Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS MPLS コマンド リファレンス
R コマンド
R コマンド
発行日;2013/02/11 | 英語版ドキュメント(2012/08/10 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

R コマンド

rd

record-route(LSP 属性コンフィギュレーション モード)

record-route(TE インターフェイス コンフィギュレーション モード)

redistribute

redistribute direct route-map

redistribute static route-map

reoptimize events link-up

reoptimize timers

restart

route-target

router bgp

router isis

router ospf

router rip

router-id

R コマンド

この章では、R で始まる Cisco NX-OS マルチプロトコル ラベル スイッチング コマンドについて説明します。

rd

ルーティング テーブルと転送テーブルを作成するには、rd コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

rd route-distinguisher

no rd route-distinguisher

 
構文の説明

route-distinguisher

VPN IPv4 プレフィックスを作成するために、IPv4 プレフィックスに追加される 8 バイト値。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、ルーティングおよび転送テーブルを作成する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# vrf context vpn1
switch(config-vrf)# rd 1.2:1

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls ldp configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)ラベル配布プロトコル(LDP)を設定します。

record-route(LSP 属性コンフィギュレーション モード)

ラベル スイッチド パス(LSP)で使用されるルートを記録するには、record-route コマンドを使用します。

record-route

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド モード

LSP 属性コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

次の内容は、「TE インターフェイス コンフィギュレーション モード」(path-option コマンドライン)または「LSP 属性コンフィギュレーション モード」で指定可能な tunnel-te コマンドすべてに当てはまります。

LSP に設定が指定されている場合、path-option コマンドによって直接であれ、path-option に LSP 属性リストを割り当てることによってであれ、その特定の path-option を優先します。

LSP に設定が指定されていない場合、LSP/path-option は、affinity、auto-bw、priority、record-route、protection/fast-reroute など tunnel-te コンフィギュレーション モードで指定された設定すべてを継承します。

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、LSP によってルートを記録する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# mpls traffic-eng configuration
switch(config-te)# lsp attributes 1
switch(config-lsp-attr)# record-route

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls traffic-eng configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)トラフィック エンジニアリング プロトコル(MPLS-TE)を設定します。

 
 
 

record-route(TE インターフェイス コンフィギュレーション モード)

ラベル スイッチド パス(LSP)で使用されるルートを記録するには、record-route コマンドを使用します。

record-route

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド モード

TE インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、LSP によってルートを記録する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface tunnel-te 1
switch(config-if-te)# record-route
switch(config-if-te)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

interface tunnel-te

トラフィック エンジニアリング(TE)インターフェイスを設定します。

 

redistribute

あるルーティング ドメインから別のルーティング ドメインにルートを再配布するには、redistribute コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

redistribute {bgp as | direct | {eigrp | ospf | rip} instance-tag | static} route-map map-name

no redistribute {bgp as | direct | {eigrp | ospf | rip} instance-tag | static} route-map map-name

 
構文の説明

bgp

ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)を指定します。

as

16 ビット整数、または上位 16 ビット 10 進数と下位 16 ビット 10 進数による xx.xx という形式の 32 ビット整数です。

direct

直接接続されたルートを指定します。

eigrp

Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)を指定します。

ospf

Open Shortest Path First(OSPF)を指定します。

rip

Routing Information Protocol(RIP)を指定します。

instance-tag

instance-tag には最大 20 文字の英数字文字列を指定します。大文字と小文字は区別されます。

static

スタティック ルートを指定します。

route-map

再配布を抑制するポリシーを指定します。

map-name

あるルーティング ドメインから別のルーティング ドメインへのルートを再配布するのに使用したマップの名前。63 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

