Cisco Nexus 7702 ハードウェア インストレーション ガイド
スイッチの管理
スイッチの管理

目次

スイッチの管理

搭載されたハードウェア モジュールに関する情報の表示

スイッチ シャーシに搭載されたスイッチ ハードウェアおよびハードウェア モジュールに関する情報を表示するには、show hardware コマンドを使用します。

show hardware コマンドを入力します。



例:

switch# show hardware
Cisco Nexus Operating System (NX-OS) Software
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Documents: http://www.cisco.com/en/US/products/ps9372/tsd_products_support_series_home.html
Copyright (c) 2002-2015, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php

Software
  BIOS:      version 3.1.0
  kickstart: version 7.2(0)D1(1)
  system:    version 7.2(0)D1(1)
  BIOS compile time:       02/27/2013
  kickstart image file is: slot0:///n7700-s2-kickstart.7.2.0.D1.1.bin.S17
  kickstart compile time:  5/19/2015 11:00:00 [06/03/2015 08:31:46]
  system image file is:    slot0:///n7700-s2-dk9.7.2.0.D1.1.bin.S17
  system compile time:     5/19/2015 11:00:00 [06/03/2015 10:46:46]


Hardware
  cisco Nexus7700 C7702 (2 Slot) Chassis ("Supervisor Module-2")
  Intel(R) Xeon(R) CPU         with 32744992 kB of memory.
  Processor Board ID JAE183300QX

  Device name: Sekhar-APEX2
  bootflash:    4014080 kB
  slot0:        7989768 kB (expansion flash)

Kernel uptime is 6 day(s), 23 hour(s), 38 minute(s), 57 second(s)

Last reset at 448455 usecs after  Wed Jun  3 19:10:58 2015

  Reason: Reset Requested by CLI command reload
  System version: 7.2(0u)D1(1u)
  Service: 

plugin
  Core Plugin, Ethernet Plugin
--------------------------------
Switch hardware ID information
--------------------------------

Switch is booted up
  Switch type is : Nexus7700 C7702 (2 Slot) Chassis
  Model number is N77-C7702
  H/W version is 0.202
  Part Number is 73-100796-02
  Part Revision is 02
  Manufacture Date is Year 19 Week 13
  Serial number is JPG1913002X
  CLEI code is CMM1700DRA

--------------------------------
Chassis has 2 Module slots
--------------------------------

Module1  ok
  Module type is : 1/10 Gbps Ethernet Module
  0 submodules are present
  Model number is N77-F348XP-23
  H/W version is 0.2
  Part Number is 73-16786-02
  Part Revision is 03
  Manufacture Date is Year 18 Week 50
  Serial number is JAE185001NC
  CLEI code is  

Module2  ok
  Module type is : Supervisor Module-2
  1 submodules are present
  Model number is N77-SUP2E
  H/W version is 1.2
  Part Number is 73-14544-07
  Part Revision is A0
  Manufacture Date is Year 18 Week 33
  Serial number is JAE183300QX
  CLEI code is CMUCAECBAB

---------------------------------------
Chassis has 2 PowerSupply Slots
---------------------------------------

PS1 ok
  Power supply type is: 3000.00W 220v AC
  Model number is N7K-AC-3KW
  H/W version is 1.0
  Part Number is 341-0428-01
  Part Revision is A0 
  Manufacture Date is Year 16 Week 52
  Serial number is DTM165200TK
  CLEI code is CMUPABRCAA

PS2 ok
  Power supply type is: 3000.00W 220v AC
  Model number is N77-AC-3KW
  H/W version is 1.0
  Part Number is 341-0600-01
  Part Revision is A0 
  Manufacture Date is Year 17 Week 32
  Serial number is DTM173200S1
  CLEI code is CMUPAB4CAA

----------------------------------
Chassis has 1 Fan slots
----------------------------------

Fan1(sys_fan1) ok
  Model number is N77-C7702-FAN
  H/W version is 0.0
  Part Number is 73-100660-02
  Part Revision is 04
  Manufacture Date is Year 19 Week 6
  Serial number is DCH1906A020
  CLEI code is 


スイッチのハードウェア インベントリの表示

製品 ID、シリアル番号、バージョン ID などの現場交換可能ユニット(FRU)に関する情報を表示するには、show inventory コマンドを使用します。

show inventory コマンドを入力します。

例:
switch# show inventory
NAME: "Chassis",  DESCR: "Nexus7700 C7702 (2 Slot) Chassis "     
PID: N77-C7702           ,  VID: V00 ,  SN: JPG1913002X          

