Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS システム管理コマンド リファレンス
show コマンド
show コマンド
発行日;2013/05/06 | 英語版ドキュメント(2011/07/31 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

show コマンド

show callhome

show callhome transport

show cdp

show cdp neighbors

show cfs application

show cfs lock

show cfs merge status

show cfs peers

show cfs regions

show cfs status

show checkpoint

show configuration session

show configuration session global-info

show cores

show diagnostic bootup level

show diagnostic content module

show diagnostic description module

show diagnostic events

show diagnostic ondemand setting

show diagnostic result

show diagnostic simulation

show diagnostic status

show diff rollback-patch

show environment

show environment power

show event manager environment

show event manager event-types

show event manager history events

show event manager policy

show event manager policy-state

show event manager script

show event manager system-policy

show flow exporter

show flow interface

show flow sw-monitor

show flow record

show flow timeout

show hardware feature-capability

show hardware capacity

show hardware capacity interface

show hardware capacity interface

show hardware fabric-utilization

show hardware fabric-utilization detail timestamp

show hardware flow aging

show hardware flow entry

show hardware flow

show hardware flow l2

show hardware flow sampler

show hardware flow utilization

show interface ethernet capabilities

show interface ethernet

show interface ethernet counter detailed

show inventory

show lldp dcbx interface ethernet

show lldp interface ethernet

show lldp neighbors

show lldp timers

show lldp tlv-select

show lldp traffic

show lldp traffic interface ethernet

show locator-led status

show logging console

show logging info

show logging ip access-list cache

show logging last

show logging level

show logging logfile

show logging loopback

show logging module

show logging monitor

show logging nvram

show logging onboard

show logging onboard

show logging server

show logging session status

show logging status

show logging timestamp

show module

show monitor

show monitor session

show ntp access-groups

show ntp authentication-keys

show ntp authentication-status

show ntp internal

show ntp logging-status

show ntp peers

show ntp peer-status

show ntp pending-diff

show ntp pending peers

show ntp session status

show ntp status

show ntp rts-update

show ntp source

show ntp source-interface

show ntp statistics

show ntp status

show ntp trusted-keys

show platform hardware capacity interface resources

show port-monitor

show port-monitor active

show port-monitor status

show processes

show processes cpu

show processes cpu history

show process cpu sort

show processes log

show processes memory

show ptp brief

show ptp clock

show ptp clock foreign-masters-record

show ptp corrections

show ptp parent

show ptp port

show ptp time-property

show redundancy status

show rmon

show running-config cdp

show running-config diagnostic

show running-config eem

show running-config lldp

show running-config monitor

show running-config netflow

show running-config ntp

show running-config snmp

show sampler

show scheduler

show snmp

show snmp community

show snmp context

show snmp engineID

show snmp group

show snmp host

show snmp sessions

show snmp source-interface

show snmp trap

show snmp user

show sprom

show startup-config cdp

show startup-config diagnostic

show startup-config cfs

show startup-config eem

show startup-config monitor

show startup-config netflow

show startup-config ntp

show startup-config snmp

show system cores

show system error-id

show system memory-status

show system pss shrink status

show system pss shrink status details

show system reset-reason

show system redundancy

show system resources

show system standby manual-boot

show system uptime

show tech-support ascii-cfg

show tech-support cfs

show tech-support session-mgr

show tech-support snmp

show xml server status

show コマンド

この章では、Cisco NX-OS システム管理用の各種 show コマンドについて説明します。

show callhome

Call Home アプリケーションに関する情報を表示するには、 show callhome コマンドを使用します。

show callhome {destination-profile [ profile profile_name] | last action status | last merge status | merge status | pending | pending-diff | session status | status | transport-email | user-def-cmds }

 
構文の説明

destination-profile profile

宛先プロファイルの名前を表示します。

profile

(任意)デフォルトのプロファイル名を表示します。

profile_name

プロファイルの名前 名前は、デフォルトのプロファイル名にすることも、ユーザが作成したプロファイルを指定することもできます。

last action status

最後の Cisco Fabric Services(CFS)のコミットまたは中止操作のステータスを表示します。

last merge status

Call Home の最後の CFS 結合操作のステータスを表示します。

merge status

Call Home の最後の CFS 結合操作のステータスを表示します。

pending

保留中の CFS データベースの Call Home 設定変更を表示します。

pending-diff

保留中の Call Home 設定と実行中の Call Home 設定の違いを表示します。これらの違いは、現在の CFS 設定セッション中に変更された内容を反映します。

session status

Call Home コンフィギュレーションの最後の CFS コミット/中止操作のステータスを表示します。

status

Call Home の CFS 配信状態(イネーブルまたはディセーブル)を表示します。

transport-email

Call Home の E メール転送設定を表示します。

user-def-cmds

各 Call Home アラート グループに設定された CLI コマンドを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、Call Home アプリケーションの最後の CFS 操作のステータスを表示する例を示します。

switch# show callhome last action status
Last Action Time Stamp : None
Last Action : None
Last Action Result : None
Last Action Failure Reason : none
 
 

次に、Noc101 という名前の Call Home 宛先プロファイルを表示する例を示します。

switch# show callhome destination-profile profile Noc101
 
Noc101 destination profile information
maximum message size:2500000
message format:XML
message-level:0
email addresses configured:
 
alert groups configured:
all
 
 

次に、Call Home コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show callhome
callhome enabled
Callhome Information:
contact person name(sysContact):who@where
contact person's email:someone@noc.com
contact person's phone number:+1-408-555-9918
street addr:425 E Street, Anytown, CA 95999
site id:8
customer id:987654
contract id:456789
switch priority:7
duplicate message throttling : enabled
periodic inventory : enabled
periodic inventory time-period : 7 days
periodic inventory timeofday : 08:00 (HH:MM)
Distribution : Enabled

 
関連コマンド

コマンド
説明

callhome test

設定されたすべての宛先にテスト メッセージを送信します。

callhome send

設定されたすべての宛先に指定の Call Home テスト メッセージを送信します。

callhome

CLI Call Home コンフィギュレーション モードを開始します。

show cfs status

デバイスでの CFS 配信のステータスと IP 配信情報を表示します。

show tech-support cfs

CFS の問題解決時にテクニカル サポートが必要とする CFS コンフィギュレーションに関する情報を表示します。

show logging level cfs

CFS ロギングのコンフィギュレーションを表示します。

show callhome transport

Call Home の転送に関する設定を表示するには、 show callhome transport コマンドを使用します。

show callhome transport

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、Call Home の転送に関する設定を表示する例を示します。

switch(config)# show callhome transport
http vrf:default
 
from email addr:person@company.com
reply to email addr:person@company.com
 
smtp server:10.1.1.174
smtp server port:25
smtp server vrf:
smtp server priority:0
 
smtp server:64.72.101.213
smtp server port:25
smtp server vrf:default
smtp server priority:60
 
smtp server:172.21.34.193
smtp server port:25
smtp server vrf:default
smtp server priority:50
 
smtp server:192.0.2.1
smtp server port:33
smtp server vrf:Neo
smtp server priority:1
 
smtp server:192.0.2.10
smtp server port:25
smtp server vrf:default
smtp server priority:4
 
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show callhome

Call Home のコンフィギュレーションを表示します。

show cdp

Cisco Discovery Protocol(CDP)がイネーブルになっているインターフェイスを表示するには、 show cdp コマンドを使用します。

show cdp { all | entry { all | name name } | global | interface interface-type | traffic interface interface-type }

 
構文の説明

all

CDP データベースのすべてのインターフェイスを表示します。

entry

データベース内の CDP エントリを表示します。

name name

名前に一致する特定の CDP エントリを表示します。

global

CDP グローバル パラメータを表示します。

interface interface-type

インターフェイスの CDP パラメータを表示します。

traffic

CDP トラフィックの統計情報を表示します。

interface-type

インターフェイスのタイプ。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、CDP がイネーブルになっているインターフェイスを表示する例を示します。

switch(config)# show cdp all
mgmt0 is up
CDP enabled on interface
Refresh time is 60 seconds
Hold time is 30 seconds
Ethernet7/1 is down
CDP enabled on interface
Refresh time is 60 seconds
Hold time is 30 seconds
Ethernet7/2 is down
CDP enabled on interface
Refresh time is 60 seconds
Hold time is 30 seconds
Ethernet7/3 is down
CDP enabled on interface
Refresh time is 60 seconds
Hold time is 30 seconds
Ethernet7/4 is down
CDP enabled on interface
Refresh time is 60 seconds
Hold time is 30 seconds
Ethernet7/5 is down
CDP enabled on interface
Refresh time is 60 seconds
--More--

 
関連コマンド

コマンド
説明

enable cdp

特定のインターフェイス上で CDP をイネーブルにします。

show cdp neighbors

Cisco Discovery Protocol(CDP)ネイバーのステータスを表示するには、 show cdp neighbors コマンドを使用します。

show cdp neighbors [ interface interface ]

 
構文の説明

interface interface

(任意)インターフェイス上の CDP ネイバーを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、CDP ネイバーのステータスを表示する例を示します。

switch(config)# show cdp neighbors
Capability Codes: R - Router, T - Trans-Bridge, B - Source-Route-Bridge
S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - Repeater,
V - VoIP-Phone, D - Remotely-Managed-Device,
s - Supports-STP-Dispute
 
Device-ID Local Intrfce Hldtme Capability Platform Port ID
Switch mgmt0 163 S I WS-C2960-24TC Fas0/21
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

cdp holdtime

CDP が、ネイバー情報をリフレッシュするまでに、ネイバー情報を保持する時間を設定します。

show cfs application

現在、Cisco Fabric Services(CFS)配信の使用がイネーブルであるアプリケーションの情報を表示するには、 show cfs application コマンドを使用します。

show cfs application [name application_name]

 
構文の説明

name application_name

(任意)特定のアプリケーションの名前を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、CFS 配信の使用がイネーブルであるアプリケーションの CFS 情報を表示する例を示します。

switch# show cfs application
 
----------------------------------------------
Application Enabled Scope
----------------------------------------------
ntp No Physical-fc-ip
stp Yes Physical-eth
vpc Yes Physical-eth
igmp Yes Physical-eth
l2fm Yes Physical-eth
role No Physical-fc-ip
radius No Physical-fc-ip
callhome Yes Physical-fc-ip
 
Total number of entries = 8

 

次に、Call Home アプリケーションに関する CFS 情報を表示する例を示します。

switch# show cfs application name callhome
 
Enabled : Yes
Timeout : 20s
Merge Capable : Yes
Scope : Physical-fc-ip
Region : 4

 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show application_name session status

アプリケーションの CFS コンフィギュレーション セッションのステータスを表示します。これには、最後のアクション、結果、および障害がある場合はその理由が含まれます。

show cfs internal

メモリの統計情報、イベント履歴など、CFS 内部の情報を表示します。

show cfs lock

アクティブ CFS ファブリック ロックを表示します。

show cfs merge status name

特定の CFS アプリケーションの結合ステータスを表示します。

show cfs peers

物理ファブリック内の、すべての CFS ピアを表示します。

show cfs regions

ピアおよびリージョン情報を持つすべての CFS アプリケーションを表示します。

show cfs status

デバイスでの CFS 配信のステータスと IP 配信情報を表示します。

show tech-support cfs

CFS の問題解決時にテクニカル サポートが必要とする CFS コンフィギュレーションに関する情報を表示します。

show logging level cfs

CFS ロギングのコンフィギュレーションを表示します。

show cfs lock

配信のために Cisco Fabric Services(CFS)を利用するアプリケーションに現在設定されているロックに関する情報を表示するには、 show cfs lock コマンドを使用します。

show cfs lock [name application_name]

 
構文の説明

name application_name

(任意)特定のアプリケーションの名前を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、配信に CFS を使用する Call Home アプリケーションに現在実行されているロックを表示する例を示します。

switch(config-callhome)# show cfs lock name callhome
 
Scope : Physical-fc-ip
--------------------------------------------------------------------------------
Switch WWN IP Address User Name User Type
--------------------------------------------------------------------------------
20:00:00:22:55:79:a4:c1 172.28.230.85 admin CLI/SNMP v3
switch
 
Total number of entries = 10

 
関連コマンド

コマンド
説明

show application_name session status

アプリケーションの CFS コンフィギュレーション セッションのステータスを表示します。これには、最後のアクション、結果、および障害がある場合はその理由が含まれます。

show cfs application

現在、CFS 配信の使用がイネーブルであるアプリケーションの情報を表示します。

show cfs internal

メモリの統計情報、イベント履歴など、CFS 内部の情報を表示します。

show cfs merge status name

特定の CFS アプリケーションの結合ステータスを表示します。

show cfs peers

物理ファブリック内の、すべての CFS ピアを表示します。

show cfs regions

ピアおよびリージョン情報を持つすべての CFS アプリケーションを表示します。

show cfs static

すべての CFS スタティック ピアをステータスとともに表示します。

show cfs status

デバイスでの CFS 配信のステータスと IP 配信情報を表示します。

show tech-support cfs

CFS の問題解決時にテクニカル サポートが必要とする CFS コンフィギュレーションに関する情報を表示します。

show logging level cfs

CFS ロギングのコンフィギュレーションを表示します。

show cfs merge status

配信に Cisco Fabric Services(CFS)を使用するアプリケーションの結合ステータスを表示するには show cfs merge status コマンドを使用します。

show cfs merge status [name application_name]

 
構文の説明

name application_name

(任意)特定のアプリケーションの名前を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、配信に CFS を使用する Call Home アプリケーションの現在の結合ステータスを表示する例を示します。この例では、Call Home アプリケーションの最新の結合は成功しています。

switch(config-callhome)# show cfs merge status name callhome
 
Physical-fc-ip Merge Status: Success [ Wed Dec 17 16:34:26 2008 ]
Local Fabric
--------------------------------------------------------------------------------
Switch WWN IP Address
--------------------------------------------------------------------------------
20:00:00:22:55:79:a4:c1 172.28.230.85 [Merge Master]
switch
 
Total number of switches = 10
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show application_name session status

アプリケーションの CFS コンフィギュレーション セッションのステータスを表示します。これには、最後のアクション、結果、および障害がある場合はその理由が含まれます。

show cfs application

現在、CFS 配信の使用がイネーブルであるアプリケーションの情報を表示します。

show cfs internal

メモリの統計情報、イベント履歴など、CFS 内部の情報を表示します。

show cfs lock

アクティブ CFS ファブリック ロックを表示します。

show cfs peers

物理ファブリック内の、すべての CFS ピアを表示します。

show cfs regions

ピアおよびリージョン情報を持つすべての CFS アプリケーションを表示します。

show cfs static

すべての CFS スタティック ピアをステータスとともに表示します。

show cfs status

デバイスでの CFS 配信のステータスと IP 配信情報を表示します。

show tech-support cfs

CFS の問題解決時にテクニカル サポートが必要とする CFS コンフィギュレーションに関する情報を表示します。

show logging level cfs

CFS ロギングのコンフィギュレーションを表示します。

show cfs peers

物理ファブリックのすべてのピアを表示するには、 show cfs peers コマンドを使用します。

show cfs peers [name application_name]

 
構文の説明

name application_name

(任意)特定のアプリケーションの名前を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、Call Home アプリケーションの物理ファブリックにおけるすべてのピアを表示する例を示します。

switch(config-callhome)# show cfs peers name callhome
 
Scope : Physical-fc-ip
-------------------------------------------------------------------------
Switch WWN IP Address
-------------------------------------------------------------------------
20:00:00:22:55:79:a4:c1 172.28.230.85 [Local]
switch
 
Total number of entries = 1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show application_name session status

アプリケーションの CFS コンフィギュレーション セッションのステータスを表示します。これには、最後のアクション、結果、および障害がある場合はその理由が含まれます。

show cfs application

現在、CFS 配信の使用がイネーブルであるアプリケーションの情報を表示します。

show cfs internal

メモリの統計情報、イベント履歴など、CFS 内部の情報を表示します。

show cfs lock

アクティブ CFS ファブリック ロックを表示します。

show cfs merge status name

特定の CFS アプリケーションの結合ステータスを表示します。

show cfs regions

ピアおよびリージョン情報を持つすべての CFS アプリケーションを表示します。

show cfs static

すべての CFS スタティック ピアをステータスとともに表示します。

show cfs status

デバイスでの CFS 配信のステータスと IP 配信情報を表示します。

show tech-support cfs

CFS の問題解決時にテクニカル サポートが必要とする CFS コンフィギュレーションに関する情報を表示します。

show logging level cfs

CFS ロギングのコンフィギュレーションを表示します。

show cfs regions

すべての Cisco Fabric Services(CFS)アプリケーションとピアおよびリージョン情報を表示するには、 show cfs regions コマンドを使用します。

show cfs regions {name application_name | region region_id}

show cfs regions brief {name application_name | region region_id}

 
構文の説明

name application_name

(任意)指定したアプリケーションのピアおよびリージョン情報を表示します。

region region_id

指定したリージョン ID のピアおよびリージョン情報を表示します。
指定できる範囲は 1 ~ 200 です。

brief

設定したリージョンとアプリケーションは表示しますが、ピアは表示しません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、すべての CFS リージョンの要約を表示する例を示します。

switch# show cfs regions brief
 
---------------------------------------
Region Application Enabled
---------------------------------------
3 radius yes
4 callhome yes
 
 

次に、特定の CFS リージョンを表示する例を示します。

switch# show cfs regions region 4
 
Region-ID : 4
Application: callhome
Scope : Physical-fc-ip
-------------------------------------------------------------------------
Switch WWN IP Address
-------------------------------------------------------------------------
20:00:00:22:55:79:a4:c1 172.28.230.85 [Local]
switch
 
Total number of entries = 1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show application_name session status

アプリケーションの CFS コンフィギュレーション セッションのステータスを表示します。これには、最後のアクション、結果、および障害がある場合はその理由が含まれます。

show cfs application

現在、CFS 配信の使用がイネーブルであるアプリケーションの情報を表示します。

show cfs internal

メモリの統計情報、イベント履歴など、CFS 内部の情報を表示します。

show cfs lock

アクティブ CFS ファブリック ロックを表示します。

show cfs merge status name

特定の CFS アプリケーションの結合ステータスを表示します。

show cfs peers

物理ファブリック内の、すべての CFS ピアを表示します。

show cfs static

すべての CFS スタティック ピアをステータスとともに表示します。

show cfs status

デバイスでの CFS 配信のステータスと IP 配信情報を表示します。

show tech-support cfs

CFS の問題解決時にテクニカル サポートが必要とする CFS コンフィギュレーションに関する情報を表示します。

show logging level cfs

CFS ロギングのコンフィギュレーションを表示します。

show cfs status

Cisco Fabric Services(CFS)の現在の状態を表示するには、 show cfs status コマンドを使用します。

show cfs status

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、CFS の現在の状態を表示する例を示します。

switch# show cfs status
Distribution : Enabled
Distribution over IP : Enabled - mode IPv4
IPv4 multicast address : 239.255.70.83
IPv6 multicast address : ff15::efff:4653
Distribution over Ethernet : Disabled
Total number of entries = 8

 
関連コマンド

コマンド
説明

show application_name session status

アプリケーションの CFS コンフィギュレーション セッションのステータスを表示します。これには、最後のアクション、結果、および障害がある場合はその理由が含まれます。

show cfs internal

メモリの統計情報、イベント履歴など、CFS 内部の情報を表示します。

show cfs lock

アクティブ CFS ファブリック ロックを表示します。

show cfs merge status name

特定の CFS アプリケーションの結合ステータスを表示します。

show cfs peers

物理ファブリック内の、すべての CFS ピアを表示します。

show cfs regions

ピアおよびリージョン情報を持つすべての CFS アプリケーションを表示します。

show logging level cfs

CFS ロギングのコンフィギュレーションを表示します。

show tech-support cfs

CFS の問題解決時にテクニカル サポートが必要とする CFS コンフィギュレーションに関する情報を表示します。

show checkpoint

チェックポイント ファイルの内容を表示するには、 show checkpoint コマンドを使用します。

show checkpoint [name]

 
構文の説明

name

(任意)チェックポイント ファイルの名前。名前は、63 文字以下の任意の英数字文字列にできます。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC オペレータ
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、チェックポイント ファイルの内容を表示する例を示します。

switch# show checkpoint stable

--------------------------------------------------------

Name: stable
version 4.0(2)
power redundancy-mode combined force
license grace-period
feature vrrp
feature tacacs+
feature ospf
feature pim
feature pim6
feature msdp
feature eigrp
feature rip
feature isis
feature pbr
feature private-vlan

feature port-security

feature interface-vlan
feature dot1x
feature hsrp
feature lacp

feature glbp

feature dhcp
feature cts
logging level port-security 5
logging level glbp 6
snmp-server context foo
snmp-server community <removed> group vdc-operator
snmp-server community <removed> group network-admin
snmp-server community <removed> group vdc-admin
role feature-group name X
role feature-group name x
role name x
vlan policy deny
vrf policy deny
permit vrf x
permit vrf X
role name X
username adminbackup password 5 $1$Oip/C5Ci$oOdx7oJSlBCFpNRmQK4na. role vdc-ope
rator
username adminbackup role network-operator
username admin password 5 $1$8GYeC4uW$4WfnImcvtAKI6Uet.ePD.1 role network-admin

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear checkpoint database

すべてのチェックポイント ファイルをクリアします。

show configuration session

コンフィギュレーション セッションに関する情報を表示するには、 show configuration session コマンドを使用します。

show configuration session [name] [ status ] [ summary ]

 
構文の説明

name

(任意)コンフィギュレーション セッション名。63 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)を指定します。

status

(任意)コンフィギュレーション セッションのステータスを表示します。

summary

(任意)アクティブなコンフィギュレーション セッションのサマリーを表示します。

 
デフォルト

すべてのセッションの情報を表示します。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、コンフィギュレーション セッションに関する情報を表示する例を示します。各行は、セッションをコミットしたとき、Cisco NX-OS によってデバイスに適用される CLI コマンドを表します。

switch# show configuration session myACLs
config session name myACLs
0001 ip access-list test1
0002 permit tcp any any
0003 statistics
 

次に、コンフィギュレーション セッションのステータスを表示する例を示します。

switch(config-s)# show configuration session status
Session Name : myACLS
Last Action : None
Last Action Status : Success
Last Action Reason : -NA-
Last Action Timestamp : 00:00:00 UTC Jan 01 1970
 

次に、コンフィギュレーション セッションのサマリーを表示する例を示します。

switch(config-s)# show configuration session summary
Name Session Owner Creation Time
--------------------------------------------------------------------
myACLS admin 21:34:39 UTC Apr 27 2008
status admin 00:53:23 UTC Apr 29 2008
a admin 01:47:30 UTC Apr 28 2008
myACLs admin 00:56:46 UTC Apr 29 2008
Number of active configuration sessions = 4
switch(config-s)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show tech-support session-mgr

トラブルシューティング用のコンフィギュレーション セッションの詳細な情報を表示します。

show configuration session global-info

グローバル コンフィギュレーション セッションに関する情報を表示するには、 show configuration session global-info コマンドを使用します。

show configuration session global-info

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、グローバル コンフィギュレーション セッションに関する情報を表示する例を示します。

switch(config)# show configuration session global-info
Maximum number of sessions allowed : 32
Maximum number of commands (all ssns) : 102400
Current number of active sessions : 0
Current number of commands (all ssns) : 0
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show configuration session

コンフィギュレーション セッションに関する情報を表示します。

show tech-support session-mgr

トラブルシューティング用のコンフィギュレーション セッションの詳細な情報を表示します。

show cores

Virtual Device Context(VDC; 仮想デバイス コンテキスト)のシステム コア ファイルを表示するには、 show cores コマンドを使用します。

show cores [ vdc-all | { vdc [ e-vdc2 | vdc-id ]}]

 
構文の説明

vdc-all

(任意)すべての VDC のコア ダンプを表示します。

vdc

VDC のすべてのコア ダンプを表示します。

e-vdc2

(任意)デフォルト以外の VDC の VDC ID 番号。指定できる範囲は 1 ~ 8 です。

vdc-id

(任意)VDC ID 番号。指定できる範囲は 1 ~ 8 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、システム コア ファイルを表示する例を示します。

switch(config)# show cores vdc-all
VDC No Module-num Instance-num Process-name PID Core-create-tim
e
------ ---------- ------------ ------------ --- ---------------
-
1 10 1 xmlsa 32442 May 8 15:24
1 10 1 xmlsa 25163 May 9 06:04
1 10 1 xmlsa 21581 May 9 13:25
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show system core

