Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS ユニキャスト ルーティング コマンド リファレンス リリース 5.x
F コマンド
F コマンド
発行日;2012/05/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

F コマンド

feature bgp

feature eigrp

feature glbp

feature hsrp

feature isis

feature ospf

feature ospfv3

feature pbr

feature rip

feature vrrp

feature wccp

flush-routes(OSPF)

flush-routes(OSPFv3)

forwarder preempt

F コマンド

この章では、F で始まる Cisco NX-OS ユニキャスト ルーティング コマンドについて説明します。

feature bgp

ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)をイネーブルにするには、 feature bgp コマンドを使用します。BGP をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

feature bgp

no feature bgp

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更あり

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

BGP を設定する前に、BGP 機能をイネーブルにする必要があります。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、BGP 設定をイネーブルにする例を示します。

switch(config)# feature bgp

 
関連コマンド

コマンド
説明

show bgp

BGP 構成情報を表示します。

router bgp

BGP インスタンスを作成します。

 

feature eigrp

Enhanced IGRP(EIGRP)をイネーブルにするには、 feature eigrp コマンドを使用します。EIGRP をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

feature eigrp

no feature eigrp

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更あり

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

EIGRP を設定するには、その前に EIGRP 機能をイネーブルにする必要があります。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、EIGRP 機能をイネーブルにする例を示します。

switch(config)# feature eigrp

 
関連コマンド

コマンド
説明

show { ip | ipv6 } eigrp

EIGRP 構成情報を表示します。

router eigrp

EIGRP インスタンスを作成します。

 

feature glbp

Gateway Load Balancing Protocol(GLBP; ゲートウェイ ロード バランシング プロトコル)をイネーブルにするには、 feature glbp コマンドを使用します。GLBP をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

feature glbp

no feature glbp

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

GLBP オプションを設定するか GLBP グループを作成する前に、GLBP をグローバルにイネーブルにする必要があります。

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、GLBP をイネーブルにする例を示します。

switch(config)# feature glbp

 
関連コマンド

コマンド
説明

authentication

GLBP グループに認証ストリングを設定します。

forwarder preempt

ゲートウェイが現在の Active Virtual Forwarder(AVF; アクティブ仮想フォワーダ)より高いプライオリティを持つ場合、ゲートウェイが GLBP グループの AVF として引き継がれるように設定します。

ip(GLBP)

GLBP グループをアクティベートします。

load-balancing

GLBP の Active Virtual Gateway(AVG; アクティブ仮想ゲートウェイ)によって使用されるロード バランシング方式を指定します。

preempt

ゲートウェイが現在の AVG より高いプライオリティを持つ場合、ゲートウェイが GLBP グループの AVG として引き継がれるように設定します。

priority

GLBP グループ内のゲートウェイのプライオリティ レベルを設定します。

show glbp

GLBP の情報を表示します。

timers

GLBP ゲートウェイによって送信される hello パケット間の時間、および仮想ゲートウェイと仮想フォワーダの情報が有効と見なされる時間を設定します。

timers redirect

GLBP グループの AVG がセカンダリ AVF にクライアントをリダイレクトし続ける時間を設定します。

track

GLBP 重み付けの変更がインターフェイスの状態に基づいている場合、インターフェイスを追跡するように設定します。

weighting

GLBP ゲートウェイの最初の重み値を指定します。

weighting track

GLBP 重み値の変更が追跡されるオブジェクトのアベイラビリティに基づいているトラッキング オブジェクトを指定します。

feature hsrp

ホットスタンバイ ルータ プロトコル(HSRP)コンフィギュレーション モードを開始して HSRP をイネーブルにするには、 feature hsrp コマンドを使用します。HSRP をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

feature hsrp

no feature hsrp

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

feature hsrp コマンドを使用し、HSRP コンフィギュレーション モードを開始して HSRP をイネーブルにします。

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、イーサネット インターフェイス 1/1 上で HSRP をイネーブルにする例を示します。

