled due to excessive ingress rate [dec] of DHCP packets.

説明 このメッセージには、過剰な入力レートが原因で errdisable にされたインターフェイスが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DHCP_SNOOP-3-INVDHCPPKTS: [dec] invalid DHCP packets received on interface [chars] VLAN [dec].

説明 このメッセージには、無効パケット数、インターフェイス、および VLAN が表示されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DHCP_SNOOP-3-MTSERROR: [chars].

説明 CDP デーモンで MTS エラーが発生しました。エラーの発生したコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DHCP_SNOOP-3-PKTRECVFAIL: Failed to receive packet - [chars].

説明 パケットを受信できなかったことがエラーの理由です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DHCP_SNOOP-3-PKTSENDFAIL: Failed to send packet, [chars].

説明 パケットを送信できなかったことがエラーの理由です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DHCP_SNOOP-3-PSSERROR: [chars].

説明 DHCP デーモンで PSS エラーが発生しました。エラーの発生したコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DHCP_SNOOP-3-SOCKBINDFAIL: Failed to bind to raw socket-[chars].

説明 ソケットにバインドできなかったことがエラーの理由です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DHCP_SNOOP-3-SOCKOPENFAIL: Failed to open socket for receiving DHCP packets -[chars].

説明 DHCP パケットを受信するためにソケットをオープンしようとして失敗したことがエラーの理由です。

推奨処置 対処不要です。

DHCP_SNOOP-4

エラー メッセージ DHCP_SNOOP-4-ACL_DENY: [dec] Invalid ARP messages ([chars])on [chars],VLAN [dec]. ([[chars]/[chars]/[chars]/[chars]/[chars]]).

説明 エラー メッセージには、パケットカウント、インターフェイス上の無効 ARP(arp タイプ)、VLAN、送信元 mac/送信元 ip/ターゲット mac/ターゲット ip/ToD が表示されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DHCP_SNOOP-4-ACL_PERMIT: [dec] ARP messages ([chars])on [chars],VLAN [dec]. ([[chars]/[chars]/[chars]/[chars]/[chars]]).

説明 エラー メッセージには、パケットカウント、インターフェイス上の ARP(arp タイプ)、VLAN、送信元 mac/送信元 ip/ターゲット mac/ターゲット ip/ToD が表示されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DHCP_SNOOP-4-DHCP_SNOOPING_DENY: [dec] Invalid ARP messages ([chars])on [chars], VLAN [dec]. ([[chars]/[chars]/[chars]/[chars]/[chars]]).

説明 エラー メッセージには、パケットカウント [dec]、インターフェイス上の無効 ARP(arp タイプ)、VLAN、送信元 mac/送信元 ip/ターゲット mac/ターゲット ip/ToD が表示されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DHCP_SNOOP-4-DHCP_SNOOPING_PERMIT: [dec] ARP messages([chars]) on [chars],VLAN [dec]. ([[chars]/[chars]/[chars]/[chars]/[chars]]).

説明 エラー メッセージには、パケットカウント、インターフェイス上の ARP(arp タイプ)、VLAN、送信元 mac/送信元 ip/ターゲット mac/ターゲット ip/ToD が表示されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DHCP_SNOOP-4-ERROR_DISABLED: Interface [chars] has moved to error disabled state due to excessive rate [dec] of ingress ARP packets.

説明 過度の入力 ARP パケット レートが原因で、インターフェイス [chars] は errdisable ステートに移行されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DHCP_SNOOP-4-INVALID_ARP: [dec] Invalid ARP messages ([chars]) on [chars],VLAN [dec]. ([[chars]/[chars]/[chars]/[chars]/[chars]]).

説明 パケットカウント、インターフェイス上の無効 ARP(arp タイプ)、VLAN、送信元 mac/送信元 ip/ターゲット mac/ターゲット ip/ToD

推奨処置 対処不要です。

DHCP_SNOOP-6

エラー メッセージ DHCP_SNOOP-6-DHCPEXIT: DHCP Daemon shutting down gracefully.

説明 DHCP デーモンが適切にシャットダウンされました。これは通知メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DHCP_SNOOP-6-DHCPHOSTADD: A new Host is [chars] connected to interface [chars] in VLAN [dec] and is allocated IP address [chars] for [dec] secs.

説明 ホストの VLAN、IP アドレス、リース時間(秒)が表示されます。これは通知メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DHCP_SNOOP-6-DHCPLEASEEXPIRE: Lease expired for host [chars] having IP address [chars] connected to interface [chars] in VLAN [dec] for lease [dec] secs.

説明 VLAN のインターフェイスに接続された、リースの IP アドレスを持つホストに対するリースが期限切れになりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DHCP_SNOOP-6-DHCPPERMITTEDARP: ARP frame permitted due to DHCP snooping binding on interface [chars] VLAN [dec] sender mac [chars] sender ip [chars] target mac [chars] target ip [chars].

説明 このメッセージには、インターフェイス、ARP パケットが許可された VLAN が表示されます。送信元 mac、送信元 ip、ターゲット mac およびターゲット ip も表示されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DHCP_SNOOP-6-DHCPUP: DHCP Daemon Up.

説明 DHCP デーモンが正常に作成され、アップになって稼働しています。これは通知メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DHCP_SNOOP-6-INFO: [chars].

説明 スイッチオーバー時のイベントです。エラーの理由が説明されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DHCP_SNOOP-6-INTFDISABLE: IP Src Guard disabled on intf [chars].

説明 IP ソース ガードが所定の intf でディセーブルになりました。これは通知メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DHCP_SNOOP-6-INTFENABLE: IP Src Guard enabled on intf [chars].

説明 IP ソース ガードが所定の intf でイネーブルになりました。これは通知メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DHCP_SNOOP-6-VLANDISABLE: DHCP Snooping disabled on VLAN [dec].

説明 DHCP スヌーピングが所定の VLAN でディセーブルになりました。これは通知メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DHCP_SNOOP-6-VLANENABLE: DHCP Snooping enabled on VLAN [dec].

説明 DHCP スヌーピングが所定の VLAN でイネーブルになりました。これは通知メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

DIAG_PORT_LB メッセージ

ここでは、DIAG_PORT_LB メッセージについて説明します。

DIAG_PORT_LB-3

エラー メッセージ DIAG_PORT_LB-3-DIAG_PKT_SEND_FAILURE: [chars]([dec]) [chars]. Error:[chars].

説明 ポート ループバック プロセスが、ループバック パケットを送信できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAG_PORT_LB-3-FSM_LIB_ERROR: [chars]([dec])[chars]. Error:[chars].

説明 ポート ループバック テスト プロセスが、MTS API でエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAG_PORT_LB-3-GET_DIAG_BD_FAIL: [chars]([dec]) Failed to get the BD for Diag VLAN:[dec]. Error:[chars].

説明 Diag VLAN に対応する BD を取得できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAG_PORT_LB-3-IFINDEX_LIB_FAILURE: [chars]([dec]) [chars] [chars]:[hex] [chars] [chars].

説明 ポート ループバック テスト プロセスが、if_index ライブラリ API でエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAG_PORT_LB-3-INVALID_TEST_REQUEST: [chars]([dec]) [chars]:[dec].

説明 ポート ループバック テスト プロセスが、テスト要求情報を取得できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAG_PORT_LB-3-INVALID_TEST_RUN: [chars]([dec]) [chars]:[dec].

説明 ポート ループバック テスト プロセスが、現在のテスト実行情報を取得できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAG_PORT_LB-3-LIF_GET_ERROR: [chars]([dec]) [chars] Error:[chars].

説明 ポート ループバック テスト プロセスが、診断 LIF ID を取得できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAG_PORT_LB-3-MALLOC_FAILURE: [chars]([dec]) Memory allocation failed.

説明 ポート ループバック テスト プロセスが、メモリを割り当てることができませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAG_PORT_LB-3-MTS_LIB_ERROR: [chars]([dec]) [chars]. Error:[chars].

説明 ポート ループバック テスト プロセスが、MTS API でエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAG_PORT_LB-3-PIXM_LIB_ERROR: [chars]([dec]) Failed to convert [chars]:[hex]to [chars]. Error:[chars].

説明 ポート ループバック プロセスが、ポート インデックスを変換できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAG_PORT_LB-3-PORT_CFG_REQ_SEND: [chars]([dec]) Failed to send request to configure port ifindex:[dec]for port loopback test.

説明 ポート ループバック テストを実行/クリーンアップするための、ポートの設定/復元ができませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAG_PORT_LB-3-PORT_CLIENT_LIB_ERROR: [chars]([dec]) [chars]. Error:[chars].

説明 ポート ループバック テスト プロセスが、ポート クライアント API でエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAG_PORT_LB-3-PORTLOOPBACK_TEST_FAIL: Module:[dec] Test:PortLoopback failed [dec] consecutive times. Faulty module:[dec] affected ports:[chars] Error:[chars].

説明 ポート ループバック テストが、モジュール上で連続してエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAG_PORT_LB-3-PROC_INIT_FAILURE: [chars]([dec]) [chars] Error:[chars].

説明 ポート ループバック テスト プロセスが、プロセスの初期化の際にエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAG_PORT_LB-3-RESULT_ADD_FAILURE: [chars]([dec]) [chars]:[dec].

説明 ポート ループバック プロセスが、ポートのテスト結果を追加できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAG_PORT_LB-3-RESULT_SEND_FAILURE: [chars]([dec]) [chars].

説明 ポート ループバック テスト プロセスが、テスト結果を送信できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAG_PORT_LB-3-REWRITE_ENGINE_LOOPBACK_TEST_FAIL: Module:[dec] Test:RewriteEngine Loopback failed [dec] consecutive times. Faulty module:[dec] affected ports:[chars] Error:[chars].

説明 リライト エンジン ループバック テストが、モジュール上で連続してエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAG_PORT_LB-3-RW_ENGINE_LOOPBACK_TEST_SPINE_PATH_FAIL: Module:[dec] Test:RewriteEngine Loopback Spine path:[dec] failed [dec] consecutive times. Error:[chars].

説明 リライト エンジン ループバック テストが、スパイン パス上で連続してエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAG_PORT_LB-3-SOCKET_ERROR: [chars]([dec])[chars] Error:[chars].

説明 ポート ループバック テスト プロセスが、ソケット操作の際にエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAG_PORT_LB-3-STATS_LIB_ERROR: [chars]([dec]) [chars]:[dec].

説明 ポート ループバック テスト プロセスが、stats infra ライブラリ API でエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAG_PORT_LB-3-TEST_RES_SEND_FAIL: Failed to send [chars] test results back to DiagnosticsInfrastucture.Error:[chars].

説明 ポート ループバック テストが、テスト結果を送信できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAG_PORT_LB-3-TIMER_LIB_ERROR: [chars]([dec]) [chars].

説明 ポート ループバック テスト プロセスのタイマー処理のエラーです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAG_PORT_LB-3-VLAN_ERROR: [chars]([dec]) [chars] Error:[chars].

説明 ポート ループバック テスト プロセスが、診断 VLAN 情報を取得できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAG_PORT_LB-3-VQI_GET_FAIL: Failed to get the Diag VQi from XBM. Error:[chars].

説明 リライト エンジン ループバック テストが、XBAR Mgr から Diag VQi を取得できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAG_PORT_LB-3-XBM_CFG_REQ_FAIL: Failed to conigure the XBAR mask while running the RewriteEngineLoopback test. Error:[chars]. Module:[dec] could have gone offline.

説明 リライト エンジン ループバック テストが、テストの実行中に XBAR マスクを設定できませんでした。ターゲット モジュールがオフラインになっている可能性があります。

推奨処置 対処不要です。

DIAG_PORT_LB-5

エラー メッセージ DIAG_PORT_LB-5-DIAG_PORT_LB_DISABLED: DIAG_PORT_LB Disabled.

説明 DIAG_PORT_LB サービスがディセーブルです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAG_PORT_LB-5-DIAG_PORT_LB_ENABLED: DIAG_PORT_LB Enabled.

説明 DIAG_PORT_LB サービスがイネーブルです。

推奨処置 対処不要です。

DIAGCLIENT メッセージ

ここでは、DIAGCLIENT メッセージについて説明します。

DIAGCLIENT-2

エラー メッセージ DIAGCLIENT-2-DIAG_BOOTUP_COMPLETE: Module <[dec].

説明 起動テストが完了しました。

推奨処置 テストで SUCCESS が報告された場合は対処の必要はありません。それ以外の場合、コンソールに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、show tech-support の出力を収集し、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡して、収集した情報を提示してください。

エラー メッセージ DIAGCLIENT-2-EEM_ACTION_HM_SHUTDOWN: Test <[chars]

説明 Syslog の通知です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAGCLIENT-2-MTS_SEND_FAILURE: MTS send failed, mts_opc: [chars],dest slot: [dec],dest SAP: [dec],error-id: [hex].

説明 MTS 送信でエラーが報告されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAGCLIENT-2-PSS_READ_FAILURE: Read from PSS failed on Module <[dec]

説明 PSS ストアからの読み取り操作ができませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAGCLIENT-2-PSS_WRITE_FAILURE: Write to PSS failed on Module <[dec].

説明 PSS ストアへの書き込み操作ができませんでした。

推奨処置 対処不要です。

DIAGCLIENT-3

エラー メッセージ DIAGCLIENT-3-DIAG_HM_FAIL: Module <[dec].

説明 ヘルス モニタリング テストでエラーが報告されました。

推奨処置 ラインカードがスロットにしっかり入っていることを確認し、必要なら装着しなおします。ラインカードがスロットに適切に装着されていない場合は、テストを再度実行してみます。ラインカードが適切にスロットに装着されていた場合は、コンソールに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、 show tech-support の出力を収集し、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡して、収集した情報を提示してください。

エラー メッセージ DIAGCLIENT-3-ONDEMAND_FAIL_EXCESS: Module <[dec].

説明 オンデマンド テストが、設定回数を超えてエラーになりました。

推奨処置 コンソールに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、 show tech-support の出力を収集し、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡して、収集した情報を提示してください。

エラー メッセージ DIAGCLIENT-3-PER_PORT_TEST_FAIL: Module <[dec]

説明 ポート単位のテストが上記のすべてのポートでエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

DIAGCLIENT-4

エラー メッセージ DIAGCLIENT-4-LC_OFFLINE_FOR_CURR_SLOT: Received LC offline event for the current slot:[dec]. Ignoring it.

説明 Syslog の通知です。

推奨処置 対処不要です。

DIAGCLIENT-5

エラー メッセージ DIAGCLIENT-5-CALLOC_FAILURE: Memory allocation failed.

説明 DiagClient プロセスが、メモリを割り当てることができませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAGCLIENT-5-DIAG_SCHED_COMPLETE: Module <[dec].

説明 スケジュールされたテストが完了しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAGCLIENT-5-ONDEMAND_FAIL: Module <[dec].

説明 指定されたテストが、この回の実行で FAILURE を報告しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAGCLIENT-5-ONDEMAND_SUCCESS: Module <[dec].

説明 指定されたテストが、この回の実行で SUCCESS を報告しました。

推奨処置 対処不要です。

DIAGMGR メッセージ

ここでは、DIAGMGR メッセージについて説明します。

DIAGMGR-2

エラー メッセージ DIAGMGR-2-MTS_SEND_FAILURE: MTS send failed, mts_opc: [chars], dest slot: [dec], dest SAP: [dec], error-id: [hex].

説明 MTS 送信でエラーが報告されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAGMGR-2-PSS_DELETE_FAILURE: Read from PSS failed on Module <[dec].

説明 PSS ストアからの読み取り操作ができませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAGMGR-2-PSS_WRITE_FAILURE: Write to PSS failed on Module <[dec].

説明 PSS ストアへの書き込み操作ができませんでした。

推奨処置 対処不要です。

DIAGMGR-3

エラー メッセージ DIAGMGR-3-DIAG_MAJOR_DEFECT: Module <[dec].

説明 診断テスト中に、メジャー エラーが検出されました。

推奨処置 カードを装着し直し、テストを再度実行します。カードを装着し直してテストを再度実行しても同じエラーになる場合は、画面に出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、 show tech-support の出力および他の関連情報を収集します。シスコのテクニカル サポート担当者に連絡して、収集した情報を提示してください。

エラー メッセージ DIAGMGR-3-DIAG_MINOR_DEFECT: Module <[dec].

説明 診断テスト中に、マイナー エラーが検出されました。

推奨処置 カードを装着し直し、テストを再度実行します。カードを装着し直してテストを再度実行しても同じエラーになる場合は、画面に出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、 show tech-support の出力および他の関連情報を収集します。シスコのテクニカル サポート担当者に連絡して、収集した情報を提示してください。

エラー メッセージ DIAGMGR-3-GET_CURR_SLOT_FAIL: Failed to get the current slot for the process. Error:[chars].

説明 プロセスの初期化時に、現在のスロットを取得できませんでした。

推奨処置 プロセスの初期化エラーを示す情報メッセージです。

DIAGMGR-4

エラー メッセージ DIAGMGR-4-CURR_SLOT_OFFLINE: Recevied an LC offline event for the current slot:[dec]. Ignoring it.

説明 プロセスが、実行中のスロットのオフライン イベントを受信し、それを無視しました。

推奨処置 想定外のイベントが発生したことを示す情報メッセージです。

エラー メッセージ DIAGMGR-4-DISRPT_TST_START: Starting Test <[chars]

説明 中断を伴うテストを開始すると、システムの正常な動作を妨げる可能性があります。

推奨処置 ターゲット モジュールをリセットします。

エラー メッセージ DIAGMGR-4-FIXED_INTRVL_CHANGED: The users are not allowed to change monitoring interval of Test <[chars]

説明 指定されたヘルス モニタリング テスト間隔はユーザ側で設定できないため、変更できません。

推奨処置 何も指定しません。特定のヘルス モニタリング間隔は、設計上ユーザ側で設定できないようになっており、間隔を変更する方法はありません。

DIAGMGR-5

エラー メッセージ DIAGMGR-5-BOOTUP_CONF: Diagnostic Bootup Level: <[chars]

説明 設定または変更されている現在の診断起動レベルです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAGMGR-5-CALLOC_FAILURE: Memory allocation failure.

説明 malloc/calloc を呼び出す際に、メモリの割り当てができませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAGMGR-5-CHANGE_ALWAYS_HM: Health Monitoring test <[chars]

説明 指定されたヘルス モニタリング テストは、実行する必要のあるテストであり、ディセーブルにできません。

推奨処置 何も指定しません。特定のヘルス モニタリング テストは設計上ディセーブルにできません。システムは正常に動作しています。

エラー メッセージ DIAGMGR-5-HM_START: Health monitoring test <[chars]

説明 ヘルス モニタリング テストを開始しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAGMGR-5-HM_STOP: Disabling health monitoring test <[chars]

説明 ヘルス モニタリング テストが停止しました。診断モニタ コマンドでイネーブルにできます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DIAGMGR-5-INTRVL_INCORRECT: Monitoring Interval is less than minimum of [dec] seconds required for Module <[dec]

説明 テスト間隔が不適切に設定されたため、指定されたテストのヘルス モニタリングをイネーブルにすることができません。

推奨処置 システムは正常に動作しており、ユーザが対処する必要はありません。テスト間隔を短くする場合には、指定されたモニタリング間隔で設定可能な下限の間隔値がエラー メッセージに表示されています。

エラー メッセージ DIAGMGR-5-MODULE_MISSING: Diagnostic command issued on non-existing Module <[dec]

説明 診断アクションが要求されたスロットにラインカードが見つかりません。

推奨処置 対象となるラインカードが指定スロットに適切に装着されていることを確認します。ラインカードが適切に装着されている場合、Command-line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)で正しいスロットを指定したことを確認します。ラインカードが適切に装着され、正しいスロットを指定した場合は、画面に出力されたエラー メッセージおよび show tech-support の出力をそのままコピーし、別ファイルに貼り付けます。シスコのテクニカル サポート担当者に連絡して、収集した情報を提示してください。

エラー メッセージ DIAGMGR-5-NONHM_AS_HM: The Test <[chars]

説明 Non-HM テストをヘルス モニタリング テストとしてスケジュールして実行させることはできません。

推奨処置 対処不要です。

DIAGMGR-6

エラー メッセージ DIAGMGR-6-BOOTUP_DIAG_OK: Module <[dec]

説明 各診断テストでカードのエラーは検出されませんでした。

推奨処置 ラインカードが各診断テストに合格したことを示す情報メッセージです。

エラー メッセージ DIAGMGR-6-BOOTUP_TEST_STARTED: Module <[dec]

説明 上記のモジュールに対する起動テストを開始しました。

推奨処置 対処不要です。

DOTIX メッセージ

ここでは、DOTIX メッセージについて説明します。

DOTIX-2

エラー メッセージ DOT1X-2-DOT1X_INIT: Dot1x unable to start.

説明 システムが Dot1x プロセスを作成できませんでした。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

DOTIX-3

エラー メッセージ DOT1X-3-ERR_SPANDST: It is configured as a SPAN Dest port.

説明 Dot1x および SPAN 宛先ポートは相互に排他的な機能です。

推奨処置 まず SPAN 宛先ポート設定をディセーブルにしてから、ポートの Dot1x を設定しなおします。

エラー メッセージ DOT1X-3-INVALID_INPUT: Invalid on interface [chars].

説明 Dot1x インターフェイス パラメータが規定範囲を超えているか、または無効です。

推奨処置 CLI ヘルプ マニュアルを参照して、有効な 802.1x パラメータを確認します。

エラー メッセージ DOT1X-3-MEM_UNAVAIL: perform the 802.1X action.

説明 Dot1x 認証を実行するためのシステム メモリが不足しています。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らしてメモリ需要を緩和します。状況に応じて、メモリ構成を増設します。

エラー メッセージ DOT1X-3-NOT_DOT1X_CAPABLE: interface [chars] because it is not a physical Ethernet interface.

説明 Dot1x 認証は、物理イーサネット インターフェイス上でのみイネーブルにすることができます。

推奨処置 物理イーサネット インターフェイスでのみ Dot1x 認証をイネーブルにします。

エラー メッセージ DOT1X-3-SM_INIT: Internal error while initializing state machine [chars], state [chars]: [chars].

説明 無効なステート マシンを初期化しようとしました。

推奨処置 dot1x ステート マシンを初期化します。

DOTIX-4

エラー メッセージ DOT1X-4-BADEVENT: Event [chars] is invalid for the current state [chars]: [chars] [chars].

説明 現在は無効な状態のステート マシンにイベントを通知しようとしました。

推奨処置 dot1x ステート マシンを初期化します。

エラー メッセージ DOT1X-4-MAB_DISABLED: Interface [chars] is in Trunk mode, MAB will be disabled on this port.

説明 MAB は、トランク ポートではサポートされません。

推奨処置 MAB をイネーブルにするには、ポートがトランク モードでないことを確認します。

エラー メッセージ DOT1X-4-STOPPED: Event [chars] ignored because the state machine is stopped: [chars] [chars].

説明 すでに停止しているステート マシンにイベントを通知しようとしました。

推奨処置 ステート マシーンに伴う内部エラーが発生しました。原因についてはトレースバックを参照してください。

エラー メッセージ DOT1X-4-TO_MULTIHOST: Interface [chars] is in trunk mode, dot1x host mode will be multi-host and changing it to single-host mode won't be supported.

説明 現在のポートはトランク モードなので、dot1x ホスト モードをマルチホスト モードにする必要があります。

推奨処置 ホスト モードを変更するには、ポートがトランク モードでないことを確認します。

DOTIX-5

エラー メッセージ DOT1X-5-DOT1X_DISABLED: dot1x Disabled .

説明 Dot1x サービスがディセーブルです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DOT1X-5-DOT1X_ENABLED: dot1x Enabled.

説明 Dot1x サービスがイネーブルです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DOT1X-5-INVALID_MAC: broadcast or multicast mac address) [chars] is trying to authenticate.

説明 802.1x を使用した認証は、ゼロ、ブロードキャスト、およびマルチキャスト送信元 MAC アドレスに対しては許可されません。

推奨処置 Dot1x をサポートするホストを Dot1x 対応ポートに接続します。

エラー メッセージ DOT1X-5-SECURITY_VIOLATION: interface [chars], New MAC address [chars] is seen on the interface in [chars] mode.

説明 エラー メッセージに表示されているインターフェイス上のポートが、シングル ホスト モードに設定されています。このインターフェイス上で検出される新しいホストは、すべてセキュリティ違反として扱われます。ポートは errdisable にされました。

推奨処置 ポートを 1 つのホストだけを使用するように設定します。<Cmd を入力します。

エラー メッセージ DOT1X-5-SESSION_CREATION: Dot1x authentication session initiated in interface [chars]using authentication method [chars].

説明 サプリカントの認証が正常に終了したあと、Dot1x 認証セッションが作成されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DOT1X-5-SESSION_TERMINATION: Dot1x authentication session in interface [chars] using authentication method [chars] is terminated because of [chars].

説明 Dot1x 認証セッションが終了しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ DOT1X-5-STATUS: Dot1x interface [chars] status changed from [chars] to [chars].

説明 Dot1x 認証の内部ステートが変化しました。

推奨処置 対処不要です。

DSTATS メッセージ

ここでは、DSTATS メッセージについて説明します。

DSTATS-2

エラー メッセージ DSTATS-2-PSS_INIT_FAIL: pss initialization failed due to error: [hex].

説明 エラーにより、Dstats プロセスは pss を初期化できませんでした。

推奨処置 show flash コマンドを使用して詳細情報を収集します。理由については、pss のシステム エラー コードを参照してください。

DSTATS-3

エラー メッセージ DSTATS-3-PSS_CREATE_FAIL: pss create runtime database failed due to error: [hex].

説明 エラーにより、Dstats プロセスで pss ランタイム データベースを作成できませんでした。

推奨処置 show flash コマンドを使用して詳細情報を収集します。理由については、pss のシステム エラー コードを参照してください。

エラー メッセージ DSTATS-3-PSS_DELETE_FAIL: pss delete runtime entry key:[hex] failed due to error:[hex].

説明 エラーにより、Dstats プロセスで pss ランタイム エントリ キー [hex] を削除できませんでした。

推奨処置 show flash コマンドを使用して詳細情報を収集します。理由については、pss のシステム エラー コードを参照してください。

エラー メッセージ DSTATS-3-PSS_MAX_KEY_FAIL: pss set runtime max key failed due to error:[hex].

説明 エラーにより、Dstats プロセスで pss ランタイム最大キーを作成できませんでした。

推奨処置 show flash コマンドを使用して詳細情報を収集します。理由については、pss のシステム エラー コードを参照してください。

エラー メッセージ DSTATS-3-PSS_MAX_VALUE_FAIL: pss set runtime max value failed due to error:[hex].

説明 エラーにより、Dstats プロセスで pss ランタイム最大値を設定できませんでした。

推奨処置 show flash コマンドを使用して詳細情報を収集します。理由については、pss のシステム エラー コードを参照してください。

エラー メッセージ DSTATS-3-PSS_OPEN_FAIL: pss open runtime database failed due to error:[hex].

説明 エラーにより、Dstats プロセスで pss ランタイム データベースを開くことができませんでした。

推奨処置 show flash コマンドを使用して詳細情報を収集します。理由については、pss のシステム エラー コードを参照してください。

エラー メッセージ DSTATS-3-PSS_RELOAD_FAIL: pss reload runtime database failed due to error:[hex].

説明 エラーにより、Dstats プロセスで pss ランタイム データベースをリロードできませんでした。

推奨処置 show flash コマンドを使用して詳細情報を収集します。理由については、pss のシステム エラー コードを参照してください。

エラー メッセージ DSTATS-3-PSS_SNAPSHOT_DEBUG_FAIL: pss snapshot runtime debug to uri:[chars] failed due to error:[hex].

説明 エラーにより、Dstats プロセスで pss ランタイム デバッグを uri にスナップショットできませんでした。

推奨処置 show flash コマンドを使用して詳細情報を収集します。理由については、pss のシステム エラー コードを参照してください。

エラー メッセージ DSTATS-3-PSS_SNAPSHOT_FAIL: pss snapshot runtime to uri:[chars] failed due to error:[hex].

説明 エラーにより、Dstats プロセスで pss ランタイムを uri にスナップショットできませんでした。

推奨処置 show flash コマンドを使用して詳細情報を収集します。理由については、pss のシステム エラー コードを参照してください。

エラー メッセージ DSTATS-3-PSS_STORE_FAIL: pss store runtime entry key:[hex] val:[hex] failed due to error:[hex].

説明 エラーにより、Dstats プロセスで pss ランタイム エントリ キー値を保存できませんでした。

推奨処置 show flash コマンドを使用して詳細情報を収集します。理由については、pss のシステム エラー コードを参照してください。

EIGRP メッセージ

ここでは、EIGRP メッセージについて説明します。

EIGRP-2

エラー メッセージ EIGRP-2-PTHREAD_FAILED Format: %s failed in %s for thread %s

説明 EIGRP プロセスがタスク スレッドを作成できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ EIGRP-2-NO_SET_PRIORITY Format: Failed to set policy or priority

説明 EIGRP プロセスが自身のプロセス プライオリティを設定できませんでした。終了します。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-2-RLIMIT_FAILED Format: Couldnt set data segment size to %lu'

説明 EIGRP プロセス自体のメモリ リソース制限を設定できませんでした。終了します。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-2-INIT Format: %s failed

説明 EIGRP プロセスを初期化できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、コンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ EIGRP-2-SM_CREATE Format: Couldnt create shm segment %s'

説明 EIGRP プロセスは共有メモリ リソースを初期化できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ EIGRP-2-MAIN_MALLOC_FAILED Format: malloc() failed in eigrp_main()

説明 EIGRP のメイン スレッドが、mq_receive() on に対するメッセージの受信に必要なメモリを取得できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、コンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ EIGRP-2-API_INIT Format: Couldnt initialize %s API'

説明 EIGRP が、コンポーネントと通信するための API をオープンできませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-2-TIMER_SET_INIT Format: Couldnt init % sactive timerset'

説明 EIGRP がタイマー リソースを初期化できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ EIGRP-2-URIB_REGISTER Format: EIGRP could not register with the URIB

説明 初期化時に EIGRP は URIB プロセスに登録できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ EIGRP-2-URIB_DEREGISTER Format: Could not deregister with the URIB in %s

説明 EIGRP は、指定された機能の URIB から登録解除できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ EIGRP-2-IP_REG_FAILED Format: ip_register() failed in eigrp_init_ip()

説明 EIGRP は IP プロセスに登録できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ EIGRP-2-CLI_INIT_FAILED Format: cli_init() failed in eigrp_init_cli()

説明 EIGRP は CLI サーバ プロセスに登録できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ EIGRP-2-IM_REG_FAILED Format: im_register_client() failed in eigrp_init_im()

説明 EIGRP は IM プロセスに登録できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ EIGRP-2-IM_ATTACH_FAILED Format: im_attach_shm() failed in eigrp_init_im()

説明 EIGRP は IM の共有メモリ セグメントに結合できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ EIGRP-2-RPM_REDIST_INIT Format: Couldn tinitialize redistribution API for %s'

説明 EIGRP が、コンポーネントと通信するための API をオープンできませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-2-ILLEGAL_TIMER_ID Format: Illegal timer-id used in eigrp_mgd_timer_init_leaf(), timer-id: %d

説明 不正なタイマー ID が指定されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-2-MGD_TIMER_CREATE_FAIL Format: Failed to create managed timer %d

説明 指定された管理タイマーを作成できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-2-PROCINFO_CREATE_FAIL Format: eigrp_procinfo creation failed

説明 procinfo を作成できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-2-CIB_CREATE_FAIL Format: eigrp_create_cib failed for context %s

説明 指定されたコンテキストを作成できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-2-URIB_ADD_ROUTE Format: urib_add_route() failed

説明 URIB にルートを追加できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-2-URIB_DEL_ROUTE Format: urib_delete_route() failed

説明 URIB からルートを削除できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-2-ALLOC_URIB_ADD Format: eigrp_smalloc() failed for URIB add-route buffer

説明 URIB add-route バッファを割り当てることができませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-2-ALLOC_URIB_DEL Format: eigrp_smalloc() failed for URIB delete-route buffer

説明 URIB delete-route バッファを割り当てることができませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-2-ERR_URIB_TID Format: CantdeterminecontextfromURIBtableid%ld'

説明 URIB テーブル ID のコンテキストを確認できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-2-CLEANUP_DREG Format: Failed to deregister with %s during eigrp_cleanup()

説明 プロセスのシャットダウン時、指定されたサービスから登録解除できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-2-REG_L3VM Format: Failed to register with l3vm

説明 l3vm プロセスに登録できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-2-SBCR_INIT Format: Could not initialize shared database client, rc=0x%x [string]

説明 リターン エラー コードの理由により、共有データベースを初期化できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-2-REG_OPCODE Format: Could not register opcode 0x%x, reason %s

説明 表示されている理由により、mts opcode を登録できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-2-MTS_BIND Format: mts_bind() failed in binding %s mts_q, error %s

説明 エラーにより、指定された mts キューにバインディングできませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-2-TIMER_CREATE_FAIL Format: Failed to create %s active timer

説明 指定されたアクティブ タイマーを作成できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-2-ILL_POLICY_TYPE Format: Illegal policy type in %s()

説明 指定された rpm コールバックのポリシー タイプが不正です。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-2-MTS_REQ_FM_STATUS Format: Failed in mts_register of MTS_OPC_FM_SRV_FEATURE_STATUS

説明 機能ステータス通知を要求できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-2-VERIFY_PTAG Format: Could not verify process tag with sysmgr

説明 プロセス タグを sysmgr で検証できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-2-ILL_FUNCCALL Format: Illegal call to function %s

説明 表示されている関数への不正な呼び出しです。

推奨処置 ACTION_SW_NONE

エラー メッセージ EIGRP-2-ILL_WORKTYPE Format: Illegal work type %d ipigrp2_process_workq()

説明 ワーカー スレッドが不正なワーク タイプを受信しました。

推奨処置 ACTION_SW_NONE

エラー メッセージ EIGRP-2-ERR_FREEBUF Format: Illegal memory free in function %s

説明 不正なメモリ開放を検出しました。

推奨処置 ACTION_SW_NONE

エラー メッセージ EIGRP -2 - NO_MEMORY Format: Cantallocatememoryinfunction%s'

説明 表示されている関数でメモリを割り当てることができません。

推奨処置 ACTION_SW_NONE

EIGRP-3

エラー メッセージ EIGRP-3-UNKNOWN_MTYPE Format: Unknown mtype: %d/%d in %s

説明 EIGRP が不明なプロセス間メッセージを受信し、ドロップしました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-3-SYSMGR_DISPATCH Format: Error returned from sysmgr_dispatch(), errno: %s

説明 EIGRP がシステム マネージャ API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、コンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ EIGRP-3-MTS_RECV Format: Error returned from mts_recv(), errno: %s

説明 EIGRP が MTS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、コンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ EIGRP-3-MTS_DROP Format: Error returned from mts_drop(), errno: %s

説明 EIGRP が MTS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ EIGRP-3-SYSMGR_QUERY Format: Sysmgr state query failed for uuid %d, tag %s

説明 ソフトウェアまたはハードウェア エラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-3-INTERNAL_DUAL Format: %s %d: Internal Error

説明 EIGRP の内部デュアル有限状態デバッグ

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ EIGRP-3-ANCHORCOUNT_DUAL Format: Anchor count negative

説明 ソフトウェアまたはハードウェア エラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-3-BADCOUNT_DUAL Format: Route %s, %d successors, %d rdbs

説明 ハードウェアまたはソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-3-RDBLEFT_DUAL Format: dest %s, nexthop %s (%s), origin %s

説明 ソフトウェアまたはハードウェア エラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-3-SIA_DUAL Format: Route %s stuck-in-active state in %s %d. Cleaning up

説明 ハードウェアまたはソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-3-REFCOUNT_DUAL Format: Negative refcount in pakdesc %x

説明 ソフトウェアまたはハードウェア エラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-3-NOHANDLE_DUAL Format: Handle %d is not allocated in pool.

説明 ハードウェアまたはソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-3-MULTIFLOW_DUAL Format: Flow control error, %s, on %s

説明 ハードウェアまたはソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-3-PEERSEXIST_DUAL Format: %d peers exist on IIDB %s

説明 ソフトウェアまたはハードウェア エラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-3-UNKTIMER_DUAL Format: Unknown timer type %d expiration

説明 ハードウェアまたはソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-3-PROBESEQ_DUAL Format: Bad probe sequence %d from %s, expecting %d

説明 ソフトウェアまたはハードウェア エラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-3-PFXLIMITTHR_DUAL Format: %s %d %s reached prefix limit threshold

説明 プレフィクス制限しきい値に達しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-3-PFXLIMIT_DUAL Format: %s %d %s prefix limit exceeded

説明 プレフィクス制限しきい値を超えました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-3-DUP_ADDR Format: Duplicate address %s detected on interface %s

説明 同じサブネット上の 2 つの EIGRP ルータに同じ IP アドレスが設定されていました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-3-GR_OFF_DURING_UPG Format: Attempt to upgrade system with graceful-restart off.

説明 グレースフル リスタートをオフにしてシステムのアップグレードを試みます。

推奨処置 特に対処は不要です。

EIGRP-4

エラー メッセージ EIGRP-4-UNEQUAL_METRICS Format: EIGRP: Unequal metric (%s), delay [%u/%u], bandwidth [%u/%u], mtu [%u/%u], hopcount [%u/%u], reliability [%u/%u], load [%u/%u]

説明 一致しないメトリックを検出し、log-neighbor-warnings(ネイバー警告のログ)がイネーブルになっています。

推奨処置 特に対処は不要です。

EIGRP-5

エラー メッセージ EIGRP-5-SHUTDOWN Format: Shutting down EIGRP process - %s

説明 EIGRP がシャットダウン要求を受信しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-5-EVENT_DUAL Format: %s, %s

説明 DUAL イベント ログメッセージ

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ EIGRP-5-NBRCHANGE_DUAL Format: %s %d: Neighbor %s (%s) is %s: %s

説明 ネイバーがアップまたはダウンになりました。

推奨処置 特に対処は不要です。

ELTM メッセージ

ここでは、ELTM メッセージについて説明します。

ELTM-2

エラー メッセージ ELTM-2-INTERFACE_INTERNAL_ERROR: Internal error: [chars]:[chars], collect output of show tech-support eltm.

説明 ELTM で内部エラーが発生しました。 show tech-support eltm を使用して分析に必要な情報を収集します。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ELTM-2-INTERNAL_ERROR: Internal error: [chars], collect output of show tech-support eltm.

説明 ELTM で内部エラーが発生しました。 show tech-support eltm を使用して分析に必要な情報を収集します。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ELTM-2-INTF_NOT_FOUND: Interface [chars] not found in ELTM database [chars] .

説明 ELTM データベースにインターフェイスが存在しません。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ELTM-2-INTF_NOT_SUPP: Interface [chars] not supported by ELTM [chars].

説明 ELTM は、指定された操作のインターフェイスをサポートしていません。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ELTM-2-INTF_TO_LTL: Failed to get LTL for interface [chars] return status [chars].

説明 ELTM が、インターフェイスの LTL を取得できませんでした。このインターフェイスで受信したパケットは、フォワーディング エンジンで正しく処理されない可能性があります。

推奨処置 対処不要です。

ELTMC メッセージ

ここでは、ELTMC メッセージについて説明します。

ELTMC-SLOT#-2

エラー メッセージ ELTMC-SLOT#-2-ELTMC_INTERFACE_INTERNAL_ERROR: Internal error: [chars]:[chars], collect output of show tech-support eltm.

説明 ELTM で内部エラーが発生しました。 show tech-support eltm を使用して分析のための情報を収集します。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ELTMC-SLOT#-2-ELTMC_INTERNAL_ERROR: Internal error: [chars], collect output of show tech-support eltm.

説明 ELTM で内部エラーが発生しました。 show tech-support eltm を使用して分析に必要な情報を収集します。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ELTMC-SLOT#-2-ELTMC_INTF_NOT_FOUND: Interface [chars] not found in ELTM database [chars].

説明 ELTM データベースにインターフェイスが存在しません。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ELTMC-SLOT#-2-ELTMC_INTF_NOT_SUPP: Interface [chars] not supported by ELTM [chars].

説明 ELTM は、指定された操作のインターフェイスをサポートしていません。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ELTMC-SLOT#-2-ELTMC_INTF_TO_LTL: Failed to get LTL for interface [chars] return status [chars].

説明 ELTM が、インターフェイスの LTL を取得できませんでした。このインターフェイスで受信したパケットは、フォワーディング エンジンで正しく処理されない可能性があります。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ELTMC-SLOT#-2-ELTMC_INTF_TO_SLOT: Failed to get slot for interface [chars] return status [chars].

説明 ELTM が、インターフェイスのスロットを取得できませんでした。ポート チャネルおよび L2 学習が影響を受ける可能性があります。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ELTMC-SLOT#-2-ELTMC_L2_LIF_ALLOC_FAIL_INTF: Failed to allocate L2 LIF entries in forwarding engine for interfac [chars].

説明 ELTM が、L2 LIF エントリをフォワーディング エンジンに割り当てることができませんでした。これは、インターフェイスのレイヤ 2 およびレイヤ 3 フォワーディングに影響します。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ELTMC-SLOT#-2-ELTMC_L2_LIF_ALLOC_FAIL_VDC: Failed to allocate L2 LIF entries in forwarding engine.

説明 ELTM が、L2 LIF エントリをフォワーディング エンジンに割り当てることができませんでした。これは、この VDC のレイヤ 2 およびレイヤ 3 フォワーディングに影響します。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ELTMC-SLOT#-2-ELTMC_L3_INGRESS_LIF_ALLOC_FAIL_INTF: Failed to allocate L3 Ingress LIF entries in forwarding engine for interfac [chars].