コアの移動に関する情報を表示します。

show diagnostic bootup level

起動時の診断に関する情報を表示するには、show diagnostic bootup level コマンドを使用します。

show diagnostic bootup level

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、起動時の診断レベルに関する情報を表示する例を示します。

switch# show diagnostic bootup level
Current bootup diagnostic level: complete

switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

diagnostic bootup level

ブートアップ診断レベルを設定します。

show diagnostic content module

モジュールの診断テストのコンテンツに関する情報を表示するには、show diagnostic content module コマンドを使用します。

show diagnostic content module { all | module_ number}

 
構文の説明

module_ number

診断内容モジュール番号。指定できる範囲は 1 ~ 10 です。

all

すべてのモジュールの診断内容を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

モジュールに設定されたテストおよび繰り返し間隔時間に関する情報を表示するには、show diagnostic content module コマンドを使用します。

次に、モジュールの診断テスト内容に関する情報を表示する例を示します。

switch# show diagnostic content module 6
Module 6: Supervisor module-1X (Active)
Diagnostics test suite attributes:
B/C/* - Bypass bootup level test / Complete bootup level test / NA
P/* - Per port test / NA
S/* - Only applicable to standby unit / NA
D/N/* - Disruptive test / Non-disruptive test / NA
H/* - Always enabled monitoring test / NA
F/* - Fixed monitoring interval test / NA
X/* - Not a health monitoring test / NA
E/* - Sup to line card test / NA
L/* - Exclusively run this test / NA
T/* - Not an ondemand test / NA
A/I/* - Monitoring is active / Monitoring is inactive / NA
 
Testing Interval
ID Name Attributes (hh:mm:ss)
____ __________________________________ ____________ _________________
1) ManagementPortLoopback--------> C**D**X**T* -NA-
2) EOBCPortLoopback--------------> C**D**X**T* -NA-
3) ASICRegisterCheck-------------> ***N******A 00:00:20
4) USB---------------------------> C**N**X**T* -NA-
5) CryptoDevice------------------> C**N**X**T* -NA-
6) NVRAM-------------------------> ***N******A 00:00:30
7) RealTimeClock-----------------> ***N******A 00:05:00
8) PrimaryBootROM----------------> ***N******A 00:30:00
9) SecondaryBootROM--------------> ***N******A 00:30:00
10) CompactFlash------------------> ***N******A 00:30:00
11) ExternalCompactFlash----------> ***N******A 00:30:00
12) PwrMgmtBus--------------------> ***N******A 00:00:30
13) SpineControlBus---------------> ***N******A 00:00:30
14) SystemMgmtBus-----------------> ***N******A 00:00:30
switch
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

diagnostic start

オンデマンド診断を開始します。

diagnostic stop

オンデマンド診断を停止します。

show diagnostic bootup level

起動診断に関する情報を表示します。

show diagnostic description module

診断テストの説明を表示します。

show diagnostic events

診断イベントをエラーおよび情報イベント タイプ別に表示します。

show diagnostic ondemand setting

オンデマンド診断に関する情報を表示します。

show diagnostic results module slot

診断結果に関する情報を表示します。

show diagnostic simulation module slot

シミュレーションした診断テストに関する情報を表示します。

show diagnostic status module slot

モジュールのすべてのテストのテスト ステータスを表示します。

show module

オンライン診断テスト ステータスを含めたモジュール情報を表示します。

show diagnostic description module

モジュールの診断テストに関する情報を表示するには、show diagnostic description module コマンドを使用します。

show diagnostic description module slot test { test-ID | test-name | all }

 
構文の説明

slot

診断説明スロット番号。スロットの範囲は 1 ~ 10 です。

test

(任意)選択した診断テストを表示します。

test-ID

(任意)テスト ID。範囲は 1 ~ 14 です。

test-name

(任意)テスト名。テスト名は大文字と小文字を区別し、最大 32 の英数字を使用できます。

all

(任意)すべてのモジュールのすべてのテストの説明を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、モジュールの診断説明を表示する例を示します。

switch# show diagnostic description module 6 test 1
ManagementPortLoopback :
A bootup test that tests loopback on the management port of
the module

 
関連コマンド

コマンド
説明

show diagnostic content

診断テスト名とテスト ID を表示します。

show diagnostic events

診断イベントに関する情報を表示するには、show diagnostic events コマンドを使用します。

show diagnostic events [error | info]

 
構文の説明

error

(任意)エラー タイプごとに診断を表示します。

info

(任意)情報タイプごとに診断を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次の例では、診断イベントを表示する方法を示します。

switch# show diagnostic events
1) Event:E_DEBUG, length:114, at 404616 usecs after Wed Jan 7 09:38:46 2009
[104] Event_INFO: TestName->ASICRegisterCheck TestingType->helth monitoring module->
9 Result->pass Reason->Success
 
 
2) Event:E_DEBUG, length:114, at 414835 usecs after Wed Jan 7 09:38:26 2009
[104] Event_INFO: TestName->ASICRegisterCheck TestingType->helth monitoring module->
9 Result->pass Reason->Success
 
 
3) Event:E_DEBUG, length:107, at 294482 usecs after Wed Jan 7 09:38:23 2009
[104] Event_INFO: TestName->PwrMgmtBus TestingType->helth monitoring module->9 Resul
t->pass Reason->Success
 
 

次に、情報タイプごとに診断イベントを表示する例を示します。

switch# show diagnostic events info
1) Event:E_DEBUG, length:114, at 934712 usecs after Wed Jan 7 11:40:06 2009
[104] Event_INFO: TestName->ASICRegisterCheck TestingType->helth monitoring module->
9 Result->pass Reason->Success
 
 
2) Event:E_DEBUG, length:110, at 314512 usecs after Wed Jan 7 11:39:53 2009
[104] Event_INFO: TestName->SystemMgmtBus TestingType->helth monitoring module->9 Re
sult->pass Reason->Success
 
 

次に、イベント タイプごとに診断イベントを表示する例を示します。

switch# show diagnostic events error
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show diagnostic content

診断テスト名とテスト ID を表示します。

show diagnostic ondemand setting

モジュールのオンデマンド診断テストに関する情報を表示するには、show diagnostic ondemand setting コマンドを使用します。

show diagnostic ondemand setting

 
構文の説明

setting

オンデマンド診断設定を設定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、オンデマンド診断情報を表示する例を示します。

switch# show diagnostic ondemand setting
Test iterations = 1
Action on test failure = continue until test failure limit reaches 1

 
関連コマンド

コマンド
説明

diagnostic ondemand setting

オンデマンド診断設定を設定します。

show diagnostic result

モジュールの診断テスト結果を表示するには、show diagnostic result コマンドを使用します。

show diagnostic result module { slot [ test [test-id | test-name] ] | all } [ detail ]

 
構文の説明

slot

診断結果のスロット番号。モジュール スロットの範囲は 1 ~ 10 です。

test

(任意)選択した診断テストを表示します。

test-id

(任意)テスト ID。範囲は 1 ~ 14 です。

test-name

(任意)テスト名。テスト名は大文字と小文字を区別し、最大 32 の英数字を使用できます。

all

すべてのモジュールのすべてのテストの結果を表示します。

detail

(任意)詳細な結果を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、診断テスト結果を表示する例を示します。

switch# show diagnostic result module 6 test 6 detail
 
Current bootup diagnostic level: complete
Module 6: Supervisor module-1X (Active)
Diagnostic level at card bootup: complete
Test results: (. = Pass, F = Fail, I = Incomplete,
U = Untested, A = Abort, E = Error disabled)
______________________________________________________________________
6) NVRAM-------------------------> .
Error code ------------------> DIAG TEST SUCCESS
Total run count -------------> 1574
Last test execution time ----> Thu Jun 26 09:28:40 2008
First test failure time -----> n/a
Last test failure time ------> n/a
Last test pass time ---------> Thu Jun 26 09:28:41 2008
Total failure count ---------> 0
Consecutive failure count ---> 0
Last failure reason ---------> No failures yet
switch#
 

show diagnostic simulation

モジュールのシミュレート診断に関する情報を表示するには、show diagnostic simulation コマンドを使用します。

show diagnostic simulation module slot

 
構文の説明

slot

診断シミュレーションのスロット番号。指定できる範囲は 1 ~ 10 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、シミュレート診断に関する情報を表示する例を示します。

switch# show diagnostic simulation module 6
Card(6): Supervisor module-1X
________________________________________________
-NA-
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

diagnostic test simulation

診断テストのシミュレートされたテスト結果を設定します。

show diagnostic status

すべてのテストのテスト ステータスを表示するには、show diagnostic status コマンドを使用します。

show diagnostic status module slot

 
構文の説明

slot

診断ステータス スロット番号。指定できる範囲は 1 ~ 10 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、モジュールのすべてのテストのステータスに関する情報を表示する例を示します。

switch# show diagnostic status module 6
<BU>-Bootup Diagnostics, <HM>-Health Monitoring Diagnostics
<OD>-OnDemand Diagnostics, <SCH>-Scheduled Diagnostics
==============================================
Card:(6) Supervisor module-1X
==============================================
Current running test Run by
-NA- -NA-
Currently Enqueued Test Run by
-NA- -NA-
switch#

 

show diff rollback-patch

送信元と宛先の違いを表示するには、 show diff rollback-patch コマンドを使用します。

show diff rollback-patch {checkpoint name | running-config | startup-config}

 
構文の説明

checkpoint

送信元設定としてチェックポイント名を表示します。

name

チェックポイント ファイルの名前。名前は、63 文字以下の任意の英数字文字列にできます。

running-config

宛先として実行コンフィギュレーションを表示します。

startup-config

宛先としてスタートアップ コンフィギュレーションを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、安定したチェックポイント ファイルと実行コンフィギュレーションの違いを表示する例を示します。

switch# show diff rollback-patch checkpoint stable running-config
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show checkpoint

チェックポイント ファイルの内容を表示します。

rollback running checkpoint

設定したチェックポイント ファイルのロールバックを実装します。

show environment

ハードウェア環境ステータスに関する情報を表示するには、 show environment コマンドを使用します。

show environment [ clock | fan | power | temperature ]

 
構文の説明

clock

(任意)クロックに関する情報を表示します。

fan

(任意)ファンの環境に関する情報を表示します。

power

(任意)電源に関する情報を表示します。

temperature

(任意)温度環境に関する情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者


ネットワーク オペレータ
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、デバイス搭載ハードウェアのステータス情報を表示します。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、ハードウェア環境に関する情報を表示する例を示します。

switch# show environment
 
 
Clock:
----------------------------------------------------------
Clock Model Hw Status
----------------------------------------------------------
A Clock Module -- NotSupported/None
B Clock Module -- NotSupported/None
 
 
Fan:
------------------------------------------------------
Fan Model Hw Status
------------------------------------------------------
Fan1(sys_fan1) 0.0 Ok
Fan2(sys_fan2) 0.0 Ok
Fan3(fab_fan1) 0.0 Ok
Fan4(fab_fan2) 0.0 Ok
Fan_in_PS1 -- -- Ok
Fan_in_PS2 -- -- Ok
Fan_in_PS3 -- -- Absent
Fan Air Filter : Absent
 
 
Temperature:
--------------------------------------------------------------------
Module Sensor MajorThresh MinorThres CurTemp Status
(Celsius) (Celsius) (Celsius)
--------------------------------------------------------------------
2 Crossbar(s5) 105 95 40 Ok
2 CTSdev1 (s6) 115 105 47 Ok
2 CTSdev2 (s7) 115 105 51 Ok
2 CTSdev3 (s8) 115 105 47 Ok
2 CTSdev4 (s9) 115 105 48 Ok
2 CTSdev5 (s10) 115 105 47 Ok
2 CTSdev7 (s12) 115 105 50 Ok
2 CTSdev8 (s13) 115 105 50 Ok
2 CTSdev9 (s14) 115 105 48 Ok
2 CTSdev10(s15) 115 105 48 Ok
2 CTSdev11(s16) 115 105 46 Ok
2 CTSdev12(s17) 115 105 45 Ok
2 QEng1Sn1(s18) 115 105 43 Ok
2 QEng1Sn2(s19) 115 105 42 Ok
2 QEng1Sn3(s20) 115 105 39 Ok
2 QEng1Sn4(s21) 115 105 40 Ok
2 L2Lookup(s22) 115 105 43 Ok
2 L3Lookup(s23) 120 110 54 Ok
 
 
Power Supply:
Voltage: 50 Volts
-----------------------------------------------------
PS Model Power Power Status
(Watts) (Amp)
-----------------------------------------------------
1 N7K-AC-6.0KW 0.00 0.00 Ok
2 N7K-AC-6.0KW 6000.00 120.00 Ok
3 ------------ 0.00 0.00 Absent
 
 
Mod Model Power Power Power Power Status
Requested Requested Allocated Allocated
(Watts) (Amp) (Watts) (Amp)
--- ------------------- ------- ---------- --------- ---------- ----------
2 N7K-M148GT-11 247.00 4.94 247.00 4.94 Powered-Up
6 N7K-SUP1 210.00 4.20 210.00 4.20 Powered-Up
Xb1 N7K-C7010-FAB-1 123.50 2.47 123.50 2.47 Powered-Up
 
 
Power Usage Summary:
--------------------
Power Supply redundancy mode: Non-Redundant(combined)
Power Supply redundancy operational mode: Non-Redundant(combined)
 
Total Power Capacity 6000.00 W
 
Power reserved for Supervisor(s) 420.00 W
Power reserved for Fan Module(s) 2184.00 W
Power reserved for Fabric Module(s) 300.00 W
Power currently used by Modules 247.00 W
 
-------------
Total Power Available 2849.00 W
-------------
 

次に、電源環境に関する情報を表示する例を示します。

switch# show environment power
 
 
Power Supply:
Voltage: 50 Volts
-----------------------------------------------------
PS Model Power Power Status
(Watts) (Amp)
-----------------------------------------------------
1 FIORANO 0.00 0.00 Ok
2 FIORANO 6000.00 120.00 Ok
3 ------------ 0.00 0.00 Absent
 
 
Mod Model Power Power Power Power Status
Requested Requested Allocated Allocated
(Watts) (Amp) (Watts) (Amp)
--- ------------------- ------- ---------- --------- ---------- ----------
2 NURBURGRING 247.00 4.94 247.00 4.94 Powered-Up
6 CATALUNYA 210.00 4.20 210.00 4.20 Powered-Up
Xb1 Estoril 123.50 2.47 123.50 2.47 Powered-Up
 
 
Power Usage Summary:
--------------------
Power Supply redundancy mode: Non-Redundant(combined)
Power Supply redundancy operational mode: Non-Redundant(combined)
 
Total Power Capacity 6000.00 W
 
Power reserved for Supervisor(s) 420.00 W
Power reserved for Fan Module(s) 2184.00 W
Power reserved for Fabric Module(s) 300.00 W
Power currently used by Modules 247.00 W
 
-------------
Total Power Available 2849.00 W
-------------
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

power redundancy-mode

電源冗長モードを設定します。

 

show environment power

システムの電力容量および配電に関する情報を表示するには、 show environment power コマンドを使用します。

show environment power [ampere | detail]

 
構文の説明

ampere

(任意)システムの電力容量および配電に関する情報をアンペア単位で表示します。

detail

(任意)システムの電力容量および配電に関する詳細な情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2.(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

システムは、電源から情報を読み取り、消費電力に関する情報を表示します。

システムにより実際に消費されている電力は、表示される値より大きい場合があります。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、システムの電力容量および配電に関する情報を表示する例を示します。

switch(config) show environment power ampere
Power Supply:
Voltage: 50 Volts
Power Actual Total
Supply Model Output Capacity Status
(Ampere) (Ampere)
------- ------------------- ----------- ----------- --------------
1 N7K-AC-6.0KW 29.40 A 120.00 A Ok
2 N7K-AC-6.0KW 0.00 A 0.00 A Ok
3 ------------ 0.00 A 0.00 A Absent
4 ------------ 0.00 A 0.00 A Absent
 
 
Actual Power
Module Model Draw Allocated Status
(Ampere) (Ampere)
------- ------------------- ----------- ----------- --------------
6 N7K-M108X2-12L 371.00 A 17.00 A Powered-Up
7 N7K-M148GS-11 254.00 A 9.00 A Powered-Up
8 N7K-M148GS-11L 247.00 A 8.00 A Powered-Up
9 supervisor N/A 4.20 A Absent
10 N7K-SUP1 N/A 4.20 A Powered-Up
Xb1 N7K-C7018-FAB-1 N/A 2.00 A Powered-Up
Xb2 xbar N/A 2.00 A Absent
Xb3 xbar N/A 2.00 A Absent
Xb4 xbar N/A 2.00 A Absent
Xb5 xbar N/A 2.00 A Absent
fan1 N7K-C7018-FAN 4.34 A 14.72 A Powered-Up
fan2 N7K-C7018-FAN 3.78 A 10.74 A Powered-Up
 
N/A - Per module power not available
 
 
Power Usage Summary:
--------------------
Power Supply redundancy mode (configured) Non-Redundant(combined)
Power Supply redundancy mode (operational) Non-Redundant(combined)
 
Total Power Capacity (based on configured mode) 120.00 A
Total Power of all Inputs (cumulative) 120.00 A
Total Power Output (actual draw) 29.40 A
Total Power Allocated (budget) 77.00 A
Total Power Available for additional modules 42.14 A
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show environment

ハードウェア環境ステータスに関する情報を表示します。

show hardware capacity

現在システムにより使用されているプラットフォーム ハードウェア リソースに関する情報を表示します。

show event manager environment

Embedded Event Manager(EEM; 組み込み型イベント マネージャ)環境変数の名前と値を表示するには、 show event manager environment コマンドを使用します。

show event manager environment { varname | all}

 
構文の説明

varname

環境変数。

all

すべての 環境変数を指定します

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、すべての EEM 環境変数を表示する例を示します。

switch# show event manager environment all
switch#

show event manager event-types

Embedded Event Manager(EEM)イベント タイプを表示するには、 show event manager event-types コマンドを使用します。

show event manager event-types [detail | event-type-name ] [module module ]

 
構文の説明

detail

(任意)すべてのイベント タイプの詳細を表示します。

event-type-name

(任意)イベント タイプの名前。

module module

(任意)特定のモジュール( module )用に定義されたイベントを表示します。指定できる範囲は 1 ~ 10 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、EEM イベント タイプの詳細を表示する例を示します。

switch# show event manager event-types detail
switch#

show event manager history events

トリガーされた組み込み型イベント マネージャ(EEM)イベントを表示するには、 show event manager history events コマンドを使用します。

show event manager history events [detail] [maximum number ] [severity severity ]

 
構文の説明

detail

(任意)すべてのイベント タイプの詳細を表示します。

maximum number

(任意)表示する履歴イベントの最大数( number )を指定します。

severity severity

(任意)指定された重大度( severity )のイベントのみ表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、トリガーされた EEM 履歴イベントのうち、重大度が 7 のものを表示する例を示します。

switch# show event manager history events severity 7
switch#

show event manager policy

登録された Embedded Event Manager(EEM)ポリシーを表示するには、 show event manager policy コマンドを使用します。

show event manager policy [detail] [ policy-name | inactive]

 
構文の説明

detail

(任意)すべてのポリシーの詳細を表示します。

policy-name

(任意)ポリシーの名前。

inactive

(任意)非アクティブなポリシーのみ表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、EEM ポリシーを表示する例を示します。

switch# show event manager policy
switch#

show event manager policy-state

名前付き Embedded Event Manager(EEM)ポリシーの状態を表示するには、 show event manager policy-state コマンドを使用します。

show event manager policy-state name [module module ]

 
構文の説明

name

状態を表示するポリシーの名前。

module module

(任意)特定のモジュール( module )用に定義されたポリシーの状態を表示します。指定できる範囲は 1 ~ 10 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、EEM ポリシーの状態を表示する例を示します。

switch# show event manager policy-state policy42
switch#

show event manager script

組み込み型イベント マネージャ(EEM)のスクリプト ポリシーを表示するには、 show event manager script コマンドを使用します。

show event manager script system { name | all }

 
構文の説明

name

表示するスクリプトの名前。

all

すべてのシステム スクリプトを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、EEM に定義されたすべてのシステム スクリプトを表示する例を示します。

switch# show event manager script system all
switch#

show event manager system-policy

Embedded Event Manager(EEM)のシステム ポリシーを表示するには、 show event manager system-policy コマンドを使用します。

show event manager system-policy [all]

 
構文の説明

all

(任意)すべてのポリシー(高度なポリシーや上書き禁止のポリシーも含む)を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、EEM システム ポリシーを表示する例を示します。

switch# show event manager system-policy
Name : __BootupPortLoopback
Description : Do CallHome, log error on affected ports after 1 consecutive f
ailure of GOLD "BootupPortLoopback" test
Overridable : Yes
 
Name : __PortLoopback
Description : Do CallHome, log error and disable further HM testing on affec
ted ports after 10 consecutive failures of GOLD "PortLoopback" test
Overridable : Yes
 
Name : __RewriteEngineLoopback
Description : Do CallHome, log error and disable further HM testing on affec
ted ports after 10 consecutive failures of GOLD "RewriteEngineLoopback" test
Overridable : Yes
 
Name : __asic_register_check
Description : Do CallHome, log error and disable further HM testing for that
ASIC device/instance after 20 consecutive failures of GOLD "AsicRegisterCheck"
test
Overridable : Yes
 
Name : __compact_flash
Description : Do CallHome, log error and disable further HM testing after 20
consecutive failures of GOLD "CompactFlash" test
Overridable : Yes
 
Name : __crypto_device
Description : Do CallHome and log error when GOLD "CryptoDevice" test fails
Overridable : Yes
 
Name : __eobc_port_loopback
Description : Do CallHome and log error when GOLD "EOBCPortLoopback" test fa
ils
Overridable : Yes
 
Name : __ethpm_debug_1
Description : Action: none
Overridable : Yes
 
Name : __ethpm_debug_2
Description : Action: none
Overridable : Yes
 
Name : __ethpm_debug_3
Description : Action: none
Overridable : Yes
 
Name : __ethpm_debug_4
Description : Action: none
Overridable : Yes
 
Name : __ethpm_link_flap
Description : More than 30 link flaps in 420 seconds interval. Action: Error
Disable the port
Overridable : Yes
 
Name : __external_compact_flash
Description : Do CallHome, log error and disable further HM testing after 20
consecutive failures of GOLD "ExternalCompactFlash" test
Overridable : Yes
switch#

show flow exporter

Flexible NetFlow フロー エクスポータのステータスと統計情報を表示するには、 show flow exporter コマンドを使用します。

show flow exporter [ name exporter-name ]

 
構文の説明

name exporter-name

(任意)フロー エクスポータの名前を指定します。名称は 64 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

 
デフォルト

ルータに設定されているすべてのフロー エクスポータの情報が表示されます。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

show flow exporter コマンドを使用するには、事前に、エクスポータを使用して Flexible NetFlow によるトラフィック モニタリングをイネーブルにしておく必要があります。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、ルータに設定されているすべてのフロー エクスポータのステータスおよび統計情報を表示する例を示します。

switch# show flow exporter
Flow Exporter NFC-DC-PHOENIX:
Export Version 5
Exporter Statistics
Number of Flow Records Exported 0
Number of Export Packets Sent 0
Number of Export Bytes Sent 0
Number of Destination Unreachable Events 0
Number of No Buffer Events 0
Number of Packets Dropped (No Route to Host) 0
Number of Packets Dropped (other) 0
Number of Packets Dropped (LC to RP Error) 0
Number of Packets Dropped (Output Drops) 0
Time statistics were last cleared: Never
Flow exporter timeout:
Export Version 5
Exporter Statistics
Number of Flow Records Exported 0
Number of Export Packets Sent 0
Number of Export Bytes Sent 0
Number of Destination Unreachable Events 0
Number of No Buffer Events 0
Number of Packets Dropped (No Route to Host) 0
Number of Packets Dropped (other) 0
Number of Packets Dropped (LC to RP Error) 0
Number of Packets Dropped (Output Drops) 0
Time statistics were last cleared: Never
Flow exporter test-exporter:
Description: test server in San Jose CA
Export Version 5
Exporter Statistics
Number of Flow Records Exported 0
Number of Export Packets Sent 0
Number of Export Bytes Sent 0
Number of Destination Unreachable Events 0
Number of No Buffer Events 0
Number of Packets Dropped (No Route to Host) 0
Number of Packets Dropped (other) 0
Number of Packets Dropped (LC to RP Error) 0
Number of Packets Dropped (Output Drops) 0
Time statistics were last cleared: Never
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear flow exporter

エクスポータの統計情報をクリアします。

destination

フロー エクスポータのエクスポート先を設定します。

dscp

フロー エクスポータのオプションの Diffserv コード ポイント(DSCP)パラメータを設定します。

export-protocol

フロー エクスポータのエクスポート プロトコルのバージョンを設定します。

flow exporter

フロー エクスポータを作成します。

option

フロー エクスポータのオプションを設定します。

show flow exporter

フロー エクスポータのステータスと統計情報を表示します。

source

フロー エクスポータの送信元 IP アドレス インターフェイスを設定します。

template

フロー エクスポータのテンプレート再送信タイムアウトを設定します。

transport

フロー エクスポータのトランスポート プロトコルを設定します。

ttl

フロー エクスポータの存続可能時間(TTL)を設定します。

show flow interface

特定のインターフェイスについて Flexible NetFlow のコンフィギュレーションとステータスを表示するには、 show flow interface コマンドを使用します。

show flow interface [ interface-type number ]

