Cisco NX-OS System Management コマンド レファレンス Release 4.0
B コマンド
B コマンド
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

B コマンド

blink

B コマンド

この章では、コマンド名が B で始まる Cisco NX-OS システム管理コマンドについて説明します。

blink

システムの LED を点滅させるには、 blink コマンドを使用します。LED の状態をデフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

blink { chassis | fan f-number | module slot | powersupply ps-number | xbar x-number }

no blink { chassis | fan f-number | module slot | powersupply ps-number | xbar x-number }

 
シンタックスの説明

chassis

シャーシの LED を点滅させます。

fan f-number

設定済みファン番号を表す LED を点滅させます。範囲はプラットフォームによって異なります。範囲を確認するには、 ? を使用します。

module slot

モジュールの LED を点滅させます。範囲はプラットフォームによって異なります。範囲を確認するには、 ? を使用します。

powersupply ps-number

電源モジュールの LED を点滅させます。範囲はプラットフォームによって異なります。範囲を確認するには、 ? を使用します。

xbar x-number

クロスバー モジュールの LED を点滅させます。範囲はプラットフォームによって異なります。範囲を確認するには、 ? を使用します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

Any

サポートされるユーザ ロール

スーパーユーザ
VDC 管理者
VDC ユーザ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

システムのコンポーネント上の LED を点滅させるには、 blink コマンドを使用します。LED を点滅させることによって、管理者はデータセンター内のコンポーネントを識別できます。

このコマンドにライセンスは不要です。

次に、モジュール 4 の LED を点滅させる例を示します。

switch# blink module 4