説明 ELTM が、L3 入力 LIF エントリをフォワーディング エンジンに割り当てることができませんでした。これは、インターフェイスのレイヤ 3 フォワーディングに影響します。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ELTMC-SLOT#-2-ELTMC_RSVD_VLAN: Failed to get the reserved VLANs. Failed with error [chars].

説明 ELTM が予約 VLAN を取得できませんでした。これは、SVI インターフェイスのマルチキャスト フォワーディングに影響します。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ELTMC-SLOT#-2-ELTMC_VLAN_INTERNAL_ERROR: Internal error: VLAN [dec]:[chars],collect output of show tech-support eltm.

説明 ELTM で内部エラーが発生しました。 show tech-support eltm を使用して分析に必要な情報を収集します。

推奨処置 対処不要です。

EPP メッセージ

ここでは、Exchange Peer Parameters(EPP)メッセージについて説明します。

EPP-5

エラー メッセージ EPP-5-EPP_FAILURE: Interface [chars] EPP Failure.

説明 トランク プロトコル エラーが発生しました。

推奨処置 show epp internal event-history err を使用すると発生したエラーが表示されます。

エラー メッセージ EPP-5-EPP_LOOPBACK: Interface [chars] is looped back to the same switch.

説明 インターフェイスが同一スイッチ上の別のインターフェイスにループバックされています。

推奨処置 このインターフェイスの接続を調べ、別のスイッチに接続されるようにします。

ETH_PORT_CHANNEL メッセージ

ここでは、イーサネット ポート(ETHPORT)メッセージについて説明します。

ETH_PORT_CHANNEL-1

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-1-LC_CFG_FAILURE: configuring module [dec] failed [[chars]].

説明 モジュールを設定できませんでした。

推奨処置 モジュールは自動的にリセットされます。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-1-MALLOC_FAILED: cannot allocate memory (size [dec]).

説明 メモリが不足しています。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-1-MAP_PARAM_FAILURE: mapping parameter failed for [chars] [[chars]].

説明 パラメータをマッピングできませんでした。

推奨処置 指定されたサービスが誤動作しています。サービスのステータスをチェックしてください。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-1-MCAST_SEND_FAILURE: failed to send multicast [chars]: [chars].

説明 すべてのモジュールにマルチキャスト メッセージを送信することができませんでした。通常は、一部のモジュールが停止していたことが原因です。

推奨処置 show port-channel consistency を実行して整合性をチェックします。

ETH_PORT_CHANNEL-2

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-2-RESET_MODULE: reset module [dec] for not responding or returning error.

説明 応答がないか、またはエラーが返されたため、モジュールがリセットされました。

推奨処置 対処不要です。

ETH_PORT_CHANNEL-3

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-3-COMPAT_CHECK_FAILURE: [chars] is not compatible.

説明 ポート チャネルにポートを追加するとき、互換性チェック エラーが発生しました。

推奨処置 ポート チャネルにポートを追加するとき、互換性パラメータを一致させるようにするか、または強制オプションを使用します。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-3-GENERAL_ERROR: [chars].

説明 一般エラーです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-3-MSG_SEND_FAILURE: failed to send [chars] to sap [dec]: [chars].

説明 メッセージを送信できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-3-PORT_CHANNEL_NOT_FOUND: [chars] is not found.

説明 対応するデータベースにポート チャネルが登録されていません。これは外部コンポーネントと矛盾していることを意味します。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-3-TIMEOUT: timed out after [dec] seconds [type [chars], state [chars]].

説明 一部の操作がタイムアウトになりました。

推奨処置 show port-channel consistency を実行してすべてのモジュールの接続性と整合性をチェックします。

ETH_PORT_CHANNEL-4

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-4-PORT_CFG_DELETED: [chars] removed from [chars] (different module inserted).

説明 同じスロットに別のモジュールが搭載されたため、ポート チャネルからポートが削除されました。

推奨処置 ポート チャネルからいくつかのポートが失われました。新しいモジュールのポートを同じポート チャネルに追加する必要があるかどうかチェックしてください。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-4-PORT_INDIVIDUAL: port [chars] is operationally individual.

説明 ローカルまたはリモートでポート チャネルの一部として設定されているにもかかわらず、ポートが個別リンクとして動作しています。

推奨処置 ローカルおよびリモートでポートの設定をチェックし、ポート チャネルの一部として動作できるようにします。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-4-PORT_NOT_FOUND: port [chars] is not part of port-channel.

説明 対応するポート チャネル データベースにポートが登録されていません。これは外部コンポーネントと矛盾していることを意味します。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-4-RACE_WARN: [chars].

説明 レース コンディションに対する警告です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-4-UNEXPECTED_RESPONSE: unexpected response [chars] from [chars].

説明 想定外の応答を受信したため廃棄しました。

推奨処置 対処不要です。

ETH_PORT_CHANNEL-5

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-5-AUTO_CREATE_FAILURE: [chars] [chars].

説明 ポート上の自動作成プロセスでエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-5-CREATED: [chars] created.

説明 ポート チャネルが作成されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-5-DELETED: [chars] deleted.

説明 ポート チャネルが削除されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-5-FOP_CHANGED: [chars]: first operational port changed from [chars] to [chars].

説明 ポート チャネル内の動作可能な最初のポートが変更されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-5-IF_DOWN_SUSPENDED_BY_MODE: Interface [chars] is down (Suspended due to incompatible mode.

説明 ポート チャネルにポートを追加するとき、互換性チェック エラーが発生しました。

推奨処置 ポートとポート チャネルの間の互換性パラメータが一致するようにします。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-5-IF_DOWN_SUSPENDED_BY_SPEED: Interface [chars] is down (Suspended due to incompatible speed.

説明 ポート チャネルのポートで動作互換性チェック エラーが発生しました。

推奨処置 ポートとポート チャネルの間の互換性パラメータが一致するようにします。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-5-LOAD_BALANCE_CONFIGURED: Port-channel load balance algorithm has been configured to [chars].

説明 ポート チャネルのロード バランス アルゴリズムが変更されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-5-MAX_CHANNEL_DISALLOWED: Module failed to come online because port channel interface <port-channel number

説明 スイッチに設定されているポート チャネル番号が 128 を超えています。

推奨処置 問題のポート チャネル インターフェイスの設定を削除します。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-5-PORT_ADDED: [chars] added to [chars] .

説明 ポート チャネルにポートが追加されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-5-PORT_DOWN: [chars]: [chars] is down.

説明 ポート チャネル内のポートがダウンしました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-5-PORT_HOT_STANDBY: [chars]: [chars] goes to hot-standby.

説明 ポート チャネル内のポートがホットスタンバイに移行しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-5-PORT_REMOVED: [chars] removed from [chars].

説明 ポート チャネルからポートが削除されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-5-PORT_SUSPENDED: [chars]: [chars] is suspended.

説明 ポート チャネル内のポートが一時停止されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-5-PORT_UP: [chars]: [chars] is up.

説明 ポート チャネル内のポートがアップになりました。

推奨処置 対処不要です。

ETH_PORT_CHANNEL-6

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-6-RESYNC: resyncing [chars] with all modules.

説明 エラーまたはスイッチオーバーのあと、モジュールをスーパーバイザと再同期化しています。

推奨処置 対処不要です。

ETH_PORT_CHANNEL-7

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-7-GSYNC_DONE: global synchronization is done.

説明 ポート チャネル マネージャがグローバル同期化を完了しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-7-GSYNC_REQ: requesting global synchronization.

説明 ポート チャネル マネージャがアクティブ スーパーバイザからのグローバル同期化を要求しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-7-START_ACTIVE: started in active mode.

説明 ポート チャネル マネージャがアクティブ モードで起動しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-7-START_DEFAULT: started with default configuration.

説明 ポート チャネル マネージャがデフォルト設定で起動しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-7-START_STANDBY: started in standby mode.

説明 ポート チャネル マネージャがスタンバイ モードで起動しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-7-START_STATEFUL: started statefully.

説明 ポート チャネル マネージャが実行コンフィギュレーションで起動しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_CHANNEL-7-START_STATELESS: started statelessly.

説明 ポート チャネル マネージャがスタートアップ コンフィギュレーションで起動しました。

推奨処置 対処不要です。

ETH_PORT_SEC メッセージ

ここでは、ETH_PORT_SEC メッセージについて説明します。

ETH_PORT_SEC-3

エラー メッセージ ETH_PORT_SEC-3-ETH_PORT_SEC_CONFIG_MAC_FAILED: Failed to configure MACs.

説明 MAC を設定できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_SEC-3-ETH_PORT_SEC_INVALID_VLAN: Invalid VLAN configuration.

説明 無効な VLAN 設定です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_SEC-3-ETH_PORT_SEC_SECURITY_VIOLATION_ANOTHER_PORT: Host [chars] bound to Port [chars] in Vlan [dec] is trying to access Port [chars] in Vlan [dec].

説明 ポートの mac アドレスが別のポートでも認識されるため、ポートを違反ステートに移行しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_SEC-3-ETH_PORT_SEC_SECURITY_VIOLATION_MAX_MAC_VLAN: Port [chars] moved to [chars] state as host [chars] is trying to access the port in VLAN [dec].

説明 アドレス カウントを超えたため、ポートを違反ステートに移行しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_SEC-3-ETH_PORT_SEC_UNABLE_TO_DISABLE: Unable to disable eth_port_sec [chars].

説明 eth_port_sec サービスをディセーブルにできません。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_SEC-3-ETH_PORT_SEC_UNABLE_TO_ENABLE: Unable to enable eth_port_sec [chars].

説明 eth_port_sec サービスをイネーブルにできません。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_SEC-3-ETH_PORT_SEC_VIOL_UPDATE_FAILED: Failed to update violation mode.

説明 違反モードをアップデートできませんでした。

推奨処置 対処不要です。

ETH_PORT_SEC-5

エラー メッセージ ETH_PORT_SEC-5-ETH_PORT_SEC_AGE_TIME_EXPIRY: Age Time expired for host [chars] in VLAN [dec] in port [chars].

説明 ホストのエージング タイムの期限が切れました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_SEC-5-ETH_PORT_SEC_DISABLED: eth_port_sec Disabled on if_index:[hex].

説明 Eth_port_sec サービスがディセーブルです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_SEC-5-ETH_PORT_SEC_DYNAMIC_MAC_ADDRESS_CLEARED: Dynamic MAC addresses for port [chars] cleared.

説明 ポートのダイナミック MAC アドレスがクリアされました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_SEC-5-ETH_PORT_SEC_ENABLED: eth_port_sec Enabled on if_index:[hex].

説明 Eth_port_sec サービスがイネーブルです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_SEC-5-ETH_PORT_SEC_HOST_ADDITION: A new Host [chars] learnt on Port [chars] in Vlan [dec].

説明 ポート上で新しいホストが学習されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETH_PORT_SEC-5-ETH_PORT_SEC_HOST_DELETION: Host [chars] bound to secure port [chars] in Vlan [dec] has been removed.

説明 ホストが削除されました。

推奨処置 対処不要です。

ETHPORT メッセージ

ここでは、ETHPORT メッセージについて説明します。

ETHPORT-2

エラー メッセージ ETHPORT-2-IF_SEQ_ERROR: Error ([hex]) while communicating with component [chars] opcode:[chars] (for:[chars]).

説明 コンポーネントが規定時間内に要求に応答しませんでした。

推奨処置 対処はありません。

エラー メッセージ ETHPORT-2-SEQ_TIMEOUT: Component [chars] timed out on response to opcode:[chars] (for:[chars]).

説明 コンポーネントが規定時間内に要求に応答しませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETHPORT-3-IF_DOWN_CHANNEL_ERR_DISABLED: Interface [chars] is down (Channel error disabled).

説明 このインターフェイスは PortChannel に所属していますが、PortChannel は errdisable になっています。

推奨処置 所属している PortChannel インターフェイス上で shut および no shutdown を実行します。

ETHPORT-3

エラー メッセージ ETHPORT-3-IF_DOWN_ERROR_DISABLED: Interface [chars]is down (Error disabled. Reason:[chars]).

説明 インターフェイスの設定中にそのインターフェイスでエラーが発生しました。

推奨処置 show port internal all interface [char] コマンドを使用し、エラーが発生したインターフェイスの詳細情報を収集します。ほとんどの場合は、インターフェイス上で shutdown に続いて no shutdown コマンドを使用するか、光ファイバ ケーブルを抜き差しすることで回復できます。

エラー メッセージ ETHPORT-3-IF_UNSUPPORTED_TRANSCEIVER: Transceiver on interface [chars] is not supported.

説明 エラー メッセージに表示されているインターフェイスのトランシーバが、シスコのサポート対象モジュールではありません。

推奨処置 モジュールを互換性のあるトランシーバに交換します。トランシーバをシスコから購入されている場合は、Cisco TAC に連絡してトランシーバを交換するようにしてください。

ETHPORT-5

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_ADMIN_DOWN: Interface [chars] is down (Administratively down).

説明 インターフェイスが管理上のダウン状態に設定されています。

推奨処置 no shutdown を実行します。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_CFG_CHANGE: Interface [chars] is down(Config change).

説明 再設定が原因で、FCIP インターフェイスが一時的にダウンしました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_CHANNEL_ADMIN_DOWN: Interface [chars] is down (Channel admin down).

説明 このインターフェイスは PortChannel に所属し、その PortChannel が管理上のダウン状態に設定されています。

推奨処置 所属している PortChannel インターフェイス上で no shutdown を実行します。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_CHANNEL_MEMBERSHIP_UPDATE_IN_PROGRESS: Interface [chars] is down (Channel membership update in progress).

説明 インターフェイスは PortChannel に所属し、その PortChannel の設定中に、インターフェイスの設定が試行されました。

推奨処置 設定を再び試してください。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_DOMAIN_ADDR_ASSIGN_FAILURE_ISOLATION: Interface [chars] is down (Isolation due to domain id assignment failure).

説明 ドメイン割り当て時のエラーが原因で、切り離されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_DOMAIN_INVALID_RCF_RECEIVED: Interface [chars] is down (Isolation due to invalid fabric reconfiguration).

説明 無効な RCF を受信しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_DOMAIN_MANAGER_DISABLED: Interface [chars] is down (Isolation due to domain manager disabled).

説明 ドメイン マネージャがディセーブルにされたことが原因で、切り離されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_DOMAIN_MAX_RETRANSMISSION_FAILURE: Interface [chars] is down (Isolation due to domain manager other side not responding).

説明 リモート エンドのドメイン マネージャが応答しません。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_DOMAIN_OTHER_SIDE_EPORT_ISOLATED: Interface [chars] is down (Isolation due to domain other side eport isolated).

説明 リモート エンドが切り離されたことが原因で、このインターフェイスを切り離します。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_DOMAIN_OVERLAP_ISOLATION: Interface [chars] is down (Isolation due to domain overlap).

説明 ドメインのオーバーラップが原因で、切り離しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_ELP_FAILURE_ISOLATION: Interface [chars] is down (Isolation due to ELP failure).

説明 インターフェイスで ELP エラーが発生しました。

推奨処置 show port internal info の出力の ELP failure reason フィールドをチェックします。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_EPP_FAILURE: Interface [chars] is down (Error Disabled - EPP Failure).

説明 トランク プロトコル エラーが発生しました。

推奨処置 show port internal event-history msgs の出力に表示されるトランク プロトコルのやり取りから、エラーになった理由を調べます。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_ESC_FAILURE_ISOLATION: Interface [chars] is down (Isolation due to ESC failure).

説明 インターフェイスで ESC エラーが発生しました。

推奨処置 show port internal event-history の出力で ESC プロトコルのやり取りを調べて、エラーの状況を判別します。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_ETH_IF_DOWN: Interface [chars] is down(Tunnel port src interface down).

説明 FCIP インターフェイスのバインド先であるイーサネット リンクがダウン状態です。

推奨処置 イーサネット ケーブルが接続されており、インターフェイスが管理上有効になっていることを確認します。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_ETH_LINK_DOWN: Interface [chars] is down(Tunnel port src interface link down).

説明 FCIP インターフェイスのバインド先であるイーサネット リンクがダウン状態です。

推奨処置 イーサネット ケーブルが接続されており、リモート エンドもアクティブであることを確認します。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_FCOT_NOT_PRESENT: Interface [chars] is down (FCOT not present).

説明 FCOT が取り外されました。

推奨処置 FCOT を取り付けます。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_FCOT_VENDOR_NOT_SUPPORTED: Interface [chars] is down (Error disabled - Fcot vendor not supported).

説明 取り付けられた FCOT はサポート対象のものではありません。

推奨処置 カスタマー サポートに連絡し、認定ベンダーのトランシーバのリストを入手してください。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_HW_FAILURE: Interface [chars] is down (Hardware Failure).

説明 モジュールのハードウェア エラーが発生しました。

推奨処置 show module internal all module コマンドを使用し、障害が発生したモジュールに関する詳細情報を収集します。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_INCOMPATIBLE_ADMIN_MODE: Interface [chars] is down (Error disabled - Incompatible admin port mode).

説明 このインターフェイスでサポートされていないモードが設定されました。

推奨処置 show port internal info を実行して、このインターフェイスでサポートされているモードの一覧を表示します。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_INCOMPATIBLE_ADMIN_RXBBCREDIT: Interface [chars] is down (Error disabled - Incompatible admin port rxbbcredit).

説明 サポートされていない受信 B2B クレジット サイズが設定されました。

推奨処置 show port internal info を実行して、受信 B2B クレジットの許容サイズを調べます。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_INCOMPATIBLE_ADMIN_RXBUFSIZE: Interface [chars] is down (Error disabled - Incompatible admin port rxbufsize).

説明 サポートされていない受信バッファ サイズが設定されました。

推奨処置 show port internal info を実行して、受信バッファの許容サイズを調べます。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_INCOMPATIBLE_ADMIN_SPEED: Interface [chars] is down (Error disabled - Incompatible admin port speed).

説明 このインターフェイスでサポートされていない速度が設定されました。

推奨処置 show port internal info を実行して、このインターフェイスでサポートされている速度範囲を表示します。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_INITIALIZING: Interface [chars] is down (Initializing).

説明 インターフェイスがアクティブ化されている途中です。

推奨処置 しばらくこの状態が続く場合は、 show port internal event-history の出力を調べ、インターフェイスが待機している理由を特定します。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_INTERFACE_REMOVED: Interface [chars] is down (Interface removed).

説明 インターフェイスが削除されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_LINK_FAILURE: Interface [chars] is down (Link failure).

説明 物理リンクが停止しました。

推奨処置 ケーブルが接続されているか、およびリモート エンドがシャットダウンされていないかどうかを確認します。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_LOOPBACK_DIAG_FAILURE: Interface [chars] is down (Diag failure).

説明 インターフェイスで診断エラーが発生しました。

推奨処置 attach module コマンドを使用してモジュールに接続し、障害が発生したインターフェイスに関する詳細情報を収集します。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_LOOPBACK_ISOLATION: Interface [chars] is down (Isolation due to port loopback to same switch).

説明 インターフェイスが同一スイッチ上の別のインターフェイスにループバックされています。

推奨処置 このインターフェイスの接続を調べ、別のスイッチに接続されるようにします。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_MODULE_REMOVED: Interface [chars] is down (module removed).

説明 モジュールが取り外されたため、インターフェイスがダウン状態になりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_NON_PARTICIPATING: Interface [chars] is down (Non participating).

説明 ループ ポートが不参加モードになりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_NONE: Interface [chars] is down (None).

説明 インターフェイスがダウンになっている理由は不明です。

推奨処置 show port internal info/event-history コマンドを使用してポートに関する詳細情報を収集して、ダウンした理由を調べます。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_OFFLINE: Interface [chars] is down (Offline).

説明 インターフェイスがオフラインになりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_PARENT_ADMIN_DOWN: Interface [chars] is down (Parent interface down).

説明 親インターフェイスがダウン状態です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_PEER_CLOSE: Interface [chars] is down(TCP conn.closed by peer).

説明 このインターフェイスに接続された FCIP ピアが TCP 接続をクローズしました。

推奨処置 show interface コマンドを使用すると、この FCIP インターフェイスのピア IP アドレスがわかります。ピアが TCP 接続をクローズした理由を調べます。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_PEER_RESET: Interface [chars] is down(TCP conn. reset by peer).

説明 FCIP ピアへの TCP 接続がリセットされました。

推奨処置 show interface および show ip route コマンドを使用すると、ピアの IP アドレスおよびこの FCIP ピアとの接続に使用されたルートがわかります。ピアが TCP 接続をリセットした理由を調べます。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_PORT_CHANNEL_MEMBERS_DOWN: Interface [chars] is down (No operational members).

説明 これは PortChannel インターフェイスであり、その全メンバーが動作上ダウン状態です。

推奨処置 PortChannel の 1 つ以上のメンバーを有効にします。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_SOFTWARE_FAILURE: Interface [chars] is down (Port software failure).

説明 ポート上のデータ パスを処理するソフトウェアでエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_SRC_PORT_NOT_BOUND: Interface [chars] is down (Tunnel port src interface unbound).

説明 トンネル ポート発信元インターフェイスがバインドされていません。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_SRC_PORT_REMOVED: Interface [chars] is down(Tunnel src port removed).

説明 この FCIP インターフェイスのトンネル送信元ポートが削除されました。

推奨処置 バインドされたエンティティの IP アドレスと一致する IP アドレスの送信元インターフェイスが削除されています。このメッセージは通常、送信元インターフェイスを搭載しているモジュールが取り外されたことにより表示されます。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_SUSPENDED: Interface [chars] is down (Suspended).

説明 このインターフェイスは PortChannel に所属しています。アクティブになるときにエラーが発生したことにより、一時停止状態になっています。

推奨処置 shutdown および no shutdown を実行します。再度発生する場合は、インターフェイスに関する show port internal info/event-history の出力を取得します。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_SUSPENDED_BY_MODE: Interface [chars] is down (Suspended due to incompatible mode).

説明 このインターフェイスは PortChannel に所属していますが、インターフェイスの動作モードと PortChannel の動作モードが異なります。

推奨処置 PortChannel のモードおよびトランキング モードを auto 以外に変更し、インターフェイスのリモート エンドも同じ PortChannel に所属しているかどうかを確認します。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_SUSPENDED_BY_SPEED: Interface [chars] is down (Suspended due to incompatible speed).

説明 このインターフェイスは PortChannel に所属していますが、インターフェイスの動作速度モードと PortChannel の動作速度モードが異なります。

推奨処置 PortChannel の速度を auto 以外に変更し、インターフェイスのリモート エンドも同じ PortChannel に所属しているかどうかを確認します。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_TCP_MAX_RETRANSMIT: Interface [chars] is down(TCP conn. closed - retransmit failure).

説明 最大再送信エラーが原因で、インターフェイスがダウンになりました。

推奨処置 IP 接続の切断が原因である可能性があります。 show interface および show ip route コマンドを使用すると、ピアの IP アドレスおよびこの FCIP ピアとの接続に使用されたルートがわかります。 traceroute ipaddr コマンドでトレース ルートを実行してピアとの接続をチェックしてください。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DOWN_UPGRADE_IN_PROGRESS: Interface [chars] is down (Linecard upgrade in progress).

説明 ラインカードのソフトウェアをアップグレードしています。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_DUPLEX: Interface [chars], operational duplex mode changed to [chars].

説明 リンクがアップになったとき、動作デュプレックス モードが変わりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_HARDWARE: Interface [chars], hardware type changed to [chars].

説明 トランシーバの取り付けや取り外しなど、インターフェイスのハードウェア特性に変化がありました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_RX_FLOW_CONTROL: Interface [chars], operational Receive Flow Contol state changed to [chars].

説明 リンクがアップになったとき、動作の受信フロー制御が変わりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_TRUNK_DOWN: Interface [chars], VLAN [chars] down.

説明 インターフェイスがトランキング中で、VLAN がダウンしています。

推奨処置 show interface show port internal info interface VLAN show port internal event-history interface vlan コマンドを使用すると、このインターフェイスの VLAN がダウンした理由を調べるのに役立ちます。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_TRUNK_UP: Interface [chars],VLAN [chars] up.

説明 インターフェイスがトランキング中で、VLAN がアップになっています。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_TX_FLOW_CONTROL: Interface [chars], operational Transmit Flow Contol state changed to [chars].

説明 リンクがアップになったとき、動作の送信フロー制御が変わりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETHPORT-5-IF_UP: Interface [chars] is up [chars].

説明 インターフェイスは指定されたモードで(該当する場合)アップ状態です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETHPORT-5-SPEED: Interface [chars], operational speed changed to [chars].

説明 リンクがアップになったとき、動作速度が変わりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ETHPORT-5-STORM_CONTROL_ABOVE_THRESHOLD: Traffic in port [chars] exceeds the configured threshold [chars]. Traffic on specified port is beyond the configured storm-control threshold, and the excess traffic is being dropped.

推奨処置 トラフィック ストームの発信元を特定します。

エラー メッセージ ETHPORT-5-STORM_CONTROL_BELOW_THRESHOLD: Traffic in port [chars] has fallen below the configured threshold [chars].

説明 指定されたポートのトラフィックが、ストーム制御の設定しきい値内に戻りました。

推奨処置 対処不要です。

EUREKA_USB メッセージ

ここでは、EUREKA メッセージについて説明します。

EUREKA_USD-3

エラー メッセージ EUREKA_USD-3-MSG1: [chars].

説明 Eureka ログ メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

EVMC メッセージ

ここでは、EVMC メッセージについて説明します。

EVMC-5

エラー メッセージ EVMC-5-AVL_CREATE_FAIL: [chars]([dec]): AVL Tree creation failure.

説明 イベント マネージャがローカル ポリシー ストアを初期化できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ EVMC-5-MALLOC_FAILURE: [chars]([dec]): Memory allocation failure.

説明 イベント マネージャ クライアント プロセスが、メモリを割り当てることができませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ EVMC-5-RT_PSS_OP_FAILURE: [chars]([dec]): Failed to [chars]. Error:[chars].

説明 イベント マネージャ クライアントが HA ストアをアクセスできました。

推奨処置 対処不要です。

EVMS メッセージ

ここでは、EVMS メッセージについて説明します。

EVMS-2

エラー メッセージ EVMS-2-EVMS_PSS_DELETE_FAILURE: Delete from PSS failed.

説明 PSS からの削除でエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ EVMS-2-EVMS_PSS_WRITE_FAILURE: Write to PSS failed .

説明 PSS への書き込みでエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ EVMS-2-EVMS_SHOW_POLICY_ALLOC_FAILURE: Insufficient memory: policy information shown will be incomplete.

説明 メモリの割り当てでエラーが発生しました。このため、要求された情報は完全には表示されません。

推奨処置 対処不要です。

EVMS-4

エラー メッセージ EVMS-4-EVMS_APPLET_NO_ACTION_DEFAULT: WARNING: The default system policy actions are being skipped.

説明 デフォルトのシステム ポリシー アクションをスキップしています。

推奨処置 対処不要です。

EXCEPTIONLOG メッセージ

ここでは、例外ログ(EXCEPTIONLOG)メッセージについて説明します。

EXCEPTIONLOG-SLOT#-2

エラー メッセージ EXCEPTIONLOG-SLOT#-2-LC_EXP_MSG: Linecard exception: [chars] is the affected Port bit map. [dec] Additional information - [chars].

説明 LC 例外イベント

推奨処置 対処不要です。

GLBP メッセージ

ここでは、Gateway Load Balancing Protocol(GLBP)メッセージについて説明します。

GLBP-2

エラー メッセージ GLBP-2-GLBP_URIB_INIT_ERROR: [chars].

説明 ユニキャスト ルーティングの初期化でエラーが発生し、GLBP プロセスは終了しました。

推奨処置 URIB エラーに関する Syslog メッセージを確認し、問題を修正してください。

GLPB-3

エラー メッセージ GLBP-3-GLBP_ARP_ADD_FAILED: failed to add [chars]/[chars] in arp table.

説明 システムが、GLBP vIP を arp テーブルに追加できませんでした。

推奨処置 ARP エラーに関する Syslog メッセージを確認し、問題を修正してください。

エラー メッセージ GLBP-3-GLBP_ARP_DEL_FAILED: failed to delete [chars]/[chars] in arp table.

説明 システムが、GLBP vIP を arp テーブルから削除できませんでした。

推奨処置 ARP エラーに関する Syslog メッセージを確認し、問題を修正してください。

エラー メッセージ GLBP-3-GLBP_FEATURE_MANAGER_ERROR: [chars]: [chars].

説明 システムが機能を管理できませんでした。

推奨処置 機能マネージャを使用してエラーの理由を確認し、問題を修正してください。

エラー メッセージ GLBP-3-GLBP_IP_JOIN_GROUP_FAILED: [chars]: failed to join glbp multicast address group.

説明 システムが join を実行できず GLBP プロトコル パケットの受信を開始することができませんでした。

推奨処置 IP エラーに関する Syslog メッセージを確認し、問題を修正してください。

エラー メッセージ GLBP-3-GLBP_IP_LEAVE_GROUP_FAILED: [chars]: failed to leave glbp multicast address group.

説明 システムが leave を実行できず GLBP プロトコル パケットの受信を停止することができませんでした。

推奨処置 IP エラーに関する Syslog メッセージを確認し、問題を修正してください。

エラー メッセージ GLBP-3-GLBP_MAC_ADD_FAILED: fwd [dec] failed to add [chars] in mac table.

説明 システムが、GLBP mac アドレスを mac アドレス テーブルに追加できませんでした。

推奨処置 L2FM エラーに関する Syslog メッセージを確認し、問題を修正してください。

エラー メッセージ GLBP-3-GLBP_MAC_DEL_FAILED: fwd [dec] failed to delete [chars] in mac table.

説明 システムが、GLBP mac アドレスを mac アドレス テーブルから削除できませんでした。

推奨処置 L2FM エラーに関する Syslog メッセージを確認し、問題を修正してください。

エラー メッセージ GLBP-3-GLBP_ROUTE_ADD_FAILED: failed to add [chars] in routing table.

説明 システムが、GLBP vIP アドレスをユニキャスト ルーティング テーブルに追加できませんでした。

推奨処置 URIB エラーに関する Syslog メッセージを確認し、問題を修正してください。

エラー メッセージ GLBP-3-GLBP_ROUTE_DEL_FAILED: failed to delete [chars] in routing table.

説明 システムが、GLBP vIP アドレスをユニキャスト ルーティング テーブルから削除できませんでした。

推奨処置 URIB エラーに関する Syslog メッセージを確認し、問題を修正してください。

GLBP-4

エラー メッセージ GLBP-4-BADAUTH: Bad authentication received from [chars].

説明 GLBP グループに参加する 2 つのルータの認証文字列は有効ですが、一致しません。

推奨処置 GLBP 認証インターフェイス コマンドを使用し、ローカル システムと IP アドレスが報告されているシステムの間の GLBP 認証の不一致を修復します。

エラー メッセージ GLBP-4-BADVIP1: address [chars] is in the wrong subnet for this interface.

説明 GLBP 仮想 IP アドレスが、このインターフェイスに設定されているサブネットの中にありません。

推奨処置 GLBP の仮想 IP アドレスを、このインターフェイスに設定されているサブネットの中になるように設定します。

エラー メッセージ GLBP-4-BADVIP2: address [chars] in the wrong subnet for this interface is not learned.

説明 hello メッセージに含まれている GLBP 仮想 IP アドレスが学習されません。アドレスがこのインターフェイスに設定されているサブネットの中にありません。

推奨処置 すべての GLBP ルータの設定をチェックします。

エラー メッセージ GLBP-4-DIFFVIP1: active router virtual IP address [chars] is different from the locally configured virtual IP address [chars].

説明 アクティブ ルータからの hello メッセージに含まれている GLBP 仮想 IP アドレスが、ローカルで設定されているアドレスと異なります。

推奨処置 すべての GLBP ルータの設定をチェックします。

エラー メッセージ GLBP-4-DUPADDR: Duplicate address on [chars].

説明 インターフェイス上で受信した GLBP メッセージの IP アドレスが、インターフェイス自身のルータの IP アドレスと同じです。設定の誤りまたはスイッチの故障が原因で、この状況になっている可能性があります。

推奨処置 すべての GLBP ルータの設定をチェックし、すべてのスイッチが正常に動作していることを確認します。

エラー メッセージ GLBP-4-DUPVIP1: address [chars] already assigned to interface [chars] grp [dec].

説明 hello メッセージに含まれている GLBP 仮想 IP アドレスが学習されません。アドレスはすでに別の GLBP グループに割り当てられています。

推奨処置 すべての GLBP ルータの設定をチェックします。

エラー メッセージ GLBP-4-DUPVIP2: address [chars] already assigned to this interface.

説明 hello メッセージに含まれている GLBP 仮想 IP アドレスが学習されません。アドレスはすでにこのインターフェイスに割り当てられています。

推奨処置 すべての GLBP ルータの設定をチェックします。

エラー メッセージ GLBP-4-DUPVIP3: address [chars] already assigned to another interface [chars].

説明 hello メッセージに含まれている GLBP 仮想 IP アドレスが学習されません。アドレスはすでに別のインターフェイスまたはアプリケーションに割り当てられているか、それらと一部重複しています。

推奨処置 すべての GLBP ルータの設定をチェックします。

エラー メッセージ GLBP-4-GLBP_ARP_RESP_FAILED: failed to send arp response [chars]/[chars].

説明 システムが vIP の arp 応答を送信できませんでした。

推奨処置 ARP エラーに関する Syslog メッセージを確認し、問題を修正してください。

GLBP-5

エラー メッセージ GLBP-5-ACTIVE_CHANGE: Active gateway is [chars].

説明 GLBP がアクティブ ゲートウェイを変更しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ GLBP-5-FWD_CREATE: fwd [dec] created.

説明 GLBP フォワーダが作成されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ GLBP-5-FWD_DELETE: fwd [dec] deleted.

説明 GLBP フォワーダが削除されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ GLBP-5-FWD_OWNER: fwd [dec] owner mac is [chars].

説明 GLBP フォワーダがオーナー MAC アドレスを変更しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ GLBP-5-FWD_VMAC: fwd [dec] virtual mac is [chars].

説明 GLBP フォワーダが仮想 MAC アドレスを変更しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ GLBP-5-FWD_WEIGHTING: fwd [dec] weighting is [dec].

説明 GLBP フォワーダが重み付けを変更しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ GLBP-5-FWDSTATECHANGE: fwd [dec] state changed from [chars] to [chars].

説明 GLBP フォワーダの状態が変わりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ GLBP-5-GRPSTATECHANGE: state changed from [chars] to [chars].

説明 GLBP ゲートウェイの状態が変わりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ GLBP-5-MEMBER_ADD: member [chars] [chars] added.

説明 GLBP ゲートウェイがメンバーを追加しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ GLBP-5-MEMBER_REMOVE: member [chars] [chars] removed.

説明 GLBP ゲートウェイがメンバーを削除しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ GLBP-5-PRIORITY: [chars] gateway priority changed to [dec].

説明 GLBP ゲートウェイがプライオリティを変更しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ GLBP-5-STANDBY_CHANGE: Standby gateway is [chars].

説明 GLBP がスタンバイ ゲートウェイを変更しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ GLBP-5-TIMER: [chars] timer changed to [chars].

説明 GLBP ゲートウェイがタイマーを学習しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ GLBP-5-VIPLEARN: learnt virtual ip address [chars].

説明 GLBP ゲートウェイが仮想 IP アドレスを学習しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ GLBP-5-VIPUNLEARN: unlearned virtual ip address [chars].

説明 GLBP ゲートウェイが仮想 IP アドレスを学習していません。

推奨処置 対処不要です。

HEAP メッセージ

ここでは、HEAP メッセージについて説明します。

HEAP-3

エラー メッセージ HEAP-3-HEAP_ERROR Format: %s

説明 ヒープ ルーティング ライブラリのエラーです。

推奨処置 特に対処は不要です。

HEAP-4

エラー メッセージ HEAP-4-HEAP_WARNING Format: %s

説明 ヒープ malloc 警告です。

推奨処置 特に対処は不要です。

HSRP_ENGINE メッセージ

ここでは、HSRP_ENGINE メッセージについて説明します。

HSRP_ENGINE-3

エラー メッセージ HSRP_ENGINE-3-NOSOCKET: Unable to open socket.

説明 システムが、ホット スタンバイ プロトコルの IP 接続を初期化できませんでした。

推奨処置 少なくとも 1 つのインターフェイスで IP を実行するように設定します。

HSRP_ENGINE-4

エラー メッセージ HSRP_ENGINE-4-BADAUTH2: Bad authentication from [chars].

説明 HSRP に参加する 2 つのルータの有効な認証文字列が一致しません。

推奨処置 スタンバイ認証コマンドを使用して、ローカル システムと IP アドレスが報告されているシステムの間の HSRP 認証の不一致を修復します。

エラー メッセージ HSRP_ENGINE-4-BADAUTH: Bad authentication from [chars], group [dec], remote state [chars].

説明 HSRP に参加する 2 つのルータの有効な認証文字列が一致しません。

推奨処置 スタンバイ認証コマンドを使用して、ローカル システムと IP アドレスが報告されているシステムの間の HSRP 認証の不一致を修復します。

エラー メッセージ HSRP_ENGINE-4-DIFFVIP1: [chars] Grp [dec] active routers virtual IP address [chars] is different to the locally configured address [chars].

説明 アクティブ ルータからの hello メッセージに含まれている HSRP 仮想 IP アドレスが、ローカルで設定されているアドレスと異なります。

推奨処置 すべての HSRP ルータの設定をチェックします。

エラー メッセージ HSRP_ENGINE-4-DUPADDR: Duplicate address %i on [chars], sourced by %e.

説明 インターフェイス上で受信した HSRP メッセージの IP アドレスが、ルータ自身の IP アドレスと同じです。設定の誤りまたはスイッチの故障が原因となっている可能性があります。

推奨処置 すべての HSRP ルータの設定をチェックし、すべてのスイッチが正常に動作していることを確認します。

エラー メッセージ HSRP_ENGINE-4-DUPVIP1: [chars] Grp [dec] address [chars] is already assigned to a HSRP group on this interface.

説明 hello メッセージに含まれている HSRP 仮想 IP アドレスは、すでに別の HSRP グループに割り当てられているので学習されません。

推奨処置 すべての HSRP ルータの設定をチェックします。

エラー メッセージ HSRP_ENGINE-4-DUPVIP2: [chars] Grp [dec]address [chars] is already assigned on this interface.

説明 hello メッセージに含まれている HSRP 仮想 IP アドレスは、すでにこのインターフェイスに割り当てられているので学習されません。

推奨処置 すべての HSRP ルータの設定をチェックします。

エラー メッセージ HSRP_ENGINE-4-DUPVIP3: [chars] Grp [dec] address [chars] is already assigned to,or overlaps with,an address on another interface or application.

説明 hello メッセージに含まれている HSRP 仮想 IP アドレスは、すでに別のインターフェイスまたはアプリケーションに割り当てられているかそれらと一部重複しているので、学習されません。

推奨処置 すべての HSRP ルータの設定をチェックします。

HSRP_ENGINE-6

エラー メッセージ HSRP_ENGINE-6-STATECHANGE2: [chars] Grp [dec] state moving from [chars].

説明 ルータの状態が変化しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ HSRP_ENGINE-6-STATECHANGE: [chars] Grp [dec] state move to [chars].