 
構文の説明

interface-type number

(任意)Flexible NetFlow のアカウント構成情報を表示するインターフェイスのタイプ。

 
デフォルト

インターフェイスの Flexible NetFlow アカウント構成情報が表示されます。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

show flow interface コマンドを使用するには、事前に、Flexible NetFlow によるトラフィック モニタリングをイネーブルにしておく必要があります。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、インターフェイス:イーサネット 0/0 および 0/1 上の Flexible NetFlow アカウント構成情報を表示する例を示します。

switch# show flow interface ethernet 1/0
Interface Ethernet1/0
FNF: monitor: NFC-DC-PHOENIX
direction: Output
traffic(ip): on
 
switch# show flow interface ethernet 0/0
Interface Ethernet0/0
FNF: monitor: FLOW-MONITOR-1
direction: Input
traffic(ip): sampler SAMPLER-2#
 

表 1 に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。

 

表 1 show flow interface のフィールドの説明

フィールド
説明

Interface

コマンドの対象となるインターフェイス

monitor

インターフェイス上に設定されているフロー モニタの名前

direction:

フロー モニタがモニタしているトラフィックの方向

表示される値は次のとおりです。

Input:インターフェイスが受信しているトラフィック

Output:インターフェイスが送信しているトラフィック

traffic (ip)

フロー モニタが通常モードとサンプラ モードのどちらであるかを示します。

表示される値は次のとおりです。

On:通常モード。

Sampler:サンプラ モード(サンプラの名前も表示されます)。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show flow sw-monitor

フロー モニタのステータスと統計情報を表示します。

show flow sw-monitor

Flexible NetFlow フロー モニタのステータスと統計情報を表示するには、 show flow monitor コマンドを使用します。

show flow sw-monitor [ name exporter-name ] [cache [detailed]]

 
構文の説明

name exporter-name

(任意)フロー エクスポータの名前を指定します。名称は 64 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

cache

スーパーバイザが生成したパケットのフローを表示します。システムのすべてのフローを取得するには、このコマンドを show hardware flow {ip | ipv6} とともに使用します。

detailed

(任意)パケット フローに関する詳細な情報を表示します。

 
デフォルト

ルータに設定されているすべてのフロー エクスポータの情報が表示されます。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

show flow exporter コマンドを使用するには、事前に、エクスポータを使用して Flexible NetFlow によるトラフィック モニタリングをイネーブルにしておく必要があります。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、フロー モニタのステータスと統計情報を表示する例を示します。

switch# show flow sw-monitor NFC-DC-PHOENIX statistics
Cache type: Normal
Cache size: 4096
Current entries: 4
High Watermark: 6
 
Flows added: 116
Flows aged: 112
- Active timeout ( 1800 secs) 0
- Inactive timeout ( 15 secs) 112
- Event aged 0
- Watermark aged 0
- Emergency aged 0
 

表 2 に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。

 

表 2 show flow sw-monitor monitor-name のフィールドの説明

フィールド
説明

Cache Type

フロー モニタのキャッシュ タイプ

表示される値は次のとおりです。

Normal:フローが通常どおり期限切れになる

Permanent:フローが期限切れにならない

Immediate:フローが即座に期限切れになる

Cache Size

キャッシュ内エントリ数

Current entries

使用中のキャッシュ内エントリ数

High Watermark

認識可能なキャッシュ エントリの最大数

Flows added

キャッシュの作成後にキャッシュに追加されたフロー

Flows aged

キャッシュの作成後に期限切れになったフロー

Active Timeout

非アクティブ タイムアウトの現在値

Inactive Timeout

アクティブ タイムアウトの現在値

Event aged

clear flow monitor コマンドの force-export オプションが使用された、または最大値に達したためカウンタ値がラップした、などのイベントによってエージングされたフローの数

Watermark aged

最高水準点を超えたためにエージングされたフローの数

Emergency aged

新しいフローを追加できるようにキャッシュからエージング アウトされたフローの数

次に、フロー モニタのステータスを表示する例を示します。

switch# show flow sw-monitor NFC-DC-PHOENIX
 
Flow Monitor NFC-DC-PHOENIX:
Description: Used for basic traffic analysis
Flow Record: netflow-original
Flow Exporter: EXP-DC-TOPEKA
EXP-DC-PHOENIX
Cache:
Type: normal
Status: allocated
Size: 4096 entries / 311316 bytes
Inactive Timeout: 15 secs
Active Timeout: 1800 secs
Update Timeout: 1800 secs
 

表 3 に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。

 

表 3 show flow sw-monitor monitor-name のフィールドの説明

フィールド
説明

Flow Monitor

設定したフロー モニタの名前

Description

モニタに設定した説明、またはユーザ定義のデフォルトの説明

Flow Record

フロー モニタに割り当てられたフロー レコード

Flow Exporter

フロー モニタに割り当てられたエクスポータ

Cache

フロー モニタのキャッシュに関する情報

Type

フロー モニタのキャッシュ タイプ

表示される値は次のとおりです。

Normal:フローが通常どおり期限切れになる

Permanent:フローが期限切れにならない

Immediate:フローが即座に期限切れになる

Status

フロー モニタ キャッシュのステータス

表示される値は次のとおりです。

Allocated:キャッシュが割り当てられている。

Being deleted:キャッシュが削除されている。

Not allocated:キャッシュが割り当てられていない。

[Size]

現在のキャッシュ サイズ

Inactive Timeout

アクティブ タイムアウトの現在値

Active Timeout

非アクティブ タイムアウトの現在値

Update Timeout

更新タイムアウトの現在値

次に、NFC-DC-PHOENIX という名前のフロー モニタのステータスと統計情報を表示する例を示します。

switch# show flow sw-monitor NFC-DC-PHOENIX cache
Cache type: Normal
Cache size: 4096
Current entries: 8
High Watermark: 10
 
Flows added: 1560
Flows aged: 1552
- Active timeout ( 1800 secs) 24
- Inactive timeout ( 15 secs) 1528
- Event aged 0
- Watermark aged 0
- Emergency aged 0
 
 
IP TOS: 0x00
IP PROTOCOL: 6
IPV4 SOURCE ADDRESS: 10.10.10.2
IPV4 DESTINATION ADDRESS: 172.16.10.2
TRNS SOURCE PORT: 20
TRNS DESTINATION PORT: 20
INTERFACE INPUT: Et0/0
FLOW SAMPLER ID: 0
ip source as: 0
ip destination as: 0
ipv4 next hop address: 172.16.7.2
ipv4 source mask: /0
ipv4 destination mask: /24
tcp flags: 0x00
interface output: Et1/0
counter bytes: 198520
counter packets: 4963
timestamp first: 10564356
timestamp last: 12154104
 

表 4 に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。

 

表 4 show flow sw-monitor monitor-name のフィールドの説明

フィールド
説明

Cache type

フロー モニタのキャッシュ タイプ

表示される値は次のとおりです。

Normal:フローが通常どおり期限切れになる

Permanent:フローが期限切れにならない

Immediate:フローが即座に期限切れになる

Cache Size

キャッシュ内エントリ数

Current entries

使用中のキャッシュ内エントリ数

High Watermark

認識可能なキャッシュ エントリの最大数

Flows added

キャッシュの作成後にキャッシュに追加されたフロー

Flows aged

キャッシュの作成後に期限切れになったフロー

Active timeout

アクティブ タイムアウトの現在値

Inactive timeout

非アクティブ タイムアウトの現在値

Event aged

clear flow monitor コマンドの force-export オプションの使用などのイベントによってエージングされたフローの数

Watermark aged

最高水準点を超えたためにエージングされたフローの数

Emergency aged

新しいフローを追加できるようにキャッシュからエージング アウトされたフローの数

IP TOS

IP Type of Service(ToS; タイプ オブ サービス)の値

IP PROTOCOL

プロトコル番号

IPV4 SOURCE ADDRESS

IPv4 送信元アドレス

IPV4 DESTINATION ADDRESS

IPv4 宛先アドレス

TRNS SOURCE PORT

トランスポート プロトコルの送信元ポート

TRNS DESTINATION PORT

トランスポート プロトコルの宛先ポート

INTERFACE INPUT

入力を受信するインターフェイス

FLOW SAMPLER ID

フロー サンプラの ID 番号

ip source as

BGP 送信元の AS 番号

ip destination as

BGP 宛先の AS 番号

ipv4 next hop address

パケット転送先ネクスト ホップの IPv4 アドレス

ipv4 source mask

IPv4 送信元アドレス マスク

ipv4 destination mask

IPv4 宛先アドレス マスク

tcp flags

TCP フラグの値

interface output

入力を送信するインターフェイス

counter bytes

カウントされたバイト数

counter packets

カウントされたパケット数

timestamp first

フロー内の最初のパケットのタイムスタンプ

timestamp last

フロー内の最後のパケットのタイムスタンプ

次に、NFC-DC-PHOENIX という名前のフロー モニタのステータスと統計情報を表形式で表示する例を示します。

switch# show flow sw-monitor NFC-DC-PHOENIX cache format table
Cache type: Normal
Cache size: 4096
Current entries: 4
High Watermark: 6
 
Flows added: 90
Flows aged: 86
- Active timeout ( 1800 secs) 0
- Inactive timeout ( 15 secs) 86
- Event aged 0
- Watermark aged 0
- Emergency aged 0
 
IP TOS IP PROT IPV4 SRC ADDR IPV4 DST ADDR TRNS SRC PORT TRNS DST PORT
====== ======= =============== =============== ============= ==============
0x00 1 10.251.10.1 172.16.10.2 0 02
0x00 1 10.251.10.1 172.16.10.2 0 20484
0xC0 17 172.16.6.1 224.0(1).0.9 520 5202
0x00 6 10.10.11.1 172.16.10.5 25 252
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

cache

フロー モニタのフロー キャッシュ パラメータを設定します。

clear flow monitor

フロー モニタをクリアします。

exporter

フロー モニタのフロー エクスポータを指定します。

flow monitor

フロー モニタを作成します。

protocol-distribution

フロー モニタのプロトコル分散統計情報の収集を設定します。

record

フロー モニタのフロー レコードを設定します。

show flow sw-monitor

フロー モニタのステータスと統計情報を表示します。

size-distribution

フロー モニタのサイズ分散統計情報の収集を設定します。

show flow record

Flexible NetFlow フロー レコードのステータスと統計情報を表示するには、 show flow record コマンドを使用します。

show flow record [ name record-name | netflow ipv4 record | netflow-original ]

 
構文の説明

name record-name

(任意)事前に設定したフロー レコードの名前を指定します。

netflow ipv4 record

(任意)定義済みレコードの 1 つを使用するようにフロー モニタを設定します。使用可能なレコードとその定義の一覧を表 5 に示します。

netflow-original

(任意)起点自律システム固有の NetFlow の Flexible NetFlow による実装を指定します。

 
デフォルト

ルータに設定されているすべてのフロー エクスポータの情報が表示されます。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

show flow exporter コマンドを使用するには、事前に、エクスポータを使用して Flexible NetFlow によるトラフィック モニタリングをイネーブルにしておく必要があります。

表 5 に、 record 引数のキーワードと説明を示します。

 

表 5 record 引数のキーワードと説明

original-input

従来の IPv4 入力 NetFlow

original-output

従来の IPv4 出力 NetFlow

protocol-port

プロトコル ポート レコード

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、元の入力 NetFlow レコードのステータスと統計情報を表示する例を示します。

switch# show flow record netflow ipv4 original-input
Flow record ipv4 original-input:
Description: Traditional IPv4 input NetFlow
No. of users: 0
Template ID: 0
Fields:
match ipv4 source address
match ipv4 destination address
match ip protocol
match ip tos
match transport source-port
match transport destination-port
match interface input
collect routing source as
collect routing destination as
collect routing next-hop address ipv4
collect transport tcp flags
collect counter bytes
collect counter packets
collect timestamp sys-uptime first
collect timestamp sys-uptime last
collect interface output
switch#
 

表 6 に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。

 

表 6 show flow record netflow-original フィールドの説明

フィールド
説明

Description

レコードに設定した説明、またはユーザ定義のデフォルトの説明。

No.of users

コンフィギュレーションにおけるこのレコードへの参照の数

Total field space

これらのフィールドを格納するために必要な 1 フローあたりのバイト数

Fields

このレコードに含まれるフィールド。各フィールドの詳細については、 match および collect コマンドを参照してください。

 
関連コマンド

コマンド
説明

cache

フロー モニタのフロー キャッシュ パラメータを設定します。

clear flow monitor

フロー モニタをクリアします。

exporter

フロー モニタのフロー エクスポータを指定します。

flow monitor

フロー モニタを作成します。

protocol-distribution

フロー モニタのプロトコル分散統計情報の収集を設定します。

record

フロー モニタのフロー レコードを設定します。

show flow sw-monitor

フロー モニタのステータスと統計情報を表示します。

size-distribution

フロー モニタのサイズ分散統計情報の収集を設定します。

protocol-distribution

フロー モニタのプロトコル分散統計情報の収集を設定します。

record

フロー モニタのフロー レコードを設定します。

show flow timeout

Flexible NetFlow フローのキャッシュ タイムアウト値を表示するには、 show flow timeout コマンドを使用します。

show flow timeout

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

インターフェイスの Flexible NetFlow アカウント構成情報が表示されます。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

6.1(1)

コマンド出力が変更されました。

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

show flow timeout コマンドを使用するには、事前に、Flexible NetFlow によるトラフィック モニタリングをイネーブルにしておく必要があります。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、F2 VDC の Flexible NetFlow フローのキャッシュ タイムアウト値を表示する例を示します。

switch# show flow timeout
Flow timeout values
Active timeout: 1800 seconds
Inactive timeout: 15 seconds
Flush Cache timeout 15 seconds
Fast timeout: Disabled
Session aging timeout: Disabled
Aggressive aging timeout: Disabled
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

flow timeout

フロー タイムアウトを作成します。

show hardware feature-capability

システムでサポートされる、登録済みの機能に関する情報を表示するには、 show hardware feature-capability コマンドを使用します。

show hardware feature-capability [ detailed ]

 
構文の説明

detailed

(任意)登録済みの機能に関する詳細な情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

ネットワーク オペレータ

VDC 管理者

VDC オペレータ

リリース
変更内容

4.2(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、システムでサポートされる、登録済みの機能に関する情報を表示する例を示します。

switch# show hardware feature-capability detailed
Hardware Dependent Features:
. = supported
X = unsupported
-- Module --
7 12
VPC X X
module 7: Device Min num too small for feature
module 12: Device Min num too small for feature
PVLAN . .
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show hardware capacity

ハードウェアの機能、およびシステムによる現在のハードウェア使用率の情報を表示します。

show hardware capacity

ハードウェアの性能、およびシステムによる現在のハードウェアの使用率に関する情報を表示するには、 show hardware capacity コマンドを使用します。

show hardware capacity [ eobc | fabric-utilization | forwarding | interface | module | power]

 
構文の説明

eobc

(任意)Ethernet Out of Band Channel(EOBC; イーサネット アウトオブバンド チャネル)リソースを表示します。たとえば、入力(rx)と出力(tx)の両方向についての、秒あたりのパケット数、合計パケット数、ドロップされたパケット数などです。

fabric-utilization

(任意)スイッチ ファブリック リソースを表示します。たとえば、チャネル スピード、出力データのパーセンテージ、入力データのパーセンテージ、ドロップされたパケット数、最大レート、タイプ スタンプなどです。

forwarding

(任意)レイヤ 2 およびレイヤ 3 フォワーディング リソースを表示します。たとえば、使用可能なリソース、使用済みリソースのパーセンテージ、空きリソースのパーセンテージなどです。

interface

(任意)シャーシ、スロット、またはポート番号、およびこれに対する入力(rx)、出力(tx)パケット ドロップ カウンタを表示します。

module

(任意)モジュール、クロスバー リソース、および各モジュールのフラッシュと NVRAM リソースにおける合計、空き、使用済みのパーセンテージに関する情報を表示します。

power

(任意)システムの電源についての要約を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2.(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

ハードウェアの性能、およびシステムによる現在のハードウェアの使用率に関する情報に基づいて、ネットワーク設計計画を作成できます。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、ハードウェアの性能、およびシステムによる現在のハードウェアの使用率に関する情報を表示する例を示します。

switch(config)# show hardware capacity module
Supervisor Redundancy HW Mode(Dual-SUPs): Disabled
Redundancy mode: Active with no standby
 
Switching Resources:
-------------------
Module Model Number Part Number Serial Number
---------------------------------------------------------
7 N7K-M148GS-11 73-11584-02 JAF1219AGFE
10 N7K-SUP1 73-10877-11 JAF1307ALAT
12 NURBURGRING 73-10098-04 JAB104400P0
 
XBAR Resources:
-------------------
XbarNum Model Number Part Number Serial Number
---------------------------------------------------------
1 N7K-C7018-FAB-1 73-11687-01 JAF1225AGHJ
 
 
Flash/NVRAM Resources:
------------------------------------------------------------
Usage: Module Device Total(KB) Free(KB) %Used
------------------------------------------------------------
10 bootflash 1762048 1383980 21
10 logflash 7997912 6840772 14
10 slot0 2026608 1985436 2
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show hardware fabric-utilization

ファブリック使用率に関する情報を表示します。

show module

モジュールに関する情報を表示します。

show hardware capacity interface

ハードウェア インターフェイス リソースに関する情報を表示するには、 show hardware capacity interface コマンドを使用します。

show hardware capacity interface

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、ハードウェア インターフェイス リソースに関する情報を表示する例を示します。

switch(config)# show hardware capacity interface
Interface Resources
 
Interface drops:
Module Total drops Highest drop ports
7 Tx: 0 -
7 Rx: 0 -
12 Tx: 0 -
12 Rx: 0 -
 
Interface buffer sizes:
Module Bytes: Tx buffer Rx buffer
7 6190631 7743330
12 6190631 7743330
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show hardware flow utilization

NetFlow ハードウェア フローの使用率に関する情報を表示します。

show hardware fabric-utilization

ファブリック使用率に関する情報を表示します。

show hardware capacity interface

ハードウェア インターフェイス リソースに関する情報を表示するには、 show hardware capacity interface コマンドを使用します。

show hardware capacity interface

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、ハードウェア インターフェイス リソースに関する情報を表示する例を示します。

switch(config)# show hardware capacity interface
Interface Resources
 
Interface drops:
Module Total drops Highest drop ports
7 Tx: 0 -
7 Rx: 0 -
12 Tx: 0 -
12 Rx: 0 -
 
Interface buffer sizes:
Module Bytes: Tx buffer Rx buffer
7 6190631 7743330
12 6190631 7743330
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show hardware flow utilization

NetFlow ハードウェア フローの使用率に関する情報を表示します。

show hardware fabric-utilization

ファブリック使用率に関する情報を表示します。

show hardware fabric-utilization

10 ミリ秒の測定間隔からのファブリック使用率値(つまり、ASIC がリンク使用率を測定)を表示するには、 show hardware fabric-utilization コマンドを使用します。

show hardware fabric-utilization

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、ファブリック利用率を表示する例を示します。

switch(config)# show hardware fabric-utilization
------------------------------------------------
Slot Total Fabric Utilization
Bandwidth Ingress % Egress %
------------------------------------------------
1 220 Gbps 0.00 0.00
2 92 Gbps 0.00 0.00
5 23 Gbps 0.00 0.00
6 23 Gbps 0.00 0.00
7 92 Gbps 0.00 0.00
9 46 Gbps 0.00 0.00
--More--
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show hardware fabric-utilization

ファブリック使用率に関する情報を表示します。

show hardware fabric-utilization detail timestamp

ピーク使用率タイムスタンプの時刻および値を表示するには、 show hardware fabric-utilization detail timestamp コマンドを使用します。

show hardware fabric-utilization detail timestamp

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

6.1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、ピーク使用率の時刻および値を表示する例を示します。

switch(config)# show hardware fabric-utilization detail timestamp
swN7K148# show hardware fabric-utilization detail timestamp
------------------------------------------------------------------------
Fabric Planes:
A -- Unicast fabric interface
B -- Multicast/Multidestination fabric interface
-------------------------PEAK FABRIC UTILIZATION------------------------
I/O |-----FABRIC----| Ingress | Egress
Slot |Mod Inst Plane| Util Time | Util Time
------------------------------------------------------------------------
2 1 1 A 0% 08-11@19:18:41 0% 08-11@19:18:41
2 1 1 B 0% 08-11@19:18:41 0% 08-11@19:18:41
2 1 1 A 0% 08-11@19:18:41 0% 08-11@19:18:41
2 1 1 B 0% 08-11@19:18:41 0% 08-11@19:18:41
2 2 1 A 0% 08-11@19:18:41 0% 08-11@19:18:41
2 2 1 B 0% 08-11@19:18:41 0% 08-11@19:18:41
2 2 1 A 0% 08-11@19:18:41 0% 08-11@19:18:41
2 2 1 B 0% 08-11@19:18:41 0% 08-11@19:18:41
2 3 1 A 0% 08-11@19:18:41 0% 08-11@19:18:41
2 3 1 B 0% 08-11@19:18:41 0% 08-11@19:18:41
2 3 1 A 0% 08-11@19:18:41 0% 08-11@19:18:41
2 3 1 B 0% 08-11@19:18:41 0% 08-11@19:18:41
 
5 1 1 A 0% 08-11@19:18:34 0% 08-11@19:18:34
5 1 1 B 0% 08-11@19:18:34 0% 08-11@19:18:34
5 2 1 A 0% 08-11@19:18:34 0% 08-11@19:18:34
--More--
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show hardware fabric-utilization

ファブリック使用率に関する情報を表示します。

show hardware flow aging

NetFlow ハードウェア フロー エージングに関する情報を表示するには、 show hardware flow aging コマンドを使用します。

show hardware flow aging [ vdc vdc-name ] [ module slot-number ]

 
構文の説明

vdc vdc-name

(任意)仮想デバイス コンテキスト(VDC)名を指定します。VDC 名は 64 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

module slot-number

(任意)モジュール固有の情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

show hardware flow aging コマンドを使用するには、事前に、Flexible NetFlow によるトラフィック モニタリングをイネーブルにしておく必要があります。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、モジュール 2 の NetFlow エージング値を表示する例を示します。

switch(config)# show hardware flow aging module 2
VDC(1) Aging Information (time unit is second):
 
AgingType Enabled Timeout Period Threshold
----------+----------+----------+----------+----------
Active Yes 1800 360 N/A
Inactive Yes 15 3 N/A
Fast Yes 33 6 22
Aggressive No 90 18 90
Session No 2 5 N/A
switch(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

flow timeout

フロー タイムアウトを作成します。

show hardware flow entry

NetFlow テーブル エントリに関する情報を表示するには、 show hardware flow entry コマンドを使用します。

show hardware flow entry address location type { ip | ipv6 } [ detail ] [ module slot-number ]

 
構文の説明

address

NetFlow テーブル アドレスを指定します。

location

NetFlow テーブル エントリのアドレス(16 進数)。アドレス範囲は 0x0 ~ 0x3fffff です。

ip

IP フローに関する詳細な情報を表示します。

ipv6

IPv6 フローに関する詳細な情報を表示します。

detail

(任意)フローに関する詳細な情報を表示します。

module slot-number

(任意)モジュール固有の情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

show hardware flow entry コマンドを使用するには、事前に、Flexible NetFlow によるトラフィック モニタリングをイネーブルにしておく必要があります。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、モジュール 2 の NetFlow テーブル エントリを表示する例を示します。

switch(config)# show hardware flow entry address 0x0 type ip module 2
NT Entry Info (dev_id = 0, nt_entry_addr = 0x00000000):
 
protocol = 0 (0=IPv4/IPMAC, 1=IPv6, 2=L2, 3=MPLS)
profile_id = 0
recir_id = 0
is_routed = 0
from_rp = 0
lkup_dir = 0 (0=Ingress, 1=Egress)
ilif(ovld_a) = 0x0
elif(ovld_b) = 0x0
tos(ovld_e) = 0
l4_protocol = 0
l4_hdr_vld = 0
fragment = 0
mpls = 0
l4_info(ovld_d) = 0x00000000
ipv4_sa(ovld_f) = 0.0.0.0
ipv4_da(ovld_g) = 0.0.0.0
ipmac = 0
segment = 0
hash_addr = 0x0
icam = 0
create_ts = 0
sh_plc_idx/sampler_id = 0x0
rdt_tbl_idx = 0x0
ignr_aclo = 0
ignr_qoso = 0
ignr_acc = 0
ignr_agg_qos = 0
tcp_rdt_dst = 0
copy_policy_idx = 0x0
nf_acos = 0
mark_en = 0
nf_qos_mode = 0
policer_param_idx = 0x0
elam_trig = 0
valid = 0
sw_entry = 0
profile_merged = 0
fast_ag_en = 0
sw_bits1 = 0
dgt_mode = 0
adj_ptr/dgt = 0x0
ignr_qosi = 0
ignr_acli = 0
 
