Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS システム管理コマンド リファレンス
新機能および変更された機能に関する情報
新機能および変更された機能に関する情報
発行日;2013/05/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

新機能および変更された機能に関する情報

新機能および変更された機能に関する情報

この章では、 Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS システム管理コマンド リファレンス の新機能および変更された機能に関するリリース固有の情報を示します。このマニュアルの最新バージョンは、次のシスコ Web サイトから入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/switches/datacenter/sw/6_0/nx-os/system_management/command/reference/sm_nx_os_book.html

Cisco NX-OS Release 6.0 に関する追加情報をチェックするには、次のシスコ Web サイトから入手可能な『 Cisco NX-OS Release Notes 』を参照してください。
http://www.cisco.com/en/US/docs/switches/datacenter/sw/6_0/nx-os/release/notes/6x_nx-os_release_note.html

表 1 では、Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS システム管理コマンド リファレンスにおける新機能および変更された機能を要約し、その参照先を示しています。

 

表 1 リリース 6.x の新機能および変更された機能

機能
説明
変更されたリリース
参照先

flow timeout

構文の説明および注意事項に、seconds 引数が追加されました。

6.1(2)

flow timeout

Energy Efficient Ethernet

このコマンドが導入されました。

6.1(2)

このコマンドが導入されました。

6.1(2)

このコマンドが導入されました。

6.1(2)

このコマンドが導入されました。

6.1(2)

header-type

このコマンドが導入されました。

6.1(1)

header-type

monitor erspan granularity

このコマンドが導入されました。

6.1(1)

monitor erspan granularity

mtu

6.1 以降では、MTU の切り捨てで ERSPAN セッションもサポートされます。

6.1(1)

mtu

sampling

このコマンドが導入されました。

6.1(1)

sampling

show flow timeout

コマンド出力が変更されました。

6.1(1)

show flow timeout

ptp source

vrf オプションは、Cisco NX-OS 6.1(1) リリースで廃止されました。

6.1(1)

ptp source

show monitor session

erspan-source セッションのコマンド出力が変更されました。

6.1(1)

show monitor session

NetFlow ハードウェア

show hrdware ip コマンドは、show hardware flow コマンドに変更されました。

6.0(1)

show hardware flow

Flexible Netflow

show flow monitor コマンドは、 show flow-sw monitor コマンドに変更されました。

6.0(1)

show flow sw-monitor

Callhome

HTTP プロキシ サーバを経由して HTTP メッセージを送信する機能が追加されました。

5.2(1)

transport http proxy enable
transport http proxy server

EEM イベント相関

単一の EEM ポリシーで複数のイベント トリガーのサポートが追加されました。

5.2(1)

tag

ロギング

システム メッセージ ログ内で、物理的イーサネット インターフェイスおよびサブインターフェイスに対して説明をサポートする機能が追加されました。

5.2(1)

logging message interface type ethernet description

ネットワーク タイム プロトコル

[no] ntp enable コマンドが [no] feature ntp コマンドに変更されました。

既存のタイム サーバと同期されていない場合でも NTP の正規サーバにデバイスを設定する機能が追加され、時間を配信できるようになりました。

5.2(1)

feature ntp
ntp master

高精度時間プロトコル

ネットワークに分散した時間同期プロトコル ノードである PTP のサポートが追加されました。このプロトコルは、他の時間同期プロトコルより高い精度を提供します。

5.2(1)

feature ptp
ptp announce
ptp delay-request minimum interval
ptp domain
ptp priority1
ptp priority1
ptp priority2
ptp source
ptp sync interval
ptp vlan
show ptp brief
show ptp clock
show ptp clock foreign-masters-record
show ptp corrections
show ptp parent
show ptp port
show ptp time-property

SPAN モニタ

各 SPAN セッションの MTU の切り捨て、ソース レート制限、およびマルチキャスト ベスト エフォート モードを設定する機能と、各 ERSPAN セッションの MTU の切り捨てとマルチキャスト ベスト エフォート モードを設定する機能が追加されました。

5.2(1)

mtu
multicast best-effort
rate-limit

Encapsulated Remote Switched Port Analyzer(ERSPAN)

ポート間トラフィック分析のために ERSPAN を設定しモニタできるようになりました。

5.1(1)

erspan-id
filter access-group
ip access-list
ip dscp
ip ttl
monitor erspan origin ip-address
monitor erspan granularity
vrf