NAME: "Slot 1",  DESCR: "1/10 Gbps Ethernet Module"             
PID: N77-F348XP-23       ,  VID: V00 ,  SN: JAE185001NC          

NAME: "Slot 2",  DESCR: "Supervisor Module-2"                   
PID: N77-SUP2E           ,  VID: V02 ,  SN: JAE183300QX          

NAME: "Slot 33",  DESCR: "Nexus7700 C7702 (2 Slot) Chassis Power Supply"
PID: N7K-AC-3KW          ,  VID: V01 ,  SN: DTM165200TK          

NAME: "Slot 34",  DESCR: "Nexus7700 C7702 (2 Slot) Chassis Power Supply"
PID: N77-AC-3KW          ,  VID: V01 ,  SN: DTM173200S1          

NAME: "Slot 35",  DESCR: "Nexus7700 C7702 (2 Slot) Chassis Fan Module"
PID: N77-C7702-FAN       ,  VID: V00 ,  SN: DCH1906A020          


バックプレーンおよびシリアル番号情報の表示

show sprom backplane コマンドを使用して、スイッチのシリアル番号を含むバックプレーンの情報を表示できます。

show sprom backplane コマンドを入力します。

例:
switch# show sprom backplane 1
DISPLAY backplane sprom contents:
Common block:
 Block Signature : 0xabab
 Block Version   : 3
 Block Length    : 160
 Block Checksum  : 0x170c
 EEPROM Size     : 65535
 Block Count     : 5
 FRU Major Type  : 0x6001
 FRU Minor Type  : 0x0
 OEM String      : Cisco Systems, Inc.
 Product Number  : N77-C7702
 Serial Number   : JPG1913002X
 Part Number     : 73-100796-02
 Part Revision   : 02
 Mfg Deviation   : 0
 H/W Version     : 0.202
 Mfg Bits        : 0
 Engineer Use    : 0
 snmpOID         : 9.12.3.1.3.1648.0.0
 Power Consump   : 0
 RMA Code        : 0-0-0-0
 CLEI Code       : CMM1700DRA
 VID             : V00
Chassis specific block:
 Block Signature : 0x6001
 Block Version   : 3
 Block Length    : 39
 Block Checksum  : 0x360
 Feature Bits    : 0x0
 HW Changes Bits : 0x1
 Stackmib OID    : 0
 MAC Addresses   : 8c-60-4f-30-db-00
 Number of MACs  : 128
 OEM Enterprise  : 9
 OEM MIB Offset  : 5
 MAX Connector Power: 0
WWN software-module specific block:
 Block Signature : 0x6005
 Block Version   : 1
 Block Length    : 0
 Block Checksum  : 0x268
wwn usage bits:
 00 00 00 00 00 00 00 00
 01 00 03 ff ff 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00
License software-module specific block:
 Block Signature : 0x6006
 Block Version   : 1
 Block Length    : 16
 Block Checksum  : 0x17d
lic usage bits:
 c0 46 00 00 00 00 00 00
Second Serial number specific block:
 Block Signature : 0x6007
 Block Version   : 1
 Block Length    : 28
 Block Checksum  : 0x31e
 Serial Number   : JAE191106QG
switch# show sprom backplane 2
DISPLAY backplane sprom contents:
Common block:
 Block Signature : 0xabab
 Block Version   : 3
 Block Length    : 160
 Block Checksum  : 0x170c
 EEPROM Size     : 65535
 Block Count     : 5
 FRU Major Type  : 0x6001
 FRU Minor Type  : 0x0
 OEM String      : Cisco Systems, Inc.
 Product Number  : N77-C7702
 Serial Number   : JPG1913002X
 Part Number     : 73-100796-02
 Part Revision   : 02
 Mfg Deviation   : 0
 H/W Version     : 0.202
 Mfg Bits        : 0
 Engineer Use    : 0
 snmpOID         : 9.12.3.1.3.1648.0.0
 Power Consump   : 0
 RMA Code        : 0-0-0-0
 CLEI Code       : CMM1700DRA
 VID             : V00
Chassis specific block:
 Block Signature : 0x6001
 Block Version   : 3
 Block Length    : 39
 Block Checksum  : 0x360
 Feature Bits    : 0x0
 HW Changes Bits : 0x1
 Stackmib OID    : 0
 MAC Addresses   : 8c-60-4f-30-db-00
 Number of MACs  : 128
 OEM Enterprise  : 9
 OEM MIB Offset  : 5
 MAX Connector Power: 0
WWN software-module specific block:
 Block Signature : 0x6005
 Block Version   : 1
 Block Length    : 0
 Block Checksum  : 0x268
wwn usage bits:
 00 00 00 00 00 00 00 00
 01 00 03 ff ff 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00 00 00 00 00 00 00
 00 00
License software-module specific block:
 Block Signature : 0x6006
 Block Version   : 1
 Block Length    : 16
 Block Checksum  : 0x17d
lic usage bits:
 c0 46 00 00 00 00 00 00
Second Serial number specific block:
 Block Signature : 0x6007
 Block Version   : 1
 Block Length    : 28
 Block Checksum  : 0x31e
 Serial Number   : JAE191106QG

