Cisco NX-OS Unicast Routing コマンド レファレンス Release 4.0
show コマンド
show コマンド
発行日;2012/01/11 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

show コマンド

show bgp

show bgp sessions

show forwarding

show forwarding distribution

show forwarding inconsistency

show glbp

show glbp capability

show glbp capability

show hsrp

show hardware forwarding ip verify

show hsrp delay

show ip adjacency

show ip arp

show ip as-path-access-list

show ip bgp

show ip bgp community-list

show ip bgp dampening

show ip bgp filter-list

show ip bgp flap-statistics

show ip bgp history-paths

show ip bgp neighbors

show ip bgp nexthop

show ip bgp nexthop-database

show ip bgp prefix-list

show ip bgp peer-policy

show ip bgp peer-session

show ip bgp peer-template

show ip client

show ip community-list

show ip eigrp

show ip eigrp accounting

show ip eigrp interfaces

show ip eigrp neighbors

show ip eigrp policy statistics

show ip eigrp route-map statistics

show ip eigrp topology

show ip eigrp traffic

show ip fib

show ip fib distribution

show ip interface

show ip load-sharing

show ip mbgp

show ip mbgp community

show ip mbgp community-list

show ip mbgp dampening

show ip mbgp filter-list

show ip mbgp flap-statistics

show ip mbgp history-paths

show ip mbgp neighbors

show ip bgp nexthop

show ip mbgp nexthop-database

show ip mbgp prefix-list

show ip ospf

show ip ospf border-routers

show ip ospf database

show ip ospf interface

show ip ospf lsa-content-changed-list

show ip ospf memory

show ip ospf neighbors

show ip ospf policy statistics area

show ip ospf policy statistics redistribute

show ip ospf request-list

show ip ospf retransmission-list

show ip ospf routes

show ip ospf statistics

show ip ospf summary-address

show ip ospf traffic

show ip ospf virtual-links

show ip rip

show ip policy

show ip prefix-list

show ip process

show ip rip interface

show ip rip neighbor

show ip rip policy statistics

show ip rip route

show ip rip statistics

show ip route

show ip static-route

show ip traffic

show ipv6 adjacency

show ipv6 bgp

show ipv6 bgp community

show ipv6 bgp community-list

show ipv6 bgp dampening

show ipv6 bgp filter-list

show ipv6 bgp flap-statistics

show ipv6 bgp history-paths

show ipv6 bgp neighbors

show ipv6 bgp nexthop

show ipv6 bgp nexthop-database

show ipv6 bgp prefix-list

show ipv6 client

show ipv6 fragments

show ipv6 icmp interface

show ipv6 interface

show ipv6 mbgp

show ipv6 mbgp community

show ipv6 mbgp community-list

show ipv6 nd interface

show ipv6 neighbor

show ipv6 prefix-list

show ip process

show ipv6 rip

show ipv6 rip interface

show ipv6 rip neighbor

show ipv6 rip policy statistics

show ipv6 rip route

show ipv6 rip statistics

show ipv6 route

show ipv6 static-route

show ipv6 traffic

show ospfv3

show ospfv3 border-routers

show ospfv3 database

show ospfv3 interface

show ospfv3 memory

show ospfv3 neighbors

show ospfv3 policy statistics area

show ospfv3 policy statistics redistribute

show ospfv3 request-list

show ospfv3 retransmission-list

show ospfv3 routes

show ospfv3 statistics

show ospfv3 summary-address

show ospfv3 traffic

show ospfv3 virtual-links

show routing

show routinghash

show track

show コマンド

ここでは、Cisco NX-OS ユニキャスト ルーティング show コマンドについて説明します。

show bgp

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ルートを表示するには、 show bgp コマンドを使用します。

show bgp {{ ipv4 | ipv6 } { unicast | multicast } | all} [addr | prefix [ longer-prefixes ]] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

ipv4

(任意)IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報を示します。

ipv6

(任意)IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報を示します。

unicast

ユニキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を示します。

multicast

マルチキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を示します。

all

(任意)すべてのアドレス ファミリの BGP 情報を示します。

addr

(任意)選択したアドレス ファミリからのネットワーク。フォーマットは、IPv4 の場合は A.B.C.D、IPv6 の場合は A:B::C:D です。

prefix

(任意)選択したアドレス ファミリからのプレフィクス。フォーマットは、IPv4 の場合は A.B.C.D/length、IPv6 の場合は A:B::C:D/length です。

longer-prefixes

(任意)プレフィクスと特定のルートを示します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

4.0(3)

IPv6 アドレスおよびプレフィクスのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、BGP テーブルのエントリを示します。

switch(config-router)# show bgp ipv6 unicast
BGP routing table information for VRF default, address family IPv6 Unicast

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear bgp

BGP テーブルのエントリをクリアします。

show bgp sessions

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)セッションを表示するには、 show bgp sessions コマンドを使用します。

show bgp sessions [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、BGP セッションを示します。

switch# show bgp sessions
Total peers 0, established peers 0
ASN 33.33
VRF default, local ASN 33.33
peers 0, established peers 0, local router-id 192.168.1.222
State: I-Idle, A-Active, O-Open, E-Established, C-Closing, S-Shutdown
Flaps LastUpDn|LastRead|LastWrit St Port(L/R) Notif(S/R)

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear bgp

BGP セッションをクリアします。

show forwarding

転送情報を表示するには、 show forwarding コマンドを使用します。

show forwarding [ ip | ipv4 | ipv6 ] { adjacency | interfaces | route } module slot [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

ip

(任意)IPv4 転送情報を示します。

ipv4

(任意)IPv4 転送情報を示します。

ipv6

(任意)IPv6 転送情報を示します。

adjacency

隣接情報を示します。

interfaces

モジュール上のインターフェイスの転送情報を示します。

route

(任意)モジュール上のルートの転送情報を示します。

module slot

モジュールの情報を示します。スロット範囲は、ハードウェア プラットフォームによって異なります。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

モジュールで転送情報を表示するには、スーパーバイザで show forwarding コマンドを使用します。任意で attach module コマンドを使用してモジュールを接続し、モジュールで show forwarding コマンドを使用できます。

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、モジュール 2 の転送情報を示します。

switch# show forwarding route module 2
 
IPv4 routes for table default/base
 
------------------+------------------+---------------------
Prefix | Next-hop | Interface
------------------+------------------+---------------------
0.0.0.0/32 Drop Null0
255.255.255.255/32 Receive sup-eth1

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip fib

FIB に関する情報を示します。

show forwarding distribution

転送分散情報を表示するには、 show forwarding distribution コマンドを使用します。

show forwarding distribution [ clients | fib-state ]

 
シンタックスの説明

clients

(任意)ユニキャスト クライアントの転送分散情報を示します。

fib-state

(任意)ユニキャスト FIB の転送分散ステートを示します。

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、ユニキャスト クライアントの転送情報を示します。

switch# show forwarding distribution clients
 
id pid shmem-start shmem-end shmem-name
-- ----- ----------- --------- ----------
1 3646 0x64f70120 0x64fc0000 u6rib-ufdm
2 3647 0x64b50120 0x64d50000 urib-ufdm

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip fib distribution

FIB に関する分散情報を示します。

show forwarding inconsistency

転送不一致チェッカーの結果を表示するには、 show forwarding inconsistency コマンドを使用します。

show forwarding inconsistency [ ip | ipv4 ] [ unicast ] module slot [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

ip

(任意)IPv4 転送不一致情報を示します。

ipv4

(任意)IPv4 転送不一致情報を示します。

unicast

(任意)ユニキャスト ルートの転送不一致情報を示します。

module slot

モジュールの不一致情報を示します。スロット範囲は、ハードウェア プラットフォームによって異なります。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの不一致情報を示します。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(3)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

test forwarding inconsistency コマンドの結果を表示するには、 show forwarding inconsistency コマンドを使用します。

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、モジュール 2 の転送不一致情報を示します。

switch# show forwarding inconsistency module 2
Consistency check : table_id(0x1) slot(2)
No inconsistent adjacencies.
No inconsistent routes.

 
関連コマンド

コマンド
説明

test forwarding inconsistency

転送不一致チェッカーを開始します。

show glbp

Gateway Load Balancing Protocol(GLBP)情報を表示するには、 show glbp コマンドを使用します。

show glbp [ interface type number ] [ group number ] [ state ] [ brief ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

interface type number

(任意)GLBP 情報を表示するインターフェイスを指定します。

group number

(任意)GLBP グループ番号を指定します。範囲は 0 ~ 1023 です。

state

(任意)GLBP ルータのステート。ステートは、 active disabled init listen 、または standby です。

brief

(任意)1 行の出力で各バーチャル ゲートウェイまたはバーチャル フォワーダを要約します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。Cisco NX-OS Release 4.0(2) 以降のリリースでサポートされます。

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

4.0(2)

vrf キーワードのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

GLBP グループに関する情報を表示するには、 show glbp コマンドを使用します。 brief キーワードは、各バーチャル ゲートウェイまたはバーチャル フォワーダに関する情報を 1 行で表示します。

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次に、GLBP 情報を表示する例を示します。

switch# show glbp
 
Ethernet2/1 - Group 10
State is Active
2 state changes, last state change 23:50:33
Virtual IP address is 192.0.2.10
Hello time 5 sec, hold time 18 sec
Next hello sent in 4.300 secs
Redirect time 600 sec, forwarder time-out 7200 sec
Authentication MD5, key "ThisStringIsTheSecretKey"
Preemption enabled, min delay 60 sec
Active is local
Standby is unknown
Priority 254 (configured)
Weighting 105 (configured 110), thresholds: lower 95, upper 105
Track object 2 state Down decrement 5
Load balancing: host-dependent
Group members:
0016.C76C.85DC (7.199.10.1) local
There is 1 forwarder (1 active)
Forwarder 1
State is Active
1 state change, last state change 23:50:15
MAC address is 0007.b400.0101 (default)
Owner ID is 0005.0050.6c08
Redirection enabled
Preemption enabled, min delay 60 sec
Active is local, weighting 105
 

次に、GLBP 情報の簡単な説明を表示する例を示します。

switch# show glbp brief
 
Interface Grp Fwd Pri State Address Active router Standby router
Eth2/1 10 - 254 Active 192.0.2.10 local unknown
Eth1/2 10 1 7 Active 0007.b400.0101 local -
 

次に、GLBP インターフェイスおよびグループ番号を指定する例を示します。

switch# show glbp interface ethernet2/2 group 1

 

Ethernet2/2 - Group 1

State is Listen

64 state changes, last state change 00:00:54

Virtual IP address is 10.1.0.7

Hello time 50 msec, hold time 200 msec

Next hello sent in 0.030 secs

Redirect time 600 sec, forwarder time-out 14400 sec

Authentication text "authword"

Preemption enabled, min delay 0 sec

Active is 10.1.0.2, priority 105 (expires in 0.184 sec)

Standby is 10.1.0.3, priority 100 (expires in 0.176 sec)

Priority 96 (configured)

Weighting 100 (configured 100), thresholds: lower 95, upper 100

Track object 1 state Up decrement 10

Load balancing: round-robin

Group members:

0004.4d83.4801 (10.0.0.0)

0010.7b5a.fa41 (10.0.0.1)

00d0.bbd3.bc21 (10.0.0.2) local

 

表2 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表2 show glbp フィールドの説明

フィールド
説明

Ethernet2/1 - Group

インターフェイス タイプおよびインターフェイスの GLBP グループ番号

State is

バーチャル ゲートウェイのステート。バーチャル ゲートウェイの場合、ステートは次のいずれかになります。

Active ― ゲートウェイはアクティブ バーチャル ゲートウェイ(AVG)で、バーチャル IP アドレスの Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)要求に応答します。

Disabled ― バーチャル IP アドレスはまだ設定されていない、または学習されていませんが、別の GLBP 設定が存在します。

Initial ― バーチャル IP アドレスは設定されている、または学習されていますが、バーチャル ゲートウェイの設定が完全ではありません。インターフェイスはアップ状態で、ルート IP に設定されている必要があります。インターフェイス IP アドレスが設定されている必要があります。

Listen ― バーチャル ゲートウェイは hello パケットを受信し、アクティブまたはスタンバイ バーチャル ゲートウェイが使用できなくなった場合に Speak ステートに変更できます。

Speak ― バーチャル ゲートウェイはアクティブまたはスタンバイ バーチャル ゲートウェイになろうとします。

Standby ― ゲートウェイは次に AVG になります。

バーチャル フォワーダの場合、ステートは次のいずれかになります。

Active ― ゲートウェイは AVG で、バーチャル フォワーダ の Media Access Control(MAC; メディア アクセス制御)アドレスに送信されたパケットを転送します。

Disabled ― 仮想 MAC アドレスが割り当てられていないか、学習されていません。Disabled ステートに変更したバーチャル フォワーダは削除されるので、このステートは移行ステートになります。

Initial ― 仮想 MAC アドレスは既知ですが、バーチャル フォワーダの設定は完全ではありません。インターフェイスはアップ状態で、ルート IP に設定されている必要があります。インターフェイス IP アドレスは設定されている必要があります。バーチャル IP アドレスは既知でなければいけません。

Listen ― バーチャル フォワーダは hello パケットを受信し、AVF が使用できなくなった場合に Active ステートに変更できます。

Virtual IP address is

GLBP グループのバーチャル IP アドレス。すべてのセカンダリバーチャル IP アドレスは、1 行ごとに表示されます。バーチャル IP アドレスが別のデバイスに設定されたアドレスと重複している場合、duplicate としてマークされます。重複アドレスは、ルータが ARP キャッシュ エントリの保護に失敗したことを示します。

Hello time, hold time

hello タイムを示す hello パケットの間隔(秒またはミリ秒単位)。ホールド タイムは、他のルータがアクティブ ルータのダウンを宣言するまでの時間です(秒またはミリ秒単位)。GLBP グループのすべてのルータは現在の AVG の hello タイム値とホールド タイム値を使用します。ローカルに設定された値が異なる場合、設定された値が hello タイム値とホールド タイム値の後ろのカッコ内に表示されます。

Redirect time, forwarder time-out

スタンバイ バーチャル フォワーダへの AVF 移行のリダイレクトおよびタイムアウト時間。リダイレクト時間は、GLBP グループの AVG がクライアントをセカンダリ AVF にリダイレクトし続ける時間です。タイムアウトは、セカンダリ バーチャル フォワーダが使用できなくなるまでの時間です(秒単位)。

Preemption

GLBP ゲートウェイのプリエンプトがイネーブルであるかどうか。イネーブルの場合、最小遅延は、低プライオリティのアクティブ ルータをプリエンプトするまで、高プライオリティの非アクティブ ルータが待つ時間です(秒単位)。

このフィールドも、GLBP フォワーダのプリエンプトを示すフォワーダ セクションの下に表示されます。

Active is

バーチャル ゲートウェイの Active ステート。値は local、unknown、または IP address です。アドレス(およびアドレスの有効期限)は、現在の AVG のアドレスです。

このフィールドも、現在の AVF のアドレスを示すフォワーダ セクションの下に表示されます。

Standby is

バーチャル ゲートウェイの Standby ステート。値は local、unknown、または IP address です。アドレス(およびアドレスの有効期限)は、スタンバイ ゲートウェイのアドレスです(ゲートウェイは次に AVG になります)。

Weighting

高いしきい値と低いしきい値のある初期重み値

Track object

トラッキングされるオブジェクトのリストと対応するステート

Load balancing

GLBP グループに設定されたロード バランシング方式

Group members

このグループのメンバーであるゲートウェイのリスト

Forwarder

このグループのフォワーダのリスト

表3 に、 show glbp brief コマンドの出力について説明します。

 

表3 show glbp brief フィールドの説明

フィールド
説明

Interface

インターフェイスのタイプと番号

インターフェイスの GLBP グループ番号

Grp

インターフェイスの GLBP グループ番号

Fwd

GLBP グループのフォワーダの数

Pri

このゲートウェイに設定されたプライオリティ

State is

バーチャル ゲートウェイのステート。バーチャル ゲートウェイの場合、ステートは次のいずれかになります。

Active ― ゲートウェイは AVG で、バーチャル IP アドレスの Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)要求に応答します。

Disabled ― バーチャル IP アドレスはまだ設定されていない、または学習されていませんが、別の GLBP 設定が存在します。

Initial ― バーチャル IP アドレスは設定されている、または学習されていますが、バーチャル ゲートウェイの設定が完全ではありません。インターフェイスはアップ状態で、ルート IP に設定されている必要があります。インターフェイス IP アドレスが設定されている必要があります。

Listen ― バーチャル ゲートウェイは hello パケットを受信し、アクティブまたはスタンバイ バーチャル ゲートウェイが使用できなくなった場合に Speak ステートに変更できます。

Speak ― バーチャル ゲートウェイはアクティブまたはスタンバイ バーチャル ゲートウェイになろうとします。

Standby ― ゲートウェイは次に AVG になります。

バーチャル フォワーダの場合、ステートは次のいずれかになります。

Active ― ゲートウェイは AVG で、バーチャル フォワーダ の Media Access Control(MAC; メディア アクセス制御)アドレスに送信されたパケットを転送します。

Disabled ― 仮想 MAC アドレスが割り当てられていないか、学習されていません。Disabled ステートに変更したバーチャル フォワーダは削除されるので、このステートは移行ステートになります。

Initial ― 仮想 MAC アドレスは既知ですが、バーチャル フォワーダの設定は完全ではありません。インターフェイスはアップ状態で、ルート IP に設定されている必要があります。インターフェイス IP アドレスは設定されている必要があります。バーチャル IP アドレスは既知でなければいけません。

Listen ― バーチャル フォワーダは hello パケットを受信し、AVF が使用できなくなった場合に Active ステートに変更できます。

Address

GLBP グループのバーチャル IP アドレス。すべてのセカンダリバーチャル IP アドレスは、1 行ごとに表示されます。バーチャル IP アドレスが別のデバイスに設定されたアドレスと重複している場合、duplicate としてマークされます。重複アドレスは、ルータが ARP キャッシュ エントリの保護に失敗したことを示します。

Active router

AVG の IP アドレス

Standby router

スタンバイ バーチャル ゲートウェイの IP アドレス

 
関連コマンド

コマンド
説明

glbp ip

GLBP をイネーブルにします。

glbp timers

hello メッセージの間隔と、他のルータによってアクティブ GLBP ルータのダウンが宣言されるまでの時間を設定します。

glbp weighting track

GLBP ゲートウェイの重みに影響し、トラッキングするオブジェクトを指定します。

show glbp capability

Gateway Load Balancing Protocol(GLBP)をサポートするインターフェイスを表示するには、 show glbp capability コマンドを使用します。

show glbp [ interface type number ] [ port-channel number ] [ vlan number ]

 
シンタックスの説明

interface type number

(任意)出力が表示されるインターフェイスを指定します。

port-channel number

(任意)出力が表示されるポート チャネルを指定します。

vlan number

(任意)出力が表示される VLAN(仮想 LAN)

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

GLBP をサポートするインターフェイスを表示するには、 show glbp capability コマンドを使用します。

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次に、 GLBP をサポートするインターフェイスを表示する例を示します。

 
switch# show glbp capability
Nexus7010 (10 Slot) Chassis * means interface may support GLBP
|
Interface Type | Potential Max Groups
Eth1/1 2 Gigabit Ethernet * 1024
Eth1/2 2 Gigabit Ethernet * 1024
Eth2/1 2 Gigabit Ethernet * 1024
Eth2/2 2 Gigabit Ethernet * 1024
Eth2/3 2 Gigabit Ethernet * 1024
Eth2/4 2 Gigabit Ethernet * 1024
Eth2/5 2 Gigabit Ethernet * 1024
Eth2/6 2 Gigabit Ethernet * 1024
Eth2/7 2 Gigabit Ethernet * 1024
Eth2/8 2 Gigabit Ethernet * 1024
mgmt0 5 Management Sup Port 0
Eth Inband Port 21 Inband Port 0
Eth Inband Port 21 Inband Port 0
Eth Inband Port 21 Inband Port 0
 

表4 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表4 show glbp capability フィールドの説明

フィールド
説明

Interface

インターフェイス名

Type

インターフェイス タイプ

GLBP support(| 文字で表示)

* は、インターフェイスが GLBP をサポートすることを示します。

Potential Max Groups

このインターフェイスによってサポートされるグループの最大数

 
関連コマンド

コマンド
説明

glbp ip

GLBP をイネーブルにします。

glbp timers

hello メッセージの間隔と、他のルータによってアクティブ GLBP ルータのダウンが宣言されるまでの時間を設定します。

glbp weighting track

GLBP ゲートウェイの重みに影響し、トラッキングするオブジェクトを指定します。

show glbp capability

Gateway Load Balancing Protocol(GLBP)をサポートするインターフェイスを表示するには、 show glbp capability コマンドを使用します。

show glbp [ interface type number ] [ port-channel number ] [ vlan number ]

 
シンタックスの説明

interface type number

(任意)出力が表示されるインターフェイスを指定します。

port-channel number

(任意)出力が表示されるポート チャネルを指定します。

vlan number

(任意)出力が表示される VLAN(仮想 LAN)

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

スーパーユーザ
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

GLBP をサポートするインターフェイスを表示するには、 show glbp capability コマンドを使用します。

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次に、 GLBP をサポートするインターフェイスを表示する例を示します。

 
switch# show glbp capability
Nexus 7010 (10 Slot) Chassis * means interface may support GLBP
|
Interface Type | Potential Max Groups
Eth1/1 2 Gigabit Ethernet * 1024
Eth1/2 2 Gigabit Ethernet * 1024
Eth2/1 2 Gigabit Ethernet * 1024
Eth2/2 2 Gigabit Ethernet * 1024
Eth2/3 2 Gigabit Ethernet * 1024
Eth2/4 2 Gigabit Ethernet * 1024
Eth2/5 2 Gigabit Ethernet * 1024
Eth2/6 2 Gigabit Ethernet * 1024
Eth2/7 2 Gigabit Ethernet * 1024
Eth2/8 2 Gigabit Ethernet * 1024
mgmt0 5 Management Sup Port 0
Eth Inband Port 21 Inband Port 0
Eth Inband Port 21 Inband Port 0
Eth Inband Port 21 Inband Port 0
 

表5 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表5 show glbp capability フィールドの説明

フィールド
説明

Interface

インターフェイス名

Type

インターフェイス タイプ

GLBP support(| 文字で表示)

* は、インターフェイスが GLBP をサポートすることを示します。

Potential Max Groups

このインターフェイスによってサポートされるグループの最大数

 
関連コマンド

コマンド
説明

glbp ip

GLBP をイネーブルにします。

glbp timers

hello メッセージの間隔と、他のルータによってアクティブ GLBP ルータのダウンが宣言されるまでの時間を設定します。

glbp weighting track

GLBP ゲートウェイの重みに影響し、トラッキングするオブジェクトを指定します。

show hsrp

Hot Standby Router Protocol(HSRP; ホットスタンバイ ルータ プロトコル)グループごとの HSRP 情報を表示するには、 show hsrp コマンドを使用します。

show hsrp [ interface type number ] [ group group -number ] [ active | init | listen | standby ] [ all ] [ brief ]

 
シンタックスの説明

interface type number

(任意)HSRP 情報を表示するインターフェイス タイプおよび番号を指定します。

group group -number

(任意)情報を表示するインターフェイスの HSRP グループ番号を指定します

active

(任意)Active ステートである HSRP グループを表示します。

init

(任意)Initialization ステートである HSRP グループを表示します。

listen

(任意)Listen ステートである HSRP グループを表示します。

standby

(任意)Standby ステートである HSRP グループを表示します。

all

(任意)すべての HSRP グループを表示します。

brief

(任意)1 行の出力で各バーチャル ゲートウェイまたはバーチャル フォワーダを要約します。

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

スーパーユーザ
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

HSRP グループに関する情報を表示するには、 show hsrp コマンドを使用します。 brief キーワードは、各バーチャル ゲートウェイまたはバーチャル フォワーダに関する情報を 1 行で表示します。

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次に、GLBP 情報を表示する例を示します。

switch# show hsrp
 
show hsrp
Ethernet0/0/1 - Group 1
State is Init (standby RP, peer state is Active)
Virtual IP address is 10.1.0.7
Active virtual MAC address is unknown
Local virtual MAC address is 000a.f3fd.5001 (bia)
Hello time 1 sec, hold time 3 sec
Authentication text "authword"
Preemption enabled
Active router is unknown
Standby router is unknown
Priority 110 (configured 120)
Track object 1 state Down decrement 10
IP redundancy name is "name1" (cfgd)
 

次に、GLBP 情報の簡単な説明を表示する例を示します。

switch# show hsrp brief
 
P indicates configured to preempt.
|
Interface Grp Prio P State Active addr Standby addr Group addr
Et1 1 105 P Active local 192.168.21.2 192.168.21.10
 

次に、GLBP インターフェイスおよびグループ番号を指定する例を示します。

switch# show glbp interface ethernet2/2 group 1

 

Ethernet2/2 - Group 1

State is Listen

64 state changes, last state change 00:00:54

Virtual IP address is 10.1.0.7

Hello time 50 msec, hold time 200 msec

Next hello sent in 0.030 secs

Redirect time 600 sec, forwarder time-out 14400 sec

Authentication text "authword"

Preemption enabled, min delay 0 sec

Active is 10.1.0.2, priority 105 (expires in 0.184 sec)

Standby is 10.1.0.3, priority 100 (expires in 0.176 sec)

Priority 96 (configured)

Weighting 100 (configured 100), thresholds: lower 95, upper 100

Track object 1 state Up decrement 10

Load balancing: round-robin

Group members:

0004.4d83.4801 (10.0.0.0)

0010.7b5a.fa41 (10.0.0.1)

00d0.bbd3.bc21 (10.0.0.2) local

 

表6 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表6 show glbp フィールドの説明

フィールド
説明

Ethernet2/1 - Group

インターフェイス タイプおよびインターフェイスの GLBP グループ番号

State is

バーチャル ゲートウェイのステート。バーチャル ゲートウェイの場合、ステートは次のいずれかになります。

Active ― ゲートウェイはアクティブ バーチャル ゲートウェイ(AVG)で、バーチャル IP アドレスの Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)要求に応答します。

