Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS IP サービス レベル契約(SLA)コマンド リファレンス
新機能および変更された機能に関する情報
新機能および変更された機能に関する情報
発行日;2013/01/10 | 英語版ドキュメント(2012/08/10 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 842KB) | フィードバック

目次

新機能および変更された機能に関する情報

新機能および変更された機能に関する情報

この章では、『Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS IP サービス レベル契約(SLA)コマンド リファレンス』の新機能および変更された機能に関するリリース固有の情報を示します。このマニュアルの最新バージョンは、次のシスコ Web サイトから入手できます。
http://www.cisco.com/en/US/products/ps9402/prod_command_reference_list.html

Cisco NX-OS リリース 6.x に関するその他の情報については、 Cisco Nexus 7000 Series NX-OS Release Notes, Release 6.0 を参照してください。このマニュアルは次のシスコ Web サイトで入手できます。
http://www.cisco.com/en/US/products/ps9402/tsd_products_support_series_home.html

次の表に、『Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS IP サービス レベル契約(SLA)コマンド リファレンス』の新機能および変更された機能の要約と参照先を示します。

表 1 リリース 6.x の新機能と変更点

機能
説明
対象リリース

IPSLA

udp-echo コマンドが追加されました。

6.1(1)

udp-jitter コマンドが追加されました。

6.1(1)

tcp-connect コマンドが追加されました。

6.1(1)

ip sla コマンドが追加されました。

6.1(1)

ip sla schedule コマンドが追加されました。

6.1(1)

data-pattern コマンドが追加されました。

6.1(1)

verify-data コマンドが追加されました。

6.1(1)

tos コマンドが追加されました。

6.1(1)

timeout コマンドが追加されました。

6.1(1)

threshold コマンドが追加されました。

6.1(1)

tag コマンドが追加されました。

6.1(1)

request-data-size コマンドが追加されました。

6.1(1)

precision コマンドが追加されました。

6.1(1)

owner コマンドが追加されました。

6.1(1)

operation-packet-priority コマンドが追加されました。

6.1(1)

frequency コマンドが追加されました。

6.1(1)

clock-tolerance コマンドが追加されました。

6.1(1)

show ip sla configuration コマンドが追加されました。

6.1(1)

show ip sla statistics コマンドが追加されました。

6.1(1)

show ip sla application コマンドが追加されました。

6.1(1)

ip sla group schedule コマンドが追加されました。

6.1(1)

show ip sla group schedule コマンドが追加されました。

6.1(1)

history buckets-kept コマンドが追加されました。

6.1(1)

history distribution-of-statistics-kept コマンドが追加されました。

6.1(1)

history enhanced コマンドが追加されました。

6.1(1)

history filter コマンドが追加されました。

6.1(1)

history hours-of-statistics-kept コマンドが追加されました。

6.1(1)

history lives-kept コマンドが追加されました。

6.1(1)

history statistics-distribution-interval コマンドが追加されました。

6.1(1)