Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS ユニキャスト ルーティング コマンド リファレンス リリース 5.x
C コマンド
C コマンド
発行日;2012/05/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

C コマンド

clear bgp

clear bgp dampening

clear bgp flap-statistics

clear bgp policy statistics aggregate-address

clear bgp policy statistics dampening

clear bgp policy statistics neighbor

clear bgp policy statistics redistribute

clear forwarding route

clear forwarding inconsistency

clear hardware ip verify

clear hardware ip verify address

clear hardware ip verify length

clear hardware proxy layer-3 counters

clear ip adjacency statistics

clear ip arp

clear ip bgp

clear ip bgp dampening

clear ip bgp flap-statistics

clear ip eigrp accounting

clear ip eigrp neighbors

clear ip eigrp policy statistics redistribute

clear ip eigrp redistribution

clear ip eigrp traffic

clear ip interface statistics

clear ip mbgp

clear ip mbgp dampening

clear ip mbgp flap-statistics

clear ip ospf neighbor

clear ip ospf policy statistics

clear ip ospf redistribution

clear ip ospf statistics

clear ip ospf traffic

clear ip rip policy statistics redistribute

clear ip rip statistics

clear ip route

clear ip traffic

clear ip wccp

clear ipv6 adjacency statistics

clear ipv6 eigrp accounting

clear ipv6 eigrp neighbors

clear ipv6 eigrp route-map statistics redistribute

clear ipv6 eigrp redistribution

clear ipv6 eigrp traffic

clear ipv6 icmp interface statistics

clear ipv6 nd interface statistics

clear ipv6 neighbor

clear ipv6 route

clear ipv6 traffic

clear isis adjacency

clear isis ip route-map statistics redistribute

clear isis redistribution

clear isis route-map statistics distribute

clear isis statistics

clear isis traffic

clear ospfv3 neighbor

clear ospfv3 policy statistics

clear ospfv3 statistics

clear ospfv3 traffic

clear route-map pbr-statistics

clear sockets statistics

clear vrrp

confederation

C コマンド

この章では、C で始まる Cisco NX-OS ユニキャスト ルーティング コマンドについて説明します。

clear bgp

ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)ルートを BGP テーブルから消去するには、 clear bgp コマンドを使用します。

clear bgp {{ ipv4 | ipv6 } { unicast | multicast } | all } { neighbor | * | as-number | peer-template name | prefix } [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

ipv4

(任意)IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

ipv6

(任意)IPv6 アドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

unicast

ユニキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

multicast

マルチキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

all

(任意)すべてのアドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

neighbor

ネットワーク アドレス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D、IPv6 の場合は A:B::C:D です。

as-number

自律システム番号。有効な範囲は 1 ~ 65535 です。

peer-template name

BGP ピア テンプレートを指定します。63 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

prefix

選択されたアドレス ファミリからのプレフィクス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D/length、IPv6 の場合は A:B::C:D/length です。

vrf vrf-name

(任意)特定の VPN Routing and Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)インスタンスまたはすべての VRF インスタンスを指定します。VRF 名は、大文字と小文字が区別される 63 文字以下の任意の英数字文字列で指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

4.0(3)

IPv6 プレフィクスのサポートを追加しました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、すべての BGP エントリを消去する例を示します。

switch# clear bgp all *

clear bgp dampening

BGP ルート フラップ ダンプニング情報を消去するには、 clear bgp dampening コマンドを使用します。

clear bgp {{ ipv4 | ipv6 } { unicast | multicast } | all } dampening [ neighbor | prefix ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

ipv4

(任意)IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

ipv6

(任意)IPv6 アドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

unicast

ユニキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

multicast

マルチキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

all

(任意)すべてのアドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

neighbor

選択されたアドレス ファミリからのネイバー。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D です。

prefix

選択されたアドレス ファミリからのプレフィクス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D/length です。

vrf vrf-name

(任意)特定の VPN Routing and Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)インスタンスまたはすべての VRF インスタンスを指定します。VRF 名は、大文字と小文字が区別される 63 文字以下の任意の英数字文字列で指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、BGP ルート フラップ ダンプニング情報を消去する例を示します。

switch# clear bgp all dampening

clear bgp flap-statistics

BGP ルート フラップ統計情報を消去するには、 clear bgp flap-statistics コマンドを使用します。

clear bgp flap-statistics [ neighbor | prefix ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

neighbor

選択されたアドレス ファミリからのネイバー。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D です。

prefix

選択されたアドレス ファミリからのプレフィクス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D/length です。

vrf vrf-name

(任意)特定の VPN Routing and Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)インスタンスまたはすべての VRF インスタンスを指定します。VRF 名は、大文字と小文字が区別される 63 文字以下の任意の英数字文字列で指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、BGP ルート フラップ統計情報を消去する例を示します。

switch# clear bgp flap-statistics

clear bgp policy statistics aggregate-address

BGP トポロジ テーブルのポリシー統計情報を消去するには、 clear bgp policy statistics aggregate address コマンドを使用します。

clear bgp policy statistics aggregate address prefix { advertise-map | suppress-map }

 
構文の説明

prefix

サマリー アドレス。形式は、x.x.x.x または x.x.x.x/length です。length の範囲は 1 ~ 32 です。

advertise-map

アドバタイズ ポリシーのポリシー統計情報を消去します。

suppress-map

抑制ポリシーのポリシー統計情報を消去します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、集約アドレスのポリシー統計情報を消去する例を示します。

switch# clear bgp policy statistics aggregate-address 192.0.2.0/8

 
関連コマンド

コマンド
説明

show bgp policy statistics

BGP のポリシー統計情報を表示します。

clear bgp policy statistics dampening

BGP ダンプニングのポリシー統計情報を消去するには、 clear bgp policy statistics dampening コマンドを使用します。

clear bgp policy statistics dampening

 
構文の説明

このコマンドには、キーワードと引数はありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、ダンプニングのポリシー統計情報を消去する例を示します。

switch# clear bgp policy statistics dampening

 
関連コマンド

コマンド
説明

show bgp policy statistics

BGP のポリシー統計情報を表示します。

clear bgp policy statistics neighbor

BGP ネイバーのポリシー統計情報を消去するには、 clear bgp policy statistics neighbor コマンドを使用します。

clear bgp policy statistics neighbor prefix [ default-originate | { filter-lis t | prefix-list | route-map } { in | out }]

 
構文の説明

prefix

ネイバー アドレス。形式は x.x.x.x です。

default-originate

(任意)デフォルト開始ポリシーのポリシー統計情報を消去します。

filter-list

ネイバー フィルタ リストのポリシー統計情報を消去します。

prefix-list

ネイバー プレフィクス リストのポリシー統計情報を消去します。

route-map

ネイバー ルート マップのポリシー統計情報を消去します。

in

(任意)インバウンド ポリシー統計情報を消去します。

out

(任意)アウトバウンド ポリシー統計情報を消去します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、集約アドレスのポリシー統計情報を消去する例を示します。

switch# clear bgp policy statistics neighbor 192.0.2.1 filter-list in

 
関連コマンド

コマンド
説明

show bgp policy statistics

BGP のポリシー統計情報を表示します。

clear bgp policy statistics redistribute

BGP トポロジ テーブルのポリシー統計情報を消去するには、 clear bgp policy statistics コマンドを使用します。

clear bgp policy statistics redistribute { direct | eigrp id | isis id | ospf id | rip id | static } [ vrf { vrf-name | * }]

