Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS SAN スイッチング設定ガイド
はじめに
はじめに
発行日;2012/10/12   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

はじめに

ここでは、『Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS SAN スイッチング設定ガイド』の対象読者、構成、および表記法について説明します。 また、関連マニュアルの入手方法についても説明します。

対象読者

このマニュアルは、Cisco NX-OS 7000 シリーズ スイッチと Cisco Nexus 2000 シリーズ ファブリック エクステンダの設定とメンテナンスを行う経験豊富なネットワーク管理者を対象としています。

マニュアルの構成

このマニュアルは、次の章で構成されています。

説明
概要 このマニュアルで説明するすべての機能について概要を示します。
ドメイン パラメータの設定 ドメイン パラメータ、ドメイン ID、および FC ID の設定情報について説明します。
NPIV の設定 N ポート インターフェイス バーチャライゼーショを設定する方法について説明します。
VSAN トランキングの設定 TE ポートとトランキングの概念、VSAN トランキングの設定方法、およびトランキング プロトコルをイネーブルにする方法について説明します。
VSAN の設定と管理 仮想 SAN(VSAN)の仕組み、デフォルト VSAN の概念、分離された VSAN、VSAN ID、および属性について説明し、VSAN の作成、削除、および表示方法の詳細を示します。
DPVM ポートに VSAN を動的に割り当てる方法について説明します。
ゾーンの設定と管理 さまざまなゾーン分割の概念を定義し、ゾーン セットおよびゾーン管理機能の設定に関する詳細を示します。
デバイス エイリアスの配信サービス 配信デバイス エイリアス サービス(デバイス エイリアス)を使用したファブリック全体でのデバイス エイリアス名の配信について説明します。
ファイバ チャネル ルーティング サービスおよびプロトコルの設定 ファイバ チャネル ルーティング サービスおよびプロトコルの詳細情報と設定情報を示します。
FLOGI、ネーム サーバ、FDMI、および RSCN データベースの管理 ストレージ デバイスの管理および Registered State Change Notification(RSCN)データベースの表示に必要となる、ネーム サーバおよびファブリックのログインの詳細について詳述します。
拡張ファイバ チャネル機能および概念 高度な設定機能(タイムアウト値、fctrace、Fabric Analyzer、WWN の設定、フラット FC ID、ループ モニタリング、およびスイッチの相互運用)について説明します。
FC-SP および DHCHAP の設定 DHCHAP プロトコルについて説明します。これは、SAN スイッチと他のデバイスの間で認証を提供する FC-SP プロトコルです。
ポート セキュリティの設定 Cisco SAN スイッチのスイッチ ポートへの不正アクセスを防止するポート セキュリティ機能について詳細に説明します。
ファブリック バインディングの設定 VSAN のファブリック バインディング セキュリティ機能(特定のスイッチ間のみで ISL をイネーブルにする機能)について説明します。
ポート トラッキングの設定 ポート トラッキング機能について説明し、ポート トラッキングのイネーブル化とリンク対象ポートの設定に関する情報を提供します。
IVR IVR と IVR 配信をイネーブルにする方法について説明します。
IVR NAT と自動トポロジ IVR NAT および自動トポロジを設定する方法について説明します。

表記法

コマンドの説明には、次のような表記法が使用されます。

表記法 説明
bold

太字の文字は、表示どおりにユーザが入力するコマンドおよびキーワードです。

italic

イタリック体の文字は、ユーザが値を入力する引数です。

[x]

角カッコで囲まれているものは、省略可能な要素(キーワードまたは引数)です。

[x | y]

いずれか 1 つを選択できる省略可能なキーワードや引数は、角カッコで囲み、縦棒で区切って示しています。

{x | y}

必ずいずれか 1 つを選択しなければならない必須キーワードや引数は、波カッコで囲み、縦棒で区切って示しています。

[x {y | z}]

角カッコまたは波カッコが入れ子になっている箇所は、任意または必須の要素内の任意または必須の選択肢であることを表します。 角カッコ内の波カッコと縦棒は、省略可能な要素内で選択すべき必須の要素を示しています。

variable

ユーザが値を入力する変数であることを表します。イタリック体が使用できない場合に使用されます。

string 引用符を付けない一組の文字。 string の前後には引用符を使用しません。引用符を使用すると、その引用符も含めて string とみなされます。

例では、次の表記法を使用しています。

表記法 説明
screen フォント

スイッチが表示する端末セッションおよび情報は、screen フォントで示しています。

太字の screen フォント

ユーザが入力しなければならない情報は、太字の screen フォントで示しています。

イタリック体の screen フォント

ユーザが値を指定する引数は、イタリック体の screen フォントで示しています。

< >

パスワードのように出力されない文字は、山カッコ(< >)で囲んで示しています。

[ ]

システム プロンプトに対するデフォルトの応答は、角カッコで囲んで示しています。

!、#

コードの先頭に感嘆符(!)またはポンド記号(#)がある場合には、コメント行であることを示します。

このマニュアルでは、次の表記法を使用しています。


(注)  


注釈」です。 役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。



注意    


要注意」の意味です。 機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。


マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『What's New in Cisco Product Documentation』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation』は Really Simple Syndication(RSS)フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。 RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。