Disabled ― バーチャル IP アドレスはまだ設定されていない、または学習されていませんが、別の GLBP 設定が存在します。

Initial ― バーチャル IP アドレスは設定されている、または学習されていますが、バーチャル ゲートウェイの設定が完全ではありません。インターフェイスはアップ状態で、ルート IP に設定されている必要があります。インターフェイス IP アドレスが設定されている必要があります。

Listen ― バーチャル ゲートウェイは hello パケットを受信し、アクティブまたはスタンバイ バーチャル ゲートウェイが使用できなくなった場合に Speak ステートに変更できます。

Speak ― バーチャル ゲートウェイはアクティブまたはスタンバイ バーチャル ゲートウェイになろうとします。

Standby ― ゲートウェイは AVG になるラインの次です。

バーチャル フォワーダの場合、ステートは次のいずれかになります。

Active ― ゲートウェイは AVG で、バーチャル フォワーダ の Media Access Control(MAC; メディア アクセス制御)アドレスに送信されたパケットを転送します。

Disabled ― 仮想 MAC アドレスが割り当てられていないか、学習されていません。Disabled ステートに変更したバーチャル フォワーダは削除されるので、このステートは移行ステートになります。

Initial ― 仮想 MAC アドレスは既知ですが、バーチャル フォワーダの設定は完全ではありません。インターフェイスはアップ状態で、ルート IP に設定されている必要があります。インターフェイス IP アドレスは設定されている必要があります。バーチャル IP アドレスは既知でなければいけません。

Listen ― バーチャル フォワーダは hello パケットを受信し、AVF が使用できなくなった場合に Active ステートに変更できます。

Virtual IP address is

GLBP グループのバーチャル IP アドレス。すべてのセカンダリバーチャル IP アドレスは、1 行ごとに表示されます。バーチャル IP アドレスが別のデバイスに設定されたアドレスと重複している場合、duplicate としてマークされます。重複アドレスは、ルータが ARP キャッシュ エントリの保護に失敗したことを示します。

Hello time, hold time

hello タイムを示す hello パケットの間隔(秒またはミリ秒単位)。ホールド タイムは、他のルータがアクティブ ルータのダウンを宣言するまでの時間です(秒またはミリ秒単位)。GLBP グループのすべてのルータは現在の AVG の hello タイム値とホールド タイム値を使用します。ローカルに設定された値が異なる場合、設定された値が hello タイム値とホールド タイム値の後ろのカッコ内に表示されます。

Redirect time, forwarder time-out

スタンバイ バーチャル フォワーダへの AVF 移行のリダイレクトおよびタイムアウト時間。リダイレクト時間は、GLBP グループの AVG がクライアントをセカンダリ AVF にリダイレクトし続ける時間です。タイムアウトは、セカンダリ バーチャル フォワーダが使用できなくなるまでの時間です(秒単位)。

Preemption

GLBP ゲートウェイのプリエンプトがイネーブルであるかどうか。イネーブルの場合、最小遅延は、低プライオリティのアクティブ ルータをプリエンプトするまで、高プライオリティの非アクティブ ルータが待つ時間です(秒単位)。

このフィールドも、GLBP フォワーダのプリエンプトを示すフォワーダ セクションの下に表示されます。

Active is

バーチャル ゲートウェイの Active ステート。値は local、unknown、または IP address です。アドレス(およびアドレスの有効期限)は、現在の AVG のアドレスです。

このフィールドも、現在の AVF のアドレスを示すフォワーダ セクションの下に表示されます。

Standby is

バーチャル ゲートウェイの Standby ステート。値は local、unknown、または IP address です。アドレス(およびアドレスの有効期限)は、スタンバイ ゲートウェイのアドレスです(ゲートウェイは次に AVG になります)。

Weighting

高いしきい値と低いしきい値のある初期重み値

Track object

トラッキングされるオブジェクトのリストと対応するステート

Load balancing

GLBP グループに設定されたロード バランシング方式

Group members

このグループのメンバーであるゲートウェイのリスト

Forwarder

このグループのフォワーダのリスト

表7 に、 show glbp brief コマンドの出力について説明します。

 

表7 show glbp brief フィールドの説明

フィールド
説明

Interface

インターフェイスのタイプと番号

インターフェイスの GLBP グループ番号

Grp

インターフェイスの GLBP グループ番号

Fwd

GLBP グループのフォワーダの数

Pri

このゲートウェイに設定されたプライオリティ

State is

バーチャル ゲートウェイのステート。バーチャル ゲートウェイの場合、ステートは次のいずれかになります。

Active ― ゲートウェイは AVG で、バーチャル IP アドレスの Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)要求に応答します。

Disabled ― バーチャル IP アドレスはまだ設定されていない、または学習されていませんが、別の GLBP 設定が存在します。

Initial ― バーチャル IP アドレスは設定されている、または学習されていますが、バーチャル ゲートウェイの設定が完全ではありません。インターフェイスはアップ状態で、ルート IP に設定されている必要があります。インターフェイス IP アドレスが設定されている必要があります。

Listen ― バーチャル ゲートウェイは hello パケットを受信し、アクティブまたはスタンバイ バーチャル ゲートウェイが使用できなくなった場合に Speak ステートに変更できます。

Speak ― バーチャル ゲートウェイはアクティブまたはスタンバイ バーチャル ゲートウェイになろうとします。

Standby ― ゲートウェイは AVG になるラインの次です。

バーチャル フォワーダの場合、ステートは次のいずれかになります。

Active ― ゲートウェイは AVG で、バーチャル フォワーダ の Media Access Control(MAC; メディア アクセス制御)アドレスに送信されたパケットを転送します。

Disabled ― 仮想 MAC アドレスが割り当てられていないか、学習されていません。Disabled ステートに変更したバーチャル フォワーダは削除されるので、このステートは移行ステートになります。

Initial ― 仮想 MAC アドレスは既知ですが、バーチャル フォワーダの設定は完全ではありません。インターフェイスはアップ状態で、ルート IP に設定されている必要があります。インターフェイス IP アドレスは設定されている必要があります。バーチャル IP アドレスは既知でなければいけません。

Listen ― バーチャル フォワーダは hello パケットを受信し、AVF が使用できなくなった場合に Active ステートに変更できます。

Address

GLBP グループのバーチャル IP アドレス。すべてのセカンダリバーチャル IP アドレスは、1 行ごとに表示されます。バーチャル IP アドレスが別のデバイスに設定されたアドレスと重複している場合、duplicate としてマークされます。重複アドレスは、ルータが ARP キャッシュ エントリの保護に失敗したことを示します。

Active router

AVG の IP アドレス

Standby router

スタンバイ バーチャル ゲートウェイの IP アドレス

 
関連コマンド

コマンド
説明

glbp ip

GLBP をイネーブルにします。

glbp timers

hello メッセージの間隔と、他のルータによってアクティブ GLBP ルータのダウンが宣言されるまでの時間を設定します。

glbp weighting track

GLBP ゲートウェイの重みに影響し、トラッキングするオブジェクトを指定します。

show hardware forwarding ip verify

IP パケット検証に関する情報を表示するには、 show hardware forwarding ip verify コマンドを使用します。

show hardware version ip verify

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

スーパーユーザ
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、IP パケット検証の設定を示します。

switch# show hardware forwarding ip verify
IPv4 and v6 IDS Checks Status Packets Failed
-----------------------------+---------+------------------
address source broadcast Enabled 0
address source multicast Enabled 0
address destination zero Enabled 0
address identical Enabled 0
address source reserved Enabled 0
address class-e Disabled 0
checksum Enabled 0
protocol Enabled 0
fragment Enabled 0
length minimum Enabled 0
length consistent Enabled 0
length maximum max-frag Enabled 0
length maximum udp Disabled 0
length maximum max-tcp Enabled 0
tcp flags Disabled 0
tcp tiny-frag Enabled 0
version Enabled 0
-----------------------------+---------+------------------
IPv6 IDS Checks Status Packets Failed
-----------------------------+---------+------------------
length consistent Enabled 0
length maximum max-frag Enabled 0
length maximum udp Disabled 0
length maximum max-tcp Enabled 0
tcp tiny-frag Enabled 0
version Enabled 0
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

platform ip verify address

アドレスに基づいて、IPv4 および IPv6 パケット検証チェックを設定します。

platform ip verify length

長さに基づいて、IPv4 パケット検証チェックを設定します。

platform ipv6 verify

IPv6 パケット検証チェックを設定します。

show hsrp delay

Hot Standby Router Protocol(HSRP; ホットスタンバイ ルータ プロトコル)グループの遅延情報を表示するには、 show hsrp delay コマンドを使用します。

show hsrp delay [ interface type number ] [ group group -number ] [ all ] [ brief ]

 
シンタックスの説明

interface type number

(任意)HSRP 情報を表示するインターフェイス タイプおよび番号を指定します。

group group -number

(任意)情報を表示するインターフェイスの HSRP グループ番号を指定します

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

スーパーユーザ
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

HSRP グループの遅延情報を表示するには、 show hsrp delay コマンドを使用します。

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次に、GLBP 遅延情報を表示する例を示します。

switch# show hsrp delay

show ip adjacency

隣接情報を表示するには、 show ip adjacency コマンドを使用します。

show ip adjacency [ ip-addr | interface ] [ detail ] [ non-best ] [ statistics ] [ summary ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

ip-addr

(任意)IPv4 送信元アドレス。フォーマットは、x.x.x.x です。

interface

(任意)インターフェイス。サポートされたインターフェイス タイプを判断するには ? を使用します。

detail

(任意)詳細な隣接情報を表示します。

non-best

(任意)最適な、および最適でない隣接情報を表示します。

statistics

(任意)隣接統計情報を表示します。

summary

(任意)隣接情報のサマリーを表示します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、隣接情報のサマリーを示します。

switch# show ip adjacency summary
 
IP AM Table - Adjacency Summary
 
Static : 1
Dynamic : 22
Others : 0
Total : 23

 
関連コマンド

コマンド
説明

show forwarding adjacency

転送隣接情報を示します。

show ip arp

Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)情報を表示するには、 show ip arp コマンドを使用します。

show ip arp [ ip-addr | interface ] [ client ] [ static ] [ statistics ] [ summary ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

ip-addr

(任意)IPv4 送信元アドレス。フォーマットは、x.x.x.x です。

interface

(任意)インターフェイス。サポートされたインターフェイス タイプを判断するには ? を使用します。

client

(任意)ARP クライアント テーブルを表示します。

static

(任意)スタティック ARP エントリを表示します。

statistics

(任意)ARP 統計情報を表示します。

summary

(任意)ARP テーブルのサマリーを表示します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、ARP テーブルのサマリーを示します。

switch# show ip arp summary
 
IP ARP Table - Adjacency Summary
 
Resolved : 33
Incomplete : 0
Unknown : 0
Total : 33

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip arp timeout

ARP を設定します。

show ip as-path-access-list

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)の AS パス アクセス リストを表示するには、 show ip as-path-access-list コマンドを使用します。

show ip as-path-access-list [ name ]

 
シンタックスの説明

name

(任意)AS パス アクセス リストの名前。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、AS パス アクセス リストを示します。

switch# show ip as-path-access-list
ip as-path access-list Test1 permit "10.0.0.1"

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip as-path access-list

AS パス アクセス リストを設定します。

show ip bgp

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)テーブルのエントリを表示するには、 show ip bgp コマンドを使用します。

show ip bgp [ ip-addr | ip-prefix [ longer-prefixes ]] [ received-paths ] [ regexp expression ] [ route-map map-name ] [ summary ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

ip-addr

(任意)BGP ルート テーブルからのネットワーク。フォーマットは、x.x.x.x です。

ip-prefix

(任意)BGP ルート テーブルからのプレフィクス。フォーマットは、x.x.x.x/length です。

longer-prefixes

(任意)プレフィクスと特定のルートを示します。

received-paths

(任意)ソフト リコンフィギュレーション用に保存されたパスを表示します。

regexp expression

(任意)正規表現と一致する情報を表示します。

route-map map-name

(任意)ルート マップと一致するルートを表示します。マップ名は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

summary

(任意)ルートのサマリーを表示します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、BGP ルート テーブルを示します。

switch(config-router)# show ip bgp
BGP routing table information for VRF default, address family IPv4 Unicast

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip bgp

BGP ルート テーブルのエントリをクリアします。

show ip bgp community-list

コミュニティ リストと一致する Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ルートを表示するには、 show ip bgp community-list コマンドを使用します。

show ip bgp [ ipv4 { unicast | multicast } | all ] community-list commlist-name [ exact-match ]} [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

ipv4

(任意)IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報を示します。

ipv6

(任意)IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報を示します。

unicast

ユニキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を示します。

multicast

マルチキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を示します。

all

(任意)すべてのアドレス ファミリの BGP 情報を示します。

community-list commlist-name

コミュニティ リストと一致するルートを表示します。commlist-name は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

exact-match

(任意)コミュニティの完全一致を表示します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、コミュニティ リストと一致するルートを示します。

switch(config)# show ip bgp community-list test1

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip community-list

コミュニティ リストを作成します。

show ip bgp dampening

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ダンプニング情報を表示するには、 show ip bgp dampening コマンドを使用します。

show ip bgp [ ipv4 { unicast | multicast } | all ] dampening { dampened-paths [ regexp expression ] | flap-statistics | history-paths [ regexp expression ] | parameters } [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

ipv4

(任意)IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報を示します。

ipv6

(任意)IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報を示します。

unicast

ユニキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を示します。

multicast

マルチキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を示します。

all

(任意)すべてのアドレス ファミリの BGP 情報を示します。

dampened-paths

ダンプニングされたパスをすべて表示します。

regexp expression

(任意)正規表現と一致する情報を表示します。

flap-statistics

ルートの統計情報を表示します。

history-paths

履歴パスをすべて表示します。

parameters

ダンプニング パラメータをすべて表示します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、ダンプニング情報を示します。

switch(config)# show ip bgp dampening dampened-paths

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 bgp dampening

BGP ダンプニング情報を表示します。

show ip bgp filter-list

フィルタ リストと一致する Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ルートを表示するには、 show ip bgp filter-list コマンドを使用します。

show ip bgp filter-list list-name [ exact-match ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

list-name

フィルタ リストの名前。commlist-name は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

exact-match

(任意)フィルタの完全一致を表示します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、フィルタ リストと一致するルートを示します。

switch(config)# show ip bgp filter-list test1

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 bgp filter-list

フィルタ リストと一致する BGP ルートを表示します。

show ip bgp flap-statistics

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)フラップ統計情報を表示するには、 show ip bgp flap-statistics コマンドを使用します。

show ip bgp flap-statistics [ prefix ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

prefix

(任意)IPv6 プレフィクス。フォーマットは、x.x.x.x/length です。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、フラップ統計情報を示します。

switch(config)# show ip bgp flap-statistics

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 bgp

BGP 情報を表示します。

show ip bgp history-paths

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)履歴パスを表示するには、 show ip bgp history-paths コマンドを使用します。

show ip bgp [ ipv4 { unicast | multicast } | all ] history-paths [ regexp expression ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

ipv4

(任意)IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報を示します。

ipv6

(任意)IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報を示します。

unicast

ユニキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を示します。

multicast

マルチキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を示します。

all

(任意)すべてのアドレス ファミリの BGP 情報を示します。

regexp expression

(任意)正規表現と一致する情報を表示します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、BGP 履歴パス情報を示します。

switch(config)# show ip bgp history-paths

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 bgp history-paths

BGP 履歴パス情報を表示します。

show ip bgp neighbors

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ネイバーを表示するには、 show ip bgp neighbors コマンドを使用します。

show ip bgp neighbors [ addr | prefix ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

addr

IPv4 アドレス。フォーマットは、x.x.x.x です。

prefix

(任意)IPv6 プレフィクス。フォーマットは、x.x.x.x/length です。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、BGP ネイバーを示します。

switch(config)# show ip bgp neighbors

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 bgp neighbors

BGP 情報を表示します。

show ip bgp nexthop

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ネクストホップ情報を表示するには、 show ip bgp nexthop コマンドを使用します。

show ip bgp nexthop addr [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

addr

IPv4 アドレス。フォーマットは、x.x.x.x です。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、BGP ネクストホップ情報を示します。

switch(config)# show ip bgp nexthop 192.0.2.1

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 bgp nexhop

BGP 情報を表示します。

show ip bgp nexthop-database

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ネクストホップ データベースを表示するには、 show ip bgp nexthop-database コマンドを使用します。

show ip bgp nexthop-database [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、BGP ネクストホップ データベースを示します。

switch(config)# show ip bgp nexthop-database

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 bgp nexhop-database

BGP 情報を表示します。

show ip bgp prefix-list

プレフィクス リストと一致する Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ルートを表示するには、 show ip bgp prefix-list コマンドを使用します。

show ip bgp prefix-list list-name [ exact-match ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

list-name

プレフィクス リストの名前。commlist-name は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

exact-match

(任意)フィルタの完全一致を表示します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、プレフィクス リストと一致するルートを示します。

switch(config)# show ip bgp prefix-list test1

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 bgp prefix-list

プレフィクス リストと一致する BGP ルートを表示します。

show ip bgp peer-policy

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ピア ポリシー テンプレート情報を表示するには、 show ip bgp peer-policy コマンドを使用します。

show ip bgp peer-policy name

 
シンタックスの説明

name

BGP テンプレートの名前。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、BGP ピア ポリシーを示します。

switch(config)# show ip bgp peer-policy test1
Commands configured in this template:
Send Community
Suppress Inactive
Default Originate - route-map:
Inherited commands:
Inherited by the following peers:
VRF default: 192.0.2.3

 
関連コマンド

コマンド
説明

inherit peer-policy

ネイバーのピア ポリシー テンプレートを継承します。

template peer-policy

ピア ポリシー テンプレートを設定します。

show ip bgp peer-session

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ピア セッション テンプレート情報を表示するには、 show ip bgp peer-session コマンドを使用します。

show ip bgp peer-session name

 
シンタックスの説明

name

BGP テンプレートの名前。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、BGP ピア セッションを示します。

switch(config)# show ip bgp peer-session test1
Commands configured in this template:
Update Source - interface: Vlan33
EBGP Multihop - hop limit: 33
Inherited commands:
Inherited by the following peers:
VRF default: 192.0.2.3

 
関連コマンド

コマンド
説明

inherit peer-session

ネイバーのピア セッション テンプレートを継承します。

template peer-session

ピア セッション テンプレートを設定します。

show ip bgp peer-template

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ピア テンプレート情報を表示するには、 show ip bgp peer-template コマンドを使用します。

show ip bgp peer-template name

 
シンタックスの説明

name

BGP テンプレートの名前。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、BGP ピア テンプレートを示します。

switch(config)# show ip bgp peer-template peer1
BGP peer-template is peer1
Connected check is disabled
Hold time = 0, keepalive interval is 0 seconds
 
Message statistics:
Sent Rcvd
Opens: 0 0
Notifications: 0 0
Updates: 0 0
Keepalives: 0 0
Route Refresh: 0 0
Capability: 0 0
Total: 0 0
Total bytes: 0 0
Bytes in queue: 0 0
 
Members of peer-template peer1:
default:192.0.2.3

 
関連コマンド

コマンド
説明

inherit peer-template

ネイバーのピア テンプレートを継承します。

template peer

ピア テンプレートを設定します。

show ip client

内部 IP クライアントに関する情報を表示するには、 show ip client コマンドを使用します。

show ip client [ name ]

 
シンタックスの説明

name

(任意)クライアントの名前

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、ARP の IP クライアント情報を示します。

switch(config)# show ip client arp
 
Client: arp, uuid: 268, pid: 3687, extended pid: 3687
Protocol: (none), client-index: 2, routing VRF id: 255
Data MTS-SAP: 0
Data messages, send successful: 33, failed: 0

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip process

IP プロセスに関する情報を表示します。

show ip community-list

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)のコミュニティ リストを表示するには、 show ip community-list コマンドを使用します。

show ip community-list [ name ]

 
シンタックスの説明

name

(任意)コミュニティ リストの名前。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、コミュニティ リストを示します。

switch(config)# show ip community-list
Standard Community List test2
permit internet local-AS

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip community-list

BGP コミュニティ リストを設定します。

show ip eigrp

Enhanced IGRP(EIGRP)プロセスのサマリーを表示するには、 show ip eigrp コマンドを使用します。

show ip eigrp [ instance-tag ]

 
シンタックスの説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。インスタンス タグは、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(3)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次の例では、すべての EIGRP インスタンスを示します。

switch# show ip eigrp
IP-EIGRP AS 0 ID 0.0.0.0 VRF default
Process-tag: Test1
Status: shutdown
Authentication mode: none
Authentication key-chain: none
Metric weights: K1=1 K2=0 K3=1 K4=0 K5=0
IP proto: 88 Multicast group: 224.0.0.10
Int distance: 90 Ext distance: 170
Max paths: 8
Number of EIGRP interfaces: 0 (0 loopbacks)
Number of EIGRP peers: 0
IP-EIGRP AS 0 ID 0.0.0.0 VRF default
Process-tag: Test2
Status: shutdown
Authentication mode: none
Authentication key-chain: none
Metric weights: K1=1 K2=0 K3=1 K4=0 K5=0
IP proto: 88 Multicast group: 224.0.0.10
Int distance: 90 Ext distance: 170
Max paths: 8
Number of EIGRP interfaces: 0 (0 loopbacks)
Number of EIGRP peers: 0
 

show ip eigrp accounting

Enhanced IGRP(EIGRP)プロセスのプレフィクス アカウンティング情報を表示するには、 show ip eigrp accounting コマンドを使用します。

show ip eigrp [ vrf { vrf-name | * }] [ instance-tag ] accounting

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

vrf *

(任意)すべての VRF インスタンスを指定します。

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。このオプションは、VRF インスタンスが指定されていない場合に使用できます。インスタンス タグは、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、EIGRP アカウンティング情報を表示する例を示します。

switch# show ip eigrp accounting
 
IP-EIGRP accounting for AS(100)/ID(192.0.2.1) vrf RED
Total Prefix Count: 4
States: A-Adjacency, P-Pending, D-Down
 
State Address/Source Interface Prefix Restart Restart/
Count Count Reset(s)
P Redistributed ---- 0 3 211
A 192.0.2.2 e2/1 2 0 84
P 192.0.2.4 e3/3 0 2 114
D 192.0.2.3 e4/1 0 3 0
 

表8 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表8 show ip eigrp accounting フィールドの説明

フィールド
説明

IP-EIGRP accounting for AS...