 
構文の説明

direct

直接接続されているルートのポリシー統計情報のみ消去します。

eigrp

EIGRP のポリシー統計情報をクリアします。

isis

Intermediate-System to Intermediate-System(IS-IS)ルーティング プロトコルのポリシー統計情報を消去します。

ospf

Open Shortest Path First(OSPF)プロトコルのポリシー統計情報を消去します。

rip

Routing Information Protocol(RIP)のポリシー統計情報を消去します。

static

IP スタティック ルートのポリシー統計情報を消去します。

id

eigrp キーワードは、ルートの再配布元である EIGRP インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

isis キーワードは、ルートの再配布元である IS-IS インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

ospf キーワードは、ルートの再配布元である OSPF インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

vrf v rf-nam e | *

特定の Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスを指定します。VRF 名は、32 文字以下の英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、RIP のポリシー統計情報を消去する例を示します。

switch# clear bgp policy statistics redistribute rip 201

 
関連コマンド

コマンド
説明

show bgp policy statistics

BGP ポリシー統計情報を表示します。

clear forwarding route

フォワーディング情報を消去するには、 clear forwarding route コマンドを使用します。

clear forwarding { ip | ipv4 | ipv6 } route [ * | prefix ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

ip

Ipv4 ルートを消去します。

ipv4

Ipv4 ルートを消去します。

ipv6

Ipv6 ルートを消去します。

*

すべてのルートをクリアします。

prefix

IPv4 または IPv6 のプレフィクス。IPv4 の形式は、x.x.x.x/length です。IPv6 の形式は、A:B:C:D/length です。

vrf vrf-name

(任意)特定の VPN Routing and Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)インスタンスまたはすべての VRF インスタンスを指定します。VRF 名は、大文字と小文字が区別される 63 文字以下の任意の英数字文字列で指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(3)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、FIB からルートを消去する例を示します。

switch# clear forwarding ip 10.0.0.1/8

clear forwarding inconsistency

FIB のレイヤ 3 不一致チェッカーを消去するには、 test forwarding inconsistency コマンドを使用します。

clear forwarding inconsistency [ ip | ipv4 | ipv6 ] [ unicast ] [ vrf vrf-name ] [ module { slot | all }]

 
構文の説明

ip

(任意)IPv4 ルートの不一致チェックを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 ルートの不一致チェックを指定します。

ipv6

(任意)IPv6 ルートの不一致チェックを指定します。

unicast

(任意)ユニキャスト ルートの不一致チェックを指定します。

vrf vrf-name

(任意)特定の VPN Routing and Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)インスタンスまたはすべての VRF インスタンスを指定します。VRF 名は、大文字と小文字が区別される 63 文字以下の任意の英数字文字列で指定します。

module

(任意)1 つまたは複数のモジュールの不一致チェックを指定します。

slot

モジュール番号。範囲はプラットフォームに依存します。

all

(任意)すべてのモジュールの不一致チェックを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

4.2(1)

ipv6 キーワードのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、すべてのモジュールのレイヤ 3 不一致チェッカーを消去する例を示します。

switch# clear forwarding inconsistency module all
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show forwarding inconsistency

FIB 不一致に関する情報を表示します。

test forwarding inconsistency

転送不一致チェッカーをトリガーします。

clear hardware ip verify

IP パケット検証を消去するには、 clear hardware ip verify コマンドを使用します。IP パケット検証をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

clear hardware ip verify { checksum | fragment | protocol | tcp tiny-frag | version }

 
構文の説明

checksum

チェックサムが正しくない場合には、IPv4 または IPv6 パケットをドロップします。

fragment

パケット フラグメントのオフセットがゼロ以外で DF ビットがアクティブの場合には、IPv4 または IPv6 パケットをドロップします。

protocol

パケット フラグメントに無効な IP プロトコル番号が含まれていた場合に IPv4 または IPv6 パケットをドロップします。

tcp tiny-frag

IP フラグメント オフセットが 1 の場合、または IP フラグメント オフセットが 0 で IP ペイロード長が 16 未満の場合には、IPv4 パケットをドロップします。

version

EtherType が 4(IPv4)に設定されていない場合には、IPv4 パケットをドロップします。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.1(3)

このコマンドが追加されました。

4.2(2)

protocol キーワードが追加されました。

 
使用上のガイドライン

チェックサムまたはフラグメントに基づく IPv4 および IPv6 パケットのパケット検証テストを消去するには、 clear hardware ip verify コマンドを使用します。

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、フラグメント化された IPv4 または IPv6 パケット テストを消去する例を示します。

switch(config)# clear hardware ip verify fragment

 
関連コマンド

コマンド
説明

hardware ip verify address

アドレスに基づいて、IPv4 および IPv6 パケット検証チェックを設定します。

hardware ip verify length

長さに基づいて、IPv4 パケット検証チェックを設定します。

hardware ipv6 verify

IPv6 パケット検証チェックを設定します。

show hardware forwarding ip verify

IP パケット検証チェックに関する情報を表示します。

clear hardware ip verify address

IP アドレスに対するパケット検証テストを消去するには、 clear hardware ip verify address コマンドを使用します。パケット検証テストをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

clear hardware ip verify address { destination zero | identical | reserved | source {broadcast | multicast }}

 
構文の説明

destination zero

IPv4 宛先アドレスが 0.0.0.0 または IPv6 宛先アドレスが ::.. の場合には、IP パケットをドロップします。

identical

IPv4 または IPv6 発信元アドレスが IPv4 または IPv6 宛先アドレスと同じ場合には、IP パケットをドロップします。

reserved

IPv4 アドレスが 127.x.x.x の範囲にある場合、または IPv6 アドレスが ::1 の範囲にある場合には、IP パケットをドロップします。

source

IP 発信元アドレスに基づいて IP パケットをドロップします。

broadcast

IP 発信元アドレスが 255.255.255.255 の場合には、IP パケットをドロップします。

multicast

IPv4 発信元アドレスが 224.x.x.x の範囲にある場合、または IPv6 発信元アドレスが FF00::/8 の範囲にある場合には、IP パケットをドロップします。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.1(3)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

アドレスに基づく IPv4 および IPv6 パケットのパケット検証テストを消去するには、 clear hardware ip verify address コマンドを使用します。

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、ブロードキャスト IPv4 パケット テストを消去する例を示します。

switch(config)# clear hardware ip verify address # source broadcast

 
関連コマンド

コマンド
説明

hardware ip verify

チェックサムまたはフラグメントに基づいた IPv4 および IPv6 パケット検証チェックを設定します。

hardware ip verify length

長さに基づいて、IPv4 パケット検証チェックを設定します。

hardware ipv6 verify

IPv6 パケット検証チェックを設定します。

show hardware forwarding ip verify

IP パケット検証チェックに関する情報を表示します。

clear hardware ip verify length

パケット長に基づく IPv4 パケット検証テストを消去するには、 clear hardware ip verify length コマンドを使用します。テストをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

clear hardware ip verify length { consistent | maximum { max-frag | max-tcp | udp } | minimum }

 
構文の説明

consistent

イーサネット フレーム サイズが、IP パケット長にイーサネット ヘッダーを加えた値以上の場合には、IPv4 パケットをドロップします。

maximum

最大フラグメント オフセットを指定します。

max-frag

最大フラグメント オフセットが 65536 より大きい場合は IP パケットをドロップするよう指定します。

max-tcp

TCP 長が IP ペイロード長より大きい場合は IP パケットをドロップするよう指定します。

udp

IP ペイロード長が UDP パケット長を下回る場合は IP パケットをドロップするよう指定します。

minimum

イーサネット フレーム長が IP パケット長に 4 オクテット(CRC 長)を加えた値を下回る場合には、IP パケットをドロップします。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.1(3)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

パケット長に基づく IPv4 および IPv6 パケットのパケット検証テストを消去するには、 clear hardware ip verify length コマンドを使用します。

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、最短 IPv4 パケット テストを消去する例を示します。

switch(config)# clear hardware ip verify length minimum

 
関連コマンド

コマンド
説明

hardware ip verify

チェックサムまたはフラグメントに基づいた IPv4 パケット検証チェックを設定します。

hardware ip verify address

アドレスに基づいて、IPv4 および IPv6 パケット検証チェックを設定します。

hardware ipv6 verify

IPv6 パケット検証チェックを設定します。

show hardware forwarding ip verify

IP パケット検証チェックに関する情報を表示します。

clear hardware proxy layer-3 counters

プロキシ レイヤ 3 カウンタ情報を消去するには、clear hardware proxy layer-3 counters コマンドを使用します。

clear hardware proxy layer-3 counters

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

5.1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、簡単なプロキシ レイヤ 3 のカウンタ情報を消去する例を示します。

switch# clear hardware proxy layer-3 counters

switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show hardware proxy layer-3 detail

