Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS IP SLA コンフィギュレーション ガイド、リリース 6.x
IP SLA DNS 動作の設定
IP SLA DNS 動作の設定

IP SLA DNS 動作の設定

この章では、IP サービス レベル契約(SLA)の DNS 動作機能について説明します。

この章の内容は、次のとおりです。

IP SLA DNS 動作

ここでは、DNS 要求を送信するのに要する時間と応答を受信するのに要する時間の差異を測定するために IP SLA DNS 動作を設定する方法について説明します。

IP SLA DNS 動作に関する注意事項と制約事項

  • IP SLA DNS 動作では、IPv6 はサポートされていません。

DNS 動作

DNS 動作では、DNS 要求を送信するのに要する時間と、応答を受信するのに要する時間の差異を測定します。 DNS は、ネットワーク ノードの名前をアドレスに変換するためにインターネットで使用されます。 IP SLA DNS 動作は、ホスト名を指定した場合は IP アドレスを問い合わせ、IP アドレスを指定した場合はホスト名を問い合わせます。

以下の図では、デバイス B が送信元 IP SLA デバイスとして設定され、宛先デバイスを DNS サーバとする DNS 動作が設定されています。

図 1. DNS 動作

要求を DNS サーバに送信するのに要する時間とデバイス B が応答を受信するのに要する時間の差異を測定することにより、接続応答時間が算出されます。 計算された DNS ルックアップ時間を使用して DNS パフォーマンスを分析できます。 DNS ルックアップ時間が短いということは、Web サーバ アクセスが高速であるということです。

送信元デバイスでの基本 DNS 動作の設定

手順
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 configure terminal


    例:
    switch# configure terminal
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します

     
    ステップ 2 ip sla operation-number


    例:
    switch(config)# ip sla 10
     

    IP SLA 動作の設定を開始し、IP SLA コンフィギュレーション モードに移行します。

     
    ステップ 3 dns {destination-ip-address | destination-hostname} name-server ip-address [source-ip {ip-address | hostname} source-port port-number]


    例:
    switch(config-ip-sla)# dns host1 name-server 172.20.2.132
     

    DNS 動作を定義し、IP SLA DNS コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 4 frequency seconds


    例:
    switch(config-ip-sla-dns)# frequency 60
     

    (任意)指定した IP SLA 動作を繰り返す間隔を設定します。

     
    ステップ 5 end


    例:
    switch(config-ip-sla-dns)# end
     

    特権 EXEC モードに戻ります。

     

    送信元デバイスでのオプション パラメータを使用した DNS エコー動作の設定

    手順
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1 configure terminal


      例:
      switch# configure terminal
       

      グローバル コンフィギュレーション モードを開始します

       
      ステップ 2 ip sla operation-number


      例:
      switch(config)# ip sla 10
       

      IP SLA 動作の設定を開始し、IP SLA コンフィギュレーション モードに移行します。

       
      ステップ 3 dns {destination-ip-address | destination-hostname} name-server ip-address [source-ip {ip-address | hostname} source-port port-number]


      例:
      switch(config-ip-sla)# dns host1 name-server 172.20.2.132
       

      DNS 動作を定義し、IP SLA DNS コンフィギュレーション モードを開始します。

       
      ステップ 4 history buckets-kept size


      例:
      switch(config-ip-sla-dns)# history buckets-kept 25
       

      (任意)IP SLA 動作のライフタイム中に保持する履歴バケット数を設定します。

       
      ステップ 5 history distributions-of-statistics-kept size


      例:
      switch(config-ip-sla-dns)# history distributions-of-statistics-kept 5
       

      (任意)IP SLA 動作中にホップ単位で保持する統計情報の配信数を設定します。

       
      ステップ 6 history filter{none | all | overThreshold | failures}


      例:
      switch(config-ip-sla-dns)# history filter failures
       

      (任意)IP SLA 動作の履歴テーブルに格納する情報のタイプを定義します。

       
      ステップ 7 frequency seconds


      例:
      switch(config-ip-sla-dns)# frequency 30
       

      (任意)指定した IP SLA 動作を繰り返す間隔を設定します。

       
      ステップ 8 history hours-of-statistics-kept hours


      例:
      switch(config-ip-sla-dns)# history hours-of-statistics-kept 4
       

      (任意)IP SLA 動作の統計情報を維持する時間数を設定します。

       
      ステップ 9 history lives-kept lives


      例:
      switch(config-ip-sla-dns)# history lives-kept 2
       

      (任意)IP SLA 動作の履歴テーブルに維持するライフ数を設定します。

       
      ステップ 10 owner owner-id


      例:
      switch(config-ip-sla-dns)# owner admin
       

      (任意)IP SLA 動作の簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)所有者を設定します。

       
      ステップ 11 history statistics-distribution-interval milliseconds


      例:
      switch(config-ip-sla-dns)# history statistics-distribution-interval 10
       

      (任意)IP SLA 動作に関して維持する各統計情報の配信間隔を設定します。

       
      ステップ 12 tag text


      例:
      switch(config-ip-sla-dns)# tag TelnetPollServer1 
       

      (任意)IP SLA 動作のユーザ指定 ID を作成します。

       
      ステップ 13 threshold milliseconds


      例:
      switch(config-ip-sla-dns)# threshold 9000
       

      (任意)IP SLA 動作によって作成されるネットワーク モニタリング統計情報を計算するための上限しきい値を設定します。

       
      ステップ 14 timeout milliseconds


      例:
      switch(config-ip-sla-dns)# timeout 10000 
       

      (任意)IP SLA 動作がその要求パケットからの応答を待機する時間を設定します。

       
      ステップ 15 end


      例:
      switch(config-ip-sla-dns)# end
       

      特権 EXEC モードに戻ります。

       