スイッチの環境情報の表示

show environment コマンドを使用して、環境関連のスイッチの情報をすべて表示できます。

show environment コマンドを入力します。


例:
switch# show environment
Power Supply:
Voltage: 50 Volts
Power                              Actual        Total
Supply    Model                    Output     Capacity    Status
                                 (Watts )     (Watts )
-------  -------------------  -----------  -----------  --------------
1        N7K-AC-3KW                 251 W       3000 W     Ok        
2        N77-AC-3KW                 245 W       3000 W     Ok        


                                  Actual        Power      
Module    Model                     Draw    Allocated    Status
                                 (Watts )     (Watts )     
-------  -------------------  -----------  -----------  --------------
1        N77-F348XP-23              328 W        480 W    Powered-Up
2        N77-SUP2E                  131 W        265 W    Powered-Up
fan1     N77-C7702-FAN               39 W        300 W    Powered-Up

N/A - Per module power not available


Power Usage Summary:
--------------------
Power Supply redundancy mode (configured)                PS-Redundant
Power Supply redundancy mode (operational)               PS-Redundant

Total Power Capacity (based on configured mode)               3000 W
Total Power of all Inputs (cumulative)                        6000 W
Total Power Output (actual draw)                               496 W
Total Power Allocated (budget)                                1045 W
Total Power Available for additional modules                  1955 W

Clock:
----------------------------------------------------------
Clock           Model                Hw         Status
----------------------------------------------------------
A               Clock Module         --         NotSupported/None
B               Clock Module         --         NotSupported/None


Fan:
------------------------------------------------------
Fan             Model                Hw         Status
------------------------------------------------------
Fan1(sys_fan1)  N77-C7702-FAN        0.0        Ok  
Fan_in_PS1      --                   --         Ok             
Fan_in_PS2      --                   --         Ok             
Fan Zone Speed: Zone 1: 0x79


Temperature:
--------------------------------------------------------------------
Module   Sensor        MajorThresh   MinorThres   CurTemp     Status
                       (Celsius)     (Celsius)    (Celsius)         
--------------------------------------------------------------------
1        Crossbar1(s1)   125             115         51         Ok             
1        Crossbar2(s2)   125             115         51         Ok             
1        Arb-mux (s3)    125             115         35         Ok             
1        L2L3Dev1(s5)    125             115         31         Ok             
1        L2L3Dev2(s6)    125             115         29         Ok             
1        L2L3Dev3(s7)    125             115         34         Ok             
1        L2L3Dev4(s8)    125             115         32         Ok             
1        L2L3Dev5(s9)    125             115         31         Ok             
1        L2L3Dev6(s10)   125             115         32         Ok             
2        Inlet  (s1)     60              42          17         Ok             
2        Crossbar(s2)    125             115         58         Ok             
2        L2L3Dev1(s3)    125             110         39         Ok             
2        Arbiter (s4)    125             105         47         Ok             
2        CPU1CORE1(s5)   85              75          27         Ok             
2        CPU1CORE2(s6)   85              75          26         Ok             
2        CPU1CORE3(s7)   85              75          26         Ok             
2        CPU1CORE4(s8)   85              75          24         Ok             
2        CPU2CORE1(s9)   85              75          23         Ok             
2        CPU2CORE2(s10)  85              75          21         Ok             
2        CPU2CORE3(s11)  85              75          24         Ok             
2        CPU2CORE4(s12)  85              75          19         Ok             
2        DDR3DIMM1(s13)  95              85          25         Ok             
2        DDR3DIMM2(s14)  95              85          24         Ok             
2        DDR3DIMM4(s16)  95              85          22         Ok             
2        DDR3DIMM5(s17)  95              85          21         Ok             