NS Entry Info (dev_id = 0, ns_entry_addr = 0x00000000):
 
ack_after_fin = 0
tcp_flag = 0x0 (URG=0, ACK=0, PSH=0, RST=0, SYN=0, FIN=0)
mf_ls_ts = 0
mf_bkt = 0
nf_pkt_cnt = 0000000000
nf_byte_cnt = 0000000000000
nf_byte_cnt_excd = 0000000000000
ls_used_ts = 0
sw_prog/sticky_status = 0

 
関連コマンド

コマンド
説明

flow

フローを作成します。

show hardware flow

NetFlow ハードウェア IP フローに関する情報を表示するには、 show hardware flow ip コマンドを使用します。

show hardware flow { ip | ipv6 } [interface type number | monitor monitor-name | profile profile-id | vdc vdc-name | vlan vlan-name ] [ detail ] [ module module ]

 
構文の説明

ip

IP フローに関する情報を表示します。

ipv6

IPv6 フローに関する情報を表示します。

interface interface-type number

(任意)Flexible NetFlow のアカウント構成情報を表示するインターフェイスのタイプを指定します。

monitor monitor-name

(任意)フロー モニタの名前を指定します。モニタ名は 64 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

profile profile-id

(任意)フロー プロファイルの名前を指定します。プロファイル ID の範囲は 0 ~ 31 です。

vdc vdc-name

(任意)仮想デバイス コンテキスト(VDC)名を指定します。VDC 名は 64 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

detail

(任意)フローに関する詳細な情報を表示します。

module slot-number

(任意)モジュール固有の情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

show hardware flow ip コマンドを使用するには、事前に、Flexible NetFlow によるトラフィック モニタリングをイネーブルにしておく必要があります。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、モジュール 8 の NetFlow エージング値を表示する例を示します。

switch(config)# show hardware flow ip module 8
 
D - Direction; L4 Info - Protocol:Source Port:Destination Port
IF - Interface: ()ethernet, (S)vi, (V)lan, (P)ortchannel, (T)unnel
TCP Flags: Ack, Flush, Push, Reset, Syn, Urgent
 
D IF SrcAddr DstAddr L4 Info PktCnt TCP Flags
-+-----+---------------+---------------+---------------+----------+-----------
I 8/26 007.002.000.002 007.001.000.002 000:00000:00000 0000421885 . . . . . .
I 8/25 007.001.000.002 007.002.000.002 000:00000:00000 0000421900 . . . . . .
O 8/25 007.002.000.002 007.001.000.002 000:00000:00000 0000422213 . . . . . .
O 8/26 007.001.000.002 007.002.000.002 000:00000:00000 0000422228 . . . . . .
switch(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

flow

フローを作成します。

show hardware flow l2

NetFlow ハードウェア レイヤ 2 フローに関する情報を表示するには、 show hardware flow l2 コマンドを使用します。

show hardware flow l2 [monitor monitor-name | profile profile-id | vdc vdc-id | vlan vlan-id] [detail] [instance instance] [module module]

 
構文の説明

monitor monitor-name

(任意)フロー モニタの名前を指定します。モニタ名は 64 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

profile profile-id

(任意)フロー プロファイルの名前を指定します。プロファイル ID の範囲は 0 ~ 7 です。

vdc

(任意)仮想デバイス コンテキスト(VDC)名を指定します。

vdc-id

(任意)仮想デバイス コンテキスト ID。範囲は、1 ~ 16 文字の英数字文字列です。

vlan

(任意)VLAN を表示します。

vlan-id

(任意)VLAN ID を表示します。有効な範囲は 1 ~ 4094 です。

detail

(任意)フローに関する詳細な情報を表示します。

instance

(任意)EARL インスタンスに関する情報を表示します。

instance

(任意)インスタンス番号を表示します。指定できる範囲は 1 ~ 2 です。

slot number

(任意)スロット番号を指定します。有効な範囲は 1 ~ 18 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、NetFlow レイヤ 2 フローに関する詳細な出力情報を表示する例を示します。

switch(config)# show hardware flow l2 detail
D IF SMAC DMAC ET PktCnt TCP Flags DSCP
-+---------+--------------+--------------+----+----------+-----------+-----
I V 100 0002.0002.0002 0018.bad7.e995 0800 0000279860 A F P R S U
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

flow

フローを作成します。

show hardware flow sampler

サンプリングされた NetFlow ハードウェア フローに関する情報を表示するには、 show hardware flow sampler コマンドを使用します。

show hardware flow sampler {all | count | index number | name sampler-name | vdc vdc_id} [ detail ] [ module module ] [instance instance]

 
構文の説明

all

サンプリングされたすべての NetFlow ハードウェア フローを指定します。

count

サンプラ テーブルの使用率を指定します。

index number

サンプラ テーブルのインデックス(16 進数)を指定します。範囲は 0x0 ~ 0x3ff です。

name sampler-name

サンプラ名を指定します。名称は 64 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

vdc vdc-name

仮想デバイス コンテキスト(VDC)名を指定します。VDC 名は 64 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

detail

(任意)フローに関する詳細な情報を表示します。

module slot-number

(任意)モジュール固有の情報を表示します。

instance instance

(任意)インスタンス番号を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

show hardware flow sampler コマンドを使用するには、事前に、Flexible NetFlow によるトラフィック モニタリングをイネーブルにしておく必要があります。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、モジュール 2 の NetFlow サンプラ テーブルの使用率を表示する例を示します。

switch# show hardware flow sampler count module 2
Sampler Table Utilization: about 0.00% (0/64)
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

flow

フローを作成します。

show hardware flow utilization

NetFlow ハードウェア フロー使用率に関する情報を表示するには、 show hardware flow utilization コマンドを使用します。

show hardware flow utilization [ module module ]

 
構文の説明

module slot-number

(任意)モジュール固有の情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

show hardware flow utilization コマンドを使用するには、事前に、Flexible NetFlow によるトラフィック モニタリングをイネーブルにしておく必要があります。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、モジュール 2 の NetFlow サンプラ テーブルの使用率を表示する例を示します。

switch# show hardware flow utilization module 2
Flow Utilization: 0.00% (0/515090)
 
Total number of flows = 0
IPv4 flow creation failure = 0
IPv6 flow creation failure = 0
MPLS flow creation failure = 0
L2 flow creation failure = 0
IFE flow creation failure = 0
OFE flow creation failure = 0
IFE CF FIFO full failure = 0
OFE CF FIFO full failure = 0
IFE NT table full failure = 0
OFE NT table full failure = 0
NO freelist pointer failure = 0
Hash Table(NH) page full failure = 0
IPMAC lookup failure = 0
L2 ACL deny = 0
L3 ACL deny = 0
IFE CF flow control = 0
OFE CF flow control = 0
Fast Aging failure = 0
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

flow

フローを作成します。

show interface ethernet capabilities

インターフェイスが Energy Efficient Ethernet(EEE)対応かどうかを表示するには、 show interface ethernet capabilities コマンドを使用します。

show interface ethernet slot/chassis capabilities

 
構文の説明

slot/chassis

スロットまたはシャーシ番号。有効範囲は 1 ~ 253 です。

capabilities

(任意)クロック モジュール情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

6.1(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、インターフェイスが EEE 対応かどうかを表示する例を示します。

switch(config-if)# show interface ethernet 16/1 capabilities
Ethernet16/1
Model: N7K-F248XT-25
Type (Non SFP): 10g
Speed: 1000,10000
Duplex: full
Trunk encap. type: 802.1Q
FabricPath capable: yes
Channel: yes
Broadcast suppression: percentage(0-100)
Flowcontrol: rx-(off/on/desired),tx-(off/on/desired)
Rate mode: dedicated
Port mode: Routed,Switched
QOS scheduling: rx-(8q4t),tx-(3p5q1t)
CoS rewrite: yes
ToS rewrite: yes
SPAN: yes
UDLD: yes
MDIX: yes
TDR capable: yes
Link Debounce: yes
Link Debounce Time: yes
FEX Fabric: yes
dot1Q-tunnel mode: yes
Pvlan Trunk capable: yes
Port Group Members: 1-4
EEE (efficient-eth): yes
PFC capable: yes
switch(config-if)#
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

show interface ethernet

インターフェイスの Energy Efficient Ethernet(EEE)ステータスを表示するには、 show interface コマンドを使用します。

show interface ethernet slot/chassis

 
構文の説明

slot/chassis

スロットまたはシャーシ番号。範囲は 1 ~ 253 です。

 
デフォルト

なし。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

6.1(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、インターフェイスの EEE ステータスを表示する例を示します。

switch# show interface ethernet2/6
Ethernet2/6 is down (Link not connected)
admin state is up, Dedicated Interface
Hardware: 10000 Ethernet, address: 0022.5579.de41 (bia 001b.54c1.af5d)
MTU 1500 bytes, BW 10000000 Kbit, DLY 10 usec
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation ARPA, medium is broadcast
auto-duplex, auto-speed, media type is 10G
Beacon is turned off
Auto-Negotiation is turned off
Input flow-control is off, output flow-control is off
Auto-mdix is turned off
Rate mode is shared
Switchport monitor is off
EtherType is 0x8100
EEE (efficient-ethernet) : n/a
Last link flapped never
Last clearing of "show interface" counters never
0 interface resets
30 seconds input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
30 seconds output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
Load-Interval #2: 5 minute (300 seconds)
input rate 0 bps, 0 pps; output rate 0 bps, 0 pps
L3 in Switched:
ucast: 0 pkts, 0 bytes - mcast: 0 pkts, 0 bytes
--More--

 
関連コマンド

コマンド
説明

show lldp tlv-select

LLDP TVL コンフィギュレーションを表示します。

lldp tlv-select

LLDP パケットで送受信する TLV を指定します。

show interface ethernet counter detailed

ゼロ以外のカウンタのみを表示するには、 show interface ethernet counter detailed コマンドを使用します。

show interface ethernet slot/chassis counter detailed

 
構文の説明

slot/chassis

スロットまたはシャーシ番号。範囲は 1 ~ 253 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

6.1(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、ゼロ以外のカウンタのみを表示する例を示します。

switch# show interface ethernet 10/25 counters detailed
Ethernet10/25
Rx Packets: 3635
Rx Unicast Packets: 9788
Rx Multicast Packets: 3631
Rx Bytes: 1062103
Rx Packets from 128 to 255 bytes: 1211
Rx Packets from 256 to 511 bytes: 2420
Rx Packets from 1024 to 1518 bytes: 4
Tx Packets: 39883
Tx Unicast Packets: 9788
Tx Multicast Packets: 39879
Tx Bytes: 3731578
Tx Packets from 65 to 127 bytes: 36247
Tx Packets from 128 to 255 bytes: 1211
Tx Packets from 256 to 511 bytes: 2421
Tx Packets from 1024 to 1518 bytes: 4
Non Fcoe in packets: 13419
Non Fcoe in octets: 2392727
Non Fcoe out packets: 39883
Non Fcoe out octets: 3731578
Tx LPI usecs 74304694529
Rx LPI usecs 74329358769
Tx LPI requests 39865
Rx LPI indications 3628
switch(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show lldp tlv-select

LLDP TVL コンフィギュレーションを表示します。

lldp tlv-select

LLDP パケットで送受信する TLV を指定します。

show inventory

デバイス ハードウェアのインベントリ情報を表示するには、 show inventory コマンドを使用します。

show inventory [ chassis | clock | fans | module | power_supply ]

 
構文の説明

chassis

(任意)シャーシ情報を表示します。

clock

(任意)クロック モジュール情報を表示します。

fans

(任意)ファン情報を表示します。

module

(任意)モジュール情報を表示します。

power_supply

(任意)電源情報を表示します。

 
デフォルト

すべてのハードウェア インベントリ情報を表示します。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、コンフィギュレーションの非互換性を表示する例を示します。

switch# show inventory
NAME: "Chassis", DESCR: "Nexus7000 C7010 (10 Slot) Chassis "
PID: N7K-C7010 , VID: , SN: TBM11256507
 
NAME: "Slot 2", DESCR: "10/100/1000 Mbps Ethernet Module"
PID: N7K-M148GT-11 , VID: , SN: JAB104400P0
 
NAME: "Slot 6", DESCR: "Supervisor module-1X"
PID: N7K-SUP1 , VID: TBD , SN: JAB10380101
 
NAME: "Slot 11", DESCR: "Fabric card module"
PID: N7K-C7010-FAB-1 , VID: , SN: JAB104300HM
 
NAME: "Slot 33", DESCR: "Nexus7000 C7010 (10 Slot) Chassis Power Supply"
PID: FIORANO , VID: , SN: DTH1117T005
 
NAME: "Slot 34", DESCR: "Nexus7000 C7010 (10 Slot) Chassis Power Supply"
PID: N7K-AC-6.0KW , VID: , SN: DTH1117T009
 
NAME: "Slot 36", DESCR: "Nexus7000 C7010 (10 Slot) Chassis Fan Module"
PID: , VID: V00, SN:
 
NAME: "Slot 37", DESCR: "Nexus7000 C7010 (10 Slot) Chassis Fan Module"
PID: , VID: V00, SN:
 
NAME: "Slot 38", DESCR: "Nexus7000 C7010 (10 Slot) Chassis Fan Module"
PID: , VID: V00, SN:
 
NAME: "Slot 39", DESCR: "Nexus7000 C7010 (10 Slot) Chassis Fan Module"
PID: , VID: V00, SN:

switch#

show lldp dcbx interface ethernet

インターフェイスのローカル Data Center Bridging Capability Exchange(DCBX)の制御ステータスを表示するには、 show lldp dcbx interface ethernet コマンドを使用します。

show lldp dcbx interface ethernet slot / port-number

 
構文の説明

slot/port-number

スロット番号とポート番号を、 slot/port-number (スロット/ポート-番号)の形式で指定します。 有効範囲は 1 ~ 253 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、ローカル DCBX の制御ステータスを表示する方法を示します。

switch(config)# show lldp dcbx interface ethernet 1/5
Local DCBXP Control information:
Operation version: 00 Max version: 00 Seq no: 1 Ack no: 1 Type/
Subtype Version En/Will/Adv Config
003/000 000 Y/N/Y 0008
002/000 000 Y/N/Y 1111100032 32000000 00000002
 
Peer's DCBXP Control information:
Operation version: 00 Max version: 00 Seq no: 1 Ack no: 1
Type/ Max/Oper
Subtype Version En/Will/Err Config
003/000 000/000 Y/N/N 0008
002/000 000/000 Y/N/N 1111100032 32000000 00000002
 
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show lldp tlv-select

LLDP TVL コンフィギュレーションを表示します。

lldp tlv-select

LLDP パケットで送受信する TLV を指定します。

show lldp interface ethernet

インターフェイス上で Link Layer Discovery Protocol(LLDP; リンク層検出プロトコル)設定を表示するには、 show lldp interface ethernet コマンドを使用します。

show lldp interface ethernet slot/port-number

 
構文の説明

slot/port-number

スロット番号、およびポート番号を、 slot/port-number (スロット/ポート-番号)の形式で指定します。 有効範囲は 1 ~ 253 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、インターフェイスの LLDP 設定を表示する例を示します。

switch(config)# show lldp interface ethernet 6/3
Interface Information:
Enable (tx/rx/dcbx): Y/Y/Y Port Mac address: 00:24:f7:19:84:72
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show lldp traffic interface ethernet

インターフェイス上で送信および受信された LLDP パケットの数を表示します。

show running-config lldp

LLDP のグローバル コンフィギュレーションを表示します。

lldp transmit

インターフェイス上での LLDP パケットの送信をイネーブルにします。

lldp receive

インターフェイス上での LLDP パケットの受信をイネーブルにします。

show lldp neighbors

Link Layer Discovery Protocol(LLDP; リンク層検出プロトコル)ネイバー デバイスのステータスを表示するには、 show lldp neighbors コマンドを使用します。

show lldp neighbors {detail | interface ethernet slot / port-number }

 
構文の説明

detail

LLDP ネイバーの詳細な情報を表示します。

interface ethernet

LLDP 情報を表示するインターフェイスを指定します。

slot/port-number

スロット番号、およびポート番号を、 slot/port-number (スロット/ポート-番号)の形式で指定します。 有効範囲は 1 ~ 253 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者
ネットワーク オペレータ
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、LLDP ネイバー デバイスのステータスを表示する例を示します。

switch(config)# show lldp neighbors detail
Capability codes:
(R) Router, (B) Bridge, (T) Telephone, (C) DOCSIS Cable Device
(W) WLAN Access Point, (P) Repeater, (S) Station, (O) Other
Local Intf Chassis ID Port ID Hold-time Capability
Eth8/24 0018.bad8.5e45 Eth8/23 120 R
Eth8/23 0018.bad8.5e45 Eth8/24 120 R
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show lldp traffic

LLDP カウンタ(デバイスによって送信および受信された LLDP パケットの数、破棄されたパケットの数、未確認 TLV の数など)を表示します。

show lldp traffic interface ethernet

インターフェイス上で送信および受信された LLDP パケットの数を表示します。

show lldp timers

Link Layer Discovery Protocol(LLDP; リンク層検出プロトコル)の保持時間、遅延時間、アップデート頻度の設定を表示するには、 show lldp timers コマンドを使用します。

show lldp timers

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、LLDP 保持時間、遅延時間、アップデート頻度の設定を表示する例を示します。

switch(config)# show lldp timers
LLDP Timers:
 
Holdtime in seconds: 180
Reinit-time in seconds: 6
Transmit interval in seconds: 45
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show lldp holdtime

ユーザのデバイスから送信された情報が、受信側デバイスで廃棄されるまでに保持される時間を秒単位で指定します。

lldp reinit

任意のインターフェイス上で LLDP を初期化する際の遅延時間を秒単位で指定します。

lldp timer

LLDP アップデートの送信頻度を秒単位で設定します。

show lldp tlv-select

Link Layer Discovery Protocol(LLDP; リンク層検出プロトコル)のタイプ、長さ、および値(TLV)の設定を表示するには、 show lldp tlv-select コマンドを使用します。

show lldp tlv-select

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、LLDP の TLV 設定を表示する例を示します。

switch(config)# show lldp tlv-select
access-management
dcbx
port-description
port-vlan
system-capabilities
system-description
system-name
 
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show lldp dcbx interface ethernet

ローカルな DCBX 制御ステータスを表示します。

lldp tlv-select

LLDP パケットで送受信する TLV を指定します。

show lldp traffic

Link Layer Discovery Protocol(LLDP; リンク層検出プロトコル)カウンタ(デバイスで送受信される LLDP パケットの数、廃棄されたパケット数、認識されていない TLV の数を含む)を表示するには、 show lldp traffic コマンドを使用します。

show lldp traffic

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、LLDP カウンタを表示する例を示します。

switch(config)# show lldp traffic
LLDP traffic statistics:
 
Total frames transmitted: 323
Total entries aged: 0
Total frames received: 0
Total frames received in error: 0
Total frames discarded: 0
Total unrecognized TLVs: 0
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show lldp traffic interface ethernet

インターフェイス上で送信および受信された LLDP パケットの数を表示します。

show running-config lldp

LLDP のグローバル コンフィギュレーションを表示します。

show lldp traffic interface ethernet

インターフェイス上で送受信される Link Layer Discovery Protocol(LLDP; リンク層検出プロトコル)パケットの数を表示するには、 show lldp traffic interface ethernet コマンドを使用します。

show lldp traffic interface ethernet slot/port-number

 
構文の説明

slot/port-number

スロット番号、およびポート番号を、 slot/port-number (スロット/ポート-番号)の形式で指定します。 有効範囲は 1 ~ 253 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、インターフェイスで送受信される LLDP パケットの数を表示する例を示します。

switch(config)# show lldp traffic interface ethernet 7/1
LLDP interface traffic statistics:
 
Total frames transmitted: 0
Total entries aged: 0
Total frames received: 0
Total frames received in error: 0
Total frames discarded: 0
Total unrecognized TLVs: 0
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show lldp traffic

LLDP カウンタ(デバイスによって送信および受信された LLDP パケットの数、破棄されたパケットの数、未確認 TLV の数など)を表示します。

show running-config lldp

LLDP のグローバル コンフィギュレーションを表示します。

show locator-led status

システムのロケータ LED のステータスを表示するには、 show locator-led status コマンドを使用します。

show locator-led status

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、システムのロケータ LED のステータスを表示する例を示します。

switch# show locator-led status
Xbar 1 : Locator LED off
Module 7 : Locator LED off
Module 9 : Locator LED off
Module 12 is not powered up.
Chassis Locator LED off
PowerSupply 1 : Locator LED off
PowerSupply 2 : Locator LED off
Fan 1 : Locator LED off
Fan 2 : Locator LED off
switch(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

locator-led

システムの LED を点滅させます。

show logging console

コンソール ロギングの設定を表示するには、 show logging console コマンドを使用します。

show logging console

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、コンソール ロギング コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show logging console
Logging console: enabled (Severity: critical)
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

logging console

コンソールにロギングを設定します。

show logging info

ロギングの設定を表示するには、 show logging info コマンドを使用します。

show logging info

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、ロギング コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show logging info
Logging console: enabled (Severity: critical)
Logging monitor: enabled (Severity: notifications)
Logging linecard: enabled (Severity: notifications)
Logging timestamp: Seconds
Logging loopback : disabled
Logging server: enabled
{172.28.254.254}
server severity: notifications
server facility: local7
server VRF: default
Logging logflash: enabled (Severity: information)
Logging logfile: enabled
Name - messages: Severity - information Size - 10485760
 
Facility Default Severity Current Session Severity
-------- ---------------- ------------------------
aaa 3 5
acllog 2 2
aclmgr 3 3
auth 0 0
authpriv 3 3
bfd 2 2
--More--

show logging ip access-list cache

IP アクセス リスト キャッシュのロギングに関する情報を表示するには、 show logging ip access-list cache コマンドを使用します。

show logging ip access-list cache

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、IP アクセス リスト キャッシュのロギングに関する情報を表示する例を示します。

switch# show logging ip access-list cache
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

logging ip access-list

アクセス リストのロギングを設定します。

show logging last

ログ ファイルの末尾の number 行を表示するには、 show logging last コマンドを使用します。

show logging last number

 
構文の説明

number

行数。範囲は 1 ~ 9999 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、ログ ファイルの末尾の 42 行を表示する例を示します。

switch# show logging last 42
switch#

show logging level

ロギング設定を表示するには、 show logging level コマンドを使用します。

show logging level [ level ]

 
構文の説明

level

(任意)表示するロギング設定。キーワードのオプションについては、「システム メッセージ ロギング ファシリティ」 を参照してください。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

4.0(2)

interface-vlan netstack private-vlan 、および ipv6 の各キーワードが追加されました。

4.1(2)

cfs キーワードが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、現在の Cisco Fabric Services(CFS)ロギング設定を表示する例を示します。

switch# show logging level cfs
Facility Default Severity Current Session Severity
-------- ---------------- ------------------------
cfs 3 3
 
0(emergencies) 1(alerts) 2(critical)
3(errors) 4(warnings) 5(notifications)
6(information) 7(debugging)
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

logging level

ファシリティ ロギング レベルを設定します。

show logging logfile

入力した範囲内でタイムスタンプが設定されているログ ファイルのメッセージを表示するには、 show logging logfile コマンドを使用します。

show logging logfile [start-time yyyy mmm dd hh:mm:ss ] [end-time yyyy mmm dd hh:mm:ss ]

 
構文の説明

start-time

(任意)開始時刻を yyyy mmm dd hh:mm:ss という形式で入力して指定します。月( mmm )フィールドに 3 文字を、年( yyyy )、日( dd )フィールドに数字を、および時刻( hh:mm:ss )フィールドにコロンで区切られた数字を使用します。

end-time

(任意)終了時刻を yyyy mmm dd hh:mm:ss という形式で入力します。月( mmm )フィールドに 3 文字を、年( yyyy )、日( dd )フィールドに数字を、および時刻( hh:mm:ss )フィールドにコロンで区切られた数字を使用します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

終了時間を入力しないと、現在の時間が使用されます。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、示されている範囲内でタイムスタンプが設定されているログ ファイルのメッセージを表示する例を示します。

switch# show logging logfile start-time 2008 mar 11 12:10:00
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

logging logfile

ログ ファイルのロギングを設定します。

show logging loopback

ロギング ループバックの設定を表示するには、 show logging loopback コマンドを使用します。

show logging loopback

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、ロギング ループバックの設定を表示する例を示します。

switch# show logging loopback
switch#

show logging module

モジュール ロギングの設定を表示するには、 show logging module コマンドを使用します。

show logging module

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、モジュール ロギング コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show logging module
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

logging module

モジュール ロギングを設定します。

show logging monitor

モニタ ロギングの設定を表示するには、 show logging monitor コマンドを使用します。

show logging monitor

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、モニタ ロギング コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show logging monitor
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

logging monitor

モニタにロギングを設定します。

show logging nvram

NVRAM ログ内のメッセージを表示するには、 show logging nvram コマンドを使用します。

show logging nvram [last number-lines ]