プロキシ レイヤ 3 機能に関する詳細情報を表示します。

 

clear ip adjacency statistics

隣接関係統計情報を消去するには、 clear ip adjacency statistics コマンドを使用します。

clear ip adjacency statistics

 
構文の説明

このコマンドには、キーワードと引数はありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、隣接関係統計情報を消去する例を示します。

switch# clear ip adjacency statistics
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip adjacency

隣接関係情報を表示します。

clear ip arp

アドレス解決プロトコル(ARP)情報を消去するには、 clear ip arp コマンドを使用します。

clear ip arp [ ip-addr | interface ] [force-delete | statistics ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

ip-addr

(任意)IPv4 送信元アドレス。形式は x.x.x.x です。

interface

(任意)インターフェイス。 ? を使用してサポートされているインターフェイス タイプを特定します。

force-delete

(任意)リフレッシュを使用せずに ARP テーブルからエントリを消去します。

statistics

(任意)ARP 統計情報を消去します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。63 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

5.0(2)

force-delete キーワードが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、ARP テーブルを消去する例を示します。

switch# clear ip arp
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip arp

ARP に関する情報を表示します。

clear ip bgp

BGP ルートを BGP テーブルから消去するには、 clear ip bgp コマンドを使用します。

clear ip bgp [ ipv4 { unicast | multicast ] { neighbor | * | as-number | peer-template name | prefix } [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

ipv4

(任意)IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

unicast

ユニキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

multicast

マルチキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

neighbor

ネットワーク アドレス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D、IPv6 の場合は A:B::C:D です。

as-number

自律システム番号。有効な範囲は 1 ~ 65535 です。

peer-template name

BGP ピア テンプレートを指定します。63 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

prefix

選択されたアドレス ファミリからのプレフィクス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D/length、IPv6 の場合は A:B::C:D/length です。

vrf vrf-name

(任意)特定の VPN Routing and Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)インスタンスまたはすべての VRF インスタンスを指定します。VRF 名は、大文字と小文字が区別される 63 文字以下の任意の英数字文字列で指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、IPv4 アドレス ファミリのすべての BGP エントリを消去する例を示します。

switch# clear ip bgp *

clear ip bgp dampening

BGP ルート フラップ ダンプニング情報を消去するには、 clear ip bgp dampening コマンドを使用します。

clear ip bgp { ipv4 { unicast | multicast }} dampening [ neighbor | prefix ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

ipv4

(任意)IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

unicast

ユニキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

multicast

マルチキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

neighbor

選択されたアドレス ファミリからのネイバー。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D です。

prefix

選択されたアドレス ファミリからのプレフィクス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D/length です。

vrf vrf-name

(任意)特定の VPN Routing and Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)インスタンスまたはすべての VRF インスタンスを指定します。VRF 名は、大文字と小文字が区別される 63 文字以下の任意の英数字文字列で指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、BGP ルート フラップ ダンプニング情報を消去する例を示します。

switch# clear ip bgp dampening

clear ip bgp flap-statistics

BGP ルート フラップ統計情報を消去するには、 clear ip bgp flap-statistics コマンドを使用します。

clear ip bgp flap-statistics [ neighbor | prefix ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

neighbor

選択されたアドレス ファミリからのネイバー。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D です。

prefix

選択されたアドレス ファミリからのプレフィクス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D/length です。

vrf vrf-name

(任意)特定の VPN Routing and Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)インスタンスまたはすべての VRF インスタンスを指定します。VRF 名は、大文字と小文字が区別される 63 文字以下の任意の英数字文字列で指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、BGP ルート フラップ統計情報を消去する例を示します。

switch# clear ip bgp flap-statistics

clear ip eigrp accounting

Enhanced IGRP(EIGRP)プロセスのプレフィクス アカウンティング情報を消去するには、 clear ip eigrp accounting コマンドを使用します。

clear ip eigrp [ instance-tag ] accounting [ vrf { vrf-name | * }]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。このオプションは、VRF インスタンスが指定されていない場合に使用できます。インスタンス タグは、大文字と小文字が区別される 63 文字以下の任意の英数字文字列で指定します。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。文字列の「default」と「all」は予約済みの VRF 名です。

vrf *

(任意)すべての VRF インスタンスを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(3)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、EIGRP アカウンティング情報を消去する例を示します。

switch# clear ip eigrp accounting
 

clear ip eigrp neighbors

Enhanced IGRP(EIGRP)ネイバー エントリを適切なテーブルから削除して再確立するには、EXEC モードで clear ip eigrp neighbors コマンドを使用します。

clear ip eigrp [ instance-tag ] neighbors [ * | ip-address | interface-type interface-instance ] [ soft ] [ vrf { vrf-name | * }]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)インスタンス識別情報。instance-tag は、大文字と小文字が区別される 63 文字以下の任意の英数字文字列で指定します。

*

(任意)すべてのネイバーを消去します。

ip-address

(任意)ネイバーのアドレス。

interface-type

(任意)インターフェイス タイプ。詳細については、疑問符( ? )CLI ヘルプ機能を使用してください。

interface-instance

(任意)物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンス

これらの引数を指定すると、このインターフェイス経由ですべてのエントリが学習したネイバー テーブルから、指定されたインターフェイス タイプが削除されます。

インターフェイスの構文の詳細については、疑問符( ? )オンライン ヘルプ機能を使用してください。

soft

(任意)ネイバーにソフト リセットを指定します。

vrf vrf-name | *

(任意)特定の VPN Routing and Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)インスタンスまたはすべての VRF インスタンスを指定します。VRF 名は、32 文字以下の英数字文字列です。

 
デフォルト

自律システム番号、インターフェイス、または VRF インスタンスが指定されていない場合、すべての EIGRP ネイバー エントリがテーブルから消去されます。

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

4.0(3)

* キーワードと soft キーワードを追加しました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、インターフェイス ethernet 2/1 上のネイバーに関するすべての EIGRP エントリを消去する例を示します。

switch# clear ip eigrp vrf * neighbors ethernet 2/1

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip eigrp interfaces

EIGRP に設定されているインターフェイスに関する情報を表示します。

show ip eigrp neighbors

EIGRP によって検出されたネイバーを表示します。

clear ip eigrp policy statistics redistribute

show ip rip policy statistics redistribute Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)トポロジ テーブルに再配布されたルートのポリシー統計情報を消去するには、 clear ip eigpr policy statistics redistribute コマンドを使用します。

clear ip eigrp policy statistics redistribute { bgp id | direct | eigrp id | isis id | ospf id | rip id | static } [ vrf { vrf-name | * }]

 
構文の説明

bgp

BGP のポリシー統計情報を消去します。

direct

直接接続されているルートのポリシー統計情報のみ消去します。

eigrp

EIGRP のポリシー統計情報をクリアします。

isis

Intermediate-System to Intermediate-System(IS-IS)ルーティング プロトコルのポリシー統計情報を消去します。

ospf

Open Shortest Path First(OSPF)プロトコルのポリシー統計情報を消去します。

rip

Routing Information Protocol(RIP)のポリシー統計情報を消去します。

static

IP スタティック ルートのポリシー統計情報を消去します。

id

bgp キーワードは、自律システム番号です。2 バイト番号の範囲は 1 ~ 65535 です。4 バイト番号の範囲は 1.0 ~ 65535.65535 です。

eigrp キーワードは、ルートの再配布元である EIGRP インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

isis キーワードは、ルートの再配布元である IS-IS インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

ospf キーワードは、ルートの再配布元である OSPF インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

vrf v rf-nam e | *

(任意)特定の Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスを指定します。VRF 名は、32 文字以下の英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

4.0(3)

このコマンドが削除され、 clear ip eigrp route-map statistics コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、RIP のポリシー統計情報を消去する例を示します。

switch# clear ip eigrp policy statistics redistribute rip 201

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip eigrp policy statistics

EIGRP のポリシー統計情報を表示します。

clear ip eigrp redistribution

EIGRP の再配布情報を消去するには、 clear ip eigrp redistribution コマンドを使用します。

clear ip eigrp redistribution [ vrf { vrf-name | * }]