説明 ルータの状態が変化しました。

推奨処置 対処不要です。

ICMPV6 メッセージ

ここでは、ICMPV6 メッセージについて説明します。

ICMPV6-2

エラー メッセージ ICMPv6-2-MALLOC_FAILED Format: malloc() failed for allocating %s in %s()

説明 ICMPv6 プロセスのヒープ メモリが不足しています。スタティックまたはダイナミック Neighbor Cache Entry(NCE)数が一時的に増大したことが原因の可能性があります。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

ICMPV6-3

エラー メッセージ ICMPv6-3-MBUF_OP_FAILED Format: %s for size %d failed in %s()

説明 想定外の管理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ICMPv6-3-PACKET_LENGTH_ERROR Format: ICMPv6 packet from %s is smaller than payload length of %d bytes:%s()

説明 想定外の管理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ICMPv6-3-API_INTERFACE_FAILED Format: %s failed for %s in %s()

説明 想定外の管理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ICMPv6-3-BAD_INFO_RECEIVED Format: Invalid %s message type %d received in %s()

説明 想定外の管理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ICMPv6-3-API_FAILED Format: %s failed in %s()

説明 想定外の管理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ICMPv6-3-MQ_FAILED Format: %s failed, errno: %s in %s()

説明 想定外の管理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ICMPv6-3-MTS_FAILED Format: %s failed, errno: %s in %s()

説明 想定外の管理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ICMPv6-3-MQ_FAILED_PID Format: %s failed to client pid: %d, errno: %s in %s()

説明 想定外の管理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ICMPv6-3-MTS_FAILED_PID Format: %s failed to client pid: %d, errno: %s in %s()

説明 想定外の管理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ICMPv6-3-MQ_FAILED_NAME Format: %s failed for client %s, errno: %s in %s()

説明 想定外の管理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ICMPv6-3-MTS_FAILED_NAME Format: %s failed for client %s, errno: %s in %s()

説明 想定外の管理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ICMPv6-3-TIMER_FAILED Format: %s failed for %s in %s エラー メッセージ ICMPv6-3-VRF_CREATE Format: ICMPv6 VRF creation failed for vrf %s

説明 ICMPv6 プロセスが VRF コンテキストを作成できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、スタックをリロードします。

エラー メッセージ ICMPv6-3-BITFIELD_FAILED Format: %s failed in %s

説明 ICMPV6 プロセスが bitfield 操作を実行できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、スタックをリロードします。

エラー メッセージ ICMPv6-3-STATE_LIMIT Format: Exceeded state-limit for interface %s - dropping

説明 インターフェイスのステート制限の 80% を超えました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ICMPv6-3-RESERVE_LIMIT Format: Exceeded reserve-limit for interface %s - dropping

説明 インターフェイスの予約制限の 80% を超えました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ICMPv6-3-PT_ADD Format: Couldnt add element to PT %s'

説明 ICMPv6 がローカル データベース エントリをアップデートできませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ICMPv6-3-PT_DEL Format: Couldnt delete element from PT %s'

説明 ICMPv6 がローカル データベース エントリを削除できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ICMPv6-3-SYSMGR_DISPATCH Format: Error returned from sysmgr_dispatch(), errno: %s

説明 ICMPv6 がシステム マネージャ API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ ICMPv6-3-MTS_RECV Format: Error returned from mts_recv(), errno: %s

説明 ICMPv6 が MTS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、コンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ ICMPv6-3-MTS_DROP Format: Error returned from mts_drop(), errno: %s

説明 ICMPv6 が MTS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、コンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ ICMPv6-3-MSG_TO_TLV Format: TLV Conversion failed (%d)

説明 TLV 変換ができませんでした。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ ICMPv6-3-TLV_TO_STRUCT Format: TLV to Struct Conversion failed (%d)

説明 TLV から Struct への変換ができませんでした。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

ICMPV6-4

エラー メッセージ ICMPv6-4-ND_LOG Format: %s

説明 近隣探索プロセスがネットワーク上で誤った設定を見つけました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ICMPv6-4-ND_LOG Format: %s

説明 近隣探索プロセスがネットワーク上で誤った設定を見つけました。

推奨処置 特に対処は不要です。

ICMPV6-6

エラー メッセージ ICMPv6-6-UNKNOWN_OPC Format: Received unknown mts opcode %d

説明 ICMPv6 プロセスが不明なプロセス間メッセージを受信し、ドロップしました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ICMPv6-6-STATE_LIMIT_WARNING Format: Exceeded 80% of the state-limit for interface %s

説明 インターフェイスのステート制限の 80% を超えました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ICMPv6-6-RESERVE_LIMIT_WARNING Format: Exceeded 80% of the reserve-limit for interface %s

説明 インターフェイスの予約制限の 80% を超えました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ICMPv6-6-ND_RA_LOG Format: %s

説明 近隣探索の Router Acknowledgement(RA)パケットから取得したネットワーク構成情報です。

推奨処置 特に対処は不要です。

IGMP メッセージ

ここでは、IGMP メッセージについて説明します。

IGMP-2

エラー メッセージ IGMP-2-STARTUP_FAILURE Format: Startup failure: %s

説明 igmp の起動中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

IGMP-3

エラー メッセージ IGMP-3-STATE_LIMIT Format: Exceeded state-limit for interface %s - dropping

説明 インターフェイスのステート制限を超えました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IGMP-3-RESERVE_LIMIT Format: Exceeded reserve-limit for interface %s - dropping

説明 インターフェイスの予約制限を超えました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IGMP-3-UNKNOWN_MTYPE Format: Unknown mtype: %d/%d in %s

説明 IGMP プロセスが不明なプロセス間メッセージを受信し、ドロップしました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IGMP-3-RESTART_REASON Format: IGMP process has restarted, restart reason: %s

説明 IGMP が、以前のインスタンスに追加したルートを復元しています。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IGMP-3-MALLOC_FAILED Format: %s failed in %s

説明 IGMP プロセスのフリー メモリが不足しています。

推奨処置 ネットワークまたはルータを設定してルート数を減らします。

エラー メッセージ IGMP-3-BITFIELD_FAILED Format: %s failed in %s

説明 IGMP プロセスが bitfield 操作を実行できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、スタックをリロードします。

エラー メッセージ IGMP-3-VRF_CREATE Format: IGMP VRF creation failed for vrf %s

説明 IGMP プロセスが VRF コンテキストを作成できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、スタックをリロードします。

エラー メッセージ IGMP-3-MTS_FAILED Format: %s failed in %s, errno: %s

説明 IGMP プロセスが MTS キューにアクセスできませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IGMP-3-API_FAILED Format: %s failed in %s

説明 IGMP プロセスが API を起動する際にエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IGMP-3-PTHREAD_FAILED Format: %s failed in %s for thread %s

説明 IGMP プロセスがタスク スレッドを作成できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ IGMP-3-TIMER_FAILED Format: %s failed for %s in %s

説明 IGMP プロセスがタイマー イベントを設定できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ IGMP-3-PULLUP_FAILED Format: m_pullup() of %d bytes failed in %s

説明 IGMP プロセスがパケットを処理できずにドロップしました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IGMP-3-NO_SHUTDOWN Format: Unable to shutdown %s

説明 IGMP プロセス自体をシャットダウンできません。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ IGMP-3-ALREADY_RUNNING Format: IGMP already running, exiting

説明 別の IGMP プロセスがすでに稼働しているため、このプロセスはシャットダウンします。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IGMP-3-NO_SET_PRIORITY Format: Failed to set policy or priority

説明 IGMP プロセス自体のプロセス プライオリティを設定できませんでした。終了します。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IGMP-3-SETRLIMIT_FAILED Format: Data segment allocation of %ld failed

説明 IGMP プロセス自体のメモリ リソース制限を設定できませんでした。終了します。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IGMP-3-PT_ADD Format: Couldnt add element to PT %s'

説明 IGMP がローカル スヌーピング データベース エントリをアップデートできませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IGMP-3-PT_DEL Format: Couldnt delete element from PT %s'

説明 IGMP がローカル スヌーピング データベース エントリを削除できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IGMP-3-AVL_ERROR Format: AVL-tree operation %s failed for %s

説明 IGMP プロセスが AVL ツリーを操作する際にエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IGMP-3-UNKNOWN_MFDM_OPC Format: igmp_snoop_mfdm_main(): reeceived unknown opcode %d

説明 IGMP プロセスが MFDM から不明なプロセス間メッセージを受信し、ドロップしました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IGMP-3-MFDM_NO_BUF Format: Cannot find MFDM buffer from route-ack for xid 0x%x

説明 IGMP プロセスが MFDM メッセージからのキューにルート バッファを見つけられません。無視しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IGMP-3-BF_CREATE Format: Couldnt create bit field for %s'

説明 IGMP が bitfield リソースを作成できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ IGMP-3-VLAN_EXISTS Format: SNOOP: Couldnt create %s,already esists'

説明 IGMP が VLAN リソースを作成できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ IGMP-3-IGMP_INIT Format: IGMP init failed: %s

説明 IGMP プロセスを初期化できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ IGMP-3-HA_VLAN Format: HA %s operation for vlan %d failed

説明 IGMP-SNOOP が PSS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ IGMP-3-HA_GROUP Format: HA %s operation in vlan %d failed for (%s, %s)

説明 IGMP-SNOOP が PSS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ IGMP-3-HA_RPORT Format: HA %s operation on router-port %s for vlan %d failed

説明 IGMP-SNOOP が PSS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ IGMP-3-HA_OIF Format: HA %s operation on OIF %s for (%s, %s) in vlan %d failed

説明 IGMP-SNOOP が PSS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ IGMP -3 - RPORT_UPDATE Format: Router-port update failed for %s (%s)

説明 IGMP-SNOOP が API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ IGMP-3-LVPORT_CREATE Format: IGMP Snooping couldnt create an leave-port in %s for group %s'

説明 IGMP-SNOOP が API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ IGMP-3-SYSMGR_DISPATCH Format: Error returned from sysmgr_dispatch(), errno: %s

説明 IGMP がシステム マネージャ API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ IGMP-3-MTS_BIND Format: Error returned from mts_bind() for %s mts-q, errno: %s

説明 IGMP が MTS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ IGMP-3-MTS_SEND Format: Error returned from mts_send() for %s queue, errno: %s

説明 IGMP が MTS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ IGMP-3-MTS_RECV Format: Error returned from mts_recv() for %s queue, errno: %s

説明 IGMP が MTS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ IGMP-3-MTS_DROP Format: Error returned from mts_drop() for %s queue, errno: %s

説明 IGMP が MTS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ IGMP-3-BAD_MSG Format: Invalid %s message received from %s

説明 IGMP が無効な MTS メッセージを受信しました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

IGMP-6

エラー メッセージ IGMP-6-SHUTDOWN Format: IGMP shutting self down

説明 IGMP プロセス自体をシャットダウンしています。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IGMP-6-RECEIVE_QUERY Format: Received %s interface %s from %s

説明 IGMP バージョンが一致しません。クエリーは引き続き処理されます。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IGMP-6-RESTART_SHUTDOWN Format: IGMP shutting self down via restart command

説明 再起動コマンドにより、IGMP プロセスは自身をシャットダウンしています。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IGMP-6-STATE_LIMIT_WARNING Format: Exceeded 80% of the state-limit for interface %s

説明 インターフェイスのステート制限の 80% を超えました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IGMP-6-RESERVE_LIMIT_WARNING Format: Exceeded 80% of the reserve-limit for interface %s

説明 インターフェイスの予約制限の 80% を超えました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IGMP-6-UNKNOWN_OPC Format: Received unknown mts opcode %d

説明 IGMP プロセスが不明なプロセス間メッセージを受信し、ドロップしました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IGMP-6-HA_DB_REBUILD Format: HA run-time database buildup %s

説明 IGMP-SNOOP ステートフル リスタートの状態です。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IGMP-6-HA_STATEFUL Format: Stateful HA %s

説明 IGMP-SNOOP ステートフル リスタートの状態です。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IGMP-6-HA_SYNC Format: HA sync to standby failed, %s

説明 スタンバイに対する IGMP-SNOOP HA 同期メッセージでエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IGMP-6-HA_SEQNO_SYNC Format: HA sequence number sync to standby failed, %s

説明 スタンバイに対する IGMP-SNOOP HA シーケンス番号同期でエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

IM メッセージ

ここでは、IM メッセージについて説明します。

IM-3

エラー メッセージ IM-3-IM_RESP_ERROR: Component [chars] opcode:[chars] in vdc:[dec] returned error:[hex].

説明 コンポーネントからエラーが返されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ IM-3-IM_SEQ_ERROR: Error ([hex]) while communicating with component [chars] opcode:[chars] (for:[chars]).

説明 コンポーネントが規定時間内に要求に応答しませんでした。

推奨処置 対処不要です。

IM-5

エラー メッセージ IM-5-IM_DEMUX_ERROR: [chars].

説明 Demux 関数からエラーが返されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ IM-5-IM_INTERNAL_ERROR: [chars].

説明 内部エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ IM-5-IM_INTF_STATE: [chars] [chars] in vdc [dec].

説明 管理インターフェイスの状態が変わりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ IM-5-IM_UNKNOWN_INTERFACE: [chars].

説明 インターフェイスがサポートされていないか、見つかりません。

推奨処置 対処不要です。

IMAGE_DNLD メッセージ

ここでは、IMAGE_DNLD メッセージについて説明します。

IMAGE_DNLD-SLOT#-2

エラー メッセージ IMAGE_DNLD-SLOT#-2-ADDON_IMG_DNLD_FAILED: Module image download process failed. [chars].

説明 アドオン イメージをモジュールにダウンロードできませんでした。アドオン イメージが正常にインストールされるまで、このモジュールは動作しません。

推奨処置 モジュール イメージの場所とバージョンを確認してください。 install module CLI コマンドを使用して、新しいモジュール イメージをダウンロードしてください。

エラー メッセージ IMAGE_DNLD-SLOT#-2-IMG_DNLD_COMPLETE: Module image download process. [chars].

説明 イメージ ダウンロードが完了しました。モジュール イメージをインストール中です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ IMAGE_DNLD-SLOT#-2-IMG_DNLD_FAILED: Module image download process. [chars].

説明 イメージをダウンロードできませんでした。モジュールが動作不能である可能性があります。

推奨処置 show module CLI コマンドを使用して、このモジュールの状態を確認します。 install module CLI コマンドを使用して、イメージを再度ダウンロードします。

エラー メッセージ IMAGE_DNLD-SLOT#-2-IMG_DNLD_FILE_SYSTEM_CHECK_ERROR: File System check failed: [chars].

説明 ファイル システムの整合性検査でエラーが発生しました。

推奨処置 fsck を使用してファイル システムを修復する必要があります。

エラー メッセージ IMAGE_DNLD-SLOT#-2-IMG_DNLD_STARTED: Module image download process. [chars].

説明 イメージのダウンロードを開始しました。モジュール イメージのダウンロードでモジュールの動作は妨げられません。

推奨処置 対処不要です。

IMAGE_DNLD-SLOT#-5

エラー メッセージ IMAGE_DNLD-SLOT#-5-ADDON_IMG_DNLD_COMPLETE: Addon module image download process completed. [chars].

説明 モジュールへのアドオン イメージのダウンロードが完了しました。モジュールは、この新しいイメージをインストールします。

推奨処置 これは単なる通知メッセージです。

エラー メッセージ IMAGE_DNLD-SLOT#-5-ADDON_IMG_DNLD_STARTED: Addon module image download process started.[chars].

説明 モジュールへのアドオン イメージのダウンロードが開始されました。ダウンロードは中断型であるため、ダウンロード プロセスが完了するまで、モジュールは操作不能です。

推奨処置 これは単なる通知メッセージです。

エラー メッセージ IMAGE_DNLD-SLOT#-5-ADDON_IMG_DNLD_SUCCESSFUL: Addon module image download and install process successful. [chars].

説明 モジュールへのアドオン イメージのダウンロードとインストールが正常に完了しました。

推奨処置 show module CLI コマンドを入力し、モジュールの動作ステータスを調べます。

IMAGE_UPGRADE メッセージ

ここでは、IMAGE_UPGRADE メッセージについて説明します。

IMAGE_UPGRADE_SLOT#-2

エラー メッセージ IMAGE_UPGRADE-SLOT#-2-IMAGE_UPGRADE_ERROR: [chars].

説明 イメージのアップグレード エラーです。

推奨処置 対処不要です。

IMAGE_UPGRADE-SLOT#-6

エラー メッセージ IMAGE_UPGRADE-SLOT#-6-IMAGE_UPGRADE_INFO: [chars].

説明 イメージのアップグレード情報です。

推奨処置 対処不要です。

INTERFACE-VLAN メッセージ

ここでは、INTERFACE-VLAN メッセージについて説明します。

INTERFACE-VLAN-5

エラー メッセージ INTERFACE-VLAN-5-IF_DOWN_ADMIN_DOWN: Interface [chars] is down(Administratively Down).

説明 インターフェイスが管理上のダウン状態に設定されています。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ INTERFACE-VLAN-5-IF_DOWN_ERROR_DISABLED: Interface [chars] is down. Reason [dec].

説明 インターフェイスの設定中にそのインターフェイスでエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ INTERFACE-VLAN-5-IF_DOWN_INACTIVE: Interface [chars] is down (Inactive).

説明 インターフェイス VLAN が一時停止されたか、削除されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ INTERFACE-VLAN-5-SVI_DISABLED: SVI Disabled.

説明 SVI サービスがディセーブルです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ INTERFACE-VLAN-5-SVI_ENABLED: SVI Enabled.

説明 SVI サービスがイネーブルです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ INTERFACE-VLAN-5-SVI_GET_MAC_FAILED: Failed to acquire MAC address for SVI [hex].

説明 SVI が MAC アドレスを取得できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ INTERFACE-VLAN-5-SVI_INIT: SVI intialization failed with error [hex].

説明 SVI 初期化エラーです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ INTERFACE-VLAN-5-SVI_MTS_SEND_FAILURE: MTS send failure for opcode [dec], error [hex].

説明 SVI で、MTS メッセージのエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ INTERFACE-VLAN-5-SVI_MTS_TIME_OUT: MTS send timed out.

説明 SVI が MTS メッセージに対する応答を受信しませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ INTERFACE-VLAN-5-SVI_RSRVD_VLAN_FAILED: Failed to get list of reserved VLANs [hex].

説明 SVI が予約 VLAN リストを取得できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ INTERFACE-VLAN-5-SVI_SDB_UPDATE_FAILED: sdb update failed with ret_val [dec].

説明 SVI の SDB アップデートでエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ INTERFACE-VLAN-5-SVI_SEC_VLAN_FAILED: Failed to get list of secondary VLANs [hex].

説明 SVI がセカンダリ VLAN のリストを取得できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ INTERFACE-VLAN-5-UPDOWN: Line Protocol on Interface [chars], changed state to [chars].

説明 インターフェイスのライン プロトコル ステータスが変わりました。

推奨処置 対処不要です。

IP メッセージ

ここでは、IP メッセージについて説明します。

IP-2

エラー メッセージ IP-2-ALLOC_MEMORY: Memory allocation failed.

説明 IP 設定マネージャがダイナミック メモリ ブロックを割り当てることができませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ IP-2-IP_STARTUP_FAILURE Format: Failed to %s during startup. error %d

説明 IP プロセスの起動中にクリティカル操作でエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IP-2-CRIT_FAILURE Format: Failed to %s

説明 IP プロセスのクリティカル操作でエラーが発生しました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

IP-3

エラー メッセージ IP-3-FILE_WRITE_FAILED: Writing to file [chars] failed - error: [chars].

説明 ファイルへの書き込みができませんでした。スペースがないことが原因と考えられます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ IP-3-INIT_FAILED: Initialization failed. Component [chars].

説明 サービスが開始できませんでした。コンポーネントの初期化中にエラーが発生しました。

推奨処置 show processes を使用して他のプロセスの状態をチェックし、表示されているコンポートネントをデバッグします。

エラー メッセージ IP-3-IP_FAILURE Format: Failed to %s

説明 IP プロセスのクリティカル操作でエラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ IP-3-IP_CLNT_FAILURE Format: Invalid IP registration reply. Message major type %d, minor type %d

説明 IP クライアントの IP 登録処理でエラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ IP-3-NO_SH_MEM Format: Failed to allocate shared memory %s

説明 IP プロセスの共有メモリが不足しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ IP-3-IP_NO_MEM Format: Failed to allocate private memory for %s

説明 IP プロセスのプライベート メモリが不足しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ IP-3-IP_NO_MBUF Format: Failed to allocate mbuf %s

説明 IP プロセスのネットワーク バッファが不足しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ IP-3-IP_THR_CREATE Format: Failed to create %s thread. error %d

説明 スレッドの作成中にエラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ IP -3 - IP_UNK_MSG Format: Unrecognized message major type %d, minor type %d

説明 他のプロセスから不明なメッセージを受信しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ IP-3-IP_UNK_MSG_MAJOR Format: Unrecognized message from %s. Major type %d

説明 他のプロセスから不明なメッセージ(メジャー)を受信しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ IP-3-IP_UNK_MSG_MINOR Format: Unrecognized message from %s. Minor type %d

説明 他のプロセスから不明なメッセージ(マイナー)を受信しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ IP-3-URIB_ERR Format: Failed to %s urib

説明 URIB とのトランザクションでエラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ IP-3-IP_INTERNAL_ERROR Format: %s

説明 IP プロセスの内部エラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ IP-3-MRIB_ADD_ROUTE Format: MRIB add route failed in %s for VRF %s

説明 IP が MRIB にルートを追加できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IP-3-IP_MTSRECV Format: Error returned from mts_recv(), errno: %s

説明 IP が MTS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IP-3-IP_MTSDROP Format: Error returned from mts_drop(),errno: %s

説明 IP が MTS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IP-3-IP_MTSSEND Format: Error returned from mts_send(), errno: %s

説明 IP が MTS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IP-3-IP_MSG_TO_TLV Format: TLV Conversion failed (%d)

説明 TLV 変換ができませんでした。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ IP-3-IP_TLV_TO_STRUCT Format: TLV to Struct Conversion failed (%d)

説明 TLV から Struct への変換ができませんでした。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ IP-3-IP_HA_UPDATE Format: HA update failed (%d)

説明 HA アップデートでエラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ IP-3-IP_CLIENT_GET Format: HA client filter recovery failed (%d)

説明 HA クライアントのフィルタ回復でエラーが発生しました。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

IP-4

エラー メッセージ IP-4-DAD_FAILED_EVENT: Duplicate address detection failed for [chars] on [chars].

説明 IP アドレスの重複検出がエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ IP-5-INVALID_NOTIFY Format: Received invalid notification message

説明 UNEXPECTED_ERROR_EXPLANATION

推奨処置 特に対処は不要です。

IP-6

エラー メッセージ IP-6-CONFIG_EVENT: IP Configuration Msg:

説明 ログする必要のある設定メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ IP-6-INTERFACE_DELETED: The interface [chars] has been deleted.

説明 表示されているインターフェイスが削除されました。サービスはそのインターフェイス上のあらゆる設定を削除します。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ IP-6-INTERFACE_EVENT: IP address [chars] [chars] on interface [chars].

説明 IP アドレスがインターフェイス上に正常に存在します。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ IP-6-ROUTE_NOT_ACTIVE: The [chars] is not active.

説明 表示されているルートは正しく設定されていますが、現在アクティブではありません。

推奨処置 ルートが正しいかどうか、および発信インターフェイスが動作上のアップ状態かどうかを確認します。

エラー メッセージ IP-6-STARTING: IP configuration Manager started.

説明 IP 設定マネージャ サービスが正常に開始されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ IP-6-STATS_ERROR Format: Failed to get hardware statistics for interface %s, reason %s

説明 IP が、要求した統計情報をハードウェアから取得できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IP-6-IM_ERROR Format: Failed to get correct information for interface %s %d

説明 IP が、要求した情報をインターフェイス マネージャから取得できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IP-6-IM_RECOVER_ERROR Format: Failed to recover correct information for interface %s %d

説明 IP がインターフェイスの情報を回復できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IP-6-SYSMAN_CLEANUP Format: Terminated by SYSMAN cleanup signal %d

説明 システム マネージャが、クリーンアップ信号を IP に送信してプロセスを終了させました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IP-6-BAD_ICMP_PKT Format: Received ICMP packet with bad length (%d). Min len %d, Adv len %d,IP hdr length %d, Expected IP hdr len %d

説明 不正な長さの ICMP パケットを受信しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IP-6-MQ_FLUSH Format: Flushing %d messages from the MRIB message queue

説明 IP プロセスの再起動後に、MRIB メッセージ キューがフラッシュされました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IP-6-IP_MTS_UNKNOWN_MSG Format: Received unknown MTS message with opcde %d, dropping it

説明 IP が、不明なメッセージを受信しました。メッセージはドロップされます。

推奨処置 特に対処は不要です。

IPACL メッセージ

ここでは、IPACL メッセージについて説明します。

IPACL-0

エラー メッセージ IPACL-0-EMERG: [chars].

説明 ipacl が原因でシステム エラーが発生しました。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

IPACL-1

エラー メッセージ IPACL-1-ALERT: [chars].

説明 ipacl が原因で他のサービスにエラーが発生しました。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

IPACL-2

エラー メッセージ IPACL-2-CRIT: [chars].

説明 ipacl で致命的なエラーが発生しました。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

IPACL-3

エラー メッセージ IPACL-3-ERR: [chars].

説明 ipacl でエラーが発生しました。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

IPACL-4

エラー メッセージ IPACL-4-WARN: [chars].

説明 ipacl は想定外の状態を無視しました。

推奨処置 debug ipacl all を実行したあと、同じ操作を再現させて詳細を調べてください。

IPACL-5

エラー メッセージ IPACL-5-NOTE: [chars].

説明 ipacl はこの操作をサポートしていません。

推奨処置 debug ipacl all を実行したあと、同じ操作を再現させて詳細を調べてください。

IPACL-6

エラー メッセージ IPACL-6-INFO: [chars].

説明 ipacl イベントが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

IPQOSMGR メッセージ

ここでは、IPQOSMGR メッセージについて説明します。

IPQOSMGR-2

エラー メッセージ IPQOSMGR-2-QOSMGR_HA_FAILURE: Failed to do high availability operation: [chars].

説明 ハイ アベイラビリティ操作を実行できなかったことがエラーの理由です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ IPQOSMGR-2-QOSMGR_INIT_FAILED: Initialization failed for QoS Manager: [chars],reason: [hex].

説明 QoS マネージャを初期化できなかったことがエラーの理由です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ IPQOSMGR-2-QOSMGR_MTS_FAILURE: Failed to do MTS operation: [chars].

説明 MTS 操作を実行できませんでした。[chars] がその理由です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ IPQOSMGR-2-QOSMGR_MTS_REGISTRATION_FAILED: MTS options setting to [hex] failed for opCode: [dec].

説明 opCode の MTS オプション設定でエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ IPQOSMGR-2-QOSMGR_PSS_FAILURE: Failed to do PSS operation: [chars], reason: [hex].

説明 PSS 操作を実行できなかったことがエラーの理由です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ IPQOSMGR-2-QOSMGR_PSS_VER_FAIL: PSS file [chars] has version [dec].[dec].[dec],expected version [dec].[dec].[dec].

説明 PSS バージョンのミスマッチです。PSS サービス、現在のバージョン番号、期待されるバージョンが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

IPQOSMGR-4

エラー メッセージ IPQOSMGR-4-QOSMGR_WARNING: [chars] [dec].

説明 QOSMGR 警告メッセージはエラー メッセージとして報告されます。

推奨処置 対処不要です。

IPQOSMGR-6

エラー メッセージ IPQOSMGR-6-QOSMGR_STATUS: QOSMGR Status: [chars].

説明 QOSMGR ステータスはエラー メッセージとして報告されます。

推奨処置 対処不要です。

IPV6 メッセージ

ここでは、IPV6 メッセージについて説明します。

IPV6-2

エラー メッセージ IPV6-2-ALLOC_MEMORY: Memory allocation failed.

説明 IP 設定マネージャがダイナミック メモリ ブロックを割り当てることができませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ IPv6-2-RECURSIVE_LOOP Format: Recursive loop in %s

説明 再帰関数呼び出しのループです。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

IPV6-3

エラー メッセージ IPV6-3-FILE_WRITE_FAILED: Writing to file [chars] failed - error: [chars].

説明 ファイルへの書き込みができませんでした。スペースがないことが原因と考えられます。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IPV6-3-INIT_FAILED: Initialization failed. Component [chars].

説明 サービスが開始できませんでした。コンポーネントの初期化中にエラーが発生しました。

推奨処置 show processes コマンドを実行して他のプロセスの状態をチェックし、表示されているコンポートネントをデバッグします。

エラー メッセージ IPv6-3-MQ_FAILED Format: %s failed in %s, errno: %s

説明 IPv6 が message キュー リソースにアクセスできませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IPv6-3-MTS_FAILED Format: %s failed in %s, errno: %s

説明 IPv6 が mts キュー リソースにアクセスできませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IPv6-3-MQ_FAILED_PID Format: %s failed in %s to client pid: %d, errno: %s

説明 IPv6 がクライアントの message キュー リソースにアクセスできませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IPv6-3-MTS_FAILED_PID Format: %s failed in %s to client pid: %d, errno: %s

説明 IPv6 がクライアントの mts キュー リソースにアクセスできませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IPv6-3-MQ_FAILED_NAME Format: %s failed in %s for client %s, errno: %s

説明 IPv6 がクライアントの message キュー リソースにアクセスできませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IPv6-3-MTS_FAILED_NAME Format: %s failed in %s for client %s, errno: %s

説明 IPv6 がクライアントの mts キュー リソースにアクセスできませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IPv6-3-INVALID_VERSION Format: Invalid IPv6 version: %d

説明 パケットのプロトコル バージョン フィールドが無効です。ドロップしました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IPv6 -3 - FRAME_LENGTH_SHORT Format: Frame length: %d less than IPv6 payload length: %d

説明 パケットのフレーム長が無効です。ドロップしました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IPv6 -3 - FRAME_LENGTH_LONG Format: Frame length: %d greater than maximum IPv6 payload size

説明 パケットのフレーム長が長すぎます。ドロップしました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IPv6 -3 - FRAME_GT_PAYLOAD Format: Frame length: %d greater than payload length: %d plus IPv6 header length, truncating packet

説明 パケット フレーム長とペイ ロード フィールドのミスマッチです。長さを切り詰めました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IPv6 -3 - PID_CONFLICT Format: Client is using pid: %d/%d with different extended pid: %d

説明 複数のクライアントのプロセス id が同じです。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IPv6 -3 - GET_PIB_FAILED Format: %s failed in %s

説明 IPv6 がクライアントの PIB ハンドルを見つけられませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IPv6-3-UNKNOWN_MTYPE Format: Unknown mtype: %d/%d in %s

説明 IPv6 プロセスが不明なプロセス間メッセージを受信し、ドロップしました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IPv6-3-PTHREAD_FAILED Format: %s failed for %s in %s

説明 IPv6 プロセスがタスク スレッドを作成できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、スタックをリロードします。

エラー メッセージ IPv6-3-U6RIB_BAD_IPC Format: U6RIB corrupted IPC message suspected

説明 IPv6 プロセスが、U6RIB から無効な IPC メッセージを受信しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IPv6-3-NO_PIB Format: IPv6 PIB not found for pid: %d/%d

説明 IPv6 がクライアントの PIB ハンドルを見つけられませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IPv6-3-BAD_CONTEXT Format: Bad context-id %d in %s

説明 コンテキストが見つかりません。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IPv6-3-MALLOC_FAILED Format: %s failed in %s

説明 IPv6 プロセスのフリー メモリが不足しています。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IPv6-3-MALLOC_FAILED_PREFIX Format: %s failed in %s for %s

説明 IPV6 プロセスのフリー メモリが不足しています。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IPv6-3-MBUF_FAILED Format: %s failed in %s for %s (%d bytes)

説明 IPV6 プロセスの mbuf が不足しています。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IPv6-3-REG_FAILED Format: Failed to register with IPv6

説明 IPv6 のコンポーネント API コールでエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IPv6-3-IPV6_API_FAILED Format: %s failed in %s

説明 IPv6 のコンポーネント API コールでエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IPv6-3-M6RIB_ADD_ROUTE Format: M6RIB add route failed in %s for VRF %s

説明 IP が M6RIB にルートを追加できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IPv6-3-SYSMGR_DISPATCH Format: Error returned from sysmgr_dispatch(), errno: %s

説明 IPv6 がシステム マネージャ API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、コンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ IPv6-3-IPV6_MTS_RECV Format: Error returned from mts_recv(), errno: %s

説明 IPv6 が MTS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、コンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ IPv6-3-IPV6_MTS_DROP Format: Error returned from mts_drop(), errno: %s

説明 IPv6 が MTS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、コンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ IPv6-3-IPV6_MTS_UNKNOWN_MSG Format: Received unknown MTS message with opcde %d, dropping it

説明 IPv6 が、不明なメッセージを受信しました。メッセージはドロップされます。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ IPv6-3-IPV6_MSG_TO_TLV Format: TLV Conversion failed (%d)

説明 TLV 変換ができませんでした。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

エラー メッセージ IPv6-3-IPV6_TLV_TO_STRUCT Format: TLV to Struct Conversion failed (%d)

説明 TLV から Struct への変換ができませんでした。

推奨処置 カスタマー サポートに問題を報告してください。

IPV6-4

エラー メッセージ IPV6-4-DAD_FAILED_EVENT: Duplicate address detection failed for [chars] on [chars].

説明 IP アドレスの重複検出がエラーになりました。

推奨処置 特に対処は不要です。

IPV6-6

エラー メッセージ IPV6-6-CONFIG_EVENT: IP Configuration Msg:

説明 ログする必要のある設定メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ IPV6-6-INTERFACE_DELETED: The interface [chars] has been deleted.

説明 表示されているインターフェイスが削除されました。サービスはそのインターフェイス上のあらゆる設定を削除します。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ IPV6-6-INTERFACE_EVENT: IP address [chars] [chars] on interface [chars].

説明 IP アドレスがインターフェイス上で正常にイベントされました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ IPV6-6-ROUTE_NOT_ACTIVE: The [chars]is not active.

説明 表示されているルートは正しく設定されていますが、現在アクティブではありません。

推奨処置 ルートが正しいかどうか、および発信インターフェイスが動作上のアップ状態かどうかを確認します。

エラー メッセージ IPV6-6-STARTING: IP configuration Manager started.

説明 IP 設定マネージャ サービスが正常に開始されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ IPv6-6-IPV6_STATS_ERROR Format: Failed to get hardware statistics for interface %s, reason %s

説明 IPv6 が、要求した統計情報をハードウェアから取得できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

ISIS メッセージ

ここでは、ISIS メッセージについて説明します。

ISIS-2

エラー メッセージ ISIS-2-STARTUP_FAILURE Format: Startup failure. Failed to %s

説明 起動中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ ISIS-2-RUNTIME_INIT_FAILURE Format: Unexpected runtime initialization failure. Failed to %s

説明 サブコンポーネントの初期化中に、想定外のソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ ISIS-2-RUNTIME_CLEANUP_FAILURE Format: Unexpected runtime cleanup failure. Failed to %s

説明 サブコンポーネントのクリーンアップ中に、想定外のソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ ISIS-2-TLV_MIGRATE Format: L%d %s still has TLV during migration

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ ISIS-2-HOLDDOWN Format: Failed to enable process after sequence number wrap holddown.

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ ISIS-2-MQRCVD Format: %s thread - message queue receive failure <%d

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ ISIS-2-URIB_UPDATE Format: Failed to notify SPF thread about route update buffer availability

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ ISIS-2-ROUTE_NOTIFY Format: **** Very bad notify buffer full unexpectly ****

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ ISIS-2-MEM_ERR Format: Insufficient memory for %s

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ ISIS-2-AVL_FAIL Format: Add to CSNP cache failed: %s - %s

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ ISIS -2 - URIB_ADD_RNH_FAILURE Format: Cannot add RNH to %s

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 コンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ ISIS-2-ROUTE_BUF_OVERFLOW Format: %s route buffer overflow at entry %lu

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ ISIS-2-REDIST_PIB_SHM Format: Failed to attach to redistributing PIBsSHM%s'

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ ISIS-2-LSP_FREE_LINK Format: L%d %s is already on free list

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ ISIS-2-LSP_FREE_DELINK Format: L%d %s is not on free list

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ ISIS-2-IM_DEL Format: Delete msg for %s (%d) iib %p - iib iod %d mismatched

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ ISIS-2-IIB_EXT Format: %s extension msg for %s (%d) - %s

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ ISIS-2-SUM_DIST Format: sum-addr %s/%d has zero route-dist candidate count

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ ISIS -2 - MCAST_ADD Format: Failed to add L%d multicast address

説明 インターフェイス上の適切なマルチキャスト グループに加入できませんでした。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

ISIS-3

エラー メッセージ ISIS-3-AVL_LOOKUP Format: Cant locate CSNP fragment for %s'

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ISIS-3-WEIRD_CACHE Format: Inconsistent cache %x %s %s

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ISIS-3-SELF_LSP_CLEANUP Format: Cleanup L%d LSP %s with non-null TLV list

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ISIS-3-NO_HELPER_IIB Format: No helper iib for %s

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ISIS-3-LSP_REFRESH Format: Refresh non-self-originated level-%d LSP %s

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ISIS-3-NOTIFY_THREAD Format: Failed to notify %s thread - Reschedule

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ISIS-3-MTS_RECV Format: Error returned from mts_recv(), errno: %s

説明 ISIS が MTS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ ISIS-3-MTS_DROP Format: Error returned from mts_drop(), errno: %s

説明 ISIS が MTS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ ISIS-3-UNK_MTS_OPC Format: %s thread - Unrecognized MTS opcode %d

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ISIS-3-UNK_MSG_MAJOR Format: %s thread - Unrecognized message major type %d

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ISIS-3-UNK_MSG_MINOR Format: Unrecognized %s message minor type %d

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ISIS-3-UNK_LSP_TIMER Format: Unrecognized LSP timer type %d for level-%d LSP %s

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ISIS-3-UNK_DEB_FLAG Format: Ignore unrecognized debug flag %s'

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ISIS-3-UNK_IP_NOTIF Format: Unrecognized IP address change notification type %lu

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ISIS -3 - SPF_ADJ_DEL Format: Deleting SPF adj with refcount %lu

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ISIS -3 - NH_DEL Format: Cleanup L%d route %s/%d has %s next hop

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ISIS-3-MBUF_COPY Format: Error 0x%08x copy %hu bytes packet from %s%s

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ISIS-3-MCAST_DEL Format: Failed to remove L%d multicast address

説明 インターフェイス上の適切なマルチキャスト グループから脱退できませんでした。

推奨処置 稼働を続けます。特に対処は不要です。

エラー メッセージ ISIS-3-PIB_UP Format: Failed to bring up protocol

説明 想定外の処理可能なイベントが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ISIS-3-RPM_CALLBACK Format: RPM Callback handle and/or user data missing

説明 RPM キーチェーン情報を取得しようとしてエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

ISIS-4

エラー メッセージ ISIS-4-LSPFULL Format: L%d %s LSP space is full

説明 ルーティング情報を格納するスペースがルータ LSP に残っていません。

推奨処置 より少ない情報をルータ LSP に配信するように IS-IS を設定します。

エラー メッセージ ISIS-4-SEQWRAP Format: Sequence number wraparound event detected

説明 IS-IS が、LSP のシーケンス番号の一巡を検出しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ISIS-4-PROC_NO_MEM Format: No memory event, shutting down process

説明 利用可能なメモリがなかったため割り当てができませんでした。IS-IS はシャットダウンし、ユーザが再起動するのを待機します。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ ISIS-4-NO_MEM Format: No memory event detected.

