Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS ユニキャスト ルーティング コマンド リファレンス リリース 5.x
B コマンド
B コマンド
発行日;2012/05/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

B コマンド

bestpath

B コマンド

この章では、B で始まる Cisco NX-OS ユニキャスト ルーティング コマンドについて説明します。

bestpath

デフォルトのベストパス選択アルゴリズムを変更するには、 bestpath ルータ Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)コンフィギュレーション モード コマンドを使用します。BGP ルーティング プロセスをデフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

bestpath { always-compare-med | as-path multipath-relax | compare-routerid | cost-community ignore | med { confed | missing-as-worst | non-deterministic }]

no bestpath { always-compare-med | as-path multipath-relax | compare-routerid | cost-community ignore | med { confed | missing-as-worst | non-deterministic }]

always-compare-med

異なる自律システムからのパスの Multi-Exit Discriminator(MED)を比較します。

as-path multipath-relax

別の自律システム パス(ただし距離は同じ)を持つプロバイダー間でのロード シェアリングを許可します。このオプションを指定しないと、AS パスは、ロード シェアリングが同じでなければなりません。

compare-routerid

同一の eBGP パスのルータ ID を比較します。

cost-community ignore

BGP ベストパス計算のコスト コミュニティを無視します。BGP コスト コミュニティの詳細については、『Cisco Nexus 7000 Series NX-OS MPLS Configuration Guide』の「Configuring MLPS Layer 3 VPN Load Balancing」を参照してください。

med confed

コンフェデレーション内からのパス間のみで MED を比較するようにベストパスを強制します。

med missing-as-worst

消失 MED を最高の MED と見なします。

med non-deterministic

同じ自律システムからのパスの中からベスト MED パスを決して選択しません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

ルータ BGP コンフィギュレーション
ネイバー コンフィギュレーション
VRF コンフィギュレーション

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドがサポートされるようにするには、このコマンドを入力する前に BGP をイネーブルにする必要があります。 feature bgp グローバル コンフィギュレーション モード コマンドを入力し、BGP をイネーブルにすることができます。

MED と異なる AS 内のネイバーからのパスとの比較をイネーブルにするには、 bgp always-compare-med コマンドを使用します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、デフォルトのベストパス選択アルゴリズムを変更して、異なる AS からのパス上の MED を比較する例を示します。

switch(config)# router bgp 64496
switch(config-router)# bestpath always-compare-med

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature bgp

BGP をグローバルにイネーブルにします。