モジュールの温度の表示

各 モジュールには、2 つのしきい値のある温度センサーが装備されています。

  • マイナーしきい値:マイナーしきい値を超えると、マイナー アラームが発生し、4 つのすべてのセンサーで次の処理が行われます。

    • システム メッセージを表示

    • Call Home アラートを送信(設定されている場合)

    • SNMP 通知を送信(設定されている場合)

  • メジャーしきい値:メジャーしきい値を超えると、メジャー アラームが発生し、次の処理が行われます。

    • センサー 1、3、4(空気吹き出し口センサーおよびオンボード センサー)に対しては、次の処理が行われます。

      • システム メッセージを表示します。

      • Call Home アラートを送信します(設定されている場合)。

      • SNMP 通知を送信します(設定されている場合)。

    • センサー 2(吸気口センサー)に対しては、次の処理が行われます。

      • スイッチング モジュールのしきい値を超過した場合、モジュールだけがシャットダウンします。

      • HA-standby または standby が存在するアクティブ スーパーバイザ モジュールのしきい値を超過すると、そのスーパーバイザ モジュールだけがシャットダウンし、スタンバイ スーパーバイザ モジュールが処理を引き継ぎます。

      • スタンバイ状態のスーパーバイザ モジュールがスイッチに存在しない場合は、温度を下げるために最大 2 分間待機します。 このインターバル中はソフトウェアが 5 秒ごとに温度を監視し、設定に従ってシステム メッセージを送信しつづけます。


        ヒント


        デュアル スーパーバイザ モジュールを取り付けることを推奨します。 デュアル スーパーバイザ モジュールでないスイッチを使用している場合は、1 つでもファンが動作しなくなったら、ファン モジュールをただちに交換することを推奨します。



(注)  


しきい値の -127 は、しきい値が設定または適用されていないことを示します。


show environment temperature コマンドを使用し、モジュール温度センサーの温度を表示できます。

show environment temperature コマンドを入力します。

例:
switch# show environment temperature
Temperature:
--------------------------------------------------------------------
Module   Sensor        MajorThresh   MinorThres   CurTemp     Status
                       (Celsius)     (Celsius)    (Celsius)         
--------------------------------------------------------------------
1        Crossbar1(s1)   125             115         51         Ok             
1        Crossbar2(s2)   125             115         51         Ok             
1        Arb-mux (s3)    125             115         35         Ok             
1        L2L3Dev1(s5)    125             115         31         Ok             
1        L2L3Dev2(s6)    125             115         29         Ok             
1        L2L3Dev3(s7)    125             115         34         Ok             
1        L2L3Dev4(s8)    125             115         32         Ok             
1        L2L3Dev5(s9)    125             115         31         Ok             
1        L2L3Dev6(s10)   125             115         32         Ok             
2        Inlet  (s1)     60              42          17         Ok             
2        Crossbar(s2)    125             115         58         Ok             
2        L2L3Dev1(s3)    125             110         39         Ok             
2        Arbiter (s4)    125             105         47         Ok             
2        CPU1CORE1(s5)   85              75          27         Ok             
2        CPU1CORE2(s6)   85              75          26         Ok             
2        CPU1CORE3(s7)   85              75          26         Ok             
2        CPU1CORE4(s8)   85              75          24         Ok             
2        CPU2CORE1(s9)   85              75          23         Ok             
2        CPU2CORE2(s10)  85              75          21         Ok             
2        CPU2CORE3(s11)  85              75          24         Ok             
2        CPU2CORE4(s12)  85              75          19         Ok             
2        DDR3DIMM1(s13)  95              85          25         Ok             
2        DDR3DIMM2(s14)  95              85          24         Ok             
2        DDR3DIMM4(s16)  95              85          22         Ok             
2        DDR3DIMM5(s17)  95              85          21         Ok             


モジュールへの接続

いつでも、attach module コマンドを使用して任意のモジュールに接続できます。 モジュールのプロンプトが表示されたら、モジュール固有のコマンドを EXEC モードで使用してモジュールの詳細を取得できます。


    ステップ 1   attach moduleslot_number コマンドを入力します。

    例:
    switch# attach module 1
    switch#

    スロット 1 の I/O モジュールに直接アクセスします(この例の場合は、スーパーバイザ モジュールがスロット 2 にあります)。

    ステップ 2   dir bootflash


    例:
    switch# dir bootflash
    Example:
    switch# dir bootflash:
       80667580     Feb 21 22:04:59 2008  is855.S7
       22168064     Feb 21 22:04:19 2008  ks855.S7
          16384     Jan 03 19:56:00 2005  lost+found/
    Usage for bootflash://sup-local
      234045440 bytes used
     1684602880 bytes free
     1918648320 bytes total
    switch# 
    