説明 フリー メモリから割り当てようとしてエラーになりました。

推奨処置 メモリの不足です。ルータにメモリを追加します。

エラー メッセージ ISIS-4-LSPFULL_FORCED_DROP Format: L%d %s LSP is full, removed lower priority TLVs to make room for type%d TLV

説明 重要なルーティング情報を格納するスペースがルータ LSP に残っていません。スペースを確保するために低いプライオリティの情報(再配布されるプレフィクスなど)はドロップされます。

推奨処置 より少ない情報をルータ LSP に配信するように IS-IS を設定します。

エラー メッセージ ISIS-4-LSPFULL_FAILED_DROP Format: L%d %s LSP is full and couldnt remove lowerp riority TLVs to make room for type %d TLV'

説明 ルーティング情報を格納するスペースがルータ LSP に残っておらず、低いプライオリティの情報をドロップしようとしてエラーになりました。

推奨処置 より少ない情報をルータ LSP に配信するように IS-IS を設定します。

エラー メッセージ ISIS -4 - NO_CID Format: Cannot allocate CID for %s

説明 255 を超えるブロードキャスト インターフェイス上で IS-IS がイネーブルになり、プロトコルの必須制限値を超えました。255 を超えてイネーブルになっているインターフェイスは、合計数が 255 を下回るまで内部的に無視されます。

推奨処置 1 つまたは複数のブロードキャスト インターフェイスで IS-IS をディセーブルにするか、インターフェイスをポイントツーポイント モードに変換します。

エラー メッセージ ISIS-4-ADJ_ADVT Format: Failed to advertise level %d adjacency %s

説明 IS-IS が、表示されている隣接にアドバタイズできませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ISIS-4-LAN_DUP_SYSID Format: L%d LAN IIH - Duplicate system ID %s detected over %s from %s

説明 IS-IS が、表示されている LAN 上で、ローカル システム ID を再使用している別のシステムを検出しました。

推奨処置 ローカル ルータまたはリモート ルータのどちらかを異なるシステム ID に設定します。

エラー メッセージ ISIS-4-P2P_DUP_SYSID Format: P2P IIH - Duplicate system ID %s detected over %s

説明 IS-IS が、表示されているポイントツーポイント上で、ローカル システム ID を再使用している別のシステムを検出しました。

推奨処置 ローカル ルータまたはリモート ルータのどちらかを異なるシステム ID に設定します。

エラー メッセージ ISIS-4-LSP_DUP_SYSID Format: L%d LSP - Possible duplicate system ID %s detected

説明 IS-IS が、ローカル システム ID を再使用している直接接続でない別のシステムを検出しました。

推奨処置 ローカル ルータまたはリモート ルータのどちらかを異なるシステム ID に設定します。

エラー メッセージ ISIS-4-ADD_UNK_NH_ADDR Format: Attempt to add for L%d %s/%d on %s with unknown (zero) NH address

パラメータ:レベル、アドレス プレフィクス、マスク、インターフェイス名

説明 IS-IS は、異なるアドレス ファミリがイネーブルになっている同レベルのルータを 1 つまたは複数検出しました。

推奨処置 同レベルのすべての IS-IS ルータを、同じアドレス ファミリがイネーブルになるように設定します。

エラー メッセージ ISIS-4-ILLEGAL_PREFIX Format: Ignore internal L%d route %s/%d with external metric from %s

説明 IS-IS は、ネットワーク内のルータによる外部メトリックでアドバタイズされた内部ルートを検出しました。これは不正な組み合わせです。

推奨処置 表示されているルータを、誤った情報を発信しないように設定するか、誤った情報を発信しないバージョンのソフトウェアにアップデートします。

ISIS-5

エラー メッセージ ISIS -5 - PROC_SEQWRAP Format: Handle sequence number wraparound - disabling process for %d secs

説明 LSP シーケンス番号が一巡し、プロセスは適切な時間ディセーブルにされます。

推奨処置 特に対処は不要です。

ISIS-6

エラー メッセージ ISIS-6-START Format: Process start. Reason - %s

説明 ISIS プロセスが表示されている理由で起動します。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ISIS-6-STOP Format: Process stop. Reason - %s

説明 ISIS プロセスが表示されている理由で停止します。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ISIS-6-SEQWRAP_HOLDDOWN Format: Sequence number wraparound holddown timer expired - enable process

説明 LSP シーケンス番号が一巡したあと適切な時間が経過したので、IS-IS が通常動作を再開できます。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ISIS-6-ADJCHANGE Format: %s adj L%s %s over %s - %s

説明 表示されている隣接のステートが変化しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ISIS-6-SYSMAN_CLEANUP Format: Terminated by SYSMAN cleanup signal

説明 IS-IS が終了するように通知されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ISIS-6-SHUTDOWN_FAILURE Format: Shutdown failure. Failed to %s - %s

説明 IS-IS がシステム マネージャに要求したシャットダウン許可は同意されませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ISIS-6-UNK_PDU Format: Unrecognized PDU type %d from %s%s

説明 IS-IS が、認識できないパケット タイプを受信しました。このパケットはドロップされます。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ISIS-6-JUMBO_PDU Format: Drop %hu bytes jumbo PDU with %hu bytes buffer from %s%s

説明 IS-IS が、サポートする最大サイズを超えたパケットを受信しました。このパケットはドロップされます。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ ISIS-6-UNK_NLPID Format: Unrecognized NLP ID %02X from %s%s

説明 IS-IS が、認識できない NLPID のパケットを受信しました。このパケットはドロップされます。

推奨処置 特に対処は不要です。

KSINK メッセージ

ここでは、KSINK メッセージについて説明します。

KSINK-3

エラー メッセージ KSINK-3-HA_INVALID_INDEX Format: HA %s sync message received for unknown PSS index %d

説明 アクティブ SUP から受信した HA 同期メッセージが参照している PSS インデックスは無効です。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ KSINK-3-MTS Format: Error returned from %s, errno: 0x%08x (%s) in %s()

説明 ksink が MTS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ KSINK-3-PSS_UPDATE Format: PSS update failed, %s

説明 PSS API からエラーが返されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ KSINK-3-PSS_DELETE Format: PSS delete failed, %s

説明 PSS API からエラーが返されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ KSINK-3-PSS_SNAPSHOT Format: PSS snapshot failed for %s, %s

説明 PSS API からエラーが返されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ KSINK-3-PSS_HA Format: %s, %s

説明 PSS API からエラーが返されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ KSINK-3-PSS_OPEN Format: Could not open PSS file %s, %s

説明 PSS API からエラーが返されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ KSINK-3-PSS_CLOSE Format: Could not close PSS file, %s

説明 PSS API からエラーが返されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ KSINK-3-PSS_DESTROY Format: Could not destroy PSS file %s, %s

説明 PSS API からエラーが返されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ KSINK-3PSS_CREATE Format: Could not create PSS file %s, %s

説明 PSS API からエラーが返されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ KSINK-3-PSS_GETPARAM Format: Could not retrieve PSS paramaeters, %s

説明 PSS API からエラーが返されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ KSINK-3-PSS_SET_DBSIZE Format: Could not set database size %d for PSS file %s, %s

説明 PSS API からエラーが返されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ KSINK-3-TBUCKET Format: current time: %f , last update: %f

説明 タイムスタンプ API からエラーが返されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ KSINK-3-BUF_POOL Format: Pool 0x%p: double free of 0x%p attempted

説明 バッファ プールの二重開放です。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ KSINK-3-MEM_LOCK Format: mlockall failed, error %s

説明 mmap API からエラーが返されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ KSINK-3-RANDOM_SEED Format: Failed to set random seed

説明 random seed API からエラーが返されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ KSINK-3-MEM_ALLOC Format: Malloc Failure in %s[%d] for size %d

説明 メモリを割り当てることができませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ KSINK-3-RRM Format: Error returned from %s, errno: 0x%08x (%s) in %s()

説明 ksink がリソース マネージャ API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ KSINK-3-API_FAILED Format: %s - failed in %s()

説明 ksink が API を呼び出しましたが、エラーになりました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ KSINK-3-INVALID_ARG Format: invalid arguments - %s - in %s()

パラメータ:無効な引数、ksink 関数

説明 ksink 関数で無効な引数が渡されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

KSINK-6

エラー メッセージ KSINK-6-HA_UNINITIALIZED Format: ksink HA library not initialized, %s invoked

説明 サービスが独自のハイ アベイラビリティ スイッチオーバー コールバックを提供する必要があります。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ KSINK-6-HA_SYNC Format: HA sync to standby failed, %s

説明 スタンバイに対する HA 同期メッセージでエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ KSINK-6-HA_SEQNO_SYNC Format: HA sequence number sync to standby failed, %s

説明 スタンバイに対する HA シーケンス番号同期でエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ KSINK-6-MTS_UNK_OPC Format: Received unknown MTS message on %s queue with opcode %d

説明 URIB が、不明なメッセージを受信しました。メッセージはドロップされます。

推奨処置 特に対処は不要です。

L2FM メッセージ

ここでは、L2FM メッセージについて説明します。

L2FM-0

エラー メッセージ L2FM-0-CLI_INITIALIZATION_FAILED: CLI library initialization failed.

説明 CLI インフラストラクチャ\xd5 バックエンド ライブラリを初期化できませんでした。重大エラーです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2FM-0-MTS_SEND_FAILED: Failed to send MTS message.

説明 MTS メッセージを送信できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2FM-0-VDC_GWMAC_GET_FAILED: Failed to get gwmac for VDC.

説明 VDC の gwmac を取得できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2FM-0-WRITE_TO_PSS_FAILED_IN_PREVIOUS_INCARNATION: PSS Write Failed in pervious incarnation. Stateful restart not possible.

説明 以前の形式で PSS 書き込みができませんでした。ステートフル再起動はできません。

推奨処置 対処不要です。

L2FM-1

エラー メッセージ L2FM-1-WRITE_TO_PSS_FAILED: Failed to write to PSS.

説明 PSS 書き込みができませんでした。

推奨処置 対処不要です。

L2FM-2

エラー メッセージ L2FM-2-AGING_TIME_SET_FAILED: Failed to set age time.

説明 エージング タイムを設定できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2FM-2-SMAC_INS_FAILED: Failed to insert static mac for VLAN:[dec] MAC:[chars] IfIndex:[hex].

説明 VLAN、MAC、IfIndex のスタティック mac を挿入できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

L2FMC-SLOT# メッセージ

ここでは、L2FMC-SLOT# メッセージについて説明します。

L2FMC-SLOT#-0

エラー メッセージ L2FMC-SLOT#-0-CLI_INIT_FAILED: CLI library initialization failed.

説明 L2FMC が CLI インフラストラクチャ\xd5 バックエンド ライブラリを初期化できませんでした。重大エラーです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2FMC-SLOT#-0-TIMER_INIT_FAILED: Timer subsystem initialization failed.

説明 L2FMC がタイマー ライブラリを初期化できませんでした。重大エラーです。

推奨処置 対処不要です。

L2FMC-SLOT#-2

エラー メッセージ L2FMC-SLOT#-2-L2FMC_MEM_ALLOC: Memory allocation failed. [chars].

説明 メモリ割り当てがエラーになりました。これはクリティカルなエラーです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2FMC-SLOT#-2-VLAN_NOT_FOUND: VLAN [dec] not found in L2FMC database.

説明 L2FMC が自身のデータベースに VLAN を見つけることができませんでした。VLAN 上の L2FMC 学習とエージングが影響を受ける可能性があります。

推奨処置 対処不要です。

L2FMC-SLOT#-5

エラー メッセージ L2FMC-SLOT#-5-GLBL_AGE_CONFIG_FAIL: Global age value configuration to [dec] seconds failed.

説明 L2FMC がグローバル デフォルト エージングの秒数を設定できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2FMC-SLOT#-5-VLAN_AGE_CONFIG_FAIL: VLAN Age configuration to [dec] seconds failed.

説明 L2FMC が VLAN のエージングの秒数を設定できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

L2FMC-SLOT#-6

エラー メッセージ L2FMC-SLOT#-6-GLBL_AGE_CONFIGURED: Global age value configured to [dec] seconds.

説明 L2FMC がグローバル デフォルト エージングの秒数を正常に設定しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2FMC-SLOT#-6-INITIALIZED: Internal state created [chars].

説明 L2FMC が自身の内部ステート(ステートレス/ステートフル)を作成しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2FMC-SLOT#-6-VDC_CREATED: VDC [dec] created.

説明 DVC を L2FMC に作成する要求が成功しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2FMC-SLOT#-6-VDC_REMOVED: VDC [dec] Removed.

説明 L2FMC が VDC を自身のデータベースから正常に削除しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2FMC-SLOT#-6-VDC_VLAN_CREATED: VLAN [dec] created.

説明 L2FMC が VLAN を追加しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2FMC-SLOT#-6-VDC_VLAN_REMOVED: VLAN [dec] removed from VDC [dec].

説明 L2FMC が VLAN を VDC から正常に削除しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2FMC-SLOT#-6-VLAN_AGE_CONFIGURED: Age configured for VLAN to seconds.

説明 L2FMC が VLAN のエージングの秒数を正常に設定しました。

推奨処置 対処不要です。

L2MCAST-SLOT# メッセージ

ここでは、L2MCAST-SLOT# メッセージについて説明します。

L2MCAST-SLOT#-0

エラー メッセージ L2MCAST-SLOT#-0-CLI_INIT_FAILED: CLI library initialization failed.

説明 L2MCAST が CLI インフラストラクチャ\xd5 バックエンド ライブラリを初期化できませんでした。重大エラーです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2MCAST-SLOT#-0-TIMER_INIT_FAILED: Timer subsystem initialization failed.

説明 L2MCAST がタイマー ライブラリを初期化できませんでした。重大エラーです。

推奨処置 対処不要です。

L2MCAST-SLOT#-2

エラー メッセージ L2MCAST-SLOT#-2-HW_INSTALL_FAIL: Hw install failed for VLAN [dec] ([dec], [chars], [chars]) entry.

説明 L2MCAST が bd、g、s エントリをハードウェアに挿入できませんでした。IGMP スヌーピングは、このグループおよびソースの VLAN に効果がない可能性があります。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2MCAST-SLOT#-2-L2MCAST: Memory allocation failed. [chars].

説明 メモリ割り当てがエラーになりました。これはクリティカルなエラーです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2MCAST-SLOT#-2-VLAN_NOT_FOUND: VLAN not found in L2MCAST database.

説明 L2MCAST が自身のデータベースに VLAN を見つけることができませんでした。VLAN 上の L2 MAC 学習とエージングが影響を受ける可能性があります。

推奨処置 対処不要です。

L2MCAST-SLOT#-6

エラー メッセージ L2MCAST-SLOT#-6-INITIALIZED: Internal state created [chars].

説明 L2MCAST が自身の内部ステート(ステートレス/ステートフル)を作成しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2MCAST-SLOT#-6-VDC_CREATED: VDC created.

説明 DVC を L2MCAST に作成する要求が成功しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2MCAST-SLOT#-6-VDC_REMOVED: VDC [dec] Removed.

説明 L2MCAST が VDC を自身のデータベースから正常に削除しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2MCAST-SLOT#-6-VDC_VLAN_CREATED: VLAN [dec] created.

説明 L2MCAST が VLAN を追加しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2MCAST-SLOT#-6-VDC_VLAN_REMOVED: VLAN [dec] removed from VDC [dec].

説明 L2MCAST が VLAN を VDC から正常に削除しました。

推奨処置 対処不要です。

L2NAC メッセージ

ここでは、L2NAC メッセージについて説明します。

L2NAC-2

エラー メッセージ L2NAC-2-PBACL_APPLICATION_FAILURE: [chars] of host [chars] to/from pbacl group [chars] failed. Error : [chars].

説明 pbacl グループに対するホストの追加または削除ができませんでした。

推奨処置 CLI show object-group を使用して、ホストが追加または削除されていることを確認してください。エラーになったのが削除要求の場合は、グループから手動でホストを削除することを推奨します。

L2NAC-5

エラー メッセージ L2NAC-5-L2NAC_DISABLED: L2NAC Disabled.

説明 L2NAC サービスがディセーブルです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2NAC-5-L2NAC_ENABLED: L2NAC Enabled.

説明 L2NAC サービスがイネーブルです。

推奨処置 対処不要です。

L2NAC-6

エラー メッセージ L2NAC-6-AAA_DOWN: Default Policy ip: [chars]:retained.

説明 ポリシーが保持されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2NAC-6-AUTHTYPE: Authtype: ip: [chars] Authtype:[chars].

説明 認証タイプです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2NAC-6-BAD_PKT: Bad Packet: ip: [chars] Why: [chars].

説明 表示されている理由による不良パケットです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2NAC-6-CTA: CTA: ip: [chars] status(detected/not detected): [chars].

説明 CTA が検出されました(または未検出でした)。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2NAC-6-IDENTITY_MATCH: Identity Match: ip: [chars] Policy: [chars].

説明 ID が一致しました(または不一致でした)。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2NAC-6-PBACL_APPLICATION_STATUS: [chars] of host [chars] to/from pbacl group [chars] succeeded.

説明 pbacl グループに対するホストの追加または削除のステータスです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2NAC-6-POLICY: Policy on ip: [chars]: HOSTNAME: UNKNOWN USER.

説明 ポリシーが適用されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2NAC-6-POSTURE: Posture:ip: [chars] Status: [chars], Interface: [chars].

説明 ホストのポスチャです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2NAC-6-SESSION: Session ip: [chars] Action:[chars] , Interface: [chars].

説明 セッションが検出されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2NAC-6-SOCKET: Service eou on port: [dec].

説明 上記ポートを使用する eou です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2NAC-6-SQ_EAP_MSG: Status Query: ip: [chars] status: [chars].

説明 ステータス クエリーの状態です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2NAC-6-UNKN_EVENT_ERR: Unknow Event Err: ip: [chars] Message: [chars].

説明 不明なイベントが原因のエラーです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2NAC-6-VERSION_MISMATCH: Eou version mismatch ip: [chars] and version [dec].

説明 eou バージョンのミスマッチです。

推奨処置 対処不要です。

L2NAC-7

エラー メッセージ L2NAC-7-EOU_DISABLED_INTF: eou disabled on interface [dec].

説明 インターフェイス上の eou サービスがディセーブルです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ L2NAC-7-EOU_ENABLED_INTF: eou enabled on interface [dec].

説明 インターフェイス上の eou サービスがイネーブルです。

推奨処置 対処不要です。

L3VM メッセージ

ここでは、L3VM メッセージについて説明します。

L3VM-2

エラー メッセージ L3VM-2-STARTUP_FAILURE Format: Startup failure: failed to %s in %s()

説明 l3vm 起動中に、回復不能なソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ L3VM-2-TIB_ID_RAVL Format: %s failed with table id 0x%08x in %s()

説明 L3vm が AVL API を呼び出しましたが、エラーになりました。

推奨処置 特に対処は不要です。

L3VM-3

エラー メッセージ L3VM-3-NOMEM Format: Failed to allocate %s in %s()

説明 L3VM のメモリが不足しました。これは、一般的なネットワークまたはルータの誤設定が原因となっている場合と、ルータに十分なメモリが搭載されていない場合が考えられます。

推奨処置 スタックをリロードします。

エラー メッセージ L3VM -3 - API_FAILED Format: %s - failed in %s()

説明 L3vm が API を呼び出しましたが、エラーになりました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ L3VM-3-PSS Format: Error returned from %s, errno: 0x%08x (%s) in %s()

説明 L3VM が PSS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ L3VM-3-SDB Format: Error returned from %s, errno: 0x%08x (%s) in %s()

説明 L3VM が SDB API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ L3VM-3-IM Format: Error returned from %s, errno: 0x%08x (%s) in %s()

説明 L3VM が IM API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ L3VM-3-MTS Format: Error returned from %s, errno: 0x%08x (%s) in %s()

説明 L3VM が MTS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ L3VM-3-RRM Format: Error returned from %s, errno: 0x%08x (%s) in %s()

説明 L3VM がリソース マネージャ API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ L3VM-3-INVALID_ARG Format: invalid arguments - %s - in %s()

説明 l3vm 関数で無効な引数が渡されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ L3VM-3-CONTEXT Format: Cannot find %s context in %s()

説明 システムに所定のコンテキストが見つかりません。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ L3VM-3-ASSERT_ERROR Format: %s:%d: Assertion %sfailed.

説明 アサートでエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ L3VM-3-PENDING_SDB_WRITE Format: SDB write operation is pending for %s in %s()

説明 L3VM が、保留になっている sdb 操作が 1 つあることを検出しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ L3VM-3-LIBAPI_FAILED Format: %s - failed in %s()

説明 L3vm が API を呼び出しましたが、エラーになりました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ L3VM-3-SDB_OPEN Format: Error opening %s, errno: 0x%08x (%s) in %s()

説明 L3VM が sdb_open を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ L3VM-3-SDB_READ Format: Error reading %s, errno: 0x%08x (%s) in %s()

説明 L3VM が sdb_read を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ L3VM-3-VDC Format: Error returned from %s in %s()

説明 L3VM が VDC API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ L3VM-3-SYSMGR Format: Error returned from %s, errno: 0x%08x (%s) in %s()

説明 L3VM がシステム マネージャ API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

L3VM-4

エラー メッセージ L3VM-4-STATE_MISMATCH Format: state mismatch - %s - in %s()

説明 L3VM が想定外の状態にありました。

推奨処置 特に対処は不要です。

L3VM-5

エラー メッセージ L3VM-5-UNK_MTS_EVENT Format: Unrecognized MTS event for opcode %d in %s()

説明 L3vm が MTS メッセージで想定外のイベントを受信しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ L3VM-5-UNK_MTS_OPC Format: Unrecognized MTS opcode %d in %s()

説明 L3vm が想定外の MTS メッセージ opcode を受信しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ L3VM-5-UNK_MSG_MINOR Format: Unrecognized message minor type %d in %s()

説明 L3vm が認識できない MTS メッセージ形式を受信しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

L3VM-6

エラー メッセージ L3VM-6-RESTART_SHUTDOWN Format: L3VM shutting self down via restart command in %s()

説明 L3VM プロセス自体をシャットダウンしています。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ L3VM-6-UNKNOWN_SDB_CTX Format: L3VM received unknown gsdb context 0x%08x in %s()

説明 L3VM プロセスが、グローバル データベースへの不明な操作に対する ack を受信しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

LACP メッセージ

ここでは、LACP メッセージについて説明します。

LACP-3

エラー メッセージ LACP-3-GENERAL_ERROR: [chars].

説明 一般エラーです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ LACP-3-PACKET_TRANSMIT_ERR: [chars]: Could not send LACP packet err=[dec].

説明 LACP パケットを送信する際にエラーがありました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ LACP-3-SYSTEM_MAC_ERR: [chars]: Could not get system mac[[chars]].

説明 VDC マネージャからシステム mac を取得する際にエラーがありました。

推奨処置 対処不要です。

LACP-5

エラー メッセージ LACP-5-LACP_DISABLED: LACP Disabled.

説明 LACP サービスがディセーブルです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ LACP-5-LACP_ENABLED: LACP Enabled.

説明 LACP サービスがイネーブルです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ LACP-5-PORT_PRIORITY_CHANGED: [chars]: LACP port priority changed from [dec] to [dec].

説明 LACP ポート プライオリティが変更されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ LACP-5-SYSTEM_PRIORITY_CHANGED: LACP system priority changed from [hex] to [hex].

説明 LACP システム プライオリティが変更されました。

推奨処置 対処不要です。

LC-FCFWD メッセージ

ここでは、LC-FCFWD メッセージについて説明します。

LC-FCFWD-3

エラー メッセージ LC-FCFWD-3-ERROR: [chars].

説明 Lc_fcfwd でエラーが発生しました。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

LC-SPAN メッセージ

ここでは、LC-SPAN メッセージについて説明します。

LC-SPAN-3

エラー メッセージ LC-SPAN-3-ERROR: [chars].

説明 Lc_span_mgr でエラーが発生しました。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

LC_CFG メッセージ

ここでは LC_CFG メッセージについて説明します。

LC_CFG-SLOT#-2

エラー メッセージ LC_CFG-SLOT#-2-LC2_CPU_ERRORS: [chars], Total IC [dec],DC [dec],Tag [dec],MBit [dec],SBit [dec],I30 [dec].

説明 LC CPU キャッシュ エラーです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ LC_CFG-SLOT#-2-LC_CFG_ABORT: registration aborted with code [dec].

説明 lc_cfg_mgr プロセスが登録を打ち切りました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ LC_CFG-SLOT#-2-LC_CFG_EXITED: exited with code [dec].

説明 lc_cfg_mgr プロセスが終了します。

推奨処置 対処不要です。

LC_PORT_CHANNEL-SLOT# メッセージ

ここでは、LC_PORT_CHANNEL メッセージについて説明します。

LC_PORT_CHANNEL-SLOT#-0

エラー メッセージ LC_PORT_CHANNEL-SLOT#-0-HW_FAILURE: fatal error in configureing [chars]: [chars].

説明 ポート チャネル設定に重大なハードウェア エラーがあります。

推奨処置 モジュールをリセットします。

エラー メッセージ LC_PORT_CHANNEL-SLOT#-0-IDX_FULL: D_IDX table full (current [dec], new [dec], total [dec]).

説明 ポート チャネル設定にプログラミング エラーがあります。

推奨処置 モジュールをリセットします。

LC_PORT_CHANNEL-SLOT#-3

エラー メッセージ LC_PORT_CHANNEL-SLOT#-3-LC_PORT_CHANNEL_ERROR: [chars].

説明 一般エラーです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ LC_PORT_CHANNEL-SLOT#-3-LC_PORT_CHANNEL_IDXMAP_FAILURE: could not lookup port index for interface [chars].

説明 ポート インデックスを調べられませんでした。

推奨処置 対処不要です。

LC_PORT_MGR メッセージ

ここでは、LC_PORT_MGR メッセージについて説明します。

LC_PORT_MGR-SLOT#-2

エラー メッセージ LC_PORT_MGR-SLOT#-2-LC_MTS_ERROR: An MTS error has occurred in ([chars]) with the following conditions: opc=[dec] ssap=[hex] dsap=[hex] syserr=[hex].

説明 2 つのアプリケーション間におけるメッセージ通信のソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

LICMGR メッセージ

ここでは、LICMGR メッセージについて説明します。

LICMGR-2

エラー メッセージ LICMGR-2-LOG_LIC_EXIT: License manager exiting: [chars].

説明 ライセンス マネージャが終了します。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

エラー メッセージ LICMGR-2-LOG_LIC_GRACE_EXPIRED: Grace period expired for feature [chars].

説明 未ライセンス機能の猶予期間が経過しました。使用しているアプリケーションはただちにシャットダウンされます。

推奨処置 この機能を継続して使用できるよう、ライセンス ファイルをインストールしてください。

エラー メッセージ LICMGR-2-LOG_LIC_INVALID_SERVER_LINE: License file [chars] contains invalid "SERVER" line. Contact TAC.

説明 ライセンス ファイル内の SERVER 行が無効です。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

エラー メッセージ LICMGR-2-LOG_LIC_NVRAM_DISABLED: Licensing NVRAM is not available. Grace period will be disabled: [chars].

説明 スーパーバイザ NVRAM ブロックのハードウェア上の問題が想定され、交換が必要になる可能性があります。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

エラー メッセージ LICMGR-2-LOG_LIC_VENDOR_DOWN: License file contains invalid "SERVER" line. Vendor daemon down.

説明 ベンダーのデーモンがダウンしています。

推奨処置 ライセンスが必要です。

LICMGR-3

エラー メッセージ LICMGR-3-LOG_LIC_FILE_MISSING: License file(s) missing for feature [chars].

説明 機能に対応するライセンス ファイルが 1 つ以上欠落しています。再インストールが必要です。

推奨処置 この機能を継続して使用できるよう、ライセンス ファイルをインストールしてください。

エラー メッセージ LICMGR-3-LOG_LIC_INVALID_HOSTID: Invalid license hostid VDH=[chars] for feature [chars].

説明 機能は、無効なライセンス hostid VHD のライセンスを保有しています。これは、あるスイッチにライセンス供与された機能を持つスーパーバイザ カードが、別のスイッチにインストールされた場合に発生します。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ LICMGR-3-LOG_LIC_LICENSE_EXPIRED: Evaluation license expired for feature [chars].

説明 表示されている機能の評価期間を超えました。このライセンスを使用しているアプリケーションは、猶予期間後にシャットダウンされます。

推奨処置 この機能を継続して使用できるよう、ライセンス ファイルをインストールしてください。

エラー メッセージ LICMGR-3-LOG_LIC_MESSAGE_ERROR: could not handle message: [chars] of type [dec] from addr [dec]:[dec].

説明 sap のノードで稼働するコンポーネントにより送信された IPC メッセージ タイプを処理できませんでした。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

エラー メッセージ LICMGR-3-LOG_LIC_NO_LIC: No license(s) present for feature [chars]. Application(s) shutdown in [dec] days.

説明 機能はライセンス供与されていません。この機能は猶予日数の間動作し、それが経過するとこの機能を使用しているアプリケーションはシャットダウンされます。

推奨処置 この機能を継続して使用できるよう、ライセンス ファイルをインストールしてください。

エラー メッセージ LICMGR-3-LOG_LIC_SERVER_DOWN: License Server Down [dec].

説明 ライセンス サーバとの接続が失われました。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

エラー メッセージ LICMGR-3-LOG_LIC_SPROM_LIC: Feature [chars] issued [dec] licenses without a valid license file.

説明 有効なライセンス ファイルがないまま、機能はライセンス供与されました。これは、機能に対応するライセンス ファイルが 1 つ以上欠落していることを意味します。再インストールが必要です。

推奨処置 この機能を継続して使用できるよう、ライセンス ファイルをインストールしてください。

エラー メッセージ LICMGR-3-LOG_LIC_TOO_MANY_LIC: Only [dec] licenses are supported for [chars] feature, where as [dec] licenses are installed.

説明 許容数を上回るライセンスがインストールされています。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

エラー メッセージ LICMGR-3-LOG_LICAPP_NO_LIC: Application [chars] running without [chars] license, shutdown in [dec] days.

説明 アプリケーションはライセンス供与されていません。アプリケーションは猶予日数の間は動作しますが、機能のライセンス ファイルをインストールしないかぎり、その日数を過ぎるとシャットダウンされます。

推奨処置 この機能を継続して使用できるよう、ライセンス ファイルをインストールしてください。

LICMGR-4

エラー メッセージ LICMGR-4-LOG_LIC_LICENSE_EXPIRY_WARNING: Evaluation license for feature [chars] will expire in [dec] days.

説明 機能は表示日数後に評価期間が終了し、シャットダウンされます。

推奨処置 この機能を継続して使用できるよう、ライセンス ファイルをインストールしてください。

エラー メッセージ LICMGR-4-LOG_LICAPP_EXPIRY_WARNING: Application [chars] evaluation license [chars] expiry in [dec] days.

説明 アプリケーションの評価期間が表示日数で超過します。この機能の永久ライセンスをインストールしないと、猶予期間後にアプリケーションはシャットダウンされます。

推奨処置 この機能を継続して使用できるよう、ライセンス ファイルをインストールしてください。

LICMGR-6

エラー メッセージ LICMGR-6-LOG_LIC_FEATURE_CLEARED: Cleared [dec] license(s) for feature [chars].

説明 機能に対応するライセンスがアンインストールされました。

推奨処置 show license usage コマンドを使用して、このライセンス機能が削除されていることを確認します。

エラー メッセージ LICMGR-6-LOG_LIC_FEATURE_INSTALLED: Installed [dec] license(s) for feature [chars].

説明 機能に対応するライセンスがインストールされました。

推奨処置 show license usage コマンドを使用して、このライセンス機能がインストールされていることを確認します。

エラー メッセージ LICMGR-6-LOG_LIC_LICENSE_CLEARED: Cleared license file [chars].

説明 表示されているライセンス ファイルがアンインストールされました。

推奨処置 show license usage コマンドを使用して、このライセンスが削除されていることを確認します。

エラー メッセージ LICMGR-6-LOG_LIC_LICENSE_CLEARED_ALL: Cleared all licenses.

説明 すべてのライセンス ファイルが削除されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ LICMGR-6-LOG_LIC_LICENSE_INSTALLED: Installed license file [chars].

説明 表示されているライセンス ファイルがインストールされました。

推奨処置 show license usage コマンドを使用して、このライセンスがインストールされていることを確認します。

MAC-SLOT# メッセージ

ここでは、MAC メッセージについて説明します。

MAC-SLOT#-2

エラー メッセージ MAC-SLOT#-2-MAC_INFO: [chars].

説明 MAC 通知メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

MCAST メッセージ

ここでは、MCAST メッセージについて説明します。

MCAST-2

エラー メッセージ MCAST-2-SHUTDOWN: Process shutting down: [chars].

説明 Mcast はシャットダウンします。

推奨処置 状況によって対処が異なります。システムの再起動が原因(この場合、対処不要)またはエラーが原因の場合、マルチキャスト プロセスはスムーズにシャットダウンできます。シャットダウンの理由については、Syslog に関連するメッセージからわかるはずです。プロセスを正しく再起動できる場合は、システムの安定性に直接悪影響はありません。システム上で最後に実行した操作の説明とともに、Syslog イベントを報告することを推奨します。

MCAST-4

エラー メッセージ MCAST-4-ERROR: [chars].

説明 Mcast で一般エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

MCAST-5

エラー メッセージ MCAST-5-BAD_MSG: Received bad message: [chars].

説明 Mcast が、形式の崩れたメッセージまたは認識できないメッセージを受信しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ MCAST-5-START: Process has been started.

説明 Mcast が起動されました。

推奨処置 対処不要です。

M6RIB メッセージ

ここでは、M6RIB メッセージについて説明します。

M6RIB-3

エラー メッセージ M6RIB-3-NO_SET_PRIORITY Format: Failed to set policy or priority

説明 M6RIB プロセスが自身のプロセス プライオリティを設定できませんでした。終了します。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ M6RIB-3-INIT_SDB Format: %s Return Code: 0x%x Error String: %s

パラメータ:メッセージ リターン コード、エラー文字列

説明 SDB を初期化できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ M6RIB-3-OPCODE_REGISTER Format: %s opcode: 0x%x ErrorString: %s

パラメータ:メッセージ リターン コード、エラー文字列

説明 Opcdoe 登録ができませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ M6RIB-3-UNKNOWN_U6RIB Format: Received unknown U6RIB message type: %d

説明 M6RIB プロセスが U6RIB から不明なメッセージを受信し、ドロップしました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ M6RIB-3-UNKNOWN_MFDM_OPC Format: m6rib_mfdm_main(): reeceived unknown opcode %d

説明 M6RIB プロセスが MFDM から不明なプロセス間メッセージを受信し、ドロップしました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ M6RIB-3-UNKNOWN_M6RIB_MINOR Format: m6rib_main(): unknown minor mtype: %d

説明 M6RIB プロセスが不明なプロセス間メッセージを受信し、ドロップしました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ M6RIB-3-UNKNOWN_M6RIB_MAJOR Format: m6rib_main(): unknown major mtype: %d

説明 M6RIB プロセスが不明なプロセス間メッセージを受信し、ドロップしました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ M6RIB-3-MALLOC_FAILED Format: %s failed for %s

説明 M6RIB プロセスのフリー メモリが不足しています。

推奨処置 ネットワークまたはルータを設定してルート数を減らします。

エラー メッセージ M6RIB-3-BITFIELD_FAILED Format: %s failed in %s

説明 M6RIB プロセスが bitfield 操作を実行できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、スタックをリロードします。

エラー メッセージ M6RIB-3-NO_MPIB Format: Unable to get mpib index in m6rib_register_internal()

説明 PIB インデックスが不足したため、M6RIB プロセスはプロトコルを登録できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、スタックをリロードします。

エラー メッセージ M6RIB-3-NO_TIMER Format: Could not create stale timer for %s'

説明 M6RIB プロセスが、このプロトコルのルートを失効させることができません。

推奨処置 コアをダンプしたあと、スタックをリロードします。

エラー メッセージ M6RIB-3-PT_FAILED Format: %s failed in %s

説明 M6RIB プロセスが、このイベントのルートテーブルをアップデートできませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、スタックをリロードします。

エラー メッセージ M6RIB-3-INHERIT_FAILED Format: m6rib_inherit_oifs(): bitfield is set but oif doesntexist'

説明 M6RIB プロセスが、(*,G) から (S,G) の OIF を継承する際にエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ M6RIB-3-NO_GROUP Format: Unable to create group entry for %s

説明 M6RIB プロセスが、自身のルートテーブルにルート エントリを作成できません。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ M6RIB-3-NO_SOURCE Format: Unable to create source entry for %s

説明 M6RIB プロセスが、自身のルートテーブルにルート エントリを作成できません。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ M6RIB-3-NO_FREE_SOURCE Format: Unable to free source entry for %s in m6rib_delete_route_internal()

説明 M6RIB プロセスがルートテーブル エントリを削除できません。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ M6RIB-3-NO_FREE_GROUP Format: Unable to free group entry for %s in m6rib_delete_route_internal()

説明 M6RIB プロセスがルートテーブル エントリを削除できません。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ M6RIB-3-MQ_FAILED Format: %s failed in %s, errno: %s, for %s

説明 M6RIB プロセスが message キューにアクセスできませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ M6RIB-3-MTS_FAILED Format: %s failed in %s, errno: %s, for %s

説明 M6RIB プロセスが mts キューにアクセスできませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ M6RIB-3-SM_FAILED Format: %s failed in %s, errno: %s

説明 M6RIB プロセスが、システム共有メモリ リソースにアクセスできませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ M6RIB-3-API_FAILED Format: %s failed

説明 M6RIB プロセスが API を起動する際にエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ M6RIB-3-RDLOCK_ASSERT Format: %s:%d: Assert, read-lock not acquired

説明 呼び出し側が、M6RIB 共有メモリの読み取りロックを取得できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ M6RIB-3-WRLOCK_ASSERT Format: %s:%d: Assert, write-lock not acquired

説明 呼び出し側が、M6RIB 共有メモリの書き込みロックを取得できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ M6RIB-3-DUP_REGISTER Format: m6rib_register(): duplicate register by %s'

説明 M6RIB プロセスに対する重複登録要求です。無視しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ M6RIB-3-FTM_NO_XID Format: Cannot find FTM buffer, xid: %d

説明 M6RIB が FTM メッセージのシーケンス番号を照合できません。無視しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ M6RIB -3 - MFDM_NO_BUF Format: Cannot find MFDM buffer from route-ack for context %s

説明 M6RIB プロセスが MFDM メッセージからのキューにルート バッファを見つけられません。無視しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ M6RIB-3-FTM_BAD_MINOR Format: Unknown FTM mtype: 0x%4x

説明 M6RIB プロセスが FTM から未サポートのメッセージ タイプを受信し、無視しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ M6RIB-3-FTM_BAD_METER Format: %s failed for meter %s in %s

説明 M6RIB プロセスがマルチキャスト メーターを設定できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ M6RIB-3-M6RIB_ALREADY_UP Format: m6rib already running, exiting

説明 別の M6RIB プロセスがすでに稼働しているため、このプロセスはシャットダウンします。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ M6RIB-3-TIMER_FAILED Format: could not %s

説明 M6RIB プロセスがタイマー イベントを設定できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、スタックをリロードします。

エラー メッセージ M6RIB-3-ACTIVE_TIMER_FAILED Format: active_timer_create() failed for m6rib_main()

説明 M6RIB プロセスがタイマー イベントを作成できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、スタックをリロードします。

エラー メッセージ M6RIB-3-PTHREAD_FAILED Format: pthread_create() failed for m6rib_main()

説明 M6RIB プロセスがタスク スレッドを作成できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、スタックをリロードします。

エラー メッセージ M6RIB-3-CONTEXT_BF_FAILED Format: bitfield_create() failed for context %s

説明 M6RIB プロセスが m6rib_cibtype の bitfield を作成できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、スタックをリロードします。

エラー メッセージ M6RIB-3-SYSMGR_DISPATCH Format: Error returned from sysmgr_dispatch(), errno: %s

説明 M6RIB プロセスがシステム マネージャ API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ M6RIB-3-MTS_BIND Format: Error returned from mts_bind() for %s mts queue, errno: %s

説明 M6RIB が MTS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ M6RIB-3-MTS_RECV Format: Error returned from mts_recv(), errno: %s

説明 M6RIB が MTS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ M6RIB-3-MTS_DROP Format: Error returned from mts_drop(), errno: %s

説明 M6RIB が MTS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

M6RIB-6

エラー メッセージ M6RIB-6-USAGE Format: Usage: m6rib [-h] [-d] [-m <memory-in-mb

説明 M6RIB プロセスを開始する際の使用状況です。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ M6RIB-6-MEMORY_OPTION Format: memory size must be

説明 M6RIB プロセスに無効なメモリ サイズが指定されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ M6RIB-6-SHUTDOWN Format: Shutting down M6RIB process

説明 M6RIB プロセス自体をシャットダウンしています。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ M6RIB-6-SHUTDOWN_FAILED Format: Shutting down of M6RIB process failed: %s

説明 M6RIB プロセス自体をシャットダウンしています。

推奨処置 特に対処は不要です。

MRIB メッセージ

ここでは、MRIB メッセージについて説明します。

MRIB-3

エラー メッセージ MRIB -3 - NO_SET_PRIORITY Format: Failed to set policy or priority

説明 MRIB プロセスが自身のプロセス プライオリティを設定できませんでした。終了します。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MRIB -3 - INIT_SDB Format: %s Return Code: 0x%x Error String: %s

説明 SDB を初期化できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MRIB -3 - OPCODE_REGISTER Format: %s opcode: 0x%x ErrorString: %s

説明 Opcdoe 登録ができませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MRIB -3 - UNKNOWN_URIB Format: Received unknown URIB message type: %d

説明 MRIB プロセスが URIB から不明なメッセージを受信し、ドロップしました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MRIB -3 - UNKNOWN_MRIB_MINOR Format: mrib_main(): unknown minor mtype: %d

説明 MRIB プロセスが不明なプロセス間メッセージを受信し、ドロップしました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MRIB -3 - UNKNOWN_MRIB_MAJOR Format: mrib_main(): unknown major mtype: %d

説明 MRIB プロセスが不明なプロセス間メッセージを受信し、ドロップしました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MRIB -3 - UNKNOWN_MFDM_OPC Format: mrib_mfdm_main(): reeceived unknown opcode %d

説明 MRIB プロセスが MFDM から不明なプロセス間メッセージを受信し、ドロップしました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MRIB -3 - MALLOC_FAILED Format: %s failed for %s

説明 MRIB プロセスのフリー メモリが不足しています。

推奨処置 ネットワークまたはルータを設定してルート数を減らします。

エラー メッセージ MRIB-3-BITFIELD_FAILED Format: %s failed in %s

説明 MRIB プロセスが bitfield 操作を実行できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、スタックをリロードします。

エラー メッセージ MRIB-3-NO_MPIB Format: Unable to get mpib index in mrib_register_internal()

説明 PIB インデックスが不足したため、MRIB プロセスはプロトコルを登録できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、スタックをリロードします。

エラー メッセージ MRIB-3-NO_TIMER Format: Could not create stale timer for %s'

説明 MRIB プロセスが、このプロトコルのルートを失効させることができません。

推奨処置 コアをダンプしたあと、スタックをリロードします。

エラー メッセージ MRIB-3-PT_FAILED Format: %s failed in %s

説明 MRIB プロセスが、このイベントのルートテーブルをアップデートできませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、スタックをリロードします。

エラー メッセージ MRIB-3-INHERIT_FAILED Format: mrib_inherit_oifs(): bitfield is set but oif doesntexist'

説明 MRIB プロセスが、(*,G) から (S,G) の OIF を継承する際にエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MRIB-3-NO_GROUP Format: Unable to create group entry for %s

説明 MRIB プロセスが、自身のルートテーブルにルート エントリを作成できません。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MRIB-3-NO_SOURCE Format: Unable to create source entry for %s

説明 MRIB プロセスが、自身のルートテーブルにルート エントリを作成できません。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MRIB-3-NO_FREE_SOURCE Format: Unable to free source entry for %s in mrib_delete_route_internal()

説明 MRIB プロセスがルートテーブル エントリを削除できません。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MRIB-3-NO_FREE_GROUP Format: Unable to free group entry for %s in mrib_delete_route_internal()

説明 MRIB プロセスがルートテーブル エントリを削除できません。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MRIB-3-MQ_FAILED Format: %s failed in %s, errno: %s, for %s

説明 MRIB プロセスが message キューにアクセスできませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MRIB-3-MTS_FAILED Format: %s failed in %s, errno: %s, for %s

パラメータ:MTS 操作、機能、エラー番号、MTS キュー

説明 MRIB プロセスが mts キューにアクセスできませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MRIB-3-SM_FAILED Format: %s failed in %s, errno: %s

説明 MRIB プロセスが、システム共有メモリ リソースにアクセスできませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MRIB-3-API_FAILED Format: %s failed

説明 MRIB プロセスが API を起動する際にエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MRIB-3-RDLOCK_ASSERT Format: %s:%d: Assert, read-lock not acquired

説明 呼び出し側が、MRIB 共有メモリの読み取りロックを取得できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MRIB-3-WRLOCK_ASSERT Format: %s:%d: Assert, write-lock not acquired

説明 呼び出し側が、MRIB 共有メモリの書き込みロックを取得できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MRIB -3 - DUP_REGISTER Format: mrib_register(): duplicate register by %s'

説明 MRIB プロセスに対する重複登録要求です。無視しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MRIB -3 - FTM_NO_XID Format: Cannot find FTM buffer, xid: %d

説明 MRIB が FTM メッセージのシーケンス番号を照合できません。無視しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MRIB -3 - MFDM_NO_BUF Format: Cannot find MFDM buffer from route-ack for context %s

説明 MRIB プロセスが MFDM メッセージからのキューにルート バッファを見つけられません。無視しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MRIB -3 - FTM_BAD_MINOR Format: Unknown FTM mtype: 0x%4x

説明 MRIB プロセスが FTM から未サポートのメッセージ タイプを受信し、無視しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MRIB -3 - FTM_BAD_METER Format: %s failed for meter %s in %s

説明 MRIB プロセスがマルチキャスト メーターを設定できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MRIB-3-MRIB_ALREADY_UP Format: mrib already running, exiting

説明 別の MRIB プロセスがすでに稼働しているため、このプロセスはシャットダウンします。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MRIB-3-TIMER_FAILED Format: could not %s

説明 MRIB プロセスがタイマー イベントを設定できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、スタックをリロードします。

エラー メッセージ MRIB-3-ACTIVE_TIMER_FAILED Format: active_timer_create() failed for mrib_main()

説明 MRIB プロセスがタイマー イベントを作成できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、スタックをリロードします。

エラー メッセージ MRIB-3-PTHREAD_FAILED Format: pthread_create() failed for mrib_main()

説明 MRIB プロセスがタスク スレッドを作成できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、スタックをリロードします。

エラー メッセージ MRIB-3-CONTEXT_BF_FAILED Format: bitfield_create() failed for context %s

説明 MRIB プロセスが mrib_cibtype の bitfield を作成できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、スタックをリロードします。

エラー メッセージ MRIB-3-SYSMGR_DISPATCH Format: Error returned from sysmgr_dispatch(), errno: %s

説明 MRIB がシステム マネージャ API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ MRIB-3-MTS_BIND Format: Error returned from mts_bind() for %s mts queue, errno: %s

説明 MRIB が MTS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ MRIB-3-MTS_RECV Format: Error returned from mts_recv(), errno: %s

説明 MRIB が MTS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ MRIB -3 - MTS_DROP Format: Error returned from mts_drop(), errno: %s

説明 MRIB が MTS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

MRIB-6

エラー メッセージ MRIB-6-USAGE Format: Usage: mrib [-h] [-d] [-m <memory-in-mb

説明 MRIB プロセスを開始する際の使用状況です。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MRIB-6-MEMORY_OPTION Format: memory size must be

説明 MRIB プロセスに無効なメモリ サイズが指定されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MRIB-6-SHUTDOWN Format: Shutting down MRIB process

説明 MRIB プロセス自体をシャットダウンしています。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MRIB-6-SHUTDOWN_FAILED Format: Shutting down of MRIB process failed: %s

説明 MRIB プロセス自体をシャットダウンしています。

推奨処置 特に対処は不要です。

MODULE メッセージ

ここでは、MODULE メッセージについて説明します。

MODULE-2

エラー メッセージ MODULE-2-LCM_UPGRADE_DONE_GENERAL_FAIL: Upgrade done message fails SAP [chars].