 
構文の説明

vrf v rf-nam e | *

(任意)特定の Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスを指定します。VRF 名は、32 文字以下の英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、再配布情報を消去する例を示します。

switch# clear ip eigrp redistribution

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature eigrp

EIGRP 機能をイネーブルにします。

clear ip eigrp traffic

Enhanced IGRP(EIGRP)トラフィック統計情報を消去するには、 clear ip eigrp traffic コマンドを使用します。

clear ip eigrp [ instance-tag ] traffic [ vrf { vrf-name | * }]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)EIGRP のインスタンス。インスタンス タグは、大文字と小文字が区別される 63 文字以下の任意の英数字文字列で指定します。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。文字列の「default」と「all」は予約済みの VRF 名です。

vrf *

(任意)すべての VRF インスタンスを指定します。

 
デフォルト

このコマンドは、VRF が指定されていない場合、デフォルトの VRF の情報を消去します。

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(3)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、EIGRP トラフィック統計情報を消去する例を示します。

switch# clear ip eigrp traffic

clear ip interface statistics

IP インターフェイス統計情報を消去するには、 clear ip interface statistics コマンドを使用します。

clear ip interface statistics

 
構文の説明

このコマンドには、キーワードと引数はありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、IP インターフェイス統計情報を消去する例を示します。

switch# clear ip interface statistics
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip interface

IP インターフェイス情報を表示します。

clear ip mbgp

マルチプロトコル ボーダー ゲートウェイ プロトコル(MBGP)ルートを BGP テーブルから消去するには、 clear ip mbgp コマンドを使用します。

clear ip mbgp { neighbor | * | as-number | peer-template name | prefix } [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

neighbor

ネットワーク アドレス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D です。

as-number

自律システム番号。有効な範囲は 1 ~ 65535 です。

peer-template name

BGP ピア テンプレートを指定します。63 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

prefix

選択されたアドレス ファミリからのプレフィクス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D/length です。

vrf vrf-name

(任意)特定の VPN Routing and Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)インスタンスまたはすべての VRF インスタンスを指定します。VRF 名は、大文字と小文字が区別される 63 文字以下の任意の英数字文字列で指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、IPv4 アドレス ファミリのすべての MBGP エントリを消去する例を示します。

switch# clear ip mbgp *

clear ip mbgp dampening

MBGP ルート フラップ ダンプニング情報を消去するには、 clear ip mbgp dampening コマンドを使用します。

clear ip mbgp dampening { neighbor | prefix} [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

neighbor

選択されたアドレス ファミリからのネイバー。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D です。

prefix

選択されたアドレス ファミリからのプレフィクス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D/length です。

vrf vrf-name

(任意)特定の VPN Routing and Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)インスタンスまたはすべての VRF インスタンスを指定します。VRF 名は、大文字と小文字が区別される 63 文字以下の任意の英数字文字列で指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、MBGP ルート フラップ ダンプニング情報を消去する例を示します。

switch# clear ip mbgp dampening

clear ip mbgp flap-statistics

MBGP ルート フラップ統計情報を消去するには、 clear ip mbgp flap-statistics コマンドを使用します。

clear ip mbgp flap-statistics { neighbor | prefix} [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

neighbor

選択されたアドレス ファミリからのネイバー。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D です。

prefix

選択されたアドレス ファミリからのプレフィクス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D/length です。

vrf vrf-name

(任意)特定の VPN Routing and Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)インスタンスまたはすべての VRF インスタンスを指定します。VRF 名は、大文字と小文字が区別される 63 文字以下の任意の英数字文字列で指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、MBGP ルート フラップ統計情報を消去する例を示します。

switch# clear ip mbgp flap-statistics

clear ip ospf neighbor

ネイバー統計情報を消去して Open Shortest Path First(OSPF)の隣接関係をリセットするには、 clear ip ospf neighbor コマンドを使用します。

clear ip ospf [ instance-tag ] neighbor { * | neighbor-id | interface-type number | loopback number | port-channel number } [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。英数字で最大 20 文字のストリングとして指定します。

*

すべてのネイバーを消去します。

neighbor-id

消去するネイバーのネイバー ID(IP アドレスとして)です。

interface-type number

すべてのネイバーを消去するインターフェイスです。

loopback number

ループバック インターフェイスのすべてのネイバーを消去します。

port-channel number

ポート チャネル インターフェイスのすべてのネイバーを消去します。

vrf vrf-name

(任意)OSPF Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数は、「default」と「all」を除く、32 文字以下の任意の英数字文字列で指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear ip ospf neighbor コマンドを使用し、 show ip ospf neighbor コマンドからのネイバー情報を消去します。 instance-tag 引数を使用し、1 つの OSPF インスタンスからネイバー詳細を消去します。 instance -tag 引数を使用しない場合、Cisco NX-OS がすべての OSPF インスタンスからネイバー詳細を消去します。 show ip ospf neighbor コマンドを使用し、ネイバー ID を検索します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、インスタンス タグ 201 のネイバー 192.0.2.1 に関するすべての OSPF ネイバー詳細を消去する例を示します。

switch# clear ip ospf 201 neighbor 192.0.2.1
 

次に、すべての OSPF インスタンスに関するすべての OSPF ネイバー詳細を消去する例を示します。

switch# clear ip ospf neighbor *
 

次に、OSPF インスタンス 202 のインターフェイス ethernet 1/2 上のすべてのネイバーに関するすべての OSPF ネイバー詳細を消去する例を示します。

switch# clear ip ospf 202 neighbor ethernet 1/2
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip ospf neighbor

ネイバー ID を含む OSPF ネイバーの詳細を表示します。

clear ip ospf policy statistics

Open Shortest Path First(OSPF)のポリシー統計情報を消去するには、 clear ip ospf policy statistics コマンドを使用します。

clear ip ospf [ instance-tag ] policy statistics { area area-id filter-list { in | out } | redistribute { bgp autonomous-system | direct | eigrp id | isis id | ospf id | rip id | static }} [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。英数字で最大 20 文字のストリングとして指定します。

area

エリアのポリシー統計情報を消去します。

area-id

エリア ID(整数)または IP アドレス

filter-list

OSPF エリア間のフィルタ処理されたプレフィクスのポリシー統計情報を指定します。

in

この OSPF エリアに送信されたプレフィクスをフィルタ処理します。

out

この OSPF エリアから送信されたプレフィクスをフィルタ処理します。

redistribution

OSPF 経路再配布統計情報を消去します。

bgp autonomous-system

BGP の自律システム番号を指定します。自律システム番号は、 x.y (範囲は、 x y の両方とも 1 ~ 65535)または 1 つの整数(範囲は 1 ~ 65535)として指定します。

direct

直接接続されたルートを指定します。

eigrp id

Enhanced IGRP(EIGRP)の自律システム番号を指定します。 id 引数を大文字と小文字が区別される任意の英数字文字列として指定します。

isis id

Intermediate System to Intermediate System(IS-IS)インスタンスを指定します。 id 引数を大文字と小文字が区別される任意の英数字文字列として指定します。

ospf id

OSPF バージョン 2 インスタンスを指定します。 id 引数を大文字と小文字が区別される任意の英数字文字列として指定します。

rip id

Routing Information Protocol(RIP)インスタンスを指定します。 id 引数を大文字と小文字が区別される任意の英数字文字列として指定します。

static

スタティック ルートを指定します。

vrf vrf-name

(任意)OSPF Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数は、「default」と「all」を除く、32 文字以下の任意の英数字文字列で指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear ip ospf statistics コマンドを使用し、 show ip ospf policy statistics コマンドで表示されるポリシー統計情報を学習します。 instance-tag 引数を使用し、1 つの OSPF インスタンスからポリシー統計情報を消去します。インスタンス タグを指定しなかった場合は、