    
    (注)     

    モジュール固有のプロンプトを終了するには、exit コマンドを使用します。

    ヒント   

    コンソール端末からスイッチにアクセスしていない場合は、この手順がスタンバイ状態のスーパーバイザ モジュールにアクセスする唯一の方法です。


    モジュール設定の保存

    新しい設定を不揮発性ストレージに保存するには、EXEC モードから copy running-config startup-config コマンドを使用します。 このコマンドを入力すると、実行中および起動時の設定が同一の内容になります。

    次の表に、モジュールの設定が保存されるか、失われるさまざまなシナリオを示します。

    シナリオ

    結果

    特定のスイッチング モジュールを取り外し、copy running-config startup-config コマンドを再使用。

    設定したモジュール情報は失われる。

    特定のスイッチング モジュールを取り外して同一のスイッチング モジュールを交換してから、copy running-config startup-config コマンドを再入力。

    設定したモジュール情報は保存される。

    特定のスイッチング モジュールを取り外して同じタイプのスイッチング モジュールで交換し、reload module slot_number コマンドを入力。

    設定したモジュール情報は保存される。

    reload module slot_number コマンドの入力時に特定のスイッチング モジュールをリロード。

    設定したモジュール情報は保存される。

    電力使用状況情報の表示

    スイッチ全体の電力使用状況を表示するには、show environment power コマンドを使用します。 このコマンドは、スイッチに取り付けられた多くのモジュールの電力消費量を表示します。 この情報を出力する機能のない古いモジュールでは、出力は N/A と表示されます。


    (注)  


    スーパーバイザ モジュールが 1 つしか存在しないか、両方とも存在するかに関係なく、両方のスーパーバイザ モジュールの電力消費量が保存されます。


    show environment power コマンドを入力します。

    モジュールの電源再投入

    reload module コマンドを使用し、シャーシのスロット番号によりモジュールを指定することで、モジュールをリセットできます。


    注意    


    モジュールをリロードすると、モジュールを通過するトラフィックが中断されます。



      ステップ 1   configure terminal コマンドを入力して、コンフィギュレーション端末モードを開始します。

      例:
      switch# configure terminal
      switch(config)#
      ステップ 2   reload module slot_number コマンドを入力して、リセットするモジュールのスロット番号を指定します。

      例:
      switch(config)# reload module 1

      スイッチのリブート

      スイッチをリブートまたはリロードするには、reload コマンドをオプションなしで使用します。 このコマンドを使用すると、スイッチはリブートします。


      (注)  


      reload コマンドを使用する必要がある場合は、あらかじめ copy running-config startup-config コマンドを使用して実行コンフィギュレーションを保存してください。



        ステップ 1   configure terminal コマンドを入力してコンフィギュレーション モードを開始します。

        例:
        switch# configure terminal
        switch(config)#
        ステップ 2   copy running-config startup-config コマンドを入力して実行コンフィギュレーションを保存します。

        例:
        switch(config)# copy running-config startup-config
        ステップ 3   reload コマンドを入力して、スイッチをリロードします。

        例:
        switch(config)# reload

        スーパーバイザ モジュールの概要

        Cisco Nexus 7702 スイッチには、1 つの Supervisor 2 Enhanced (77-SUP2E)スーパーバイザ モジュール)があります。


        (注)  


        Cisco Nexus 7702 のシャーシの Supervisor 2 Enhanced(N77-SUP2E)スーパーバイザ モジュールの場合、サポートされている EPLD の最小バージョンは 1.4 です。 EPLD アップグレードの詳細については、『Cisco Nexus 7000 Series FPGA/​EPLD Upgrade Release Notes, Release 7.2』を参照してください。


          スーパーバイザ モジュールの電源はスイッチで自動的に入り、スーパーバイザ モジュールは起動されます。

        スーパーバイザ モジュールのシャットダウン

        スーパーバイザ モジュールをシャットダウンするには、out-of-service module コマンドを使用して、そのモジュールのシャーシ スロットを指定します。


        (注)  


        Cisco Nexus 7702 シャーシで out-of-service module コマンドを使用して 1 つのスーパーバイザ モジュールをシャットダウンすると、システムがシャットダウンします。



