Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS MPLS コマンド リファレンス
D コマンド
D コマンド
発行日;2013/02/11 | 英語版ドキュメント(2012/08/10 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

D コマンド

destination

discovery hello

discovery targeted-hello

D コマンド

この章では、D で始まる Cisco NX-OS マルチプロトコル ラベル スイッチング コマンドについて説明します。

destination

tunnel-te インターフェイスの宛先を設定するには、destination コマンドを使用します。システムをデフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

destination ip-address

no destination

 
構文の説明

ip-address

IP アドレスはドット付き 10 進表記です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

TE インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、トンネルの宛先を設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface tunnel-te 1
switch(config-if-te)# destination 10.1.1.4
switch(config-if-te)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

interface tunnel-te

トラフィック エンジニアリング(TE)インターフェイスを設定します。

discovery hello

直接接続されたネイバーの保持時間または間隔を設定するには、discovery hello コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

discovery hello {holdtime seconds | interval seconds}

no discovery hello {holdime | interval}

 
構文の説明

holdtime

検出された LDP ネイバーから LDP hello メッセージを受信しなくてもそのネイバーを記憶しておく期間を指定します。

interval

連続した hello メッセージの送信間隔を秒単位で指定します。

seconds

秒単位の保持時間。範囲は 1 ~ 65535 秒です。

 
デフォルト

デフォルトの保持時間は 15 秒、間隔は 5 秒です。

 
コマンド モード

LDP コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

デバイスのマルチプロトコル ラベル スイッチングのラベル配布プロトコル(LDP)を無効にすると、LDP コマンドを使用できません。

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、LDP ディスカバリ hello 保持時間を設定する例を示します。

switch(config)# mpls ldp configuration
switch(config-ldp)# discovery hello holdtime 10
switch(config-ldp)#
 

次に、LDP ディスカバリ hello 保持間隔を設定する例を示します。

switch(config)# mpls ldp configuration
switch(config-ldp)# discovery hello interval 10
switch(config-ldp)#
 
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls ldp configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)ラベル配布プロトコル(LDP)を設定します。

discovery targeted-hello

すべてのネイバーからまたは任意のプレフィックス リストで指定されたネイバーからの targeted-hello メッセージの要求に応答するようルータを設定する、または直接接続されていないネイバーに保持時間または間隔を設定するようルータを設定するには、discovery targeted-hello コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

discovery targeted-hello {acccept [from prefix-list] | holdtime seconds | interval seconds}

no discovery targeted-hello {acccept [from prefix-list] | holdtime seconds | interval seconds}

 
構文の説明

accept

targeted hello を受け入れるように指定します。

from

(任意)受け入れられる targeted hello のソースを指定可能なプレフィックス リストを指定します。

prefix-list

(任意)プレフィックス リストの名前。

holdtime

検出されたラベル配布プロトコル(LDP)ネイバーから LDP hello メッセージを受信しなくてもそのネイバーを記憶しておく期間を指定します。

interval

連続した hello メッセージの送信間隔を指定します。

seconds

秒単位の保持時間。有効な範囲は 1 ~ 65535 です。

 
デフォルト

保持時間のデフォルト値は 90 秒です。

間隔のデフォルト値は 10 秒です。

 
コマンド モード

LDP コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、LDP ディスカバリ targeted hello 保持時間を設定する例を示します。

switch(config)# mpls ldp configuration
switch(config-ldp)# discovery targeted-hello holdtime 1
switch(config-ldp)#
 

次に、LDP ディスカバリ targeted hello 間隔を設定する例を示します。

switch(config)# mpls ldp configuration
switch(config-ldp)# discovery targeted-hello interval 1
switch(config-ldp)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls ldp configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)ラベル配布プロトコル(LDP)を設定します。