Cisco NX-OS Unicast Routing コマンド レファレンス Release 4.0
新しいコマンドおよび変更された コマンドに関する情報
新しいコマンドおよび変更されたコマンドに関する情報
発行日;2012/01/11 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

新しいコマンドおよび変更されたコマンドに関する情報

新しいコマンドおよび変更されたコマンドに関する情報

この章では、『Cisco NX-OS Unicast Routing コマンド リファレンス Release 4.0』の新しい機能および変更された機能に関するリリース特有の情報について説明します。この資料の最新バージョンは、次のシスコの Web サイトから入手できます。
http://www.cisco.com/en/US/docs/switches/datacenter/sw/4_0/nx-os/unicast/command/reference/l3_cmd_ref.html

Cisco NX-OS Release 4.0 に関する追加情報をチェックするには、次のシスコの Web サイトから入手できる『 Cisco NX-OS Release Notes 』を参照してください。
http://www.cisco.com/en/US/docs/switches/datacenter/sw/4_0/nx-os/release/notes/401_nx-os_release_note.html

表 1 ここでは、『Cisco NX-OS Unicast Routing コマンド リファレンス Release 4.0』の新しい機能および変更された機能の概要を示し、これらに関する情報がどこに記載されているかを示します。

 

表 1 Release 4.0 の新しい機能および機能および変更された機能

機能
説明
リリースでの変更
参照先

Enhanced IGRP(EIGRP)

graceful-restart コマンド、 log-adjacency-changes コマンド、および log-neighbor-warnings コマンドから eigrp キーワードを削除しました。

show ip eigrp policy statistics コマンドと clear ip eigrp policy statistics redistribute コマンドで、 policy キーワードを route-map キーワードに置換しました。

nsf コマンドを削除しました。

authentication key-chain (EIGRP)と authentication mode (EIGRP)を追加し、VPN Routing and Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)での認証をサポートしました。

clear ip eigrp accounting コマンドと clear ip eigrp traffic コマンドを追加しました。

4.0(3)

A コマンド

C コマンド

E コマンド

N コマンド

show コマンド

Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)

ip arp gratuitous コマンドを追加しました。

4.0(3)

I コマンド

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ローカル Autonomous System(AS; 自律システム)番号

local-as コマンドを追加しました。

4.0(3)

L コマンド

EIGRP 最大パス

maximum-paths EIGRP )コマンドのデフォルトを 8 に修正しました。

4.0(2)

M コマンド