          ステップ 1   configure terminal コマンドを入力してコンフィギュレーション モードを開始します。

          例:
          switch# configure terminal
          switch(config)#
          ステップ 2   out-of-service module slot_number コマンドを入力して、スーパーバイザ モジュールをアウトオブサービス状態にします。

          例:
          switch(config)# out-of-service module 2
          switch(config)#
          

          I/O モジュールのサポートの概要

          次の F3 シリーズ モジュールは、Cisco Nexus 7700 シリーズ スイッチでのみサポートされています。
          • XL 付き F3 シリーズ拡張 48 ポート 1-/10-GE(N77-F348XP-23)

          • XL 付き F3 シリーズ拡張 24 ポート 40-GE(N77-F324FQ-25)

          • XL 付き F3 シリーズ拡張 12 ポート 100-GE(N77-F312CK-26)

          コンソールから I/O モジュールにアクセスする方法

          コンソール ポートからモジュールにアクセスすることにより、I/O モジュールのブートアップの問題を解決できます。 このアクションは、他の Cisco NX-OS コマンドを使用する場合には終了する必要のある、コンソール モードを確立します。

          I/O モジュールのコンソール ポートに接続するには、attach console module コマンドを使用して、作業対象のモジュールを指定します。


          (注)  


          コンソール モードを終了するには、 ~, コマンドを入力します。


          attach console moduleslot_number コマンドを入力して、I/O モジュールのコンソール ポートに接続します。

          例:
          switch# attach console module 1
          connected
          Escape character is `~,' (tilde comma]

          搭載されたモジュール情報の表示

          show module コマンドを使用して、スイッチ シャーシに取り付けたモジュールに関する情報を表示できます。 この情報には、モジュール タイプ、ブートアップ ステータス、MAC アドレス、シリアル番号、ソフトウェア バージョン、ハードウェア バージョンが含まれます。 このコマンドを次のように使用して、取り付けられているモジュールまたは特定のモジュールに関する情報を表示できます。

          • すべてのモジュールに関する情報の場合は、show module コマンドを使用します。

          • 特定のスーパーバイザまたは I/O モジュールに関する情報については、show moduleslot_number コマンドを使用してスロット番号を指定します。

          上記の show module コマンドのいずれかによって示されたモジュール ステータスの説明については、以下の表を参照してください。

          I/O モジュールの状態 説明

          電源オン

          ハードウェアの電源が入っています。 ハードウェアの電源が入ると、ソフトウェアはブートを始めます。

          testing

          モジュールはスーパーバイザ モジュールとの接続を確立し、ブート診断を実行しています。

          initializing

          この診断が正常に完了し、設定がダウンロードされています。

          failure

          スイッチは初期化中にモジュールの障害を検出しました。スイッチはモジュールの電源の再投入を 3 回自動的に試します。 3 回の試行後、モジュールの電源はダウンします。

          ok

          スイッチを設定できます。

          power-denied

          スイッチは I/O モジュールの電源を投入するための電力が不足していることを検出しています。

          active

          このモジュールはアクティブなスーパーバイザ モジュールであり、スイッチを設定できます。

          次のいずれかの方法で show module [slot_number] コマンドを使用します。
          オプション 説明
          show module

          搭載されたすべてのモジュールの情報を表示します。

          show moduleslot_number

          スロット番号で指定したスーパーバイザまたは I/O モジュールの情報を表示します。

          すべてまたは特定のモジュールの情報が表示されます。


          搭載されたすべてのモジュール情報の表示

          switch# show module
          Mod  Ports  Module-Type                         Model              Status
          ---  -----  ----------------------------------- ------------------ ----------
          1    48     1/10 Gbps Ethernet Module           N77-F348XP-23      ok
          2    0      Supervisor Module-2                 N77-SUP2E          active *
          
          Mod  Sw               Hw
          ---  ---------------  ------
          1    7.2(0)D1(1)      0.2     
          2    7.2(0)D1(1)      1.2     
          
          
          Mod  MAC-Address(es)                         Serial-Num
          ---  --------------------------------------  ----------
          1    64-f6-9d-42-9a-84 to 64-f6-9d-42-9a-bf  JAE185001NC
          2    fc-5b-39-46-fc-77 to fc-5b-39-46-fc-89  JAE183300QX
          
          Mod  Online Diag Status
          ---  ------------------
          1    Pass
          2    Pass
          