EIGRP インスタンス、AS 番号、ルータ ID、および ID

Total Prefix Count:

EIGRP インスタンス トポロジ テーブル内のプレフィクスを合計します。カウントには、すべてのネイバーまたは再配布から学習したプレフィクスが含まれます。

States:A-Adjacency, P-Pending, D-Down

A-Adjacency:ネイバーまたは通常の再配布ステートが安定した隣接関係であることを示します。

P-Pending:最大プレフィクスの制限を超えたので、ネイバールータとの隣接関係または再配布は中断されるか、penalized ステートになります。

D-Down: clear route コマンドを使用して手動でリセットするまで、ネイバールータとの隣接関係または再配布は永続的に中断されます。

Address/Source

再配布送信元のピア IP アドレス

Prefix Count

送信元が学習したプレフィクスの総数


) 複数の送信元からの同じプレフィクスについて、ルートを学習できます。このカラムのすべてのプレフィクス カウントの合計は、「Prefix Count」フィールドで示す数より大きくなることがあります。


Restart Count

ルート送信元が最大プレフィクス制限を超えた回数

Restart Reset(s)

ルート送信元が P(penalized)ステートである時間(秒単位)。ルート送信元が A(安定または通常の)ステートである場合、表示された時間は penalization 履歴がリセットされるまでの時間になります(秒単位)。

show ip eigrp interfaces

Enhanced IGRP(EIGRP)に設定されたインターフェイスに関する情報を表示するには、 show ip eigrp interfaces コマンドを使用します。

show ip eigrp [ instance-tag ] [ vrf { vrf-name | * }] interfaces [ type instance ] [ brief] [detail ]

 
シンタックスの説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグは、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

vrf *

(任意)すべての VRF インスタンスを指定します。

type

(任意)インターフェイス タイプ。詳細については、疑問符( ? )オンライン ヘルプ機能を使用します。

instance

(任意)物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンス。

instance を指定すると、ネイバーテーブルからこのインターフェイスを介して学習されたエントリをすべて削除します。

instance 引数の構文は、次のとおりです。

物理インターフェイス インスタンス。名前の表記は slot/port で、値の間のスラッシュ記号は表記の一部として必要です。

仮想インターフェイス インスタンス。番号の範囲はインターフェイス タイプによって異なります。

ルータ構文の詳細については、疑問符( ? )オンライン ヘルプ機能を使用します。

brief

(任意)EIGRP インターフェイス情報の簡単な説明を表示します。

detail

(任意)詳細な EIGRP インターフェイス情報を表示します。

 
デフォルト

VRF またはインターフェイスが指定されていない場合、このコマンドはデフォルトの VRF のすべてのインターフェイスを表示します。

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

4.0(3)

brief キーワードが追加されました。

 
使用上のガイドライン

どのインターフェイス EIGRP がアクティブであり、インターフェイスに関連した EIGRP の情報を学習するかを決定するには、 show ip eigrp interfaces コマンドを使用します。

インターフェイスを指定すると、そのインターフェイスのみが表示されます。指定しないと、EIGRP が稼働するすべてのインターフェイスが表示されます。

Autonomous System(AS; 自律システム)を指定すると、指定された AS のルーティング システムのみが表示されます。指定しないと、すべての EIGRP プロセスが表示されます。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、EIGRP インターフェイスに関する情報を表示する例を示します。

switch# show ip eigrp interfaces
 
IP EIGRP interfaces for process 1 vrf default
 
Xmit Queue Mean Pacing Time Multicast Pending
Interface Peers Un/Reliable SRTT Un/Reliable Flow Timer Routes
 
e2/2 0 0/0 0 11/434 0 0
 
e2/20 1 0/0 337 0/10 0 0
 
e4/2 1 0/0 10 1/63 103 0
 
e3/2 1 0/0 330 0/16 0 0
 
switch#
 

表9 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表9 show ip eigrp interfaces フィールドの説明

フィールド
説明

Interface

EIGRP が設定されているインターフェイス

Peers

直接接続された EIGRP ネイバーの数

Xmit Queue Un/Reliable

信頼できない、または信頼できる送信キューにあるパケットの数

Mean SRTT

平均 smoothed round-trip time(SRTT)間隔(ミリ秒単位)

Pacing Time Un/Reliable

EIGRP パケット(信頼できない、または信頼できるパケット)をインターフェイスに送信するときを決定するペーシング時間

Multicast Flow Timer

ルータがマルチキャスト EIGRP パケットを送信する最大秒数

Pending Routes

送信されるのを待っている、送信キューのパケットのルートの数

次に、EIGRP インターフェイスに関する詳細を表示する例を示します。

switch# show ip eigrp interfaces detail
 
IP-EIGRP interfaces for AS 1 vrf default
 
Xmit Queue Mean Pacing Time Multicast Pending
Interface Peers Un/Reliable SRTT Un/Reliable Flow Timer Routes
 
e 2/6 1 0/0 3 0/10 50 0
 
Hello interval is 5 sec, hold time is 15 sec
Next xmit serial <none>
Un/reliable mcasts: 0/4 Un/reliable ucasts: 6/3
Mcast exceptions: 0 CR packets: 0 ACKs suppressed: 1
Retransmissions sent: 0 Out-of-sequence rcvd: 1
Bandwidth percent is 50
Authentication mode is not set
 
switch#
 

表10 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表10 show ip eigrp interfaces detail フィールドの説明

フィールド
説明

Hello interval

hello パケット送信間隔

hold time

ネイバーに通知されるホールド タイム。ネイバーがこの時間内にルータから hello パケットを受信しないと、ネイバーはネイバー関係のダウンを宣言します。

Next xmit serial

次の送信シリアル番号

Un/reliable mcasts

このインターフェイスで送信される信頼できない、および信頼できるマルチキャスト パケットの数

Un/reliable ucasts

このインターフェイスで送信される信頼できない、および信頼できるユニキャスト パケットの数

Mcast exceptions

マルチキャスト例外の数(シーケンス TLV)

CR packets

条件付き受信ビット セットで送信されたパケットの数

ACKs suppresses

抑制される ACK パケットの数

Retransmissions

このインターフェイスでの再送信の数

Out-of-sequence rcvd

シーケンスから受信したパケットの数

Bandwidth percent

設定された帯域幅のパーセント

Authentication

認証モード

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip eigrp neighbors

EIGRP が検出したネイバーを表示します。

show ip eigrp neighbors

Enhanced IGRP(EIGRP)によって検出されたネイバーの情報を表示するには、 show ip eigrp neighbors コマンドを使用します。

show ip eigrp [ instance-tag ] [ vrf { vrf-name | * }] neighbors [ detail ] [ interface-type interface-instance ] [ static ]

 
シンタックスの説明

instance-tag

インスタンス タグは、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

vrf *

(任意)すべての VRF インスタンスを指定します。

detail

(任意)詳細な EIGRP ネイバー情報を表示します。

interface-type

(任意)インターフェイス タイプ。詳細については、疑問符( ? )オンライン ヘルプ機能を使用します。

interface-instance

(任意)物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンス。

instance を指定すると、ネイバーテーブルからこのインターフェイスを介して学習されたエントリをすべて削除します。

instance 引数の構文は、次のとおりです。

物理インターフェイス インスタンス。名前の表記は slot/port で、値の間のスラッシュ記号は表記の一部として必要です。

仮想インターフェイス インスタンス。番号の範囲はインターフェイス タイプによって異なります。

ルータ構文の詳細については、疑問符( ? )オンライン ヘルプ機能を使用します。

static

(任意)スタティック EIGRP インターフェイス情報を表示します。

 
デフォルト

VRF またはインターフェイスが指定されていない場合、このコマンドはすべてのインターフェイス上のデフォルトの VRF のすべてのネイバーを表示します。

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

ネイバーがアクティブになる、また非アクティブになるときを決定するには、 show ip eigrp neighbors コマンドを使用します。このコマンドは、転送問題の特定のタイプのデバッグにも役立ちます。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、EIGRP ネイバーに関する情報を表示する例を示します。

switch# show ip eigrp neighbors
 
IP-EIGRP Neighbors for process 77 vrf default
 
Address Interface Holdtime Uptime Q Seq SRTT RTO
(secs) (h:m:s) Count Num (ms) (ms)
 
192.0.2.28 e1/3 13 0:00:41 0 11 4 20
192.0.2.2 e4/4 14 0:02:01 0 10 12 24
 
switch#
 

表11 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表11 show ip eigrp neighbors フィールドの説明

フィールド
説明

process

ルータ コンフィギュレーション コマンドで指定された Autonomous System(AS; 自律システム)番号

vrf

VRF 名

Address

EIGRP ピアの IP アドレス

Interface

ルータがピアから hello パケットを受信するインターフェイス

Holdtime

ピアがダウンであると宣言するまでに、Cisco NX-OS oftware がピアからの受信を待機する時間(秒単位)。

Uptime

ローカル ルータがこのネイバーから最初に受信してからの経過時間(時間、分、秒単位)。

Q Count

ソフトウェアが送信を待機する EIGRP パケット(アップデート、クエリー、および応答)の数

Seq Num

このネイバーから受信した最後のアップデート、クエリー、または応答パケットのシーケンス番号

SRTT

smoothed round-trip time(SRTT)。このフィールドは、EIGRP パケットをこのネイバーに送信し、ローカル ルータがパケットの acknowledgment(ACK; 確認応答)を受信するのに必要なミリ秒数を示します。

RTO

再送信タイムアウト(ミリ秒単位)。このフィールドは、再送信キューからパケットをネイバーに再送信するまでソフトウェアが待機する時間を示します。

次に、EIGRP ネイバーに関する詳細な情報を表示する例を示します。

switch# show ip eigrp neighbors detail
 
IP-EIGRP neighbors for AS 1 vrf default
 
H Address Interface Hold Uptime SRTT RTO Q Seq
(sec) (ms) Cnt Num
0 192.0.2.10 e1/5 14 01:00:52 3 200 0 10
 
Version 12.4/1.2, Retrans: 0, Retries: 0, Prefixes: 3
 
switch#
 

表12 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表12 show ip eigrp neighbors detail フィールドの説明

フィールド
説明

Version

ノードおよびネイバーで稼働する EIGRP ソフトウェアのバージョン

Retrans:

このネイバーへの再送信の数

Retries:

最後の ACK 以降の、このネイバーへの再送信の数

Prefixes

このネイバーから学習したプレフィクスの数

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip eigrp neighbors

EIGRP のネイバーをクリアします。

show ip eigrp policy statistics

Enhanced IGRP(EIGRP)のポリシー統計情報を表示するには、任意のモードで show ip eigrp policy statistics コマンドを使用します。

show ip eigrp [ instance-tag ] [ vrf { vrf-name | * }] policy statistics redistribute { bgp id | direct | eigrp id | isis id | ospf id | rip id | static }

 
シンタックスの説明

instance-tag

インスタンス タグは、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

vrf *

(任意)すべての VRF インスタンスを指定します。

bgp

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)のポリシー統計情報を表示します。

direct

直接接続されたルートのポリシー統計情報のみを表示します。

eigrp

EIGRP のポリシー統計情報を表示します。

isis

IS-IS ルーティング プロトコルのポリシー統計情報を表示します。

ospf

OSPF プロトコルのポリシー統計情報を表示します。

rip

RIP のポリシー統計情報を表示します。

static

IP スタティック ルートのポリシー統計情報を表示します。

id

bgp キーワードは、Autonomous System(AS; 自律システム)番号です。2 バイトの番号の範囲は 1 ~ 65535 です。4 バイトの番号の範囲は 1.0 ~ 65535.65535 です。

eigrp キーワードは、ルートの再配布元である EIGRP インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

isis キーワードは、ルートの再配布元である IS-IS インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

ospf キーワードは、ルートの再配布元である OSPF インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

4.0(13

このコマンドは削除され、 show ip eigrp route-map statistics コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次に、EIGRP のポリシー統計情報を表示する例を示します。

switch(config)# show ip eigrp policy statistics redistribute direct
C: No. of comparisons, M: No. of matches
 
route-map rmap1 permit 1
 
Total accept count for policy: 10
Total reject count for policy: 0

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip eigrp policy statistics

EIGRP のポリシー統計情報をクリアします。

show ip eigrp traffic

EIGRP トラフィック統計情報を表示します。

show ip eigrp route-map statistics

Enhanced IGRP(EIGRP)のルート再配布統計情報を表示するには、任意のモードで show ip eigrp route-map statistics コマンドを使用します。

show ip eigrp [ instance-tag ] [ vrf { vrf-name | * }] route-map statistics redistribute { bgp id | direct | eigrp id | isis id | ospf id | rip id | static }

 
シンタックスの説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。インスタンス タグは、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

vrf *

(任意)すべての VRF インスタンスを指定します。

bgp

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)のポリシー統計情報を表示します。

direct

直接接続されたルートのポリシー統計情報のみを表示します。

eigrp

EIGRP のポリシー統計情報を表示します。

isis

IS-IS ルーティング プロトコルのポリシー統計情報を表示します。

ospf

OSPF プロトコルのポリシー統計情報を表示します。

rip

RIP のポリシー統計情報を表示します。

static

IP スタティック ルートのポリシー統計情報を表示します。

id

bgp キーワードは、Autonomous System(AS; 自律システム)番号です。2 バイトの番号の範囲は 1 ~ 65535 です。4 バイトの番号の範囲は 1.0 ~ 65535.65535 です。

eigrp キーワードは、ルートの再配布元である EIGRP インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

isis キーワードは、ルートの再配布元である IS-IS インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

ospf キーワードは、ルートの再配布元である OSPF インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(3)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、 show ip eigrp policy statistics コマンドから置き換えられました。このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次に、EIGRP のルート マップ統計情報を表示する例を示します。

switch(config)# show ip eigrp route-map statistics redistribute direct
C: No. of comparisons, M: No. of matches
 
route-map rmap1 permit 1
 
Total accept count for policy: 10
Total reject count for policy: 0

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip eigrp route-map statistics

EIGRP のルート マップ統計情報をクリアします。

show ip eigrp traffic

EIGRP トラフィック統計情報を表示します。

show ip eigrp topology

Enhanced IGRP(EIGRP)トポロジ テーブルを表示するには、 show eigrp topology コマンドを使用します。

show ip eigrp [ instance-tag ] [ vrf { vrf-name | * }] topology [ ip-address/length ] [ active | all-links | detail-links | pending | summary | zero-successors ]

 
シンタックスの説明

instance-tag

(任意)EIGRP のインスタンス。インスタンス タグは、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

vrf *

(任意)すべての VRF インスタンスを指定します。

ip-address/length

(任意)スラッシュ(/)と数字で表示されたネットワーク マスクを使用した、4 つの部分からなるドット付き 10 進表記の IP アドレス。たとえば、/8 は、マスクの最初の 8 ビットが 1 であり、アドレスの対応するビットはネットワーク アドレスであることを示します。

active

(任意)EIGRP トポロジ テーブルのアクティブ エントリのみを表示します。

all-links

(任意)EIGRP トポロジ テーブルのエントリをすべて表示します。

detail-links

(任意)EIGRP トポロジ テーブルのすべてのエントリの詳細な情報を表示します。

pending

(任意)ネイバーからアップデートを待機する、またはネイバーへの応答を待機する EIGRP トポロジ テーブルのすべてのエントリを表示します。

summary

(任意)EIGRP トポロジ テーブルのサマリーを表示します。

zero-successors

(任意)EIGRP トポロジ テーブルで使用可能なルートを表示します。

 
デフォルト

VRF が指定されていない場合、このコマンドはデフォルトの VRF の情報を表示します。

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

Diffusing Update Algorithm(DUAL; Diffusing アップデート アルゴリズム)ステートを判断し、DUAL 問題をデバッグするには、 show ip eigrp topology コマンドを使用します。

キーワードまたは引数を指定せずに show ip eigrp topology コマンドを使用すると、Cisco NX-OS はフィージブル サクセサであるルートのみを表示します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、EIGRP トポロジ テーブルを表示する例を示します。指定された内部ルートおよび外部ルートの EIGRP メトリックが表示されます。

switch# show ip eigrp topology 10.2.1.0/24
 
IP-EIGRP (AS 1): Topology entry for 192.0.2.0/24
State is Passive, Query origin flag is 1, 1 Successor(s), FD is 281600
Routing Descriptor Blocks:
192.0.2.22 (Ethernet 2/1), from 10.2.1.1, Send flag is 0x0
Composite metric is (409600/128256), Route is External
Vector metric:
Minimum bandwidth is 10000 Kbit
Total delay is 6000 microseconds
Reliability is 255/255
Load is 1/255
Minimum MTU is 1500
Hop count is 1
External data:
Originating router is 10.89.245.1
AS number of route is 0
External protocol is Connected, external metric is 0
Administrator tag is 0 (0x00000000)
switch#
 

次の例では、 all-links オプションを示します。

switch(config)# show ip eigrp topology all-links
IP-EIGRP Topology Table for AS(100)/ID(4.4.4.4) VRF default
 
Codes: P - Passive, A - Active, U - Update, Q - Query, R - Reply,
r - reply Status, s - sia Status
 
P 3.3.3.0/24, 1 successors, FD is 130816, serno 58
via 192.168.6.2 (130816/128256), Ethernet2/2
via 192.168.5.2 (153856/128256), Ethernet2/1
P 2.2.2.0/24, 1 successors, FD is 130816, serno 57
via 192.168.6.2 (130816/128256), Ethernet2/2
via 192.168.5.2 (153856/128256), Ethernet2/1
P 1.1.1.0/24, 1 successors, FD is 130816, serno 56
via 192.168.6.2 (130816/128256), Ethernet2/2
via 192.168.5.2 (153856/128256), Ethernet2/1
P 192.168.6.0/24, 1 successors, FD is 2816, serno 25
via Connected, Ethernet2/2
via 192.168.5.2 (26112/2816), Ethernet2/1
P 6.6.6.0/24, 1 successors, FD is 128256, serno 24
via Connected, loopback6
P 5.5.5.0/24, 1 successors, FD is 128256, serno 23
via Connected, loopback5
P 4.4.4.0(1)/24, 1 successors, FD is 128256, serno 16
via Connected, loopback4
P 192.168.5.0/24, 1 successors, FD is 25856, serno 1
via Connected, Ethernet2/1
via 192.168.6.2 (3072/2816), Ethernet2/2
 

次の例では、詳細を示します。

switch(config)# show ip eigrp topology detail-links
IP-EIGRP Topology Table for AS(100)/ID(4.4.4.4) VRF default
 
Codes: P - Passive, A - Active, U - Update, Q - Query, R - Reply,
r - reply Status, s - sia Status
 
P 3.3.3.0/24, 1 successors, FD is 130816, serno 58
via 192.168.6.2 (130816/128256), Ethernet2/2
via 192.168.5.2 (153856/128256), Ethernet2/1
P 2.2.2.0/24, 1 successors, FD is 130816, serno 57
via 192.168.6.2 (130816/128256), Ethernet2/2
via 192.168.5.2 (153856/128256), Ethernet2/1
P 1.1.1.0/24, 1 successors, FD is 130816, serno 56
via 192.168.6.2 (130816/128256), Ethernet2/2
via 192.168.5.2 (153856/128256), Ethernet2/1
P 192.168.6.0/24, 1 successors, FD is 2816, serno 25
via Connected, Ethernet2/2
via 192.168.5.2 (26112/2816), Ethernet2/1
P 6.6.6.0/24, 1 successors, FD is 128256, serno 24
via Connected, loopback6
P 5.5.5.0/24, 1 successors, FD is 128256, serno 23
via Connected, loopback5
P 4.4.4.0(1)/24, 1 successors, FD is 128256, serno 16
via Connected, loopback4
P 192.168.5.0/24, 1 successors, FD is 25856, serno 1
via Connected, Ethernet2/1
via 192.168.6.2 (3072/2816), Ethernet2/2
 

次の例では、トポロジ テーブルのサマリーを示します。

switch(config)# show ip eigrp topology summary
IP-EIGRP Topology Table for AS(100)/ID(4.4.4.4) VRF default
 
Head serial 1, next serial 59
8 routes, 0 pending replies, 0 dummies
IP-EIGRP(0) enabled on 5 interfaces, 2 neighbors present on 2 interfaces
Quiescent interfaces: Eth2/2 Eth2/1
 

次の例では、トポロジ テーブルのアクティブ エントリを示します。

switch(config-if)# show ip eigrp topology active
IP-EIGRP Topology Table for AS(101)/ID(80.86.2.3) VRF default
 
Codes: P - Passive, A - Active, U - Update, Q - Query, R - Reply,
r - reply Status, s - sia Status
 
A 8.3.2.0/24, 1 successors, FD is Inaccessible
1 replies, active 00:00:04, query-origin: Local origin
via Connected (Infinity/Infinity), loopback8
Remaining replies:
via 5.5.5.6, r, Ethernet2/6
 

次の例では、トポロジ テーブルのゼロ サクセサを示します。

switch(config-router)# show ip eigrp topology zero-successors
IP-EIGRP Topology Table for AS(101)/ID(10.1.48.4) VRF default
 
Codes: P - Passive, A - Active, U - Update, Q - Query, R - Reply,
r - reply Status, s - sia Status
 
P 10.1.49.0/24, 0 successors, FD is Inaccessible
via 5.5.5.5 (28416/28160), Ethernet2/6
 

次の例では、保留中のエントリを示します。

switch(config)# show ip eigrp topology pending
IP-EIGRP Topology Table for AS(100)/ID(1.1.1.1) VRF default
 
Codes: P - Passive, A - Active, U - Update, Q - Query, R - Reply,
r - reply Status, s - sia Status
 
P 6.6.6.0/24, 1 successors, FD is 130816, U
via 192.168.5.1 (130816/128256), Ethernet2/1
P 5.5.5.0/24, 1 successors, FD is 130816, U
via 192.168.5.1 (130816/128256), Ethernet2/1
P 4.4.4.0(1)/24, 1 successors, FD is 130816, U
via 192.168.5.1 (130816/128256), Ethernet2/1
P 8.8.8.0/24, 1 successors, FD is 130816, U
via 192.168.5.1 (130816/128256), Ethernet2/1
 

表13 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表13 show ip eigrp topology フィールドの説明

フィールド
説明

Query origin

クエリーの origin ステート

Successors

このプレフィクスのフィージブル サクセサの数

FD

このプレフィクスのフィージブル ディスタンス

10.2.1.1(Gi0/0)

このパスが学習されたネクストホップとインターフェイス

from 10.2.1.1

このパスの情報送信元

Send flag

このネイバーへのこのプレフィクスの送信が中断されているかどうかの状態

Composite metric is...

最初の番号は、宛先へのコストを示す EIGRP メトリックです。2 番めの番号は、このピアがアドバタイズした EIGRP メトリックです

Route is

ルート タイプ(内部または外部)

Vector Metric

ネイバーによってアドバタイズされたメトリック(帯域幅、遅延、信頼性、負荷、MTU、およびホップ カウント)

External Data

ネイバーによってアドバタイズされた外部情報(発信元ルータ ID、AS 番号、外部プロトコル、メトリック、およびタグ)

show ip eigrp traffic

送受信される Enhanced IGRP(EIGRP)パケットの数を表示するには、 show ip eigrp traffic コマンドを使用します。

show ip eigrp [ instance-tag ] [ vrf { vrf-name | * }] traffic

 
シンタックスの説明

instance-tag

(任意)EIGRP のインスタンス。インスタンス タグは、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

vrf *

(任意)すべての VRF インスタンスを指定します。

 
デフォルト

VRF が指定されていない場合、このコマンドはデフォルトの VRF の情報を表示します。

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

この EIGRP インスタンスによって送受信されたパケットの数を確認するには、 show ip eigrp traffic コマンドを使用します。

さらに、このコマンドは、接続問題または設定問題によって、1 つのノードからのパケットが隣接ノードに到達していないかどうか判断するのに役立ちます。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、EIGRP トラフィック統計情報を表示する例を示します。

switch# show ip eigrp traffic
 
IP-EIGRP Traffic Statistics for AS 1 vrf default
 
Hellos sent/received: 736/797
Updates sent/received: 6/6
Queries sent/received: 0/1
Replies sent/received: 1/0
Acks sent/received: 6/6
Input queue high water mark 0, 0 drops
SIA-Queries sent/received: 0/0
SIA-Replies sent/received: 0/0
 

表14 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表14 show eigrp traffic フィールドの説明

フィールド
説明

AS 1

router eigrp コマンドで指定された Autonomous System(AS; 自律システム)番号

vrf default

show コマンドで指定された VRF

Hellos sent/received:

送受信された hello パケットの数

Updates sent/received:

送受信されたアップデート パケットの数

Queries sent/received:

送受信されたクエリー パケットの数

Replies sent/received:

送受信された応答パケットの数

Acks sent/received:

送受信された acknowledgment(ACK; 確認応答)パケットの数

Input queue high water mark

入力キューのパケットの最大数とドロップの数

SIA-Queries sent/received

送受信された Stuck-in-Active クエリー パケットの数

SIA-Replies sent/received:

送受信された Stuck-in-Active 応答パケットの数

show ip fib

転送情報を表示するには、 show ip fib コマンドを使用します。

show ip fib { adjacency | interfaces | route } module slot

 
シンタックスの説明

adjacency

隣接情報を示します。

interfaces

モジュール上のインターフェイスの転送情報を示します。

route

(任意)モジュール上のルートの転送情報を示します。

module slot

モジュールの情報を示します。スロット範囲は、ハードウェア プラットフォームによって異なります。

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

モジュールで転送情報を表示するには、スーパーバイザで show ip fib コマンドを使用します。任意で attach module コマンドを使用してモジュールを接続し、モジュールで show ip fib コマンドを使用できます。

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、モジュール 2 の転送情報を示します。

switch# show ip fib route module 2
 
IPv4 routes for table default/base
 
------------------+------------------+---------------------
Prefix | Next-hop | Interface
------------------+------------------+---------------------
0.0.0.0/32 Drop Null0
255.255.255.255/32 Receive sup-eth1

 
関連コマンド

コマンド
説明

show forwarding

FIB に関する情報を示します。

show ip fib distribution

転送分散情報を表示するには、 show ip fib distribution コマンドを使用します。

show ip fib distribution [ clients | state ]

 
シンタックスの説明

clients

(任意)ユニキャスト クライアントの転送分散情報を示します。

state

(任意)ユニキャスト FIB の転送分散ステートを示します。

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、ユニキャスト クライアントの転送情報を示します。

switch# show ip fib distribution clients
 
id pid shmem-start shmem-end shmem-name
-- ----- ----------- --------- ----------
1 3646 0x64f70120 0x64fc0000 u6rib-ufdm
2 3647 0x64b50120 0x64d50000 urib-ufdm

 
関連コマンド

コマンド
説明

show forwarding distribution

FIB に関する分散情報を示します。

show ip interface

インターフェイスの IP 情報を表示するには、 show ip interface コマンドを使用します。

show ip interface [ type number ] [ brief ][ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

type

(任意)インターフェイス タイプ。オプションを表示するには、 ? を使用します。

number

(任意)インターフェイス番号。範囲を表示するには、 ? を使用します。

brief

(任意)IP 情報のサマリーを表示します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、インターフェイス Ethernet 2/1 の IP 情報を示します。

switch# show ip interface ethernet 2/1
Ethernet2/1, Interface status: protocol-down/link-down/admin-down, iod: 80,
IP VRF context: "default"
IP address: 192.0.2.1, IP subnet: 192.0.0.0/8
IP broadcast address: 255.255.255.255
IP multicast groups locally joined: none
IP MTU: 1500 bytes (using link MTU)
IP primary address route-preference: 0, tag: 0
IP proxy ARP : disabled
IP Local Proxy ARP : disabled
IP multicast routing: disabled
IP icmp redirects: enabled
IP directed-broadcast: disabled
IP icmp unreachables (except port): disabled
IP icmp port-unreachable: enabled
IP RP inbound packet-filtering policy: none
IP RP outbound packet-filtering policy: none
IP inbound packet-filtering policy: none
IP outbound packet-filtering policy: none
IP unicast reverse path forwarding: none
IP unicast reverse path forwarding fail policy: none
IP interface statistics last reset: never
IP interface software stats: (sent/received/forwarded/originated/consumed)
Unicast packets : 0/0/0/0/0
Unicast bytes : 0/0/0/0/0
Multicast packets : 0/0/0/0/0
Multicast bytes : 0/0/0/0/0
Broadcast packets : 0/0/0/0/0
Broadcast bytes : 0/0/0/0/0
Labeled packets : 0/0/0/0/0
Labeled bytes : 0/0/0/0/0
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 interface

インターフェイスの IPv6 情報を表示します。

show ip load-sharing

IP ロード シェアリング情報を表示するには、 show ip load-sharing コマンドを使用します。

show ip load-sharing

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、IP ロード シェアリング情報を示します。

switch# show ip load-sharing
IPv4/IPv6 ECMP load sharing:
Universal-id (Random Seed): 2823428857
Load-share mode : address source-destination port source-destination Broadcast bytes : 0/0/0/0/0
Labeled packets : 0/0/0/0/0
Labeled bytes : 0/0/0/0/0

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip load-sharing

IP ロード シェアリングを表示します。

show ip mbgp

Multiprotocol Border Gateway Protocol(MBGP)テーブルのエントリを表示するには、 show ip mbgp コマンドを使用します。

show ip mbgp [ p-addr | ip-prefix [ longer-prefixes ]] [ received-paths ] [ regexp expression ] [ route-map map-name ] [ summary ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

ip-addr

(任意)MBGP ルート テーブルからのネットワーク。フォーマットは、x.x.x.x です。

ip-prefix

(任意)MBGP ルート テーブルからのプレフィクス。フォーマットは、x.x.x.x/length です。

longer-prefixes

(任意)プレフィクスと特定のルートを示します。

received-paths

(任意)ソフト リコンフィギュレーション用に保存されたパスを表示します。

regexp expression

(任意)正規表現と一致する情報を表示します。

route-map map-name

(任意)ルート マップと一致するルートを表示します。マップ名は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

summary

(任意)ルートのサマリーを表示します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、MBGP ルート テーブルを示します。

switch(config-router)# show ip mbgp
BGP routing table information for VRF default, address family IPv4 Multicast

