Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS MPLS コマンド リファレンス
T コマンド
T コマンド
発行日;2013/02/11 | 英語版ドキュメント(2012/08/10 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

T コマンド

table-map

timers lsa-arrival

timers throttle lsa

topology

traceroute mpls

T コマンド

この章では、T で始まる Cisco NX-OS マルチプロトコル ラベル スイッチング コマンドについて説明します。

table-map

テーブル マップを設定するには、table-map コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

table-map table-map-name

no table-map table-map-name

 
構文の説明

table-map-name

テーブル マップ名。最長で英数字 40 文字です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

テーブル マップ コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、テーブル マップを設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# table-map TableMap1
switch(config-tmap)
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls ldp configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)ラベル配布プロトコル(LDP)を設定します。

timers lsa-arrival

リンク ステート アドバタイズメント(LSA)の到達時間を設定するには、timer lsa-arrival コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

timers lsa-arrival arrive-time

no timers lsa-arrival arrive-time

 
構文の説明

arrive-time

到達時間。有効な範囲は 10 ~ 600000 ミリ秒です。

 
デフォルト

1000

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、LSA の到達時間を設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# feature ospf
switch(config)# test1
bgp(config-router)# timers lsa-arrival 1200
bgp(config-router)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls ldp configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)ラベル配布プロトコル(LDP)を設定します。

timers throttle lsa

リンク ステート アドバタイズメント(LSA)生成にレート制限を設定するには、timers throttle lsa コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

timers throttle lsa start-interval hold-interval max-interval

no timers throttle lsa start-interval hold-interval max-interval

 
構文の説明

start-interval

開始間隔。有効な範囲は 0 ~ 5000 ミリ秒です。

hold-interval

保持間隔。有効な範囲は 50 ~ 30000 ミリ秒です。

max-interval

最大間隔。範囲は 50 ~ 30000 ミリ秒です。

 
デフォルト

デフォルトの設定は次のとおりです。

start-interval:デフォルトは 0 です。

hold-interval:デフォルトは 5000 です。

max-interval:デフォルトは 5000 です。

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、LSA 生成のレート制限を設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# feature ospf
switch(config)# test1
switch(config-router)# timers throttle lsa 1 500 600
switch(config-router)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls ldp configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)ラベル配布プロトコル(LDP)を設定します。

topology

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)トポロジ データベースを設定するには、topology コマンドを使用します。

topology holddown sigerr sec

 
構文の説明

holddown

トポロジ データベース ホールドダウン タイマーを指定します。

sigerr

シグナリング エラーのリンク ホールドダウン時間を指定します。

sec

ホールドダウン時間(秒)。指定できる範囲は 0 ~ 300 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

TE コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、シグナリング エラーのリンク ホールドダウン時間を指定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# mpls traffic-eng configuration
switch(config-te)# topology holddown sigerr 200
switch(config-te)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls traffic-eng configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)トラフィック エンジニアリング プロトコル(MPLS-TE)を設定します。

traceroute mpls

発信元から宛先にマルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)ラベル配布プロトコル(LDP)のデフォルト パスをテストするには、traceroute mpls コマンドを使用します。

traceroute mpls {ipv4 target address | multipath ipv4 target address | traffic-eng tunnel-te interface number}

 
構文の説明

ipv4

ターゲット IPv4 アドレスを指定します。

target address

ターゲット アドレス。

multipath ipv4

ラベル スイッチド パス(LSP)マルチパス traceroute を指定します。

traffic-eng

ターゲット トラフィック エンジニアリング(TE)トンネル インターフェイスを指定します。

tunnel-te

TE インターフェイスを指定します。

interface number

TE インターフェイス番号。指定できる範囲は 0 ~ 65503 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、ターゲット TE トンネル インターフェイスを指定する例を示します。

switch# traceroute mpls traffic-eng tunnel-te 1
 
Tracing MPLS TE Label Switched Path on , timeout is 2 seconds
 
Codes: '!' - success, 'Q' - request not sent, '.' - timeout,
'L' - labeled output interface, 'B' - unlabeled output interface,
'D' - DS Map mismatch, 'F' - no FEC mapping, 'f' - FEC mismatch,
'M' - malformed request, 'm' - unsupported tlvs, 'N' - no label entry,
'P' - no rx intf label prot, 'p' - premature termination of LSP,
'R' - transit router, 'I' - unknown upstream index,
'X' - unknown return code, 'x' - return code 0
 
Type Ctrl-C to abort.
0 0.0.0.0 MRU 0 [No Label]
Q 1 *
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls ldp configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)ラベル配布プロトコル(LDP)を設定します。