          * this terminal session 
          
          switch# show module 1
          Mod  Ports  Module-Type                       Model            Status
          ---  -----  --------------------------------- ---------------- ------
          1    48     1/10 Gbps Ethernet Module         N77-F348XP-23    ok
          
          Mod  Sw              Hw
          ---  --------------  ------
          1    7.2(0)D1(1)     0.500   
          
          
          
          Mod  MAC-Address(es)                         Serial-Num
          ---  --------------------------------------  ----------
          1    40-55-39-26-ba-bc to 40-55-39-26-ba-ef  JAF1530CJAQ
          
          Mod  Online Diag Status
          ---  ------------------
          1    Pass
          
          Chassis Ejector Support: Enabled 
          Ejector Status: 
          Left ejector CLOSE, Right ejector CLOSE, Module HW does support  
          ejector based shutdown, Ejector policy enabled.
          switch# 
          

          モジュール設定の削除

          EXEC モードで purge module コマンドを使用して、動作していない I/O スロットの実行コンフィギュレーションを消去できます。


          (注)  


          このコマンドは、スーパーバイザ スロットでも、モジュールの電源が現在投入されている I/O スロットでも動作しません。


          はじめる前に

          I/O スロットが空であるか、スロットに取り付けられている I/O モジュールの電源がオフになっていることを確認します。

          purge moduleslot_numberrunning-config コマンドを使用して、実行コンフィギュレーションを消去します。

          例:switch# purge module 1 running-config

          I/O モジュールのシャットダウンまたは電源投入

          poweroff module または no poweroff module コマンドを使用し、シャーシのスロット番号によってモジュールを指定することで、I/O モジュールをシャットダウンしたり、電源を投入したりできます。


            ステップ 1   configure terminal コマンドを入力してコンフィギュレーション モードを開始します。

            例:
            switch# configure terminal
            switch(config)#
            ステップ 2   [no] shutdown moduleslot_number コマンドを入力してモジュールをシャットダウンします。

            例:
            switch(config)# poweroff module 1
            switch(config)#
            


            例:
            switch(config)# no poweroff module 1
            switch(config)#
            

            電源モードの概要

            次の電源モードのいずれかを設定して、取り付けた各電源モジュール ユニット(電力冗長性なし)から供給される電力を合わせて利用したり、電源ロスが発生した際の電源の冗長性を備えたりできます。

            複合モード

            このモードは、すべての電源モジュールの複合電源をスイッチ動作用のアクティブな電源に割り当てます。 このモードは、停電または電源モジュールの障害が発生した場合に、電源の冗長性のための予備電力を割り当てません。

            電源モジュール(n +1)の冗長性モード

            このモードは、使用可能な電源モジュールが故障した場合に備えて、予備電源モジュールとして 1 台の電源モジュールを割り当てます。 残りの電源モジュールが使用可能電力に割り当てられます。 予備電源モジュールは、使用可能電力に使用される各電源モジュールと少なくとも同じ能力が要求されます。

            入力電源(グリッド)の冗長性モード

            このモードは、電力の半分を使用可能電力に、残りの半分を予備電力に割り当てます。 アクティブな電源に使用する電源が故障した場合、予備電力に使用される他の電源がスイッチに給電できるように、アクティブと予備の電源用に異なる電源を使用する必要があります。

            完全冗長モード

            このモードは両方の電源モジュール(n+1)と入力電源(グリッド)冗長性を提供します。 入力電源冗長性モードと同様、このモードは電源モジュールの半分を使用可能電力に、残りの半分の電源モジュールを予備電力に提供します。 使用可能電力を提供する電源モジュールに障害が発生した場合、予備電源モジュールのいずれかを代わりに電力供給に使用することもできます。

            電力冗長モードの設定に関するガイドライン

            使用可能電力量と予備電力量は、指定する電源の冗長性モードと、スイッチに取り付けられている電源モジュールの数によって決まります。 各冗長性モードで、次のことを考慮してください。

            複合モード

            使用可能電力は、取り付けられているすべての電源モジュールによる出力の複合と等しくなります。 予備電力はありません。 このモードは、power redundancy-mode combined コマンドを使用してアクティブにします。

            電源モジュール(n +1)の冗長性モード

            故障した他の任意の電源モジュールを引き継ぐことができるように、最大電力を出力する電源モジュールが予備電力となり、取り付けられている他のすべての電源モジュールが使用可能電力を提供します。 この電源モードは、power redundancy-mode ps-redundant コマンドを使用してアクティブにします。

