Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS インターフェイス コンフィギュレーション ガイド
新機能および変更された機能に関する情報
新機能および変更された機能に関する情報

新機能および変更された機能に関する情報

新機能および変更された機能に関する情報

以下の表に、このマニュアルで取り上げる新機能および変更された機能を要約し、各機能がサポートされているリリースを示します。 ご使用のソフトウェア リリースで、本書で説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の警告および機能情報については、https:/​/​tools.cisco.com/​bugsearch/​ の Bug Search Tool およびご使用のソフトウェア リリースのリリース ノートを参照してください。

表 1 新規および変更されたインターフェイス機能

機能

説明

変更されたリリース

GRE トンネル

F3 シリーズ モジュールのサポートが追加されました。

6.2(10)

トランク ポートでのネイティブ VLAN タギング

switchport trunk native vlan tag コマンドのサポートが追加され、vlan dot1q tag native コマンドに exclude control キーワードが追加されました。

6.2(10)

LAN シャットダウン

この機能をサポートするための shutdown lan コマンドが追加されました。

6.2(6)

物理ポート vPC を介した FCoE

この機能のサポートが追加されました。

6.2(6)

物理ポート vPC

vPC ピア デバイスの物理インターフェイス上の物理ポート vPC に対するサポートが追加されました。

6.2(6)

IPv6 スタティックの BFD

インターフェイス上の IPv6 スタティック ルートで BFD を設定するためのサポートが追加されました。

6.2(2a)

FEX

Cisco ファブリック エクステンダは、キュー マッピングへのホスト インターフェイス(HIF)および DSCP 上のレイヤ 3 プロトコル隣接関係をサポートします。 Cisco リリース 6.2(2) より前は、ファブリック エクステンダ(FEX)ポートをホスト接続のためのレイヤ 3 インターフェイスとして設定できますが、ルーティング用には設定できません。

6.2(2)

Error Disabled

エラー ディセーブル化リカバリおよび検出ランタイム情報を表示する機能が追加されました。

6.2(2)

インターフェイス ステータス エラー ポリシーの表示

ポリシー プログラミング中にエラーを受信する、インターフェイスおよび VLAN に関する情報を表示できます。

6.2(2)

インターフェイスから SNMP カウンタをクリア

インターフェイスから SNMP カウンタをクリアする機能が追加されました。

6.2(2)

SVI 自動ステートのディセーブル化

対応する VLAN にアップしているインターフェイスがない場合でも、SVI がアップしたままを許可することで SVI 自動ステート動作をディセーブルにできます。

6.2(2)

IPv6 での BFD

IPv6 での BFD のサポートが追加されました。

6.2(2)

OSPFv3 での BFD

OPSPv3 での BFD のサポートが追加されました。

6.2(2)

IS-ISv6 での BFD

IS-ISv6 での BFD のサポートが追加されました。

6.2(2)

非対称

F2 または F2e モジュールのハッシュ機構を非対称に変更できます(デフォルトでは対称です)。それにより、双方向転送時に発生するトラフィック ドロップを防止し、ロード バランシングを改善することができます。

6.2(2)

モード自動コマンド

特定のコマンドを同時にイネーブルにできます。

6.2(2)

マルチキャスト ロード バランス

両方の vPC パスがアップしているときに 2 つのピアが部分的に指定フォワーダになることを許可します。

6.1(3)

Result Bundle Hash ロード バランシング

ポート チャネル全体のロード バランシングを改善するための RBH モジュロ モードのサポートが追加されました。

6.1(3)

FEX ファブリック ポート チャネル用最少リンク数

FEX ファブリック ポート チャネルのリンクの最小数を設定する機能が追加されました。

6.1(3)

低速ドレイン デバイスの検出と輻輳回避

低速ドレイン デバイスの検出機能のサポートが追加されました。

6.1(1)

F2 シリーズおよび M2 シリーズ モジュールの BFD サポート

F2 シリーズおよび M2 シリーズ モジュールのサポートが追加されました。

6.1(1)

リリース 5.2(1) 以降変更なし。

-

-

ファブリック エクステンダ(FEX)

ファブリック エクステンダのポートには、ホスト接続に関するレイヤ 3 サポートがあり、vPC はファブリック エクステンダ(ホスト vPC)から設定できます。

5.2(1)

BFD SHA1 認証

BFD パケットの SHA-1 認証をサポートします。

5.2(1)

デフォルト インターフェイス

複数のインターフェイス タイプの既存の設定をクリアできます。

5.2(1)

SVI 自動ステート除外

VLAN に複数のポートがあるときに、VLAN インターフェイスのリンクアップ計算からポートを除外できます。

5.2(1)

vPC

自動リカバリ サポートを設定し、VLAN 一貫性障害、FabricPath 設定サポートおよび Cisco 2000 シリーズ ファブリック エクステンダへの vPC 接続へ MST のシステム表示を提供します。

5.2(1)

レート制限

スーパーバイザに到達するパケットのレート制限を設定します。

5.1(1)

Nexus シャーシのインバンド管理

シャーシ内に F1 シリーズ モジュールのみがある場合に、Cisco Nexus 7000 スイッチのインバンド管理を設定します。

5.1(1)

ポート チャネルの F1 シリーズ モジュールおよび M1 シリーズ モジュール

F シリーズ モジュールのポート チャネルへの 16 個のアクティブ ポートの同時バンドリングをサポートします。 M シリーズ モジュールでは、最大 8 個のアクティブ ポートと 8 個のスタンバイ ポートをバンドルすることができます。

5.1(1)

LACP ポートチャネルの最小リンクおよび MaxBundle

LACP ポートチャネルの最小リンクおよび LACP ポートチャネル maxbundle を設定します。

5.1(1)

BFD

ネットワークのプロファイリングおよびプランニングを簡単にし、再コンバージェンス時間の一貫性を保ち、予測可能にします。

5.0(2)

Q-in-Q トンネリング

使用できる VLAN がすべて提供されながらも異なるカスタマーのトラフィックを分離することができます。

5.0(2)

vPC および STP コンバージェンス

ピアが機能を停止したときのスイッチでの vPC 起動をサポート。 vPC スイッチ ペアがレイヤ 2 トポロジ内で 1 つの STP ルートとして現れるようにします。

5.0(2)