Cisco NX-OS Fundamentals コマンド レファレンス Release 4.0
新しい機能および変更された機能に 関する情報
新しい機能および変更された機能に関する情報
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

新しい機能および変更された機能に関する情報

新しい機能および変更された機能に関する情報

この章では、『 Cisco NX-OS Fundamentals コマンド リファレンス Release 4.0 』に記載されている新しい機能および変更された機能に関するリリース固有の情報について説明します。このマニュアルの最新版は、次のシスコの Web サイトから入手できます。
http://www.cisco.com/en/US/docs/switches/datacenter/sw/4_0/nx-os/security/command/reference/sec_cmd_ref.html

Cisco NX-OS Release 4.0 に関する追加情報を確認するには、次のシスコの Web サイトから入手できる『 Cisco NX-OS Release Notes 』を参照してください。
http://www.cisco.com/en/US/docs/switches/datacenter/sw/4_0/nx-os/release/notes/401_nx-os_release_note.html

表1 に、『 Cisco NX-OS Fundamentals コマンド リファレンス Release 4.0 』に記載されている新機能と変更された機能の概要、およびその機能が説明されている参照先を示します。

 

表1 Release 4.0 の新機能および変更された機能に関する情報

機能
変更の説明
変更されたリリース
参照先

コマンドライン プロンプトへのテキストのエコー

echo コマンドの -e backslash-interpret に変更されました。

4.0(2)

「Cisco NX-OS Fundamentals コマンド」