ルート コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、あるルーティング ドメインから別のルーティング ドメインへのルートを再配布する例を示します。

switch# configure t
switch(config)# feature rip
switch(config)# router rip test1
switch(config-router)# vrf vpn1
switch(config-router-vrf-af)# redistribute bgp 1.0 route-map bagpipe
switch(config-router-vrf-af)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls ldp configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)ラベル配布プロトコル(LDP)を設定します。

redistribute direct route-map

ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)を使用して直接接続されたルートを再配布するには、redistribute direct route-map コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

redistribute direct route-map map-tag

no redistribute direct route-map map-tag

 
構文の説明

map-tag

マップ名には最大 63 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

アドレス ファミリ コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、BGP を使用して直接接続されたルートを再配布する例を示します。

switch# configure t
switch(config)# router bgp 1.1
switch(config-router)# vrf vpn1
switch(config-router-vrf)# address-family ipv4 unicast
switch(config-router-vrf-af)# redistribute direct route-map directMap
switch(config-vrf-af)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls ldp configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)ラベル配布プロトコル(LDP)を設定します。

redistribute static route-map

ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)を使用してスタティック ルートを再配布するには、redistribute static-map コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

redistribute static route-map map-tag

no redistribute static route-map map-tag

 
構文の説明

map-tag

マップ名には最大 63 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

アドレス ファミリ コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、BGP を使用してスタティック ルートを再配布する例を示します。

switch# configure t
switch(config)# router bgp 1.1
switch(config-router)# vrf vpn1
switch(config-router-vrf)# address-family ipv4 unicast
switch(config-router-vrf-af)# redistribute static route-map StaticMap
switch(config-vrf-af)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls ldp configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)ラベル配布プロトコル(LDP)を設定します。

reoptimize events link-up

リンク アップ イベントのトンネルを再最適化するには、reoptimize events link-up コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

reoptimize events link-up

no reoptimize events link-up

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

TE コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、リンク アップ イベントのトンネルを再最適化する例を示します。

switch# configure t
switch(config)# mpls traffic-eng configuration
switch(config-te)# reoptimize events link-up
switch(config-te)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls traffic-eng configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)トラフィック エンジニアリング プロトコル(MPLS-TE)を設定します。

reoptimize timers

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)トラフィック エンジニアリング再最適化タイマーを設定するには、reoptimize timers コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

reoptimize timers {delay cleanup sec | installation sec | frequency sec}

no reoptimize timers {delay cleanup | installation | frequency}

 
構文の説明

delay

遅延再最適化アクションを指定します。

cleanup

再最適化された LSP のクリーン アップの遅延を指定します。

sec

置き換えられたトンネル LSP のクリーン アップを遅延する時間(秒単位)。指定できる範囲は 0 ~ 60 です。

installation

再最適化された LSP による現在の LSP の置換の遅延を指定します。

sec

トンネル LSP の置換を遅延する時間(秒単位)。範囲は 0 ~ 3600 です。

frequency

再最適化スキャンの間隔を指定します。

sec

再最適化間隔(秒単位)。指定できる範囲は 0 ~ 604800 です。

 
デフォルト

デフォルトは、次のとおりです。

Delay cleanup:デフォルトは 10 です。

installation:デフォルトは 3 です。

frequency:デフォルトは 3600 です。

 
コマンド モード

TE コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、再最適化された LSP による現在の LSP の置換を遅延する例を示します。

switch# configure t
switch(config)# mpls traffic-eng configuration
switch(config-te)# reoptimize timers delay installation 3000
switch(config-te)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls traffic-eng configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)トラフィック エンジニアリング プロトコル(MPLS-TE)を設定します。

restart

リソース予約プロトコル(RSVP)プロセスのグレースフル リスタートを行うには、restart コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

restart rsvp

no restart rsvp

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、隣接ルータに送信されるメッセージの数のレート制限を設定する例を示します。

switch# restart rsvp
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls ldp configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)ラベル配布プロトコル(LDP)を設定します。

route-target

仮想ルーティングおよび転送(VRF)インスタンスのルート ターゲット拡張コミュニティを作成するには、route target コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

route-target {import | export} route-target-ext-community

no route-target {import | export} route-target-ext-community

 
構文の説明

import

ターゲットのバーチャル プライベート ネットワーク(VPN)拡張コミュニティからルーティング情報をインポートします。

export

ターゲットのバーチャル プライベート ネットワーク(VPN)拡張コミュニティにルーティング情報をエクスポートします。

route-target-ext-community

ルート ターゲット拡張コミュニティのインポートやエクスポートの VRF のリストを指定するために使用可能な、ルート ターゲット拡張コミュニティ属性。route-target-ext-community 引数は、次のように入力できます。