            入力電源(グリッド)の冗長性モード

            使用可能電力が 1 つの電源で供給され、予備電力が別の電源によって供給されます。 使用可能な電力を供給する電源が故障した場合、スイッチは必要な電力を提供するために予備電源を使用します。 この電源モードは、power redundancy-mode insrc_redundant コマンドを使用してアクティブにします。

            完全冗長モード

            完全な冗長性モードは電源モジュールの冗長性と入力電源の冗長性の両方を提供します。 電源モジュールの冗長性では、大部分の出力を持つ電源モジュールが予備電力を提供し、他の電源モジュールが使用可能電力を提供します。 入力電源の冗長性では、使用可能電力は 1 つの電源で提供され、予備電力は別の電源によって提供されます。 この電源モードは、power redundancy-mode redundant コマンドを使用してアクティブ化します。

            電源モードの設定

            power redundancy-mode コマンドを使用して電源モードを設定できます。


            (注)  


            現在の電源モジュールの設定を表示するには、show environment power コマンドを使用します。



              ステップ 1   configure terminal コマンドを入力してコンフィギュレーション モードを開始します。

              例:
              switch# configure terminal
              switch(config)#
              ステップ 2   power redundancy-mode mode コマンドを入力して、次のいずれかの電源モードを指定します。
              • 複合モードの場合は、combined キーワードを含めます。

              • 電源の冗長性モードの場合は、ps-redundant キーワードを含めます。

              • 入力電源の冗長性モードの場合は、insrc_redundant キーワードを含めます。

              • 完全な冗長性モードの場合は、redundant キーワードを含めます。



              例:
              switch(config)# power redundancy-mode redundant
              switch(config)#

              3 kW AC 電源モジュールに使用可能な最大電力

              動作に使用できる最大電力量は、電源からの入力電力、電源モジュールの数と出力性能、および使用する電源の冗長化モードによって異なります。 次の表は、電源入力、電源モジュールの数、および使用するモードに応じて、3 kW AC 電源モジュールで使用可能な電力量を示します。

              電源入力

              電源モジュール

              複合モード

              電源の冗長性モード

              入力電源の冗長性モード

              完全な冗長性モード

              1 つの入力(220 V)

              1

              3000 W

              2

              6000 W

              3000 W

              3000 W

              3000 W

              1 つの入力(110 V)

              1

              1450 W

              2

              2900 W

              1450 W

              1450 W

              1450 W

              3 kW DC 電源モジュールに使用可能な最大電力

              動作に使用できる最大電力量は、電源からの入力電力、電源モジュールの数と出力性能、および使用する電源の冗長化モードによって異なります。 次の表は、電源入力、電源モジュールの数、および使用するモードに応じて、3 kW DC 電源モジュールで使用可能な電力量を示します。

              電源入力

              電源モジュール

              複合モード

              電源の冗長性モード

              入力電源の冗長性モード

              完全な冗長性モード

              1 つの入力

              1

              3000 W

              2

              6000 W

              3000 W

              3000 W

              3000 W

              ファン トレイの概要

              Cisco Nexus 7702 スイッチには 3 つの可変速ファンを備えたファン トレイが 1 つあります。 システムの動作中にファン トレイの取り外しや取り付けを行っても、電気事故が発生したりシステムが損傷したりすることはありません。 このスイッチは、ファン トレイが取り付けられていない状態でも最大 2 分間動作できます。 ファン トレイが 2 分以内に取り付けられないと、スイッチは自動的にシャットダウンします。


              (注)  


              ファン トレイの 3 つのファンのうち 1 つが故障すると、故障したファンを補い、スイッチが引き続き動作できるようにするため、残りの 2 つのファンが高速で動作します。



              ヒント


              ファン トレイの 1 つ以上のファンが故障すると、ファン ステータス LED が赤く点灯します。 すぐに解消しない場合、ファン障害によって温度アラームが発生する可能性があります。


              ファンのステータスは、ソフトウェアによって継続的に監視されます。 ファンが故障した場合は、次の処理が行われます。

              • システム メッセージが表示されます。

              • Call Home アラートが送信されます(設定されている場合)。

              • SNMP 通知が送信されます(設定されている場合)。

              ファン モジュールのステータスを表示するには、ファン トレイのステータスの表示を参照してください。

              ファン トレイのステータスの表示

              のステータスを表示するには、次の例に示すように show environment fan コマンドを使用します。

              show environment fan コマンドを入力します。