 
構文の説明

last number-lines

(任意)表示する行数を指定します。末尾の number-lines 行が表示されます。範囲は 1 ~ 100 行です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、NVRAM ログの最後の 20 行を表示する例を示します。

switch# show logging nvram last 20
switch#

show logging onboard

エラーのタイプに基づいてオンボード ロギング情報を表示するには、 show logging onboard コマンドを使用します。

show logging onboard { boot-uptime | device-version | counter-stats | endtime | environmental-history | error-stats | exception-log | interrupt-stats | kernel-trace | module num | obfl-history | obfl-logs | stack-trace | starttime | status }

 
構文の説明

boot-uptime

OBFL ブートと動作時間情報を表示します。

device-version

OBFL デバイスのバージョン情報を表示します。

counter-stats

(任意)OBFL カウンタ統計情報を表示します。

endtime

指定された終了時刻までの OBFL ログを表示します。

environmental-history

OBFL 環境履歴を表示します。

error-stats

OBFL エラー統計情報を表示します。

exception-log

OBFL 例外ログを表示します。

interrupt-stats

OBFL 割り込み統計情報を表示します。

kernel-trace

OBFL カーネル トレース情報を表示します。

module num

特定のモジュールの OBFL 情報を表示します。

obfl-history

OBFL 履歴情報を表示します。

obfl-logs

OBFL 技術サポート ログ情報を表示します。

stack-trace

OBFL カーネル スタック トレース情報を表示します。

starttime

指定された開始時刻からの OBFL ログを表示します。

status

OBFL ステータスのイネーブル/ディセーブルを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

4.0(2)

counter-stats キーワードが追加されました。

 
使用上のガイドライン

starttime および endtime キーワードの日付および時刻引数は、月/日/年( mm / dd / yy )のあとにハイフンを挿入し、さらに 24 時制の時:分:秒(HH:MM:SS) が続く形式で入力します。次に例を示します。

starttime 03/17/08-15:01:57

endtime 03/18/08-15:04:57

file で有効な値は次のとおりです。

bootflash:

ftp:

scp:

sftp:

slot0:

tftp:

volatile:

type で有効な値は次のとおりです。

begin [ -i ] [ -x ] [ word ] :テキストに一致する行で始まります。

-i :文字列を比較するときに、大文字小文字の違いを無視します。

-x :行全体が一致する行だけを出力します。

word :表現を指定します。

count [ > file | | type ] :一致する行をカウントします。

egrep | grep print-match :Egrep または Grep です。Egrep は、grep よりも高度な正規表現構文を使用して、一致するテキストの行を検索します。grep は 1 つまたは複数の正規表現に一致するテキストの行を検索し、一致する行だけを出力します。

-A num :すべての一致行の後に、指定した行数のコンテキストを出力します。指定できる範囲は 1 ~ 999 です。

-B num :すべての一致行の前に、指定した行数のコンテキストを出力します。指定できる範囲は 1 ~ 999 です。

-c :一致行の数だけを出力します。

-i :文字列を比較するときに、大文字小文字の違いを無視します。

-n :各行番号の後にそれぞれの一致内容を出力します。

-v word 引数に一致するものがない行だけを出力します。

-w :語が完全に一致する行だけを出力します。

-x :行全体が一致する行だけを出力します。

word :表現を指定します。

exclude [ -i ] [ -x ] [ word ] :テキストに一致する行を除外します。

-i :文字列を比較するときに、大文字小文字の違いを無視します。

-x :行全体が一致する行だけを出力します。

word :表現を指定します。

head [ -n num ] :ストリーム エディタです。オプションの -n num キーワードと引数を使用すると、出力する行数を指定できます。範囲は 0 ~ 2147483647 です。

include [ -i ] [ -x ] [ word ] :テキストに一致する行を含めます。

-i :文字列を比較するときに、大文字小文字の違いを無視します。

-x :行全体が一致する行だけを出力します。

word :表現を指定します。

last [ num ] :出力する最後の行を表示します。オプションの num で、出力する行数を指定します。範囲は 0 ~ 9999 です。

less [-E | -d ]:ファイルの最後で終了します。

-E :(任意)ファイルの最後で終了します。

-d :(任意)ダム ターミナルを指定します。

no-more :コマンド出力の改ページをオフにします。

sed command :ストリーム エディタ

wc :語、行、文字数をカウントします。

-c :(任意)出力する文字数を指定します。

-l :(任意)出力する行数を指定します。

-w :(任意)出力する語数を指定します。

> :ファイルにリダイレクトします。

| :コマンド出力をフィルタにパイプで結合します。

このコマンドを使用すると、システム ハードウェアから OBFL データを表示できます。OBFL 機能はデフォルトでイネーブルになっており、動作温度、ハードウェア動作期間、割り込み、その他の重要なイベントやメッセージを記録します。これらのデータは、シスコ製のルータやスイッチに搭載されているハードウェア モジュールで発生した問題の診断に役立ちます。データは NVRAM 上のログ ファイルに記録されます。オンボード ハードウェアが起動すると、監視されている各領域で最初のレコードが作成され、後続のレコードの基準値となります。

OBFL 機能は、継続的なレコードの収集と古い(履歴)レコードのアーカイブで循環更新スキームを提供し、システムに関する正確なデータを保証します。データは、測定と継続ファイルのサンプルのスナップショットを表示する継続情報の形式、または収集したデータに関する詳細を提供する要約情報の形式で記録されます。履歴データが利用できない場合は、「No historical data to display」というメッセージが表示されます。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、OBFL ブートと動作時間情報を表示する例を示します。

switch# show logging onboard module 2 boot-uptime
Sat Feb 29 18:11:38 2008: Boot Record
----------------------------------------------------------------
Boot Time..........: Sat Feb 29 18:11:38 2008
Slot Number........: 2
Serial Number......: JAB0912026U
Bios Version.......: v0.0.8(08/18/07)
Alt Bios Version...: v0.0.8(08/18/07)
Firmware Version...: 3.0(1) [build 3.0(0.291)]
switch#
 

表 7 に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。

 

表 7 show logging onboard boot-uptime コマンドの出力

フィールド
説明

Boot Time

ブートが発生した時刻

Slot Number

スロット番号

Serial Number

モジュールのシリアル番号

Bios Version

プライマリ Binary Input and Output System(BIOS)のバージョン

Alt Bios Version

代替 BIOS のバージョン

Firmware Version

ファームウェアのバージョン

次に、OBFL ロギング デバイス情報を表示する例を示します。

switch# show logging onboard module 2 device-version
Device Version Records:
------------------------------------------------------------------------
Timestamp Device Name Instance Hardware Software
Num Version Version
------------------------------------------------------------------------
Sat Feb 29 18:11:38 2008 Stratosphere 0 1 1
Sat Feb 29 18:11:38 2008 Stratosphere 1 1 1
Sat Feb 29 18:11:38 2008 Skyline-asic 0 1 1
Sat Feb 29 18:11:38 2008 Tuscany-asic 0 1 0
Sat Feb 29 18:11:38 2008 X-Bus IO 0 6 0
Sat Feb 29 18:11:38 2008 Power Mngmnt Epl 0 6 0
Sat Feb 29 18:42:01 2008 Stratosphere 0 1 1
Sat Feb 29 18:42:01 2008 Stratosphere 1 1 1
Sat Feb 29 18:42:01 2008 Skyline-asic 0 1 1
Sat Feb 29 18:42:01 2008 Tuscany-asic 0 1 0
Sat Feb 29 18:42:01 2008 X-Bus IO 0 6 0
Sat Feb 29 18:42:01 2008 Power Mngmnt Epl 0 6 0
switch#
 

表 8 に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。

 

表 8 show logging onboard device-version コマンドの出力

フィールド
説明

Timestamp

日、日付、時刻

Device Name

デバイス名

Instance Num

インスタンス数

Hardware Version

ハードウェア デバイスのバージョン

Software Version

ソフトウェア デバイスのバージョン

次に、OBFL の例外ログ情報を表示する例を示します。

switch# show logging onboard module 2 exception-log
Sun Feb 24 00:12:35 2008 : Exception Log Record
Device Id : 60
Device Name : DEV_SKYLINE_NI
Device Error Code : f(H)
Device Error Name : SKY_NI_ERR_BM_B1_3_BIST_FAILED
Sys Error : Skyline ni module experienced an error
Errtype : NON-CATASTROPHIC
PhyPortLayer : Fibre Channel
Port(s) Affected : 13-18
Error Description : Skyline BM B1_3 BIST for interface 2 timed out during init
DSAP : 0
UUID : 0
Time : Sun Feb 24 00:11:25 2008
switch#
 

表 9 に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。

 

表 9 show logging onboard exception-log コマンドの出力

フィールド
説明

Sun Feb 24 00:12:35 2008:

例外が記録された日付と時刻

Device Id:

デバイス識別番号

Device Name:

デバイス名

Device Error Code

デバイス固有のエラー コード

Device Error Name:

デバイス エラー名

Sys Error:

システム エラー メッセージ

Errtype:

エラー タイプ

PhyPortLayer:

物理層タイプ

Port(s) Affected:

影響を受けたポートの番号

Error Description:

エラーの説明

DSAP:

Destination Session Announcement Protocol(DSAP; 宛先セッション通知プロトコル)識別子

UUID:

Universal unique identifier(UUID)

次に、OBFL 履歴情報を表示する例を示します。

switch# show logging onboard module 2 obfl-history
OBFL history records:
---------------------
Sat Feb 29 30 18:09:57 2008 : OBFL all logs cleared
Sat Feb 29 18:47:53 2008 : OBFL miscellaneous-error logs cleared
Sat Feb 29 20:07:45 2008 : OBFL miscellaneous-error logs cleared
switch#
 

show logging onboard obfl-history コマンドは、次の情報を表示します。

OBFL が手動でディセーブルにされたときのタイムスタンプ

OBFL が手動でイネーブルにされたときのタイムスタンプ

OBFL データが手動で消去されたときのタイムスタンプ

次に、OBFL カーネル スタック トレース情報を表示する例を示します。

switch# show logging onboard module 2 stack-trace
==================== STACK TRACE ====================
Logging time: Sat Feb 29 19:47:38 2008
watchdog timeout: process swapper (0), jiffies 0x169bb
Stack: c0006e98 c001721c d195f5b4 c0005424 c0005500 c0003e90 c0005a2c c0005a40
c0001a88 c01bf610 c0000394
Call Trace:
print_stack2_buf + 0x50
kernel_thread + 0xb94
klm_cctrl + 0x4554
ppc_irq_dispatch_handler + 0x190
do_IRQ + 0x3c
ret_from_intercept + 0x0
probe_irq_mask + 0x494
probe_irq_mask + 0x4a8
transfer_to_handler + 0x15c
softnet_data + 0x2b0
Registers:
NIP: C0005A20 XER: 00000000 LR: C0005A2C SP: C01AA120 REGS: c01aa070 TRAP: 0500
Tainted: PF
MSR: 00009000 EE: 1 PR: 0 FP: 0 ME: 1 IR/DR: 00
DEAR: C0029B40, ESR: C01F0000
MCSRR0: 00000000, MCSRR1: 00000000, MCAR: 00000000
MCSR: 00000000 MCAR: 00000000 MCPSUMR: 00000000
TASK = c01a8190[0] 'swapper' Last syscall: 120
last math 00000000 last altivec 00000000 last spe 00000000
GPR00: 00000000 C01AA120 C01A8190 00000000 00000032 C8F1DE28 D1010A9F 00000000
GPR08: 0000180F C01FA39C D1010AA3 C01B8D18 24044244 1003A44C 0FFF6700 10049000
GPR16: 0FFAE1B0 0FFFAC90 00000000 00000000 00000000 00000000 00000000 00000001
GPR24: 00000000 00000000 00001160 007FFEAB 007FFE00 C01F0000 C01F0000 00000000
 

show logging onboard stack-trace コマンドは、次の情報を表示します。

秒単位の時間。

マイクロ秒単位の時間

エラーを説明するストリング

現在のプロセスの名前と識別子

カーネル ジフィー(システム クロックの最小単位)

スタック トレース

次に、OBFL エラー統計情報を表示する例を示します。

switch# show logging onboard module 2 error-stats
----------------------------
OBFL Data for
Module: 2
----------------------------
 
 
------------------------------------------------------------------------------
ERROR STATISTICS INFORMATION FOR DEVICE ID 80 DEVICE Eureka
------------------------------------------------------------------------------
| | Time Stamp |In|Port
Error Stat Counter Name | Count |MM/DD/YY HH:MM:SS|st|Rang
| | |Id|e
------------------------------------------------------------------------------
PB2_TX FlwCtrl from conn. ASIC > pe|0x1 |02/04/08 17:07:28|00|
riod Intr | | | |
PB2_TX FlwCtrl from conn. ASIC > pe|0x1 |02/06/08 10:54:44|00|
riod Intr | | | |
 
------------------------------------------------------------------------------
ERROR STATISTICS INFORMATION FOR DEVICE ID 81 DEVICE Lamira
------------------------------------------------------------------------------
| | Time Stamp |In|Port
Error Stat Counter Name | Count |MM/DD/YY HH:MM:SS|st|Rang
| | |Id|e
------------------------------------------------------------------------------
NF2 Interrupt - NH HIT error |0x1 |02/06/08 10:54:44|00|
 
switch#
 

表 10 に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。

 

表 10 show logging onboard error-stats コマンドの出力

フィールド
説明

Error Stat Counter Name

エラー統計カウンタの名前

Count

割り込み合計回数

Time Stamp MM/DD/YY HH:MM:SS

エラー発生日時

Inst Id

インスタンス番号

Port The range is from

影響を受けたポートの番号範囲

 
関連コマンド

clear logging onboard

永続ログの OBFL エントリを消去します。

hw-module logging onboard

エラーのタイプに基づいて OBFL エントリをイネーブルまたはディセーブルにします。

show logging onboard

オンボード障害ログ(OBFL)を表示するには、 show logging onboard コマンドを使用します。

show logging onboard {boot-uptime | device-version | endtime | environmental-history | error-stats [port number ] | exception-log | interrupt-stats | module module | obfl-history | obfl-logs | stack-trace | starttime time [ options ] | status}

 
構文の説明

boot-uptime

OBFL ブートと動作時間情報を表示します。

device-version

OBFL デバイスのバージョン情報を表示します。

endtime

終了時刻までの OBFL ログを、 mm/dd/yy-HH:MM:SS の形式で表示します。

environmental-
history

OBFL 環境履歴を表示します。

error-stats

OBFL エラー統計情報を表示します。また、特定のポートのエラー統計情報を表示するポート番号も指定できます。

port number

(任意)ポートの OBFL エラー統計情報を表示します。範囲は 1 ~ 64 です。

exception-log

OBFL 例外ログを表示します。

interrupt-stats

OBFL 割り込み統計情報を表示します。

module module

指定したモジュールの OBFL 情報を表示します。有効な範囲は 1 ~ 18 です。

選択したモジュールの詳細な情報を取得するために、 show logging onboard コマンドのその他の引数をオプションで指定できます。

obfl-history

OBFL 履歴情報を表示します。

obfl-logs

OBFL 技術サポート ログを表示します。

stack-trace

OBFL スタック トレースを表示します。

starttime

開始時刻からの OBFL ログを、 mm/dd/yy-HH:MM:SS の形式で表示します。

status

OBFL のイネーブル/ディセーブル ステータスを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、2008 年 3 月 10 日午後 3 時 45 分からの OBFL を表示する例を示します。

switch# show logging onboard starttime 03/10/08-15:45:00
switch#

show logging server

Syslog サーバの設定を表示するには、 show logging server コマンドを使用します。

show logging server

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、Syslog サーバ コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show logging server
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

logging server

リモート Syslog サーバを設定します。

show logging session status

ロギング セッション ステータスを表示するには、 show logging session status コマンドを使用します。

show logging session status

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、ロギング セッション ステータスを表示する例を示します。

switch# show logging session status
switch#

show logging status

ロギング ステータスを表示するには、 show logging status コマンドを使用します。

show logging status

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、ロギング ステータスを表示する例を示します。

switch# show logging status
switch#

show logging timestamp

ロギング タイムスタンプの設定を表示するには、 show logging timestamp コマンドを使用します。

show logging timestamp

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、ロギング タイムスタンプの設定を表示する例を示します。

switch# show logging timestamp
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

logging timestamp

ロギング タイムスタンプの細かさを設定します。

show module

モジュール情報を表示するには、 show module コマンドを使用します。

show module [ slot { bandwidth-fairness | recovery-steps } | uptime | xbar [ xbar-slot ]]

 
構文の説明

slot

(任意)I/O モジュールまたはスーパーバイザ モジュールのスロット番号

bandwidth-fairness

モジュールの帯域幅公平性状態を表示します。

recovery-steps

モジュールをダウン状態から回復する手順を表示します。

uptime

(任意)モジュールのリロード後の経過時間を表示します。

xbar

(任意)ファブリック モジュールの情報を表示します。

xbar-slot

(任意)ファブリック モジュールのスロット番号

 
デフォルト

シャーシ内のすべての I/O モジュールとスーパーバイザ モジュールの情報を表示します。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者
ネットワーク オペレータ
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

4.1(2)

出力が診断イベントを表示するように変更されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、シャーシのすべてのモジュールに関する情報を表示する例を示します。

switch# show module
Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
7 48 1000 Mbps Optical Ethernet Modul N7K-M148GS-11 ok
9 0 Supervisor module-1X N7K-SUP1 active *
12 0 10/100/1000 Mbps Ethernet Module powered-dn
 
Mod Power-Status Reason
--- ------------ ---------------------------
12 powered-dn Configured Power down
 
Mod Sw Hw
--- -------------- ------
7 4.1(3) 0.202
9 4.1(3) 0.805
 
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
7 00-1b-54-c2-ed-d0 to 00-1b-54-c2-ee-04 JAF1219AGFE
9 00-1b-54-c0-ff-10 to 00-1b-54-c0-ff-18 JAB114000BV
 
Mod Online Diag Status
--- ------------------
7 Pass
9 Pass
 
Xbar Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Fabric Module 1 N7K-C7018-FAB-1 ok
 
Xbar Sw Hw
--- -------------- ------
1 NA 0.101
 
 
Xbar MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
1 NA JAF1225AGHJ
 
* this terminal session
switch#
 
 

次に、特定のモジュールの情報を表示する例を示します。

switch# show module 7
Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
7 48 1000 Mbps Optical Ethernet Modul N7K-M148GS-11 ok
 
Mod Sw Hw
--- -------------- ------
7 4.1(3) 0.202
 
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
7 00-1b-54-c2-ed-d0 to 00-1b-54-c2-ee-04 JAF1219AGFE
 
Mod Online Diag Status
--- ------------------
7 Pass
 
Chassis Ejector Support: Enabled
Ejector Status:
Left ejector CLOSE, Right ejector CLOSE, Module HW does not support ejector based shutdo
wn.
switch#
 
 

次に、ファブリック モジュールに関する情報を表示する例を示します。

switch# show module xbar
Xbar Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Fabric Module 1 N7K-C7018-FAB-1 ok
 
Xbar Sw Hw
--- -------------- ------
1 NA 0.101
 
 
Xbar MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
1 NA JAF1225AGHJ
 
* this terminal session
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show hardware

ハードウェアに関する情報を表示します。

show inventory

ハードウェア インベントリ情報を表示します。

show diagnostic events

診断イベントをエラーおよび情報イベント タイプ別に表示します。

 

show monitor

イーサネット スイッチド ポート アナライザ(SPAN)に関する情報を表示するには、 show monitor コマンドを使用します。

show monitor

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、SPAN に関する情報を表示する例を示します。

switch(config)# show monitor
Session State Reason Description
------- ----------- ---------------------- -------------------------------
1 down Session admin shut
6 down Session admin shut
8 down Session admin shut
9 down Session admin shut
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config monitor

実行コンフィギュレーションを、スタートアップ コンフィギュレーションに表示します。

show startup-config monitor

スタートアップ SPAN コンフィギュレーションに関する情報を表示します。

show monitor session

ポート間のトラフィックを分析するイーサネット スイッチド ポート アナライザ(SPAN)セッションに関する情報を表示するには、 show monitor session コマンドを使用します。

show monitor session { all | session_number | range session_range } [ brief ]

 
構文の説明

all

すべての SPAN セッションに関する情報を表示します。

session_number

指定した SPAN セッション番号。

range session_range

指定した範囲の SPAN セッションに関する情報を表示します。

brief

(任意)指定した SPAN セッションに関する情報の要約を表示します。

 
デフォルト

すべての、設定済み SPAN セッションに関する情報の要約を表示します。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者
ネットワーク オペレータ
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

6.1(1)

erspan-source セッションのコマンド出力が変更されました。

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、すべての設定済み ERSPAN セッションに関する情報を表示する例を示します。

switch(config)# show monitor session 2
session 2
---------------
type : erspan-source
state : up
erspan-id : 100
vrf-name : default
acl-name : acl-name not specified
ip-ttl : 255
ip-dscp : 0
destination-ip : 10.1.1.2
origin-ip : 3.3.3.3 (global)

source intf :

rx : Eth7/15

tx : Eth7/15
both : Eth7/15
source VLANs :
rx :
tx :
both :
filter VLANs : filter not specified
 
 
Feature Enabled Value Modules Supported Modules Not-Supported
-----------------------------------------------------------------------------
Rate-limiter No
MTU-Trunc No
Sampling No
MCBE No
L3-TX - - 2 4 5 7 3 10
ERSPAN-ACL - - 4 7 2 3 5 10
Legend:
MCBE = multicast best effort
L3-TX = L3 Multicast Egress SPAN

 

switch(config-erspan-src)# show monitor session 2
session 2
---------------
type : erspan-source
version : 3
state : up
erspan-id : 100
granularity : 100 microseconds
vrf-name : default
acl-name : acl-name not specified
ip-ttl : 255
ip-dscp : 0
destination-ip : 10.1.1.2
origin-ip : 3.3.3.3 (global)
source intf :
rx : Eth7/15
tx : Eth7/15
both : Eth7/15
source VLANs :
rx :
tx :
both :
filter VLANs : filter not specified
 
 
Feature Enabled Value Modules Supported Modules Not-Supported
-----------------------------------------------------------------------------
Rate-limiter No
MTU-Trunc No
Sampling No
MCBE No
L3-TX - - 2 4 5 7 3 10
ERSPAN-ACL - - 4 7 2 3 5 10
ERSPAN-V3 Yes - 2 3 4 10 5 7
 
 
Legend:
MCBE = multicast best effort
L3-TX = L3 Multicast Egress SPAN
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

monitor session

SPAN セッションを設定するためのモニタ コンフィギュレーション モードを開始します。

 

show ntp access-groups

ネットワーク タイム プロトコル(NTP)アクセス グループ設定を表示するには、 show ntp access-groups コマンドを使用します。

show ntp access-groups

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、NTP アクセス グループ設定を表示する例を示します。

switch(config)# show ntp access-groups
--------------------------------------
Access List Type
--------------------------------------
Admin_Group_123 Peer
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ntp access-group peer

NTP アクセス グループを設定します。

show ntp authentication-keys

ネットワーク タイム プロトコル(NTP)認証キーを表示するには、 show ntp authentication-keys コマンドを使用します。

show ntp authentication-keys

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、NTP 認証キーを表示する例を示します。

switch(config)# show ntp authentication-keys
-----------------------------
Auth key MD5 String
-----------------------------
3 cisco
42 Nice_Key
34567 nexus7k
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ntp authentication-status

すべての NTP 認証のステータスを表示します。

ntp authentication-key

デバイスで同期をとれるようにするために、時刻源によってその NTP パケットで提供される必要がある 1 つ以上のキーを設定します。

show ntp authentication-status

ネットワーク タイム プロトコル(NTP)認証のステータスを表示するには、 show ntp authentication-status コマンドを使用します。

show ntp authentication-status

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、NTP 認証ステータスを表示する例を示します。

switch(config)# show ntp authentication-status
Authentication enabled.
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ntp authe ticate

NTP 認証をイネーブルにします。

show ntp authentication-keys

設定済みの NTP 認証キーを表示します。

show ntp internal

ネットワーク タイム プロトコル(NTP)の内部情報を表示するには、 show ntp internal コマンドを使用します。

show ntp internal {event-history [ config | fsm | msgs | rts | tstamp] | mem-stats [detail] | module-info}