Cisco NX-OS によって、すべての OSPF インスタンスからポリシー統計情報が消去されます。 show ip ospf policy statistics コマンドを使用し、消去している統計情報を表示します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、OSPF 201 のエリア 99 のインバウンド フィルタ処理されたルートのすべての OSPF ポリシー統計情報を消去する例を示します。

switch# clear ip ospf 201 policy statistics area 99 filter-list in
 

次に、OSPF 202 のすべての BGP 再配布ルートのすべての OSPF ポリシー統計情報を消去する例を示します。

switch# clear ip ospf 202 policy statistics redistribute bgp
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip ospf policy statistics

OSPF ポリシーの詳細を表示します。

clear ip ospf redistribution

OSPF の再配布情報を消去するには、 clear ip ospf redistribution コマンドを使用します。

clear ip ospf redistribution [ vrf { vrf-name | * }]

 
構文の説明

vrf v rf-nam e | *

(任意)特定の Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスを指定します。VRF 名は、32 文字以下の英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、再配布情報を消去する例を示します。

switch# clear ip ospf redistribution

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature ospf

OSPF 機能をイネーブルにします。

clear ip ospf statistics

OSPF(Open Shortest Path First)のイベント統計情報を消去するには、 clear ip ospf statistics コマンドを使用します。

clear ip ospf [ instance-tag ] statistics [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。英数字で最大 20 文字のストリングとして指定します。

vrf vrf-name

(任意)OSPF Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数は、「default」と「all」を除く、32 文字以下の任意の英数字文字列で指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear ip ospf statistics コマンドを使用し、1 つまたは複数の OSPF インスタンスからイベント統計情報を消去します。 instance-tag 引数を指定しなかった場合は、Cisco NX-OS によって、すべての OSPF インスタンスから統計情報が消去されます show ip ospf statistics コマンドを使用し、消去している統計情報を表示します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、すべての OSPF イベント統計情報を消去する例を示します。

switch# clear ip ospf statistics
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip ospf statistics

OSPF のイベント統計情報を表示します。

clear ip ospf traffic

Open Shortest Path First(OSPF)のトラフィック統計情報を消去するには、 clear ip ospf traffic コマンドを使用します。

clear ip ospf [ instance-tag ] traffic [ interface ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。英数字で最大 20 文字のストリングとして指定します。

interface

(任意)トラフィック統計情報を消去するインターフェイス。 ? オプションを使用して、インターフェイス オプションを表示します。

vrf vrf-name

(任意)OSPF Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数は、「default」と「all」を除く、32 文字以下の任意の英数字文字列で指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

4.0(3)

interface 引数を追加しました。

 
使用上のガイドライン

clear ip ospf traffic コマンドを使用し、1 つまたは複数の OSPF インスタンスからトラフィック統計情報を消去します。 instance-tag 引数を指定しなかった場合は、Cisco NX-OS によって、すべての OSPF インスタンスからトラフィック統計情報が消去されます show ip ospf traffic statistics コマンドを使用し、消去している統計情報を表示します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、OSPF 100 の OSPF トラフィック統計情報を消去する例を示します。

switch# clear ip ospf 100 traffic

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip ospf traffic statistics

OSPF トラフィック統計情報を表示します。

clear ip rip policy statistics redistribute

Routing Information Protocol(RIP)トポロジ テーブルに再配布されたルートのポリシー統計情報を消去するには、任意のモードで clear ip rip policy statistics redistribute コマンドを使用します。

clear ip rip policy statistics redistribute { bgp id | direct | eigrp id | isis id | ospf id | ospfv3 id | static } [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

bgp

BGP のポリシー統計情報を消去します。

direct

直接接続されているルートのポリシー統計情報のみ消去します。

eigrp

Enhanced IGRP(EIGRP)のポリシー統計情報を消去します。

isis

Intermediate-System to Intermediate-System(IS-IS)ルーティング プロトコルのポリシー統計情報を消去します。

ospf

Open Shortest Path First(OSPF)プロトコルのポリシー統計情報を消去します。

ospfv3

OSPFv3(Open Shortest Path First バージョン 3)プロトコルのポリシー統計情報を消去します。

static

IP スタティック ルートのポリシー統計情報を消去します。

id

bgp キーワードは、自律システム番号です。2 バイト番号の範囲は 1 ~ 65535 です。4 バイト番号の範囲は 1.0 ~ 65535.65535 です。

eigrp キーワードは、ルートの再配布元である EIGRP インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

isis キーワードは、ルートの再配布元である IS-IS インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこの値をストリングとして内部に保存します。

ospf キーワードは、ルートの再配布元である OSPF インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

vrf vrf-nam e

(任意)特定の Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスを指定します。長さは英数字で最大 32 文字です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、EIGRP のポリシー統計情報を消去する例を示します。

switch# clear ip rip policy statistics redistribute eigrp 201

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip rip policy statistics

RIP のポリシー統計情報を表示します。

clear ip rip statistics

Routing Information Protocol(RIP)統計情報を消去するには、任意のモードで clear ip rip statistics コマンドを使用します。

clear ip rip statistics [ interface type instance ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

interface type instance

(任意)トポロジ エントリを消去するインターフェイスを指定します。

vrf vrf-name

(任意)特定の Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスを指定します。VRF 名は英数字で最大 32 文字です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、すべての RIP 統計情報を消去する例を示します。

switch# clear ip rip statistics

 
関連コマンド

コマンド
説明

show rip statistics

RIP プロセスのデータベースおよびインターフェイス エントリ情報を表示します。

 

clear ip route

ユニキャスト Routing Information Base(RIB)から個々のルートを消去するには、 clear ip route コマンドを使用します。

clear ip route [ * | addr | prefix ]] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

*

(任意)すべてのルートを消去します。

addr

(任意)このルートを消去します。形式は x.x.x.x です。

addr

(任意)このプレフィクスを消去します。形式は x.x.x.x/length です。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。63 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(3)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear ip route コマンドを使用し、ルート テーブルから個々のルートを消去します。


* キーワードを使用すると、ルーティングが著しく妨害されます。


このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、個別のルートを消去する例を示します。

switch(config)# clear ip route 192.0.2.1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip route

ルート テーブル内のエントリを表示します。

clear ip traffic

IP トラフィック情報を消去するには、 clear ip traffic コマンドを使用します。

clear ip traffic

 
構文の説明

このコマンドには、キーワードと引数はありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、IP トラフィック情報を消去する例を示します。

switch(config)# clear ip traffic
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip traffic

IP トラフィック情報を表示します。

clear ip wccp

特定のサービスに関してルータ上に保存されているウェブ キャッシュ通信プロトコル(WCCP)統計情報(カウント)を削除するには、 clear ip wccp コマンドを使用します。

clear ip wccp [ vrf vrf-name ] { service-number | web-cache }

 
構文の説明

vrf vrf-name

(任意)サービス グループを作成する必要のある VRF を指定します。VRF が指定されなかった場合は、デフォルト グローバル VRF 内にサービス番号が作成されます。 vrf-name には最大 32 文字の英数字文字列を指定します。大文字と小文字は区別されます。

service-number

ダイナミック サービス識別情報。 service-number の指定できる範囲は 1 ~ 255 です。

web-cache

既知の Web キャッシュ サービスを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear ip wccp コマンドは、WCCP 統計情報を消去するために使用します。

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、Web キャッシュ サービスの WCCP 統計情報を消去する例を示します。

switch(config)# clear ip wccp web-cache
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature wccp

WCCP 機能をイネーブルにします。

ip wccp

サービスの WCCP リダイレクションをイネーブルにします。

show ip wccp

WCCP に関連するグローバル統計情報を表示します。

clear ipv6 adjacency statistics

隣接関係統計情報を消去するには、 clear ipv6 adjacency statistics コマンドを使用します。

clear ipv6 adjacency statistics

 
構文の説明

このコマンドには、キーワードと引数はありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、隣接関係統計情報を消去する例を示します。

switch# clear ipv6 adjacency statistics
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 adjacency