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip mbgp

MBGP ルート テーブルのエントリをクリアします。

show ip mbgp community

コミュニティと一致する Multiprotocol Border Gateway Protocol(MBGP)ルートを表示するには、 show ip mbgp community コマンドを使用します。

show ip mbgp community [ as-number ] [ internet ] [ no-advertise ] [ no-export ] [ no-export-subconfed ] [ exact-match ]} [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

as-number

AS 番号。AS 番号は、<上位 16 ビットの 10 進数>.<下位 16 ビットの 10 進数> 形式の 16 ビットの整数または 32 ビットの整数です。

internet

(任意)インターネット コミュニティを表示します。

no-advertise

(任意)no-advertise コミュニティを表示します。

no-export

(任意)no-export コミュニティを表示します。

no-export-subconfed

(任意)no-export-subconfed コミュニティを表示します。

exact-match

(任意)コミュニティの完全一致を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、コミュニティと一致するルートを示します。

switch(config)# show ip mbgp community

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip community-list

コミュニティ リストを作成します。

show ip mbgp community-list

コミュニティ リストと一致する Multiprotocol Border Gateway Protocol(MBGP)ルートを表示するには、 show ip mbgp community-list コマンドを使用します。

show ip mbgp community-list commlist-name [ exact-match ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

commlist-name

コミュニティ リストの名前。commlist-name は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

exact-match

(任意)コミュニティの完全一致を表示します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、コミュニティ リストと一致するルートを示します。

switch(config)# show ip mbgp community-list test1

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip community-list

コミュニティ リストを作成します。

show ip mbgp dampening

Multiprotocol Border Gateway Protocol(MBGP)ダンプニング情報を表示するには、 show ip mbgp dampening コマンドを使用します。

show ip mbgp dampening { dampened-paths [ regexp expression ] | flap-statistics | history-paths [ regexp expression ] | parameters } [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

ipv4

(任意)IPv4 アドレス ファミリの MBGP 情報を示します。

ipv6

(任意)IPv4 アドレス ファミリの MBGP 情報を示します。

unicast

ユニキャスト アドレス ファミリの MBGP 情報を示します。

multicast

マルチキャスト アドレス ファミリの MBGP 情報を示します。

all

(任意)すべてのアドレス ファミリの MBGP 情報を示します。

dampened-paths

ダンプニングされたパスをすべて表示します。

regexp expression

(任意)正規表現と一致する情報を表示します。

flap-statistics

ルートの統計情報を表示します。

history-paths

履歴パスをすべて表示します。

parameters

ダンプニング パラメータをすべて表示します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、ダンプニング情報を示します。

switch(config)# show ip mbgp dampening dampened-paths

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 bgp dampening

BGP ダンプニング情報を表示します。

show ip mbgp filter-list

フィルタ リストと一致する Multiprotocol Border Gateway Protocol(MBGP)ルートを表示するには、 show ip mbgp filter-list コマンドを使用します。

show ip m bgp filter-list list-name [ exact-match ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

list-name

フィルタ リストの名前。commlist-name は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

exact-match

(任意)フィルタの完全一致を表示します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、フィルタ リストと一致するルートを示します。

switch(config)# show ip mbgp filter-list test1

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 bgp filter-list

フィルタ リストと一致する BGP ルートを表示します。

show ip mbgp flap-statistics

Multiprotocol Border Gateway Protocol(MBGP)フラップ統計情報を表示するには、 show ip mbgp flap-statistics コマンドを使用します。

show ip mbgp flap-statistics [ prefix ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

prefix

(任意)IPv6 プレフィクス。フォーマットは、x.x.x.x/length です。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、フラップ統計情報を示します。

switch(config)# show ip mbgp flap-statistics

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 bgp

BGP 情報を表示します。

show ip mbgp history-paths

Multiprotocol Border Gateway Protocol(MBGP)履歴パスを表示するには、 show ip mbgp history-paths コマンドを使用します。

show ip mbgp history-paths [ regexp expression ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

regexp expression

(任意)正規表現と一致する情報を表示します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、BGP 履歴パス情報を示します。

switch(config)# show ip mbgp history-paths

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 bgp history-paths

BGP 履歴パス情報を表示します。

show ip mbgp neighbors

Multiprotocol Border Gateway Protocol(MBGP)ネイバーを表示するには、 show ip mbgp neighbors コマンドを使用します。

show ip mbgp neighbors [ addr | prefix ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

addr

IPv4 アドレス。フォーマットは、x.x.x.x です。

prefix

(任意)IPv4 プレフィクス。フォーマットは、x.x.x.x/length です。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、MBGP ネイバーを示します。

switch(config)# show ip mbgp neighbors

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 bgp neighbors

BGP 情報を表示します。

show ip bgp nexthop

Multiprotocol Border Gateway Protocol(MBGP)ネクストホップ情報を表示するには、 show ip mbgp nexthop コマンドを使用します。

show ip mbgp nexthop addr [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

addr

IPv4 アドレス。フォーマットは、x.x.x.x です。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、BGP ネクストホップ情報を示します。

switch(config)# show ip mbgp nexthop 192.0.2.1

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 bgp nexhop

BGP 情報を表示します。

show ip mbgp nexthop-database

Multiprotocol Border Gateway Protocol(MBGP)ネクストホップ データベースを表示するには、 show ip mbgp nexthop-database コマンドを使用します。

show ip mbgp nexthop-database [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、BGP ネクストホップ データベースを示します。

switch(config)# show ip mbgp nexthop-database

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 bgp nexhop-database

BGP 情報を表示します。

show ip mbgp prefix-list

プレフィクス リストと一致する Multiprotocol Border Gateway Protocol(MBGP)ルートを表示するには、 show ip mbgp prefix-list コマンドを使用します。

show ip mbgp prefix-list list-name [ exact-match ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

list-name

プレフィクス リストの名前。commlist-name は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

exact-match

(任意)フィルタの完全一致を表示します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、プレフィクス リストと一致するルートを示します。

switch(config)# show ip mbgp prefix-list test1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 bgp prefix-list

プレフィクス リストと一致する BGP ルートを表示します。

show ip ospf

OSPF ルーティング インスタンスに関する一般情報を表示するには、 show ip ospf コマンドを使用します。

show ip ospf [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。特定の OSPF インスタンスに関する OSPF 情報を表示するのにこのタグを使用します。 instance-tag 引数は、任意の英数字文字列です。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

1 つまたは複数の OSPF インスタンスに関する情報を表示するには、 show ip ospf コマンドを使用します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、特定の 1 つの OSPF インスタンスに関する情報を表示する例を示します。

switch# show ip ospf 201
Routing Process 201 with ID 192.0.2.15 vrf default
Stateful High Availability enabled
Graceful-restart is configured
Notify period: 15, grace period: 60, state: Inactive
Last graceful restart exit status: (null)
Supports only single TOS(TOS0) routes
Supports opaque LSA
Reference Bandwidth is 40000 Mbps
Initial SPF schedule delay 200.000 msecs,
minimum inter SPF delay of 1000.000 msecs,
maximum inter SPF delay of 5000.000 msecs
Minimum hold time for Router LSA throttle 5000.000 ms
Minimum hold time for Network LSA throttle 5000.000 ms
Minimum LSA arrival 1000.000 msec
Maximum paths to destination 8
Number of external LSAs 0, checksum sum 0
Number of opaque AS LSA 0, checksum sum 0
Number of areas is 2, 2 normal, 0 stub, 0 nssa
Number of active areas is 0, 0 normal, 0 stub, 0 nssa
Area BACKBONE(0) (Inactive)
Area has existed for 1w0d
Interfaces in this area: 1 Active interfaces: 0
No authentication available
SPF calculation has run 3 times
Last SPF ran for 0.000132s
Area ranges are
Number of LSAs: 0, checksum sum 0
Area (10) (Inactive)
Area has existed for 1w0d
Interfaces in this area: 1 Active interfaces: 0
No authentication available
SPF calculation has run 3 times
Last SPF ran for 0.000035s
Area ranges are
Number of LSAs: 0, checksum sum 0
 

表15 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表15 show ip ospf フィールドの説明

フィールド
説明

Routing Process...

OSPF インスタンス タグおよび OSPF ルータ ID

Stateful High Availability

ステートフル再起動機能のステータス

Graceful-restart

グレースフル リスタート設定のステータス

grace period

OSPF がグレースフル リスタートを開始する必要がある秒数

Last graceful restart exit status

最後のグレースフル リスタートの終了ステータス

Supports...

サポートされるサービス タイプの数(タイプ 0 のみ)

Reference Bandwidth

コスト計算に使用する帯域幅

Initial SPF schedule delay

SPF 計算の遅延時間

Minimum LSA arrival

Link-State Advertisement(LSA; リンクステート アドバタイズメント)の間の最小時間

Number of...

受信した LSA の数およびタイプ

Number of areas is...

ルータ用に設定されたエリアの数およびタイプ

show ip ospf border-routers

Area Border Router(ABR; エリア境界ルータ)および Autonomous System Boundary Router(ASBR; 自律システム境界ルータ)に対して、OSPF ルーティング テーブル エントリを表示するには、 show ip ospf border-routers コマンドを使用します。

show ip ospf [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] border-routers

 
シンタックスの説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。特定の OSPF インスタンスに関する OSPF 情報を表示するのにこのタグを使用します。 instance-tag 引数は、任意の英数字文字列です。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

ABR および ASBR に関する情報を表示するには、 show ip ospf border-routers コマンドを使用します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、境界ルータに関する情報を表示する例を示します。

switch# show ip ospf border-routers
 
OSPF Process ID p1, vrf default Internal Routing Table
Codes: i - Intra-area route, I - Inter-area route
 
i 40.40.40.40 [10], ABR, Area 0.0.0.0, SPF 71 via
192.0.2.1, Ethernet2/1
i 60.60.60.60 [20], ABR, Area 0.0.0.0, SPF 71 via
192.0.2.1, Ethernet2/1
i 40.40.40.40 [10], ABR, Area 0.0.0.1, SPF 71 via
192.0.2.1, Ethernet2/2
i 60.60.60.60 [20], ABR, Area 0.0.0.1, SPF 71 via
192.0.2.1, Ethernet2/2
 

表16 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表16 show ip ospf border-routers フィールドの説明

フィールド
説明

40.40.40.40

宛先のルータ ID

[10]

このルートを使用するコスト

ABR

宛先のルータ タイプ。タイプは ABR、ASBR、または両方です。

Area

このルートが学習されたエリアのエリア ID

SPF 71

このルートをインストールする Shortest Path First(SPF)計算の内部番号

via 192.0.2.1

宛先に対するネクストホップ

Ethernet2/1

発信インターフェイスのインターフェイス タイプ

show ip ospf database

特定のルータの OSPF データベースを表示するには、 show ip ospf database コマンドを使用します。

show ip ospf [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] database [ area-id ] [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ]

show ip ospf [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] database asbr-summary [ area-id ] [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ]

show ip ospf [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] database database-summary

show ip ospf [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] database external [ ext_tag value ] [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ]

show ip ospf [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] database network [ area-id ] [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ]

show ip ospf [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] database nssa-external [ area-id ] [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ]

show ip ospf [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] database opaque-area [ area-id ] [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ]

show ip ospf [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] database opaque-as [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ]

show ip ospf [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] database opaque-link [ area-id ] [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ]

show ip ospf [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] database router [ area-id ] [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ]

show ip ospf [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] database summary [ area-id ] [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ]

 
シンタックスの説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。英数字文字列で指定します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

area-id

(任意)特定のエリアを定義するのに使用するエリア番号。IP アドレスまたは番号(0 ~ 4294967295)のいずれかで指定します。

link-state-id

(任意)アドバタイズメントによって説明されるインターネット環境の部分。入力した値は、アドバタイズメントのリンクステート タイプによって異なります。IP アドレスの形式で指定します。

adv-router ip-address

(任意)指定されたルータのすべての Link-State Advertisement(LSA; リンクステート アドバタイズメント)を表示します。

self-originate

(任意)自動送信 LSA(ローカル ルータから)を表示します。

asbr-summary

(任意)Autonomous System Boundary Router(ASBR; 自律システム境界ルータ)サマリー LSA に関する情報を表示します。

database-summary

(任意)データベースの各エリアの各 LSA タイプと、LSA の総数を表示します。

external

(任意)外部 LSA に関する情報を表示します。

ext_tag value

(任意)外部タグに基づいた情報を表示します。範囲は 1 ~ 4294967295 です。

network

(任意)ネットワーク LSA に関する情報を表示します。

nssa-external

(任意)Not-So-Stubby Area(NSSA)外部 LSA に関する情報を表示します。

opaque-area

(任意)不透明なエリア LSA に関する情報を表示します。

opaque-as

(任意)不透明な AS LSA に関する情報を表示します。

opaque-link

(任意)不透明なリンクローカル LSA に関する情報を表示します。

router

(任意)ルータ LSA に関する情報を表示します。

summary

(任意)集約 LSA に関する情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

異なる OSPF LSA に関する情報を表示するには、 ip ospf database コマンドを使用します。

LSA がネットワークを説明する場合、 link-state-id 引数は次のいずれかの形式を使用します。

ネットワークの IP アドレス(タイプ 3 要約リンク アドバタイズメントおよび Autonomous System [AS; 自律システム] 外部リンク アドバタイズメントなど)

リンク ステート ID から取得したアドレス(ネットワーク リンク アドバタイズメントのリンク ステート ID にネットワークのサブネット マスクをマスキングすると、ネットワークの IP アドレスを作成します)

LSA がルータを説明する場合、リンク ステート ID は常に説明されたルータの OSPF ルータ ID になります。

AS 外部アドバタイズメント(LS タイプ = 5)がデフォルトのルートを説明する場合、そのリンク ステート ID はデフォルトの宛先(0.0.0.0)に設定されます。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、OSPF データベースを表示する例を示します。

Router# show ip ospf database
 
OSPF Router with ID (50.50.50.50) (Process ID p1)
 
Router Link States (Area 0)
 
Link ID ADV Router Age Seq# Checksum Link Count
40.40.40.40 40.40.40.40 930 0x80000004 0x2ea1 3
50.50.50.50 50.50.50.50 935 0x80000002 0x8b52 1
60.60.60.60 60.60.60.60 943 0x800003c5 0x9854 2
 
Network Link States (Area 0)
 
Link ID ADV Router Age Seq# Checksum
209.165.201.3 60.60.60.60 944 0x80000001 0x7179
192.0.2.1 50.50.50.50 935 0x80000001 0x516a
 
Summary Network Link States (Area 0)
 
Link ID ADV Router Age Seq# Checksum
209.165.201.1 40.40.40.40 929 0x80000001 0x2498
209.165.201.1 50.50.50.50 928 0x80000001 0x5b2f
209.165.201.1 60.60.60.60 1265 0x800003c3 0xf49b
192.0.2.0 40.40.40.40 943 0x80000001 0x53f3
192.0.2.0 50.50.50.50 935 0x80000001 0x26f8
192.0.2.0 60.60.60.60 930 0x80000001 0x7b51
 

表17 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表17 show ip ospf database フィールドの説明

フィールド
説明

Link ID

ルータ ID 番号

ADV Router

アドバタイズ ルータの ID

Age

リンク ステート経過時間

Seq#

リンク ステート シーケンス番号(以前の、または重複した LSA を検出します)

Checksum

LSA の内容全体のチェックサム

Link count

ルータ用に検出されたインターフェイスの数

次に、ASBR のサマリーを表示する例を示します。

Router# show ip ospf database asbr-summary
 
OSPF Router with id(192.168.239.66) (Process ID 300)
 
Displaying Summary ASB Link States(Area 0.0.0.0)
 
LS age: 1463
Options: (No TOS-capability)
LS Type: Summary Links(AS Boundary Router)
Link State ID: 172.16.245.1 (AS Boundary Router address)
Advertising Router: 172.16.241.5
LS Seq Number: 80000072
Checksum: 0x3548
Length: 28
Network Mask: 0.0.0.0 TOS: 0 Metric: 1
 

表18 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表18 show ip ospf database asbr-summary フィールドの説明

フィールド
説明

OSPF Router with id

ルータ ID 番号

Process ID

OSPF プロセス ID

LS age

リンク ステート経過時間

Options

サービス オプションのタイプ(タイプ 0 のみ)

LS Type

リンク ステート タイプ

Link State ID

リンク ステート ID(ASBR)

Advertising Router

アドバタイズ ルータの ID

LS Seq Number

リンク ステート シーケンス(以前の、または重複した LSA を検出します)

Checksum

LSA の内容全体のチェックサム

Length

LSA の長さ(バイト単位)

Network Mask

実行されたネットワーク マスク

TOS

Type of Service(ToS; タイプ オブ サービス)

Metric

リンク ステート メトリック

次に、外部リンクに関する情報を表示する例を示します。

Router# show ip ospf database external
 
OSPF Router with id(192.168.239.66) (Autonomous system 300)
 
Displaying AS External Link States
 
LS age: 280
Options: (No TOS-capability)
LS Type: AS External Link
Link State ID: 10.105.0.0 (External Network Number)
Advertising Router: 172.16.70.6
LS Seq Number: 80000AFD
Checksum: 0xC3A
Length: 36
Network Mask: 255.255.0.0
Metric Type: 2 (Larger than any link state path)
TOS: 0
Metric: 1
Forward Address: 0.0.0.0
External Route Tag: 0
 

表19 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表19 show ip ospf database external フィールドの説明

フィールド
説明

OSPF Router with id

ルータ ID 番号

Autonomous system

OSPF AS 番号(OSPF プロセス ID)

LS age

リンク ステート経過時間

Options

サービス オプションのタイプ(タイプ 0 のみ)

LS Type

リンク ステート タイプ

Link State ID

リンク ステート ID(外部ネットワーク番号)

Advertising Router

アドバタイズ ルータの ID

LS Seq Number

リンク ステート シーケンス番号(以前の、または重複した LSA を検出します)

Checksum

LSA の内容全体のチェックサム

Length

LSA の長さ(バイト単位)

Network Mask

実行されたネットワーク マスク

Metric Type

外部タイプ

TOS

ToS

Metric

リンク ステート メトリック

Forward Address

転送アドレス。アドバタイズされた宛先へのデータ トラフィックは、このアドレスに転送されます。転送アドレスが 0.0.0.0 に設定されている場合、データ トラフィックは代わりにアドバタイズメントの発信元に転送されます。

External Route Tag

外部ルート タグ。外部ルートごとに付加された 32 ビットのフィールド。このフィールドは、OSPF プロトコルには使用されません。

次に、OSPF データベースのサマリーを表示する例を示します。

Router# show ip ospf database database-summary
 
OSPF Router with ID (100.0.0.1) (Process ID 1)
 
Area 0 database summary
LSA Type Count Delete Maxage
Router 3 0 0
Network 0 0 0
Summary Net 0 0 0
Summary ASBR 0 0 0
Type-7 Ext 0 0 0
Self-originated Type-7 0
Opaque Link 0 0 0
Opaque Area 0 0 0
Subtotal 3 0 0
 
Process 1 database summary
LSA Type Count Delete Maxage
Router 3 0 0
Network 0 0 0
Summary Net 0 0 0
Summary ASBR 0 0 0
Type-7 Ext 0 0 0
Opaque Link 0 0 0
Opaque Area 0 0 0
Type-5 Ext 0 0 0
Self-originated Type-5 200
Opaque AS 0 0 0
Total 203 0 0
 

表20 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表20 show ip ospf database database-summary フィールドの説明

フィールド
説明

Area 0 database summary

エリア番号

Count

最初のカラムで特定されたタイプの LSA の数

Router

そのエリアのルータ LSA の数

Network

そのエリアのネットワーク LSA の数

Summary Net

そのエリアの要約 LSA の数

Summary ASBR

そのエリアの要約 ASBR LSA の数

Type-7 Ext

タイプ 7 LSA の数

Self-originated Type-7

自動送信タイプ 7 LSA

Opaque Link

タイプ 9 LSA の数

Opaque Area

タイプ 10 LSA の数

Subtotal

そのエリアの LSA の合計

Delete

そのエリアで「Deleted」とマークされた LSA の数

Maxage

そのエリアで「Maxaged」とマークされた LSA の数

Process 1 database summary

プロセスのデータベース サマリー

Count

最初のカラムで特定されたタイプの LSA の数

Router

そのプロセスのルータ LSA の数

Network

そのプロセスのネットワーク LSA の数

Summary Net

そのプロセスのサマリー LSA の数

Summary ASBR

そのプロセスの要約 ASBR LSA の数

Type-7 Ext

タイプ 7 LSA の数

Opaque Link

タイプ 9 LSA の数

Opaque Area

タイプ 10 LSA の数

Type-5 Ext

タイプ 5 LSA の数

Self-Originated Type-5

自動送信タイプ 5 LSA の数

Opaque AS

タイプ 11 LSA の数

Total

そのプロセスの LSA の合計

show ip ospf interface

OSPF 関連のインターフェイス情報を表示するには、 show ip ospf interface コマンドを使用します。

show ip ospf interface [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] [ interface - type interface-number ] [ brief ]

 
シンタックスの説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。英数字文字列で指定します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

interface-type

(任意)インターフェイス タイプ。 interface-type 引数が含まれる場合、指定されたインターフェイス タイプの情報のみが含まれます。ヘルプ機能で、この引数で使用可能なオプションを表示するには、CLI で ? を入力します。

interface-number

(任意)インターフェイス番号。 interface-number 引数が含まれる場合、指定されたインターフェイス番号の情報のみが含まれます。ヘルプ機能で、この引数で使用可能なオプションを表示するには、CLI で ? を入力します。

brief

(任意)ルータ上の OSPF インターフェイス、ステート、アドレス、マスク、およびエリアの概要情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

インターフェイスの OSPF ステータスを表示するには、 show ip ospf interface コマンドを使用します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、インターフェイス Ethernet 1/2 の OSPF 情報を表示する例を示します。

switch# show ip ospf interface ethernet 1/2
Ethernet1/2 is up, line protocol is up
IP address 192.0.2.1, Process ID 201 vrf default, area 10
State UP, Network type BROADCAST, cost 65535
Index 2, Transmit delay 1 sec, Router Priority 1
No designated router on this network
No backup designated router on this network
0 Neighbors, flooding to 0, adjacent with 0
Timer intervals: Hello 10, Dead 40, Wait 40, Retransmit 5
Simple authentication
Number of link LSAs: 0, checksum sum 0
 

表21 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表21 show ip ospf interface フィールドの説明

フィールド
説明

Ethernet

プロトコルの物理リンクのステータスおよび動作ステータス

IP Address

インターフェイス IP アドレス、サブネット マスク、およびエリア アドレス

vrf

VRF インスタンス

Transmit Delay

転送遅延、インターフェイス ステート、およびルータ プライオリティ

designated router

代表ルータ ID およびインターフェイス IP アドレス

backup designated router

バックアップ代表ルータ ID およびインターフェイス IP アドレス

Timer intervals

タイマー間隔の設定

Hello

次の hello パケットをこのインターフェイスに送信するまでの秒数

show ip ospf lsa-content-changed-list

変更された内容のあるすべての Link-State Advertisement(LSA; リンクステート アドバタイズメント)のリストを表示するには、 show ip ospf lsa-content-changed-list コマンドを使用します。

show ip ospf lsa-content-changed-list neighbor-id interface-type interface-number

 
シンタックスの説明

neighbor id

ネイバーのルータ ID

interface-type

(任意)インターフェイス タイプ。 interface-type 引数が含まれる場合、指定されたインターフェイス タイプの情報のみが含まれます。ヘルプ機能で、この引数で使用可能なオプションを表示するには、CLI で ? を入力します。

interface-number

(任意)インターフェイス番号。 interface-number 引数が含まれる場合、指定されたインターフェイス番号の情報のみが含まれます。ヘルプ機能で、この引数で使用可能なオプションを表示するには、CLI で ? を入力します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、イーサネット 2/1 用に変更された LSA のリストを表示する例を示します。

Router# show ip ospf lsa-content-changed-list 192.0.2.2 ethernet 2/1

表22 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表22 show ip ospf lsa-content-changed-list フィールドの説明

フィールド
説明

show ip ospf memory

OSPF プロトコルのメモリ使用統計情報を表示するには、 show ip ospf memory コマンドを使用します。

show ip ospf memory

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

4.0(3)

このコマンドは削除されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、OSPF のメモリ統計情報を表示する例を示します。

Router# show ip ospf memory
OSPF Process ID sd, Memory statistics
Process memory: 2096 KB
Byte usage: needed 0, overhead 192, using 192 bytes
Allocations: current 6, created 6, failed 0, free 0
Bitfields: current 30, created 30, failed 0, free 0, using 248010 bytes
Slabs: current 2, created 2, failed 0, free 0, using 80 bytes
Index failure: Interface 0, Neighbor 0
 
Slab Memory
OSPF vertex slab
Alloc 1, max allocs 1, total allocs 1, total frees 0
Total block allocs 1, total block frees 0, max blocks 1
Bytes (size/allocated) 68/69720
OSPF IPv4 prefix routes slab
Alloc 0, max allocs 0, total allocs 0, total frees 0
Total block allocs 0, total block frees 0, max blocks 0
Bytes (size/allocated) 188/64
OSPF router routes slab
Alloc 0, max allocs 0, total allocs 0, total frees 0
Total block allocs 0, total block frees 0, max blocks 0
Bytes (size/allocated) 100/64
OSPF IPv4 next-hops slab
Alloc 1, max allocs 1, total allocs 1, total frees 0
Total block allocs 1, total block frees 0, max blocks 1
Bytes (size/allocated) 32/262232
 

show ip ospf neighbors

インターフェイス単位で OSPF ネイバー情報を表示するには、 show ip ospf neighbor コマンドを使用します。

show ip ospf [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] neighbors [ interface - type interface-number ] [ neighbor-id ] [ detail ] [ summary ]