 
構文の説明

event-history

イベント履歴を表示します。

config

(任意)設定履歴を指定します。

fsm

(任意)Finite State Machine(FSM; 有限状態マシン)の状態遷移を指定します。

msgs

(任意)メッセージおよびトランザクションサービス(MTS)のメッセージ履歴を指定します。

rts

(任意)Request-To-Send(RTS; 送信要求)履歴を指定します。

tstmp

(任意)タイムスタンプの更新履歴を指定します。

mem-stats

NTP のメモリ割り当て統計情報を指定します。

detail

(任意)詳細な NTP のメモリ割り当て統計情報を指定します。

module-info

すべてのラインカード関連の情報を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、NTP 内部情報を表示する例を示します。

switch(config)# show ntp internal module-info
Number of Linecards present = 4
Timestamp check (configured) = enabled
Timestamp check status = disabled
Enable/Disable status
---------------------
User : not disabled
SUP : not disabled
Fabric : not disabled
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config ntp

NTP 情報を表示します。

show ntp statistics

NTP 統計情報を表示します。

show ntp logging-status

ネットワーク タイム プロトコル(NTP)のロギング ステータスを表示するには、 show ntp logging-status コマンドを使用します。

show ntp logging-status

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、NTP ロギング ステータスを表示する例を示します。

switch(config)# show ntp logging-status
NTP logging enabled.
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ntp logging

NTP ロギングをイネーブルにします。

show ntp authentication-status

NTP 認証の状況を表示します。

show ntp session status

NTP CFS 配信セッションの情報を表示します。

show ntp peers

設定済みのネットワーク タイム プロトコル(NTP)サーバ、およびピアを表示するには、 show ntp peers コマンドを使用します。

show ntp peers

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者
ネットワーク オペレータ
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

ドメイン名が解決されるのは、ドメイン ネーム システム(DNS)サーバが設定されている場合だけです。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、設定済みの NTP サーバ、およびピアをすべて表示する例を示します。

switch(config)# show ntp peers
--------------------------------------------------
Peer IP Address Serv/Peer
--------------------------------------------------
2001:db8::4101 Peer (configured)
192.0.2.10 Server (configured)
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ntp server

NTP サーバを設定します。

ntp peer

NTP ピアを設定します。

show ntp peer-status

すべてのサーバおよびピアのステータスを表示します。

show ntp peer-status

ネットワーク タイム プロトコル(NTP)ピアのステータスを表示するには、 show ntp peer-status コマンドを使用します。

show ntp peer-status

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、NTP のピア ステータスを表示する例を示します。

switch(config)# show ntp peer-status
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ntp peers

NTP ピアに関する情報を表示します。

show ntp pending-diff

保留中のネットワーク タイム プロトコル(NTP)の設定と、アクティブな NTP の設定の差異を表示するには、 show ntp pending-diff コマンドを使用します。

show ntp pending-diff

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、保留中の NTP の設定と、アクティブな NTP の設定の差異を表示する例を示します。

switch# show ntp pending-diff
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ntp source

NTP 送信元に関する情報を表示します。

show ntp peers

NTP ピアに関する情報を表示します。

show ntp pending peers

すべてのピアにおける保留中のネットワーク タイム プロトコル(NTP)設定の変更を表示するには、 show ntp pending peers コマンドを使用します。

show ntp pending peers

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、すべてのピアにおける保留中の NTP 設定の変更を表示する例を示します。

switch# show ntp pending peers
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ntp source

NTP 送信元に関する情報を表示します。

show ntp peers

NTP ピアに関する情報を表示します。

show ntp session status

ネットワーク タイム プロトコル(NTP)のセッション ステータスを表示するには、 show ntp session status コマンドを使用します。

show ntp session status

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、NTP セッション ステータスを表示する例を示します。

switch# show ntp session status
Last Action Time Stamp : Thu Aug 1 16:22:00 20
Last Action : Distribution Enable
Last Action Result : Success
Last Action Failure Reason : none
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ntp source

NTP 送信元に関する情報を表示します。

show ntp peers

NTP ピアに関する情報を表示します。

show ntp status

ネットワーク タイム プロトコル(NTP)の配信ステータスを表示するには、 show ntp status コマンドを使用します。

show ntp status

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、NTP 配信ステータスを表示する方法を示します。

switch(config)# show ntp status
Distribution : Disabled
Last operational state: No session
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ntp source

NTP 送信元に関する情報を表示します。

show ntp peers

NTP ピアに関する情報を表示します。

show ntp rts-update

次に、送信要求(RTS)アップデートがイネーブルかどうかを表示するには、 show ntp rts-update コマンドを使用します。

show ntp rts-update

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、RTS アップデート情報を表示する例を示します。

switch(config)# show ntp rts-update
RTS update is enabled
switch(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ntp sourc e -interface

NTP 送信元に関する情報を表示します。

show ntp source

ネットワーク タイム プロトコル(NTP)送信元に関する情報を表示するには、 show ntp source コマンドを使用します。

show ntp source

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、NTP 送信元情報を表示する例を示します。

switch(config)# show ntp source
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ntp source

NTP 送信元を設定します。

show ntp source-interface

ネットワーク タイム プロトコル(NTP)送信元インターフェイスを表示するには、 show ntp source-interface コマンドを使用します。

show ntp source-interface

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(3)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、NTP 送信元インターフェイスを表示する例を示します。

switch(config)# show ntp source-interface
Source interface loopback1
switch(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show startup-config ntp

スイッチの、スタートアップ NTP コンフィギュレーションに関する情報を表示します。

show running-config ntp

スイッチで現在実行されている NTP 設定に関する情報を表示します。

show ntp statistics

ネットワーク タイム プロトコル(NTP)統計情報を表示するには、 show ntp statistics コマンドを使用します。

show ntp statistics { io | local | memory | peer { ipaddr address | name name1 [ ..namen ]}

 
構文の説明

io

入出力統計情報を表示します。

local

ローカル NTP により保持されているカウンタを表示します。

memory

メモリ コードに関連する統計カウンタを表示します。

peer

ピアのピア単位の統計カウンタを表示します。

ipaddr address

設定された IPv4 または IPv6 アドレスを持つピアの統計情報を表示します。IPv4 アドレスの形式は、ドット付き 10 進の x.x.x.x です。IPv6 アドレスは 16 進形式(A:B::C:D)で指定します。

name name

名前を指定した 1 つ以上のピアの統計情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、NTP の統計情報を表示する例を示します。

switch(config)# show ntp statistics local
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ntp statistics

NTP の統計情報をクリアします。

show ntp status

ネットワーク タイム プロトコル(NTP)の配信ステータスを表示するには、 show ntp status コマンドを使用します。

show ntp status [ > | >> | | ]

 
構文の説明

>

(任意)コマンド出力をファイルにリダイレクトします。

>>

(任意)コマンド出力をファイルに、アペンド モードでリダイレクトします。

|

(任意)コマンド出力をフィルタにパイプで結合します。

 
デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、NTP アプリケーションの Cisco Fabric Services(CFS)がイネーブルか、またはディセーブルか、および設定が進行中のためファブリック ロックが実行されているかどうかを表示します。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、NTP の CFS 配信ステータスを表示する例を示します。この例では、CFS 配信がイネーブルで、ファブリックはロックされています。CFS がイネーブルのデバイスで設定が進行中の場合、変更がコミットされ設定がファブリックを介して配信されるまでファブリックはロックされます。このロックは、同時に複数の設定が実行されることを防ぎます。

switch(config)# show ntp status

Distribution : Enabled

Last operational state: Fabric Locked

 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show cfs status

デバイスのグローバル CFS 配信ステータス(イネーブルまたはディセーブル)を表示します。

clear ntp session

アプリケーション コンフィギュレーション セッションをクリアし、保留中の変更を廃棄して、ファブリックのロックを解除します。

ntp distribute

CFS を介して配信される NTP 設定アップデートのデバイスでの受信をイネーブルにします。

cfs distribute

IP を介した CFS を含む、デバイス上のすべてのアプリケーションの CFS 配信をグローバルにイネーブルにします。

ntp enable

デバイスの NTP をイネーブルにします。NTP はデフォルトでイネーブルです。

show ntp trusted-keys

設定済みのネットワーク タイム プロトコル(NTP)Trusted Key を表示するには、show ntp trusted-keys コマンドを使用します。

show ntp trusted-keys

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者
ネットワーク オペレータ
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、設定済みの NTP Trusted Key を表示する例を示します。

switch(config)# show ntp trusted-keys
Trusted Keys:
42
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ntp trusted-keys

設定済みの NTP 認証キーを表示します。

show platform hardware capacity interface resources

現在のプラットフォーム ハードウェアのリソース使用率の要約を表示するには、 show platform hardware capacity interface resources コマンドを使用します。

show platform hardware capacity interface resources

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、現在のプラットフォーム ハードウェアのリソース使用率の要約を表示する例を示します。

switch# show platform hardware capacity interface resources
Interface Resources
 
Interface drops:
Module Total drops: Tx Rx Highest drop port: Tx Rx
7 0 0 - -
 
Interface buffer sizes:
Module Bytes: Tx buffer Rx buffer
7 6452775 7743330
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show hardware fabric- utilization

ファブリック使用率に関する情報を表示します。

show port-monitor

簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)ポート モニタ設定に関する情報を表示するには、 show port-monitor コマンドを使用します。

show port-monitor [ policy-name ]

 
構文の説明

policy-name

(任意)ポリシー名。最大 32 文字の英数字です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、SNMP ポート モニタ情報を表示する例を示します。

switch(config)# show port-monitor name pm2
switch(config-port-monitor)# show port-monitor pm2
 
Policy Name : pm2
Admin status : Not Active
Oper status : Not Active
Port type : All Ports
--------------------------------------------------------------------------------
-----------
Counter Threshold Interval Rising Threshold event Falling Threshold event In Use
------- --------- -------- ---------------- ----- ------------------ -
---- ------
Link Loss Delta 60 5 4 1 4
Yes
Sync Loss Delta 60 5 4 1 4
Yes
Protocol Error Delta 60 1 4 0 4
Yes
Signal Loss Delta 60 5 4 1 4
Yes
Invalid Words Delta 60 1 4 0 4
Yes
Invalid CRC's Delta 60 5 4 1 4
Yes
RX Performance Delta 60 2147483648 4 524288000 4
Yes
TX Performance Delta 60 2147483648 4 524288000 4
Yes
--------------------------------------------------------------------------------
switch(config-port-monitor)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show port-monitor status

ポート モニタのステータスを表示します。

show port-monitor active

アクティブなポート モニタ ポリシーを表示します。

show port-monitor active

アクティブな簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)ポート モニタ ポリシーに関する情報を表示するには、 show port-monitor active コマンドを使用します。

show port-monitor active

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、アクティブな SNMP ポート モニタ ポリシーに関する情報を表示する例を示します。

switch(config)# show port-monitor active
 
Policy Name : test
Admin status : Active
Oper status : Active
Port type : All Ports
--------------------------------------------------------------------------------
-----------
Counter Threshold Interval Rising Threshold event Falling Threshold e
vent In Use
------- --------- -------- ---------------- ----- ------------------ -
---- ------
Link Loss Delta 60 5 4 1 4
Yes
Sync Loss Delta 60 5 4 1 4
Yes
Protocol Error Delta 60 1 4 0 4
Yes
Signal Loss Delta 60 5 4 1 4
Yes
Invalid Words Delta 60 1 4 0 4
Yes
Invalid CRC's Absolute 30 10000000 100 1 4
Yes
RX Performance Delta 60 2147483648 4 524288000 4
Yes
TX Performance Delta 60 2147483648 4 524288000 4
Yes
--------------------------------------------------------------------------------
-----------
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show port-monitor status

ポート モニタのステータスを表示します。

show port-monitor active

アクティブなポート モニタ ポリシーを表示します。

show port-monitor status

簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)ポート モニタのステータスに関する情報を表示するには、 show port-monitor status コマンドを使用します。

show port-monitor status

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、SNMP ポート モニタのステータスを表示する例を示します。

switch(config)# show port-monitor status
Port Monitor : Enabled
Active Policies : None
 
Last 10 logs :
 
switch(config-port-monitor)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show port-monitor active

アクティブなポート モニタ ポリシーを表示します。

show port-monitor

ポート モニタ コンフィギュレーションに関する情報を表示します。

show processes

デバイスのプロセス情報を表示するには、 show processes コマンドを使用します。

show processes [ vdc vdc-number ]

 
構文の説明

vdc vdc-number

(任意)特定の Virtual Device Context(VDC; 仮想デバイス コンテキスト)のプロセス情報を表示します。

 
デフォルト

ローカル デバイスのすべてのプロセスの情報を表示します。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者
ネットワーク オペレータ
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

新しい VDC はデフォルトの VDC からのみ指定できます。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、デバイスのプロセス情報を表示する例を示します。

switch# show processes
 
PID State PC Start_cnt TTY Type Process
----- ----- -------- ----------- ---- ---- -------------
1 S b7f9e468 1 - O init
2 S 0 1 - O migration/0
3 S 0 1 - O ksoftirqd/0
4 S 0 1 - O desched/0
5 S 0 1 - O migration/1
6 S 0 1 - O ksoftirqd/1
7 S 0 1 - O desched/1
8 S 0 1 - O events/0
9 S 0 1 - O events/1
10 S 0 1 - O khelper
15 S 0 1 - O kthread
...
 

次に、新しい VDC のプロセス情報を表示する例を示します。

switch# show processes vdc 2
 
PID State PC Start_cnt TTY Type Process
----- ----- -------- ----------- ---- ---- -------------
1 S b7f9e468 1 - O init
2 S 0 1 - O migration/0
3 S 0 1 - O ksoftirqd/0
4 S 0 1 - O desched/0
5 S 0 1 - O migration/1
6 S 0 1 - O ksoftirqd/1
7 S 0 1 - O desched/1
8 S 0 1 - O events/0
9 S 0 1 - O events/1
10 S 0 1 - O khelper
15 S 0 1 - O kthread
...
 

show processes cpu

デバイス上のプロセスの CPU 使用状況を表示するには、 show processes cpu コマンドを使用します。

show processes cpu

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

ローカル デバイスのすべてのプロセスの情報を表示します。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者
ネットワーク オペレータ
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、プロセスの CPU 使用率情報を表示する例を示します。

switch# show processes cpu
 
PID Runtime(ms) Invoked uSecs 1Sec Process
----- ----------- -------- ----- ----- -----------
1 286 315748 0 0 init
2 302 636268 0 0 migration/0
3 1586 72636726 0 0 ksoftirqd/0
4 502 1345165 0 0 desched/0
5 1956 559740 3 0 migration/1
6 2218 457761883 0 0 ksoftirqd/1
7 2325 1469647 1 0 desched/1
8 1158 794795 1 0 events/0
9 1258 721210 1 0 events/1
10 62 2779 22 0 khelper
15 0 30 25 0 kthread
24 0 2 5 0 kacpid
102 201 286 704 0 kblockd/0
103 276 516 535 0 kblockd/1
116 0 5 17 0 khubd
...
 

show processes cpu history

最新 60 秒、60 分、および 72 時間の、システム プロセスによる CPU 使用率に関する情報をグラフィック形式で表示するには、 show processes cpu history コマンドを使用します。

show processes cpu history

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2.(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、最新 60 秒、60 分、および 72 時間の、システム プロセスによる CPU 使用率に関する情報をグラフィック形式で表示する例を示します。

switch(config)# show processes cpu history
 
92 5 4 73 474 64 65 575 47
206324551543534226644368135103343343133313901236334538431915
100
90 #
80 # #
70 # # # # # #
60 # # # # # # ## #
50 # # # # ## # ## ### #
40 # # # # ### ## ## ### ##
30 # # # ## ### ## ## ### ##
20 ## # # ## ### ## ## ### ##
10 ### ## # # ### ## ### ## ## ### # ### # #
0....5....1....1....2....2....3....3....4....4....5....5....
0 5 0 5 0 5 0 5 0 5
 
CPU% per second (last 60 seconds)
# = average CPU%
 
 
111514221111111211112112121122122522122221222313122122232122
869180309993994069890950889706715227911205311280423925335914
100
90
80
70
60
50 * *
40 * * *
30 * * * * ** * * * * **
20 *********** ** ********************************* ***********
10 ***#*****************************#**************************
0....5....1....1....2....2....3....3....4....4....5....5....
0 5 0 5 0 5 0 5 0 5
 
CPU% per minute (last 60 minutes)
* = maximum CPU% # = average CPU%
 
 
 
 
556655555556565565556566666666665666666566555556555555555555565666656665
100
90
80
70
60
50
40
30
20
10 ************************************************************************
0....5....1....1....2....2....3....3....4....4....5....5....6....6....7.
0 5 0 5 0 5 0 5 0 5 0 5 0
 
CPU% per hour (last 72 hours)
* = maximum CPU% # = average CPU%

 
関連コマンド

コマンド
説明

show processes cpu

デバイスのプロセスに対する CPU 使用率の情報を表示します。

show system resources

システム リソースを表示します。

show process cpu sort

CPU 使用率でソートした CPU プロセスに関する情報を表示するには、 show process cpu sort コマンドを使用します。

show process cpu sort

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

モジュールはポーリングを実行し、簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)キャッシング用にスーパーバイザ モジュールにメッセージを送信します。負荷がない状態でモジュールに接続した場合、CPU 使用率が約 10 秒ごとに短時間急激に上昇します。プロセスの名前は statsclient です。

CPU 使用率の急激な上昇は、数ミリ秒の間 100 パーセントに及ぶ場合があります。このプロセスはプリエンプティブであり、他の優先度が高いプロセスをブロックしません。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、CPU 使用率でソートした CPU プロセスに関する情報を表示する例を示します。

switch(config)# show process cpu sort
 
PID Runtime(ms) Invoked uSecs 1Sec Process
----- ----------- -------- ----- ------ -----------
3622 2335 6843 341 50.0% pfstat
1 2550 4169 611 0.0% init
2 13 2676 4 0.0% migration/0
3 2091 883525 2 0.0% ksoftirqd/0
4 48 6300 7 0.0% desched/0
5 10 2816 3 0.0% migration/1
6 21 4450597 0 0.0% ksoftirqd/1
7 42 6416 6 0.0% desched/1
8 1785 8581 208 0.0% events/0
9 1560 7426 210 0.0% events/1
10 58 2731 21 0.0% khelper
15 0 30 25 0.0% kthread
24 0 2 5 0.0% kacpid
104 12 201 62 0.0% kblockd/0
105 4 138 33 0.0% kblockd/1
118 0 5 17 0.0% khubd
185 0 4 3 0.0% pdflush
186 139 3010 46 0.0% pdflush
187 0 1 5 0.0% kswapd0
--More--

) 1Sec カラムの値はデュアル コア CPU の値を表すため、CPU プロセスは最大 200 パーセントまで表示される場合があります。この例では、pfstat プロセスは 1 コアの 50 パーセントを消費しています。


 
関連コマンド

コマンド
説明

show processes cpu

デバイスのプロセスに対する CPU 使用率の情報を表示します。

show processes cpu history

最新 60 秒、60 分、および 72 時間の、システム プロセスによる CPU 使用率に関する情報をグラフィック形式で表示します。

show processes log

プロセス ログの内容を表示するには、 show processes log コマンドを使用します。

show processes log [ details | pid process-id | vdc-all ]

 
構文の説明

details

(任意)プロセス ログにある詳細情報を表示します。

pid process-id

(任意)特定のプロセスのプロセス ログにある詳細情報を表示します。指定できる範囲は 1 ~ 2147483647 です。

vdc-all

(任意)仮想デバイス コンテキスト(VDC)のプロセス ログ情報を表示します。

 
デフォルト

デバイス上のすべてのプロセスの情報の要約を表示します。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者
ネットワーク オペレータ
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、プロセス ログにある情報の要約を表示する例を示します。

switch# show processes log
VDC Process PID Normal-exit Stack Core Log-create-time
--- --------------- ------ ----------- ----- ----- ---------------
1 aclmgr 3632 N Y N Thu Mar 13 21:37:07 2008
1 aclmgr 4182 N Y N Wed Mar 12 13:45:38 2008
1 aclmgr 4205 N Y N Wed Mar 12 13:45:38 2008
1 adjmgr 4333 N N N Sat Nov 24 06:25:20 2007
1 arbiter 4332 N Y N Mon Nov 19 10:14:42 2007
1 arp 3870 N Y N Sat Dec 22 12:02:46 2007
1 clis 10005 N Y N Sat Nov 24 03:46:13 2007
1 clis 10268 N N N Fri Dec 14 09:13:53 2007
1 clis 1040 N Y N Fri Nov 16 13:34:30 2007
...

次に、プロセス ログにある詳細情報を表示する例を示します。

switch# show processes log details
======================================================
Service: aclmgr
Description: ACL Mgr
 
Started at Thu Mar 13 20:34:35 2008 (507163 us)
Stopped at Thu Mar 13 20:37:07 2008 (664205 us)
Uptime: 2 minutes 32 seconds
 
Start type: SRV_OPTION_RESTART_STATELESS (23)
Death reason: SYSMGR_DEATH_REASON_FAILURE_SIGNAL (2)
System image name: n7000-s1-dk9.4.0.1.gbin
System image version: 4.0(1) S7
 
PID: 3632
Exit code: signal 11 (core dumped)
 
CWD: /var/sysmgr/work
 
Virtual Memory:
 
CODE 08048000 - 0811CCF4
DATA 0811DCF4 - 0811EBE8
BRK 08121000 - 08259000
STACK BFFFE270
TOTAL 47244 KB
 
Register Set:
 
EBX B7D64CD0 ECX 00000001 EDX 00000001
ESI 41170040 EDI 00000000 EBP BFFFD1C8
EAX 00000401 XDS C010007B XES 0000007B
EAX FFFFFFFF (orig) EIP B7D5BEF2 XCS 00000073
EFL 00010292 ESP BFFFD1C0 XSS 0000007B
 
Stack: 4272 bytes. ESP BFFFD1C0, TOP BFFFE270
 
0xBFFFD1C0: B7D5BEE0 B7D64CD0 BFFFD1D8 B7D5C381 .....L..........
0xBFFFD1D0: B7D2614C FF000226 BFFFD218 B7D232BA La..&........2..
0xBFFFD1E0: B5542014 B7D25DE0 000007DE B5542014 . T..]....... T.
0xBFFFD1F0: B7D08918 B7D2614C FF000226 08241A54 ....La..&...T.$.
0xBFFFD200: B5542014 41170034 08241A54 B7D2614C . T.4..AT.$.La..
0xBFFFD210: FF000226 BFFFD2D0 BFFFD278 B7D138CE &.......x....8..
0xBFFFD220: 08246A04 08230074 BFFFD2D0 B7D5A24D .j$.t.#.....M...
0xBFFFD230: B7D6369A 00002000 00000004 00000000 .6... ..........
0xBFFFD240: 0000C005 00002000 BFFFD278 B7D3CF90 ..... ..x.......
...
 

次に、特定のプロセスのプロセス ログにある詳細情報を表示する例を示します。

switch# show processes pid 3632
======================================================
Service: arp
Description: Address Resolution Protocol (ARP
 
Started at Sat Dec 22 12:02:19 2007 (216828 us)
Stopped at Sat Dec 22 12:02:44 2007 (496964 us)
Uptime: 25 seconds
 
Start type: SRV_OPTION_RESTART_STATELESS (23)
Death reason: SYSMGR_DEATH_REASON_FAILURE_SIGNAL (2)
System image version: 4.0(0.788) S16
 
PID: 3912
Exit code: signal 11 (core dumped)
 
Threads: 3906 3905 4066 3917 3884 3870
 
CWD: /var/sysmgr/work
 
Virtual Memory:
 
CODE 08048000 - 08071474
DATA 08072474 - 08074794
BRK 08075000 - 080DE000
STACK BFFFEB80
TOTAL 107908 KB
 
Register Set:
 
EBX B7EF4264 ECX B53F45CA EDX B8009B1E
ESI B601C003 EDI B53F45C8 EBP B53F4578
EAX B8009B1E XDS 0000007B XES 0000007B
EAX FFFFFFFF (orig) EIP B7EDF9AB XCS 00000073
EFL 00010286 ESP B53F4560 XSS 0000007B
 
Stack: 2688 bytes. ESP B53F4560, TOP BFFFEB80
 
0xB53F4560: B601C003 00000001 F1EC838D B7EF4264 ............dB..
0xB53F4570: 00000000 00000000 B53F45D8 B7EE0C0D .........E?.....
0xB53F4580: B601C003 B53F45CA B53F45C8 B53F45C0 .....E?..E?..E?.
0xB53F4590: 00000001 B53F45C4 00000000 00000001 .....E?.........
...
 