隣接関係情報を表示します。

clear ipv6 eigrp accounting

EIGRP for IPv6 プロセスのプレフィクス アカウンティング情報を消去するには、 clear ipv6 eigrp accounting コマンドを使用します。

clear ipv6 eigrp [ instance-tag ] accounting [ vrf { vrf-name | * }]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。このオプションは、VRF インスタンスが指定されていない場合に使用できます。インスタンス タグは、大文字と小文字が区別される 63 文字以下の任意の英数字文字列で指定します。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。文字列の「default」と「all」は予約済みの VRF 名です。

vrf *

(任意)すべての VRF インスタンスを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.1(2)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、EIGRP アカウンティング情報を消去する例を示します。

switch# clear ipv6 eigrp accounting
 

clear ipv6 eigrp neighbors

EIGRP for IPv6 ネイバー エントリを該当するテーブルから削除して再確立するには、EXEC モードで clear ipv6 eigrp neighbors コマンドを使用します。

clear ipv6 eigrp [ instance-tag ] neighbors [ * | ipv6-address | interface-type interface-instance ] [ soft ] [ vrf { vrf-name | * }]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)インスタンス識別情報。 instance-tag は、大文字と小文字が区別される 63 文字以下の任意の英数字文字列で指定します。

*

(任意)すべてのネイバーを消去します。

ipv6-address

(任意)ネイバーのアドレス。形式は、A:B::C:D です。

interface-type

(任意)インターフェイス タイプ。詳細については、疑問符( ? )CLI ヘルプ機能を使用してください。

interface-instance

(任意)物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンス

これらの引数を指定すると、指定されたインターフェイス経由ですべてのエントリが取得されたネイバー テーブルからそのインターフェイス タイプが削除されます。

インターフェイスの構文の詳細については、疑問符( ? )オンライン ヘルプ機能を使用してください。

soft

(任意)ネイバーに対するソフト リセットを指定します。

vrf vrf-name | *

(任意)特定の VPN Routing and Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)インスタンスまたはすべての VRF インスタンスを指定します。VRF 名は、32 文字以下の英数字文字列です。

 
デフォルト

インスタンスが指定されなかった場合にすべてのインスタンスを消去します。VRF が指定されなかった場合にデフォルト VRF を消去します。

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.1(2)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、インターフェイス ethernet 2/1 上のネイバーに関するすべての EIGRP エントリを消去する例を示します。

switch# clear ipv6 eigrp vrf * neighbors ethernet 2/1

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 eigrp interfaces

EIGRP に設定されているインターフェイスに関する情報を表示します。

show ipv6 eigrp neighbors

EIGRP によって検出されたネイバーを表示します。

clear ipv6 eigrp route-map statistics redistribute

EIGRP for IPv6 トポロジ テーブルに再配布されたルートの統計情報を消去するには、 clear ipv6 eigrp route-map statistics redistribute コマンドを使用します。

clear ipv6 eigrp route-map statistics redistribute { bgp id | direct | eigrp id | isis id | ospfv3 id | rip id | static } [ vrf { vrf-name | * }]

 
構文の説明

bgp

BGP のポリシー統計情報を消去します。

direct

直接接続されているルートのポリシー統計情報のみ消去します。

eigrp

EIGRP のポリシー統計情報をクリアします。

isis

Intermediate-System to Intermediate-System(IS-IS)ルーティング プロトコルのポリシー統計情報を消去します。

ospv3f

OSPFv3 プロトコルのポリシー統計情報を消去します。

rip

Routing Information Protocol(RIP)のポリシー統計情報を消去します。

static

IP スタティック ルートのポリシー統計情報を消去します。

id

bgp キーワードの場合の id は、自律システム番号です。2 バイト番号の範囲は 1 ~ 65535 です。4 バイト番号の範囲は 1.0 ~ 65535.65535 です。

eigrp キーワードの場合の id は、ルートが再配布される EIGRP インスタンス名です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

isis キーワードの場合の id は、ルートが再配布される IS-IS インスタンス名です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

ospf キーワードの場合の id は、ルートが再配布される OSPF インスタンス名です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

vrf v rf-nam e | *

(任意)特定の Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスを指定します。VRF 名は、32 文字以下の英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.1(2)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、RIP のポリシー統計情報を消去する例を示します。

switch# clear ipv6 eigrp route-map statistics redistribute rip 201

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 eigrp route-map statistics

EIGRP の再配布統計情報を表示します。

clear ipv6 eigrp redistribution

Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)の再配布情報を消去するには、 clear ipv6 eigrp redistribution コマンドを使用します。

clear ipv6 eigrp redistribution [ vrf { vrf-name | * }]

 
構文の説明

vrf v rf-nam e | *

(任意)特定の Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスを指定します。VRF 名は、32 文字以下の英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、再配布情報を消去する例を示します。

switch# clear ipv6 eigrp redistribution

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature eigrp

EIGRP 機能をイネーブルにします。

clear ipv6 eigrp traffic

EIGRP for IPv6 トラフィック統計情報を消去するには、 clear ipv6 eigrp traffic コマンドを使用します。

clear ipv6 eigrp [ instance-tag ] traffic [ vrf { vrf-name | * }]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)EIGRP のインスタンス。インスタンス タグは、大文字と小文字が区別される 63 文字以下の任意の英数字文字列で指定します。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。文字列の「default」と「all」は予約済みの VRF 名です。

vrf *

(任意)すべての VRF インスタンスを指定します。

 
デフォルト

このコマンドは、VRF が指定されていない場合、デフォルトの VRF の情報を消去します。

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.1(2)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、EIGRP トラフィック統計情報を消去する例を示します。

switch# clear ipv6 eigrp traffic

clear ipv6 icmp interface statistics

Internet Control Message Protocol version 6(ICMPv6)に関する統計情報を消去するには、 clear ipv6 icmp interface statistics コマンドを使用します。

clear ipv6 icmp interface statistics [ type number ]

 
構文の説明

type

(任意)インターフェイス タイプ。 ? を使用してサポートされているインターフェイスのリストを表示します。

number

(任意)インターフェイス番号。 ? を使用して範囲を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、ICMPv6 統計情報を消去する例を示します。

switch(config-if)# clear ipv6 icmp interface statistics

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipv6 icmp

インターフェイスに ICMPv6 を設定します。

clear ipv6 nd interface statistics

ネイバー探索(ND)に関する情報を消去するには、 clear ipv6 nd interface statistics コマンドを使用します。

clear ipv6 nd interface statistics [ type number ]

 
構文の説明

type

(任意)インターフェイス タイプ。 ? を使用してサポートされているインターフェイスのリストを表示します。

number

(任意)インターフェイス番号。 ? を使用して範囲を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、ND 情報を消去する例を示します。

switch(config-if)# clear ipv6 nd interface statistics

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipv6 nd

インターフェイスに ICMPv6 ND を設定します。

clear ipv6 neighbor

IPv6 ネイバーを消去するには、 clear ipv6 neighbor コマンドを使用します。

clear ipv6 neighbor [ type number ] [ force-clear ] [ vrf vrf-nam e]

 
構文の説明

type

(任意)インターフェイス タイプ。 ? を使用してサポートされているインターフェイスのリストを表示します。

number

(任意)インターフェイス番号。 ? を使用して範囲を表示します。

force-clear

(任意)リフレッシュを使用せずに IPv6 ネイバー キャッシュを消去します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。63 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.2(1)

force-clear キーワードが追加されました。

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear ipv6 neighbor コマンドを使用し、IPv6 隣接関係テーブルを消去します。

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、IPv6 ネイバーを消去する例を示します。

switch# clear ipv6 neighbor
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipv6 nd

インターフェイスに ICMPv6 ND を設定します。

clear ipv6 route

ユニキャスト RIB から個々のルートを消去するには、 clear ipv6 route コマンドを使用します。

clear ipv6 route [ * | addr | prefix ]] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

*

(任意)すべてのルートを消去します。

addr

(任意)このルートを消去します。形式は、A:B::C:D です。

prefix

(任意)このプレフィクスを消去します。形式は A:B::C:D/length です。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。63 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(3)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear ipv6 route コマンドは、ルート テーブルから個々のルートを消去するために使用します。