説明 アップグレード可能メッセージが失敗しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ MODULE-2-LCM_UPGRADE_OVER_FAIL: Upgrade over message returned [dec] [hex] for SAP [dec].

説明 アップグレード完了メッセージが失敗しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ MODULE-2-LCM_UPGRADE_READY_FAIL: Upgrade ready message returned [dec] [hex] for SAP [dec].

説明 アップグレード可能メッセージが失敗しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ MODULE-2-LCM_UPGRADE_READY_GENERAL_FAIL: Upgrade ready message fails SAP [chars].

説明 アップグレード可能メッセージが失敗しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ MODULE-2-MOD_DIAG_FAIL: Module [dec] (serial: [chars]) reported failure [chars] due to [chars] in device [dec] (device error [hex]).

説明 スロットのモジュールが、ランタイム診断でエラーを報告しました。モジュール マネージャがモジュールの電源の再投入を行います。

推奨処置 show module internal all module コマンドを実行してモジュールに関する情報を収集します。

エラー メッセージ MODULE-2-MOD_DNLD_FAIL: Image download failed for module [dec] (serial: [chars]).

説明 モジュールは、スーパーバイザ モジュールから新しいイメージをダウンロードできませんでした。

推奨処置 show module internal all module コマンドを実行してモジュールに関する情報を収集します。

エラー メッセージ MODULE-2-MOD_FAIL: Initialization of module [dec] (serial: [chars]) failed.

説明 モジュールから初期化フェーズでエラーが報告されました。電源がオフになります。

推奨処置 show module_internal all module < number (モジュール番号)コマンドを実行してモジュールに関する情報を収集します。

エラー メッセージ MODULE-2-MOD_MAJORSWFAIL: Module [dec] (serial: [chars]) reported a critical failue in service [chars].

説明 サービスのクリティカルなエラーがモジュールで発生し、モジュール(10 進数ディジット)はリセットされます。

推奨処置 show module internal all module コマンドを実行してモジュールに関する情報を収集します。

エラー メッセージ MODULE-2-MOD_MINORSWFAIL: Module [dec] (serial: [chars]) reported a failure in service [chars].

説明 サービスの非クリティカルなエラーがモジュールで発生しました。モジュールはリセットされません。

推奨処置 show module internal all module コマンドを実行してモジュールに関する情報を収集します。

エラー メッセージ MODULE-2-MOD_NOT_ALIVE: Module [dec] not responding resetting (serial: [chars]).

説明 モジュールが hello メッセージに応答していません。このあとモジュール マネージャがモジュールをリセットします。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ MODULE-2-MOD_REGFAILED: Registration failed for module [dec].

説明 モジュールがエラーを通知する登録メッセージを送信しました。

推奨処置 show module internal all module コマンドを実行してモジュールの内部情報を収集します。

エラー メッセージ MODULE-2-MOD_SOMEPORTS_FAILED: Module [dec] (serial: [chars]) reported failure on ports [dec]/[dec]-[dec]/[dec] ([chars]) due to [chars] in device [dec] (error [hex]).

説明 一部のポートで障害が発生したため、モジュール(10 進数)がランタイム診断でエラーを報告しました。

推奨処置 show module internal all module コマンドを実行してモジュールに関する情報を収集します。

エラー メッセージ MODULE-2-MOD_UNKNOWN: Module type [[dec]] in slot [dec] is not supported.

説明 モジュールのソフトウェア カード id は、スーパーバイザでサポートされません。

推奨処置 show module internal all module コマンドを実行してモジュールに関する情報を収集します。

エラー メッセージ MODULE-2-XBAR_DIAG_FAIL: Xbar [dec] (serial: [chars]) reported failure [chars] due to [chars] in device [dec] (device error [hex]).

説明 スロットの xbar が、ランタイム診断でエラーを報告しました。モジュール マネージャがモジュールの電源の再投入を行います。

推奨処置 show module internal all xbar コマンドを実行してモジュールに関する情報を収集します。

エラー メッセージ MODULE-2-XBAR_FAIL: Initialization of xbar [dec] (serial: [chars]) failed.

説明 xbar から初期化フェーズでエラーが報告されました。電源がオフになります。

推奨処置 show module_internal all xbar < number (モジュール番号)コマンドを実行してモジュールに関する情報を収集します。

エラー メッセージ MODULE-2-XBAR_SOMEPORTS_FAILED: Xbar [dec] (serial: [chars]) reported failure on ports [dec]/[dec]-[dec]/[dec] ([chars]) due to [chars] in device [dec] (error [hex]).

説明 一部のポートで障害が発生したため、xbar がランタイム診断でエラーを報告しました。

推奨処置 show module internal all xbar コマンドを実行してモジュールに関する情報を収集します。

エラー メッセージ MODULE-2-XBAR_UNKNOWN: Xbar type [[dec]] in slot [dec] is not supported.

説明 xbar のソフトウェア カード id は、スーパーバイザでサポートされません。

推奨処置 show module internal all xbar コマンドを実行してモジュールに関する情報を収集します。

エラー メッセージ MODULE-3-MOD_SRG_NOT_COMPATIBLE: Module [dec] (serial: [chars]) firmware is not compatible with supervisor, downloading new image.

説明 モジュールのソフトウェア バージョンは、スーパーバイザでサポートされません。

推奨処置 show module internal all module コマンドを実行してモジュールに関する情報を収集します。

MODULE-4

エラー メッセージ MODULE-4-MOD_WARNING: Module [dec] (serial: [chars]) reported warnings on ports [dec]/[dec]-[dec]/[dec] ([chars]) due to [chars] in device [dec] (device error [hex]).

説明 一部のポートで障害が発生したため、モジュールがランタイム診断で警告を報告しました。

推奨処置 show module internal all module コマンドを実行してモジュールに関する情報を収集します。

エラー メッセージ MODULE-4-XBAR_WARNING: Xbar [dec] (serial: [chars]) reported warnings on ports [dec]/[dec]-[dec]/[dec] ([chars]) due to [chars] in device [dec] (device error [hex]).

説明 一部のポートで障害が発生したため、xbar がランタイム診断で警告を報告しました。

推奨処置 show module internal all xbar コマンドを実行してモジュールに関する情報を収集します。

MODULE-5

エラー メッセージ MODULE-5-ACTIVE_SUP_OK: Supervisor [dec] is active (serial: [chars]).

説明 モジュールは設定およびトラフィックのスイッチングが可能な状態です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ MODULE-5-MOD_OK: Module [dec] is online (serial: [chars]).

説明 モジュールは設定およびトラフィックのスイッチングが可能な状態です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ MODULE-5-MOD_REINIT: Re-initializing module [dec] (serial: [chars]).

説明 モジュールから初期化フェーズでエラーが報告されました。モジュールはリブートされます。

推奨処置 show module_internal all module < number (モジュール番号)コマンドを実行してモジュールに関する情報を収集します。

エラー メッセージ MODULE-5-MOD_RESTART: Module [dec] is restarting after image download.

説明 モジュール(10 進数)はイメージのダウンロードを完了し、再起動中です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ MODULE-5-MOD_STARTUP_CFG_MISMATCH: The startup configuration cannot be applied to a different module type for module [dec] (serial: [chars]). [chars] module is replacing [chars].

説明 モジュールのスタートアップ コンフィギュレーションに、現在のモジュールではなく、別のタイプのモジュールに関する情報が指定されています。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ MODULE-5-STANDBY_SUP_OK: Supervisor [dec] is standby.

説明 モジュールは設定が可能な状態にあり、トラフィックをスイッチングできるようになります。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ MODULE-5-XBAR_OK: Xbar [dec] is online (serial: [chars]).

説明 xbar は設定およびトラフィックのスイッチングが可能な状態です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ MODULE-5-XBAR_REINIT: Re-initializing xbar [dec] (serial: [chars]).

説明 xbar から初期化フェーズでエラーが報告されました。モジュールはリブートされます。

推奨処置 show module_internal all xbar module number コマンドを実行してモジュールに関する情報を収集します。

MODULE-6

エラー メッセージ MODULE-6-MOD_PURGE_CONFIG: Purging the configuration for module [dec].

説明 モジュール設定を削除するための通知を送信しています。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ MODULE-6-MOD_REG_OK: Registration succeeded for module [dec].

説明 モジュールが正常に登録メッセージを送信しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ MONITOR-6-ETH_SPAN_SESSION_CREATED: Session [dec] created.

説明 新しい SPAN セッションが作成されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ MONITOR-6-ETH_SPAN_SESSION_DELETED: Session [dec] deleted.

説明 セッションが削除されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ MONITOR-6-ETH_SPAN_SESSION_DOWN: Session [dec] is down. Reason "[chars]".

説明 セッションがダウンしています。今後のトラフィックは SPAN 対象になりません。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ MONITOR-6-ETH_SPAN_SESSION_ERROR: Session [dec] is having error. Reason "[chars]".

説明 セッションに問題が生じています。

推奨処置 セッションを削除し、再設定を試みます。

エラー メッセージ MONITOR-6-ETH_SPAN_SESSION_UP: Session [dec] is up.

説明 セッションは現在アップの状態です。宛先ポートで SPAN 対象のトラフィックを監視できます。

推奨処置 対処不要です。

MSDP メッセージ

ここでは、MSDP メッセージについて説明します。

MSDP-2

エラー メッセージ MSDP -2 - NO_LISTEN_SOCKET Format: Fatal error, cantgetlistensocketsetupin%s'

説明 MSDP プロセスが TCP パケットを取得できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ MSDP -2 - OUT_OF_SYNC_TCP_TYPE Format: TCP data stream may be out of sync, suspect TLV type of %d from peer %s

説明 MSDP プロセスがピアから形式の崩れた TLV を受信しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MSDP -2 - OUT_OF_SYNC_TCP_LEN Format: TCP data stream may be out of sync, suspect TLV length of %d from peer %s

説明 MSDP プロセスがピアから無効なパケット長を受信しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MSDP -2 - NO_ENQUEUE Format: Unable to enqueue send element for peer %s

説明 MSDP プロセスが、TCP ソケットを介してピアにメッセージを送信できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MSDP -2 - SEND_QUEUE_CORRUPT Format: Send queue corrupted for peer %s

説明 TCP ソケットの送信キューが壊れています。ピアとの接続がリセットされます。

推奨処置 特に対処は不要です。

MSDP-3

エラー メッセージ MSDP -3 - RESTART_REASON Format: MSDP process has restarted, restart reason: %s

説明 MSDP が、以前のインスタンスに追加したルートを復元しています。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MSDP -3 - UNKNOWN_MTYPE Format: Unknown mtype: %d/%d in %s

説明 MSDP プロセスが不明なプロセス間メッセージを受信し、ドロップしました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MSDP -3 - MALLOC_FAILED Format: %s failed in %s

説明 MSDP プロセスのフリー メモリが不足しています。

推奨処置 ネットワークまたはルータを設定してルート数を減らします。

エラー メッセージ MSDP -3 - MQ_FAILED Format: %s failed in %s, errno: %s

説明 MSDP プロセスが message キューにアクセスできませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MSDP -3 - MTS_FAILED Format: %s failed in %s, errno: %s

説明 MSDP プロセスが mts キューにアクセスできませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MSDP -3 - SM_FAILED Format: %s failed in %s, errno: %s

説明 MSDP プロセスが、システム共有メモリ リソースにアクセスできませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MSDP -3 - SDB_CLIENT_ERROR Format: Failed to initialize shared database client with status %x and errmsg: %s

説明 MSDP プロセスが共有データベース クライアントを初期化できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MSDP -3 - API_FAILED Format: %s failed in %s

説明 MSDP プロセスが API を起動する際にエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MSDP -3 - PTHREAD_FAILED Format: %s failed in %s for thread %s

説明 MSDP プロセスがタスク スレッドを作成できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ MSDP -3 - NO_SHUTDOWN Format: Unable to shutdown msdp_main_thread - %s

説明 MSDP プロセス自体をシャットダウンできません。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ MSDP -3 - ALREADY_RUNNING Format: MSDP already running, exiting - %s

説明 別の MSDP プロセスがすでに稼働しているため、このプロセスはシャットダウンします。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MSDP -3 - NO_SET_PRIORITY Format: Failed to set policy or priority in %s

説明 MSDP プロセスが自身のプロセス プライオリティを設定できませんでした。終了します。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MSDP -3 - SETRLIMIT_FAILED Format: Data segment allocation of %ld failed

説明 MSDP プロセスが自身のメモリ リソース制限を設定できませんでした。終了します。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MSDP -3 - INVALID_TLV Format: Invalid TLV, type: %d, length: %d from peer %s

説明 MSDP プロセスが無効なパケットを受信しました。対応するエラー パケットが返されました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MSDP -3 - SOCKET_BIND Format: In %s, %s failed with errmsg %s for %s

説明 MSDP プロセスがバインドできませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MSDP -3 - SOCKET_CONNECT Format: In %s, %s failed to connect %s with context name:%s and errmsg: %s

説明 MSDP プロセスがピアと接続できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MSDP -3 - SOCKET_ERROR Format: In %s, %s failed with errmsg: %s

説明 MSDP プロセスがソケットを作成できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MSDP -3 - ACCEPT Format: In %s, %s failed with errmsg: %s

説明 MSDP プロセスが接続を受け入れることができませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MSDP -3 - SELECT Format: In %s, %s failed with errmsg: %s

説明 MSDP プロセスが選択時にエラーになりました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MSDP -3 - SETUPSOCKET_ERROR Format: In %s, %s failed to create connection with %s

説明 MSDP プロセスが選択時にエラーになりました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MSDP -3 - MRIB_ROUTE Format: In %s, %s failed to add mrib route

説明 MSDP プロセスが mrib ルートを追加できませんでした。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MSDP -3 - SETSOCKOPT Format: In %s, %s failed while setting %s option with errmsg: %s

説明 tsp ソケット オプションを設定中に、MSDP プロセスでエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MSDP -3 - SET_SOCKET_OPTIONS Format: In %s, %s failed for %s

説明 ソケット オプションを設定中に、MSDP プロセスでエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MSDP -3 - AS_NUMBER Format: MSDP/BGP local AS number is - %s

説明 MSDP プロセスのローカル AS 番号です。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MSDP -3 - FM_ERROR Format: FM could not shut down MSDP process

説明 MSDP が FM からのディセーブル要求を処理できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ MSDP -3 - SYSMGR_DISPATCH Format: Error returned from sysmgr_dispatch(), errmsg: %s

説明 MSDP がシステム マネージャ API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ MSDP-3-SYSMGR_INIT Format: Error in %s while %s

説明 MSDP がアクティブ タイマー API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ MSDP -3 - MTS_RECV Format: Error returned from mts_recv(), errmsg: %s

説明 MSDP が MTS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ MSDP-3-MTS_DROP Format: Error returned from mts_drop(), errmsg: %s

説明 MSDP が MTS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ MSDP-3-MTS_BIND Format: In %s, %s failed due to %s

説明 MSDP が MTS API を呼び出しましたが、エラーが返されました。

推奨処置 コアをダンプしたあと、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ MSDP-3-NOSOURCE Format: Resetting peer due to VRF change for connect-source %s

説明 connect-source に使用される設定インターフェイスが別の VRF に移動しました。

推奨処置 特に対処は不要です。

MSDP-6

エラー メッセージ MSDP-6-SHUTDOWN Format: Shutting down MSDP - %s

説明 MSDP プロセス自体をシャットダウンしています。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MSDP-6-RESTART_SHUTDOWN Format: MSDP shutting self down via restart command

説明 再起動コマンドにより、MSDP プロセス自体をシャットダウンしています。

推奨処置 特に対処は不要です。

エラー メッセージ MSDP-6-UNKNOWN_OPC Format: Received unknown mts opcode %d

説明 MSDP プロセスが不明なプロセス間メッセージを受信し、ドロップしました。

推奨処置 特に対処は不要です。

NFM メッセージ

ここでは、NetFlow メッセージについて説明します。

NFM-2

エラー メッセージ NFM-2-COMMIT_FAIL: Commit failed: client [hex], [chars].

説明 DDB コミットでエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NFM-2-DDB_FAILURE: DDB failure: [chars].

説明 DDB が生成したエラーです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NFM-2-EXITING: Exit reason: [chars].

説明 NFM サービス プロセスが終了しました。プロセスは自動的に再起動されたはずです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NFM-2-INIT_FAIL: NFM Service Init failed: [chars].

説明 NFM サービスを初期化できなかったことがエラーの理由です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NFM-2-MALLOC_ERROR: Function [chars]: Size [dec] bytes.

説明 NFM サービスはメモリを割り当てることができませんでした。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

エラー メッセージ NFM-2-PSS_ERROR: [chars]: PSS ret. val=[dec].

説明 NFM サービスで、永続ストレージ データベースの操作時にエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NFM-2-VERIFY_FAIL: Verify failed - Client [hex], Reason: [chars], Interface: [chars].

説明 DDB Verify に失敗しました。

推奨処置 対処不要です。

NFM-3

エラー メッセージ NFM-3-DDB_ERROR: DDB error: [chars].

説明 DDB がエラーを生成しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NFM-3-FEATURE_MANAGER_ERROR: [chars]: An error occurred processing a Feature Manager msg - error [chars].

説明 FEATURE マネージャからのメッセージを処理中にエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NFM-3-HANDLE_IN_USE: [chars]: name: [chars].

説明 NFM サービスで、永続ストレージ データベースの読み取り時に使用中のハンドルが見つかりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NFM-3-INVALID_HANDLE: [chars]: handle =[hex].

説明 NFM サービスで、永続ストレージ データベースに無効なハンドルが見つかりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NFM-3-MONITOR_NOT_FOUND: Monitor with handle 0x%lx from source [hex].

説明 ラインカードからの Export Msg に無効なモニタ ハンドルが含まれていました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NFM-3-MTS_ERROR: NFM encountered the following MTS error: [chars].

説明 NFM サービスで MTS エラーが発生しました。エラーの発生したコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NFM-3-NFM_DDB_ERROR: DDB error: [chars].

説明 DDB がエラーを生成しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NFM-3-PSS_CORRUPTED: [chars] PSS found corrupted.

説明 NFM サービスが、永久情報データベースの 1 つで破損を検出しました。データベースは再作成されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NFM-3-VLAN_PARSE_ERROR: [chars]: An error occurred processing a VLAN Mgr Parse msg [hex].

説明 VLAN マネージャからのメッセージを処理中にエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

NFM-4

エラー メッセージ NFM-4-DDB_WARNING: DDB warning: [chars].

説明 DDB が警告を生成しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NFM-4-LICENSE_EXPIRED: The License has expired.

説明 NFM サービスが稼働するにはライセンスが必要で、ライセンスの期限が切れると終了します。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NFM-4-NFM_DDB_WARNING: DDB warning: [chars].

説明 DDB が警告を生成しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NFM-4-PSS_VERSION_MISMATCH: PSS [dec] Code [dec].

説明 NFM サービスといずれかの永続ストレージ データベースのバージョンがミスマッチです。永久情報は新しいフォーマットに変換されました。

推奨処置 対処不要です。

NFM-5

エラー メッセージ NFM-5-FEATURE_DISABLED: NetFlow Disabled.

説明 NetFlow 機能がディセーブルです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NFM-5-FEATURE_ENABLED: NetFlow Enabled.

説明 NetFlow 機能がイネーブルです。

推奨処置 対処不要です。

NFM-6

エラー メッセージ NFM-6-BECAME_ACTIVE: Became ACTIVE from standby mode.

説明 スタンバイ スーパーバイザの NFM サービスがアクティブになり、クライアント要求を処理可能な状態です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NFM-6-BECAME_STDBY: Became STANDBY from active mode.

説明 NFM サービスがアクティブ モードからスタンバイ モードになりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NFM-6-DDB_NOTIF: DDB notification: [chars].

説明 DDB が通知を生成しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NFM-6-FAILED_TO_SEND_HEARTBEAT: Failed to send heartbeat to system manager: Reason=[chars].

説明 NFM サービスがハートビートをシステム マネージャに送信できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NFM-6-NFM_DDB_NOTIF: DDB notification: [chars].

説明 DDB が通知を生成しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NFM-6-SERVICE_UP: Initialized [chars].

説明 NFM サービスがアップになって動作可能な状態です。サービスは適切に初期化されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NFM-6-SRV_EXIT: NFM Service shutting down gracefully.

説明 NFM サービスが適切にシャットダウンされました。これは通知メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NFM-6-SWITCH_OVER: Switching Over to other Sup.

説明 NFM サービスはスタンバイ スーパーバイザ カードに正常に切り替わりました。

推奨処置 対処不要です。

NFM-7

エラー メッセージ NFM-7-DEBUG: [chars].

説明 デバッグ情報を Syslog に送信しています。

推奨処置 対処不要です。

NFP-SLOT# メッセージ

ここでは、NFP-SLOT# メッセージについて説明します。

NFP-SLOT#-2

エラー メッセージ NFP-SLOT#-2-NF_ACL_ERR: [chars]([dec]): acl error. [chars].

説明 Acl エラーです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NFP-SLOT#-2-NF_DDB_ERR: [chars]([dec]): ddb error. [chars].

説明 Ddb エラーです。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

エラー メッセージ NFP-SLOT#-2-NF_ERR: [chars]([dec]): nfp error. [chars].

説明 Nfp エラーが発生しました。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

エラー メッセージ NFP-SLOT#-2-NF_FIB_ERR: [chars]([dec]): fib error. [chars].

説明 Fib エラーです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NFP-SLOT#-2-NF_NDE_ERR: [chars]([dec]): nde error. [chars].

説明 Nde エラーです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NFP-SLOT#-2-NF_NFM_ERR: [chars]([dec]): nfm error. [chars].

説明 Nfm エラーです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NFP-SLOT#-2-NF_QOS_ERR: [chars]([dec]): qos error. [chars].

説明 QoS エラーです。

推奨処置 対処不要です。

NPC-SLOT#-3

エラー メッセージ NPC-SLOT#-3-LOG_NPC_ERR: Nonrecoverable error: [chars].

説明 プログラムを終了させるエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

NPC-SLOT#-4

エラー メッセージ NPC-SLOT#-4-LOG_NPC_WARNING: Serious error: [chars].

説明 あらゆる通常動作に影響するクリティカル エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

NPC-SLOT#-5

エラー メッセージ NPC-SLOT#-5-LOG_NPC_DEBUG: Unexpected error: [chars].

説明 一部の通常動作に影響を与える想定外のエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NPC-SLOT#-5-LOG_NPC_NVP_FSM: Illegal event received: [chars].

説明 NPC_NVP FSM で無効なイベントを受信しました。

推奨処置 対処不要です。

NTP メッセージ

ここでは、NTP メッセージについて説明します。

NTP-2

エラー メッセージ NTP-2-NTP_SYSLOG_CRIT_ERR: : [chars].

説明 NTP Syslog のクリティカル エラーです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NTP-2-NTP_SYSLOG_INIT_FAIL: : [chars] [chars].

説明 NTP を初期化できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NTP-2-NTP_SYSLOG_NO_RESP_FROM_LC: from LC[dec] for [chars].

説明 NTP が送信した要求に対して、ラインカードから応答を受信しませんでした。

推奨処置 対処不要です。

NTP-3

エラー メッセージ NTP-3-NTP_SYSLOG_ALLOC_FAIL: [chars].

説明 NTP Syslog の割り当てでエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NTP-3-NTP_SYSLOG_ERR: [chars].

説明 NTP Syslog のエラーです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NTP-3-NTP_SYSLOG_ERR_EXT: : [chars] [dec].

説明 NTP Syslog のエラーにより終了します。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NTP-3-NTP_SYSLOG_MTS_ERR: [chars].

説明 NTP MTS のエラーです。

推奨処置 対処不要です。

NTP-6

エラー メッセージ NTP-6-NTP_SYSLOG_CREATED: [chars]; Slot No: [dec].

説明 NTP Syslog が作成されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NTP-6-NTP_SYSLOG_EXIT: [chars].

説明 NTP Syslog の終了です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ NTP-6-NTP_SYSLOG_WARN: [chars].

説明 NTP Syslog の警告です。

推奨処置 対処不要です。

OTM メッセージ

ここでは、OTM メッセージについて説明します。

OTM-2

エラー メッセージ OTM-2-OTM_EEM_FAIL: OTM failed to register with EEM .

説明 OTM プロセスを EEM に登録できなかったため、終了します。

推奨処置 対処不要です。

OTM-3

エラー メッセージ OTM-3-OTM_ERROR: [chars] [chars].

説明 OTM がエラー メッセージの原因です。

推奨処置 対処不要です。

OTM-5

エラー メッセージ OTM-5-OTM_OBJECT_STATUS: Status of tracking object [dec] changed to [chars].

説明 トラッキング オブジェクトのステータスが変更されました。

推奨処置 対処不要です。

OTM-6

エラー メッセージ OTM-6-OTM_EXITED: OTM process exited.

説明 OTM プロセスが終了します。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ OTM-6-OTM_OBJ_ADD: Tracking object [dec] configured.

説明 トラッキング オブジェクトが設定されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ OTM-6-OTM_OBJ_REM: Tracking object [dec] removed.

説明 トラッキング オブジェクトが削除されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ OTM-6-OTM_STARTED: OTM process started.

説明 OTM プロセスがアップになって稼働しています。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ OTM-6-OTM_TRACK_START: Client started tracking object [dec].

説明 クライアントがトラッキング オブジェクトを開始しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ OTM-6-OTM_TRACK_STOP: Client stopped tracking object [dec].

説明 クライアントがトラッキング オブジェクトを停止しました。

推奨処置 対処不要です。

OSPF メッセージ

ここでは、OSPF メッセージについて説明します。

OSPF-1

エラー メッセージ OSPF -1 - INIT Format: Unable to %s %s

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用して、コンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ OSPF -1 - STARTTHREAD Format: Unable to start thread %s (%d), error %s

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用して、コンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ OSPF -1 - MCASTJOIN Format: Unable to join %s group on interface %s

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用して、コンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ OSPF -1 - MCASTLEAVE Format: Unable to leave %s group on interface %s

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用して、コンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ OSPF -1 - TIMER Format: Unable to create %s timer on interface %s

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用して、コンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ OSPF -1 - MQSEND Format: Unable to send message %s to %s

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用して、コンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ OSPF -1 - LOWMEM Format: Low memory condition: %s

説明 特定のデータ構造を保存するのに十分なメモリがルータにありませんでした。

推奨処置 メモリが不足しています。ルータにメモリを追加してください。

エラー メッセージ OSPF -1 - NOMEM Format: Malloc (%ld bytes) failed for: %s

説明 指定されたデータ構造を保存するのに十分なメモリがルータにありませんでした。

推奨処置 メモリが不足しています。ルータにメモリを追加してください。

エラー メッセージ OSPF -1 - SLABS Format: Could not create %s slabs

説明 特定のスラブ データ構造のスペースをあらかじめ予約するのに十分なメモリがルータにありませんでした。

推奨処置 メモリが不足しています。ルータにメモリを追加してください。

エラー メッセージ OSPF -1 - TAG Format: Unable to retrieve service tag on %s supervisor

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 restart CLI コマンドを使用して、コンポーネントを再起動します。

OSPF-3

エラー メッセージ OSPF -3 - CLI_NON_IF_CMDS Format: Timed out waiting for router mode CLI configuration (%s)

説明 CLI サーバがルータ モード OSPF 設定を送信するまでの OSPF の待機時間がタイムアウトになりました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - CLI_ALL_CMDS Format: Timed out waiting for CLI configuration (%s)

説明 CLI サーバがすべての OSPF 設定を送信するまでの、OSPF の待機時間がタイムアウトになりました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - CMI_ERR Format: CMI error: %s.

説明 CMI がエラーを返しました。

推奨処置 実行を続けてください。特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - CTX Format: Error in subrouter context %s: %s

説明 複数のサブルータおよびコンテキストに関連するエラー

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - CTX_IF Format: Error in subrouter context for interface %s: %s

説明 インターフェイス コンテキストに関連するエラー

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -4 - DUPRID Format: Router %s on interface %s is using our routerid, packet dropped

説明 2 台のルータが同じルータ ID を使用して設定されています。

推奨処置 表示されたインターフェイスのルータをすべて調べ、誤った設定がないか確認します。

エラー メッセージ OSPF -3 - HA_SR Format: Unable to recreate sr %d

説明 OSPF はステートフル再起動を実行できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - HA_AREA Format: Unable to recreate area %d

説明 OSPF はステートフル再起動を実行できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - HA_INTF Format: Unable to recreate interface %s

説明 OSPF はステートフル再起動を実行できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - HA_INTF_AREA Format: Unable to add interface %s to area %s

説明 OSPF はステートフル再起動を実行できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - HA_NBR Format: Unable to recreate neighbor %s

説明 OSPF はステートフル再起動を実行できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - HA_NBR_INTF Format: Unable to find interface index %ld for neighbor %s

説明 OSPF はステートフル再起動を実行できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - HA_LSDB_INSTALL Format: Unable to install LSA %s, area %s %s

説明 OSPF はステートフル再起動を実行できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - HA_LSDB_LINK Format: Unable to find link LSA interface/area

説明 OSPF はステートフル再起動を実行できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - HA_LSDB_AREA Format: Unable to find LSA area %s

説明 OSPF はステートフル再起動を実行できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - HEAPSIZE Format: Error increasing heap size to %d, error %d

説明 ヒープ サイズが減少したため、LSDB サイズが制限されます。

推奨処置 実行を続けてください。特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - INVALID_TLV Format: Found corrupted TLV, LSA %s

説明 TLV の解析中にエラーが発生しました。

推奨処置 実行を続けてください。特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - ISSU_GR_DISABLED Format: Aborting ISSU, GR is disabled in %d out of %d contexts

説明 ISSU では、OSPF GR をすべてのコンテキストに対してイネーブルにする必要があります。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - ISSU_GR_IN_PROGRESS Format: Aborting ISSU, GR in progress in %d out of %d contexts

説明 ISSU では、すべてのコンテキストで安定した OSPF トポロジが必要です。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - ISSU_GR_FAILED Format: Aborting ISSU, GR failed in %d out of %d contexts

説明 ISSU では、すべてのコンテキストで正常な OSPF GR が必要です。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - MAXLSAS Format: Maximum number of LSAs in domain has been reached

説明 OSPF ドメインには、このルータが保存可能な数を超える LSA が含まれています。

推奨処置 ネットワークを再設計して、OSPF ドメインに再配布する外部ルートの数を減らします。

エラー メッセージ OSPF -3 - MAXIFS Format: Exceeded the limit on interfaces per area [i.e %d]

説明 LSA 生成時の問題を避けるために、領域ごとのインターフェイスの数を制限します。

推奨処置 領域ごとのインターフェイスの数を減らします。

エラー メッセージ OSPF -3 - MIB_FAIL Format: Failed to %s the MIB

説明 MIB のロード中またはアンロード中のエラー

推奨処置 実行を続けてください。特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - MTS_BIND Format: Error returned from mts_bind(), errno: %s

説明 OSPF が、エラーを返した MTS API を呼び出しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - MTS_RECV Format: Error returned from tsp_mts_recv(), errno: %s

説明 OSPF が、エラーを返した MTS API を呼び出しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - MTS_NOTIFY Format: Error returned from mts_send_notify(), errno: %s

説明 OSPF が、エラーを返した MTS API を呼び出しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - MTS_DROP Format: Error returned from mts_drop(), errno: %s

説明 OSPF が、エラーを返した MTS API を呼び出しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - PSS_GLOBAL Format: PSS %s for global data failed

説明 OSPF が、エラーを返した PSS API を呼び出しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - PSS_SR Format: PSS %s for sr %ld failed

説明 OSPF が、エラーを返した PSS API を呼び出しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - PSS_AREA Format: PSS %s for area %ld failed

説明 OSPF が、エラーを返した PSS API を呼び出しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - PSS_INTF Format: PSS %s for interface %s failed

説明 OSPF が、エラーを返した PSS API を呼び出しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - PSS_NBR Format: PSS %s for neighbor %s failed

説明 OSPF が、エラーを返した PSS API を呼び出しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - PSS_LSDB Format: PSS %s for LSA %s failed

説明 OSPF が、エラーを返した PSS API を呼び出しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - ROUTEDEL Format: Route deletion %s/%d failed

説明 内部エラー

推奨処置 実行を続けてください。特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - SMALLBUF Format: %s packet doesntfitinbuffer(packet%d/buffer%d)'

説明 ルータはパケット バッファを割り当てましたが、パケット バッファが小さすぎます。

推奨処置 実行を続けてください。特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - TLV_INTF Format: Failed to convert to %s for %s

説明 OSPF が、エラーを返した TLV intf を呼び出しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - UNKNOWNSIG Format: Received unknown signal: %d

説明 予期しないソフトウェア割り込みを受信しました。

推奨処置 実行を続けてください。特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -3 - UNAWAKABLE Format: Trying to awake unawakable thread %s

説明 スレッドをウェイクアップできません。

推奨処置 対処不要です。

OSPF-4

エラー メッセージ OSPF -4 - AF_NO_FUNC Format: Function %s not supported by OSPF version %s

説明 関数が現在のアドレス ファミリに指定されていません。

推奨処置 実行を続けてください。特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -4 - AREA_ERR Format: Packet from %s on %s received for wrong area %s

説明 この領域に属さない OSPF パケットが受信されました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF-4-AUTH_ERR Format: Received packet from %s on %s with bad authentication %hx

説明 認証タイプが一致しない OSPF パケットが受信されました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF-4-CKSM_ERR Format: Bad OSPF checksum in packet %hx computed %hx from %s on %s

説明 チェックサムが無効な OSPF パケットが受信されました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -4 - DEST_INVALID Format: Bad destination address %s

説明 マルチキャスト ソース アドレスを持つ OSPFv3 パケットが受信されました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -4 - IF_ERR Format: Packet from %s received on %s interface %s

説明 このインターフェイスに属さない OSPF パケットが受信されました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -4 - INVALIDOUT Format: Trying to send packet with packettype %d to %s on %s

説明 ルータが不明な OSPF パケットを送信しようとしました。

推奨処置 実行を続けてください。特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF-4-NEIGH_ERR Format: Neighbor %s not found, packet dropped

説明 ネイバーがない non-hello OSPF パケットが受信されました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -4 - PKTTYPE_ERR Format: Unknown type %d received from %s on %s

説明 パケット タイプが不正な OSPF パケットが受信されました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -4 - PKTLEN_ERR Format: Packet received from %s on %s has length %d which is less than %s %d

説明 長さが無効な OSPF パケットが受信されました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -4 - SELF_LSA Format: context %s: %s

説明 ルータが自動的に生成した LSA よりも新しいコピーを受信しました。2 台のルータが同じルータ ID を使用して設定されているか、ネットワークから切断されたルータがオンラインに戻っている可能性があります。

推奨処置 ルータのルータ ID がネットワーク内で一意であるかどうか確認してください。

エラー メッセージ OSPF -4 - SRC_MCAST Format: Bad source address %s - multicast on %s

説明 マルチキャスト ソース アドレスを持つ OSPFv3 パケットが受信されました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF-4-SOURCE_ERR Format: Bad source address %s - ours on %s

説明 自身のソース アドレスを持つ OSPF パケットが受信されました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF-4-SRC_INVALID Format: Invalid src address %s, should not be seen on %s

説明 このネットワーク上にない送信元アドレスを持つ OSPF パケットが受信されました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -4 - VERSION_ERR Format: Bad ospf version %d received from %s on %s

説明 不正なバージョン番号の OSPF パケットが受信されました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -4 - WRONGQ Format: Found wrong type of packet (%d) on internal %s queue

説明 所定の着信メッセージ キューに指定されたパケット タイプを予期していませんでした。

推奨処置 実行を続けてください。特に対処する必要はありません。

OSPF-6

エラー メッセージ OSPF -6 - ADJCHANGE Format: Nbr %s on %s went %s

説明 OSPF ネイバー関係が確立されたか、あるいはネイバー関係が停止されました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF-6-CLEANUP Format: OSPF is exiting, reason 0x%x

説明 OSPF が設定解除されたか、あるいは再開されました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF-6-DECONFIG_SHUTDOWN Format: OSPF shutting self down via deconfiguration

説明 deconfiguration コマンドにより、OSPF プロセス自体が停止しています。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -6 - HA_DB_REBUILD Format: HA run-time database buildup %s

説明 OSPF ステートフルの再起動ステータス

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF -6 - HA_STATEFUL Format: Stateful HA %s

説明 OSPF ステートフルの再起動ステータス

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF-6-MTS_UNKNOWN_MSG Format: Received unknown MTS message with opcode %d, dropping it

説明 OSPF は不明な MTS メッセージを受信しました。このメッセージはドロップされます。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF-6-NBRSTATE Format: Process %s, Nbr %s on %s from %s to %s, %s

説明 OSPF ネイバーがステートを変更しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF-6-RESTART_SHUTDOWN Format: OSPF shutting self down via restart command

説明 restart コマンドにより、OSPF プロセス自体が停止しています。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF-6-SHUTDOWN_REQUEST_FAIL Format: OSPF shutdown request failed, %s

説明 OSPF がシステム マネージャにシャットダウンの許可を要求しましたが、拒否されました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF-6-START Format: Starting OSPF %s, %s

説明 表示されている理由により、OSPF プロセスを開始しています。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ OSPF-6-UNKNOWN_SHUTDOWN Format: OSPF shutting self down due to unknown reason

説明 不明な理由により、OSPF プロセス自体が停止しています。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

PHY_USD-SLOT# メッセージ

ここでは、HY_USD-SLOT# メッセージについて説明します。

PHY_USD-SLOT#-4

エラー メッセージ PHY_USD-SLOT#-4-LOG_PHY_ISSU_LINK_ST_CHNG: Port [dec]: link state during ISSU.

