Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS システム管理コマンド リファレンス
X コマンド
X コマンド
発行日;2013/05/06 | 英語版ドキュメント(2011/07/31 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

X コマンド

xml server max-session

xml server terminate session

xml server timeout

xml server validate

X コマンド

この章では、コマンド名が X で始まる Cisco NX-OS システム管理コマンドについて説明します。

xml server max-session

実行可能な XML サーバ セッションの数を設定するには、 xml server max-session コマンドを使用します。セッション数をデフォルトの設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

xml server max-session max-sessions

no xml server max-session max-sessions

 
構文の説明

max-sessions

実行可能な XML サーバ セッションの最大数。指定できる範囲は 1 ~ 8 です。デフォルトは 8 です。

 
デフォルト

実行可能な XML サーバ セッションの数は 8 です。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、実行可能な XML サーバ セッションの数を設定する例を示します。

switch(config)# xml server max-session 4
 

次に、実行可能な XML サーバ セッションの数をデフォルトの設定に戻す例を示します。

switch(config)# no xml server max-session 4
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show xml server status

XML サーバのステータスに関する情報を表示します。

xml server terminate session

XML サーバ セッションを終了するには、 xml server terminate session コマンドを使用します。

xml server terminate session session_id

 
構文の説明

session_id

セッション番号。有効な範囲は 0 ~ 2147483647 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
network-operator
vdc-admin
vdc-operator

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、XML サーバ セッションを終了する例を示します。

switch(config)# xml server terminate session 3
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show xml server status

XML サーバのステータスに関する情報を表示します。

xml server timeout

XML サーバ セッション タイムアウトを設定するには、 xml server timeout コマンドを使用します。タイムアウトをデフォルトにリセットするには、このコマンドの no 形式を使用します。

xml server timeout timeout [ session_id ]

no xml server timeout timeout [ session_id ]

 
構文の説明

timeout

秒単位のタイムアウト値です。範囲は 0 ~ 1200 です。デフォルト値は 1200 です。

session_id

(任意)XML サーバ セッション番号。有効な範囲は 0 ~ 2147483647 です。

 
デフォルト

タイムアウトは 1200 秒です。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
vdc-admin

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

XML サーバ タイムアウトはアクティブ セッションだけに適用できます。

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、アクティブ セッションの XML サーバ タイムアウトを設定する例を示します。

switch(config)# xml server timeout 800
 

次に、タイムアウトをデフォルトに戻す例を示します。

switch(config)# no xml server timeout 800
 

xml server validate

XML ドキュメントを検証するには、 xml server validate コマンドを使用します。XML ドキュメントの検証をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

xml server validate { all | session_id }

no xml server validate { all | session_id }

 
構文の説明

all

すべてのセッションを検証します。

session_id

セッション番号。有効な範囲は 0 ~ 2147483647 です。

 
デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

network-admin
network-operator
vdc-admin
vdc-operator

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

4.0(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

検証できるのは、アクティブ セッションの XML ドキュメントだけです。

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、すべてのアクティブ セッションの XML ドキュメントを検証する例を示します。

switch(config)# xml server validate all
 

次に、すべてのセッションで XML ドキュメントの検証をディセーブルにする例を示します。

switch(config)# no xml server validate all