 
シンタックスの説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。英数字文字列で指定します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

area-id

(任意)特定のエリアを定義するのに使用するエリア番号。IP アドレスまたは番号(0 ~ 4294967295)で指定します。

interface-type

(任意)インターフェイス タイプ。 interface-type 引数が含まれる場合、指定されたインターフェイス タイプの情報のみが含まれます。ヘルプ機能で、この引数で使用可能なオプションを表示するには、CLI で ? を入力します。

interface-number

(任意)インターフェイス番号。 interface-number 引数が含まれる場合、指定されたインターフェイス番号の情報のみが含まれます。ヘルプ機能で、この引数で使用可能なオプションを表示するには、CLI で ? を入力します。

neighbor-id

(任意)ネイバーのルータ ID。IP アドレスを指定します。

detail

(任意)特定のすべてのネイバーを詳細に表示します(すべてのネイバーを表示します)。

summary

(任意)ネイバーのサマリーを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

この OSPF インスタンスのすべての、または一部のネイバーに関する情報を表示するには、 show ip ospf neighbors コマンドを使用します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、ネイバー ID と一致するネイバーに関するサマリー情報を表示する例を示します。

Router# show ip ospf neighbors 10.199.199.137
 
Neighbor 10.199.199.137, interface address 192.0.2.37
In the area 0.0.0.0 via interface Ethernet2/1
Neighbor priority is 1, State is FULL
Options 2
Dead timer due in 0:00:32
Link State retransmission due in 0:00:04
Neighbor 10.199.199.137, interface address 209.165.201.189
In the area 0.0.0.0 via interface Ethernet4/3
Neighbor priority is 5, State is FULL
Options 2
Dead timer due in 0:00:32
Link State retransmission due in 0:00:03
 

次に、インターフェイスのネイバー ID と一致するネイバーを表示する例を示します。

Router# show ip ospf neighbors ethernet 2/1 10.199.199.137
 
Neighbor 10.199.199.137, interface address 192.0.2.37
In the area 0.0.0.0 via interface Ethernet2/1
Neighbor priority is 1, State is FULL
Options 2
Dead timer due in 0:00:37
Link State retransmission due in 0:00:04
 
 

次に、OSPF ネイバーに関する詳細な情報を表示する例を示します。

Router# show ip ospf neighbors detail
 
Neighbor 192.168.5.2, interface address 10.225.200.28
In the area 0 via interface GigabitEthernet1/0/0
Neighbor priority is 1, State is FULL, 6 state changes
DR is 10.225.200.28 BDR is 10.225.200.30
Options is 0x42
LLS Options is 0x1 (LR), last OOB-Resync 00:03:08 ago
Dead timer due in 00:00:36
Neighbor is up for 00:09:46
Index 1/1, retransmission queue length 0, number of retransmission 1
First 0x0(0)/0x0(0) Next 0x0(0)/0x0(0)
Last retransmission scan length is 1, maximum is 1
Last retransmission scan time is 0 msec, maximum is 0 msec
 
 

表23 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表23 show ip ospf neighbor detail フィールドの説明

フィールド
説明

Neighbor

ネイバー ルータ ID

interface address

インターフェイス の IP アドレス

In the area

OSPF ネイバーが知られているエリアおよびインターフェイス

Neighbor priority

ネイバーのルータ プライオリティ

State

OSPF ステート

state changes

ネイバーが作成されてから変更されたステートの数。この値は clear ip ospf counters neighbor コマンドを使用してリセットできます。

DR is

インターフェイスの代表ルータのルータ ID

BDR is

インターフェイスのバックアップ代表ルータのルータ ID

Options

hello packet options フィールドの内容(E ビット専用。可能な値は 0 と 2 です。2 はエリアがスタブでないことを、0 はエリアがスタブであることを示します)

LLS Options..., last OOB-Resync

時間:分:秒前に実行されたリンクローカル シグナリングおよびアウトオブバンド(OOB)リンクステート データベースの再同期化(NSF 情報)。このフィールドは、最後に成功した NSF 対応ルータとのアウトオブバンド再同期化を示します。

Dead timer due in

ネイバーは非稼働を Cisco NX-OS が宣言するまでの予想時間

Neighbor is up for

ネイバーが双方向ステートになってからの時間:分:秒数

Index

エリア全体および Autonomous System(AS; 自律システム)全体の再送信キュー内のネイバーの位置

retransmission queue length

再送信キューのエレメントの数

number of retransmission

フラッディング中にアップデート パケットを再送信した回数

First

フラッディングの最初のメモリ位置

Next

フラッディングの次のメモリ位置

Last retransmission scan length

最後の再送信パケット内の Link-State Advertisement(LSA; リンクステート アドバタイズメント)の数

maximum

任意の再送信パケットで送信された LSA の最大数

Last retransmission scan time

最後の再送信パケットの構築にかかった時間

maximum

任意の再送信パケットの構築にかかった最大時間

show ip ospf policy statistics area

エリアの OSPF ポリシー統計情報を表示するには、 show ip ospf policy statistics area コマンドを使用します。

show ip ospf [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] policy statistics area area id filter-list { in | out }

 
シンタックスの説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。英数字文字列で指定します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

area area-id

特定のエリアを定義するのに使用するエリア番号を指定します。IP アドレスまたは番号(0 ~ 4294967295)で指定します。

filter-list

OSPF エリアの間のプレフィクスをフィルタリングします。

in

着信ルートのポリシー統計情報を表示します。

out

発信ルートのポリシー統計情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

エリアに適用されたフィルタ リストに関する情報を表示するには、 show ip ospf policy statistics area コマンドを使用します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、OSPF のポリシー統計情報を表示する例を示します。

switch# show ip ospf policy statistics area 201
 

show ip ospf policy statistics redistribute

OSPF ポリシー統計情報を表示するには、 show ip ospf policy statistics redistribute コマンドを使用します。

show ip ospf [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] policy statistics redistribute { bgp id | direct | eigrp id | isis id | ospf id | rip id | static }

 
シンタックスの説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。英数字文字列で指定します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

bgp

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)のポリシー統計情報を表示します。

direct

直接接続されたルートのポリシー統計情報のみを表示します。

eigrp

Enhanced IGRP(EIGRP)のポリシー統計情報を表示します。

isis

IS-IS ルーティング プロトコルのポリシー統計情報を表示します。

ospf

OSPF のポリシー統計情報を表示します。

rip

RIP のポリシー統計情報を表示します。

static

IP スタティック ルートのポリシー統計情報を表示します。

id

bgp キーワードは、Autonomous System(AS; 自律システム)番号です。2 バイトの番号の範囲は 1 ~ 65535 です。4 バイトの番号の範囲は 1.0 ~ 65535.65535 です。

eigrp キーワードは、AS 番号です。範囲は 1 ~ 65535 です。

isis ospf 、および rip キーワードは、ルートの再配布元であるインスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

再配布統計情報を表示するには、 show ip ospf policy statistics redistribute コマンドを使用します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、再配布ルートのポリシー統計情報を表示する例を示します。

switch# show ip ospf policy statistics redistribute
 

show ip ospf request-list

ルータが要求した、すべての Link-State Advertisement(LSA; リンクステート アドバタイズメント)のリストを表示するには、 show ip ospf request-list コマンドを使用します。

show ip ospf request-list neighbor-id interface interface - number

 
シンタックスの説明

neighbor-id

ネイバーのルータ ID。IP アドレスを指定します。

interface-type

インターフェイス タイプ interface-type 引数が含まれる場合、指定されたインターフェイス タイプの情報のみが含まれます。ヘルプ機能で、この引数で使用可能なオプションを表示するには、CLI で ? を入力します。

interface-number

インターフェイス番号。 interface-number 引数が含まれる場合、指定されたインターフェイス番号の情報のみが含まれます。ヘルプ機能で、この引数で使用可能なオプションを表示するには、CLI で ? を入力します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

OSPF ルーティング動作をトラブルシューティングするには、 show ip ospf request-list コマンドを使用します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、ルータが要求したすべての LSA のリストを表示する例を示します。

Router# show ip ospf request-list 40.40.40 ethernet 2/1
OSPF Process ID p1
Neighbor 40.40.40.40, interface Ethernet2/1, address 192.0.2.1
1 LSAs on request-list
 
Type LS ID ADV RTR Seq NO Age Checksum
1 192.0.2.12 192.0.2.12 0x8000020D 8 0x6572
 

表24 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表24 show ip ospf request-list フィールドの説明

フィールド
説明

Type

LSA タイプ

LS ID

ネイバー ルータの IP アドレス

ADV RTR

アドバタイズ ルータの IP アドレス

Seq NO

LSA のパケット シーケンス番号

Age

LSA の経過時間(秒単位)

Checksum

LSA のチェックサム番号

show ip ospf retransmission-list

ネイバーへの再送信を待機する、すべての Link-State Advertisement(LSA; リンクステート アドバタイズメント)のリストを表示するには、 show ip ospf retransmission-list コマンドを使用します。

show ip ospf retransmission-list neighbor-id interface interface - number

 
シンタックスの説明

neighbor-id

ネイバーのルータ ID。IP アドレスを指定します。

interface-type

インターフェイス タイプ interface-type 引数が含まれる場合、指定されたインターフェイス タイプの情報のみが含まれます。ヘルプ機能で、この引数で使用可能なオプションを表示するには、CLI で ? を入力します。

interface-number

インターフェイス番号。 interface-number 引数が含まれる場合、指定されたインターフェイス番号の情報のみが含まれます。ヘルプ機能で、この引数で使用可能なオプションを表示するには、CLI で ? を入力します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

OSPF ルーティング動作をトラブルシューティングするには、 show ip ospf retransmission-list コマンドを使用します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、ネイバーへの再送信を待機するすべての LSA を表示する例を示します。

 
Router# show ip ospf retransmission-list 192.0.2.11 ethernet 2/1
 
OSPF Router with ID (192.0.2.12) (Process ID 1)
 
Neighbor 192.0.2.11, interface Ethernet2/1 address 209.165.201.11
Link state retransmission due in 3764 msec, Queue length 2
 
Type LS ID ADV RTR Seq NO Age Checksum
1 192.0.2.12 192.0.2.12 0x80000210 0 0xB196
 

表25 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表25 show ip ospf retransmission-list フィールドの説明

フィールド
説明

Type

LSA タイプ

LS ID

ネイバー ルータの IP アドレス

ADV RTR

アドバタイズ ルータの IP アドレス

Seq NO

LSA のパケット シーケンス番号

Age

LSA の経過時間(秒単位)

Checksum

LSA のチェックサム番号

show ip ospf routes

OSPF トポロジ テーブルを表示するには、 show ip ospf routes コマンドを使用します。

show ospf [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] routes [ prefix / length | summary }

 
シンタックスの説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。英数字文字列で指定します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

prefix /length

(任意)IP プレフィクス。特定のルートへの出力を制限します。length は、スラッシュ(/)と 1 ~ 31 の数で表示されます。たとえば、/8 は、IP プレフィクスの最初の 8 ビットがネットワーク ビットであることを示します。

summary

(任意)すべてのルートのサマリーを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

OSPF プライベート ルーティング テーブル(OSPF によって計算されるルートのみを含む)を表示するには、 show ospf routes コマンドを使用します。ルーティング情報ベース(RIB)内のルートに異常がある場合、ルートの OSPF コピーをチェックして、RIB 内容と一致するかどうか判断してください。一致しない場合、OSPF と RIB の間に同期化問題があります。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、OSPF ルートを表示する例を示します。

 
RP/0/RP0/CPU0:router# show ip ospf routes
OSPF Process ID sd vrf default, Routing Table
(D) denotes route is directly attached (R) denotes route is in RIB
61.61.61.61/32 (i) area 1
via 192.168.2.1/Ethernet2/2, cost 21
100.100.2.0/24 (i) area 1
via 192.168.2.1/Ethernet2/22, cost 20
192.168.2.0/24 (i) area 1
via directly connected
 

表26 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表26 show ospf route フィールドの説明

フィールド
説明

61.61.61.61/32

このルートをアドバタイズしたルータのルータ ID

via...

特定のプレフィクス宛てのパケットは、表示されたインターフェイスで送信されるか、またはこのデバイスに直接接続されます。

show ip ospf statistics

OSPF Shortest Path First(SPF)計算統計情報を表示するには、 show ip ospf statistics コマンドを使用します。

show ip ospf [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] statistics

 
シンタックスの説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。最大 20 文字の英数字文字列で指定します。

vrf vrf-name

(任意)VRF の名前 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

LSA に関する情報を表示するには、 show ip ospf statistics コマンドを使用します。この情報は、OSPF ネットワークのメンテナンスとトラブルシューティング両方に役立ちます。たとえば、LSA フラッピングのトラブルシューティングの第一段階として show ip ospf statistics コマンドを使用することを推奨します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、SPF 計算に関する情報を表示する例を示します。

Router# show ip ospf statistics
OSPF Process p1 vrf default, Event statistics (cleared 2w3d ago)
Router ID changes: 0
DR elections: 50
Older LSAs received: 16
Neighbor state changes: 82
Neighbor dead postponed: 0
Neighbor dead interval expirations: 2
Neighbor bad lsreqs: 0
Neighbor sequence number mismatches: 0
SPF computations: 101 full, 23 summary, 23 external
 
LSA Type Generated Refreshed Flushed Aged out
Router 41 1678 4 3
Network 12 2 15 1
Summary Net 53 6 120 6
Summary ASBR 0 0 0 0
AS External 0 0 0 0
Opaque Link 0 0 0 0
Opaque Area 0 0 0 0
Opaque AS 0 0 0 0
 
Following counters can not be reset:
 
LSA deletions: 0 pending, 14 hwm, 183 deleted, 14 revived, 27 runs
Hello queue: 0/200, hwm 2, drops 0
Flood queue: 0/100, hwm 2, drops 0
LSDB additions failed: 0
 
Buffers: in use hwm permanent alloc free
128 bytes 0 2 2 350300 350300
512 bytes 0 2 2 114 114
1520 bytes 0 0 0 0 0
4500 bytes 0 1 1 355 355
huge 0 0 0 0 0
 
 

表27 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表27 show ip ospf statistics フィールドの説明

フィールド
説明

OSPF process

設定内の OSPF インスタンスに割り当てられた一意な値

vrf

この OSPF インスタンスの VRF

DR elections

新しい代表ルータが選択された回数

Neighbor...

ネイバーの詳細

LSA Type

各タイプの LSA が送信された数

Hello queue

処理する hello パケットのキュー

キュー内で許可されたキュー/最大数のうちの現在の数

hwm ― 最高水準点。キュー内に保存されていたパケットの最大数

drops ― キューがいっぱいでドロップされたパケットの数

flood queue

処理するフラッド パケットのキュー

buffers

パケットの保存に使用するメモリ量

show ip ospf summary-address

OSPF インスタンスに設定されたすべてのサマリー アドレス再配布情報のリストを表示するには、 show ip ospf summary-address コマンドを使用します。

show ip ospf [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] summary-address

 
シンタックスの説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。英数字文字列で指定します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、サマリー アドレスに関する情報を表示する例を示します。

 
Router# show ip ospf summary-address
 
OSPF Process 2, Summary-address
 
10.2.0.0/255.255.0.0 Metric -1, Type 0, Tag 0
10.2.0.0/255.255.0.0 Metric -1, Type 0, Tag 10
 

表28 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表28 show ip ospf summary-address フィールドの説明

フィールド
説明

10.2.0.0/255.255.0.0

OSPF プロセスのルータの IP アドレスおよびマスク

Metric -1

OSPF メトリック タイプ

Type 0

LSA のタイプ

Tag 0

OSPF プロセス タグの ID

show ip ospf traffic

OSPF トラフィック統計情報を表示するには、 show ip ospf traffic コマンドを使用します。

show ip ospf [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] traffic

 
シンタックスの説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。英数字文字列で指定します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

1 つまたは複数の OSPF インスタンスのトラフィック情報を表示するには、 show ip ospf traffic コマンドを使用します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、OSPF トラフィック情報を表示する例を示します。

Router# show ip ospf traffic
 
OSPF Process ID p1, vrf Red, Packet Counters (cleared 2w3d ago)
Total: 1690 in, 349230 out
LSU transmissions: first 100, rxmit 108, for req 16
Flooding packets output throttled (IP/tokens): 0 (0/0)
Ignored LSAs: 0, LSAs dropped during SPF: 0
LSAs dropped during graceful restart: 0
Errors: drops in 0, drops out 0, errors in 0
errors out 0, unknown in 0, unknown out 0
no ospf 0, bad version 0, bad crc 0
dup rid 0, dup src 0, invalid src 0
invalid dst 0, no nbr 0, passive 0
wrong area 0, nbr changed rid/ip addr 0
bad auth 0
 
hellos dbds lsreqs lsus acks
In: 1411 70 16 136 57
Out: 348871 62 4 224 69
 

表29 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表29 show ospf traffic フィールドの説明

フィールド
説明

OSPF Process

これらのトラフィック統計情報の OSPF インスタンス タグ

vrf

この OSPF インスタンスの VRF

エラー

drops

ドロップされたパケットの数

bad version

間違ったバージョンで受信されたパケットの数

dup rid

重複したルータ ID のあるパケットの数

dup src

重複した送信元アドレスのあるパケットの数

no nbr

フル ネイバーではないルータからのパケットの数

nbr changed rid/ip addr

ネイバーの値と一致しないルータ ID/IP アドレスのペアのあるパケットの数

lsreq

タイプ LSREQ のパケットの数(必要な LSA)

lsacks

タイプ LSACK のパケットの数(確認応答された LSA)

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip ospf traffic

OSPF トラフィック統計情報をクリアします。

show ip ospf virtual-links

OSPF 仮想リンクのパラメータと現在のステートを表示するには、 show ip ospf virtual-links コマンドを使用します。

show ip ospf [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] virtual-links [ brief ]

 
シンタックスの説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。英数字文字列で指定します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。特定の OSPF インスタンスに関する OSPF 情報を表示するのにこのタグを使用します。

vrf vrf-name

(任意)OSPF VRF の名前。 vrf-name 引数には、任意の文字列で指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの vrf-names です。

brief

(任意)設定済み仮想リンクのサマリーを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

設定済み仮想リンクに関する情報を表示するには、 show ip ospf virtual-links コマンドを使用します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、仮想リンクに関する情報を表示する例を示します。

Router# show ip ospf virtual-links
 
Virtual link 2 to router 40.40.40.40 is up
Process ID p1 vrf default, Transit area 1, via interface Ethernet1/2, cost 10
Local Address 192.0.2.2, Remote Address 192.0.2.1
Index 4, Transmit delay 1 sec
1 Neighbors, flooding to 1, adjacent with 1
Timer intervals: hello 10, dead 40, wait 40, retransmit 5
Hello timer due in 00:00:04
No authentication
Number of link LSAs: 0, checksum sum 0
Neighbor State is FULL, 4 state changes, last change 00:00:03
Hello options 0x2, dbd options 0x42
Last non-hello packet received 00:00:01
Dead timer due in 00:00:36
 

表30 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表30 show ip ospf virtual-links フィールドの説明

フィールド
説明

Virtual Link

OSPF ネイバーと、そのネイバーへのリンクがアップまたはダウンであるかを示します。

vrf

この OSPF インスタンスの VRF

Transit area...

仮想リンクが形成される通過エリア

via interface...

仮想リンクが形成されるインターフェイス

cost

仮想リンクによって OSPF ネイバに到達するコスト

Transmit delay

仮想リンク上の送信遅延(秒単位)

Timer intervals...

リンク用に設定された様々なタイマー間隔

Hello timer due in 0:00:04

次の hello をネイバーから送信する時間

show ip rip

RIP の設定およびステータスを表示するには、任意のモードで show ip rip コマンドを使用します。

show ip rip [ vrf vrf-name ] [ instance-tag ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

instance-tag

(任意)RIP インスタンスを選択します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次に、 show ip rip コマンドの出力例を示します。

switch(config-if)# show ip rip
Process Name "rip-sd" vrf "default"
RIP port 520, multicast-group 224.0.0.9
Admin-distance: 40
Updates every 30 sec, expire in 180 sec
Collect garbage in 120 sec
Default-metric: 1
Max-paths: 8
Process is up and running
Interfaces supported by ipv4 RIP :
Ethernet1/2
 

表31 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表31 show ip rip フィールドの説明

フィールド
説明

Process Name

RIP インスタンス タグ

Admin-distance

RIP に割り当てられた管理ディスタンス。ルータ アドレスファミリ コンフィギュレーション モードで distance コマンドを使用して、この値を設定できます。

Updates

RIP アップデートのタイマー値。インターフェイス コンフィギュレーション モードで ip rip timer basic コマンドを使用して、この値を設定できます。

expire

有効期限が満了する RIP アップデートのタイマー値。インターフェイス コンフィギュレーション モードで ip rip timer basic コマンドを使用して、この値を設定できます。

Collect garbage

RIP ルート テーブルのガーベージ コレクトのタイマー値。インターフェイス コンフィギュレーション モードで ip rip timer basic コマンドを使用して、この値を設定できます。

Default metric

デフォルトのメトリック値。ルータ アドレスファミリ モードで default-metric コマンドを使用して、この値を設定します。

Max-paths

RIP ルート単位で許可された最大パスの数。ルータ アドレスファミリ モードで max-paths コマンドを使用して、この値を設定します。

Process

この RIP インスタンスの管理および動作ステート

Interfaces supported

RIP バージョン、およびこの RIP インスタンス用に設定されたインターフェイスのリスト。インターフェイス コンフィギュレーション モードで ip router rip コマンドを使用して、インターフェイスを追加または削除します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip rip interface

インターフェイスの RIP 情報を表示します。

show ip rip neighbor

RIP ネイバー情報を表示します。

show ip rip policy statistics

RIP ポリシー統計情報を表示します。

show ip rip route

RIP ルート情報を表示します。

show ip rip statistics

RIP 統計情報を表示します。

show ip policy

ルート ポリシー情報を表示するには、show ip policy コマンドを使用します。

show ip policy [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、インターフェイスに付加されたポリシーを示します。

switch(config-if)# show ip policy
Interface Route-map Status VRF-Name
Ethernet2/45 floor1 Inactive --

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip policy

インターフェイスにルート ポリシーを設定します。

show ip prefix-list

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)のプレフィクス リストを表示するには、 show ip prefix-list コマンドを使用します。

show ip prefix-list [ name ]

 
シンタックスの説明

name

(任意)コミュニティ リストの名前。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、プレフィクス リストを示します。

switch(config)# show ip prefix-list
ip prefix-list test2: 1 entries
seq 5 permit 10.0.0.0/8

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip prefix-list

BGP プレフィクス リストを設定します。

show ip process

IP プロセスに関する情報を表示するには、 show ip process コマンドを使用します。

show ip process [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、IP プロセスに関する詳細を示します。

switch(config)# show ip process
VRF default
VRF id is 1
Base table id is 1
Auto discard is disabled
Auto discard is not added
Auto Null broadcast is configured
Auto Punt broadcast is configured
Static discard is not configured
Number of static default route configured is 0
Number of ip unreachable configured is 0
Iodlist: 80
Local address list:

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 process

IPv6 プロセスに関する情報を表示します。

show ip rip interface

RIP トポロジ テーブルからインターフェイス エントリ情報を表示するには、任意のモードで show ip rip interface コマンドを使用します。

show ip rip [ vrf vrf-name ] interface [ type instance ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

interface type slot/port

(任意)インターフェイスを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次に、 show ip rip interface コマンドの出力例を示します。

switch(config-if)# show ip rip interface ethernet 1/2
Process Name "rip-sd" vrf "default"
RIP-configured interface information
 
GigabitEthernet1/2, protocol-down/link-down/admin-down, RIP state : down
address/mask NotConfigured, metric 1, split-horizon
 

表32 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表32 show ip rip interface フィールドの説明

フィールド
説明

Process Name

RIP インスタンス タグ

vrf

このインターフェイスの VRF

Interface information

インターフェイス管理および動作ステート

RIP state

このインターフェイスの RIP 情報

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip rip

RIP 情報を表示します。

show ip rip neighbor

RIP ネイバー情報を表示します。

show ip rip policy statistics

RIP ポリシー統計情報を表示します。

show ip rip route

RIP ルート情報を表示します。

show ip rip statistics

RIP 統計情報を表示します。

show ip rip neighbor

RIP トポロジ テーブルからネイバー情報を表示するには、任意のモードで show ip rip neighbor コマンドを使用します。

show ip } rip [ vrf vrf-name ] neighbor [ interface-type instance ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

interface-type

(任意)インターフェイス タイプ。詳細については、疑問符( ? )オンライン ヘルプ機能を使用します。

instance

(任意)物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンス

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次に、 show rip neighbor コマンドの出力例を示します。

switch(config-if)# show ip rip neighbor
Process Name "rip-sd" vrf "default"
RIP Neighbor Information (number of neighbors = 0)
('dead' means more than 300 seconds ago)
 

表33 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表33 show ip rip neighbor フィールドの説明

フィールド
説明

Process Name

RIP インスタンス タグ

vrf

このインターフェイスの VRF

Neighbor information

このインターフェイスで認識された RIP ネイバーの数

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip rip

RIP 情報を表示します。

show ip rip interface

インターフェイスの RIP 情報を表示します。

show ip rip policy statistics

RIP ポリシー統計情報を表示します。

show ip rip route

RIP ルート情報を表示します。

show ip rip statistics

RIP 統計情報を表示します。

show ip rip policy statistics

RIP のポリシー統計情報を表示するには、任意のモードで show ip rip policy statistics コマンドを使用します。

show ip rip [ vrf vrf-name ] policy statistics redistribute { bgp id | direct | eigrp id | isis id | ospf id | ospfv3 id | static }

