Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS MPLS コマンド リファレンス
B コマンド
B コマンド
発行日;2013/02/11 | 英語版ドキュメント(2012/08/10 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

B コマンド

backoff

backup-bw

bandwidth(LSP 属性コンフィギュレーション モード)

bandwidth(TE インターフェイス コンフィギュレーション モード)

bfd interval

bfd slow-timer

B コマンド

この章では、B で始まる Cisco NX-OS マルチプロトコル ラベル スイッチング コマンドについて説明します。

backoff

ラベル配布プロトコル(LDP)バック オフ メカニズムにセッション確立遅延パラメータを設定するには、backoff コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

backoff initial-backoff max-backoff

no backoff

 
構文の説明

initial-backoff

初期バックオフ値(秒数)。指定できる範囲は 5 ~ 2147483 です。

max-backoff

最大バックオフ値(秒数)。指定できる範囲は 5 ~ 2147483 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

LDP コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、LDP バック オフ メカニズムの遅延パラメータを設定する例を示します。

switch(config)# mpls ldp configuration
switch(config-ldp)# backoff 30 240
switch(config-ldp)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls ldp configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)ラベル配布プロトコル(LDP)を設定します。

backup-bw

バックアップ トンネルとして使用される場合に、この tunnel-te が帯域幅保護を提供する必要の有無およびその量を指定するには、backup-bw コマンドを使用します。システムをデフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

backup-bw bandwidth

no backup-bw

 
構文の説明

bandwidth

割り当て可能なバックアップ帯域幅。指定できる範囲は 1 ~ 4294967295 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

TE インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、帯域幅をバックアップ トンネルに関連付ける例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface tunnel-te 2
switch(config-if-te)# backup-bw 1000
switch(config-if-te)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

interface tunnel-te

トラフィック エンジニアリング(TE)インターフェイスを設定します。

bandwidth(LSP 属性コンフィギュレーション モード)

ラベル スイッチド パス(LSP)の帯域幅を設定するには、bandwidth コマンドを使用します。システムをデフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

bandwidth kbps

no bandwidth

 
構文の説明

kbps

パス オプションに取り分けられた数値(キロビット/秒)。指定できる範囲は 1 ~ 4294967295 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

LSP 属性コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

次の条件は、TE インターフェイス コンフィギュレーション モード(path-option コマンドライン)または LSP 属性コンフィギュレーション モードで指定可能なトンネル エンジニアリング(TE)コマンドすべてに当てはまります。

ラベル スイッチド パス(LSP)に設定が指定されている場合、path-option コマンドによって直接であれ、path-option に LSP 属性リストを割り当てることによってであれ、その特定の path-option に優先します。

LSP に設定が指定されていない場合、LSP/path-option は、affinity、auto-bw、priority、record-route、protection/fast-reroute など tunnel-te コンフィギュレーション モードで指定された設定すべてを継承します。

bandwidth コマンドは、自動帯域幅メカニズムによって調整される、初期トンネル帯域幅を設定します。

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、LSP の帯域幅を設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# mpls traffic-eng configuration
switch(config-te)# lsp attributes 1
switch(config-lsp-attr)# bandwidth 5000

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls traffic-eng configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)トラフィック エンジニアリング プロトコル(MPLS-TE)を設定します。

bandwidth(TE インターフェイス コンフィギュレーション モード)

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)トラフィック エンジニアリング(TE)トンネルの帯域幅を設定するには、bandwidth コマンドを使用します。システムをデフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

bandwidth bandwidth

no bandwidth

 
構文の説明

bandwidth

キロビット/秒単位の帯域幅。指定できる範囲は 1 ~ 4294967295 です。

 
デフォルト

0

 
コマンド モード

TE インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、MPLS TE トンネルの帯域幅を設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface tunnel-te 1
switch(config-if-te)# bandwidth 250
switch(config-if-te)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

interface tunnel-te

トラフィック エンジニアリング(TE)インターフェイスを設定します。

bfd interval

このインターフェイスの双方向フォワーディング検出(BFD)間隔を設定するには、bfd interval コマンドを使用します。システムをデフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

bfd interval milliseconds min_rx milliseconds multiplier interval-multiplier

no bfd interval

 
構文の説明

milliseconds

TX 間隔。制御パケットが受信可能な必須レート(ミリ秒)。有効な範囲は 50 ~ 999 ミリ秒です。

min_rx

最低 RX 間隔を指定します。制御パケットを送信するために必要なレートです。有効な範囲は 50 ~ 999 ミリ秒です。

multiplier

BFD セッションの検出乗数を指定します。

interval-multiplier

乗数間隔。有効な範囲は 1 ~ 50 ミリ秒です。

 
デフォルト

間隔(ミリ秒):50

min_rx:50

乗数 interval-multiplier:3

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、BFD 間隔を設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch# configure terminal
switch(config)# interface ethernet 2/2
switch(config-if)# bfd interval 100 min_rx 100 multiplier 4
 
 
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls ldp configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)ラベル配布プロトコル(LDP)を設定します。

bfd slow-timer

セッションの低速モード タイマーを設定するには、bfd slow-timer コマンドを使用します。システムをデフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

bfd slow-timer milliseconds

no bfd slow-timer milliseconds

 
構文の説明

milliseconds

低速タイマー(ミリ秒)。指定できる範囲は 1000 ~ 30000 ミリ秒です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、MPLS Services ライセンスが必要です。

次に、セッションの低速モード タイマーを設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# bfd slow-timer 1000
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls ldp configuration

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)ラベル配布プロトコル(LDP)を設定します。