Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS MPLS コマンド リファレンス
L コマンド
L コマンド
発行日;2013/02/11 | 英語版ドキュメント(2012/08/10 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

L コマンド

label allocate global

link-management timers

list(LSP 属性コンフィギュレーション モード)

list(TE 明示パス コンフィギュレーション モード)

load-interval

lockdown

logging lsp

logging neighbor-changes

logging password configuration

logging password rollover

logging tunnel

lsp attribute

L コマンド

この章では、L で始まる Cisco NX-OS マルチプロトコル ラベル スイッチング コマンドについて説明します。

label allocate global

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)ラベル配布プロトコル(LDP)のローカル ラベル割り当てフィルタを設定するには、label allocate global コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

label allocate global {all-routes | host-routers | prefix-list prefix-list}

no label allocate global {all-routes | host-routers | prefix-list prefix-list}

 
構文の説明

all-routes

すべてのルートに割り当てローカル ラベルを指定します。

host-routes

ホスト ルートだけに割り当てローカル ラベルを指定します。

prefix-list

ローカル ラベル フィルタリング用のプレフィックス リストを指定します。

prefix-list

IP プレフィックス リスト。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

LDP コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

この例では、MPLS LDP にローカル ラベル割り当てフィルタを設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# mpls ldp configuration
switch(config-ldp)# label allocate global prefix-list p1
switch(config-ldp)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls ldp configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)ラベル配布プロトコル(LDP)を設定します。

link-management timers

リンク管理ホールド タイマーを設定するには、link-management timers コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

link-management timers {bandwidth-hold sec | periodic-flooding sec}

no link-management timers

 
構文の説明

bandwidth-hold

応答 RSVP Resv メッセージが戻るのを待つ間、RSVP パス(確立)メッセージの帯域幅を維持する時間の長さを指定します。

sec

秒。指定できる範囲は 1 ~ 300 秒です。

period-flooding

即時処理をトリガーしないリンク ステート情報の変更を指定します。たとえば、しきい値にかからない割り当て帯域幅の量の変更です。

sec

秒。指定できる範囲は 0 ~ 3600 秒です。値 0 を指定すると、定期的フラッディングがオフになります。この値を 1 ~ 29 に設定した場合、30 として扱われます。

 
デフォルト

帯域幅保持は 15 秒です

定期的フラッディングは 60 秒です

 
コマンド モード

TE コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、リンク管理帯域幅ホールド タイマーを設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# mpls traffic-eng configuration
switch(config-te)# link management timers bandwidth-hold 200
switch(config-te)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls traffic-eng configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)トラフィック エンジニアリング プロトコル(MPLS-TE)を設定します。

list(LSP 属性コンフィギュレーション モード)

ラベル スイッチド パス(LSP)属性リストの内容を表示するには、list コマンドを使用します。

list

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド モード

LSP 属性コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、LSP 属性リストの内容を表示する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# mpls traffic-eng configuration
switch(config-te)# lsp attributes 1
switch(config-lsp-attr)# list

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls traffic-eng configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)トラフィック エンジニアリング プロトコル(MPLS-TE)を設定します。

list(TE 明示パス コンフィギュレーション モード)

explicit-path エントリの内容を表示するには、list コマンドを使用します。

list

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド モード

TE 明示パス コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、LSP 属性リストの内容を表示する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# mpls traffic-eng configuration
switch(config-te)# explicit-path name test
switch(config-lsp-attr)# list

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls traffic-eng configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)トラフィック エンジニアリング プロトコル(MPLS-TE)を設定します。

load-interval

インターフェイスの入出力レートが平均化される間隔を設定するには、load-interval コマンドを使用します。システムをデフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

load-interval seconds

no load-interval

 
構文の説明

seconds

負荷統計情報の計算に使用されるデータを取る時間の長さ。値は 30 の倍数で、120 ~ 300(120、150、180 など)です。

 
デフォルト

300

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

tunnel-te interface について、bandwidth コマンドは初期トンネル帯域幅を設定し、帯域幅はその後自動帯域幅メカニズムによりインターフェイス トラフィック統計情報に基づいて調整されます。load-interval コマンドは、インターフェイス トラフィック統計情報の計算頻度を指定します。