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

bgp

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)のポリシー統計情報を表示します。

direct

直接接続されたルートのポリシー統計情報のみを表示します。

eigrp

Enhanced IGRP(EIGRP)のポリシー統計情報を表示します。

isis

IS-IS ルーティング プロトコルのポリシー統計情報を表示します。

ospf

OSPF プロトコルのポリシー統計情報を表示します。

ospfv3

OSPF バージョン 3(OSPFv3)プロトコルのポリシー統計情報を表示します。

static

IP スタティック ルートのポリシー統計情報を表示します。

id

bgp キーワードは、Autonomous System(AS; 自律システム)番号です。2 バイトの番号の範囲は 1 ~ 65535 です。4 バイトの番号の範囲は 1.0 ~ 65535.65535 です。

eigrp キーワードは、ルートの再配布元である EIGRP インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

isis キーワードは、ルートの再配布元である IS-IS インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

ospf キーワードは、ルートの再配布元である OSPF インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次に、EIGRP のポリシー統計情報を表示する例を示します。

switch# show ip rip policy statistics redistribute eigrp 201

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip rip policy statistics

RIP のポリシー統計情報をクリアします。

show ip rip

RIP 情報を表示します。

show ip rip interface

インターフェイスの RIP 情報を表示します。

show ip rip neighbor

ネイバーの RIP 情報を表示します。

show ip rip route

RIP ルート情報を表示します。

show ip rip statistics

RIP 統計情報を表示します。

show ip rip route

RIP トポロジ テーブルからルート情報を表示するには、任意のモードで show ip rip route コマンドを使用します。

show ip rip [ vrf vrf-name ] route [ prefix/length ] [ summary ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

prefix /length

(任意)ルーティング情報を表示する IP または IPv6 プレフィクス

summary

(任意)集約経路に関する情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

任意

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次に、 show ip rip route コマンドの出力例を示します。

:switch# show ip rip route
 

表34 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表34 show ip rip route フィールドの説明

フィールド
説明

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip rip

RIP 情報を表示します。

show ip rip interface

インターフェイスの RIP 情報を表示します。

show ip rip neighbor

ネイバーの RIP 情報を表示します。

show ip rip policy statistics

RIP のポリシー統計情報を表示します。

show ip rip statistics

RIP 統計情報を表示します。

show ip rip statistics

RIP トポロジ テーブルから統計エントリ情報を表示するには、任意のモードで show ip rip statistics コマンドを使用します。

show ip rip [ vrf vrf-name ] statistics [ interface-type instance ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

interface-type

(任意)インターフェイス タイプ。詳細については、疑問符( ? )オンライン ヘルプ機能を使用します。

instance

(任意)物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンス

 
コマンドのデフォルト設定

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

任意

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次に、 show ip rip statistics コマンドの出力例を示します。

switch# show ip rip statistics
Global update stats:
Sent Multicast Updates: periodic 0,triggered 0
Sent Multicast Requests: 0
Sent Unicast Updates: 544
Sent Unicast Requests: 544
Recv Multicast Updates: 0
Recv Multicast Requests: 0
Recv Unicast Updates: 500
Recv Unicast Requests: 544
Recv Bad Pkts: 0
Recv Bad Routes: 0
 

表35 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表35 show rip statistics フィールドの説明

フィールド
説明

Sent Multicast Updates:

送信された RIP マルチキャスト アップデートの数

Sent Multicast Requests:

送信された RIP マルチキャスト要求の数

Sent Unicast Updates:

送信された RIP ユニキャスト アップデートの数

Sent Unicast Requests:

送信された RIP ユニキャスト要求の数

Recv Multicast Updates:

受信された RIP マルチキャスト アップデートの数

Recv Multicast Requests:

受信された RIP マルチキャスト要求の数

Recv Unicast Updates:

受信された RIP ユニキャスト アップデートの数

Recv Unicast Requests:

受信された RIP ユニキャスト要求の数

Recv Bad Pkts:

受信された不良 RIP パケットの数

Recv Bad Routes:

受信された不良 RIP ルートの数

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip rip

RIP 情報を表示します。

show ip rip interface

インターフェイスの RIP 情報を表示します。

show ip rip neighbor

ネイバーの RIP 情報を表示します。

show ip rip policy statistics

RIP のポリシー統計情報を表示します。

show ip rip route

RIP ルート情報を表示します。

show ip route

ユニキャスト RIB からルートを表示するには、 show ip route コマンドを使用します。

show ip route [ all | route-type | interface type number | next-hop addr ]] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

all

(任意)すべてのルートを表示します。

route-type

(任意)ルート タイプ。タイプのリストを表示するには、 ? を使用します。

interface type number

(任意)インターフェイスのルートを表示します。サポートされるインターフェイスを表示するには、 ? を使用します。

next-hop addr

(任意)このネクストホップ アドレスのあるルートを表示します。フォーマットは、x.x.x.x です。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(3)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、ルート テーブルを示します。

switch(config)# show ip route all
IP Route Table for VRF "default"
'*' denotes best ucast next-hop '**' denotes best mcast next-hop
'[x/y]' denotes [preference/metric]
 
0.0.0.0/32, 1 ucast next-hops, 0 mcast next-hops
*via Null0, [220/0], 00:45:24, local, discard
255.255.255.255/32, 1 ucast next-hops, 0 mcast next-hops
*via sup-eth1, [0/0], 00:45:24, local

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip route

ルート テーブルのエントリをクリアします。

show ip static-route

ユニキャスト RIB からスタティック ルートを表示するには、 show ip static-route コマンドを使用します。

show ip static-route [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、スタティック ルートを示します。

switch(config)# show ip static-route
IPv4 Unicast Static Routes:
 
Total number of routes: 0, unresolved: 0

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip route

スタティック ルートを設定します。

show ip traffic

IP トラフィック情報を表示するには、 show ip traffic コマンドを使用します。

show ip traffic

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、IP トラフィック情報を示します。

switch(config)# show ip traffic
 
IP Software Processed Traffic Statistics
----------------------------------------
Transmission and reception:
Packets received: 14121, sent: 3415, consumed: 0,
Forwarded, unicast: 0, multicast: 0, Label: 0
Opts:
end: 0, nop: 0, basic security: 0, loose source route: 0
timestamp: 0, extended security: 0, record route: 0
stream ID: 0, strict source route: 0, alert: 45, cipso: 0, ump: 0
other: 0
Errors:
Bad checksum: 0, packet too small: 0, bad version: 0,
Bad header length: 0, bad packet length: 0, bad destination: 0,
Bad ttl: 0, could not forward: 126, no buffer dropped: 0,
Bad encapsulation: 0, no route: 0, non-existent protocol: 0
Fragmentation/reassembly:
Fragments received: 0, fragments sent: 0, fragments created: 0,
Fragments dropped: 0, packets with DF: 0, packets reassembled: 0,
Fragments timed out: 0
 
ICMP Software Processed Traffic Statistics
------------------------------------------
Transmission:
Redirect: 0, unreachable: 0, echo request: 0, echo reply: 1,
Mask request: 0, mask reply: 0, info request: 0, info reply: 0,
Parameter problem: 0, source quench: 0, timestamp: 0,
Timestamp response: 0, time exceeded: 0,
Irdp solicitation: 0, irdp advertisement: 0
Reception:
Redirect: 0, unreachable: 337, echo request: 1, echo reply: 0,
Mask request: 0, mask reply: 0, info request: 0, info reply: 0,
Parameter problem: 0, source quench: 0, timestamp: 0,
Timestamp response: 0, time exceeded: 0,
Irdp solicitation: 0, irdp advertisement: 0,
Format error: 0, checksum error: 0
 
Statistics last reset: never
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip process

IP プロセスに関する情報を表示します。

show ipv6 adjacency

隣接情報を表示するには、 show ipv6 adjacency コマンドを使用します。

show ipv6 adjacency [ ipv6-addr | interface ] [ detail ] [ non-best ] [ statistics ] [ summary ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

ipv6-addr

(任意)IPv6 送信元アドレス。フォーマットは A:B::C:D です。

interface

(任意)インターフェイス。サポートされたインターフェイス タイプを判断するには ? を使用します。

detail

(任意)詳細な隣接情報を表示します。

statistics

(任意)隣接統計情報を表示します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、隣接情報のサマリーを示します。

switch# show ipv6 adjacency summary
IPv6 Adjacency Table for VRF default
Total number of entries: 0
Address Age MAC Address Pref Source Interface

 
関連コマンド

コマンド
説明

show forwarding adjacency

転送隣接情報を示します。

show ipv6 bgp

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)テーブルのエントリを表示するには、 show ipv6 bgp コマンドを使用します。

show iv6p bgp [ ipv6-addr | ipv6-prefix [ longer-prefixes ]] [ received-paths ] [ regexp expression ] [ route-map map-name ] [ summary ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

ipv6-addr

(任意)BGP ルート テーブルからのネットワーク。フォーマットは A:B::C:D です。

ipv6-prefix

(任意)BGP ルート テーブルからのプレフィクス。フォーマットは A:B::C:D/length です。

longer-prefixes

(任意)プレフィクスと特定のルートを示します。

received-paths

(任意)ソフト リコンフィギュレーション用に保存されたパスを表示します。

regexp expression

(任意)正規表現と一致する情報を表示します。

route-map map-name

(任意)ルート マップと一致するルートを表示します。マップ名は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

summary

(任意)ルートのサマリーを表示します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、BGP ルート テーブルを示します。

switch(config-router)# show ipv6 bgp
BGP routing table information for VRF default, address family IPv6 Unicast

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear bgp

BGP ルート テーブルのエントリをクリアします。

show ipv6 bgp community

コミュニティと一致する Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ルートを表示するには、 show ipv6 bgp community コマンドを使用します。

show iv6 bgp community [ as-number ] [ internet ] [ no-advertise ] [ no-export ] [ no-export-subconfed ] [ exact-match ]} [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

as-number

AS 番号。AS 番号は、<上位 16 ビットの 10 進数>.<下位 16 ビットの 10 進数> 形式の 16 ビットの整数または 32 ビットの整数です。

internet

(任意)インターネット コミュニティを表示します。

no-advertise

(任意)no-advertise コミュニティを表示します。

no-export

(任意)no-export コミュニティを表示します。

no-export-subconfed

(任意)no-export-subconfed コミュニティを表示します。

exact-match

(任意)コミュニティの完全一致を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、コミュニティと一致するルートを示します。

switch(config)# show ipv6 bgp community

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip community-list

コミュニティ リストを作成します。

show ipv6 bgp community-list

コミュニティ リストと一致する Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ルートを表示するには、 show ipv6 bgp community-list コマンドを使用します。

show ipv6 bgp [ community-list commlist-name [ exact-match ]} [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

community-list commlist-name

コミュニティ リストと一致するルートを表示します。commlist-name は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

exact-match

(任意)コミュニティの完全一致を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、コミュニティ リストと一致するルートを示します。

switch(config)# show ipv6 bgp community-list test1

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip community-list

コミュニティ リストを作成します。

show ipv6 bgp dampening

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ダンプニング情報を表示するには、 show ipv6 bgp dampening コマンドを使用します。

show ipv6 bgp dampening { dampened-paths [ regexp expression ] | flap-statistics | history-paths [ regexp expression ] | parameters } [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

dampened-paths

ダンプニングされたパスをすべて表示します。

regexp expression

(任意)正規表現と一致する情報を表示します。

flap-statistics

ルートの統計情報を表示します。

history-paths

履歴パスをすべて表示します。

parameters

ダンプニング パラメータをすべて表示します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、ダンプニング情報を示します。

switch(config)# show ipv6 bgp dampening dampened-paths

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip bgp dampening

BGP ダンプニング情報を表示します。

show ipv6 bgp filter-list

フィルタ リストと一致する Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ルートを表示するには、 show ipv6 bgp filter-list コマンドを使用します。

show ipv6 bgp filter-list list-name [ exact-match ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

list-name

フィルタ リストの名前。commlist-name は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

exact-match

(任意)フィルタの完全一致を表示します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、フィルタ リストと一致するルートを示します。

switch(config)# show ipv6 bgp filter-list test1

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip bgp filter-list

フィルタ リストと一致する BGP ルートを表示します。

show ipv6 bgp flap-statistics

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)フラップ統計情報を表示するには、 show ipv6 bgp flap-statistics コマンドを使用します。

show ipv6 bgp flap-statistics [ prefix ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

prefix

(任意)IPv6 プレフィクス。フォーマットは A:B::C:D/length です。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、フラップ統計情報を示します。

switch(config)# show ipv6 bgp flap-statistics

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip bgp

BGP 情報を表示します。

show ipv6 bgp history-paths

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)履歴パスを表示するには、 show ipv6 bgp history-paths コマンドを使用します。

show ipv6 bgp history-paths [ regexp expression ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

regexp expression

(任意)正規表現と一致する情報を表示します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、BGP 履歴パス情報を示します。

switch(config)# show ipv6 bgp history-paths

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip bgp history-paths

BGP 履歴パス情報を表示します。

show ipv6 bgp neighbors

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ネイバーを表示するには、 show ipv6 bgp neighbors コマンドを使用します。

show ipv6 bgp neighbors [ addr | prefix ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

addr

IPv6 アドレス。フォーマットは A:B::C:D です。

prefix

(任意)IPv6 プレフィクス。フォーマットは A:B::C:D/length です。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、BGP ネイバーを示します。

switch(config)# show ipv6 bgp neighbors

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip bgp neighbors

BGP 情報を表示します。

show ipv6 bgp nexthop

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ネクストホップ情報を表示するには、 show ipv6 bgp nexthop コマンドを使用します。

show ipv6 bgp nexthop addr [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

addr

IPv4 アドレス。フォーマットは A:B::C:D です。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、BGP ネクストホップ情報を示します。

switch(config)# show ipv6 bgp nexthop 2001:0DB8::1

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip bgp nexhop

BGP 情報を表示します。

show ipv6 bgp nexthop-database

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ネクストホップ データベースを表示するには、 show ipv6 bgp nexthop-database コマンドを使用します。

show ipv6 bgp nexthop-database [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、BGP ネクストホップ データベースを示します。

switch(config)# show ipv6 bgp nexthop-database

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip bgp nexhop-database

BGP 情報を表示します。

show ipv6 bgp prefix-list

プレフィクス リストと一致する Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ルートを表示するには、 show ipv6 bgp prefix-list コマンドを使用します。

show ipv6 bgp prefix-list list-name [ exact-match ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

list-name

プレフィクス リストの名前。commlist-name は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

exact-match

(任意)フィルタの完全一致を表示します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、プレフィクス リストと一致するルートを示します。

switch(config)# show ipv6 bgp prefix-list test1

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip bgp prefix-list

プレフィクス リストと一致する BGP ルートを表示します。

show ipv6 client

内部 IPv6 クライアントに関する情報を表示するには、 show ipv6 client コマンドを使用します。

show ipv6 client [ name ]

 
シンタックスの説明

name

(任意)クライアントの名前

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、ICMPv6 の IPv6 クライアント情報を示します。

switch(config-if)# show ipv6 client icmpv6
IPv6 Registered Client Status
 
Client: icmpv6, status: up, pid: 3688, extended pid: 3688
Protocol: 58, pib-index: 2, routing context id: 255
Control mts SAP: 1551
Data mts SAP: 1552
IPC messages to control mq: 3
IPC messages to data mq: 0

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 process

IPv6 プロセスに関する情報を表示します。

show ipv6 fragments

キューイングされた IPv6 フラグメントに関する情報を表示するには、 show ipv6 fragments コマンドを使用します。

show ipv6 fragments [ ipv6-addr ]

 
シンタックスの説明

name

(任意)IPv6 アドレス。フォーマットは A:B::C:D です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、IPv6 フラグメントを示します。

switch(config-if)# show ipv6 fragments
No IPv6 fragments queued

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 process

IPv6 プロセスに関する情報を表示します。

show ipv6 icmp interface

ICMPv6 に関する情報を表示するには、 show ipv6 icmp interface コマンドを使用します。

show ipv6 icmp interface [ type number ] [ detail ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

type

(任意)インターフェイス タイプ。サポートされたインターフェイスのリストを表示するには、 ? を使用します。

number

(任意)インターフェイス番号。範囲を表示するには、 ? を使用します。

detail

(任意)詳細な ICMPv6 情報を表示します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、ICMPv6 情報を示します。

switch(config-if)# show ipv6 icmp interface

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipv6 icmp

インターフェイスに ICMPv6 を設定します。

show ipv6 interface

インターフェイスの IPv6 情報を表示するには、 show ipv6 interface コマンドを使用します。

show ipv6 interface [ type number ] [ brief ][ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

type

(任意)インターフェイス タイプ。オプションを表示するには、 ? を使用します。

number

(任意)インターフェイス番号。範囲を表示するには、 ? を使用します。

brief

(任意)IP 情報のサマリーを表示します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、インターフェイス Ethernet 2/1 の IPv6 情報を示します。

switch# show ipv6 interface ethernet 2/1
Ethernet2/1, Interface status: protocol-down/link-down/admin-down, iod: 80
Context:"default"
IPv6 address: 2001:0db8:0000:0000:0000:0000:0000:0001
IPv6 subnet: 2001:0000:0000:0000:0000:0000:0000:0000/16
IPv6 link-local address: fe80::0218:baff:fed8:3ffd (default)
IPv6 multicast routing: disabled
IPv6 multicast groups locally joined:
ff02::0001:ff00:0001 ff02::0002 ff02::0001 ff02::0001:ffd8:3ffd
IPv6 multicast (S,G) entries joined: none
IPv6 MTU: 1500 (using link MTU)
IPv6 RP inbound packet-filtering policy: none
IPv6 RP outbound packet-filtering policy: none
IPv6 inbound packet-filtering policy: none
IPv6 outbound packet-filtering policy: none
IPv6 interface statistics last reset: never
IPv6 interface RP-traffic statistics: (forwarded/originated/consumed)
Unicast packets: 0/0/0
Unicast bytes: 0/0/0
Multicast packets: 0/0/0
Multicast bytes: 0/0/0
IPv6 interface hardware statistics not available
Reason: unsupported platform

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip interface

インターフェイスの IP 情報を表示します。

show ipv6 mbgp

Multiprotocol Border Gateway Protocol(MBGP)テーブルのエントリを表示するには、 show ipv6 mbgp コマンドを使用します。

show ipv6 mbgp [ ipv6-addr | ipv6-prefix [ longer-prefixes ]] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

ipv6-addr

(任意)MBGP ルート テーブルからのネットワーク。フォーマットは A:B::C:D です。

ipv6-prefix

(任意)MBGP ルート テーブルからのプレフィクス。フォーマットは A:B::C:D/length です。

longer-prefixes

(任意)プレフィクスと特定のルートを示します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、MBGP ルート テーブルを示します。

switch(config-router)# show ipv6 mbgp
BGP routing table information for VRF default, address family IPv6 Multicast

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip mbgp

MBGP ルート テーブルのエントリをクリアします。

show ipv6 mbgp community

コミュニティと一致する Multiprotocol Border Gateway Protocol(MBGP)ルートを表示するには、 show ipv6 mbgp community コマンドを使用します。

show ipv6 mbgp community [ as-number ] [ no-advertise] [no-export] [no-export-subconfed ] [ exact-match ]} [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

as-number

AS 番号。AS 番号は、<上位 16 ビットの 10 進数>.<下位 16 ビットの 10 進数> 形式の 16 ビットの整数または 32 ビットの整数です。

no-advertise

(任意)no-advertise コミュニティを表示します。

no-export

(任意)no-export コミュニティを表示します。

no-export-subconfed

(任意)no-export-subconfed コミュニティを表示します。

exact-match

(任意)コミュニティの完全一致を表示します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、コミュニティと一致するルートを示します。

switch(config)# show ipv6 mbgp community

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipv6 community-list

コミュニティ リストを作成します。

show ipv6 mbgp community-list

コミュニティ リストと一致する Multiprotocol Border Gateway Protocol(MBGP)ルートを表示するには、 show ipv6 mbgp community-list コマンドを使用します。

show ipv6 mbgp community-list commlist-name [ exact-match ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

community-list commlist-name

コミュニティ リストと一致するルートを表示します。commlist-name は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

exact-match

(任意)コミュニティの完全一致を表示します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、コミュニティ リストと一致するルートを示します。

switch(config)# show ip v6mbgp community-list test1

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipv6 community-list

コミュニティ リストを作成します。

show ipv6 nd interface

近隣探索(ND)に関する情報を表示するには、 show ipv6 nd interface コマンドを使用します。

show ipv6 nd interface [ type number ] [ detail ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

type

(任意)インターフェイス タイプ。サポートされたインターフェイスのリストを表示するには、 ? を使用します。

number

(任意)インターフェイス番号。範囲を表示するには、 ? を使用します。

detail

(任意)詳細な ND 情報を表示します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、ND 情報を示します。

switch(config-if)# show ipv6 nd interface
ICMPv6 ND Interfaces for VRF "default"
Ethernet2/45, Interface status: protocol-down/link-down/admin-down
IPv6 address: 2001:0db8:0000:0000:0000:0000:0000:0001
ICMPv6 active timers:
Last Neighbor-Solicitation sent: never
Last Neighbor-Advertisement sent: never
Last Router-Advertisement sent: never
Next Router-Advertisement sent in: 0.000000
Router-Advertisement parameters:
Periodic interval: 200 to 600 seconds
Send "Managed Address Configuration" flag: false
Send "Other Stateful Configuration" flag: false
Send "Current Hop Limit" field: 64
Send "MTU" option value: 1500
Send "Router Lifetime" field: 1800 secs
Send "Reachable Time" field: 0 ms
Send "Retrans Timer" field: 0 ms
Neighbor-Solicitation parameters:
NS retransmit interval: 1000 ms
ICMPv6 error message parameters:
Send redirects: true
Send unreachables: false
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipv6 nd

インターフェイスに ICMPv6 ND を設定します。

show ipv6 neighbor

IPv6 ネイバーを表示するには、 show ipv6 neighbor コマンドを使用します。

show ipv6 neighbor [ type number ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

type

(任意)インターフェイス タイプ。サポートされたインターフェイスのリストを表示するには、 ? を使用します。

number

(任意)インターフェイス番号。範囲を表示するには、 ? を使用します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

IPv6 隣接関係テーブルを表示するには、 show ipv6 neighbor コマンドを使用します。

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、IPv6 ネイバーを示します。

switch# show ipv6 neigbhor
 
IPv6 Adjacency Table for VRF default
Total number of entries: 0
Address Age MAC Address Pref Source Interface

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipv6 nd

インターフェイスに ICMPv6 ND を設定します。

show ipv6 prefix-list

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)のプレフィクス リストを表示するには、 show ipv6 prefix-list コマンドを使用します。

show ipv6 prefix-list [ name ]

 
シンタックスの説明

name

(任意)コミュニティ リストの名前。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、プレフィクス リストを示します。

switch(config)# show ipv6 prefix-list
ip prefix-list test2: 1 entries
seq 5 permit 2001:0DB8::/8

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipv6 prefix-list

BGP プレフィクス リストを設定します。

show ip process

IPv6 プロセスに関する情報を表示するには、 show ip process コマンドを使用します。

show ipv6 process [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、IPv6 プロセスに関する詳細を示します。

switch(config)# show ip process
VRF default
VRF id is 1
Auto discard is disabled
Auto discard is not added
Static discard is not configured
Number of static default route configured is 0
Number of ipv6 unreachable configured is 0
Iodlist: 80
Local address list: 2001:0db8::0001 fe80::0218:baff:fed8:3ffd

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip process

IPv4 プロセスに関する情報を表示します。

show ipv6 rip

RIP の設定およびステータスを表示するには、任意のモードで show ipv6 rip コマンドを使用します。

show ipv6 rip [ vrf vrf-name ] [ instance-tag ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

instance-tag

(任意)RIP インスタンスを選択します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次に、 show ipv6 rip コマンドの出力例を示します。

switch(config-if)# show ipv6 rip
Process Name "rip-sd" vrf "default"
RIP port 521, multicast-group ff02::0009
Admin-distance: 40
Updates every 30 sec, expire in 180 sec
Collect garbage in 120 sec
Default-metric: 1
Max-paths: 8
Process is up and running
Interfaces supported by ipv6 RIP:
Ethernet1/2
 

表36 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表36 show ipv6 rip フィールドの説明

フィールド
説明

Process Name

RIP インスタンス タグ

Admin-distance

RIP に割り当てられた管理ディスタンス。ルータ アドレスファミリ コンフィギュレーション モードで distance コマンドを使用して、この値を設定できます。

Updates

RIP アップデートのタイマー値。インターフェイス コンフィギュレーション モードで ip rip timer basic コマンドを使用して、この値を設定できます。

expire

有効期限が満了する RIP アップデートのタイマー値。インターフェイス コンフィギュレーション モードで ip rip timer basic コマンドを使用して、この値を設定できます。

Collect garbage

RIP ルート テーブルで不要なデータを収集するためのタイマー値。インターフェイス コンフィギュレーション モードで ip rip timer basic コマンドを使用して、この値を設定できます。

Default metric

デフォルトのメトリック値。ルータ アドレスファミリ モードで default-
metric
コマンドを使用して、この値を設定します。

Max-paths

RIP ルート単位で許可された最大パスの数。ルータ アドレスファミリ モードで max-paths コマンドを使用して、この値を設定します。

Process

この RIP インスタンスの管理および動作ステート

Interfaces supported

RIP バージョン、およびこの RIP インスタンス用に設定されたインターフェイスのリスト。インターフェイス コンフィギュレーション モードで ip router rip コマンドを使用して、インターフェイスを追加または削除します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 rip interface

インターフェイスの RIP 情報を表示します。

show ipv6 rip neighbor

RIP ネイバー情報を表示します。

show ipv6 rip policy statistics

RIP ポリシー統計情報を表示します。

show ipv6 rip route

RIP ルート情報を表示します。

show ipv6 rip statistics

RIP 統計情報を表示します。

show ipv6 rip interface

RIP トポロジ テーブルからインターフェイス エントリ情報を表示するには、任意のモードで show ipv6 rip interface コマンドを使用します。

show ipv6 rip [ vrf vrf-name ] interface [ type instance ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

interface type slot/port

(任意)インターフェイスを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次に、 show ipv6 rip interface コマンドの出力例を示します。

switch(config-if)# show ipv6 rip interface ethernet 1/2
Process Name "rip-sd" vrf "default"
RIP-configured interface information
 
GigabitEthernet1/2, protocol-down/link-down/admin-down, RIP state: down
address/mask NotConfigured, metric 1, split-horizon
 

表37 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表37 show ipv6 rip interface フィールドの説明