switch# config t
switch(config)# feature hsrp
switch(config-hsrp)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

hsrp group

HSRP グループを作成し、アクティベートします。

show hsrp

HSRP 情報を表示します。

feature isis

Intermediate System to Intermediate System Protocol(IS-IS)をイネーブルにするには、 feature isis コマンドを使用します。IS-IS をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

feature isis

no feature isis

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更あり

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

IS-IS を設定する前に、IS-IS 機能をイネーブルにする必要があります。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、IS-IS 機能をイネーブルにする例を示します。

switch(config)# feature isis

 
関連コマンド

コマンド
説明

show isis

IS-IS 構成情報を表示します。

router isis

IS-IS インスタンスを作成します。

feature ospf

OSPF(Open Shortest Path First)プロトコルをイネーブルにするには、 feature ospf コマンドを使用します。OSPF をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

feature ospf

no feature ospf

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更あり

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

OSPF を設定する前に、OSPF 機能をイネーブルにする必要があります。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、OSPF 機能をイネーブルにする例を示します。

switch(config)# feature ospf

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ospf

OSPF 構成情報を表示します。

router ospf

OSPF インスタンスを作成します。

feature ospfv3

Open Shortest Path First バージョン 3 プロトコル(OSPFv3)をイネーブルにするには、 feature ospfv3 コマンドを使用します。OSPFv3 をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

feature ospfv3

no feature ospfv3

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更あり

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

OSPFv3 を設定する前に、OSPFv3 機能をイネーブルにする必要があります。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、OSPv3 機能をイネーブルにする例を示します。

switch(config)# feature ospfv3

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ospfv3

OSPFv3 構成情報を表示します。

router ospfv3

OSPFv3 インスタンスを作成します。

feature pbr

Policy-Based Routing(PBR; ポリシーベース ルーティング)機能をイネーブルにするには、 feature pbr コマンドを使用します。PBR をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

feature pbr

no feature pbr

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更あり

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

PBR を設定する前に、PBR 機能をイネーブルにする必要があります。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、PBR 機能をイネーブルにする例を示します。

switch(config)# feature pbr

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip policy route-map

インターフェイスにポリシーベースのルート マップを割り当てます。

show ip policy

PBR に関する情報を表示します。

feature rip

Routing Information Protocol(RIP)をイネーブルにするには、 feature rip コマンドを使用します。RIP をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

feature rip

no feature rip

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更あり

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

RIP を設定する前に、RIP 機能をイネーブルにする必要があります。

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、RIP 機能をイネーブルにする例を示します。

switch(config)# feature rip

 
関連コマンド

コマンド
説明

show rip

RIP 構成情報を表示します。

router rip

RIP インスタンスを作成します。

feature vrrp

Virtual Router Redundancy Protocol(VRRP; 仮想ルータ冗長プロトコル)をイネーブルにするには、 feature vrrp コマンドを使用します。VRRP をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

feature vrrp

no feature vrrp

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更あり

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

VRRP を設定する前に、VRRP 機能をイネーブルにする必要があります。

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、VRRP 機能をイネーブルにする例を示します。

switch(config)# feature vrrp

 
関連コマンド

コマンド
説明

show vrrp

VRRP 設定情報を表示します。

clear vrrp

指定の仮想ルータの全ソフトウェア カウンタを消去します。

 

feature wccp

Web Cache Communication Protocol(WCCP; ウェブ キャッシュ通信プロトコル)をイネーブルにするには、 feature wccp コマンドを使用します。WCCP をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

feature wccp

no feature wccp

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴r

リリース
変更あり

4.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

WCCPv2 を設定する前に、WCCP 機能をイネーブルにする必要があります。

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、WCCP 機能をイネーブルにする例を示します。

switch(config)# feature wccp
switch(config)# show ip wccp
Global WCCP information:
Router information:
Router Identifier: 20.20.20.2
Protocol Version: 2.0
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip wccp