* キーワードを使用すると、ルーティングが著しく妨害されます。


このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、個別のルートを消去する例を示します。

switch(config)# clear ipv6 route 2001:0DB8::/8
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 route

ルート テーブル内のエントリを表示します。

clear ipv6 traffic

IPv6 トラフィック情報を消去するには、 clear ipv6 traffic コマンドを使用します。

clear ipv6 traffic

 
構文の説明

このコマンドには、キーワードと引数はありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、IPv6 トラフィック情報を消去する例を示します。

switch(config)# clear ip traffic
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 traffic

IPv6 トラフィック情報を表示します。

clear isis adjacency

IS-IS の隣接関係情報を消去するには、 clear isis adjacency コマンドを使用します。

clear isis [ instance-tag ] adjacency [ * | interface | system-id sid ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)IS-IS インスタンスの名前。63 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

*

(任意)すべてのインターフェイスに関するすべての隣接関係情報を消去します。

interface

(任意)インターフェイス。 ? を使用してサポートされているインターフェイス タイプを特定します。

system-id sid

(任意)このシステム ID の隣接関係情報を消去します。 sid の形式は XXXX.XXXX.XXXX です。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。63 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、すべての隣接関係情報を消去する例を示します。

switch# clear isis adjacency *
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature isis

ルータ上の IS-IS をイネーブルにします。

router isis

IS-IS をイネーブルにします。

clear isis ip route-map statistics redistribute

IS-IS のルート再配布の統計情報を消去するには、 clear isis ip route-map statistics redistribute コマンドを使用します。

clear isis [ instance-tag ] ip route-map statistics redistribute { bgp id | direct | eigrp id | isis id | ospf id | rip id | static } [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)IS-IS インスタンスの名前。英数字文字列で指定します。

bgp

ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)の統計情報を消去します。

direct

直接接続されたルートの統計情報のみを消去します。

eigrp

Enhanced Interior Gateway Protocol(EIGRP)ルーティング プロトコルの統計情報を消去します。

isis

Intermediate-System to Intermediate-System(IS-IS)ルーティング プロトコルの統計情報を消去します。

ospf

Open Shortest Path First(OSPF)プロトコルの統計情報を消去します。

rip

Routing Information Protocol(RIP)の統計情報を消去します。

static

IP スタティック ルートの統計情報を消去します。

id

bgp キーワードは、自律システム番号です。2 バイト番号の範囲は 1 ~ 65535 です。4 バイト番号の範囲は 1.0 ~ 65535.65535 です。

isis eigrp 、および rip キーワードの場合は、ルートが再配布されるインスタンス名。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。文字列の「default」と「all」は予約済みの VRF 名です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、再配布ルートのポリシー統計情報を表示する例を示します。

switch# clear isis ip route-map statistics redistribute bgp
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature isis

ルータ上の IS-IS をイネーブルにします。

router isis

IS-IS をイネーブルにします。

clear isis redistribution

IS-IS の再配布情報を消去するには、 clear isis redistribution コマンドを使用します。

clear isis [ instance-tag ] redistribution [ vrf { vrf-name | all }]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)IS-IS インスタンスの名前。英数字文字列で指定します。

vrf v rf-nam e | all

(任意)特定の Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスを指定します。VRF 名は、32 文字以下の英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、再配布情報を消去する例を示します。

switch# clear isis redistribution

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature isis

IS-IS 機能をイネーブルにします。

clear isis route-map statistics distribute

IS-IS のレベル 1 エリアとレベル 2 エリア間のルート配布に関する統計情報を消去するには、 clear isis route-map statistics distribute コマンドを使用します。

clear isis [ instance-tag ] [ ip | ipv6 ] route-map statistics distribute [ level-1 | level-2 ] into [ level-1 | level-2 ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)IS-IS インスタンスの名前。63 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

ip

(任意)IPv4 の統計情報を消去します。

ipv6

(任意)IPv6 の統計情報を消去します。

level-1

(任意)レベル 1 配布統計情報を消去します。

level-2

(任意)レベル 2 配布統計情報を消去します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。63 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、分散情報を消去する例を示します。

switch# clear isis route-map statistics distribute level-1 into level 2

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature isis

ルータ上の IS-IS をイネーブルにします。

router isis

IS-IS をイネーブルにします。

clear isis statistics

IS-IS の統計情報を消去するには、 clear isis statistics コマンドを使用します。

clear isis [ instance-tag ] statistics [ * | interface ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)IS-IS インスタンスの名前。63 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

*

(任意)すべてのインターフェイスの統計情報を消去します。

interface

(任意)インターフェイス名とインターフェイス番号。 ? を使用してインターフェイスのリストを表示します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。63 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、IS-IS 統計情報を消去する例を示します。

switch# clear isis statistics ethernet 7/45
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature isis

ルータ上の IS-IS をイネーブルにします。

router isis

IS-IS をイネーブルにします。

clear isis traffic

IS-IS のトラフィック統計情報を消去するには、 clear isis traffic コマンドを使用します。

clear isis [ instance-tag ] traffic [ * | interface ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)IS-IS インスタンスの名前。63 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

*

(任意)すべてのインターフェイスのトラフィック統計情報を消去します。

interface

(任意)インターフェイス名とインターフェイス番号。 ? を使用してインターフェイスのリストを表示します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。63 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、トラフィック統計情報を消去する例を示します。

switch# clear isis traffic ethernet 7/45

 
関連コマンド

 
関連コマンドIS-IS process: test1

 
関連コマンドVRF: default

 
関連コマンドIS-IS Traffic for Ethernet7/45:

 
関連コマンド%PDU Received Sent RcvAuthErr OtherRcvErr ReTransmit

 
関連コマンドLAN-IIH 0 0 0 0 n/a

 
関連コマンドP2P-IIH 0 0 0 0 n/a

 
関連コマンドCSNP 0 0 0 0 n/a

 
関連コマンドPSNP 0 0 0 0 n/a

 
関連コマンドLSP 0 0 0 0 0

コマンド
説明

feature isis

ルータ上の IS-IS をイネーブルにします。

router isis

IS-IS をイネーブルにします。

clear ospfv3 neighbor

ネイバー統計情報を消去して OSPFv3(Open Shortest Path First バージョン 3)の隣接関係をリセットするには、 clear ospfv3 neighbor コマンドを使用します。

clear ospfv3 [ instance-tag ] neighbor { * | neighbor-id | interface-type number | loopback number | port-channel number } [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。32 文字以下の英数字文字列として指定します。

*

すべてのネイバーを消去します。

neighbor-id

消去するネイバーのネイバー ID(IP アドレスとして)です。

interface-type number

すべてのネイバーを消去するインターフェイスです。

loopback number

ループバック インターフェイスのすべてのネイバーを消去します。

port-channel number

ポート チャネル インターフェイスのすべてのネイバーを消去します。

vrf vrf-name

(任意)OSPFv3 Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数は、「default」と「all」を除く、32 文字以下の任意の英数字文字列で指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear ospfv3 neighbor コマンドを使用し、 show ospfv3 neighbors コマンドからのネイバー情報を消去します。 instance-tag 引数を使用し、1 つの OSPFv3 インスタンスからネイバー詳細を消去します。 instance -tag 引数を使用しなかった場合は、Cisco NX-OS によって、すべての OSPFv3 インスタンスからネイバー詳細が消去されます。 show ospfv3 neighbors コマンドを使用し、ネイバー ID を検索します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、インスタンス タグ 201 のネイバー 192.0.2.1 に関するすべての OSPFv3 ネイバー詳細を消去する例を示します。

switch# clear ospfv3 201 neighbor 192.0.2.1
 

次に、すべての OSPFv3 インスタンスに関するすべての OSPFv3 ネイバー詳細を消去する例を示します。

switch# clear ospfv3 neighbor *
 

次に、OSPFv3 インスタンス 202 のインターフェイス ethernet 1/2 上のすべてのネイバーに関するすべての OSPFv3 ネイバー詳細を消去する例を示します。

switch# clear ospfv3 202 neighbor ethernet 1/2
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ospfv3 neighbor