フィールド
説明

Process Name

RIP インスタンス タグ

vrf

このインターフェイスの VRF

Interface information

インターフェイス管理および動作ステート

RIP state

このインターフェイスの RIP 情報

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 rip

RIP 情報を表示します。

show ipv6 rip neighbor

RIP ネイバー情報を表示します。

show ipv6 rip policy statistics

RIP ポリシー統計情報を表示します。

show ipv6 rip route

RIP ルート情報を表示します。

show ipv6 rip statistics

RIP 統計情報を表示します。

show ipv6 rip neighbor

RIP トポロジ テーブルからネイバー情報を表示するには、任意のモードで show ipv6 rip neighbor コマンドを使用します。

show ipv6 rip [ vrf vrf-name ] neighbor [ interface-type instance ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

interface-type

(任意)インターフェイス タイプ。詳細については、疑問符( ? )オンライン ヘルプ機能を使用します。

instance

(任意)物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンス

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次に、 show ipv6 rip neighbor コマンドの出力例を示します。

switch(config-if)# show ipv6 rip neighbor
Process Name "rip-sd" vrf "default"
RIP Neighbor Information (number of neighbors = 0)
('dead' means more than 300 seconds ago)
 

表38 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表38 show ipv6 rip neighbor フィールドの説明

フィールド
説明

Process Name

RIP インスタンス タグ

vrf

このインターフェイスの VRF

Neighbor information

このインターフェイスで認識された RIP ネイバーの数

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 rip

RIP 情報を表示します。

show ipv6 rip interface

インターフェイスの RIP 情報を表示します。

show ipv6 rip policy statistics

RIP ポリシー統計情報を表示します。

show ipv6 rip route

RIP ルート情報を表示します。

show ipv6 rip statistics

RIP 統計情報を表示します。

show ipv6 rip policy statistics

RIP のポリシー統計情報を表示するには、任意のモードで show ipv6 rip policy statistics コマンドを使用します。

show ipv6 rip [ vrf vrf-name ] policy statistics redistribute { bgp id | direct | eigrp id | isis id | ospf id | ospfv3 id | static }

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

bgp

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)のポリシー統計情報を表示します。

direct

直接接続されたルートのポリシー統計情報のみを表示します。

eigrp

Enhanced IGRP(EIGRP)のポリシー統計情報を表示します。

isis

IS-IS ルーティング プロトコルのポリシー統計情報を表示します。

ospf

OSPF プロトコルのポリシー統計情報を表示します。

ospfv3

OSPF バージョン 3(OSPFv3)プロトコルのポリシー統計情報を表示します。

static

IP スタティック ルートのポリシー統計情報を表示します。

id

bgp キーワードは、Autonomous System(AS; 自律システム)番号です。2 バイトの番号の範囲は 1 ~ 65535 です。4 バイトの番号の範囲は 1.0 ~ 65535.65535 です。

eigrp キーワードは、ルートの再配布元である EIGRP インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

isis キーワードは、ルートの再配布元である IS-IS インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

ospf キーワードは、ルートの再配布元である OSPF インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次に、EIGRP のポリシー統計情報を表示する例を示します。

switch# show ipv6 rip policy statistics redistribute eigrp 201

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ipv6 rip policy statistics

RIP のポリシー統計情報をクリアします。

show ipv6 rip

RIP 情報を表示します。

show ipv6 rip interface

インターフェイスの RIP 情報を表示します。

show ipv6 rip neighbor

ネイバーの RIP 情報を表示します。

show ipv6 rip route

RIP ルート情報を表示します。

show ipv6 rip statistics

RIP 統計情報を表示します。

show ipv6 rip route

RIP トポロジ テーブルからルート情報を表示するには、任意のモードで show ipv6 rip route コマンドを使用します。

show ipv6 rip [ vrf vrf-name ] route [ prefix/length ] [ summary ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

prefix /length

(任意)ルーティング情報を表示する IP または IPv6 プレフィクス

summary

(任意)集約経路に関する情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

任意

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次に、 show ipv6 rip route コマンドの出力例を示します。

:switch# show ipv6 rip route
 

表39 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表39 show ipv6rip route フィールドの説明

フィールド
説明

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 rip

RIP 情報を表示します。

show ipv6 rip interface

インターフェイスの RIP 情報を表示します。

show ipv6 rip neighbor

ネイバーの RIP 情報を表示します。

show ipv6 rip policy statistics

RIP のポリシー統計情報を表示します。

show ipv6 rip statistics

RIP 統計情報を表示します。

show ipv6 rip statistics

RIP トポロジ テーブルから統計エントリ情報を表示するには、任意のモードで show ipv6 rip statistics コマンドを使用します。

show ipv6 rip [ vrf vrf-name ] statistics [ interface-type instance ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

interface-type

(任意)インターフェイス タイプ。詳細については、疑問符( ? )オンライン ヘルプ機能を使用します。

instance

(任意)物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンス

 
コマンドのデフォルト設定

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

任意

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次に、 show ipv6 rip statistics コマンドの出力例を示します。

switch# show ipv6 rip statistics
Global update stats:
Sent Multicast Updates: periodic 0,triggered 0
Sent Multicast Requests: 0
Sent Unicast Updates: 544
Sent Unicast Requests: 544
Recv Multicast Updates: 0
Recv Multicast Requests: 0
Recv Unicast Updates: 500
Recv Unicast Requests: 544
Recv Bad Pkts: 0
Recv Bad Routes: 0
 

表40 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表40 show ipv6 rip statistics フィールドの説明

フィールド
説明

Sent Multicast Updates:

送信された RIP マルチキャスト アップデートの数

Sent Multicast Requests:

送信された RIP マルチキャスト要求の数

Sent Unicast Updates:

送信された RIP ユニキャスト アップデートの数

Sent Unicast Requests:

送信された RIP ユニキャスト要求の数

Recv Multicast Updates:

受信された RIP マルチキャスト アップデートの数

Recv Multicast Requests:

受信された RIP マルチキャスト要求の数

Recv Unicast Updates:

受信された RIP ユニキャスト アップデートの数

Recv Unicast Requests:

受信された RIP ユニキャスト要求の数

Recv Bad Pkts:

受信された不良 RIP パケットの数

Recv Bad Routes:

受信された不良 RIP ルートの数

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 rip

RIP 情報を表示します。

show ipv6 rip interface

インターフェイスの RIP 情報を表示します。

show ipv6 rip neighbor

ネイバーの RIP 情報を表示します。

show ipv6 rip policy statistics

RIP のポリシー統計情報を表示します。

show ipv6 rip route

RIP ルート情報を表示します。

show ipv6 route

ユニキャスト RIB からルートを表示するには、 show ipv6 route コマンドを使用します。

show ipv6 route [ addr | prefix ] [ route-type ][ summary ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

addr

(任意)IPv6 アドレス。フォーマットは A:B::C:D です。

prefix

(任意)IPv6 プレフィクス。フォーマットは A:B::C:D/length です。長さの範囲は 1 ~ 128 です。

route-type

(任意)ルート タイプ。タイプのリストを表示するには、 ? を使用します。

summary

(任意)ルート カウントを表示します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(3)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、ルート テーブルを示します。

switch(config)# show ipv6 route
IPv6 Routing Table for VRF "default"
 
0::/127, ubest/mbest: 1/0
*via 0::, Null0, [220/0], 18:03:20, discard, discard
fe80::/10, ubest/mbest: 1/0
*via 0::, Null0, [220/0], 18:03:20, discard, discard

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ipv6 route

ルート テーブルのエントリをクリアします。

show ipv6 static-route

ユニキャスト RIB からスタティック ルートを表示するには、 show ipv6 static-route コマンドを使用します。

show ipv6 static-route [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、スタティック ルートを示します。

switch(config)# show ipv6 static-route
IPv6 Unicast Static Routes:

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipv6 route

スタティック ルートを設定します。

show ipv6 traffic

IPv6 トラフィック情報を表示するには、 show ipv6 traffic コマンドを使用します。

show ipv6 traffic

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、IPv6 トラフィック情報を示します。

switch(config)# show ipv6 traffic
IPv6 Software Processed Traffic and Error Statistics, last reset: never
 
RP-Traffic Statistics:
Counter Unicast Multicast
------- ------- ---------
Packets forwarded: 0 0
Bytes forwarded: 0 0
Packets originated: 0 0
Bytes originated: 0 0
Packets consumed: 0 0
Bytes consumed: 0 0
Fragments originated: 0 0
Fragments consumed: 0 0
 
Error Statistics:
Bad version: 0, route lookup failed: 0, hop limit exceeded: 0
Option header errors: 0, payload length too small: 0
PM errors: 0, MBUF errors: 0, encapsulation errors: 0

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 process

IPv6 プロセスに関する情報を表示します。

show ospfv3

OSPF バージョン 3(OSPFv3)ルーティング インスタンスに関する一般情報を表示するには、 show ospfv3 コマンドを使用します。

show [ ipv6 ] ospfv3 [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。特定の OSPFv3 インスタンスに関する OSPFv3 情報を表示するのにこのタグを使用します。 instance-tag 引数は、任意の英数字文字列です。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

1 つまたは複数の OSPFv3 インスタンスに関する情報を表示するには、 show ospfv3 コマンドを使用します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、特定の 1 つの OSPFv3 インスタンスに関する情報を表示する例を示します。

switch# show ospfv3 201
Routing Process sd with ID 0.0.0.0 vrf default
Graceful-restart is configured
grace period: 60, state: (null)
Last graceful restart exit status: None
Supports only single TOS(TOS0) routes
Supports opaque LSA
Administrative distance 110
Reference Bandwidth is 40000 Mbps
Initial SPF schedule delay 200.000 msecs,
minimum inter SPF delay of 1000.000 msecs,
maximum inter SPF delay of 5000.000 msecs
Minimum hold time for Router LSA throttle 5000.000 ms
Minimum hold time for Network LSA throttle 5000.000 ms
Minimum hold time for Intra-Area-Prefix LSA throttle 5000.000 ms
Minimum hold time for Link LSA throttle 5000.000 ms
Minimum LSA arrival 1000.000 msec
Maximum paths to destination 8
Number of external LSAs 0, checksum sum 0
Number of areas is 2, 2 normal, 0 stub, 0 nssa
Number of active areas is 0, 0 normal, 0 stub, 0 nssa
Area BACKBONE(0) (Inactive)
Area has existed for 01:13:04
Interfaces in this area: 1 Active interfaces: 0
SPF calculation has run 1 times
Last SPF ran for 0.000433s
Area ranges are
Number of LSAs: 0, checksum sum 0
Area (33) (Inactive)
Area has existed for 01:13:04
Interfaces in this area: 0 Active interfaces: 0
SPF calculation has run 1 times
Last SPF ran for 0.000053s
Area ranges are
Number of LSAs: 0, checksum sum 0
 

表41 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表41 show ospfv3 フィールドの説明

フィールド
説明

Routing Process...

OSPFv3 インスタンス タグおよび OSPFv3 ルータ ID

Stateful High Availability

ステートフル再起動機能のステータス

Graceful-restart

グレースフル リスタート設定のステータス

grace period

OSPFv3 がグレースフル リスタートを開始する必要がある秒数

Last graceful restart exit status

最後のグレースフル リスタートの終了ステータス

Supports...

サポートされるサービス タイプの数(タイプ 0 のみ)

Reference Bandwidth

コスト計算に使用する帯域幅

Initial SPF schedule delay

SPF 計算の遅延時間

Minimum LSA arrival

Link-State Advertisement(LSA; リンクステート アドバタイズメント)の間の最小インターバル

Number of...

受信した LSA の数およびタイプ

Number of areas is...

ルータ用に設定されたエリアの数およびタイプ

show ospfv3 border-routers

Area Border Router(ABR; エリア境界ルータ)および Autonomous System Boundary Router(ASBR; 自律システム境界ルータ)に対して、OSPF バージョン 3(OSPFv3)ルーティング テーブル エントリを表示するには、 show ospfv3 border-routers コマンドを使用します。

show [ ipv6 ] ospfv3 [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] border-routers

 
シンタックスの説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。特定の OSPFv3 インスタンスに関する OSPFv3 情報を表示するのにこのタグを使用します。 instance-tag 引数は、任意の英数字文字列です。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

ABR および ASBR に関する情報を表示するには、 show ip ospfv3 border-routers コマンドを使用します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、境界ルータに関する情報を表示する例を示します。

 
switch# show ospfv3 border-routers
 
OSPFv3 Process ID p1, vrf default internal routing table
Codes: i - Intra-area route, I - Inter-area route
i 60.60.60.60 [10], ABR, Area 0.0.0.0, SPF 9
via fe80::0206:d6ff:fec8:a41c, Ethernet2/5
i 60.60.60.60 [10], ABR, Area 0.0.0.1, SPF 9
via fe80::0206:d6ff:fec8:a408, Ethernet2/6
 

表42 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表42 show ospfv3 border-routers フィールドの説明

フィールド
説明

40.40.40.40

宛先のルータ ID

[10]

このルートを使用するコスト

ABR

宛先のルータ タイプ。タイプは ABR、ASBR、または両方です。

Area

このルートが学習されたエリアのエリア ID

SPF 71

このルートをインストールする Shortest Path First(SPF)計算の内部番号

via fe80::0206:d6ff:fec8:a41c

宛先に対するネクストホップ

Ethernet2/1

発信インターフェイスのインターフェイス タイプ

show ospfv3 database

特定のルータの OSPF バージョン 3(OSPFv3)データベースを表示するには、 show ospfv3 database コマンドを使用します。

show [ ipv6 ] ospfv3 [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] database [ area-id ] [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ]

show [ ipv6 ] ospfv3 [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] database asbr-summary [ area-id ] [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ]

show [ ipv6 ] ospfv3 [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] database database-summary

show [ ipv6 ] ospfv3 [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] database external [ ext_tag value ] [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ]

show [ ipv6 ] ospfv3 [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] database network [ area-id ] [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ]

show [ ipv6 ] ospfv3 [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] database nssa-external [ area-id ] [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ]

show [ ipv6 ] ospfv3 [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] database opaque-area [ area-id ] [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ]

show [ ipv6 ] ospfv3 [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] database opaque-as [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ]

show [ ipv6 ] ospfv3 [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] database opaque-link [ area-id ] [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ]

show [ ipv6 ] ospfv3 [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] database router [ area-id ] [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ]

show [ ipv6 ] ospfv3 [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] database summary [ area-id ] [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ]

 
シンタックスの説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。英数字文字列で指定します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

area-id

(任意)特定のエリアを定義するのに使用するエリア番号。IP アドレスまたは番号(0 ~ 4294967295)のいずれかで指定します。

link-state-id

(任意)アドバタイズメントによって説明されるインターネット環境の部分。入力した値は、アドバタイズメントのリンクステート タイプによって異なります。IP アドレスの形式で指定します。

adv-router ip-address

(任意)指定されたルータのすべての Link-State Advertisement(LSA; リンクステート アドバタイズメント)を表示します。

self-originate

(任意)自動送信 LSA(ローカル ルータから)を表示します。

asbr-summary

(任意)Autonomous System Boundary Router(ASBR; 自律システム境界ルータ)サマリー LSA に関する情報を表示します。

database-summary

(任意)データベースの各エリアの各 LSA タイプと、LSA の総数を表示します。

external

(任意)外部 LSA に関する情報を表示します。

ext_tag value

(任意)外部タグに基づいた情報を表示します。範囲は 1 ~ 4294967295 です。

network

(任意)ネットワーク LSA に関する情報を表示します。

nssa-external

(任意)Not-So-Stubby Area(NSSA)外部 LSA に関する情報を表示します。

opaque-area

(任意)不透明なエリア LSA に関する情報を表示します。

opaque-as

(任意)不透明な AS LSA に関する情報を表示します。

opaque-link

(任意)不透明なリンクローカル LSA に関する情報を表示します。

router

(任意)ルータ LSA に関する情報を表示します。

summary

(任意)集約 LSA に関する情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

異なる OSPFv3 LSA に関する情報を表示するには、 ipv6 ospfv3 database コマンドを使用します。

LSA がネットワークを学習すると、 link-state-id 引数は次のいずれかの形式を使用します。

ネットワークの IP アドレス(タイプ 3 要約リンク アドバタイズメントおよび Autonomous System [AS; 自律システム] 外部リンク アドバタイズメントなど)

リンク ステート ID から取得したアドレス(ネットワーク リンク アドバタイズメントのリンク ステート ID にネットワークのサブネット マスクをマスキングすると、ネットワークの IP アドレスを作成します)

LSA がルータを説明する場合、リンク ステート ID は常に説明されたルータの OSPFv3 ルータ ID になります。

AS 外部アドバタイズメント(LS タイプ = 5)がデフォルトのルートを説明する場合、そのリンク ステート ID はデフォルトの宛先(0.0.0.0)に設定されます。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、OSPFv3 データベースを表示する例を示します。

 
Router# show ospfv3 database
 
OSPFv3 Router with ID (40.40.40.40) (Process ID p1)
 
Router Link States (Area 0)
 
Link ID ADV Router Age Seq# Link Count
0.0.0.0 40.40.40.40 301 0x8000006d 1
0.0.0.0 60.60.60.60 1655 0x80000a59 1
 
Network Link States (Area 0)
 
Link ID ADV Router Age Seq# Routers
0.0.0.5 60.60.60.60 1655 0x8000005c 2
 
Inter-Area Prefix Link States (Area 0)
 
Link ID ADV Router Age Seq# Prefix
0.0.0.2 40.40.40.40 301 0x8000006a 1111:2222::/32
0.0.0.4 40.40.40.40 291 0x80000066 1111:6666::/32
0.0.0.6 40.40.40.40 291 0x80000066 6161:6161::6161/128
0.0.0.0 60.60.60.60 147 0x800009f6 6161:6161::6161/128
0.0.0.111 60.60.60.60 1655 0x8000005c 1111:6666::/32
0.0.0.112 60.60.60.60 1655 0x8000005c 1111:2222::/32
 
Intra-Area Prefix Link States (Area 0)
 
Link ID ADV Router Age Seq# Ref-lstype Ref-LSID
1.0.0.0 40.40.40.40 301 0x8000006e Router 0.0.0.0
0.0.0.0 60.60.60.60 1655 0x80000a32 Router 0.0.0.0
0.0.3.237 60.60.60.60 1655 0x8000005c Network 0.0.0.5
 
Link-Local Link States (Area 0)
 
Link ID ADV Router Age Seq# Interface
0.0.0.1 40.40.40.40 341 0x80000066 Enet2/1
0.0.0.3 40.40.40.40 341 0x80000066 Enet24
0.0.0.4 40.40.40.40 301 0x8000006d Enet25
0.0.0.5 60.60.60.60 147 0x80000917 Enet25
 
Router Link States (Area 1)
 
Link ID ADV Router Age Seq# Link Count
0.0.0.0 40.40.40.40 291 0x8000006d 1
0.0.0.0 60.60.60.60 1655 0x80000abd 1
 
Network Link States (Area 1)
 
Link ID ADV Router Age Seq# Routers
0.0.0.4 60.60.60.60 1655 0x8000005c 2
 
Inter-Area Prefix Link States (Area 1)
 
Link ID ADV Router Age Seq# Prefix
0.0.0.1 40.40.40.40 291 0x8000006a 1111:1111::/32
0.0.0.3 40.40.40.40 331 0x80000066 1111:4444::0001/128
0.0.0.5 40.40.40.40 291 0x80000066 6060:6060::6060/128
0.0.0.0 60.60.60.60 147 0x800009f6 6060:6060::6060/128
0.0.0.156 60.60.60.60 409 0x8000005d 1111:5555::/32
0.0.0.158 60.60.60.60 1655 0x8000005c 1111:1111::/32
0.0.0.159 60.60.60.60 1655 0x8000005c 1111:4444::0001/128
 
Intra-Area Prefix Link States (Area 1)
 
Link ID ADV Router Age Seq# Ref-lstype Ref-LSID
1.0.0.0 40.40.40.40 291 0x8000006e Router 0.0.0.0
0.0.0.0 60.60.60.60 1655 0x80000a54 Router 0.0.0.0
0.0.3.236 60.60.60.60 1655 0x8000005c Network 0.0.0.4
Link-Local Link States (Area 1)
Link ID ADV Router Age Seq# Interface
0.0.0.2 40.40.40.40 341 0x80000066 Enet2/2
0.0.0.5 40.40.40.40 291 0x8000006d Enet2/6
0.0.0.4 60.60.60.60 1655 0x8000005d Enet2/6
 

表43 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表43 show ospfv3 database フィールドの説明

フィールド
説明

Link ID

ルータ ID 番号

ADV Router

アドバタイズ ルータの ID

Age

リンク ステート経過時間

Seq#

リンク ステート シーケンス番号(以前の、または重複した LSA を検出します)

Checksum

LSA の内容全体のチェックサム

Link count

ルータ用に検出されたインターフェイスの数

次に、ASBR のサマリーを表示する例を示します。

 
Router# show ospfv3 database asbr-summary
 
OSPFv3 Router with id(192.168.239.66) (Process ID 300)
 
Displaying Summary ASB Link States(Area 0.0.0.0)
 
LS age: 1463
Options: (No TOS-capability)
LS Type: Summary Links(AS Boundary Router)
Link State ID: 172.16.245.1 (AS Boundary Router address)
Advertising Router: 172.16.241.5
LS Seq Number: 80000072
Checksum: 0x3548
Length: 28
Network Mask: 0.0.0.0 TOS: 0 Metric: 1
 

表44 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表44 show ospfv3 database asbr-summary フィールドの説明

フィールド
説明

OSPFv3 Router with id

ルータ ID 番号

Process ID

OSPFv3 process ID.

LS age

リンク ステート経過時間

Options

サービス オプションのタイプ(タイプ 0 のみ)

LS Type

リンク ステート タイプ

Link State ID

リンク ステート ID(ASBR)

Advertising Router

アドバタイズ ルータの ID

LS Seq Number

リンク ステート シーケンス(以前の、または重複した LSA を検出します)

Checksum

LSA の内容全体のチェックサム

Length

LSA の長さ(バイト単位)

Network Mask

実行されたネットワーク マスク

TOS

Type of Service(ToS; タイプ オブ サービス)

Metric

リンク ステート メトリック

次に、外部リンクに関する情報を表示する例を示します。

 
Router# show ospfv3 database external
 
OSPFv3 Router with id(192.168.239.66) (Autonomous system 300)
 
Displaying AS External Link States
 
LS age: 280
Options: (No TOS-capability)
LS Type: AS External Link
Link State ID: 10.105.0.0 (External Network Number)
Advertising Router: 172.16.70.6
LS Seq Number: 80000AFD
Checksum: 0xC3A
Length: 36
Network Mask: 255.255.0.0
Metric Type: 2 (Larger than any link state path)
TOS: 0
Metric: 1
Forward Address: 0.0.0.0
External Route Tag: 0
 

表45 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表45 show ospfv3 database external フィールドの説明

フィールド
説明

OSPFv3 Router with id

ルータ ID 番号

Autonomous system

OSPFv3 AS 番号(OSPFv3 プロセス ID)

LS age

リンク ステート経過時間

Options

サービス オプションのタイプ(タイプ 0 のみ)

LS Type

リンク ステート タイプ

Link State ID

リンク ステート ID(外部ネットワーク番号)

Advertising Router

アドバタイズ ルータの ID

LS Seq Number

リンク ステート シーケンス番号(以前の、または重複した LSA を検出します)

Checksum

LSA の内容全体のチェックサム

Length

LSA の長さ(バイト単位)

Network Mask

実行されたネットワーク マスク

Metric Type

外部タイプ

TOS

ToS

Metric

リンク ステート メトリック

Forward Address

転送アドレス。アドバタイズされた宛先へのデータ トラフィックは、このアドレスに転送されます。転送アドレスが 0.0.0.0 に設定されている場合、データ トラフィックは代わりにアドバタイズメントの発信元に転送されます。

External Route Tag

外部ルート タグ。外部ルートごとに付加された 32 ビットのフィールド。このフィールドは、OSPFv3 プロトコルには使用されません。

次に、OSPFv3 データベースのサマリーを表示する例を示します。

Router# show ospfv3 database database-summary
 
OSPFv3 Router with ID (100.0.0.1) (Process ID 1)
 
Area 0 database summary
LSA Type Count Delete Maxage
Router 3 0 0
Network 0 0 0
Summary Net 0 0 0
Summary ASBR 0 0 0
Type-7 Ext 0 0 0
Self-originated Type-7 0
Opaque Link 0 0 0
Opaque Area 0 0 0
Subtotal 3 0 0
 
Process 1 database summary
LSA Type Count Delete Maxage
Router 3 0 0
Network 0 0 0
Summary Net 0 0 0
Summary ASBR 0 0 0
Type-7 Ext 0 0 0
Opaque Link 0 0 0
Opaque Area 0 0 0
Type-5 Ext 0 0 0
Self-originated Type-5 200
Opaque AS 0 0 0
Total 203 0 0
 

表46 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表46 show ospfv3 database database-summary フィールドの説明

フィールド
説明

Area 0 database summary

エリア番号

Count

最初のカラムで特定されたタイプの LSA の数

Router

エリアのルータ LSA の数

Network

エリアのネットワーク LSA の数

Summary Net

エリアの要約 LSA の数

Summary ASBR

エリアの要約 ASBR LSA の数

Type-7 Ext

タイプ 7 LSA の数

Self-originated Type-7

自動送信タイプ 7 LSA

Opaque Link

タイプ 9 LSA の数

Opaque Area

タイプ 10 LSA の数

Subtotal

エリアの LSA の合計

Delete

エリアで「Deleted」とマークされた LSA の数

Maxage

エリアで「Maxaged」とマークされた LSA の数

Process 1 database summary

プロセスのデータベース サマリー

Count

最初のカラムで特定されたタイプの LSA の数

Router

プロセスのルータ LSA の数

Network

プロセスのネットワーク LSA の数

Summary Net

プロセスのサマリー LSA の数

Summary ASBR

プロセスの要約 ASBR LSA の数

Type-7 Ext

タイプ 7 LSA の数

Opaque Link

タイプ 9 LSA の数

Opaque Area

タイプ 10 LSA の数

Type-5 Ext

タイプ 5 LSA の数

Self-Originated Type-5

自動送信タイプ 5 LSA の数

Opaque AS

タイプ 11 LSA の数

Total

プロセスの LSA の合計

show ospfv3 interface

OSPF バージョン 3(OSPFv3)関連のインターフェイス情報を表示するには、 show ospfv3 interface コマンドを使用します。

show [ ipv6 ] ospfv3 interface [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] [ interface - type interface-number ] [ brief ]