説明 In Service System Upgrade(ISSU)の実行中にポート リンク ステータスが変更されました。ポートをディセーブルにします。

推奨処置 対処不要です。

PIM メッセージ

ここでは、PIM メッセージについて説明します。

PIM-2

エラー メッセージ PIM -2 - SHM_LOCK_CREAT Format: Failed to create shared memory lock: %s

説明 PIM が初期化に失敗しました。

推奨処置 スタックをリロードしてください。

エラー メッセージ PIM -2 - STARTUP_DEBUG Format: %s in %s

説明 PIM が初期化に失敗しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

PIM-3

エラー メッセージ PIM -3 - RESTART_REASON Format: PIM process has restarted, restart reason: %s

説明 PIM は、以前のインスタンスに追加していたルートを復元しています。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - STATE_LIMIT Format: Exceeded state-limit for VRF %s - dropping

説明 VRF のステート制限を超えました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - RESERVE_LIMIT Format: Exceeded reserve-limit for VRF %s - dropping

説明 VRF の予約制限を超えました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - MALLOC Format: Private mem malloc (%lu) failed in %s

説明 PIM プロセスにより、プライベート メモリの空き容量が不足しています。

推奨処置 ネットワークまたはルータを設定して、ルート数を減らしてください。

エラー メッセージ PIM -3 - SMALLOC Format: Shared mem malloc (%lu) failed in %s

説明 PIM プロセスにより、共有メモリの空き容量が不足しています。

推奨処置 ネットワークまたはルータを設定して、ルート数を減らしてください。

エラー メッセージ PIM -3 - SLAB_CREATE Format: Slab alloc of type %s failed

説明 PIM プロセスはスラブ メモリを割り当ることができませんでした。

推奨処置 ネットワークまたはルータを設定して、ルート数を減らしてください。

エラー メッセージ PIM -3 - SLAB_ALLOC Format: Slab alloc of type %s failed in %s

説明 PIM プロセスはスラブ メモリを割り当ることができませんでした。

推奨処置 ネットワークまたはルータを設定して、ルート数を減らしてください。

エラー メッセージ PIM -3 - PTHREAD_CREATE Format: Couldnt create thread%s'

説明 PIM プロセスは、タスク スレッドを作成できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - MUTEX_INIT Format: Couldnt init mutex %s'

説明 PIM プロセスは、mutex システム リソースの初期化に失敗しました。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - CV_INIT Format: Couldnt init condvar %s'

説明 PIM プロセスは、条件変数リソースの初期化に失敗しました。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - IM_EXT Format: Couldnt set IM-extension for interface %s'

説明 PIM プロセスは、IM エクステンションの設定に失敗しました。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - SM_CREATE Format: Couldnt create shm segment %s'

説明 PIM プロセスは、共有メモリ リソースを初期化できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - SM_OPEN Format: Couldnt open shm segment %s'

説明 PIM プロセスは、共有メモリ リソースを初期化できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - SM_CLOSE Format: Couldnt close shm segment %s'

説明 PIM プロセスは、共有メモリ リソースを削除できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - ATTACH_SHM Format: Couldnt attach to shm of %s'

説明 PIM プロセスは、共有メモリ リソースをオープンできませんでした。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

PIM-6

エラー メッセージ PIM-6-SHUTDOWN Format: Shutting down PIM process

説明 PIM がシャットダウン要求を受信しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM-6-SHUTDOWN_SELF Format: PIM shutting self down

説明 PIM プロセスは、そのプロセス自体をシャットダウンしています。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM-6-RESTART_SHUTDOWN Format: PIM shutting self down via restart command

説明 restart コマンドにより、PIM プロセス自体をシャットダウンしています。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM-6-MQFLUSHED Format: Flushing %lu messages from %s mq

説明 メッセージ キューから古い残留メッセージを消去します。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM-6-MQLOOP_UNKNOWN_MSG Format: Received unknown message %d/%d

説明 PIM プロセスが不明なプロセス間メッセージを受信しましたが、ドロップしました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM-6-UNKNOWN_OPC Format: Received unknown mts opcode %d

説明 PIM プロセスが不明なプロセス間メッセージを受信しましたが、ドロップしました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM-6-NBR_NEW Format: New neighbor %s learned on %s

説明 PIM が新しいネイバーから最初の Hello メッセージを受信しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -6 - NBR_EXPIRY Format: Neighbor %s expired on %s

説明 Hello メッセージが欠落しているため、PIM ネイバー エントリが失効しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -6 - IF_DEPEND Format: Removed interface (%s) has %s dependency

説明 削除されたインターフェイスに残っている設定があります。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM-6-NEGATIVE_PREFIX Format: Group prefix %s/%d from RP %s has negative-bit set, ignore group entry

説明 RP は、グループ範囲をアドバタイズしてデンス モードにします。このインプリメンテーションでは、スパースモードのみがサポートされるため、グループ エントリは無視されます。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -6 - MAX_RPS Format: Cannot store bidir-RP %s, a maximum of %d are supported

説明 ハードウェアの制限により、保存可能な Bidir-PIM RP の最大数は制限されます。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM-6-STATE_LIMIT_WARNING Format: Exceeded 80% of the state-limit for VRF %s

説明 VRF のステート制限の 80% を超過しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM-6-RESERVE_LIMIT_WARNING Format: Exceeded 80% of the reserve-limit for VRF %s

説明 VRF の予約制限の 80% を超過しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM-3-PIM_INIT Format: PIM init failed: %s

説明 PIM プロセスの初期化に失敗しました。

推奨処置 コアをダンプしてから、コンポーネントを再起動してください。

エラー メッセージ PIM -3 - PIM_EXISTS Format: PIM is already running, process exiting

説明 別の PIM プロセスがすでに実行されているため、このプロセスはシャットダウンします。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - RLIMIT Format: Couldnt set PIM data segment size to %lu'

説明 PIM プロセスは、そのメモリ リソース制限を設定できなかったため、終了しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - NO_SET_PRIORITY Format: Failed to set policy or priority.

説明 PIM プロセスは、そのプロセスのプライオリティを設定できなかったため、終了しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - IGMP_DOWN Format: Couldnt enable PIM on %s,IGMP is not up'

説明 PIM では、IGMP がアップしている必要があるため、PIM はインターフェイス上でイネーブルになりません。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - PIM_API_NOT_INIT Format: PIM API not initialized

説明 PIM API は初期化されません。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - THREAD_SHUTDOWN Format: Couldnts hutdown thread %s'

説明 PIM はタスク スレッドをシャットダウンできませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - RDLOCK_ASSERT Format: %s:%d: Assert, read-lock not acquired

説明 発信側が PIM 共有メモリの読み取りロックを取得できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - WRLOCK_ASSERT Format: %s:%d: Assert, write-lock not acquired

説明 発信側が PIM 共有メモリの書き込みロックを取得できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - COMP_REG Format: Unable to register with %s

説明 PIM がサーバ コンポーネントを登録できませんした。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - COMP_DEREG Format: Unable to de-register with %s

説明 PIM がサーバ コンポーネントを登録解除できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - API_INIT Format: Couldnt initialize %s API'

説明 PIM が、API を開始してコンポーネントと対話できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - API_CLOSE Format: Couldnt close %s API'

説明 PIM は、コンポーネントで開始された API を終了できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - PT_ADD Format: Couldnt add %s to local PT'

説明 PIM は、ローカル ルートテーブル エントリを更新できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - PT_DEL Format: Couldnt delete %s from local PT'

説明 PIM は、ローカル ルートテーブル エントリを削除できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - ADD_ROUTE Format: Couldnt add PIM route %s in %s'

説明 PIM は、ローカル ルートテーブル エントリを更新できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - CREATE_ROUTE Format: Couldnt create PIM route for %s in %s'

説明 PIM は、ローカル ルートテーブル エントリを更新できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - DEL_ROUTE Format: Couldnt delete PIM route %s in %s'

説明 PIM は、ローカル ルートテーブル エントリを削除できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - DEL_IF Format: Couldnt delete interface %s from PIM route %s in %s'

説明 PIM は、ルートテーブル エントリから発信インターフェイスを削除できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - FREE_ROUTE Format: Couldnt free PIM route %s in %s'

説明 PIM は、ルートテーブル エントリを削除できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - SETUP_ROUTE Format: Couldnt set up PIM route %s in %s'

説明 PIM は、ルートをローカル ルートテーブルにインストールできませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - ROUTE_LOOKUP Format: Couldnt find PIM route %s'

説明 PIM は、エントリをローカル ルートテーブルで発見できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - MQSEND Format: mq_send() error on %s queue in %s

説明 PIM は、メッセージキューに IPC メッセージを送信できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - MQOPEN Format: Couldnt open %s mq: %s'

説明 PIM は、メッセージキュー リソースを解放できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - MTSOPEN Format: Couldnt bind %s mts-q:%s'

説明 PIM は、MTS キュー リソースを解放できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - MQCLOSE Format: Couldnt close %s mq:%s'

説明 PIM は、メッセージキュー リソースを終了できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - MQFLUSH Format: Couldnt flush %s mq:%s'

説明 PIM は、メッセージキューから古いメッセージを削除できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - MQLOOP_CREATE Format: Couldnt create %s mqloop:%s'

説明 PIM は、mqloop リソースを作成できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - MQLOOP_START Format: Couldnt start %s mqloop'

説明 PIM は、mqloop リソースを初期化できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - MQLOOP_SHUTDOWN Format: Couldnt shutdown %s mqloop'

説明 PIM は、mqloop リソースを停止できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - MQLOOP_REGHAND Format: Couldnt register all handlers for %s mqloop'

説明 PIM は、ハンドラ、mqloop リソースを初期化できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - SOCKET Format: socket() for %s failed: %s

説明 PIM が UDP ソケットを取得できませんでした。自動 RP は機能しません。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - BIND Format: bind() on %s failed: %s

説明 PIM が UDP ソケットをバインドできませんでした。自動 RP は機能しません。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - SETSOCKOPT Format: setsockopt() on %s failed: %s

説明 PIM が UDP ソケット操作に失敗しました。自動 RP は機能しません。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - UDP_SENDTO Format: udp_sendto() on %s failed: %s

説明 PIM が UDP ソケットの送信に失敗しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - MRIB_ADD_ROUTE Format: MRIB add route failed in %s

説明 PIM が、MRIB にルートを追加できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - MRIB_DEL_ROUTE Format: MRIB delete route failed in %s

説明 PIM が、MRIB のルートを削除できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - POLICY_INVALID_TYPE Format: Invalid RPM type %d in %s

説明 PIM が、RPM から無効なポリシータイプを受信しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - POLICY_INVALID_BINDACK Format: Invalid RPM bind ack in %s

説明 PIM が RPM から無効なポリシー応答を受信しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - BF_CREATE Format: Couldnt create %s bitfield'

説明 PIM が bitfield リソースを作成できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - TIMER_CREATE Format: Couldnt create %s timer'

説明 PIM がタイマー リソースの初期化に失敗しました。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - TIMER_START Format: Couldnt start %s timer'

説明 PIM がタイマー リソースの初期化に失敗しました。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - TIMER_SET_INIT Format: Couldnt init %s active timer set'

説明 PIM がタイマー リソースの初期化に失敗しました。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - MSDP_ORIG_DATASA Format: Couldnt originate MSDP data SA in%s'

説明 PIM が、MSDP にデータ SA メッセージを発信するよう通知できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - URIB_CONTEXT Format: Couldnt get URIB VRF%s'

説明 PIM が URIB からユニキャスト ルーティング VRF を取得できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - PIM_CIB Format: Couldnt find PIM VRF for %s'

説明 PIM がその VRF 情報ブロックを取得できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - BF_CONVERT Format: bitfield_convert() failed

説明 PIM が、圧縮された bitfield の変換に失敗しました。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - API_FAILED Format: %s failed in %s

説明 PIM プロセスが API の呼び出しに失敗しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - PSS_FAILED Format: PSS operation %s failed

説明 PIM プロセスが PSS 操作に失敗しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM -3 - SHUTDOWN_FM Format: FM could not shut down PIM process

説明 FM が PIM プロセスをシャットダウンできませんでした。

推奨処置 コアをダンプしてから、コンポーネントを再起動してください。

エラー メッセージ PIM -3 - UDP_READ Format: Error reading UDP socket

説明 UDP ソケット エラー

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - OPCODE_REG Format: Could not register opcode 0x%x, reason %s

説明 オペレーション コードを登録できません。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - SUBCR_INIT Format: Could not initialize shared database client for interfaces rc=0x%x [string]

説明 加入者 init を実行して、IM 共有された dbs にアクセスできません。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - HEARTBEAT_TIMER Format: Unable to create heartbeat timer in %s

説明 ハートビート タイマーを作成できません。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - SHARED_DB_PUB_INIT Format: Could not do shared database publisher initialization for interfaces rc=0x%x [string]

説明 共有 db パブリッシャの初期化を実行できません。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - SYSMGR_DISPATCH Format: Error returned from sysmgr_dispatch(), errno: %s

説明 PIM が、エラーを返したシステム マネージャ API を呼び出しました。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - MTS_RECV Format: Error returned from mts_recv(), errno: %s

説明 PIM が、エラーを返した MTS API を呼び出しました。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - MTS_DROP Format: Error returned from mts_drop(), errno: %s

説明 PIM が、エラーを返した MTS API を呼び出しました。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - INIT_MTS_SAP Format: mts_bind() failed in pim_init_mts(), errno: %s

説明 MTS SAP を開くことができませんでした。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM -3 - MTS_INIT Format: Could not initialize MTS for %s

説明 オペレーション コードを登録できません。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

PIM6 メッセージ

ここでは、PIM6 メッセージについて説明します。

PIM6-2

エラー メッセージ PIM6-2-SHM_LOCK_CREAT Format: Failed to create shared memory lock: %s

説明 PIM6 が初期化に失敗しました。

推奨処置 スタックをリロードしてください。

エラー メッセージ PIM6-2-STARTUP_DEBUG Format: %s in %s

説明 PIM6 が初期化に失敗しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

PIM6-3

エラー メッセージ PIM6-3-RESTART_REASON Format: PIM6 process has restarted, restart reason: %s

説明 PIM6 は、以前のインスタンスに追加していたルートを復元しています。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6-3-STATE_LIMIT Format: Exceeded state-limit for VRF %s - dropping

説明 VRF のステート制限を超えました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6-3-RESERVE_LIMIT Format: Exceeded reserve-limit for VRF %s - dropping

説明 VRF の予約制限を超えました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6-3-MALLOC Format: Private mem malloc (%lu) failed in %s

説明 PIM6 プロセスにより、プライベート メモリの空き容量が不足しています。

推奨処置 ネットワークまたはルータを設定して、ルート数を減らしてください。

エラー メッセージ PIM6-3-SMALLOC Format: Shared mem malloc (%lu) failed in %s

説明 PIM6 プロセスにより、共有メモリの空き容量が不足しています。

推奨処置 ネットワークまたはルータを設定して、ルート数を減らしてください。

エラー メッセージ PIM6-3-SLAB_CREATE Format: Slab alloc of type %s failed

説明 PIM6 プロセスはスラブ メモリを割り当ることができませんでした。

推奨処置 ネットワークまたはルータを設定して、ルート数を減らしてください。

エラー メッセージ PIM6-3-SLAB_ALLOC Format: Slab alloc of type %s failed in %s

説明 PIM6 プロセスはスラブ メモリを割り当ることができませんでした。

推奨処置 ネットワークまたはルータを設定して、ルート数を減らしてください。

エラー メッセージ PIM6-3-INVALID_MBUF Format: Received invalid mbuf pointer in %s

説明 PIM6 が無効なデータ バッファを受信し、廃棄しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6-3-PTHREAD_CREATE Format: Couldnt create thread %s'

説明 PIM6 プロセスは、タスク スレッドを作成できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6-3-MUTEX_INIT Format: Couldnt init mutex %s'

説明 PIM6 プロセスは、mutex システム リソースの初期化に失敗しました。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6-3-PIM6_INIT Format: PIM6 init failed: %s

説明 PIM6 プロセスの初期化に失敗しました。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6-3-PIM6_EXISTS Format: PIM6 is already running, process exiting

説明 別の PIM6 プロセスがすでに実行されているため、このプロセスはシャットダウンします。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6 -3 - RLIMIT Format: Couldnt set PIM6 data segment size to %lu'

説明 PIM6 プロセスは、そのメモリ リソース制限を設定できなかったため、終了しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6 -3 - NO_SET_PRIORITY Format: Failed to set policy or priority

説明 PIM6 プロセスは、そのプロセスのプライオリティを設定できなかったため、終了しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6 -3 - PIM6_API_NOT_INIT Format: PIM6 API not initialized

説明 PIM6 API は初期化されません。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6 -3 - API_FAILED Format: %s API failed in %s

説明 PIM6 で API 呼び出しが失敗しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6 -3 - RDLOCK_ASSERT Format: %s:%d: Assert, read-lock not acquired

説明 発信側が PIM6 共有メモリの読み取りロックを取得できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6 -3 - WRLOCK_ASSERT Format: %s:%d: Assert, write-lock not acquired

説明 発信側が PIM6 共有メモリの書き込みロックを取得できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6 -3 - PSS_FAILED Format: PSS operation %s failed

説明 PIM6 プロセスが PSS 操作に失敗しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6 -3 - THREAD_SHUTDOWN Format: Couldnt shutdown thread %s'

説明 PIM6 はタスク スレッドをシャットダウンできませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6 -3 - COMP_REG Format: Unable to register with %s

説明 PIM6 がサーバ コンポーネントを登録できませんした。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6 -3 - COMP_DEREG Format: Unable to de-register with %s

説明 PIM6 がサーバ コンポーネントを登録解除できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6 -3 - API_INIT Format: Couldnt initialize %s API'

説明 PIM6 が、コンポーネントと対話するために API を開始できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6 -3 - API_CLOSE Format: Couldnt close %s API'

説明 PIM6 は、コンポーネントで開始された API を終了できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

パラメータ:コンポーネント名。

エラー メッセージ PIM6 -3 - PT_ADD Format: Couldnt add %s to local PT'

説明 PIM6 は、ローカル ルートテーブル エントリを更新できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6 -3 - PT_DEL Format: Couldnt delete %s from local PT'

説明 PIM6 は、ローカル ルートテーブル エントリを削除できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6 -3 - ADD_ROUTE Format: Couldnt add PIM6 route %s in %s'

説明 PIM6 は、ローカル ルートテーブル エントリを更新できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6 -3 - CREATE_ROUTE Format: Couldnt create PIM6 route for %s in %s'

説明 PIM6 は、ローカル ルートテーブル エントリを更新できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6 -3 - DEL_ROUTE Format: Couldnt delete PIM6 route %s in %s'

説明 PIM6 は、ローカル ルートテーブル エントリを削除できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6 -3 - DEL_IF Format: Couldnt delete interface %s from PIM6 route %s in %s'

説明 PIM6 は、ルートテーブル エントリから発信インターフェイスを削除できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6 -3 - FREE_ROUTE Format: Couldnt free PIM6 route %s in %s'

説明 PIM6 は、ルートテーブル エントリを削除できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6 -3 - SETUP_ROUTE Format: Couldnt setup PIM6 route %s i n%s'

説明 PIM6 は、ルートをローカル ルートテーブルにインストールできませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6 -3 - ROUTE_LOOKUP Format: Couldnt find PIM6 route%s'

説明 PIM6 は、エントリをローカル ルートテーブルで発見できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6 -3 - MQSEND Format: mq_send() error on %s queue in %s

説明 PIM6 は、メッセージキューに IPC メッセージを送信できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6 -3 - MQOPEN Format: Couldnt open %s mq:%s'

説明 PIM6 は、メッセージキュー リソースを解放できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしてから、コンポーネントを再起動してください。

エラー メッセージ PIM6 -3 - MTSOPEN Format: Couldnt open %s mts-q:%s'

説明 PIM6 は、MTS キュー リソースを解放できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしてから、コンポーネントを再起動してください。

エラー メッセージ PIM6 -3 - MQCLOSE Format: Couldnt close %smq:%s'

説明 PIM6 は、メッセージキュー リソースを終了できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6 -3 - MQFLUSH Format: Couldnt flush %smq:%s'

説明 PIM6 は、メッセージキューから古いメッセージを削除できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6 -3 - MQLOOP_CREATE Format: Couldnt create %s mqloop:%s'

説明 PIM6 は、mqloop リソースを作成できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6 -3 - MQLOOP_START Format: Couldnt start %s mqloop'

説明 PIM6 は、mqloop リソースを初期化できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6 -3 - MQLOOP_SHUTDOWN Format: Couldnt shutdown %s mqloop'

説明 PIM6 は、mqloop リソースをシャットダウンできませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6 -3 - MQLOOP_REGHAND Format: Couldnt register all handlers for %s mqloop'

説明 PIM6 は、ハンドラ mqloop リソースを初期化できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6 -3 - SOCKET Format: socket() for %s failed: %s

説明 PIM6 が UDP ソケットを取得できませんでした。自動 RP は機能しません。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6 -3 - BIND Format: bind() on %s failed: %s

説明 PIM6 が UDP ソケットをバインドできませんでした。自動 RP は機能しません。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6 -3 - SETSOCKOPT Format: setsockopt() on %s failed: %s

説明 PIM6 が UDP ソケット操作に失敗しました。自動 RP は機能しません。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6 -3 - UDP_SENDTO Format: udp_sendto() on %s failed: %s

説明 PIM6 が UDP ソケットの送信に失敗しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6 -3 - M6RIB_ADD_ROUTE Format: M6RIB add route failed in %s

説明 PIM6 が、MRIB にルートを追加できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6 -3 - M6RIB_DEL_ROUTE Format: M6RIB delete route failed in %s

説明 PIM6 が、MRIB のルートを削除できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6 -3 - POLICY_INVALID_TYPE Format: Invalid RPML type %d in %s

説明 PIM6 が、RPM から無効なポリシータイプを受信しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6 -3 - POLICY_INVALID_BINDACK Format: Invalid RPM bind ack in %s

説明 PIM6 が RPM から無効なポリシー応答を受信しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6 -3 - BF_CREATE Format: Couldnt create %s bitfield'

説明 PIM6 が bitfield リソースを作成できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6 -3 - TIMER_CREATE Format: Couldnt create %s timer'

説明 PIM6 がタイマー リソースを初期化できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6 -3 - TIMER_START Format: Couldnt start %s timer'

説明 PIM6 がタイマー リソースを初期化できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6 -3 - TIMER_SET_INIT Format: Couldnt init %s active timerset'

説明 PIM6 がタイマー リソースを初期化できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6 -3 - U6RIB_CONTEXT Format: Couldnt get U6RIB VRF %s'

説明 PIM6 が URIB からユニキャスト ルーティング VRF を取得できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6 -3 - PIM6_CIB Format: Couldnt find PIM6 VRF for %s'

説明 PIM6 がその VRF 情報ブロックを取得できませんでした。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6 -3 - BF_CONVERT Format: bitfield_convert() failed

説明 PIM6 が、圧縮された bitfield の変換に失敗しました。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6 -3 - SHUTDOWN_FM Format: FM could not shut down PIM6 process

説明 FM が PIM6 プロセスをシャットダウンできませんでした。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6 -3 - UDP_READ Format: Error reading UDP socket

説明 UDP ソケット エラー

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6 -3 - OPCODE_REG Format: Could not register opcode 0x%x, reason %s

説明 オペレーション コードを登録できません。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6 -3 - SUBCR_INIT Format: Could not initialize shared database client for interfaces rc=0x%x [string]

説明 加入者 init を実行して、IM 共有された dbs にアクセスできません。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6 -3 - HEARTBEAT_TIMER Format: Unable to create heartbeat timer in %s

説明 ハートビート タイマーを作成できません。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6 -3 - SHARED_DB_PUB_INIT Format: Could not do shared database publisher initialization for interfaces rc=0x%x [string]

説明 共有 db パブリッシャの初期化を実行できません。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6 -3 - SYSMGR_DISPATCH Format: Error returned from sysmgr_dispatch(), errno: %s

説明 PIM6 が、エラーを返したシステム マネージャ API を呼び出しました。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6 -3 - MTS_RECV Format: Error returned from mts_recv(), errno: %s

説明 PIM6 が、エラーを返した MTS API を呼び出しました。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6 -3 - MTS_DROP Format: Error returned from mts_drop(), errno: %s

説明 PIM6 が、エラーを返した MTS API を呼び出しました。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6 -3 - INIT_MTS_SAP Format: mts_bind() failed in pim_init_mts(), errno: %s

説明 MTS SAP を開くことができませんでした。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6 -3 - MTS_INIT Format: Could not initialize MTS for %s

説明 オペレーション コードを登録できません。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6-3-CV_INIT Format: Couldnt init condvar %s'

説明 PIM6 プロセスは、条件変数リソースの初期化に失敗しました。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6-3-SM_CREATE Format: Couldnt create shm segment %s'

説明 PIM6 プロセスは、共有メモリ リソースの初期化に失敗しました。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6-3-SM_OPEN Format: Couldnt open shm segment %s'

説明 PIM6 プロセスは、共有メモリ リソースの初期化に失敗しました。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

エラー メッセージ PIM6-3-SM_CLOSE Format: Couldnt close shm segment %s'

説明 PIM6 プロセスは、共有メモリ リソースを削除できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6-3-ATTACH_SHM Format: Couldnt attach to shm of%s'

説明 PIM6 プロセスは、共有メモリ リソースを開くことができませんでした。

推奨処置 コアをダンプしてから、 restart CLI コマンドを使用してコンポーネントを再起動します。

PIM6-6

エラー メッセージ PIM6-6-SHUTDOWN Format: Shutting down PIM6 process

説明 PIM6 がシャットダウン要求を受信しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6-6-SHUTDOWN_SELF Format: PIM6 shutting self down

説明 PIM6 プロセスは、そのプロセス自体をシャットダウンしています。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6-6-RESTART_SHUTDOWN Format: PIM6 shutting self down via restart command

説明 restart コマンドにより、PIM6 プロセス自体をシャットダウンしています。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6-6-MQFLUSHED Format: Flushing %lu messages from %s mq

説明 メッセージ キューから古い残留メッセージを消去します。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6-6-MQLOOP_UNKNOWN_MSG Format: Received unknown message %d/%d

説明 PIM6 プロセスが不明なプロセス間メッセージを受信しましたが、ドロップしました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6-6-UNKNOWN_OPC Format: Received unknown mts opcode %d

説明 PIM6 プロセスが不明なプロセス間メッセージを受信しましたが、ドロップしました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

パラメータ:MTS オペレーション コード

エラー メッセージ PIM6-6-NBR_NEW Format: New neighbor %s learned on %s

説明 PIM6 は新しいネイバーから最初の Hello メッセージを受信しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

パラメータ:ネイバー IP アドレス、インターフェイス

エラー メッセージ PIM6-6-NBR_EXPIRY Format: Neighbor %s expired on %s

説明 Hello メッセージが欠落しているため、PIM6 ネイバー エントリが失効しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

パラメータ:ネイバー IP アドレス、インターフェイス

エラー メッセージ PIM6-6-IF_DEPEND Format: Removed interface (%s) has %s dependency

説明 削除されたインターフェイスに残っている設定があります。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6-6-PRESERVE_ROUTES Format: Preserving routes from last instantiation.

説明 PIM6 は、以前のインスタンスに追加していたルートを復元しています。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6-6-NEGATIVE_PREFIX Format: Group prefix %s/%d from RP %s has negative-bit set, ignore group entry

説明 RP は、グループ範囲をアドバタイズしてデンス モードにします。このインプリメンテーションでは、スパースモードのみがサポートされるため、グループ エントリは無視されます。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6-6-MAX_RPS Format: Cannot store bidir-RP %s, a maximum of %d are supported

説明 ハードウェアの制限により、保存可能な Bidir-PIM6 RP の最大数は制限されます。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6-6-STATE_LIMIT_WARNING Format: Exceeded 80% of the state-limit for VRF %s

説明 VRF のステート制限の 80% を超過しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PIM6-6-RESERVE_LIMIT_WARNING Format: Exceeded 80% of the reserve-limit for VRF %s

説明 VRF の予約制限の 80% を超過しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

PIXM メッセージ

ここでは、PIXM メッセージについて説明します。

PIXM-3

エラー メッセージ PIXM-3-PIXM_ERR: [chars].

説明 PIXM またはその他のアプリケーションに何らかのエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PIXM-3-PIXM_FAILURE: PIXM / PIXMC ERROR, [chars].

説明 PIXMC またはその他のアプリケーションがタイムリミットまでに応答しなかったか、あるいは何らかのエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PIXM-3-PIXM_SYSLOG_UPGRADE_OVER: [chars].

説明 PIXM は、スロットの UPGRADE_READY を受信する前に、UPGRADE_OVER を受信しました。

推奨処置 対処不要です。

PIXM-4

エラー メッセージ PIXM-4-PIXM_SEND_FAILURE: PIXM SEND FAILURE, [chars].

説明 PIXM は、PIXMC またはその他のアプリケーションに送信できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PIXM-4-PIXM_VDC_CLEANUP: VDC Cleanup, [chars].

説明 PC、MD、Mcast などのアプリケーションは、VDC グレースフル クリーンアップの LTL をクリーンアップしている必要があります。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PIXM-4-PIXM_WARN: [chars].

説明 PIXM またはその他のアプリケーションにマイナーな問題が発生しました。

推奨処置 対処不要です。

PLATFORM メッセージ

ここでは、PLATFORM メッセージについて説明します。

PLATFORM-0

エラー メッセージ PLATFORM-0-CHASSIS_CLKSW_MODULE_RESET: Modules reset due to clock switch.

説明 シャーシのクロック ソースが取り替わったため、すべての Vegas ラインカードはリセットされます。システムは、冗長クロック モジュールを使用して自動的に続行します。

推奨処置 クロック モジュールについては、プラットフォームのマニュアルを参照してください。

エラー メッセージ PLATFORM-0-CHASSIS_CLKSWITCH: Hardware clock switched to redundant clock-[dec].

説明 シャーシのクロック モジュールが障害を検出し、冗長クロック モジュールに切り替わりました。

推奨処置 show platform internal info を実行して、詳細情報を収集してください。

エラー メッセージ PLATFORM-0-CHASSIS_CLKSWRESET: Switch reset due to clock switch.

説明 シャーシのクロック ソースがエラーになったため、システムがリセットされます。システムは冗長クロック モジュールを使用して自動的に起動します。

推奨処置 クロック モジュールについては、プラットフォームのマニュアルを参照してください。

エラー メッセージ PLATFORM-0-FAIL_REMOVED: Fan module removed. Fan[dec] has been absent for [dec] seconds.

説明 ファン モジュールが取り外されています。放置すると、温度アラームにつながる可能性があります。

推奨処置 ただちにファン モジュールを交換してください。

エラー メッセージ PLATFORM-0-MOD_TEMPMAJALRM: [chars] reported Major temperature alarm. Sensor=[dec] Temperature=[dec] MajThreshold=[dec].

説明 スロットのモジュールがメジャー温度しきい値を超過しました。

推奨処置 show env temperature を実行して、詳細情報を収集してください。

エラー メッセージ PLATFORM-0-MOD_TEMPSHUTDOWN: [chars] powered down due to major temperature alarm for Sensor [dec].

説明 スロットのモジュールは、温度メジャーしきい値を超過したため、シャットダウンします。

推奨処置 show env temperature を実行して、詳細情報を収集してください。

エラー メッセージ PLATFORM-0-PFM_EMERGENCY: [chars].

説明 プラットフォーム緊急

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-0-SUP_SPROM_ERROR: Unable to read SPROM for Sup in slot [dec].

説明 スロットのスーパーバイザが、その SPROM を読み取ることができませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-0-SUP_WRONGSLOTNUM: Supervisor powered up in WRONG SLOT:[dec] (Serial number [chars]).

説明 スーパーバイザが誤ったスロットでアップしています。

推奨処置 スーパーバイザを正しいスロットに配置してください。

エラー メッセージ PLATFORM-0-SYS_LC_DRIVER_LOAD_FAILED: Failed to load linecard module drivers.

説明 ドライバをロードできませんでした。

推奨処置 イメージが破壊されている可能性があります。別のイメージのロードを試行してください。

エラー メッセージ PLATFORM-0-SYS_RESET: [chars] System shutdown in [dec] seconds.

説明 システムは数秒後にシャットダウンします。

推奨処置 show env temperature を実行して、詳細情報を収集してください。

エラー メッセージ PLATFORM-0-SYS_SHUTDOWN: System shutdown in [dec] seconds due to major temperature alarm.

説明 温度メジャーしきい値を超過したため、システムは数秒以内にシャットダウンします。

推奨処置 show env temperature を実行して、詳細情報を収集してください。

エラー メッセージ PLATFORM-0-SYS_SHUTDOWN_FAN_REMOVAL: System shutdown in [dec] seconds due to fan removal.

説明 ファン モジュールが取り外されたため、システムは数秒後にシャットダウンします。

推奨処置 show env fan を実行して、詳細情報を収集してください。

エラー メッセージ PLATFORM-0-SYS_SHUTDOWN_MDS9124_FAN_FAIL: System shutdown in [dec] seconds due to less than 4 fans operating.

説明 動作しているファンが 4 台未満のため、システムは数秒後にシャットダウンします。

推奨処置 show env fan を実行して、詳細情報を収集します。

エラー メッセージ PLATFORM-0-SYS_SUP_DRIVER_LOAD_FAILED: Failed to load supervisor module drivers.

説明 ドライバをロードできませんでした。

推奨処置 イメージが破壊されている可能性があります。別のイメージのロードを試行してください。

エラー メッセージ PLATFORM-0-XBAR_CARD_CLK_FAIL: Xbar card in slot:[dec] (Serial number [chars]) encountered clock failure.

説明 スロットの xbar でクロック障害が発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-0-XBAR_CARD_INCOMPAT_CHASSIS: Xbar card in slot:[dec] (Part number [chars]) Incompatible with backplane chassis Part Num:[chars].

説明 スロットの xbar は、バックプレーン シャーシと互換性がありません。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-0-XBAR_WRONGSLOTNUM: Xbar powered up in WRONG SLOT:[dec] (Serial number [chars]).

説明 スロットの xbar は、誤ったスロットで起動されました。

推奨処置 対処不要です。

PLATFORM-1

エラー メッセージ PLATFORM-1-FAN_FAIL: Fan module Failed.

説明 ファン モジュールが故障したため、交換が必要です。放置すると、過熱して温度アラームにつながります。

推奨処置 show platform internal info を実行して、詳細情報を収集してください。

エラー メッセージ PLATFORM-1-PFM_ALERT: [chars].

説明 プラットフォーム アラート

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-1-XBAR_PWRDENY: Xbar [dec] can not be powered up due to insufficient power (Serial number [chars]).

説明 電源装置の電力不足により、xbar の電源を投入できません。

推奨処置 show env power コマンドを使用して、有効電力および電流使用量を確認できます。電源装置の容量を上げる方法については、電源装置のマニュアルを参照してください。

PLATFORM-2

エラー メッセージ PLATFORM-2-CASA_FAN_FAIL: Fan module [dec] Failed.

説明 ファン モジュールが故障したため、交換が必要です。放置すると、過熱して温度アラームにつながります。

推奨処置 show platform internal info を実行して、詳細情報を収集します。

エラー メッセージ PLATFORM-2-CASA_FAN_OK: Fan module [dec] ok.

説明 ファン モジュールは正常です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-2-CHASSIS_CLKMODFAULTY: Chassis clock module [dec] faulty.

説明 シャーシのクロック モジュールが故障しているか、または取り外されました。

推奨処置 show platform internal info を実行して、詳細情報を収集します。

エラー メッセージ PLATFORM-2-CHASSIS_CLKMODOK: Chassis clock module [dec] ok.

説明 シャーシのクロック モジュールは正常に動作しています。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-2-CHASSIS_CLKSRC: Current chassis clock source is clock-[dec].

説明 現在のシャーシ クロック ソースが、エラー メッセージの原因です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-2-FAN_OK: Fan module ok.

説明 ファン モジュールは正常です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-2-FAN_REMOVED: Fan module [dec] (Serial number [chars]) [chars] removed.

説明 ファン モジュールが取り外されています。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-2-FANLET_FAN_FAIL: Failed Fanlets for Fan [dec] ([chars] fan) : [chars].

説明 指定されたファンが故障しました。放置すると、過熱して温度アラームにつながります。

推奨処置 show platform internal info を実行して、詳細情報を収集してください。

エラー メッセージ PLATFORM-2-FANMOD_FAN_FAIL: Fan module [dec] ([chars] fan) Failed/Removed.

説明 ファン モジュールが故障したため、交換が必要です。放置すると、過熱して温度アラームにつながります。

推奨処置 show platform internal info を実行して、詳細情報を収集してください。

エラー メッセージ PLATFORM-2-FANMOD_FAN_OK: Fan module [dec] ([chars] fan) ok.

説明 ファン モジュールは正常です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-2-MEMORY_ALERT: Memory Status Alert : [chars].

説明 メモリ アラート イベントを受信しました。

推奨処置 なし。

エラー メッセージ PLATFORM-2-MOD_ALL_PWRDN_NOXBAR: All modules powered down due to non-availability of xbar modules.

説明 すべての xbar モジュールがオフラインであるため、スイッチの全モジュールが停止しました。

推奨処置 エラーにより、モジュールが停止したと疑われる場合は、 show module show platform internal all module および show module internal all module を実行して詳細情報を収集してください。モジュールが機能するためには、少なくとも 1 つの xbar モジュールがなければなりません。

エラー メッセージ PLATFORM-2-MOD_PWRDENY: Module [dec] can not be powered up due to insufficient power (Serial number [chars]).

説明 電源装置の電力不足により、モジュールの電源を投入できません。

推奨処置 show env power コマンドを使用して、有効電力および電流使用量を確認できます。電源装置の容量を上げる方法については、電源装置のマニュアルを参照してください。

エラー メッセージ PLATFORM-2-MOD_PWRDN: Module [dec] powered down (Serial number [chars]).

説明 スロットのモジュールの電源が切断されました。

推奨処置 エラーにより、モジュールが停止したと疑われる場合は、 show module show platform internal all module および show module internal all module を実行して詳細情報を収集してください。

エラー メッセージ PLATFORM-2-MOD_PWRFAIL: Module [dec] failed to power up (Serial number [chars]).

説明 スロットのモジュールに電源を投入できませんでした。

推奨処置 show platform internal all module [decimal digit] を実行して、詳細情報を収集します。

エラー メッセージ PLATFORM-2-MOD_PWRIDPROM_SW_CARD_ID_UNKNOWN: Module [dec] failed to power up. Couldnt get SWID (from CARDID) in core_plugin.

説明 この CARDID のコア プラグインの SWID が欠落しているため、モジュールに電源を投入できません。

推奨処置 show platform internal all module および show module internal all module show sprom module を実行して、モジュールの IDPROM の内容を読み取り、詳細情報を収集します。

エラー メッセージ PLATFORM-2-MOD_PWRIDPROMFAIL: Module [dec] failed to power up due to IDPROM read error.

説明 IDPROM 読み取りエラーのため、モジュールに電源を投入できません。

推奨処置 show platform internal all module および show module internal all module show sprom module を実行して、モジュールの IDPROM の内容を読み取り、詳細情報を収集します。

エラー メッセージ PLATFORM-2-MOD_PWRUP: Module [dec] powered up (Serial number [chars]).

説明 スロット l[番号]のモジュールに電源が投入されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-2-MOD_PWRUP_XBAR: Modules powered up due to xbar availability.

説明 少なくとも 1 つまたは複数の xbar モジュールがオンラインであるため、モジュールが起動しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-2-MOD_REMOVE: Module [dec] removed (Serial number [chars]).

説明 スロットのモジュールが取り外されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-2-MOD_TEMPMINALRM: [chars] reported minor temperature alarm. Sensor=[dec] Temperature=[dec] MinThreshold=[dec].

説明 スロットのモジュールがマイナー温度しきい値を超過しました。

推奨処置 show env temperature を実行して、詳細情報を収集します。

エラー メッセージ PLATFORM-2-MOD_TEMPOK: [chars] recovered from minor temperature alarm. Sensor=[dec] Temperature=[dec] MinThreshold=[dec].

説明 スロットのモジュールがメジャー温度しきい値を超過しました。

推奨処置 show env temperature を実行して、詳細情報を収集します。

エラー メッセージ PLATFORM-2-MOD_TEMPRECOVER: [chars] recovered from major temperature alarm. Minor temperature alarm pending. Sensor=[dec] Temperature=[dec] MAJThreshold=[dec] MinThresh=[dec].

説明 スロットのモジュールがメジャー温度しきい値から回復しました。マイナーしきい値はまだ超過しています。

推奨処置 show env temperature を実行して、詳細情報を収集します。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PFM_CRITICAL: [chars].

説明 プラットフォーム クリティカル

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PFM_FATW_BUS_SWITCH: Backplane two wire [chars] bus connection fault caused bus switchover(BUS_A to BUS_B).

説明 BUS_A を使用すると一部のモジュールにアクセスできませんが、BUS_B を使用するとアクセスできます。

推奨処置 show platform internal err を実行します。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PFM_FATW_BUS_SWITCH_FAIL: Backplane two wire [chars] bus connection fault detected but failed to perform bus switchover(BUS_A to BUS_B).

説明 BUS_A を使用すると一部のモジュールにアクセスできませんが、BUS_B を使用するとアクセスできます。

推奨処置 show platform internal err を実行します。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PFM_LC_BOOT_DEV_ABSENT: No bootflash found in Module [dec].

説明 ブートフラッシュが見つかりません。

推奨処置 ブートフラッシュをモジュールに取り付けて、再試行してください。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PFM_LC_BOOT_DEV_FAIL: Bootflash access error in Module [dec].

説明 ブートフラッシュが不良である、あるいはファイルシステムが壊れています。

推奨処置 適切なブートフラッシュをモジュールに取り付けて再び試してください。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PFM_LC_MOD_POWERED_DOWN: Module [dec] Powered Down. Module is not supported in this chassis. (Chassis Incompatible card).

説明 モジュールがこのシャーシでサポートされていないため、モジュールが停止しました。(シャーシと互換性のないカード)。

推奨処置 show module を実行して、停止の原因を確認します。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PFM_LC_NETBOOT_FAIL: Netboot for Module [dec] failed.

説明 ネットブートがエラーになりました。

推奨処置 モジュールの BIOS を交換してみてください。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PFM_LC_REGISTRATION_FAIL: Could not register with Module [dec].

説明 モジュールを登録できませんでした。

推奨処置 モジュールを交換してみてください。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PFM_LC_STATUS: Module [dec] powered up with [dec] status.

説明 登録できなかったモジュールのステータスです。

推奨処置 モジュールを交換してみてください。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PFM_MODULE_POWER_OFF: Manual power-off of Module [dec] from Command Line Interface.

説明 ユーザがモジュールの電源オフを CLI から開始しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PFM_MODULE_POWER_OFF_TRIGGER: Power-off [chars] due to [chars] policy trigger.