• 16 ビットまたは 32 ビットの AS 番号:32 ビットの番号。1.2:3 など。

• 32 ビットの IP アドレス:16 ビットの番号。192.0.2.1:1 など。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

アドレス ファミリ コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスは必要ではありません。

次に、VRF 用にルート ターゲット拡張コミュニティを作成する例を示します。

switch# configure t
switch(config)# vrf context vpn1
switch(config-vrf)# address-family ipv4 unicast
switch(config-vrf-af)# route-target import 1:101

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls ldp configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)ラベル配布プロトコル(LDP)を設定します。

router bgp

インターフェイスにボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)プロセスを設定するには、router bgp コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

router bgp as-number

no router bgp as-number

 
構文の説明

as-number

ルータと他の BGP ルータを区別し、渡されたルーティング情報にタグを付ける自律システムの番号。AS 番号は 16 ビット整数または 32 ビット整数にできます。上位 16 ビット 10 進数と下位 16 ビット 10 進数による xx.xx という形式です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、インターフェイスに BGP プロセスを設定する例を示します。

switch(config)# router bgp 1.1
switch(config-router)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

tunnel-te interface

トラフィック エンジニアリング(TE)インターフェイスを設定します。

 
 

 

router isis

Intermediate System-to-Intermediate System(IS-IS)ルーティング プロセスを設定するには、router isis コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

router isis routing-process-tag

no router isis routing-process-tag

 
構文の説明

routing-process-tag

ルーティング プロセス タグ。最長で英数字 20 文字です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、IS-IS ルーティング プロセスを設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# router isis p1
switch(config-router)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

tunnel-te interface

トラフィック エンジニアリング(TE)インターフェイスを設定します。

router ospf

Open Shortest Path First(OSPF)ルーティング プロセスをイネーブルにするには、router ospf コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

router ospf router-process-tag

no router ospf router-process-tag

 
構文の説明

router-process-tag

プロセス名。最長で英数字 20 文字です。

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、OSPF ルーティング プロセスをイネーブルにする例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# router ospf p1
switch(config-router)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

tunnel-te interface

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)ラベル配布プロトコル(LDP)を設定します。

router rip

Routing Information Protocol(RIP)をイネーブルにするには、router rip コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

router rip instance-tag

no router rip instance-tag

 
構文の説明

instance-tag

インスタンス タグには最大 20 文字の英数字文字列を指定します。大文字と小文字は区別されます。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、RIP をイネーブルにする例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)#
switch(config)# feature rip
switch(config)# router rip Test1
switch(config-router)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

tunnel-te interface

トラフィック エンジニアリング(TE)インターフェイスを設定します。

router-id

ラベル配布プロトコル(LDP)ルータ ID を決定するための優先インターフェイスを設定するには、router-id コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

router-id loopback interface number [force]

no router-id loopback interface number [force]

 
構文の説明

loopback

ループバック インターフェイスを指定します。インターフェイスはイーサネットまたはその他のものである場合があります。

interface number

仮想インターフェイス番号。指定できる範囲は 0 ~ 1023 です。

force

(任意)強制的に LDP ルータ ID を変更するように指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

LDP コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、LDP ルータ ID を決定するための優先インターフェイスを指定する例を示します。

switch(config)# mpls ldp
switch(config-ldp)# router-id loopback 2
switch(config-ldp)#
 

次に、Ethernet 2/2 インターフェイスを LDP ルータ ID として指定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# mpls ldp
switch(config-ldp)# router-id loopback 0 force

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls ldp configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)ラベル配布プロトコル(LDP)を設定します。