 
シンタックスの説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。英数字文字列で指定します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

interface-type

(任意)インターフェイス タイプ。 interface-type 引数が含まれる場合、指定されたインターフェイス タイプの情報のみが含まれます。ヘルプ機能で、この引数で使用可能なオプションを表示するには、CLI で ? を入力します。

interface-number

(任意)インターフェイス番号。 interface-number 引数が含まれる場合、指定されたインターフェイス番号の情報のみが含まれます。ヘルプ機能で、この引数で使用可能なオプションを表示するには、CLI で ? を入力します。

brief

(任意)ルータ上の OSPFv3 インターフェイス、ステート、アドレス、マスク、およびエリアの概要情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

インターフェイスの OSPFv3 ステータスを表示するには、 show ospfv3 interface コマンドを使用します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、インターフェイス Ethernet 1/2 の OSPFv3 情報を表示する例を示します。

switch# show ospfv3 interface ethernet 1/2
Ethernet1/2 is up, line protocol is up
IP address 192.0.2.1, Process ID 201 vrf default, area 10
IPv6 address 2001:0DB8::1
Process ID sd vrf default, Instance ID 0, area 0
State DOWN, Network type P2P, cost 65535
Index 1, Transmit delay 1 sec
0 Neighbors, flooding to 0, adjacent with 0
Timer intervals: Hello 10, Dead 40, Wait 40, Retransmit 5
Number of link LSAs: 0, checksum sum 0
 

表47 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表47 show ospfv3 interface フィールドの説明

フィールド
説明

Ethernet

プロトコルの物理リンクのステータスおよび動作ステータス

IPv6 Address

インターフェイス IPv6 アドレス

vrf

VRF インスタンス

Transmit Delay

転送遅延、インターフェイス ステート、およびルータ プライオリティ

designated router

代表ルータ ID およびインターフェイス IP アドレス

backup designated router

バックアップ代表ルータ ID およびインターフェイス IP アドレス

Timer intervals

タイマー間隔の設定

Hello

次の hello パケットをこのインターフェイスに送信するまでの秒数

show ospfv3 memory

OSPF バージョン 3(OSPFv3)プロトコルのメモリ使用統計情報を表示するには、 show ospfv3 memory コマンドを使用します。

show [ ipv6 ] ospfv3 memory

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、OSPFv3 のメモリ統計情報を表示する例を示します。

Router# show ospfv3 memory
OSPFv3 Process ID sd, Memory statistics
Process memory: 2096 KB
Byte usage: needed 0, overhead 192, using 192 bytes
Allocations: current 6, created 6, failed 0, free 0
Bitfields: current 30, created 30, failed 0, free 0, using 248010 bytes
Slabs: current 2, created 2, failed 0, free 0, using 80 bytes
Index failure: Interface 0, Neighbor 0
 
Slab Memory
OSPFv3 vertex slab
Alloc 1, max allocs 1, total allocs 1, total frees 0
Total block allocs 1, total block frees 0, max blocks 1
Bytes (size/allocated) 68/69720
OSPFv3 IPv4 prefix routes slab
Alloc 0, max allocs 0, total allocs 0, total frees 0
Total block allocs 0, total block frees 0, max blocks 0
Bytes (size/allocated) 188/64
OSPFv3 router routes slab
Alloc 0, max allocs 0, total allocs 0, total frees 0
Total block allocs 0, total block frees 0, max blocks 0
Bytes (size/allocated) 100/64
OSPFv3 IPv4 next-hops slab
Alloc 1, max allocs 1, total allocs 1, total frees 0
Total block allocs 1, total block frees 0, max blocks 1
Bytes (size/allocated) 32/262232
 

表48 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表48 show ospfv3 memory フィールドの説明

フィールド
説明

show ospfv3 neighbors

インターフェイス単位で OSPF バージョン 3(OSPFv3)ネイバー情報を表示するには、 show ospfv3 neighbor コマンドを使用します。

show [ ipv6 ] ospfv3 [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] neighbors [ interface - type interface-number ] [ neighbor-id ] [ detail ] [ summary ]

 
シンタックスの説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。英数字文字列で指定します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

area-id

(任意)特定のエリアを定義するのに使用するエリア番号。IP アドレスまたは番号(0 ~ 4294967295)で指定します。

interface-type

(任意)インターフェイス タイプ。 interface-type 引数が含まれる場合、指定されたインターフェイス タイプの情報のみが含まれます。ヘルプ機能で、この引数で使用可能なオプションを表示するには、CLI で ? を入力します。

interface-number

(任意)インターフェイス番号。 interface-number 引数が含まれる場合、指定されたインターフェイス番号の情報のみが含まれます。ヘルプ機能で、この引数で使用可能なオプションを表示するには、CLI で ? を入力します。

neighbor-id

(任意)ネイバーのルータ ID。IP アドレスを指定します。

detail

(任意)特定のすべてのネイバーを詳細に表示します(すべてのネイバーを表示します)。

summary

(任意)ネイバーのサマリーを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

この OSPFv3 インスタンスのすべての、または一部のネイバーに関する情報を表示するには、 show ospfv3 neighbors コマンドを使用します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、ネイバー ID と一致するネイバーに関するサマリー情報を表示する例を示します。

 
Router# show ospfv3 neighbors
OSPFv3 Process ID p1 vrf Red
Total number of neighbors: 2
Neighbor ID Pri State Up Time Interface ID Interface
60.60.60.60 1 FULL/DR 2d03h 5 GigE2/0/5
Neighbor address fe80::0206:d6ff:fec8:a41c
60.60.60.60 1 FULL/DR 2d03h 4 GigE2/0/6
Neighbor address fe80::0206:d6ff:fec8:a408
 

表49 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表49 show ospfv3 neighbors フィールドの説明

フィールド
説明

Neighbor ID

ネイバー ルータ ID

Pri State

OSPFv3 のプライオリティおよびステート

Up Time

OSPFv3 がこのネイバーとの隣接関係を確立してからの時間

show ospfv3 policy statistics area

エリアの OSPF バージョン 3(OSPFv3)ポリシー統計情報を表示するには、 show ospfv3 policy statistics area コマンドを使用します。

show [ ipv6 ] ospfv3 [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] policy statistics area area id filter-list { in | out }

 
シンタックスの説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。英数字文字列で指定します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

area area-id

特定のエリアを定義するのに使用するエリア番号を指定します。IP アドレスまたは番号(0 ~ 4294967295)で指定します。

filter-list

OSPFv3 エリアの間のプレフィクスをフィルタリングします。

in

着信ルートのポリシー統計情報を表示します。

out

発信ルートのポリシー統計情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

エリアに適用されたフィルタ リストに関する情報を表示するには、 show ospfv3 policy statistics area コマンドを使用します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、OSPFv3 のポリシー統計情報を表示する例を示します。

switch# show ospfv3 policy statistics area
 

show ospfv3 policy statistics redistribute

OSPF バージョン 3(OSPFv3)ポリシー統計情報を表示するには、 show ospfv3 policy statistics redistribute コマンドを使用します。

show [ ipv6 ] ospfv3 [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] policy statistics redistribute { bgp id | direct | isis id | rip id | static }

 
シンタックスの説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。英数字文字列で指定します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

bgp

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)のポリシー統計情報を表示します。

direct

直接接続されたルートのポリシー統計情報のみを表示します。

isis

IS-IS ルーティング プロトコルのポリシー統計情報を表示します。

rip

RIP のポリシー統計情報を表示します。

static

IP スタティック ルートのポリシー統計情報を表示します。

id

bgp キーワードは、Autonomous System(AS; 自律システム)番号です。2 バイトの番号の範囲は 1 ~ 65535 です。4 バイトの番号の範囲は 1.0 ~ 65535.65535 です。

isis および rip キーワードは、ルートの再配布元であるインスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

再配布統計情報を表示するには、 show ospfv3 policy statistics redistribute コマンドを使用します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、再配布ルートのポリシー統計情報を表示する例を示します。

switch# show ospfv3 policy statistics redistribute
 

show ospfv3 request-list

ルータが要求した、すべての Link-State Advertisement(LSA; リンクステート アドバタイズメント)のリストを表示するには、 show ospfv3 request-list コマンドを使用します。

show [ ipv6 ] ospfv3 request-list neighbor-id interface interface - number

 
シンタックスの説明

neighbor-id

ネイバーのルータ ID。IP アドレスを指定します。

interface-type

インターフェイス タイプ interface-type 引数が含まれる場合、指定されたインターフェイス タイプの情報のみが含まれます。ヘルプ機能で、この引数で使用可能なオプションを表示するには、CLI で ? を入力します。

interface-number

インターフェイス番号。 interface-number 引数が含まれる場合、指定されたインターフェイス番号の情報のみが含まれます。ヘルプ機能で、この引数で使用可能なオプションを表示するには、CLI で ? を入力します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

OSPF バージョン 3(OSPFv3)ルーティング動作をトラブルシューティングするには、 show ospfv3 request-list コマンドを使用します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、ルータが要求したすべての LSA のリストを表示する例を示します。

Router# show ospfv3 request-list 40.40.40 ethernet 2/1
OSPFv3 Process ID p1
Neighbor 40.40.40.40, interface Ethernet2/1, address 192.0.2.1
1 LSAs on request-list
 
Type LS ID ADV RTR Seq NO Age Checksum
1 192.0.2.12 192.0.2.12 0x8000020D 8 0x6572
 

表50 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表50 show ospfv3 request-list フィールドの説明

フィールド
説明

Type

LSA タイプ

LS ID

ネイバー ルータの IP アドレス

ADV RTR

アドバタイズ ルータの IP アドレス

Seq NO

LSA のパケット シーケンス番号

Age

LSA の経過時間(秒単位)

Checksum

LSA のチェックサム番号

show ospfv3 retransmission-list

ネイバーへの再送信を待機する、すべての Link-State Advertisement(LSA; リンクステート アドバタイズメント)のリストを表示するには、 show ospfv3 retransmission-list コマンドを使用します。

show [ ipv6 ] ospfv3 retransmission-list neighbor-id interface interface - number

 
シンタックスの説明

neighbor-id

ネイバーのルータ ID。IP アドレスを指定します。

interface-type

インターフェイス タイプ interface-type 引数が含まれる場合、指定されたインターフェイス タイプの情報のみが含まれます。ヘルプ機能で、この引数で使用可能なオプションを表示するには、CLI で ? を入力します。

interface-number

インターフェイス番号。 interface-number 引数が含まれる場合、指定されたインターフェイス番号の情報のみが含まれます。ヘルプ機能で、この引数で使用可能なオプションを表示するには、CLI で ? を入力します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

OSPF バージョン 3(OSPFv3)ルーティング動作をトラブルシューティングするには、 show ospfv3 retransmission-list コマンドを使用します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、ネイバーへの再送信を待機するすべての LSA を表示する例を示します。

 
Router# show ospfv3 retransmission-list 192.0.2.11 ethernet 2/1
 
OSPFv3 Router with ID (192.0.2.12) (Process ID 1)
 
Neighbor 192.0.2.11, interface Ethernet2/1 address 209.165.201.11
Link state retransmission due in 3764 msec, Queue length 2
 
Type LS ID ADV RTR Seq NO Age Checksum
1 192.0.2.12 192.0.2.12 0x80000210 0 0xB196
 

表51 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表51 show ospfv3 retransmission-list フィールドの説明

フィールド
説明

Type

LSA タイプ

LS ID

ネイバー ルータの IP アドレス

ADV RTR

アドバタイズ ルータの IP アドレス

Seq NO

LSA のパケット シーケンス番号

Age

LSA の経過時間(秒単位)

Checksum

LSA のチェックサム番号

show ospfv3 routes

OSPF バージョン 3(OSPFv3)トポロジ テーブルを表示するには、 show ospfv3 routes コマンドを使用します。

show [ ipv6 ] ospfv3 [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] routes [ prefix / length | summary }

 
シンタックスの説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。英数字文字列で指定します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

prefix /length

(任意)IP プレフィクス。特定のルートへの出力を制限します。length は、スラッシュ(/)と 1 ~ 255 の数で表示されます。たとえば、/8 は、IP プレフィクスの最初の 8 ビットがネットワーク ビットであることを示します。

summary

(任意)すべてのルートのサマリーを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

OSPFv3 プライベート ルーティング テーブル(OSPFv3 によって計算されるルートのみを含む)を表示するには、 show ospfv3 routes コマンドを使用します。ルーティング情報ベース(RIB)内のルートに異常がある場合、ルートの OSPFv3 コピーをチェックして、RIB 内容と一致するかどうか判断してください。一致しない場合、OSPFv3 と RIB の間に同期化問題があります。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、OSPFv3 ルートを表示する例を示します。

 
RP/0/RP0/CPU0:router# show ospfv3 routes
OSPFv3 routing table
1111:1111::/32 (i) area 0
via directly connected
1111:2222::/32 (i) area 1
via directly connected
1111:4444::0001/128 (i) area 0
via directly connected
1111:5555::/32 (i) area 0
1111:6666::/32 (i) area 1
via directly connected
6060:6060::6060/128 (i) area 0
via fe80::0206:d6ff:fec8:a41c/Enet2/5, cost 10
6161:6161::6161/128 (i) area 1
via fe80::0206:d6ff:fec8:a408/Enet2/6, cost 10
 

表52 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表52 show ospfv3 route フィールドの説明

フィールド
説明

1111:1111::/32

このルートをアドバタイズしたルータのルータ ID

via...

特定のプレフィクス宛てのパケットは、表示されたインターフェイスで送信されるか、またはこのデバイスに直接接続されます。

show ospfv3 statistics

OSPF バージョン 3(OSPFv3)Shortest Path First(SPF)計算統計情報を表示するには、 show ospfv3 statistics コマンドを使用します。

show [ ipv6 ] ospfv3 [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] statistics

 
シンタックスの説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。英数字文字列で指定します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

LSA に関する情報を表示するには、 show ip ospfv3 statistics コマンドを使用します。この情報は、OSPFv3 ネットワークのメンテナンスとトラブルシューティング両方に役立ちます。たとえば、LSA フラッピングのトラブルシューティングの第一段階として show ospfv3 statistics コマンドを使用することを推奨します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、SPF 計算に関する情報を表示する例を示します。

Router# show ospfv3 statistics
OSPFv3 Process p1 vrf default, Event statistics (cleared 2w3d ago)
 
Router ID changes: 0
DR elections: 5
Older LSAs received: 0
Neighbor state changes: 10
Neighbor dead postponed: 0
Neighbor dead interval expirations: 0
Neighbor bad lsreqs: 0
Neighbor sequence number mismatches: 0
SPF computations: 9 full, 0 summary, 0 external
 
LSA Type Generated Refreshed Flushed Aged out
Router 4 202 0 0
Network 0 0 0 0
Inter-Area-Prefix 0 606 7 0
Inter-Area-Router 0 0 0 0
AS External 0 0 0 0
Link-Local 7 505 0 0
Intra-Area-Prefix 6 202 0 0
Unknown 0 0 0 0
 
Following counters can not be reset:
 
LSA deletions: 0 pending, 2 hwm, 16 deleted, 0 revived, 2 runs
Hello queue: 0/200, hwm 2, drops 0
Flood queue: 0/100, hwm 2, drops 0
LSDB additions failed: 0
 
Buffers: in use hwm permanent alloc free
128 bytes 0 2 1 142512 142512
512 bytes 0 2 2 779 779
1520 bytes 0 1 0 1 1
4500 bytes 0 1 1 891 891
huge 0 0 0 0 0
 

表53 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表53 show ospfv3 statistics フィールドの説明

フィールド
説明

OSPFv3 process

設定内の OSPFv3 インスタンスに割り当てられた一意な値

vrf

この OSPFv3 インスタンスの VRF

DR elections

新しい代表ルータが選択された回数

Neighbor...

ネイバーの詳細

LSA Type

各タイプの LSA が送信された数

show ospfv3 summary-address

OSPF バージョン 3(OSPFv3)インスタンスに設定されたすべてのサマリー アドレス再配布情報のリストを表示するには、 show ospfv3 summary-address コマンドを使用します。

show [ ipv6 ] ospfv3 [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] summary-address

 
シンタックスの説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。英数字文字列で指定します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、サマリー アドレスに関する情報を表示する例を示します。

 
Router# show ospfv3 summary-address
 
OSPFv3 Router with ID (40.40.40.40) (Process ID p1Configured summary-address
 
2000::/8 Pending
6161::/16 Pending
 

表54 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表54 show ospfv3 summary-address フィールドの説明

フィールド
説明

10.2.0.0/255.255.0.0

OSPFv3 プロセスのルータの IP アドレスおよびマスク

Metric -1

OSPFv3 メトリック タイプ

Type 0

LSA のタイプ

Tag 0

OSPFv3 プロセス タグの ID

show ospfv3 traffic

OSPF バージョン 3(OSPFv3)トラフィック統計情報を表示するには、 show ospfv3 traffic コマンドを使用します。

show [ ipv6 ] ospfv3 [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] traffic

 
シンタックスの説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。英数字文字列で指定します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

1 つまたは複数の OSPFv3 インスタンスのトラフィック統計情報を表示するには、 show ospfv3 traffic コマンドを使用します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、OSPFv3 トラフィック統計情報を表示する例を示します。

Router# show ospfv3 traffic
 
OSPFv3 Process ID p1, vrf Red, Packet Counters (cleared 2w3d ago)
Total: 1690 in, 349230 out
LSU transmissions: first 100, rxmit 108, for req 16
Flooding packets output throttled (IP/tokens): 0 (0/0)
Ignored LSAs: 0, LSAs dropped during SPF: 0
LSAs dropped during graceful restart: 0
Errors: drops in 0, drops out 0, errors in 0
errors out 0, unknown in 0, unknown out 0
no ospfv3 0, bad version 0, bad crc 0
dup rid 0, dup src 0, invalid src 0
invalid dst 0, no nbr 0, passive 0
wrong area 0, nbr changed rid/ip addr 0
bad auth 0
 
hellos dbds lsreqs lsus acks
In: 1411 70 16 136 57
Out: 348871 62 4 224 69
 

表55 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表55 show ospfv3 traffic フィールドの説明

フィールド
説明

OSPFv3 Process

これらのトラフィック統計情報の OSPFv3 インスタンス タグ

vrf

この OSPFv3 インスタンスの VRF

エラー

drops

ドロップされたパケットの数

bad version

間違ったバージョンで受信されたパケットの数

dup rid

重複したルータ ID のあるパケットの数

dup src

重複した送信元アドレスのあるパケットの数

no nbr

フル ネイバーではないルータからのパケットの数

nbr changed rid/ip addr

ネイバーの値と一致しないルータ ID/IP アドレスのペアのあるパケットの数

lsreq

タイプ LSREQ のパケットの数(必要な LSA)

lsacks

タイプ LSACK のパケットの数(確認応答された LSA)

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ipv6 ospfv3 traffic

OSPFv3 トラフィック統計情報をクリアします。

show ospfv3 virtual-links

OSPF バージョン 3(OSPFv3)仮想リンクのパラメータと現在のステートを表示するには、 show ospfv3 virtual-links コマンドを使用します。

show [ ipv6 ] ospfv3 [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ] virtual-links [ brief ]

 
シンタックスの説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。特定の OSPFv3 インスタンスに関する OSPFv3 情報を表示するのにこのタグを使用します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンスの名前。 vrf-name 引数に、最大 32 文字の英数字文字列(大文字と小文字を区別しない)を指定できます。「default」および「all」文字列は予約済みの VRF 名です。

brief

(任意)設定済み仮想リンクのサマリーを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

設定済み仮想リンクに関する情報を表示するには、 show ospfv3 virtual-links コマンドを使用します。

このコマンドには、Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、仮想リンクに関する情報を表示する例を示します。

Router# show ospfv3 virtual-links
 
Virtual link 2 to router 40.40.40.40 is up
Process ID p1 vrf default, Transit area 1, via interface Ethernet1/2, cost 10
Transit area 33, remote addr 0::
IPv6 address 0::
Process ID sd vrf default, Instance ID 0, area 0
State DOWN, Network type P2P, cost 65535
Index 1, Transmit delay 1 sec
0 Neighbors, flooding to 0, adjacent with 0
Timer intervals: Hello 10, Dead 40, Wait 40, Retransmit 5
Number of link LSAs: 0, checksum sum 0
Adjacency Information
 

表56 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表56 show ospfv3 virtual-links フィールドの説明

フィールド
説明

Virtual Link

OSPFv3 ネイバーと、そのネイバーへのリンクがアップまたはダウンであるかを示します。

vrf

この OSPFv3 インスタンスの VRF

Transit area...

仮想リンクが形成される通過エリア

via interface...

仮想リンクが形成されるインターフェイス

cost

仮想リンクによって OSPFv3 ネイバに到達するコスト

Transmit delay

仮想リンク上の送信遅延(秒単位)

Timer intervals...

リンク用に設定された様々なタイマー間隔

Hello timer due in 0:00:04

次の hello をネイバーから送信する時間

show routing

ルーティング情報を表示するには、 show routing コマンドを使用します。

show routing [ ip | ipv4 | ipv6 ] [ address | prefix | route-type | clients | interface type number | next-hop addr | recursive - next-hop [ addr ]] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

address

(任意)IPv4 または IPv6 アドレス。IPv4 アドレスのフォーマットは x.x.x.x です。IPv6 アドレスのフォーマットは A:B::C:D です。

prefix

(任意)IPv4 または IPv6 プレフィクス。IPv4 プレフィクスのフォーマットは、x.x.x.x/length です。IPv6 プレフィクスのフォーマットは A:B::C:D/length です。

route-type

(任意)ルート タイプ。タイプのリストを表示するには、 ? を使用します。

clients

(任意)すべてのルーティング クライアントを表示します。

interface type number

(任意)インターフェイスのルートを表示します。サポートされたインターフェイスを表示するには、 ? を使用します。

next-hop addr

(任意)このネクストホップ アドレスのあるルートを表示します。フォーマットは、x.x.x.x です。

recursive next-hop addr

(任意)この再帰ネクストホップ アドレスのあるルートを表示します。フォーマットは、x.x.x.x です。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、ルート テーブルを示します。

switch(config)# show ip routing
IP Route Table for VRF "default"
'*' denotes best ucast next-hop '**' denotes best mcast next-hop
'[x/y]' denotes [preference/metric]
 
0.0.0.0/32, 1 ucast next-hops, 0 mcast next-hops
*via Null0, [220/0], 00:45:24, local, discard
255.255.255.255/32, 1 ucast next-hops, 0 mcast next-hops
*via sup-eth1, [0/0], 00:45:24, local
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip route

ルート テーブルのエントリをクリアします。

show routinghash

特定の送信元および宛先アドレス用に選択されたルートを表示するには、 show routing hash コマンドを使用します。

show routing hash source- addr dest-addr [ source-port dest-port ]] [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

source-addr

送信元 IPv4 アドレス。IPv4 アドレスのフォーマットは x.x.x.x です。

dest-addr

宛先 IPv4 アドレス。IPv4 アドレスのフォーマットは x.x.x.x です。

source-port

(任意)送信元ポート。範囲は 1 ~ 65535 です。

dest-port

(任意)宛先元ポート。範囲は 1 ~ 65535 です。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルータ コンテキスト(VRF)名を指定します。名前は、最大 64 文字の、大文字と小文字を区別した英数字文字列です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次の例では、10.0.0.5 から 30.0.0.2 に到達するために選択したルートを示します。

switch# show routing hash 10.0.0.5 30.0.0.2
Load-share parameters used for software forwarding:
load-share mode: address source-destination port source-destination
Universal-id seed: 0xe05e2e85
Hash for VRF "default"
Hashing to path *20.0.0.2 (hash: 0x0e), for route:

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip route

ルート テーブルのエントリをクリアします。

show track

オブジェクト トラッキングに関する情報を表示するには、 show track コマンドを使用します。

show track [object-id] [ interface | ip route ] [ brief ]

 
シンタックスの説明

object-id

(任意)トラッキング ID。範囲は 1 ~ 500 です。

interface

(任意)トラッキングされたインターフェイスに関する情報を表示します。

ip route

(任意)トラッキングされた IP ルートに関する情報を表示します。

brief

(任意)トラッキングされたオブジェクトに関する簡単な情報を表示します。

 
デフォルト

トラッキングされたすべてのオブジェクトに関する情報を表示します。

 
コマンド モード

任意

サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにはライセンスは必要ありません。

次に、トラッキングされたインターフェイスに関する情報を表示する例を示します。

switch# show track interface
Track 1
Interface Ethernet1/2 IP Routing
IP Routing is DOWN
1 changes, last change 00:35:14
 
Track 2
Interface Ethernet2/2 Line Protocol
Line Protocol is DOWN
1 changes, last change 00:33:55
 
Track 4
Interface Ethernet2/45 IP Routing
IP Routing is DOWN
1 changes, last change 00:17:03
 
Track 6
Interface Ethernet2/34 Line Protocol
Line Protocol is DOWN
1 changes, last change 00:15:12
 

次に、トラッキングされた IP ルートに関する情報を表示する例を示します。

switch# show track ip route
Track 3
IP Route 10.10.10.0/8 Reachability
Reachability is DOWN
1 changes, last change 00:22:09
 

次に、トラッキングされたオブジェクトに関する簡単な情報を表示する例を示します。

switch# show track brief
Track Type Instance Parameter State Last Change
1 Interface Ethernet1/2 IP Routing DOWN 00:36:42
2 Interface Ethernet2/2 Line Protocol DOWN 00:35:22
3 IP Route 10.10.10.0/8 Reachability DOWN 00:22:47
4 Interface Ethernet2/45 IP Routing DOWN 00:18:31
6 Interface Ethernet2/34 Line Protocol DOWN 00:16:40
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

track interface

インターフェイスのステートを追跡します。

track ip route

IP ルートのステートを追跡します。