AAA MSCHAP V2 認証

aaa authentication login default コマンドおよび show authentication コマンドに、 mschapv2 キーワードが追加されました。

4.2(1)

「A コマンド」
「show コマンド」

AAA アカウンティング ログ

show accounting コマンドに、 last-index キーワードおよび start-seqnum キーワードが追加されました。

4.2(1)

「A コマンド」
「show コマンド」

802.1x 認証

dot1x pae authenticator コマンドが追加されました。

4.2(1)

「D コマンド」

RADIUS 統計情報

clear radius-server statistics コマンドが追加されました。

4.2(1)

「C コマンド」

TACACS+ 統計情報

clear tacacs-server statistics コマンドが追加されました。

4.2(1)

「C コマンド」

TACACS+ コマンド許可

TACACS+ コマンドの認可をサポートするため、次のコマンドが追加されました。

aaa test authorization command-type

show aaa authorization

tacacs-server authorization command login default

tacacs-server authorization config-command login default

terminal verify-only

4.2(1)

「A コマンド」
「show コマンド」
「T コマンド」

ポート セキュリティ

ポートチャネル インターフェイス上でポート セキュリティをサポートするため、次のコマンドが変更されました。

clear port-security

switchport port-security

switchport port-security aging time

switchport port-security aging type

switchport port-security mac-address

switchport port-security mac-address sticky

switchport port-security maximum

switchport port-security violation

4.2(1)

「C コマンド」
「S コマンド」

IP ACL

IP ACL の処理中にフラグメント処理の最適化をサポートするため、 fragments コマンドが追加されました。

4.2(1)

「F コマンド」

MAC ACL

MAC パケットの分類をサポートするため、次のコマンドが追加または変更されました。

ip port access-group

ipv6 port traffic-filter

mac packet-classify

4.2(1)

「I コマンド」
「M コマンド」

シスコ ファブリック サービス

Cisco Fabric Services(CFS)は、コンフィギュレーションの変更を含むデータをネットワークのすべての Cisco NX-OS デバイスに配信します。

4.1(2)

abort(Call home)
cfs distribute
cfs ipv4
cfs ipv4
cfs region
commit(Call home)
distribute
show cfs application
show cfs lock
show cfs merge status
show cfs peers
show cfs regions
show cfs status
show tech-support cfs

イーサネット スイッチド ポート アナライザ

Cisco Ethernet スイッチド ポート アナライザ(SPAN)の宛先が、次の項目を許可して侵入検知をサポートするために拡張されました。

TCP パケット ストリームを中断するためのパケットの挿入

IDS の MAC アドレスを学習する転送エンジンのイネーブル化

4.1(2)

switchport monitor

Call Home

Call home は CFS を使用した設定の配布をサポートするように拡張されました。

4.1(2)

abort(Call home)
cfs distribute
cfs ipv4
cfs region
commit(Call home)
distribute
show cfs application
show cfs lock
show cfs merge status
show cfs peers
show cfs regions
show cfs status
show tech-support cfs

ロケータ LED

ロケータ LED は、システムで場所を特定しやすいように点滅するように設定できます。

4.1(2)

locator-led
show locator-led status

オンライン診断(GOLD)

Cisco のオンライン診断では、イベントの表示が可能となり、show module コマンドの出力で診断情報が表示されるようになりました。

4.1(2)

show diagnostic events
show module

Syslog

Syslog ファシリティは、AMT、CFS、DCBX、LISP、ルーティング IPv6 マルチキャスト、ルーティング マルチキャストを含むように更新されています

4.1(2)

システム メッセージ ロギング ファシリティ

NTP

ntp enable コマンドが追加されました。

4.0(3)

「N コマンド」

新しい show hardware fabric-utilization コマンド

ハードウェアのファブリック使用率を表示するコマンドが追加されます。

4.0(3)

「show コマンド」

SNMP

snmp-server aaa-user cache-timeout および snmp-server protocol コマンドが追加されました。

4.0(3)

「S コマンド」

SNMP - 複数インスタンス サポート

プロトコル インスタンスおよび仮想ルーティング/転送(VRF)インスタンスを含む、SNMP コンテキストから論理ネットワーク エンティティへのマッピングのためのコマンドが追加されます。

4.0(2)

「S コマンド」

新しい NetFlow の show コマンド

NetFlow ハードウェアのフローを表示するコマンドが追加されます。

4.0(2)

「show コマンド」