説明 ポリシーのトリガーにより、モジュールの電源オフが開始されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PFM_MODULE_POWER_ON: Manual power-on of Module [dec] from Command Line Interface.

説明 ユーザがモジュールの電源投入を CLI から開始しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PFM_MODULE_RESET: Manual restart of Module [dec] from Command Line Interface.

説明 ユーザが CLI からモジュールのリロードを開始しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PFM_NETBOOT_DISABLE: Netboot for supervisor module in slot [dec] is disabled due to incompatible platform.

説明 スタンバイ スーパーバイザに電源を投入できませんでした。

推奨処置 スタンバイ スーパーバイザを交換してください。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PFM_PWR_MGMT_EPLD_VER_MISMATCH: Module [dec] Pwr Mgmt Epld (Version-[dec]) needs to be upgraded.

説明 間違ったバージョンの EPLD を使用すると、予期しない動作になる場合があります。

推奨処置 電源管理 EPLD をアップグレードします。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PFM_STDBY_POWERUP_FAIL: standby supervisor failed to powerup.

説明 スタンバイ スーパーバイザに電源を投入できませんでした。

推奨処置 スタンバイ スーパーバイザを交換してください。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PFM_SYSTEM_RESET: Manual system restart from Command Line Interface.

説明 ユーザが CLI からシステムのリロードを開始しました。

推奨処置 なし。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PFM_SYSTEM_RESET_TRIGGER: System restart due to [chars] policy trigger.

説明 ポリシー/トリガーにより、システムのリロードが開始されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PFM_SYSTEM_SHUTDOWN_TRIGGER: System shutdown due to [chars] policy trigger.

説明 ポリシー/トリガーにより、システムのシャットダウンが開始されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PFM_XBAR_RESET: Manual restart of Xbar [dec] from Command Line Interface.

説明 ユーザが CLI から xbar のリロードを開始しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PLUGIN_ABSENT: Module in slot[dec] (sw_card_id=[dec]) has missing plugin.

説明 プラグインがロードされていないため、LC に電源を投入できません。

推奨処置 対応するプラグインをロードします。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PS_ABSENT: Power supply [dec] is absent/shutdown, ps-redundancy might be affected.

説明 電源が欠如しています。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PS_AC_IN_MISSING: Power supply [dec] present but all AC inputs are not connected, ac-redundancy might be affected.

説明 電源は存在しますが、容量が不足しています。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PS_CAP_CHG: AC Input insertion/removal detected for power supply [dec]. This might results in change of total power available.

説明 AC ケーブルが接続されている、または外れている、あるいは AC 入力電力が回復している、または失われています。

推奨処置 show environment power および show platform internal info を実行して、詳細情報を収集します。電源装置の容量を増減する方法、電源装置を設定する方法などについては、電源装置のマニュアルを参照してください。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PS_CAPACITY_DIFFER: Detected power supplies with differing capacity. It is recommended to have same capacity for both powersupplies otherwise it may cause service disruptions.

説明 他の電源装置と容量が異なる電源装置を検出しました。

推奨処置 電源装置の容量の増減方法や、電源装置の設定方法については、電源装置のマニュアルを参照してください。また、詳細情報を収集するには、 show environment power および show platform internal info を実行してください。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PS_DETECT: Power supply [dec] detected but shutdown (Serial number [chars]).

説明 電源装置が検出されましたが、シャットダウンしました。

推奨処置 show environment power および show platform internal info を実行して、詳細情報を収集します。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PS_FAIL: Power supply [dec] failed or shutdown (Serial number [chars]).

説明 電源装置に障害が発生したか、電源装置がシャットダウンしました。

推奨処置 show environment power および show platform internal info を実行して、詳細情報を収集します。電源装置の容量を増減する方法、電源装置を設定する方法などについては、電源装置のマニュアルを参照してください。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PS_FANFAIL: Fan in Power supply [dec] failed.

説明 電源装置のファン モジュールが故障しました。

推奨処置 show environment power および show platform internal info を実行して、詳細情報を収集します。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PS_FANOK: Fan in Power supply [dec] ok.

説明 電源装置のファン モジュールは正常です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PS_MISMATCH: Detected power supply [chars]. This reduces the redundant power available to the system and can cause service disruptions (Serial number [chars]).

説明 既存の電源装置より低容量の、新しい電源装置が検出されました。

推奨処置 電源装置の容量の増減方法や、電源装置の設定方法については、電源装置のマニュアルを参照してください。また、詳細情報を収集するには、 show environment power および show platform internal info を実行してください。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PS_OK: Power supply [dec] ok (Serial number [chars]).

説明 電源装置は正常です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PS_REMOVE: Power supply [dec] removed (Serial number [chars].

説明 電源装置は取り外されています。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PS_REMOVE_LAST: Unexpected removal of last power supply [dec]. (Serial number [chars]).

説明 システムで唯一の電源装置が突然取り外されました。

推奨処置 電源装置が故障している可能性があります。シスコにお問い合わせの上、装置の交換を依頼してください。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PS_UNKNOWN: Detected an unknown power supply [dec] for CISCO Multilayer Switch (Serial number [chars]).

説明 電源装置のタイプを判別できません。デフォルトの電源装置タイプとみなされます。

推奨処置 電源装置の容量を増減する方法、電源装置を設定する方法などについては、電源装置のマニュアルを参照してください。

エラー メッセージ PLATFORM-2-PS_UNSUPPORTED: Detected an unsupported power supply [dec] [chars] for CISCO Multilayer Switch (Serial number [chars]).

説明 この電源装置は、シスコのマルチレイヤ スイッチではサポートされません。

推奨処置 電源装置の容量を増減する方法、電源装置を設定する方法などについては、電源装置のマニュアルを参照してください。

エラー メッセージ PLATFORM-2-SYS_IDPROMBAD: Chassis IDPROM [dec] data invalid.

説明 シャーシの IDPROM に無効なデータが含まれています。

推奨処置 show sprom module [decimal digit] 1 を実行して、モジュールの IDPROM の内容を読み取り、詳細情報を収集します。

エラー メッセージ PLATFORM-2-SYS_IDPROMBAD_RECOVER_FAIL: Chassis IDPROM [dec] data re-initialization Un-successful. Data is invalid.

説明 シャーシの IDPROM を再初期化できませんでした。データが無効です。

推奨処置 show sprom module を実行して、モジュールの IDPROM 内容を読み取り、詳細情報を収集します。

エラー メッセージ PLATFORM-2-SYS_IDPROMBAD_RECOVER_PASS: Chassis IDPROM [dec] data re-initialized successfully.

説明 シャーシの IDPROM の無効なデータが再初期化され、有効になりました。

推奨処置 show sprom module [decimal digit] 1 を実行して、モジュールの IDPROM の内容を読み取り、詳細情報を確認します。

エラー メッセージ PLATFORM-2-XBAR_REMOVE: Xbar [dec] removed (Serial number [chars]).

説明 スロットの xbar が取り外されました。

推奨処置 対処不要です。

PLATFORM-3

エラー メッセージ PLATFORM-3-EJECTOR_STAT_CHANGED: Ejectors' status in slot [dec] has changed, Ejector1 is [chars], Ejector2 is [chars].

説明 イジェクタのステータスが変更されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-3-MOD_PWRFAIL_EJECTORS_OPEN: Both ejectors open, Module [dec] will not be powered up (Serial number [chars]).

説明 両方のイジェクタが開いているため、モジュールに電源を投入できません。

推奨処置 show platform internal all module および show module internal all module show sprom xbar を実行して、モジュールの IDPROM の内容を読み取り、詳細情報を収集します。

エラー メッセージ PLATFORM-3-MOD_PWRFAIL_MULTI: Module [dec] failed to power up multiple times (Serial number [chars]).

説明 電源投入を 3 回試行してもモジュールに電源を投入できません。

推奨処置 show platform internal all module および show module internal all module show sprom xbar を実行して、モジュールの IDPROM の内容を読み取り、詳細情報を収集します。

エラー メッセージ PLATFORM-3-PFM_ERROR: [chars].

説明 プラットフォーム エラー

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-3-XBAR_PWRFAIL: Xbar [dec] failed to power up (Serial number [chars]).

説明 スロットの xbar に電源を投入できませんでした。

推奨処置 show platform internal all module [decimal digit] を実行して、詳細情報を収集します。

エラー メッセージ PLATFORM-3-XBAR_PWRFAIL_EJECTORS_OPEN: Both ejectors open, Xbar [dec] will not be powered up (Serial number [chars]).

説明 両方のイジェクタが開いているため、xbar に電源を投入できません。

推奨処置 show platform internal all module および show module internal all module show sprom xbar を実行して、モジュールの IDPROM の内容を読み取り、詳細情報を収集します。

エラー メッセージ PLATFORM-3-XBAR_PWRFAIL_MULTI: Xbar [dec] failed to power up multiple times (Serial number [chars]).

説明 電源投入を 3 回試行しても xbar に電源を投入できません。

推奨処置 show platform internal all module および show module internal all module show sprom xbar を実行して、モジュールの IDPROM の内容を読み取り、詳細情報を収集します。

エラー メッセージ PLATFORM-3-XBAR_PWRIDPROM_SW_CARD_ID_UNKNOWN: Xbar [dec] failed to power up. Couldnt get SWID (from CARDID) in core_plugin.

説明 この CARDID のコア プラグインの SWID が欠落しているため、xbar に電源を投入できません。

推奨処置 show platform internal all module および show module internal all module show sprom xbar を実行して、モジュールの IDPROM の内容を読み取り、詳細情報を収集します。

エラー メッセージ PLATFORM-3-XBAR_PWRIDPROMFAIL: Xbar [dec] failed to power up due to IDPROM read error.

説明 IDPROM 読み取りエラーのため、xbar に電源を投入できません。

推奨処置 show platform internal all module および show module internal all module show sprom xbar を実行して、モジュールの IDPROM の内容を読み取り、詳細情報を収集します。

PLATFORM-4

エラー メッセージ PLATFORM-4-MOD_TEMPFAIL: [chars] temperature sensor [dec] failed.

説明 故障した温度センサーがスロットのモジュールに含まれています。

推奨処置 show env temperature を実行して、詳細情報を収集します。

エラー メッセージ PLATFORM-4-PFM_FAN_FLTR_STATUS: Fan Filter status: [chars].

説明 ファン フィルタのステータス:あり/なし

推奨処置 show platform internal info を実行します。

エラー メッセージ PLATFORM-4-PFM_WARNING: [chars].

説明 プラットフォーム警告

推奨処置 対処不要です。

PLATFORM-5

エラー メッセージ PLATFORM-5-FAN_DETECT: Fan module [dec] (Serial number [chars]) [chars] detected.

説明 ファン モジュールが検出されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-5-FAN_STATUS: Fan module [dec] (Serial number [chars]) [chars] current-status is [chars].

説明 ファン モジュールのステータスが変更されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-5-MOD_DETECT: Module [dec] detected (Serial number [chars]) Module-Type [chars] Model [chars].

説明 スロットに新しいモジュールが検出されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-5-MOD_STATUS: Module [dec] current-status is [chars].

説明 スロットのモジュールのステータスが変更されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-5-PFM_NOTICE: [chars].

説明 プラットフォーム通告

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-5-PS_CAPACITY_CHANGE: Power supply PS[dec] changed its capacity. possibly due to power cable removal/insertion (Serial number [chars]).

説明 電源装置の容量の変化が検出されました。

推奨処置 電源装置の容量の増減方法や、電源装置の設定方法については、電源装置のマニュアルを参照してください。また、詳細情報を収集するには、 show environment power および show platform internal info を実行してください。

エラー メッセージ PLATFORM-5-PS_FOUND: Power supply [dec] found (Serial number [chars]).

説明 電源装置が検出されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-5-PS_STATUS: PowerSupply [dec] current-status is [chars] [chars].

説明 スロットのモジュールのステータスが変更されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-5-XBAR_DETECT: Xbar [dec] detected (Serial number [chars]).

説明 スロットに新しい xbar が検出されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PLATFORM-5-XBAR_PWRDN: Xbar [dec] powered down (Serial number [chars]).

説明 スロットの xbar[10進数]の電源が切れました。

推奨処置 エラーにより、モジュールが停止したと疑われる場合は、 show module xbar show platform internal all module および show module internal all module を実行して詳細情報を収集します。

エラー メッセージ PLATFORM-5-XBAR_PWRUP: Xbar [dec] powered up (Serial number [chars]).

説明 スロットの xbar が電源投入されました。

推奨処置 対処不要です。

PLATFORM-6

エラー メッセージ PLATFORM-6-PFM_INFO: [chars].

説明 プラットフォーム情報

推奨処置 対処不要です。

PLATFORM-7

エラー メッセージ PLATFORM-7-PFM_CLOCK_UPD_FAIL: Clock update failed due to context-switch delay of [dec] msec.

説明 システムは数秒後にシャットダウンします。

推奨処置 show env temperature を実行して、詳細情報を収集します。

PLOG メッセージ

ここでは、PLOG メッセージについて説明します。

PLOG-4

エラー メッセージ PLOG-4-PLOG_LC_EXIT: Persistent Logger encountered an error [dec].

説明 PLOG でエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

PLOG_SUP メッセージ

ここでは、PLOG_SUP メッセージについて説明します。

PLOG_SUP-4

エラー メッセージ PLOG_SUP-4-PLOG_SUP_EXIT: Persistent Logger encountered an error [dec].

説明 PLOG でエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

PM メッセージ

ここでは、PM メッセージについて説明します。

PM-2

エラー メッセージ PM-2-STARTUP_FAILURE Format: Failed to %s during startup. error %d

説明 PM プロセスのスタートアップ時にクリティカル操作が失敗しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

PM-3

エラー メッセージ PM-3-CLNT_FAILURE Format: Failed to %s from client

説明 PM クライアントの操作が失敗しました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ PM-3-ERROR Format: Failed to %s

説明 PM プロセスでクリティカル操作が失敗しました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ PM-3-MQ_SEND Format: Failed to send message %s (err: %s)

説明 メッセージ キューの送信操作が失敗しました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ PM-3-NO_MEM Format: Failed to allocate private memory for %s

説明 PM プロセスがプライベート メモリを使い果たしました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ PM-3-NO_MBUF Format: Failed to allocate mbuf %s

説明 PM プロセスがネットワーク バッファを使い果たしました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ PM-3-THR_CREATE Format: Failed to create %s thread. error %d

説明 スレッドの作成中に、障害が発生しました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ PM-3-UNK_MSG Format: Unrecognized message in %s thread. major type %d, minor type %d

説明 別のプロセスから不明なメッセージを受け取りました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ PM-3-UNK_MSG_MAJOR Format: Unrecognized message from %s. Major type %d

説明 別のプロセスから不明なメッセージ(メジャー)を受信しました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ PM-3-UNK_MSG_MINOR Format: Unrecognized message from %s. Minor type %d

説明 別のプロセスから不明なメッセージ(マイナー)を受信しました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ PM-3-RP2RP_ERR Format: %s

説明 他の RP との通信で障害が発生しました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ PM-3-CPI_ERR Format: %s

説明 CPI との通信で障害が発生しました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ PM-3-IPC_ERR Format: %s

説明 別のプロセスとの通信中に、障害が発生しました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ PM-3-ETH_STUB_ERR Format: %s

説明 イーサネット スタブ モジュールで障害が発生しました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ PM-3-INTERNAL_ERROR Format: %s

説明 PM プロセスで内部エラーが発生しました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ PM-3-DUP_REG_ERR Format: %s is already registered with PM

説明 1 つの PM クライアントが PM に 2 回以上登録しようとしました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ PM-3-ARG_ERR Format: Argument error (%s): %s

説明 PM 呼び出しに対する引数が無効です。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ PM-3-MSG_TO_TLV Format: TLV Conversion failed (%d)

説明 TLV 変換が失敗しました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ PM-3-TLV_TO_STRUCT Format: TLV to Struct Conversion failed (%d)

説明 TLV から構造体への変換に失敗しました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ PM-3-HA_UPDATE Format: HA update failed (%d)

説明 HA の更新が失敗しました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ PM-3-CLIENT_GET Format: HA client filter recovery failed (%d)

説明 HA クライアントのフィルタ復旧に失敗しました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ PM-3-IF_MEMB_GET Format: HA if-membership recovery failed (%d)

説明 HA if メンバシップ リカバリが失敗しました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ PM-3-VDC_MEMB_GET Format: HA vdc-membership recovery failed (%d)

説明 HA vdc メンバシップ リカバリが失敗しました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ PM-3-PSS_REGISTER Format: PSS register failed (%d)

説明 PSS 登録が失敗しました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ PM-3-PSS_API_INIT Format: Ksink pss API init failed (%d)

説明 Ksink pss API init が失敗しました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ PM-3-API_FAILED Format: External API failed (%d)

説明 外部 API が失敗しました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ PM-3-IF_INDEX Format: Invalid interface index received from %d

説明 無効なインターフェイス インデックスを受信しました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ PM-3-MTS_RECV Format: Error returned from mts_recv(), errno: %s

説明 PM が、エラーを返した MTS API を呼び出しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PM-3-MTS_DROP Format: Error returned from mts_drop(), errno: %s

説明 PM が、エラーを返した MTS API を呼び出しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PM-3-MTS_SEND Format: Failed to send message %s (err: %s)

説明 PM が、エラーを返した MTS API を呼び出しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

PM-5

エラー メッセージ PM-5-NOTICE Format: %s

説明 予期しないイベントが発生しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

PM-6

エラー メッセージ PM-6-IF_INIT Format: Interface %s has been initialised

説明 インターフェイスが初期化されました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PM-6-MSG Format: %s

説明 ユーザに対する一般的なメッセージ。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PM-6-MTS_UNKNOWN_MSG Format: Received unknown MTS message with opcde %d, dropping it

説明 PM が不明なメッセージを受信しました。このメッセージはドロップされます。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

PMALLOC メッセージ

ここでは、PMALLOC メッセージについて説明します。

PMALLOC-3

エラー メッセージ PMALLOC-3-MALLOC_ENABLE_CHECKER_INFO Format: %d bytes already allocated

説明 PMALLOC ライブラリで、一部のバイトがすでに割り当てられている場合の警告です。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PMALLOC-3-MALLOC_FAILURE Format: Malloc failure in %s

説明 PMALLOC ライブラリで、Malloc がエラーになりました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PMALLOC-3-NOT_ALLOCATED_SM_MALLOC_STR Format: %s failed in %s

説明 PMALLOC ライブラリで、メモリ ブロックが無効であるか、ブロック要求が超過しています。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PMALLOC-3-SEGMENT_NOT_INIT Format: Segment 0x%p not initialized for memory checking

説明 PMALLOC ライブラリで、セグメントがメモリ チェック用に初期化されていません。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PMALLOC-3-BITMAP_MEM_CHECK Format: Failed to allocate bitmap for memory checking in %s

説明 PMALLOC ライブラリで、プロセスがビットマップをメモリ チェック用に割り当てることができませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PMALLOC-3-MALLOC_ENABLE_CHECKER Format: Malloc enable checker failed in %s

説明 PMALLOC ライブラリで、プロセスがメモリ アクセスをオンにできませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PMALLOC-3-SM_INIT_CHECKING Format: %s failed in %s

説明 PMALLOC ライブラリで、機能を初期化できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

PMALLOC-6

エラー メッセージ PMALLOC-6-SBRK_FAILURE Format: sbrk failed in %s

説明 PMALLOC ライブラリで、MORECORE からの戻り値にエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PMALLOC-6-MMAP_SIZE Format: MMAP size is: %d

説明 PMALLOC ライブラリのメモリ マップ サイズ。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PMALLOC-6-LARGE_MEM Format: Large mem: shared %d

説明 PMALLOC ライブラリで、大量のメモリが要求されました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ PMALLOC-6-BLOCKED_MEMSEG_MUTEX Format: Blocked for memseg_mutex

説明 PMALLOC ライブラリで、memseg_mutex のプロセスがブロックされました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

PORT メッセージ

ここでは、PORT メッセージについて説明します。

PORT-3

エラー メッセージ PORT-3-IF_UNSUPPORTED_TRANSCEIVER: Transceiver for interface [chars] is not supported.

説明 認定ベンダーのトランシーバではありません。

推奨処置 このコマンド( show interface transceiver )は使用されているトランシーバを決別します。カスタマー サポートに連絡し、認定ベンダーのトランシーバのリストを入手してください。

PORT-5

エラー メッセージ PORT-5-IF_BRINGUP_ALLOWED_FCOT_CHECKSUM_ERR: Interface [chars] is allowed to come up even with SFP checksum error.

説明 このインターフェイスの SFP チェックサムがエラーになりました。

推奨処置 このインターフェイスで SFP を交換してください。

エラー メッセージ PORT-5-IF_BRINGUP_FAILED_ALL_ZERO_PEER_WWN_RCVD: Interface [chars], is not allowed to come up (received as all zeros wwn from peer.

説明 ピア インタフェースの設定をチェックします。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT-5-IF_BRINGUP_NOT_ALLOWED_PORT_CONFIG_FAILURE: Interface [chars] is not allowed to be operational due to port config failure for reason: [chars] ([hex]).

説明 インターフェイスの設定をチェックします。

推奨処置 インターフェイスの設定を現在使用できるハードウェア機能に変更してください。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_ADMIN_DOWN: Interface [chars] is down (Administratively down).

説明 インターフェイスが管理上のダウン状態に設定されています。

推奨処置 インターフェイスをアクティブにするには、 config terminal interface no shutdown の各コマンドを実行します。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_BIT_ERR_RT_THRES_EXCEEDED: Interface [chars] is down (Error disabled - bit error rate too high).

説明 ポートは、接続デバイスから受信したフレームの Bit Error Rate(BER; ビット誤り率)が高すぎることを検出しました。

推奨処置 接続デバイスをチェックし、必要に応じて交換します。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_BUNDLE_MISCFG: Interface [chars] is down (Isolation due to channel mis-configuration on local or remote switch).

説明 リンクで結ばれたポートの一方は PortChannel に組み込まれていて、もう一方は組み込まれていません。

推奨処置 PortChannel のメンバー ポートを追加または削除するときには、リンクの両側のポートを両方とも追加または削除する必要があります。両方とも追加または削除しないかぎり、どちらのポートに対しても操作は実行されません。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_CFG_CHANGE: Interface [chars] is down(Config change).

説明 再設定のため、FCIP インターフェイスが一時的にダウンしました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_CHANNEL_ADMIN_DOWN: Interface [chars] is down (Channel admin down).

説明 このインターフェイスは PortChannel に所属し、その PortChannel が管理上のダウン状態に設定されています。

推奨処置 このインターフェイスが所属する PortChannel インターフェイスで config terminal interface shutdown no shutdown の各コマンドを実行して、このインターフェイスをアクティブにします。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_CHANNEL_MEMBERSHIP_UPDATE_IN_PROGRESS: Interface [chars] is down (Channel membership update in progress).

説明 インターフェイスは PortChannel に所属し、その PortChannel の設定中に、インターフェイスの設定が試行されました。

推奨処置 設定を再試行してください。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_DENIED_DUE_TO_PORT_BINDING: Interface [chars] is down(Suspended due to port binding).

説明 ポートのバインディングによって拒否されたため、F ポートは保留状態です。

推奨処置 ポート バインディング データベースをチェックし、ホスト ポートがログインできるようにします。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_DOMAIN_ADDR_ASSIGN_FAILURE_ISOLATION: Interface [chars] is down (Isolation due to domain id assignment failure).

説明 ドメイン割り当て時のエラーが原因で、切り離されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_DOMAIN_INVALID_RCF_RECEIVED: Interface [chars] is down (Isolation due to invalid fabric reconfiguration).

説明 無効な RCF を受信しました。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_DOMAIN_MAX_RETRANSMISSION_FAILURE: Interface [chars] is down (Isolation due to domain manager other side not responding).

説明 リモート エンドのドメイン マネージャが応答しません。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_ELP_FAILURE_ISOLATION: Interface [chars] is down (Isolation due to ELP failure).

説明 インターフェイスで ELP エラーが発生しました。

推奨処置 ELP failure reason フィールドで show port internal info の出力をチェックしてください。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_ELP_FAILURE_ISOLATION_CLASSF_PARAM_ERR: Interface [chars] is down (Isolation due to ELP failure: class F param error).

説明 クラス F param エラーのため、インターフェイスで ELP エラーが発生しました。

推奨処置 接続スイッチ ポートを正しく設定し、操作をやり直してください。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_ELP_FAILURE_ISOLATION_CLASSN_PARAM_ERR: Interface [chars] is down (Isolation due to ELP failure: class N param error).

説明 クラス N param エラーのため、インターフェイスで ELP エラーが発生しました。

推奨処置 接続スイッチ ポートを正しく設定し、操作をやり直してください。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_ELP_FAILURE_ISOLATION_INVALID_PAYLOAD_SIZE: Interface [chars] is down (Isolation due to ELP failure: invalid payload size).

説明 ペイロード サイズが無効なため、インターフェイスで ELP エラーが発生しました。

推奨処置 接続スイッチ ポートを正しく設定し、操作をやり直してください。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_ELP_FAILURE_ISOLATION_INVALID_PORT_NAME: Interface [chars] is down (Isolation due to ELP failure: invalid port name).

説明 ポート名が無効なため、インターフェイスで ELP エラーが発生しました。

推奨処置 接続スイッチ ポートを正しく設定し、操作をやり直してください。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_ELP_FAILURE_ISOLATION_INVALID_SWITCH_NAME: Interface [chars] is down (Isolation due to ELP failure: invalid switch name).

説明 スイッチ名が無効なため、インターフェイスで ELP エラーが発生しました。

推奨処置 接続スイッチ ポートを正しく設定し、操作をやり直してください。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_ELP_FAILURE_ISOLATION_INVALID_TX_BBCREDIT: Interface [chars] is down (Isolation due to ELP failure: loopback detected).

説明 ループバック接続が検出されたため、インターフェイスで ELP エラーが発生しました。

推奨処置 別のスイッチ ポートに接続してから、操作をやり直してください。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_ELP_FAILURE_ISOLATION_LOOPBACK_DETECTED: Interface [chars] is down (Isolation due to ELP failure: invalid transmit B2B credit).

説明 伝送 B2B クレジットが無効なため、インターフェイスで ELP エラーが発生しました。

推奨処置 接続スイッチ ポートを正しく設定し、操作をやり直してください。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_ELP_FAILURE_ISOLATION_RATOV_EDTOV_MISMATCH: Interface [chars] is down (Isolation due to ELP failure: R_A_TOV or E_D_TOV mismatch).

説明 R_A_TOV または E_D_TOV のミスマッチのため、インターフェイスで ELP エラーが発生しました。

推奨処置 R_A_TOV および E_D_TOV の値を正しく設定し、操作をやり直してください。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_ELP_FAILURE_ISOLATION_REVISION_MISMATCH: Interface [chars] is down (Isolation due to ELP failure: revision mismatch).

説明 リビジョンのミスマッチのため、インターフェイスで ELP エラーが発生しました。

推奨処置 接続スイッチ ポートを正しく設定し、操作をやり直してください。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_ELP_FAILURE_ISOLATION_UNKNOWN_FLOW_CTL_CODE: Interface [chars] is down (Isolation due to ELP failure: invalid flow control code).

説明 フロー制御コードが無効なため、インターフェイスで ELP エラーが発生しました。

推奨処置 接続スイッチ ポートを正しく設定し、操作をやり直してください。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_ELP_FAILURE_ISOLATION_UNKNOWN_FLOW_CTL_PARAM: Interface [chars] is down (Isolation due to ELP failure: invalid flow control param).

説明 フロー制御パラメータが無効なため、インターフェイスで ELP エラーが発生しました。

推奨処置 接続スイッチ ポートを正しく設定し、操作をやり直してください。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_EPP_FAILURE: Interface [chars] is down (Error Disabled - EPP Failure).

説明 トランク プロトコル エラーが発生しました。

推奨処置 show port internal event-history msgs を入力してトランク プロトコルのやり取りを表示し、トランク プロトコルがエラーになった理由を調べます。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_ERROR_DISABLED: Interface [chars] is down (Error disabled).

説明 インターフェイスの設定中にそのインターフェイスでエラーが発生しました。

推奨処置 show port internal all interface [char] コマンドを使用し、エラーが発生したインターフェイスの詳細情報を収集します。多くの場合、インターフェイスで config terminal interface shutdown no shutdown の各コマンドを使用するか、光ファイバー ケーブルを取り外し、再度接続すると回復できます。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_ESC_FAILURE_ISOLATION: Interface [chars] is down (Isolation due to ESC failure).

説明 インターフェイスで ESC エラーが発生しました。

推奨処置 show port internal event-history の出力で ESC プロトコルのやり取りを調べて、エラーの状況を判別します。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_FABRIC_BIND_FAILURE: Interface [chars] is down(Isolation due to fabric bind failure).

説明 このポートでファブリック バインディング エラーが発生しました。

推奨処置 ファブリック バインディング データベースを調べて、リモート ポートがこのポートへの接続を許可されているかどうかを確認します。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_FCOT_NOT_PRESENT: Interface [chars] is down (FCOT not present).

説明 FCOT が取り外されました。

推奨処置 FCOT を挿入します。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_FCOT_VENDOR_NOT_SUPPORTED: Interface [chars] is down (Error disabled - FCOT vendor not supported).

説明 挿入された FCOT はサポートされていません。

推奨処置 カスタマー サポートに連絡し、認定ベンダーのトランシーバのリストを入手してください。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_HW_FAILURE: Interface [chars] is down (Hardware Failure).

説明 モジュール ハードウェアで障害が発生しました。

推奨処置 show module internal all module コマンドを使用して、障害が発生したモジュールに関する詳細情報を収集します。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_INCOMPATIBLE_ADMIN_MODE: Interface [chars] is down (Error disabled - Incompatible admin port mode).

説明 このインターフェイスでサポートされていないモードが設定されました。

推奨処置 show port internal info を実行して、このインターフェイスでサポートされているモードの一覧を表示します。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_INCOMPATIBLE_ADMIN_RXBUFSIZE: Interface [chars] is down (Error disabled - Incompatible admin port rxbufsize).

説明 サポートされていない受信バッファ サイズが設定されました。

推奨処置 show port internal info で、受信バッファの許容サイズを調べます。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_INCOMPATIBLE_ADMIN_SPEED: Interface [chars] is down (Error disabled - Incompatible admin port speed).

説明 このインターフェイスでサポートされていない速度が設定されました。

推奨処置 show port internal info を実行して、このインターフェイスでサポートされている速度の範囲を表示します。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_INITIALIZING: Interface [chars] is down (Initializing).

説明 インターフェイスがアクティブ化されている途中です。

推奨処置 しばらくこの状態が続く場合は、 show port internal event-history の出力を調べ、インターフェイスが待機している理由を判別します。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_INTERFACE_REMOVED: Interface [chars] is down (Interface removed).

説明 インターフェイスが削除されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_INVALID_ATTACHMENT: Interface [chars] is down(Invalid attachment).

説明 ピア ポートに、互換性のあるセキュリティ アトリビュートが設定されていません。

推奨処置 ピア ポートにローカル ポートと互換性のあるセキュリティ アトリビュートを設定してください。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_INVALID_CONFIG: Interface [chars] is down(Error disabled - Possible PortChannel misconfiguration).

説明 ローカル ポートとピア ポートに誤った PortChannel メンバシップが設定されています。

推奨処置 ローカル ポートおよびピア ポートを、両方とも同一 PortChannel のメンバーにするか、または両方ともどの PortChannel にも組み込まないようにしてください。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_INVALID_FABRIC_BINDING: Interface [chars] is down(Invalid fabric binding exchange).

説明 ファブリック バインディング エラーが発生しました。

推奨処置 ファブリック バインディング データベースをチェックします。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_LINK_FAILURE: Interface [chars] is down (Link failure).

説明 物理リンクが停止しました。

推奨処置 ケーブルが接続されているか、およびリモート エンドがシャットダウンされていないかどうかを確認します。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_LOCALLY_DISRUPTIVE_RECONFIGURATION: Interface [chars] is down (fcdomain applied a locally disruptive reconfiguration).

説明 Fcdomain が、ローカルに中断した再設定を適用しました(ローカル ドメインは無効になりました)。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_LOOPBACK_DIAG_FAILURE: Interface [chars] is down (Diag failure).

説明 インターフェイスで診断エラーが発生しました。

推奨処置 attach module コマンドを使用してモジュールに接続し、障害が発生したインターフェイスに関する詳細情報を収集します。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_LOOPBACK_ISOLATION: Interface [chars] is down (Isolation due to port loopback to same switch).

説明 インターフェイスが同一スイッチ上の別のインターフェイスにループバックされています。

推奨処置 このインターフェイスの接続を調べ、別のスイッチに接続されるようにします。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_MODULE_REMOVED: Interface [chars] is down (module removed).

説明 モジュールが取り外されたため、インターフェイスがダウン状態になりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_NON_PARTICIPATING: Interface [chars] is down (Non participating).

説明 ループ ポートが不参加モードになりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_NONE: Interface [chars] is down (None).

説明 インターフェイスがダウンになっている理由は不明です。

推奨処置 show port internal all interface コマンドを使用して、ポートに関する詳細情報を収集し、ダウンした理由を判別します。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_NOS_RCVD: Interface [chars] is down (NOS received).

説明 物理リンクが停止しました。

推奨処置 ケーブルが接続されているか、およびリモート エンドがシャットダウンされていないかどうかを確認します。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_OFFLINE: Interface [chars] is down (Offline).

説明 インターフェイスがオフラインになりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_OHMS_EXTERNAL_LB_TEST: Interface [chars] is down(External loopback test).

説明 外部ループバック テスト

推奨処置 完了するまで待機してください。これには時間を要する場合があります。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_OLS_RCVD: Interface [chars] is down (OLS received).

説明 物理リンクが停止しました。

推奨処置 ケーブルが接続されているか、およびリモート エンドがシャットダウンされていないかどうかを確認します。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_PARENT_ADMIN_DOWN: Interface [chars] is down (Parent interface down).

説明 親インターフェイスがダウン状態です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_PORT_ACT_LICENSE_NOT_AVAILABLE: Interface [chars] is not allowed to come up (port activation license not available.

説明 ポート アクティベーション ライセンスをこのポートに割り当てるか、必要な場合、新たにアクティベーション ライセンスをインストールします。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_PORT_CHANNEL_MEMBERS_DOWN: Interface [chars] is down (No operational members).

説明 これは PortChannel インターフェイスであり、その全メンバーが動作上ダウン状態です。

推奨処置 PortChannel の 1 つ以上のメンバーを有効にします。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_SOFTWARE_FAILURE: Interface [chars] is down (Port software failure).

説明 ポート上のデータ パスを処理するソフトウェアでエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_SRC_PORT_NOT_BOUND: Interface [chars] is down (Tunnel port src interface unbound).

説明 トンネル ポート送信元インターフェイスがバインドされていません。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_SUSPENDED: Interface [chars] is down (Suspended).

説明 このインターフェイスは PortChannel に所属しています。アクティブになるときにエラーが発生したため、保留状態になっています。

推奨処置 ほとんどの場合、インターフェイスで config terminal interface [char] shutdown no shutdown の各コマンドを使用すると回復できます。これが再発する場合は、インターフェイスで show port internal all interface [char] の出力を入手してください。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_SUSPENDED_BY_MODE: Interface [chars] is down (Suspended due to incompatible mode).

説明 このインターフェイスは PortChannel に所属していますが、インターフェイスの動作モードと PortChannel の動作モードが異なります。

推奨処置 PortChannel のモードおよびトランキング モードを auto 以外に変更し、インターフェイスのリモート エンドも同じ PortChannel に所属しているかどうかを確認します。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_SUSPENDED_BY_SPEED: Interface [chars] is down (Suspended due to incompatible speed).

説明 このインターフェイスは PortChannel に所属していますが、インターフェイスの動作速度モードと PortChannel の動作速度モードが異なります。

推奨処置 PortChannel の速度を auto 以外に変更し、インターフェイスのリモート エンドも同じ PortChannel に所属しているかどうかを確認します。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_TOO_MANY_INTR: Interface [chars] is down (Error disabled - too many interrupts).

説明 ポートがハードウェアの割り込みを大量に受信しました。

推奨処置 接続デバイスをチェックし、必要に応じて交換します。

エラー メッセージ PORT-5-IF_DOWN_UPGRADE_IN_PROGRESS: Interface [chars] is down (Linecard upgrade in progress).

説明 ラインカード ソフトウェアをアップグレードしています。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT-5-IF_UP: Interface [chars] is up [chars].

説明 インターフェイスは指定されたモードで(該当する場合)アップ状態です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT-5-MODULE_BRINGUP_NOT_ALLOWED: Not allowing module [dec] to come up for reason: [chars] ([hex]).

説明 現在のシステム状態のため、モジュールが動作状態になることができません。

推奨処置 show module <x コマンドを使用します。

エラー メッセージ PORT-5-MODULE_INDEX_RESTORE_ERROR: Error in restoring indices for module [dec]: reason [chars] ([hex]).

説明 インデックスのオーバーラップのためにモジュール インデックスの復元が失敗する場合があります。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT-5-MODULE_UNLIMITED_OSM_SEQ_FAILED: Enable/Disable of unlimited oversubscription failed for module [dec].

説明 モジュールのインターフェイスが不確定な状態にある可能性があります。

推奨処置 モジュールをリロードします。

PORT_CHANNEL メッセージ

ここでは、PORT_CHANNEL メッセージについて説明します。

PORT_CHANNEL-1

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-1-LC_CFG_FAILURE: configuring module [dec] failed [[chars]].

説明 モジュールを設定できませんでした。

推奨処置 モジュールは自動的にリセットされます。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-1-MALLOC_FAILED: cannot allocate memory (size [dec]).

説明 メモリが不足しています。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-1-MAP_PARAM_FAILURE: mapping parameter failed for [chars] [[chars]].

説明 パラメータをマッピングできませんでした。

推奨処置 指定されたサービスの動作が不良です。そのステータスをチェックしてください。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-1-MCAST_SEND_FAILURE: failed to send multicast [chars]: [chars].

説明 すべてのモジュールにマルチキャスト メッセージを送信することができませんでした。通常は、一部のモジュールが停止していたことが原因です。

推奨処置 show port-channel consistency を実行して、整合性をチェックします。

PORT_CHANNEL-2

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-2-RESET_MODULE: reset module [dec] for not responding or returning error.

説明 応答がないか、またはエラーが返されたため、モジュールがリセットされました。

推奨処置 対処不要です。

PORT_CHANNEL-3

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-3-COMPAT_CHECK_FAILURE: [chars] is not compatible.

説明 ポート チャネルにポートを追加するとき、互換性チェック エラーが発生しました。

推奨処置 ポート チャネルにポートを追加するとき、互換性パラメータを一致させるようにするか、または強制オプションを使用します。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-3-GENERAL_ERROR: [chars].

説明 一般エラーです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-3-MSG_SEND_FAILURE: failed to send [chars] to sap [dec]: [chars].

説明 メッセージを送信できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-3-PORT_CHANNEL_NOT_FOUND: [chars] is not found.

説明 対応するデータベースにポート チャネルが登録されていません。これは外部コンポーネントと矛盾していることを意味します。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-3-TIMEOUT: timed out after [dec] seconds [type [chars], state [chars]].

説明 一部の操作がタイムアウトになりました。

推奨処置 show port-channel consistency を実行して、すべてのモジュールの接続性と整合性をチェックします。

PORT_CHANNEL-4

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-4-PORT_CFG_DELETED: [chars] removed from [chars] (different module inserted).

説明 同じスロットに異なるモジュールが搭載されたため、ポート チャネルからポートが削除されました。

推奨処置 ポート チャネルから一部のポートを失いました。新しいモジュールのポートを同じポート チャネルに追加するかどうか確認します。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-4-PORT_INDIVIDUAL: port [chars] is operationally individual.

説明 ポート チャネルの一部としてローカルかリモートで設定されているにもかかわらず、ポートが個別リンクとして動作しています。

推奨処置 ローカルおよびリモートでポートの設定をチェックし、ポート チャネルの一部として動作できるようにします。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-4-PORT_NOT_FOUND: port [chars] is not part of port-channel.

説明 対応するポート チャネル データベースにポートが登録されていません。これは外部コンポーネントと矛盾していることを意味します。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-4-RACE_WARN: [chars].

説明 レース コンディションに対する警告です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-4-UNEXPECTED_RESPONSE: unexpected response [chars] from [chars].

説明 想定外の応答を受信したため廃棄しました。

推奨処置 対処不要です。

PORT_CHANNEL-5

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-5-AUTO_CREATE_FAILURE: [chars] [chars].

説明 ポートにおける自動作成プロセスでエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-5-CREATED: [chars] created.

説明 ポート チャネルが作成されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-5-DELETED: [chars] deleted.

説明 ポート チャネルが削除されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-5-FOP_CHANGED: [chars]: first operational port changed from [chars] to [chars].

説明 ポート チャネル内の動作可能な最初のポートが変更されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-5-MAX_CHANNEL_DISALLOWED: Module failed to come online because port channel interface <port-channel number.

説明 スイッチに設定されている PortChannel 番号が 128 を超えています。

推奨処置 問題の<ポート チャネル インターフェイスの設定を削除します。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-5-PORT_ADDED: [chars] added to [chars].

説明 ポートがポート チャネルに追加されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-5-PORT_DOWN: [chars]: [chars] is down.

説明 ポート チャネルでポートがダウンしました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-5-PORT_REMOVED: [chars] removed from [chars].

説明 ポートがポート チャネルから削除されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-5-PORT_UP: [chars]: [chars] is up.

説明 ポート チャネルでポートがアップしました。

推奨処置 対処不要です。

PORT_CHANNEL-6

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-6-RESYNC: resyncing [chars] with all modules.