次に、インターフェイスの入出力レートを平均化する間隔を設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface tunnel-te 1
switch(config-if-te)# load-interval 180
switch(config-if-te)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

interface tunnel-te

トラフィック エンジニアリング(TE)インターフェイスを設定します。

lockdown

ラベル スイッチド パス(LSP)の再最適化をディセーブルにするには、lockdown コマンドを使用します。システムをデフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

lockdown

no lockdown

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド モード

LSP 属性コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、LSP の再最適化をディセーブルにする例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# mpls traffic-eng configuration
switch(config-te)# lsp attributes 1
switch(config-lsp-attr)# lockdown

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls traffic-eng configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)トラフィック エンジニアリング プロトコル(MPLS-TE)を設定します。

logging lsp

ラベル スイッチド パス(LSP)のトラップにログインするには、logging lsp コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

logging lsp {path-errors | preemption | reservation-errors | setups | teardowns} [prefix-list]

no logging lsp {path-errors | preemption | reservation-errors | setups | teardowns}

 
構文の説明

path-errors

LSP パス エラー トラップのロギングを指定します。

preemption

LSP プリエンプション トラップのロギングを指定します。

reservation-errors

LSP 予約エラー トラップのロギングを指定します。

setups

LSP エスタブリッシュメント トラップのロギングを指定します。

teardowns

LSP ティアダウン トラップのロギングを指定します。

prefix-list

(任意)プレフィックス リスト。

 
コマンド モード

TE コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、LSP パス エラー トラップを記録する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# mpls traffic-eng configuration
switch(config-te)# logging lsp path-errors prefix-list1
switch(config-te)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls traffic-eng configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)トラフィック エンジニアリング プロトコル(MPLS-TE)を設定します。

logging neighbor-changes

ラベル配布プロトコル(LDP)ネイバー ステート変更を記録するには、logging neighbor-changes コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

logging neighbor-changes

no logging neighbor-changes

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

LDP コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、ラベル配布プロトコル(LDP)ネイバー ステート変更を記録する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# mpls ldp configuration
switch(config-ldp)# logging neighbor-changes
switch(config-ldp)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls ldp configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)ラベル配布プロトコル(LDP)を設定します。

logging password configuration

パスワード コンフィギュレーション変更に関係するイベントの表示をイネーブルにするには、logging password configuration コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

logging password configuration [rate-limit number]

no logging password configuration [rate-limit number]

 
構文の説明

rate-limit

(任意)レート制限のロギングを指定します。

number

(任意)1 分あたりのメッセージ。範囲は毎分 1 ~ 60 メッセージです。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

LDP コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、パスワード変更に関連するイベントの表示をイネーブルにする例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# mpls ldp configuration
switch(config-ldp)# logging password configuration rate-limit 20
switch(config-ldp)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls ldp configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)ラベル配布プロトコル(LDP)を設定します。

logging password rollover

パスワード ロール オーバー イベントをイネーブルにするには、logging password rollover コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

logging password rollover [rate-limit number]

no logging password rollover [rate-limit number]

 
構文の説明

rate-limit

(任意)レート制限のロギングを指定します。

number

(任意)1 分あたりのメッセージ。範囲は毎分 1 ~ 60 メッセージです。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

LDP コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次の例に、パスワード ロール オーバー イベントをイネーブルにする方法を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# mpls ldp configuration
switch(config-ldp)# logging password rollover rate-limit 10
switch(config-ldp)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls ldp configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)ラベル配布プロトコル(LDP)を設定します。

logging tunnel

トンネル固有のトラップ ロギングを設定するには、logging tunnel コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

logging tunnel {lsp-selection | path change} [prefix-list]

no logging tunnel {lsp-selection | path change}

 
構文の説明

lsp-selection

ログ トンネル LSP 選択トラップを指定します。

path change

ログ トンネル LSP パス変更トラップを指定します。

prefix-list

(任意)プレフィックス リスト。

 
コマンド モード

TE コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、ログ トンネル LSP 選択トラップを指定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# mpls traffic-eng configuration
switch(config-te)# logging tunnel lsp-selection prefix-list1
switch(config-te)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls traffic-eng configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)トラフィック エンジニアリング プロトコル(MPLS-TE)を設定します。

lsp attribute

ラベル スイッチド パス(LSP)属性リストを設定するには、lsp attribute コマンドを使用します。

lsp attribute string

 
構文の説明

string

大文字と小文字が区別される最大 63 文字の英数字文字列である、LSP 属性リスト。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

TE コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、LSP 属性リストを設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# mpls traffic-eng configuration
switch(config-te)# lsp attribute 1
switch(config-lsp-attr)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls traffic-eng configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)トラフィック エンジニアリング プロトコル(MPLS-TE)を設定します。