Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS ハイ アベイラビリティおよび冗長性ガイド リ リース 5.x
索引
Index
発行日;2012/05/10 | 英語版ドキュメント(2010/08/17 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 907KB) | フィードバック

Index

E

E メール通知

Smart Call Home から 1-5

F

FHRP

説明 3-3

タイマー 1-4

「FHRP」を参照

G

Gateway Load Balancing Protocol。

GLBP

説明 3-3

「GLBP」を参照

H

HA ポリシー

最小ライフタイム 2-3

最大再試行回数 2-3

説明 2-3

「HA ポリシー」を参照

HSRP

説明 3-3

「HSRP」を参照

I

IEEE 802.3ad

リンク アグリゲーション 1-4

ISSU

手順 5-2

M

MSTP

説明 3-2

「MSTP」を参照

MTS

説明 2-3

「MTS」を参照

O

Open Shortest Path First プロトコル。

OSPFv2

再起動 3-4

「OSPFv2」を参照

P

PSS

グローバルおよびローカル同期 2-2

説明 2-2

プライベートおよび共有 2-2

「PSS」を参照

R

RSTP

説明 3-2

「RSTP」を参照

S

Smart Call Home

説明 1-5

STP

拡張 1-4

説明 3-2

バーチャライゼーションの拡張 3-1

「STP」を参照

V

VDC

STP 拡張 3-1

再起動 2-6

システム レベル HA 4-12

「VDC」を参照

VRRP

説明 3-3

「VRRP」を参照

永続ストレージ サービス。

仮想デバイス コンテキスト。

仮想ルータ冗長プロトコル。

関連資料 1-xi

グレースフル リスタート

説明 3-4

高速スパニング ツリー プロトコル。

サービス

再起動性 2-3

再起動

VDC 内 2-6

ステートフル、説明 2-4

ステートレス、説明 2-5

最小ライフタイム。

最大再試行回数。

システム マネージャ 2-2

説明 2-2

自動同期化

状態 4-11

冗長ステート

値の説明 4-11

スイッチオーバー

失敗 4-5

手動による起動 4-6

注意事項 4-6

特性 4-5

スーパーバイザ モジュール

アクティブ状態 4-12

アクティブ スーパーバイザの交換 4-8

手動によるスイッチオーバー 4-6

スイッチオーバー メカニズム 4-5

スタンバイ状態 4-11

スタンバイ スーパーバイザの置き換え 4-9

ステートの説明 4-11

ステートフルな再起動

説明 2-4

ステートレスな再起動

説明 2-5

スパニング ツリー プロトコル。

ソフトウェア アップグレード

中断 5-2

多重スパニング ツリー プロトコル。

内部スイッチ ステート

説明 4-11

バーチャライゼーション

STP 拡張 3-1

ハイ アベイラビリティ

状態の表示 4-10

スイッチオーバーの特性 4-5

スーパーバイザ モジュール スイッチオーバー メカニズム 4-5

説明 1-1

ファーストホップ冗長プロトコル。

プロセス

再起動性 2-3

ホット スタンバイ ルータ プロトコル。

ポリシー。

マニュアル

関連資料 x

追加資料 1-xi

メッセージおよびトランザクション サービス。

ライセンス

BGP 3-1

ISSU 5-2

Smart Call Home 4-2

VDC 4-2

サービス レベル HA 2-2

システム レベル HA 4-2

ネットワーク レベル HA 3-1