ネイバー ID を含む OSPFv3 ネイバーの詳細を表示します。

clear ospfv3 policy statistics

OSPFv3(Open Shortest Path First バージョン 3)のポリシー統計情報を消去するには、 clear ospfv3 policy statistics コマンドを使用します。

clear ospfv3 [ instance-tag ] policy statistics { area area-id filter-list { in | out } | redistribute { bgp autonomous-system | direct | eigrp id | isis id | rip id | static }} [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。32 文字以下の英数字文字列として指定します。

area

エリアのポリシー統計情報を消去します。

area-id

エリア ID(整数)または IP アドレス

filter-list

OSPFv3 エリア間のフィルタ処理されたプレフィクスのポリシー統計情報を指定します。

in

この OSPFv3 エリアに送信されたプレフィクスをフィルタ処理します。

out

この OSPFv3 エリアから送信されたプレフィクスをフィルタ処理します。

redistribution

OSPFv3 経路再配布統計情報を消去します。

bgp autonomous-system

BGP の自律システム番号を指定します。自律システム番号は、 x.y (範囲は、 x y の両方とも 1 ~ 65535)または 1 つの整数(範囲は 1 ~ 65535)として指定します。

direct

直接接続されたルートを指定します。

eigrp id

EIGRP インスタンスを指定します。 id 引数を任意の英数字のストリングとして指定します。

isis id

Intermediate System to Intermediate System(IS-IS)インスタンスを指定します。 id 引数を任意の英数字のストリングとして指定します。

rip id

Routing Information Protocol(RIP)インスタンスを指定します。 id 引数を任意の英数字のストリングとして指定します。

static

スタティック ルートを指定します。

vrf vrf-name

(任意)OSPFv3 Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数は、「default」と「all」を除く、32 文字以下の任意の英数字文字列で指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear ospfv3 statistics コマンドを使用し、 show ospfv3 policy statistics コマンドで表示されるポリシー統計情報を学習します。 instance-tag 引数を使用し、1 つの OSPFv3 インスタンスからポリシー統計情報を消去します。

Cisco NX-OS によって、すべての OSPFv3 インスタンスからポリシー統計情報が消去されます。 show ospfv3 policy statistics コマンドを使用し、消去している統計情報を表示します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、OSPFv3 201 のエリア 99 のインバウンド フィルタ処理されたルートのすべての OSPFv3 ポリシー統計情報を消去する例を示します。

switch# clear ospfv3 201 policy statistics area 99 filter-list in
 

次に、OSPFv3 202 のすべての BGP 再配布ルートのすべての OSPFv3 ポリシー統計情報を消去する例を示します。

switch# clear ospfv3 202 policy statistics redistribute bgp
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ospfv3 policy statistics

OSPFv3 ポリシーの詳細を表示します。

clear ospfv3 statistics

OSPFv3(Open Shortest Path First バージョン 3)のイベント統計情報を消去するには、 clear ospfv3 statistics コマンドを使用します。

clear ospfv3 [ instance-tag ] statistics [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。32 文字以下の英数字文字列として指定します。

vrf vrf-name

(任意)OSPFv3 Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数は、「default」と「all」を除く、32 文字以下の任意の英数字文字列で指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear ospfv3 statistics コマンドを使用し、1 つまたは複数の OSPFv3 インスタンスからイベント統計情報を消去します。 instance-tag 引数を指定しなかった場合は、Cisco NX-OS によって、すべての OSPFv3 インスタンスから統計情報が消去されます show ospfv3 statistics コマンドを使用し、消去している統計情報を表示します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、すべての OSPFv3 イベント統計情報を消去する例を示します。

switch# clear ospfv3 statistics
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ospfv3 statistics

OSPFv3 のイベント統計情報を表示します。

clear ospfv3 traffic

OSPFv3(Open Shortest Path First バージョン 3)のトラフィック統計情報を消去するには、 clear ospfv3 traffic コマンドを使用します。

clear ospfv3 [ instance-tag ] traffic [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。32 文字以下の英数字文字列として指定します。

vrf vrf-name

(任意)OSPFv3 Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数は、「default」と「all」を除く、32 文字以下の任意の英数字文字列で指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear ospfv3 traffic コマンドは、1 つまたは複数の OSPFv3 インスタンスからトラフィック統計情報を消去するために使用します。 instance-tag 引数を指定しなかった場合は、Cisco NX-OS によって、すべての OSPFv3 インスタンスからトラフィック統計情報が消去されます show ospfv3 traffic statistics コマンドを使用し、消去している統計情報を表示します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、OSPFv3 100 の OSPFv3 トラフィック統計情報を消去する例を示します。

switch# clear ospfv3 100 traffic

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ospfv3 traffic statistics

OSPFv3 トラフィック統計情報を表示します。

clear route-map pbr-statistics

ルート マップのポリシーベースの統計情報を消去するには、 clear route-map pbr statistics コマンドを使用します。

clear route-map name pbr-statistics

 
構文の説明

name

ルート マップ名。名前は、63 文字以下の任意の英数字文字列で指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear route-map pbr-statistics コマンドを使用し、 route-map pbr-statistics コマンドによってイネーブルにされたポリシーベース ルーティング統計情報を消去します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、ルート マップのポリシーベース ルーティング統計情報を消去する例を示します。

switch# clear route-map testmap pbr-statistics
 
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

route-map pbr-statistics

ルート マップのポリシーベース ルーティング統計情報をイネーブルにします。

clear sockets statistics

ソケット統計情報を消去するには、 clear sockets statistics コマンドを使用します。

clear sockets statistics [ all | raw | raw6 | tcp | tcp6 | udp | udp6 ]

 
構文の説明

all

(任意)すべてのソケット統計情報を消去します。

raw

(任意)未加工 IPv4 プロトコルのソケット情報を消去します。

raw6

(任意)未加工 IPv6 プロトコルのソケット情報を消去します。

tcp

(任意)TCP IPv4 プロトコルのソケット情報を消去します。

tcp6

(任意)TCP IPv6 プロトコルのソケット情報を消去します。

udp

(任意)UDP IPv4 プロトコルのソケット情報を消去します。

udp6

(任意)UDP IPv6 プロトコルのソケット情報を消去します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.1(2)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、TCP ソケット統計情報を消去する例を示します。

switch# clear sockets statistics tcp

 
関連コマンド

コマンド
説明

show sockets statistics

ソケット統計情報を表示します。

show sockets client

ソケット クライアント情報を表示します。

show sockets connection

ソケット接続に関する情報を表示します。

clear vrrp

Virtual Router Redundancy Protocol(VRRP)統計情報を消去するには、 clear vrrp コマンドを使用します。

clear vrrp { statistics | [ ipv4 | vr id ] interface if-number }

 
構文の説明

statistics

(任意)すべての VRRP 統計情報を消去します。

ipv4

(任意)インターフェイス上の VRRP 統計情報を消去します。

vr id

(任意)インターフェイス上の VRRP グループ内の VRRP 統計情報を消去します。

interface if-number

(任意)インターフェイス上の VRRP 統計情報を消去します。 ? を使用してサポートされているインターフェイスのリストを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、VRRP 統計情報を消去する例を示します。

switch(config)# clear vrrp
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature vrrp

VRRP 機能をイネーブルにします。

clear vrrp

VRRP 統計情報を消去します。

confederation

ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)に連合パラメータを設定するには、 confederation コマンドを使用します。

confederation { identifier | peers } as-number

 
構文の説明

identifier

ルーティング ドメイン連合 AS 番号を設定します。

peers

BGP 連合にピア AS 番号を設定します。

as-number

自律システム番号。AS 番号は、<上位 16 ビットの 10 進数>.<下位 16 ビットの 10 進数> 形式の 16 ビットの整数または 32 ビットの整数です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション
ルータ VRF モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、連合識別情報を設定する例を示します。

switch# config t
switch(config)# router bgp 65536.33
switch(config-router)# confederation identifier 65536.33
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show bgp

BGP に関する情報を表示します。