次に、物理デバイス上のすべての VDC のプロセス ログ情報を表示する例を示します。

switch# show processes log vdc-all
VDC Process PID Normal-exit Stack Core Log-create-time
--- --------------- ------ ----------- ----- ----- ---------------
1 aclmgr 3632 N Y N Thu Mar 13 21:37:07 2008
1 aclmgr 4182 N Y N Wed Mar 12 13:45:38 2008
1 aclmgr 4205 N Y N Wed Mar 12 13:45:38 2008
1 adjmgr 4333 N N N Sat Nov 24 06:25:20 2007
1 arbiter 4332 N Y N Mon Nov 19 10:14:42 2007
1 arp 3870 N Y N Sat Dec 22 12:02:46 2007
1 clis 10005 N Y N Sat Nov 24 03:46:13 2007
1 clis 10268 N N N Fri Dec 14 09:13:53 2007
1 clis 1040 N Y N Fri Nov 16 13:34:30 2007
1 clis 10486 N Y N Fri Nov 16 14:58:59 2007
1 clis 10646 N Y N Fri Nov 16 14:59:45 2007
...
 

show processes memory

プロセスのメモリ割り当て情報を表示するには、 show processes memory コマンドを使用します。

show processes memory [ shared ]

 
構文の説明

shared

(任意)共有メモリの割り当てを表示します。

 
デフォルト

プロセスに割り当てられたメモリを表示します。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者
ネットワーク オペレータ
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、プロセスのメモリ割り当てに関する情報を表示する例を示します。

switch# show processes memory
 
PID MemAlloc StackBase/Ptr Process
----- -------- ----------------- ----------------
1 147456 bffffda0/bffff890 init
2 0 0/0 migration/0
3 0 0/0 ksoftirqd/0
4 0 0/0 desched/0
5 0 0/0 migration/1
6 0 0/0 ksoftirqd/1
7 0 0/0 desched/1
8 0 0/0 events/0
9 0 0/0 events/1
10 0 0/0 khelper
15 0 0/0 kthread
24 0 0/0 kacpid
...
 

次に、プロセスの共有メモリの割り当てに関する情報を表示する例を示します。

switch# show processes memory shared
Component Shared Memory Size Used Available Reference
Address (kbytes) (kbytes) (kbytes) Count
smm 0X60000000 1024 3 1021 115
cli 0X60110000 24576* 13991 10585 84
am 0X61920000 14336* 14 14322 7
urib 0X62730000 32768* 648 32120 25
u6rib-ufdm 0X64740000 320* 188 132 2
urib-redist 0X647A0000 4096* 0 4096 25
icmpv6 0X64BB0000 2048 0 2048 2
ip 0X64DC0000 8192 65 8127 23
urib-ufdm 0X655D0000 2048* 0 2048 2
u6rib 0X657E0000 16384* 507 15877 12
ipv6 0X667F0000 8192 2 8190 9
u6rib-notify 0X67000000 2048* 681 1367 12
rpm 0X67210000 2048 6 2042 11
mrib 0X67420000 40960 2 40958 3
mrib-mfdm 0X69C30000 5120 0 5120 2
m6rib 0X6A140000 10240 2 10238 3
m6rib-mfdm 0X6AB50000 2048 10 2038 2
igmp 0X6AD60000 8192 0 8192 2
bgp 0X6B570000 8192 182 8010 1
Shared memory totals - Size: 189 MB, Used: 16 MB, Available: 173 MB
Free Physical Memory: 0 MB kernel, 0 MB user
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show processes

プロセス情報を表示します。

show startup-config

スタートアップ コンフィギュレーションを表示します。

 

show ptp brief

高精度時間プロトコル(PTP)インターフェイスの簡単なステータスを表示するには、 show ptp brief コマンドを使用します。

show ptp brief

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、PTP インターフェイスの簡単なステータスを表示する例を示します。

switch# show ptp brief
PTP port status
-----------------------
Port State
------- --------------
Eth7/10 Passive
Eth7/1 Slave

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ptp clock

ローカル クロックのプロパティを表示します。

show ptp clocks foreign-masters-record

PTP プロセスが認識している外部マスターの状態を表示します。

show ptp corrections

最後の数個の PTP 修正を表示します。

show ptp parent

PTP の親のプロパティを表示します。

show ptp port

PTP ポートのステータスを表示します。

show ptp time-property

PTP クロックのプロパティを表示します。

show ptp clock

高精度時間プロトコル(PTP)クロック情報を表示するには、 show ptp clock コマンドを使用します。

show ptp clock

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、PTP クロック情報を表示する例を示します。

switch# show ptp clock
PTP Device Type: Boundary clock
Clock Identity : 0:18:ba:ff:ff:d8: e:17
Clock Domain: 0
Number of PTP ports: 2
Priority1 : 255
Priority2 : 255
Clock Quality:
Class : 248
Accuracy : 254
Offset (log variance) : 65535
Offset From Master : 0
Mean Path Delay : 0
Steps removed : 1
Local clock time:Sun Jan 15 20:57:29 2011
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ptp brief

PTP のステータスを表示します。

show ptp clocks foreign-masters-record

PTP プロセスが認識している外部マスターの状態を表示します。

show ptp corrections

最後の数個の PTP 修正を表示します。

show ptp parent

PTP の親のプロパティを表示します。

show ptp port

PTP ポートのステータスを表示します。

show ptp time-property

PTP クロックのプロパティを表示します。

show ptp clock foreign-masters-record

高精度時間プロトコル(PTP)プロセスが認識している外部マスターの状態に関する情報を表示するには、 show ptp clocks foreign-masters-record コマンドを使用します。

show ptp clock foreign-masters-record {interface [ethernet]}

 
構文の説明

interface

インターフェイスを指定します。

ethernet

(任意)イーサネット インターフェイスを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、PTP プロセスが認識している外部マスターの状態に関する情報を表示する例を示します。

switch# show ptp clock foreign-masters-record interface ethernet 7/1
RP/0/0/CPU0:demo#show ptp clocks foreign-masters
P1=Priority1, P2=Priority2, C=Class, A=Accuracy,
OSLV=Offset-Scaled-Log-Variance, SR=Steps-Removed
GM=Is grandmaster
 
--------- ----------------------- --- ---- ---- --- ----- --------
Interface Clock-ID P1 P2 C A OSLV SR
--------- ----------------------- --- ---- ---- --- ----- --------
 
Eth7/10 0:18:ba:ff:ff:d8: e:16 255 255 248 254 65535 0 GM
Eth7/1 0:18:ba:ff:ff:d8: e:16 255 255 248 254 65535 0 GM

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ptp brief

PTP のステータスを表示します。

show ptp clock

ローカル クロックのプロパティを表示します。

show ptp corrections

最後の数個の PTP 修正を表示します。

show ptp parent

PTP の親のプロパティを表示します。

show ptp port

PTP ポートのステータスを表示します。

show ptp time-property

PTP クロックのプロパティを表示します。

show ptp corrections

イーサネット インターフェイス上の高精度時間プロトコル(PTP)クロック修正の履歴を表示するには、 show ptp corrections コマンドを使用します。

show ptp corrections

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、イーサネット インターフェイス上の PTP クロック修正の履歴を表示する例を示します。

switch# show ptp corrections
PTP corrections
------------------------------------------
Slave Port Sup time Corrections(s,ns)
---------- -------------------- ------------
Eth7/10 2010 Mar 11 03:14:55 -1 1210900
Eth7/10 2010 Mar 11 03:14:55 -340978

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ptp brief

PTP のステータスを表示します。

show ptp clock

ローカル クロックのプロパティを表示します。

show ptp clocks foreign-masters-record

PTP プロセスが認識している外部マスターの状態を表示します。

show ptp parent

PTP の親のプロパティを表示します。

show ptp port

PTP ポートのステータスを表示します。

show ptp time-property

PTP クロックのプロパティを表示します。

show ptp parent

高精度時間プロトコル(PTP)クロックの親およびグランド マスターに関する情報を表示するには、 show ptp parent コマンドを使用します。

show ptp parent

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、PTP クロックの親およびグランド マスターに関する情報を表示する例を示します。

switch# show ptp parent
Parent Clock:
Parent Clock Identity: 0:18:ba:ff:ff:d8: e:16
Parent Port Number: 1546
Observed Parent Offset (log variance): N/A
Observed Parent Clock Phase Change Rate: N/A
 
Grandmaster Clock:
Grandmaster Clock Identity: 0:18:ba:ff:ff:d8: e:16
Grandmaster Clock Quality:
Class: 248
Accuracy: 254
Offset (log variance): 65535
Priority1: 255
Priority2: 255

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ptp brief

PTP のステータスを表示します。

show ptp clock

ローカル クロックのプロパティを表示します。

show ptp clocks foreign-masters-record

PTP プロセスが認識している外部マスターの状態を表示します。

show ptp corrections

最後の数個の PTP 修正を表示します。

show ptp port

PTP ポートのステータスを表示します。

show ptp time-property

PTP クロックのプロパティを表示します。

show ptp port

高精度時間プロトコル(PTP)ポートに関する情報を表示するには、 show ptp port コマンドを使用します。

show ptp port {interface [ethernet]}

 
構文の説明

interface

インターフェイスを指定します。

ethernet

(任意)イーサネット インターフェイスを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、PTP ポートに関する情報を表示する例を示します。

switch# show ptp port
PTP Port Dataset: Eth7/1
Port identity: clock identity: 0:18:ba:ff:ff:d8: e:17
Port identity: port number: 1536
PTP version: 2
Port state: Slave
Delay request interval(log mean): 2
Announce receipt time out: 3
Peer mean path delay: 0
Announce interval(log mean): 1
Sync interval(log mean): 2
Delay Mechanism: End to End
Peer delay request interval(log mean): 0
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ptp brief

PTP のステータスを表示します。

show ptp clock

ローカル クロックのプロパティを表示します。

show ptp clocks foreign-masters-record

PTP プロセスが認識している外部マスターの状態を表示します。

show ptp corrections

最後の数個の PTP 修正を表示します。

show ptp parent

PTP の親のプロパティを表示します。

show ptp time-property

PTP クロックのプロパティを表示します。

show ptp time-property

高精度時間プロトコル(PTP)クロックのプロパティを表示するには、 show ptp time-property コマンドを使用します。

show ptp time-property

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、PTP クロックのプロパティを表示する例を示します。

switch# show ptp time-property
PTP CLOCK TIME PROPERTY:
Current UTC Offset valid: 0
Current UTC Offset: 33
Leap59: 0
Leap61: 0
Time Traceable: 0
Frequency Traceable: 0
PTP Timescale: 0
Time Source: 0xA0(internal Osccilator)

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ptp brief

PTP のステータスを表示します。

show ptp clock

ローカル クロックのプロパティを表示します。

show ptp clocks foreign-masters-record

PTP プロセスが認識している外部マスターの状態を表示します。

show ptp corrections

最後の数個の PTP 修正を表示します。

show ptp parent

PTP の親のプロパティを表示します。

show ptp port

PTP ポートのステータスを表示します。

show redundancy status

冗長性に関する詳細な情報を表示するには、 show redundancy status コマンドを使用します。

show redundancy status

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、冗長性に関する情報を表示する例を示します。

switch# show redundancy status
Redundancy mode
---------------
administrative: HA
operational: None
 
This supervisor (sup-6)
-----------------------
Redundancy state: Active
Supervisor state: Active
Internal state: Active with no standby
 
Other supervisor (sup-5)
------------------------
Redundancy state: Not present
 
Supervisor state: N/A
Internal state: N/A
 
System start time: Fri Aug 15 15:55:19 2008
 
System uptime: 3 days, 23 hours, 57 minutes, 22 seconds
Kernel uptime: 4 days, 0 hours, 1 minutes, 39 seconds
Active supervisor uptime: 3 days, 23 hours, 57 minutes, 22 secondss

show rmon

コンフィギュレーションまたはオンボード ログを表示するには、show rmon コマンドを使用します。

show rmon {alarms | events | hcalarms | logs | status}

 
構文の説明

alarms

設定済みの 32 ビット RMON アラームを表示します。

events

設定済みの RMON イベントを表示します。

hcalarms

設定済みの 64 ビット High Capacity(HC; 高容量)RMON アラームを表示します。

logs

RMON イベント ログを表示します。

status

RMON 情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、設定済みの RMON アラームを表示する例を示します。

switch# show rmon alarms
Alarm 20 is active, owned by test
Monitors 1.3.6.1.2.1.2.2.1.16.30 every 30 second(s)
Taking delta samples, last value was 17
Rising threshold is 15, assigned to event 1
Falling threshold is 0, assigned to event 0
On startup enable rising or falling alarm
 

次に、設定済みの RMON イベントを表示する例を示します。

switch# show rmon events
Event 4 is active, owned by administrator@london_op_center
Description is WARNING(4)
Event firing causes log and trap to community public, last fired 03:32:43
 

次に、設定済みの高容量 RMON アラームを表示する例を示します。

switch# show rmon hcalarms
High Capacity Alarm 1 is active, owned by cseSysCPUUtilization.0@test
Monitors 1.3.6.1.4.1.9.9.305.1.1.1.0 every 10 second(s)
Taking absolute samples, last value was 0
Rising threshold is 60, assigned to event 4
Falling threshold is 59, assigned to event 4
On startup enable rising alarm

 

次に、RMON コンフィギュレーションとログ出力情報を表示する例を示します。

switch# show rmon status
Maximum allowed 32 bit or 64 bit alarms : 512
Number of 32 bit alarms configured : 0
Number of 64 bit hcalarms configured : 0
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

rmon alarm

32 ビット RMON アラームを設定します。

rmon event

RMON イベントを設定します。

rmon hcalarm

64 ビット RMON アラームを設定します。

show running-config cdp

Cisco Discovery Protocol(CDP)の実行コンフィギュレーションを表示するには、 show running-config cdp コマンドを使用します。

show running-config cdp [ all ]

 
構文の説明

all

(任意)実行コンフィギュレーションとデフォルトを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、デフォルトの CDP 実行コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch(config)# show running-config cdp all
!Command: show running-config cdp all
!Time: Fri Jan 15 22:19:20 2010
 
version 5.0(2)
logging level cdp 6
cdp advertise v2
cdp enable
cdp holdtime 180
cdp timer 60
cdp format device-id system-name
 
 
interface Ethernet6/1
cdp enable
 
interface Ethernet6/2
cdp enable
 
interface Ethernet6/3
cdp enable
 
interface Ethernet6/4
cdp enable
 
interface Ethernet6/5
cdp enable
 
interface Ethernet6/6
cdp enable
 
interface Ethernet6/7
cdp enable
 
interface Ethernet6/8
cdp enable
 
interface Ethernet7/1
cdp enable
 
interface Ethernet7/2
cdp enable
 
interface Ethernet7/3
cdp enable
 
interface Ethernet7/4
cdp enable
 
interface Ethernet7/5
cdp enable
 
interface Ethernet7/6
cdp enable
 
interface Ethernet7/7
cdp enable
 
interface Ethernet7/8
cdp enable
--More--
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

enable cdp

特定のインターフェイス上で CDP をイネーブルにします。

show running-config diagnostic

実行コンフィギュレーションの診断を表示するには、 show running-config diagnostic コマンドを使用します。

show running-config diagnostic [ all ]

 
構文の説明

all

(任意)デフォルトの実行コンフィギュレーションの診断を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、実行コンフィギュレーションの診断を表示する例を示します。

switch(config)# show running-config diagnostic all
 
!Command: show running-config diagnostic all
!Time: Fri Jan 15 22:22:01 2010
 
version 5.0(2)
diagnostic bootup level complete
 
 
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show startup-config diagnostic

スタートアップ コンフィギュレーションの診断を表示します。

show running-config eem

Embedded Event Manager(EEM)の実行コンフィギュレーションを表示するには、 show running-config eem コマンドを使用します。

show running-config eem

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、組み込み型イベント マネージャ(EEM)実行コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show running-config eem
switch(config)# show running-config eem
 
!Command: show running-config eem
!Time: Fri Jan 15 22:23:28 2010
 
version 5.0(2)
 
switch(config)#
 

show running-config lldp

グローバルな Link Layer Discovery Protocol(LLDP; リンク層検出プロトコル)の設定を表示するには、 show running-config lldp コマンドを使用します。

show running-config lldp

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、グローバルな LLDP 設定を表示する例を示します。

switch(config)# show running-config lldp
 
!Command: show running-config lldp
!Time: Mon Jan 11 02:19:29 2010
 
version 5.0(2)
feature lldp
 
logging level lldp 5
 
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature lldp

LLDP 機能をグローバルにイネーブルにします。

show running-config monitor

システムのイーサネット スイッチド ポート アナライザ(SPAN)の実行コンフィギュレーションを表示するには、 show running-config monitor コマンドを使用します。

show running-config monitor [ all ]

 
構文の説明

all

(任意)デフォルトの SPAN 実行コンフィギュレーションを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、システムの SPAN 実行コンフィギュレーションの設定を表示する例を示します。

switch(config)# show running-config monitor
!Command: show running-config monitor
!Time: Fri Jan 15 22:24:43 2010
 
version 5.0(2)
logging level monitor 6
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show monitor

SPAN の設定に関する情報を表示します。

show startup-config monitor

スタートアップ SPAN コンフィギュレーションに関する情報を表示します。

show running-config netflow

現在使用中のスイッチにおける NetFlow の設定を表示するには、 show running-config netflow コマンドを使用します。

show running-config netflow [ all ]

 
構文の説明

all

(任意)デフォルトの NetFlow の設定を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、現在使用中のスイッチで実行されている NetFlow の設定を表示する例を示します。

switch(config)# show running-config netflow all
!Command: show running-config netflow all
!Time: Fri Jan 15 22:26:04 2010
 
version 5.0(2)
feature netflow
 
flow timeout active 1800
flow timeout inactive 15
flow exporter new_flow_1
transport udp 9995
dscp 0
version 5
flow exporter new_flow_2
transport udp 9995
dscp 0
version 9
template data timeout 1800
flow exporter test
transport udp 9995
dscp 0
version 9
template data timeout 1800
flow exporter Custom-Flow-Exporter-1
transport udp 9995
dscp 0
version 9
template data timeout 1800
option exporter-stats timeout 1200
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show startup-config netflow

スタートアップ NetFlow コンフィギュレーションを表示します。

show running-config ntp

システムで現在実行中のネットワーク タイム プロトコル(NTP)の設定を表示するには、 show running-config ntp コマンドを使用します。

show running-config ntp [ all ]

 
構文の説明

all

(任意)NTP の実行コンフィギュレーションをすべて表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、現在実行されている NTP の設定を表示する例を示します。

switch(config)# show running-config ntp
 
!Command: show running-config ntp
!Time: Fri Jan 15 22:28:34 2010
 
version 5.0(2)
ntp server 190.0.2.10
ntp server 192.0.2.10 prefer use-vrf RED key 786
ntp peer 2001:db8::4101
ntp authentication-key 3 md5 fewhg 7
ntp authentication-key 34567 md5 qabzk7f 7
ntp logging
ntp access-group peer abcd*123
 
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ntp source-interface

NTP 送信元インターフェイスに関する情報を表示します。

show startup-config ntp

スイッチの、スタートアップ NTP コンフィギュレーションに関する情報を表示します。

show running-config snmp

システムの簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)実行コンフィギュレーションを表示するには、 show running-config snmp コマンドを使用します。

show running-config snmp [ all ]

 
構文の説明

all

(任意)デフォルトの SNMP 実行コンフィギュレーションを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、システムの SNMP 実行コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch(config)# show running-config snmp
!Command: show running-config snmp
!Time: Fri Jan 15 22:30:27 2010
 
version 5.0(2)
snmp-server user admin network-admin auth md5 0x1dc65f45a9d8e41dbccd76380946d6c3
priv 0x1dc65f45a9d8e41dbccd76380946d6c3 localizedkey
 
 
switch(config)#

 
関連コマンド!Command: show running-config snmp

 
関連コマンド!Time: Tue Feb 2 22:30:27 2010

 
関連コマンド

 
関連コマンドversion 5.0(2)

 
関連コマンドsnmp-server user admin network-admin auth md5 0x1dc65f45a9d8e41dbccd76380946d6c3

 
関連コマンド priv 0x1dc65f45a9d8e41dbccd76380946d6c3 localizedkey

 
関連コマンド

 
関連コマンド

 
関連コマンドswitch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show startup-config snmp

スタートアップ SNMP コンフィギュレーションを表示します。

show port-monitor active

アクティブなポート モニタ ポリシーを表示します。

show sampler

NetFlow サンプラを表示するには、 show sampler コマンドを使用します。

show sampler [ name ] [ sampler-name ]

 
構文の説明

name

(任意)サンプラを指定します。

sampler-name

(任意)サンプラ名。最大文字数は 32 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

サンプラを作成し、フローの NetFlow サンプリング レートを定義できます。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、NetFlow サンプラを表示する例を示します。

switch(config)# show sampler
Sampler Netflow-Sampler-1:
mode 1 out-of 1000
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

sampler

ハードウェア リソースを保持するため、ユーザが選択したパケット率のデータを収集するようサンプラを設定します。

show scheduler

スケジュール メンテナンス ジョブに関する情報を表示するには、 show scheduler コマンドを使用します。

show scheduler { config | internal [mem-stats] | job [ name jobname ] | logfile | schedule [ name schedulename ]}

 
構文の説明

config

スケジューラの構成情報を表示します。

internal

内部スケジューラの情報を指定されたとおりに表示します。

mem-stats

(任意)スケジューラ内部メモリの情報を、指定されたとおりに表示します。

job

ジョブの情報を指定されたとおりに表示します。

name jobname

(任意)指定されたスケジューラ ジョブ名の情報を表示します。

logfile

スケジューラ ログ ファイルを指定されたとおりに表示します。

schedule

スケジューラ タイムテーブルを指定されたとおりに表示します。

name schedulename

(任意)指定されたスケジュール名のスケジューラ タイムテーブルを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、スケジューラがイネーブルである必要があります。

スケジューラをイネーブルにするには、feature scheduler コマンドを使用します。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、スケジューラ設定を表示する例を示します。

switch# show scheduler config
config terminal
feature scheduler
scheduler logfile size 16
end
 
config terminal
scheduler job name test-1
end
 
config terminal
scheduler job name test
end
 
config terminal
scheduler job name test1
end
 
config terminal
scheduler job name test2
end
 
switch#
 

次に、指定されたスケジューラ タイムテーブルを表示する例を示します。

switch# show scheduler schedule name test
Schedule Name : test
------------------------------------
User Name : admin
Schedule Type : Run once on Tue Aug 10 09:48:00 2008
Last Execution Time: Tue Aug 10 09:48:00 2008
-----------------------------------------------
Job Name Status
-----------------------------------------------
addMem Success (0)
 
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

scheduler

メンテナンス ジョブを設定します。

feature scheduler

メンテナンス ジョブをスケジューリングするスケジューラ機能をイネーブルにします。

 

show snmp

簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)情報を表示するには、 show snmp コマンドを使用します。

show snmp

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、SNMP 情報を表示する例を示します。

switch(config)# show snmp
sys contact:
sys location: anyplace, Anywhere
 
0 SNMP packets input
0 Bad SNMP versions
0 Unknown community name
0 Illegal operation for community name supplied
0 Encoding errors
0 Number of requested variables
0 Number of altered variables
0 Get-request PDUs
0 Get-next PDUs
0 Set-request PDUs
0 SNMP packets output
0 Too big errors
0 No such name errors
0 Bad values errors
0 General errors
 
 
Community Group / Access
--------- ---------------
Comm2 network-admin
testCommunity vdc-operator
com3 vdc-admin
 
 
______________________________________________________________
SNMP USERS
______________________________________________________________
 
User Auth Priv(enforce) Groups
____ ____ _____________ ______
foo md5 aes-128(no) network-operator
vdc-admin
network-admin
User3 md5 no network-operator
 
admin md5 des(no) network-admin
user1 md5 des(no) vdc-admin
______________________________________________________________
NOTIFICATION TARGET USERS (configured for sending V3 Inform)
______________________________________________________________
 
User Auth Priv
____ ____ ____
foo md5 no
(EngineID 11:22:33:44:55)
 
foo sha no
(EngineID 33:0:33:22:33)
 
 
 
SNMP Tcp Authentication Flag : Enabled.