      IP SLA 動作のスケジューリング


      (注)  


      • スケジュールするすべての IP SLA 動作がすでに設定されている必要があります。
      • 複数動作グループでスケジュールされたすべての動作の頻度が同じでなければなりません。
      • 複数動作グループに追加する 1 つ以上の動作 ID 番号のリストは、カンマ(,)を含めて最大 125 文字に制限されます。

      手順
         コマンドまたはアクション目的
        ステップ 1 configure terminal


        例:
        switch# configure terminal
         

        グローバル コンフィギュレーション モードを開始します

         
        ステップ 2 次のいずれかを使用します。
        • ip sla schedule operation-number [life {forever | seconds}] [start-time {[hh:mm:ss] [month day | day month] | pending | now | after hh:mm:ss}] [ageout seconds] [recurring]
        • ip sla group schedule group-operation-number operation-id-numbers {schedule-period schedule-period-range | schedule-together} [ageout seconds] [frequency group-operation-frequency] [life {forever | seconds}] [start-time {hh:mm[:ss] [month day | day month] | pending | now | after hh:mm[:ss]}]


        例:
        switch(config)# ip sla schedule 10 life forever start-time now


        例:
        switch(config)# ip sla group schedule 1 3,4,6-9 life forever start-time now 
         

        個々の IP SLA 動作のスケジューリング パラメータを設定します。

        複数動作スケジューラ用に IP SLA 動作グループ番号と動作番号の範囲を指定します。

         
        ステップ 3 exit


        例:
        switch(config)# exit
         

        特権 EXEC モードに戻ります。

         
        ステップ 4 show ip sla group schedule


        例:
        switch# show ip sla group schedule
         

        (任意)IP SLA グループ スケジュールの詳細を表示します。

         
        ステップ 5 show ip sla configuration


        例:
        switch# show ip sla configuration
         

        (任意)IP SLA 設定の詳細を表示します。

         

        DNS 動作の設定例

        以下に、「DNS 動作」の項の図「DNS 動作」に示されているように、デバイス B から DNS サーバ(IP アドレス 172.20.2.132)への DNS 動作を設定する例を示します。 動作は、ただちに開始されるようにスケジュールされます。 この例では、ターゲット アドレスはホスト名であり、DNS 動作はホスト名 host1 に関連付けられた IP アドレスを DNS サーバに問い合わせます。 DNS サーバでの設定は必要ありません。

        ip sla 11
         dns host1 name-server 172.20.2.132
         frequency 50
         timeout 8000
         tag DNS-Test
        ip sla schedule 11 start-time now

        送信元デバイスでの基本 DNS 動作の設定例

        以下に、送信元デバイスでの基本 DNS 動作を設定する例を示します。

        switch# configure terminal
        switch(config)# ip sla 10
        switch(config-ip-sla)# dns host1 name-server 172.20.2.132
        switch(config-ip-sla-dns)# frequency 60
        switch(config-ip-sla-dns)# end

        送信元デバイスでのオプション パラメータを使用した DNS 動作の設定例

        以下に、送信元デバイスで最適なパラメータを使用して DNS 動作を設定する例を示します。

        switch# configure terminal
        switch(config)# ip sla 10
        switch(config-ip-sla)# dns host1 name-server 172.20.2.132
        switch(config-ip-sla-dns)# history buckets-kept 25
        switch(config-ip-sla-dns)# history distributions-of-statistics-kept 5
        switch(config-ip-sla-dns)# history filter failures
        switch(config-ip-sla-dns)# frequency 30
        switch(config-ip-sla-dns)# history hours-of-statistics-kept 4
        switch(config-ip-sla-dns)# history lives-kept 2
        switch(config-ip-sla-dns)# owner admin
        switch(config-ip-sla-dns)# history statistics-distribution-interval 10
        switch(config-ip-sla-dns)# tag TelnetPollServer1 
        switch(config-ip-sla-dns)# threshold 9000
        switch(config-ip-sla-dns)# timeout 10000
        switch(config-ip-sla-dns)# end
        

        IP SLA 動作のスケジューリング設定例

        以下に、IP SLA 動作をスケジュールする例を示します。

        switch# configure terminal
        switch(config)# ip sla schedule 10 life forever start-time now
        switch(config)# exit
        switch# show ip sla group schedule
        switch# show ip sla configuration

        IP SLA DNS 動作の機能履歴

        この表には、機能が追加または変更されたリリースの更新のみが含まれています。

        表 1 IP SLA DNS 動作の機能履歴
        機能名 リリース 機能情報

        IP SLA DNS 動作

        6.2(2)

        この機能が導入されました。