WCCPv2 のすべてのソフトウェア カウンタをクリアします。

show running-config wccp

WCCPv2 設定を表示します。

show ip wccp

WCCP サービス グループのステータスを表示します。

 
 

flush-routes(OSPF)

OSPF プロトコルのノングレースフルな制御された再起動でルートをフラッシュするには flush-routes コマンドを使用します。この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

flush-routes

no flush-routes

 
構文の説明

なし

 
デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

OSPF グレースフル リスタート機能がイネーブルになっていない場合、 flush-routes コマンドを使用します。

このコマンドを使用すると、OSPF は、OSPF がシャットダウンするとき、ユニキャスト Routing Information Base(RIB)から登録解除されます。ユニキャスト RIB は、この OSPF インスタンスに関連付けられたすべてのルートを削除します。 flush-routes コマンドを設定しない場合、OSPF は登録解除されず、OSPF ルートは古くなります。OSPF ルートは、タイムアウト期間後、最終的にユニキャスト RIB から削除されます。OSPF がグレースフル リスタート モードで再起動すると、ルートはユニキャスト RIB にリフレッシュされます。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、ノングレースフル リスタートでルートをフラッシュする例を示します。

switch(config)# router ospf 202
switch(config-router)# flush-routes
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

graceful-restart

OSPF グレースフル リスタートをイネーブルにします。

flush-routes(OSPFv3)

OSPFv3 プロトコルのノングレースフルな制御された再起動でルートをフラッシュするには flush-routes コマンドを使用します。この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

flush-routes

no flush-routes

 
構文の説明

なし

 
デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

OSPFv3 グレースフル リスタート機能がイネーブルになっていない場合、 flush-routes コマンドを使用します。

このコマンドを使用すると、OSPF は、OSPFv3 がシャットダウンするとき、ユニキャスト Routing Information Base(RIB)から登録解除されます。ユニキャスト RIB は、この OSPF インスタンスに関連付けられたすべてのルートを削除します。 flush-routes コマンドを設定しない場合、OSPFv3 は登録解除されず、OSPFv3 ルートは古くなります。OSPFv3 ルートは、タイムアウト期間後、最終的にユニキャスト RIB から削除されます。OSPFv3 がグレースフル リスタート モードで再起動すると、ルートはユニキャスト RIB にリフレッシュされます。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、ノングレースフル リスタートでルートをフラッシュする例を示します。

switch(config)# router ospfv3 202
switch(config-router)# flush-routes
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

graceful-restart

OSPFv3 グレースフル リスタートをイネーブルにします。

forwarder preempt

現在の Active Virtual Forwarder(AVF; アクティブ仮想フォワーダ)がその低い重み付けしきい値を下回った場合に、ゲートウェイが Gateway Load Balancing Protocol(GLBP; ゲートウェイ ロード バランシング プロトコル)グループの AVF として引き継がれるように設定するには、 forwarder preempt コマンドを使用します。この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

forwarder preempt [ delay minimum seconds ]

no forwarder preempt [ delay minimum seconds ]

 
構文の説明

delay minimum seconds

(任意)ゲートウェイが AVF のロールを引き継ぐ前に遅延する最小秒数を指定します。範囲は 0 ~ 3600 秒です。デフォルトの遅延時間は 30 秒です。

 
デフォルト

フォワーダ強制排除は、30 秒のデフォルト遅延でイネーブルになります。

 
コマンド モード

GLBP コンフィギュレーション

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、現在の AVF がその低い重み付けしきい値を下回った場合に、現在の AVF をプリエンプション処理するように、ゲートウェイを設定する例を示します。ゲートウェイが現在の AVF を強制排除した場合、ゲートウェイは AVF のロールを引き継ぐ前に 60 秒間待ちます。

switch(config)# interface ethernet 1/1
switch(config-if)# glbp 2
switch(config-glbp)# forwarder preempt delay minimum 60

 
関連コマンド

コマンド
説明

glbp

GLBP コンフィギュレーション モードに入って、GLBP グループを作成します。