説明 エラーまたはスイッチオーバー後、sup とモジュールを再同期化しています。

推奨処置 対処不要です。

PORT_CHANNEL-7

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-7-GSYNC_DONE: global synchronization is done.

説明 ポート チャネル マネージャがグローバル同期化を完了しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-7-GSYNC_REQ: requesting global synchronization.

説明 ポート チャネル マネージャがアクティブ sup からグローバル同期化を要求しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-7-START_ACTIVE: started in active mode.

説明 ポート チャネル マネージャがアクティブ モードで起動しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-7-START_DEFAULT: started with default configuration.

説明 ポート チャネル マネージャがデフォルトの設定で起動しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-7-START_STANDBY: started in standby mode.

説明 ポート チャネル マネージャがスタンバイ モードで起動しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-7-START_STATEFUL: started statefully.

説明 ポート チャネル マネージャが実行コンフィギュレーションで起動しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-7-START_STATELESS: started statelessly.

説明 ポート チャネル マネージャがスタートアップ コンフィギュレーションで起動しました。

推奨処置 対処不要です。

PORT_SECURITY メッセージ

ここでは、PORT_SECURITY メッセージについて説明します。

PORT_SECURITY-2

エラー メッセージ PORT_SECURITY-2-ALLOC_FAILED: Memory allocation failed for size:[dec] for [chars].

説明 エラー メッセージの原因は、メモリ割り当てのエラーです。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

エラー メッセージ PORT_SECURITY-2-FEATURE_DISABLED: Feature [chars] disabled due to [chars].

説明 機能は利用できません。まもなく無効になります。

推奨処置 正しいライセンスをインストールして有効に戻してください。

PORT_SECURITY-3

エラー メッセージ PORT_SECURITY-3-BINDING_CONFLICT: [chars].

説明 すでにログインしているデバイスが PSM のアクティブ バインディング設定と矛盾しています。[chars] は、ログイン エンティティの WWN、インターフェイスを表します。

推奨処置 ポート セキュリティでは、自動学習機能を使用してアクティベーションを行い、これを防止することができます。この違反デバイスまたはスイッチはログアウトされます。

エラー メッセージ PORT_SECURITY-3-BINDING_VIOLATION: [chars].

説明 PSM バインディング設定に違反するログインが発生しました。[chars] は、ログイン エンティティの WWN を表します。

推奨処置 PSM のアクティブ データベースのエントリのみログインできます。設定を変更し、再びアクティブにしてください。

エラー メッセージ PORT_SECURITY-3-DB_ERR: [chars].

説明 PSM のデータベース操作中にエラーが発生しました。[chars] にエラーの理由が表示されます。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

エラー メッセージ PORT_SECURITY-3-EFMD_FC2_OPER_FAILED: [chars].

説明 Exchange Fabric Membership Data(EFMD)のファイバ チャネル レイヤ 2(fc2)操作がエラーになりました。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

エラー メッセージ PORT_SECURITY-3-EFMD_INIT_FAILED: [chars].

説明 EFMD を初期化できませんでした。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

エラー メッセージ PORT_SECURITY-3-EFMD_MERGE_UNKNOWN_FORMAT: [chars].

説明 受信した EFMD 要求パケットは壊れています。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

エラー メッセージ PORT_SECURITY-3-INIT_FAIL: [chars].

説明 PSM の初期化中にエラーが発生しました。エラーの理由が表示されます。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

エラー メッセージ PORT_SECURITY-3-LEARNT_BINDING_CONFLICT: [chars].

説明 アクティベーション時に学習され、すでにログインしているデバイスが、PSM のアクティブ バインディング設定と矛盾しています。ログイン エンティティの WWN、インターフェイスが表示されます。

推奨処置 アクティブ データベースを設定データベースにコピーして再びアクティブにします。そうしないと、あとでそのインターフェイスにログインしようとしたときに、予期に反してログインが拒否される可能性があります。

エラー メッセージ PORT_SECURITY-3-MTS_ERR: [chars].

説明 Messaging and Transaction Service(MTS)メッセージの処理中にエラーが発生しました。[chars] は発生したエラーを表します。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

エラー メッセージ PORT_SECURITY-3-PSS_ERR: [chars].

説明 PSM の Persistent Storage Service(PSS)操作中にエラーが発生しました。エラーの原因となった PSS 操作が表示されます。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

エラー メッセージ PORT_SECURITY-3-PSS_VER_FAIL: PSS file [chars] has version [dec].[dec].[dec], expected version [dec].[dec].[dec].

説明 PSS バージョンがミスマッチでした。PSS サービス、現在のバージョン番号、および予想されたバージョン番号がのミスマッチが表示されます。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

PORT_SECURITY-4

エラー メッセージ PORT_SECURITY-4-ACTIVATION_FAIL: [chars].

説明 バインディングのアクティベーションが失敗しました。

推奨処置 エラーを訂正して再びアクティブにします。

PORT_SECURITY-6

エラー メッセージ PORT_SECURITY-6-INFO: [chars].

説明 PSM に影響を及ぼすイベントが発生しました。イベントの内容が表示されます。

推奨処置 対処不要です。

PRIVATE-VLAN メッセージ

ここでは、PRIVATE-VLAN メッセージについて説明します。

PRIVATE-VLAN-5

エラー メッセージ PRIVATE-VLAN-5-PVLAN_ASSOC_DOWN_FAILED: Failed to bring down the association between [dec] & [dec].

説明 アソシエーションをダウンできませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PRIVATE-VLAN-5-PVLAN_ASSOC_UP_FAILED: Failed to bring up the association between [dec] & [dec].

説明 アソシエーションをアップできませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PRIVATE-VLAN-5-PVLAN_DISABLE_FAILED: Disabling of private-VLAN failed. Either shutdown these ports or remove them from private-VLAN mode: [chars].

説明 プライベート VLAN をディセーブルできませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PRIVATE-VLAN-5-PVLAN_DISABLED: PVLAN Disabled.

説明 PVLAN サービスがディセーブルになりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PRIVATE-VLAN-5-PVLAN_ENABLED: PVLAN Enabled.

説明 PVLAN サービスがイネーブルになりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PRIVATE-VLAN-5-PVLAN_VLANMGR_FAILURE: Cannot restore association operational state. Failed to communicate with VLAN manager.

説明 アソシエーションの操作ステータスを回復できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

PROC_MGR-SLOT# メッセージ

ここでは、PROC_MGR-SLOT# メッセージについて説明します。

PROC_MGR-SLOT#-2

エラー メッセージ PROC_MGR-SLOT#-2-ERR_MSG: [chars].

説明 プロセス マネージャ エラーです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PROC_MGR-SLOT#-2-MESG: [chars].

説明 プロセス マネージャ情報

推奨処置 プロセス マネージャ情報

エラー メッセージ PROC_MGR-SLOT#-2-PROC_MGR_APP_CRIT_ERROR: ERROR: Critical error determined for app ([chars]) status=[dec] signal=[dec].

説明 アプリケーションが原因でクリティカル エラーが発生しました。

推奨処置 ラインカードを再起動します。

エラー メッセージ PROC_MGR-SLOT#-2-PROC_MGR_APP_EXITED: ERROR: Application ([chars]) exited with status=[dec] signal=[dec].

説明 アプリケーションが終了しました。

推奨処置 アプリケーションをチェックします。

エラー メッセージ PROC_MGR-SLOT#-2-PROC_MGR_COMP_CATASTROPHIC_ERROR: ERROR: Component ([chars]) caused critical error and linecard will be rebooted.

説明 コンポーネントが原因でクリティカル エラーが発生しました。

推奨処置 ラインカードを再起動します。

エラー メッセージ PROC_MGR-SLOT#-2-PROC_MGR_COMP_CRIT_ERROR: ERROR: Critical error determined for component ([chars]) errno=[dec].

説明 コンポーネントのクリティカル エラーです。

推奨処置 ラインカードを再起動します。

エラー メッセージ PROC_MGR-SLOT#-2-PROC_MGR_COMP_DEP_FAIL: ERROR: Dependency failure - Component ([chars]) depends on ([chars]).

説明 コンポーネントの依存関係エラーです。

推奨処置 コンポーネントが存在するかどうかチェックします。

エラー メッセージ PROC_MGR-SLOT#-2-PROC_MGR_COMP_NOT_INSTALLED: ERROR: Component ([chars]) could not be installed errno=[dec].

説明 コンポーネントがインストールされていません。

推奨処置 コンポーネントが存在するかどうかチェックします。

エラー メッセージ PROC_MGR-SLOT#-2-PROC_MGR_COMP_TIMEOUT: ERROR: Component ([chars]) did not exit and time out occurred.

説明 コンポーネントの初期化がタイムアウトになりました。

推奨処置 コンポーネントをチェックします。

エラー メッセージ PROC_MGR-SLOT#-2-PROC_MGR_MTS_CORE_CLIENT_FAIL: ERROR: MTS message to core_client FAILED errno=[dec].

説明 コア クライアントへのメッセージ エラーが発生しました。

推奨処置 ラインカードを再起動します。

エラー メッセージ PROC_MGR-SLOT#-2-PROC_MGR_QUIT: Process manager quitting because: [chars].

説明 プロセス マネージャが終了します。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PROC_MGR-SLOT#-2-PROC_MGR_RM_KLM_SCRIPT: Removed: KLM/Script [[chars]] in [dec] sec [dec] usec.

説明 Kernel-Loadable Module(KLM)スクリプトが削除されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PROC_MGR-SLOT#-2-PROC_MGR_STOP_PROC: Process [[chars]] exited in [dec] sec [dec] usec.

説明 プロセスが停止しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PROC_MGR-SLOT#-2-PROC_MGR_TERM_TIME: * Termination took [dec] sec [dec] usec *.

説明 プロセス マネージャ終了の所用時間です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PROC_MGR-SLOT#-2-PROC_MGR_UT_PEEK_FAIL: ERROR: Unable to peek on utaker queue.

説明 utaker キューの照合エラーが発生しました。

推奨処置 ラインカードを再起動します。

エラー メッセージ PROC_MGR-SLOT#-2-PROC_MGR_UT_SEM_ALLOC_FAIL: ERROR:Failed to allocate utaker semaphore: [dec].

説明 utaker セマフォ割り当てエラーが発生しました。

推奨処置 ラインカードを再起動します。

エラー メッセージ PROC_MGR-SLOT#-2-PROC_MGR_UT_SEM_GET_FAIL: ERROR:[chars] [dec]: Failed to get utaker semaphore: [dec].

説明 utaker セマフォ取得エラーが発生しました。

推奨処置 ラインカードを再起動します。

エラー メッセージ PROC_MGR-SLOT#-2-PROC_MGR_UT_SEM_GIVE_FAIL: ERROR:[chars] [dec]: Failed to give utaker semaphore: [dec].

説明 utaker セマフォ提供エラーが発生しました。

推奨処置 ラインカードを再起動します。

エラー メッセージ PROC_MGR-SLOT#-2-PROC_MGR_UT_SEM_TAKE_FAIL: ERROR:[chars] [dec]: Failed to take utaker semaphore: [dec].

説明 utaker セマフォ使用エラーが発生しました。

推奨処置 ラインカードを再起動します。

PROC_MGR-SLOT#-4

エラー メッセージ PROC_MGR-SLOT#-4-PROC_MGR_APP_NOT_RESP: ERROR: Process ([chars]) is not responding,it will be terminated.

説明 アプリケーションがハートビートを送信していません。

推奨処置 アプリケーションをチェックします。

PSS メッセージ

ここでは、PSS メッセージについて説明します。

PSS-0

エラー メッセージ PSS-0-PSS_NO_MORE_PAGES: [chars]: needs more working pages.

説明 サービス用の作業ページ バッファが不足しています。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

エラー メッセージ PSS-0-PSS_READ_DATA_FAILURE: [chars].

説明 PSS がデータを読み取ることができません。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PSS-0-PSS_SYNC_DATA_FAILURE: [chars]: failed to sync data to [chars]: [chars].

説明 ファイル システムまたはディスク エラーのため、PSS がデータを同期化できません。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PSS-0-PSS_SYNC_LOG_FAILURE: [chars]: failed to sync log: [chars].

説明 ファイル システムまたはディスク エラーのため、PSS がログを同期化できません。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PSS-0-PSS_UNKNOWN_LOG: [chars]: unknown log type [hex] at offset [dec].

説明 不明なログ エントリがあります。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PSS-0-PSS_WRITE_DATA_FAILURE: [chars]: failed to write data to [chars] block [dec]: [chars].

説明 ファイル システムまたはディスク エラーのため、PSS がデータを書き込めません。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PSS-0-PSS_WRITE_LOG_FAILURE: [chars]: failed to write log: [chars] . PSS cannot write log due to filesystem or disk error.

説明 エラー メッセージの原因は、ログの書き込みエラーです。

推奨処置 対処不要です。

PSS-1

エラー メッセージ PSS-1-PSS_INVALID_MAGIC: [chars]: database [chars] has invalid magic number [hex].

説明 マジック ナンバーが無効の破損データベースが PSS によって検出されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PSS-1-PSS_META_READ_ERROR: [chars]: cannot read meta page from [chars]: [chars].

説明 PSS がデータベースのメタ ページを読み取ることができません。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PSS-1-PSS_STAT_ERROR: [chars]: cannot stat [chars]: [chars].

説明 PSS がデータベースで FSTAT を実行できません。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PSS-1-PSS_VERSION_MISMATCH: [chars]: found version mismatch in [chars].

説明 バージョンのミスマッチが原因でフォーマットを認識できないデータベースが、PSS によって検出されました。

推奨処置 イメージのアップグレードが適切に実行されませんでした。最後の手段としては、write erase コマンドを実行してこの問題を解決してください。

PSS-2

エラー メッセージ PSS-2-PSS_INVALID_SIZE: [chars]: database [chars] ([chars]) has invalid size [dec] (block size [dec]).

説明 サイズが無効のデータベースが PSS によって検出されました。クラッシュが原因と考えられます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PSS-2-PSS_MISSING_FILE: [chars]: database [chars] missing [chars] file.

説明 PSS データベースが不完全です。クラッシュが原因と考えられます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PSS-2-PSS_RECOVERY_FAILED: [chars]: failed to recover [chars].

説明 PSS 回復エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

PSS-4

エラー メッセージ PSS-4-PSS_CLEANUP: [chars]: cleaning up [chars].

説明 PSS が残存ファイルまたは破損ファイルを削除しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PSS-4-PSS_RECOVERY_ENDED: [chars]: recovered [chars] successfully.

説明 PSS の回復が完了しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PSS-4-PSS_RECOVERY_STARTED: [chars]: recovering [chars]: [dec] valid transactional records.

説明 PSS が以前打ち切られたトランザクションの回復作業を開始しました。

推奨処置 対処不要です。

PSS-5

エラー メッセージ PSS-5-PSS_CONVERT_FORMAT: [chars]: converting pss format: [chars].

説明 PSS のフォーマットを変換中です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PSS-5-PSS_CONVERT_LAYOUT: [chars]: converting pss layout: [chars] (params [dec]/[dec]/[dec]. PSS layout is being converted.

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ PSS-5-PSS_SHRINK: [chars]: shrinking pss: [chars].

説明 空き容量を削除するため PSS を縮小中です。

推奨処置 対処不要です。

PT メッセージ

ここでは、PT メッセージについて説明します。

PT-4

エラー メッセージ PT-4-PT_WARNING Format: %s

説明 パトリシア ツリー API 警告。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ QOS-2-EXITING: Exit reason: [chars].

説明 QoS マネージャ プロセスが終了しました。プロセスは自動的に再起動されたはずです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ QOS-2-GENERAL_ERROR: [chars].

説明 QoS マネージャでクリティカル エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ QOS-2-INITFAIL: QoS Manager Initialization failed: [chars].

説明 QoS マネージャを初期化できませんでした。エラー メッセージにエラーの理由が表示されます。

推奨処置 対処不要です。

QOS メッセージ

ここでは、QOS メッセージについて説明します。

QOS-2

エラー メッセージ QOS-2-MALLOC_ERROR: Size [dec] bytes.

説明 QoS マネージャはメモリを割り当てることができませんでした。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

エラー メッセージ QOS-2-PSS_ERROR: [chars]: PSS returned value=[dec].

説明 QoS マネージャで、永続ストレージ データベースの操作時にエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ QOS-2-STDOUT_ROTATE_FAILURE: Failed to rotate stdout file: [chars].

説明 QOS マネージャが、ファイル名で現在の標準出力ファイルを循環できませんでした。ファイル サイズが最大限度を超えてしまう可能性があります。

推奨処置 対処不要です。

QOS-3

エラー メッセージ QOS-3-ALLOCFAIL: Heap Memory allocation failed: [chars].

説明 QoS マネージャのダイナミック メモリが不足しています。エラー メッセージにエラーが発生したコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ QOS-3-DBERROR: [chars].

説明 QoS マネージャでデータベース エラーが発生しました。エラー メッセージにエラーが発生したコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ QOS-3-E_PORT_ACL_FAILURE: Failed to [chars] QOS ACL for interface [chars] (ACL return code=[hex]).

説明 QoS マネージャは、インターフェイスの E ポートがアップしたとき、またはダウンしたときに、QoS 関連の Access Control List(ACL; アクセス コントロール リスト)をプログラミングまたは消去できませんでした。ACL モジュールが返したエラー コードが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ QOS-3-FAILURE_RESPONSE: [chars] [hex].

説明 QoS マネージャが応答を受信できませんでした。エラー メッセージにエラーの発生したコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ QOS-3-GENERROR: [chars].

説明 QoS マネージャで一般エラーが発生しましたが、上記のカテゴリのいずれにも該当しません。エラー メッセージにエラーの内容およびそのコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ QOS-3-LICERR: [chars].

説明 QoS マネージャがライセンスを取得できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ QOS-3-MTSERROR: [chars].

説明 QoS マネージャで Messaging and Transaction Service(MTS)エラーが発生しました。エラー メッセージにエラーが発生したコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ QOS-3-PSSERROR: [chars].

説明 QoS マネージャで Persistent Storage Service(PSS) エラーが発生しました。エラー メッセージにエラーが発生したコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ QOS-3-QOS_PSS_CORRUPTED: [chars] PSS found corrupted.

説明 QoS マネージャは、永久情報データベースの 1 つで破損を検出しました。データベースは再作成されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ QOS-3-TIMEOUT_ERROR: [chars] [hex].

説明 QoS マネージャでタイムアウトが発生しました。エラー メッセージにエラーの発生したコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ QOS-3-UNKNOWN_MSG: Received from Node=[dec] SAP=[dec].

説明 QOS マネージャが、不明なメッセージを受信しました。これはデバッグ専用情報です。

推奨処置 対処不要です。

QOS-4

エラー メッセージ QOS-4-LICEXP: [chars].

説明 QoS マネージャのライセンスが失効します。失効予定時刻が表示されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ QOS-4-PSS_VERSION_MISMATCH: PSS [dec] Code [dec].

説明 QoS マネージャといずれかの永続ストレージ データベースのバージョンがミスマッチです。永久情報は新しいフォーマットに変換されました。

推奨処置 対処不要です。

QOS-6

エラー メッセージ QOS-6-BECAME_ACTIVE: Became ACTIVE from standby mode.

説明 スタンバイ スーパーバイザの QoS マネージャがアクティブになり、クライアント要求を処理可能な状態です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ QOS-6-BECAME_STDBY: Became STANDBY from active mode.

説明 QoS マネージャがアクティブ モードからスタンバイ モードになりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ QOS-6-DISABLED_UP_MARKING: [chars].

説明 QoS マネージャは、タイム クリティカルな制御トラフィックを高優先順位トラフィックとするマーキング機能を無効にしました。現在、こういったトラフィックのプライオリティは、QoS マネージャによって変更されません。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ QOS-6-E_PORT_ACL_SUCCESS: Successfully [chars] QOS ACL for interface [chars].

説明 QOS マネージャは、インターフェイスの E ポートがアップしたとき、またはダウンしたときに、QoS 関連の ACL を正常にプログラミングまたは消去しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ QOS-6-ENABLED_UP_MARKING: [chars].

説明 QoS マネージャは、タイム クリティカルな制御トラフィックを高優先順位トラフィックとするマーキング機能を有効にしました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ QOS-6-EXCESSIVE_DELAY: [chars].

説明 イベントの処理に時間がかかっています。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ QOS-6-FAILED_TO_SEND_HEARTBEAT: Failed to send heartbeat to system manager: Reason=[chars].

説明 QoS マネージャが、システム マネージャにハートビートを送信できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ QOS-6-GENERAL_EVENT: [chars].

説明 QoS マネージャが重要イベントを生成しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ QOS-6-MGRCREATED: QoS Manager created.

説明 QoS マネージャが正常に作成され、アップになって稼働しています。これは通知メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ QOS-6-MGREXIT: QoS Manager shutting down gracefully.

説明 QoS マネージャが適切にシャットダウンされました。これは通知メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ QOS-6-PSS_CREATED: [chars] PSS Created.

説明 QoS マネージャの永久情報データベースの 1 つが再作成されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ QOS-6-PSS_DESTROYED: [chars] PSS Destroyed.

説明 QoS マネージャのいずれかの永久情報データベースが意図的に破棄されたため、再作成されます。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ QOS-6-SERVICE_UP: Initialized [chars].

説明 QOS マネージャがアップしており、クライアント要求の受け入れ可能な状態です。サービスは [char] モードで初期化されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ QOS-6-SWITCHOVER: Switching Over to other Supervisor.

説明 QoS マネージャはスタンバイ スーパーバイザ カードに正常に切り替わりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ QOS-6-UNKNOWNMTS: QoS Manager received an unexpected message.

説明 QoS マネージャが想定外のメッセージを受信しました。

推奨処置 対処不要です。

RADIUS メッセージ

ここでは、RADIUS メッセージについて説明します。

RADIUS-2

エラー メッセージ RADIUS-2-RADIUS_PROGRAM_EXIT: RADIUS daemon exiting: [chars].

説明 RADIUS デーモンが終了します。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

RADIUS-3

エラー メッセージ RADIUS-3-RADIUS_ERROR_MESSAGE: [chars].

説明 RADIUS エラー メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

RADIUS-5

エラー メッセージ RADIUS-5-RADIUS_MONITOR_STATUS: [chars] [chars].

説明 RADIUS サーバのモニタ ステータスが変更されたことを通知します。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ RADIUS-5-RADIUS_SERVER_STATUS: [chars] server [chars] with auth-port [dec] and acct-port [dec] status has changed from [chars] to [chars]. Server was in previous-state for [chars], and total dead time of the server is [chars].

説明 RADIUS サーバのステータスが変更されたことを通知します。

推奨処置 対処不要です。

RADIUS-6

エラー メッセージ RADIUS-6-RADIUS_ACCOUNTING_MESSAGE: [chars].

説明 アカウンティング メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ RADIUS-6-RADIUS_MESSAGE: [chars].

説明 RADIUS メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

REGEX メッセージ

ここでは、REGEX メッセージについて説明します。

REGEX-3

エラー メッセージ REGEX-3-CORRPTD_OPCODE Format: Corrupted opcode in %s

説明 REGEX ライブラリのオペレーション コードが破損しています。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ REGEX-3-INTR_FOULUP Format: Internal foulup in %s

説明 REGEX ライブラリで、内部エラーが発生しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ REGEX-3-MEMORY_CORRUPTION Format: Memory corruption in %s

説明 REGEX ライブラリのメモリが破損しています。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ REGEX-3-CORRPTD_POINTERS Format: Corrupted pointers in %s

説明 REGEX ライブラリのポインタが破損しています。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ REGEX-3-NULL_PGM_PARM Format: Null program parameter %s

説明 REGEX ライブラリのプログラム パラメータがヌルです。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ REGEX-3-NULL_STR_PARM Format: NULL string parameter in %s

説明 REGEX ライブラリのストリング パラメータがヌルです。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ REGEX-3-CORRPTD_PGM Format: Corrupted program in %s

説明 REGEX ライブラリのプログラムが破損しています。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ REGEX-3-NULL_PARM_REGSUB Format: NULL parameter to regsub in %s

説明 REGEX ライブラリで、regsub に対するパラメータがヌルです。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ REGEX-3-DMG_REGEX Format: Damaged regexp fed to regsub in %s

説明 REGEX ライブラリで、破損した regexp が regsub に送られました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ REGEX-3-PTTRN_LONG Format: Pattern substitution too long in %s

説明 REGEX ライブラリのパターン置換が長すぎます。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ REGEX-3-INVALID_BRCKT_RANGE Format: Invalid [] range in %s

説明 REGEX ライブラリの範囲が無効です。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ REGEX-3-UNMATCHED_BRCKT Format: Unmatched [] in %s

説明 REGEX ライブラリで不整合が発生しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ REGEX-3-INTERNAL_URP Format: Internal urp in %s

説明 REGEX ライブラリで、内部 URP エラーが発生しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ REGEX -3 - SYMBOL_ERR Format: ?+* follows nothing in %s

説明 REGEX ライブラリで、シンボル エラーが発生しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ REGEX-3-BACKSLASH Format: Trailing \ error in %s

説明 REGEX ライブラリに、後続のバックスラッシュ エラーがあります。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ REGEX-3-INVALID_LENGTH Format: Invalid character position in %s

説明 REGEX ライブラリの文字位置が無効です。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ REGEX-3-OPND_EMPTY Format: *+ operand could be empty in %s

説明 REGEX ライブラリの *+ オペランドが空である可能性があります。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ REGEX-3-NESTED_SYMBOL Format: Nested *?+ in %s

説明 REGEX ライブラリで、*?+ シンボルがネストされています。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ REGEX-3-TOO_MANY_PRNTHSIS Format: Too many paranthesis in %s

説明 REGEX ライブラリの括弧が多すぎます。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ REGEX-3-UNMATCHED_PRNTHSIS Format: Unmatched paranthesis in %s

説明 REGEX ライブラリの括弧が一致しません。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ REGEX-3-JUNK Format: Junk characters at the end in %s

説明 REGEX ライブラリで、ジャンク文字が末尾に使用されています。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ REGEX-3-MEMORY_ERR Format: Not enough memory in %s

説明 REGEX ライブラリのメモリが不足しています。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ REGEX-3-EXP_TOO_BIG Format: Expression too big in %s

説明 REGEX ライブラリの式が長すぎます。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

RES_MGR メッセージ

ここでは、RES_MGR メッセージについて説明します。

RES_MGR-1

エラー メッセージ RES_MGR-1-RES_MGR_HA_ERR: HA sync message received for resource [dec] which does not exist.

説明 RES_MGR が、存在しないリソースの HA メッセージを受信しました。スタンバイ ステータスをチェックし、スタンバイを再開して回復します。

推奨処置 対処不要です。

RES_MGR-2

エラー メッセージ RES_MGR-2-RES_MGR_CRIT: RES_MGR Critical: [chars].

説明 RES_MGR の一般的なクリティカルな状態です。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ RES_MGR-2-RES_MGR_HA_PSS_ERR: HA sync message received for resource [dec] with wrong pss type [dec].

説明 RES_MGR が、存在しないリソースの HA メッセージを受信しました。スタンバイ ステータスをチェックし、スタンバイを再開して回復します。

推奨処置 対処不要です。

RES_MGR-3

エラー メッセージ RES_MGR-3-RES_MGR_RES_ALREADY_EXCEEDED: The VDC [dec] is currently already using more [chars] resources than the desired new maximum limit.

説明 すでに新しい最大制限を超えるリソースが割り当てられているにもかかわらず、制限に従ってリソースを割り当てると、VDC が禁止ステートになるように、limit-resource コマンドが発行されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ RES_MGR-3-RES_MGR_RES_MAX_LOWER_THAN_MIN: The maximum limit for [chars] resources is not allowed to be less than the minimum limit.

説明 目的の最大制限が、目的の最小制限より低かったため、limit-resource コマンドが発行されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ RES_MGR-3-RES_MGR_RES_TOO_HIGH: Limits for [chars] resources are not allowed to be set as high.

説明 スタティック ポリシーにより、目的の制限を満たすことができなかったため、 limit-resource コマンドが発行されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ RES_MGR-3-RES_MGR_RES_UNAVAIL: Missing [dec] [chars] resources currently available to satisfy the minimum limit requested for vdc [dec].

説明 現在利用可能なリソースが目的の最小制限を満たすことができなかったため、 limit-resource コマンドが発行されました。

推奨処置 対処不要です。

RES_MGR-4

エラー メッセージ RES_MGR-4-RES_MGR_SC_PSS_PCW: Performing partial config write for resource [chars].

説明 指定されたリソースのリソース制限をリソースの一部として保存する必要があったため、 copy running-config startup-config コマンドが別の VDC から発行されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ RES_MGR-4-RES_MGR_SC_PSS_PCW_NETADMIN: Performing partial config write for resource [chars] in vdc [dec].

説明 指定された VDC の指定されたリソースの制限を副作用として保存する必要があったため、 copy running-config startup-config コマンドがローカル アドミニストレータ リソースから発行されました。

推奨処置 対処不要です。

RES_MGR-5

エラー メッセージ RES_MGR-5-RES_MGR_DISABLED: RES_MGR Disabled.

説明 RES_MGR サービスが無効になりました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ RES_MGR-5-RES_MGR_ENABLED: RES_MGR Enabled.

説明 RES_MGR サービスが有効になりました。

推奨処置 対処不要です。

RES_MGR-6

エラー メッセージ RES_MGR-6-RES_MGR_CONDITION_VERIFIED: error [hex] [[chars]] during sysmgrcb_vdc_handshake_done() for vdc [dec].

説明 RES_MGR は、VDC が作成されたときに、何らかの問題を検出しました。

推奨処置 対処不要です。

RIB メッセージ

ここでは、Routing Information Base(RIB; ルーティング情報ベース)メッセージについて説明します。

RIB-0

エラー メッセージ RIB-0-EMERG: [chars].

説明 RIB が原因でシステム エラーが発生しました。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

RIB-1

エラー メッセージ RIB-1-ALERT: [chars].

説明 RIB が原因で他のサービス エラーが発生しました。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

RIB-2

エラー メッセージ RIB-2-CRIT: [chars].

説明 RIB で重大なエラーが発生しました。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

RIB-3

エラー メッセージ RIB-3-ERR: [chars].

説明 RIB でエラーが発生しました。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

エラー メッセージ RIB-3-FIB_EXIT: fib exited.

説明 FIB が終了しているため、操作を続行できません。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

エラー メッセージ RIB-3-MISS_APPS: Missing response from service.

説明 サービスが RIB に応答していません。

推奨処置 debug rib error を実行し、操作シナリオを再現して詳細を調べてください。

エラー メッセージ RIB-3-NO_MEM: Out of memory.

説明 メモリ不足により、RIB は正常な操作を続行できません。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

エラー メッセージ RIB-3-SEND_FIB: Cannot talk to fib.

説明 RIB と FIB の IPC がエラーになりました。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

エラー メッセージ RIB-3-SEND_SNMP: Cannot respond to snmp.

説明 RIB と SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)の IPC がエラーになりました。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

エラー メッセージ RIB-3-SEND_STANDBY: Cannot talk to standby rib.

説明 IPC エラーのため、RIB と FIB のトランザクション ログが失われました。

推奨処置 サポートについては、製品を購入されたシスコのリセラーにお問い合わせください。シスコとサポート契約を結んでいる場合は、Cisco TAC にお電話でお問い合わせください。

RIB-4

エラー メッセージ RIB-4-CPU_HOG: Inactive or busy.

説明 RIB の実行が予定されていなかったか、RIB が使用中だったため、RIB は長時間にわたってメッセージ キューまたはタイマー キューを処理しませんでした。

推奨処置 debug rib error を実行し、操作シナリオを再現して詳細を調べてください。

エラー メッセージ RIB-4-DUP_FIB: Duplicate response from fib.

説明 RIB が FIB から重複して送られた応答を無視しました。

推奨処置 debug rib error を実行し、操作シナリオを再現して詳細を調べてください。

エラー メッセージ RIB-4-LATE_FIB: Late response from fib.

説明 RIB が FIB から遅れて送られた応答を無視しました。

推奨処置 debug rib error を実行し、操作シナリオを再現して詳細を調べてください。

エラー メッセージ RIB-4-PC_LIMIT: PC number greater than 128 (ignored by RIB).

説明 RIB が PC を無視しました。

推奨処置 PC 番号には、128 未満を使用してください。

エラー メッセージ RIB-4-WARN: [chars].

説明 RIB が予期しない条件を無視しました。

推奨処置 debug rib all を実行し、操作シナリオを再現して詳細を調べてください。

RIB-5

エラー メッセージ RIB-5-NOTE: [chars].

説明 RIB ではこの操作はサポートされていません。

推奨処置 debug rib all を実行し、操作シナリオを再現して詳細を調べてください。

RIB-6

エラー メッセージ RIB-6-INFO: [chars].

説明 RIB イベントが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

RIP メッセージ

ここでは、RIP メッセージについて説明します。

RIP-2

エラー メッセージ RIP-2-STARTUP_FAILURE Format: Failed to %s during startup

説明 RIP プロセスのスタートアップ時にクリティカル操作が失敗しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RIP-2-STARTUP_DEBUG Format: %s

説明 RIP プロセスの開始デバッグです。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

RIP-3

エラー メッセージ RIP-3-FAILURE Format: Failed to %s

説明 RIP プロセスでクリティカル操作が失敗しました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ RIP-3-MQ_RCVD Format: %s thread - message queue receive failure (%d)

説明 別のプロセスからメッセージを受信しようとしているときに、エラーが発生しました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ RIP-3-UNK_MSG_MAJOR Format: %s thread - Unrecognized message major type %d

説明 別のプロセスから不明なメッセージを受信しました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ RIP-3-UNK_MSG_MINOR Format: %s thread - Unrecognized message minor type %d

説明 別のプロセスから不明なメッセージ(マイナー)を受信しました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ RIP-3-PROCESS_STOP Format: Process shutting down: %s

説明 RIP が、エラーを返した API を呼び出しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RIP-3-MTS_RECV Format: Error returned from mts_recv(), errno: %s

説明 RIP が、エラーを返した MTS API を呼び出しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RIP-3-MTS_DROP Format: Error returned from mts_drop(), errno: %s

説明 RIP が、エラーを返した MTS API を呼び出しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RIP-3-SYSMGR_CLEANUP Format: Error returned from sysmgrcb_conditional_srv_cleanup_status(): %d

説明 RIP が、エラーを返した API を呼び出しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RIP-3-IM_DEL Format: IOD in IM delete message for %s (%d) mismatches with RIP interface %p (iod %d)

説明 IM と RIP のインターフェイス IOD にミスマッチがあります。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ RIP-3-SEND_FAILURE Format: Failed to send message. %s

説明 RIP プロセスが、メッセージをネイバーに送信できませんでした。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ RIP-3-AUTH_SEND_FAILURE Format: %s %s

説明 RIP プロセスが、メッセージをネイバーに送信できませんでした。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ RIP-3-INTERNAL_ERROR Format: %s

説明 RIP プロセスで内部エラーが発生しました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

RIP-4

エラー メッセージ RIP-4-NO_MEM Format: Failed to allocate private memory

説明 RIP プロセスにより、プライベート メモリが不足しています。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ RIP-4-VALIDATE_SRC Format: %s %s

説明 着信パケットを検証できませんでした。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RIP-4-VALIDATE_ENTRY Format: %s

説明 着信応答パケットのルート エントリが無効です。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RIP-4-IF_DOWN_OVERLOAD Format: Interface %s brought down due to overload condition for %s af

説明 過負荷状態のため、インターフェイスはダウンになりました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

RIP-5

エラー メッセージ RIP-5-U6RIB_API_FAILURE Format: Failed to %s routes %s U6RIB

説明 U6RIB に対する API 呼び出しがエラーになりました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ RIP-5-URIB_API_FAILURE Format: Failed to %s routes %s URIB

説明 URIB に対する API 呼び出しがエラーになりました。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

エラー メッセージ RIP-5-TOO_BIG_KEY_SIZE Format: Authentication key %s is

説明 認証キー サイズが XXXX です。

推奨処置 問題をカスタマー サポートに報告してください。

RIP-6

エラー メッセージ RIP-6-SYSMAN_CLEANUP Format: Terminated by SYSMAN cleanup signal

説明 システム マネージャが RIP にクリーンアップ シグナルを送信してプロセスを終了しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RIP-6-UNK_DEB_FLAG Format: Ignore unrecognized debug flag %s'

説明 不明なコマンドライン デバッグ オプションが入力されました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RIP-6-MTS_UNKNOWN_MSG Format: Received unknown MTS message with opcde %d, dropping it

説明 RIP が不明なメッセージを受信しました。このメッセージはドロップされます。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

RM メッセージ

ここでは、RM メッセージについて説明します。

RM-6

エラー メッセージ RM-6-RMGR_INFO: [chars].

説明 RMGR デーモン通報メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ RM-6-STARTING: deamon started.

説明 RMGR デーモンが正常に起動しました。

推奨処置 対処不要です。

RM-SLOT#-2

エラー メッセージ RM-SLOT#-2-CPP_CATASTROPHIC_ERROR: ERROR: Component ([chars]) caused critical error SSM will be rebooted.

説明 コンポーネントが原因でクリティカル エラーが発生しました。

推奨処置 ラインカードを再起動します。

エラー メッセージ RM-SLOT#-2-RM_CPP_RELOAD_TMOUT: ERROR: Component ([chars]) timedout for critical error response reloading SSM.

説明 コンポーネントが原因でクリティカルなエラー タイムアウトが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ RM-SLOT#-2-RM_VICPP_RECREATE_ERROR: All the fast path resources are down VICPP connectivity lost.

説明 コンポーネントが原因でクリティカル エラーが発生しました。

推奨処置 ラインカードを再起動します。

RPM メッセージ

ここでは、PRM メッセージについて説明します。

RPM-2

エラー メッセージ RPM-2-SRV_INIT_FAIL Format: Error returned from %s initialization routine.

説明 RPM が、エラーを返したサーバの初期化ルーチンを呼び出しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RPM-2-SRV_INIT_API_FAIL Format: %s failed during initialization in %s()

説明 RPM が、エラーを返したサーバの初期化 API を呼び出しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RPM-2-PPF_SES_VERIFY Format: PPF session verify failed in client %s with an error 0x%08x(%s)

説明 PPF の検証操作中に、RPM にエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RPM-2-PPF_SES_COMMIT Format: PPF session commit failed in client %s with an error 0x%08x(%s)

説明 PPF のコミット操作中に、RPM にエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RPM-2-PPF_SES_ABORT Format: PPF session abort failed in client %s with an error 0x%08x(%s)

説明 PPF の打ち切り操作時に、RPM にエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RPM-2-PPF_SES_RQST Format: PPF session request failed in client %s with an error 0x%08x(%s)

説明 PPF の要求操作時に、RPM にエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RPM-2-MALLOC_FAILED Format: malloc() failed for allocating %s in %s()

説明 RPM プロセスで、ヒープ メモリが不足しています。

推奨処置 実行を続けてください。特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RPM-2-SLAB_ALLOC_FAILED Format: slab_calloc() failed for allocating %s in %s()

説明 RPM プロセスで、ヒープ メモリが不足しています。

推奨処置 実行を続けてください。特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RPM-2-SMALLOC_FAILED Format: smalloc() failed for allocating %s in %s()

説明 RPM プロセスで、共有メモリが不足しています。これは、非常に高い値に設定されたポリシーの数が一時的に増えたことが原因となっている可能性があります。

推奨処置 実行を続けてください。特に対処する必要はありません。

RPM-3

エラー メッセージ RPM-3-INT_ERROR Format: %s in %s()

説明 内部処理中に、RPM にエラーが発生しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RPM-3-INFRA_SYSERR Format: %s failed with error - %s (0x%08x) - in %s()

説明 RPM が、エラーを返した infra API を呼び出しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RPM-3-MTS_RECV Format: Error returned from tsp_mts_recv(), errno: %s in %s()

説明 RPM が、エラーを返した MTS API を呼び出しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RPM-3-MTS_SEND Format: Error returned from mts_send(), errno: %s in %s()

説明 RPM が、エラーを返した MTS API を呼び出しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RPM-3-MTS_DROP Format: Error returned from mts_drop(), errno: %s in %s()

説明 RPM が、エラーを返した MTS API を呼び出しました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

RPM-6

エラー メッセージ RPM-6-RESTART_SHUTDOWN Format: RPM shutting self down via restart command in %s()

説明 restart コマンドにより、RPM プロセス自体が停止しています。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RPM-6-MATCH_IGNORED Format: The command %s in seq. %u of route-map %s is ignored in %s()

説明 route-map match コマンドが無視されました。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RPM-6-MTS_UNKNOWN_MSG Format: Received unknown MTS message with opcde %d, dropping it in %s()

説明 RPM が不明なメッセージを受信しました。このメッセージはドロップされます。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RPM-3-API_FAILED Format: %s - failed in %s()

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RPM-3-API_FAILED_STR_NUM Format: %s - failed for %s %d in %s()

説明 予期しないイベントが発生しましたが、これは管理可能です。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RPM-3-API_FAILED_STR_STR Format: %s - failed for %s %s in %s()

説明 予期しないイベントが発生しましたが、これは管理可能です。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RPM-3-API_FAILED_STR Format: %s - failed for %s in %s()

説明 予期しないイベントが発生しましたが、これは管理可能です。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RPM-3-API_FAILED_NUM Format: %s - failed for %d in %s()

説明 予期しないイベントが発生しましたが、これは管理可能です。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RPM-3-API_FAILED_NUM_NUM Format: %s - failed for %d %d in %s()

説明 予期しないイベントが発生しましたが、これは管理可能です。

推奨処置 特に対処する必要はありません。

エラー メッセージ RPM-3-KEYCHAIN Format: Une