 
関連コマンド

コマンド
説明

snmp-server community

SNMP コミュニティ ストリングを設定します。

show snmp community

簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)コミュニティ ストリングを表示するには、 show snmp community コマンドを使用します。

show snmp community

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

デバイスに設定されている SNMP コミュニティの一覧を表示するには、 show snmp community コマンドを使用します。

Cisco NX-OS Release 4.0(2) 以降では、 show snmp-community コマンドによって、SNMPv2c コミュニティにマッピングされているすべての SNMP コンテキストが表示されます。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、SNMP コミュニティ ストリング、および関連するすべての SNMP コンテキストを表示する例を示します。

switch# show snmp community
Community Group / Access context
--------- -------------- -------
testCommunity vdc-operator contextB
Comm2 network-admin
com3 vdc-admin

 
関連コマンド

コマンド
説明

snmp-server community

SNMP コミュニティ ストリングを設定します。

snmp-server mib community-map

SNMP コミュニティ ストリングを SNMP コンテキストにマッピングします。

show snmp context

簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)コンテキスト マッピングを表示するには、 show snmp context コマンドを使用します。

show snmp context

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、SNMP コンテキスト マッピングを表示する例を示します。

switch# show snmp context
-------------------------------------------------------------------
Context [Protocol instance, VRF, Topology]
-------------------------------------------------------------------
contextB instance1,
vrf1,
topo1
-------------------------------------------------------------------r
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

snmp-server context

SNMP コンテキスト マッピングを設定します。

show snmp engineID

簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)エンジン ID を表示するには、 show snmp engineID コマンドを使用します。

show snmp engineID

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、SNMP エンジン ID を表示する例を示します。

switch(config)# show snmp engineID
Local SNMP engineID: [Hex] 80000009030005300A0B0C
[Dec] 128:000:000:009:003:000:005:048:010:011:012

 
関連コマンド

コマンド
説明

snmp-server user

SNMP ターゲット通知ユーザを設定します。

show snmp group

簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)グループを表示するには、 show snmp group コマンドを使用します。

show snmp group

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、SNMP グループを表示する例を示します。

switch(config)# show snmp group
 
role: network-admin
description: Predefined network admin role has access to all commands
on the switch
-------------------------------------------------------------------
Rule Perm Type Scope Entity
-------------------------------------------------------------------
1 permit read-write
 
role: network-operator
description: Predefined network operator role has access to all read
commands on the switch
-------------------------------------------------------------------
Rule Perm Type Scope Entity
-------------------------------------------------------------------
1 permit read
 
role: vdc-admin
description: Predefined vdc admin role has access to all commands within
a VDC instance
-------------------------------------------------------------------
Rule Perm Type Scope Entity
-------------------------------------------------------------------
1 permit read-write
 
role: vdc-operator
description: Predefined vdc operator role has access to all read commands
within a VDC instance
-------------------------------------------------------------------
Rule Perm Type Scope Entity
-------------------------------------------------------------------
1 permit read
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

role name

SNMP グループとして使用するセキュリティ ロールを設定します。

show snmp host

簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)ホスト通知レシーバを表示するには、 show snmp host コマンドを使用します。

show snmp host

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、SNMP ホストを表示する例を示します。

switch(config)# show snmp host
-------------------------------------------------------------------
Host Port Version Level Type SecName
 
-------------------------------------------------------------------
192.0.2.1 33 v1 noauth trap Comm2
 
-------------------------------------------------------------------
192.0.2.2 162 v3 auth trap comm3
 
Use VRF: Blue
-------------------------------------------------------------------
192.0.2.10 162 v3 auth trap testCommunity
 
Filter VRF: Red
-------------------------------------------------------------------
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

snmp-server host

SNMP ホストを設定します。

show snmp sessions

現在の簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)セッションを表示するには、 show snmp sessions コマンドを使用します。

show snmp sessions

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、SNMP セッションを表示する例を示します。

switch(config)# show snmp sessions
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

snmp-server user

SNMP ユーザを設定します。

show snmp source-interface

通知が送信される簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)送信元インターフェイスを表示するには、 show snmp source-interface コマンドを使用します。

show snmp source-interface

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、通知が送信される SNMP 送信元インターフェイスを表示する例を示します。

switch(config)# show snmp source-interface
-------------------------------------------------------------------
Notification source-interface
-------------------------------------------------------------------
trap lookback1
inform Ethernet1/1
-------------------------------------------------------------------
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

snmp-server sourceinterface

通知が送信される SNMP 送信元インターフェイスを設定します。

show snmp trap

簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)通知イネーブル ステータスを表示するには、 show snmp trap コマンドを使用します。

show snmp trap

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、SNMP 通知イネーブル ステータスを表示する例を示します。

switch(config)# show snmp trap
Trap type Enabled
--------- -------
aaa server state-change No
callhome No
entity fru Yes
license Yes
snmp authentication No
vrrp No
link No
bridge topologychange No
bridge newroot No
stpx inconsistency No
stpx loop-inconsistency No
stpx root-inconsistency No
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

snmp-server trap enable

SNMP 通知をイネーブルにします。

show snmp user

簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)ユーザを表示するには、 show snmp user コマンドを使用します。

show snmp user [ username [ engineID id ]]

 
構文の説明

username

(任意)ユーザ名。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

engineID id

(任意)通知ターゲット ユーザの SNMP エンジン ID を設定します。ID は、コロンで区切られた 11 個の 10 進数値です。

 
デフォルト

すべてのユーザを表示します。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、SNMP ユーザを表示する例を示します。

switch(config)# show snmp user
______________________________________________________________
SNMP USERS
______________________________________________________________
 
User Auth Priv(enforce) Groups
____ ____ _____________ ______
foo md5 aes-128(no) network-operator
vdc-admin
network-admin
User3 md5 no network-operator
admin md5 des(no) network-admin
user1 md5 des(no) vdc-admin
______________________________________________________________
NOTIFICATION TARGET USERS (configured for sending V3 Inform)
______________________________________________________________
 
User Auth Priv
____ ____ ____
foo md5 no
(EngineID 11:22:33:44:55)
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

snmp-server user

SNMP ユーザを設定します。

show sprom

デバイスのシリアル PROM(SPROM)の内容を表示するには、 show sprom コマンドを使用します。

show sprom { all | backplane bp-number | clock clock-number | cmp | fan fan-number | module slot | powersupply ps-number | stby-sup | sup | xbar xbar-number }

 
構文の説明

all

物理デバイス上にあるすべてのコンポーネントの SPROM の内容を表示します。

backplane bp-number

バックプレーンの SPROM の内容を表示します。

clock clock-number

クロック モジュールの SPROM の内容を表示します。

cmp

接続管理プロセッサ(CMP)の SPROM の内容を表示します。

fan fan-number

ファンの SPROM の内容を表示します。

module slot

I/O モジュールの SPROM の内容を表示します。

powersupply ps-number

電源モジュールの SPROM の内容を表示します。

stby-sup

スタンバイ スーパーバイザ モジュールの SPROM の内容を表示します。

sup

アクティブなスーパーバイザ モジュールの SPROM の内容を表示します。

xbar xbar-number

ファブリック モジュールの SPROM の内容を表示します。

 
デフォルト

デバイス上のすべてのプロセスの情報の要約を表示します。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者
ネットワーク オペレータ
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

物理デバイス コンポーネント上の SPROM には、シリアル番号、部品番号、リビジョン番号など、ハードウェアに関する詳細な情報が保存されています。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、物理デバイス上のすべてのコンポーネントの SPROM 情報を表示する例を示します。

switch# show sprom all
DISPLAY active supervisor sprom contents:
Common block:
Block Signature : 0xabab
Block Version : 3
Block Length : 160
Block Checksum : 0x158a
EEPROM Size : 65535
Block Count : 3
FRU Major Type : 0x6004
FRU Minor Type : 0x5
OEM String : Cisco Systems, Inc
Product Number : N7K-SUP1
Serial Number : JAB10380101
Part Number : 73-10877-03
Part Revision : 09
Mfg Deviation : 0
H/W Version : 0.311
Mfg Bits : 0
Engineer Use : 0
snmpOID : 0.0.0.0.0.0.0.0
Power Consump : -247
RMA Code : 0-0-0-0
CLEI Code : TBD
VID : TBD
...
 

次に、バックプレーンの SPROM 情報を表示する例を示します。

switch# show sprom backplane 1
DISPLAY backplane sprom contents:
Common block:
Block Signature : 0xabab
Block Version : 3
Block Length : 160
Block Checksum : 0x147e
EEPROM Size : 65535
Block Count : 5
FRU Major Type : 0x6001
FRU Minor Type : 0x0
OEM String : Cisco Systems, Inc.
Product Number : N7K-C7010
Serial Number : TBM11256507
Part Number : 73-10900-04
Part Revision : 03
Mfg Deviation :
H/W Version : 0.403
Mfg Bits : 0
Engineer Use : 0
snmpOID : 0.0.0.0.0.0.0.0
Power Consump : -247
RMA Code : 0-0-0-0
CLEI Code :
VID :
Chassis specific block:
Block Signature : 0x6001
Block Version : 3
Block Length : 39
Block Checksum : 0x3bf
Feature Bits : 0x0
HW Changes Bits : 0x0
Stackmib OID : 0
MAC Addresses : 00-18-ba-d8-3f-bc
Number of MACs : 128
OEM Enterprise : 9
OEM MIB Offset : 5
MAX Connector Power: 1
WWN software-module specific block:
Block Signature : 0x6005
Block Version : 1
Block Length : 0
Block Checksum : 0x66
wwn usage bits:
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00
License software-module specific block:
Block Signature : 0x6006
Block Version : 1
Block Length : 16
Block Checksum : 0x77
lic usage bits:
00 00 00 00 00 00 00 00
Second Serial number specific block:
Block Signature : 0x6007
Block Version : 1
Block Length : 28
Block Checksum : 0x302
Serial Number : TBM11256507

show startup-config cdp

Cisco Discovery Protocol(CDP)スタートアップ コンフィギュレーションを表示するには、 show startup-config cdp コマンドを使用します。

show startup-config cdp [ all ]

 
構文の説明

all

(任意)デフォルトのスタートアップ コンフィギュレーションを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、デフォルトの CDP スタートアップ コンフィギュレーションを表示します。

switch(config)# show startup-config cdp all
!Command: show startup-config cdp
!Time: Tue Feb 2 22:36:26 2010
 
version 5.0(2)
logging level cdp 6
 
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config cdp

CDP 実行コンフィギュレーションを表示します。

show startup-config diagnostic

スタートアップ コンフィギュレーションの診断を表示するには、 show startup-config diagnostic コマンドを使用します。

show startup-config diagnostic [ all ]

 
構文の説明

all

(任意)デフォルトのスタートアップ コンフィギュレーションを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、スタートアップ コンフィギュレーションの診断を表示する例を示します。

switch(config)# show startup-config diagnostic all
!Command: show startup-config diagnostic all
!Time: Tue Jan 26 22:38:22 2010
!Startup config saved at: Thu Jan 21 08:39:42 2010
 
version 5.0(2)
diagnostic bootup level complete
 
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config diagnostic

実行コンフィギュレーションの診断を表示します。

show startup-config cfs

Cisco Fabric Services(CFS)スタートアップ コンフィギュレーションに関する情報を表示するには、 show startup-config cfs コマンドを使用します。

show startup-config cfs [ all ]

 
構文の説明

all

(任意)CFS のスタートアップ コンフィギュレーションをすべて表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、CFS スタートアップ コンフィギュレーション表示する例を示します。

switch(config)# show startup-config cfs
 
!Command: show startup-config cfs
!Time: Tue Feb 2 22:40:47 2010
!Startup config saved at: Thu Jan 21 08:39:42 2010
 
version 5.0(2)
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

cfs distribute

デバイスの CFS 配信をグローバルにイネーブルにします。

show cfs status

CFS 配信ステータスを表示します。

show startup-config eem

組み込み型イベント マネージャ(EEM)のスタートアップ コンフィギュレーションを表示するには、 show startup-config eem コマンドを使用します。

show startup-config eem

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、Embedded Event Manager(EEM)のスタートアップ コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show startup-config eem
!Command: show startup-config eem
!Time: Tue Feb 2 22:41:25 2010
!Startup config saved at: Thu Jan 21 08:39:42 2010
 
version 5.0(2)
switch#

show startup-config monitor

イーサネット スイッチド ポート アナライザ(SPAN)のスタートアップ コンフィギュレーションを表示するには、 show startup-config monitor コマンドを使用します。

show startup-config monitor

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、イーサネット SPAN のスタートアップ コンフィギュレーションに関する情報を表示する例を示します。

switch(config)# show startup-config monitor
!Command: show startup-config monitor
!Time: Tue Feb 2 22:42:07 2010
!Startup config saved at: Thu Jan 21 08:39:42 2010
 
version 5.0(2)
logging level monitor 6
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show monitor

イーサネット スイッチド ポート アナライザ(SPAN)に関する情報を表示します。

show running-config monitor

実行コンフィギュレーションを、スタートアップ コンフィギュレーションに表示します。

show startup-config netflow

NetFlow スタートアップ コンフィギュレーションを表示するには、 show startup-config netflow コマンドを使用します。

show startup-config netflow [ all ]

 
構文の説明

all

(任意)デフォルトの NetFlow スタートアップ コンフィギュレーションを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、NetFlow スタートアップ コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show startup-config netflow
 
!Command: show startup-config monitor
!Time: Tue Feb 2 22:42:07 2010
!Startup config saved at: Thu Jan 21 08:39:42 2010
 
version 5.0(2)
logging level monitor 6
 
switch(config)# show startup-config netflow
 
!Command: show startup-config netflow
!Time: Tue Feb 2 22:43:13 2010
!Startup config saved at: Thu Jan 21 08:39:42 2010
 
version 5.0(2)
feature netflow
 
flow exporter new_flow_1
version 5
flow exporter new_flow_2
version 9
flow exporter test
version 9
flow exporter Custom-Flow-Exporter-1
version 9
option exporter-stats timeout 1200
 
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config netflow

スイッチで現在実行されている NetFlow の設定に関する情報を表示します。

show startup-config ntp

ネットワーク タイム プロトコル(NTP)のスタートアップ コンフィギュレーションを表示するには、 show startup-config ntp コマンドを使用します。

show startup-config ntp [ all ]

 
構文の説明

all

(任意)NTP のスタートアップ コンフィギュレーションをすべて表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、NTP スタートアップ コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch(config)# show startup-config ntp
 
!Command: show startup-config ntp
!Time: Tue Feb 2 22:45:37 2010
!Startup config saved at: Thu Jan 21 08:39:42 2010
 
version 5.0(2)
ntp server 192.0.2.10 use-vrf Red
ntp peer 2001:db8::4101
ntp authenticate
ntp authentication-key 42 md5 dJmhwKzd 7
ntp trusted-key 42
ntp logging
ntp access-group peer NT_GLOBAL
 
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ntp source-interface

NTP 送信元インターフェイスに関する情報を表示します。

show running-config ntp

スイッチで現在実行されている NTP 設定に関する情報を表示します。

show startup-config snmp

スタートアップ簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)コンフィギュレーションを表示するには、 show startup-config snmp コマンドを使用します。

show startup-config snmp [ all ]

 
構文の説明

all

(任意)デフォルトのスタートアップ SNMP コンフィギュレーションを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、システムのスタートアップ SNMP コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch(config)# show startup-config snmp
 
!Command: show startup-config snmp all
!Time: Tue Feb 2 22:46:33 2010
!Startup config saved at: Thu Jan 21 08:39:42 2010
 
version 5.0(2)
snmp-server aaa-user cache-timeout 3600
snmp-server protocol enable
no snmp-server globalEnforcePriv
snmp-server tcp-session auth
snmp-server user admin network-admin auth md5 0x1dc65f45a9d8e41dbccd76380946d6c3
priv 0x1dc65f45a9d8e41dbccd76380946d6c3 localizedkey
snmp-server enable traps ospf rate-limit 10 7
snmp-server enable traps ospf foo rate-limit 10 7
no snmp-server enable traps bridge topologychange
no snmp-server enable traps bridge newroot
no snmp-server enable traps stpx inconsistency
no snmp-server enable traps stpx loop-inconsistency
no snmp-server enable traps stpx root-inconsistency
 
 
switch(config-port-monitor)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config snmp

SNMP の実行コンフィギュレーションを表示します。

show port-monitor active

アクティブなポート モニタ ポリシーを表示します。

show system cores

コア ファイル名を表示するには、 show system cores コマンドを使用します。

show system cores

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

すべての機能の情報を表示します。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者
ネットワーク オペレータ
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

システム コア ファイル名を設定するには、 system cores コマンドを使用します。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、システム コア ファイルの宛先情報を表示する例を示します。

switch# show system cores
Cores are transferred to slot0:
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

system cores

システム コア ファイル名を設定します。

show system error-id

コア ファイルの出力先情報を表示するには、 show system error-id コマンドを使用します。

show system error-id { error-number | list }

 
構文の説明

error-id

エラー番号。有効な範囲は 0x0 ~ 0xffffffff です。

list

すべてのシステム エラー メッセージについて、簡単な情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者
ネットワーク オペレータ
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、エラー メッセージの詳細な情報を表示する例を示します。

switch# show system error-id 0x1
 
Error Facility: (null)
Error Description: not enough memory
 

次に、すべてのエラー メッセージの簡単な情報を表示する例を示します。

switch# show system error-id list
 
Common errors:
0x00000000 (SYSERR_SUCCESS): "success".
0x00000001 (SYSERR_NOMEM): "not enough memory".
0x00000002 (SYSERR_PSS_ERROR): "error while accessing PSS".
0x00000003 (SYSERR_CMI_NO_RESPOSE_PAYLOAD): "no cmi response payload".
0x00000004 (SYSERR_CMI_NULL_RECEIVE_BUF): "null cmi receive buffer".
0x00000005 (SYSERR_MGMT_ERROR): "unknown error".
0x00000006 (SYSERR_MGMT_NO_ENTRY): "entry not present".
0x00000007 (SYSERR_MGMT_NO_OBJECT): "object not present".
...
 

show system memory-status

メモリ ステータス情報を表示するには、 show system memory-status コマンドを使用します。

show system memory-status

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

すべての機能の情報を表示します。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者
ネットワーク オペレータ
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、メモリ ステータス情報を表示する例を示します。

switch# show system memory-status
MemStatus: OK
 

show system pss shrink status

最後の永続ストレージ サービス(PSS)縮小ステータスを表示するには、 show system pss shrink status コマンドを使用します。

show system pss shrink status

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、最後の PSS 縮小ステータスを表示する例を示します。

switch(config)# show system pss shrink status
Last pss shrink started on: Tue May 12 08:08:30 2009
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show system pss shrink status details

最後の PSS 縮小ステータスの詳細を表示します。

show system pss shrink status details

最後の Persistent Storage Service(PSS; 永続ストレージ サービス)縮小ステータスの詳細を表示するには、 show system pss shrink status details コマンドを使用します。

show system pss shrink status details

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、最後の PSS 縮小ステータスの詳細を表示する例を示します。

switch(config)# show system pss shrink status details
Last pss shrink started on: Tue May 12 08:08:30 2009
 
VDC 1:
Service "aaa" in vdc 1: pss shrink completed successfully
Service "cert_enroll" in vdc 1: pss shrink completed successfully
Service "ExceptionLog" in vdc 1: pss shrink completed successfully
Service "psshelper_gsvc" in vdc 1: pss shrink not needed (defaultcb invoked)
Service "platform" in vdc 1: pss shrink completed successfully
Service "R2D2_usd" in vdc 1: pss shrink not needed (defaultcb invoked)
Service "radius" in vdc 1: pss shrink completed successfully
Service "securityd" in vdc 1: pss shrink not needed (defaultcb invoked)
Service "tacacs" in vdc 1: pss shrink completed successfully
Service "eigrp" in vdc 1: pss shrink request not sent
Service "isis" in vdc 1: pss shrink not needed (defaultcb invoked)
Service "isis_dce" in vdc 1: pss shrink request not sent
Service "isis_otv" in vdc 1: pss shrink request not sent
Service "ospf" in vdc 1: pss shrink request not sent
Service "ospfv3" in vdc 1: pss shrink request not sent
Service "rip" in vdc 1: pss shrink request not sent
Service "eigrp" in vdc 1: pss shrink request not sent
Service "isis" in vdc 1: pss shrink request not sent
Service "isis_dce" in vdc 1: pss shrink request not sent
Service "ospf" in vdc 1: pss shrink request not sent
Service "ospfv3" in vdc 1: pss shrink request not sent
Service "rip" in vdc 1: pss shrink request not sent
Service "eigrp" in vdc 1: pss shrink request not sent
Service "isis" in vdc 1: pss shrink request not sent
Service "isis_dce" in vdc 1: pss shrink request not sent
Service "ospf" in vdc 1: pss shrink request not sent
Service "ospfv3" in vdc 1: pss shrink request not sent
Service "rip" in vdc 1: pss shrink request not sent
Service "eigrp" in vdc 1: pss shrink request not sent
Service "isis" in vdc 1: pss shrink request not sent
Service "isis_dce" in vdc 1: pss shrink request not sent
Service "ospf" in vdc 1: pss shrink request not sent
Service "ospfv3" in vdc 1: pss shrink request not sent
Service "rip" in vdc 1: pss shrink request not sent
Service "acllog" in vdc 1: pss shrink completed successfully
Service "aclmgr" in vdc 1: pss shrink completed successfully
Service "adjmgr" in vdc 1: pss shrink not needed (defaultcb invoked)
Service "amt" in vdc 1: pss shrink request not sent
Service "arbiter" in vdc 1: pss shrink not needed (defaultcb invoked)
Service "arp" in vdc 1: pss shrink not needed (defaultcb invoked)
Service "ascii-cfg" in vdc 1: pss shrink not needed (defaultcb invoked)
Service "babycaesar" in vdc 1: pss shrink not needed (defaultcb invoked)
Service "bgp" in vdc 1: pss shrink not needed (defaultcb invoked)
Service "bios_daemon" in vdc 1: pss shrink request not sent
Service "bootup_test" in vdc 1: pss shrink request not sent
Service "bootvar" in vdc 1: pss shrink not needed (defaultcb invoked)
Service "callhome" in vdc 1: pss shrink not needed (defaultcb invoked)
Service "capability" in vdc 1: pss shrink completed successfully
Service "cardclient" in vdc 1: pss shrink not needed (defaultcb invoked)
Service "cdp" in vdc 1: pss shrink completed successfully
Service "cfs" in vdc 1: pss shrink completed successfully
Service "clis" in vdc 1: pss shrink not needed (defaultcb invoked)
Service "cmpproxy" in vdc 1: pss shrink completed successfully
Service "confcheck" in vdc 1: pss shrink completed successfully
--More--

 
関連コマンド

コマンド
説明

show system pss shrink status

最後の PSS 縮小ステータスを表示します。

show system reset-reason

デバイス上の各モジュールのリセット理由履歴を表示するには、 show system reset-reason コマンドを使用します。

show system reset-reason [ module slot | xbar xbar-number ]

 
構文の説明

module slot

(任意)I/O モジュールまたはスーパーバイザ モジュールの再起動理由を表示します。

xbar xbar-number

(任意)ファブリック モジュールの再起動理由を表示します。

 
デフォルト

スーパーバイザ モジュールのリセット理由を表示します。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドはデフォルトの仮想デバイス コンテキスト(VDC)内でのみ使用できます。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、スーパーバイザ モジュールのリセット理由履歴を表示する例を示します。

switch# show system reset-reason
----- reset reason for Supervisor-module 6 (from Supervisor in slot 6) ---
1) At 11151 usecs after Fri May 30 14:40:50 2008
Reason: Reset Requested by CLI command reload
Service:
Version: 4.0(2)
2) At 171083 usecs after Wed May 28 11:40:49 2008
Reason: Reset Requested by CLI command reload
Service:
Version: 4.0(2)
----- reset reason for Supervisor-module 5 (from Supervisor in slot 6) ---
1) No time
Reason: Unknown
Service:
Version:
2) No time
Reason: Unknown
Service:
Version:
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear system reset-reason

デバイスのリセット理由履歴をクリアします。

show system redundancy

システムの冗長性ステータスを表示するには、 show system redundancy コマンドを使用します。

show system redundancy [ ha ] status

 
構文の説明

ha

(任意)仮想デバイス コンテキスト(VDC)冗長ステータスを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次の例では、システム冗長性を表示する方法を示します。

switch# show system redundancy status
Redundancy mode
---------------
administrative: HA
operational: None
 
This supervisor (sup-1)
-----------------------
Redundancy state: Active
Supervisor state: Active
Internal state: Active with no standby
 
Other supervisor (sup-2)
------------------------
Redundancy state: Not present
switch#
 

次に、仮想デバイス コンテキスト(VDC)の冗長性ステータスを表示する例を示します。

switch# show system redundancy ha status
VDC No This supervisor Other supervisor
------ --------------- ---------------
 
vdc 1 Active with no standby N/A
vdc 2 Active with no standby N/A
vdc 3 Active with no standby N/A
vdc 4 N/A N/A
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

system switchover

スタンバイ スーパーバイザに切り替えます。

show system resources

システム リソースを表示するには、 show system resources コマンドを使用します。

show system resources

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、システム リソースを表示する例を示します。

switch(config)# show system resources
Load average: 1 minute: 0.00 5 minutes: 0.00 15 minutes: 0.0
Processes : 520 total, 1 running
CPU states : 0.0% user, 0.5% kernel, 99.5% idle
Memory usage: 4135616K total, 1642556K used, 2493060K free
1188K buffers, 731988K cache
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show processes cpu

デバイスのプロセスに対する CPU 使用率の情報を表示します。

show system standby manual-boot

システム スタンバイの手動ブート オプションのステータスを表示するには、 show system standby manual-boot コマンドを使用します。

show system standby manual-boot

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ
VDC 管理者
VDC オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、システム スタンバイの手動ブート オプションのステー