Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS SAN スイッチング設定ガイド
永続的 FCID
永続的 FCID
発行日;2012/10/12   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

永続的 FCID

永続的 FCID に関する情報

FC ID の永続性によって、IVR 管理を容易にする次の機能が提供されます。

  • ネイティブ VSAN で使用する特定の仮想ドメインを割り当てて管理できます。
  • デバイス専用の仮想 FC ID を割り当てて管理ができます。

IVR の永続的 FC ID のメリットを次に示します。

  • ホスト デバイスは、常に、同じ FC ID でターゲットを識別できます。
  • FC ID では、IVR が使用する仮想ドメインを割り当てることで、SAN レイアウトをより適切に計画できます。
  • SAN モニタリングと管理が容易になります。 一貫して同じドメインまたは FC ID が割り当てられている場合、参照先のネイティブ VSAN やデバイスを容易に識別できます。

ライセンス要件

製品 ライセンス
Cisco Nexus 7000 シリーズ IVR では、F シリーズ モジュールごとに FCoE のライセンスが必要です。 ストレージ VDC でイネーブルにされた FCoE では、Advanced Services ライセンスは不要です。

また、IVR ではストレージ エンタープライズ ライセンスが必要です。

Cisco NX-OS ライセンス方式の詳細と、ライセンスの取得および適用の方法については、『Cisco NX-OS Licensing Guide』を参照してください。

永続的 FCID の注意事項と制約事項

永続的 IVR FC ID に対して、次の 2 種類のデータベース エントリを設定できます。

  • 仮想ドメイン エントリ
  • 仮想 FC ID エントリ

仮想ドメイン エントリには、特定の VSAN(現在の VSAN)内のネイティブ VSAN を表すために使用すべき仮想ドメインが格納されます。 仮想ドメイン エントリには、次の情報が格納されます。

  • ネイティブ AFID
  • ネイティブ VSAN
  • 現在の AFID
  • 現在の VSAN
  • 現在の AFID および VSAN 内のネイティブ AFID および VSAN で使用する仮想ドメイン

仮想 FC ID エントリには、特定の VSAN(現在の VSAN)内のデバイスを表すために使用すべき仮想 FC ID が格納されます。 仮想 FC ID エントリには、次の情報が格納されます。

  • Port WWN
  • 現在の AFID
  • 現在の VSAN
  • 現在の AFID および VSAN 内で特定の pWWN のデバイスを表すために使用する仮想 FC ID

IVR の永続的 FC ID を使用する場合は、IVR ゾーン セット内のすべてのデバイスに対して永続的 FC ID を使用することを推奨します。 一部の IVR デバイスに対して永続的 FC ID を使用し、その他のデバイスに対して自動割り当てを使用することは推奨できません。

IVR 永続的 FC ID を使用するには、IVR NAT をイネーブルにする必要があります。

IVR NAT 設定で、IVR トポロジ内の 1 つの VSAN に静的ドメイン ID が設定されている場合は、その VSAN にエクスポート可能な IVR ドメインにも静的ドメインを割り当てる必要があります。

デフォルト設定値

パラメータ デフォルト
IVR 機能 ディセーブル
IVR NAT ディセーブル
IVR 配信 ディセーブル
IVR 自動トポロジ ディセーブル
IVR VSAN 仮想ドメインに追加されない
IVR ゾーンの QoS

永続的 FCID の設定

手順の概要

    1.    ivr fcdomain database autonomous-fabric-num fabric-num vsan vsan-id

    2.    native-autonomous-fabric-num fabric-num native-vsan vsan-id domain domain-id

    3.    pwwn pwwn fcid fcid

    4.    device-alias alias-name fcid fcid


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1ivr fcdomain database autonomous-fabric-num fabric-num vsan vsan-id


    例:
    switch(config)# ivr fcdomain database autonomous-fabric-num 21 vsan 22
    switch(config-fcdomain)#
     

    現在の AFID および VSAN の IVR fcdomain データベース コンフィギュレーション サブモードを開始します。

     
    ステップ 2native-autonomous-fabric-num fabric-num native-vsan vsan-id domain domain-id


    例:
    switch(config-fcdomain)# native-autonomous-fabric-num 20 native-vsan 11 domain 12
    switch(config-fcdomain-db)#
     

    ネイティブ AFID、ネイティブ VSAN、およびドメインのデータベース エントリを追加するか置き換えて、IVR fcdomain FC ID コンフィギュレーション サブモードを開始します。 すべての対応する永続的 FC ID エントリのドメインが存在する場合は、これらのドメインも設定済みドメイン ID に変更されます。

     
    ステップ 3pwwn pwwn fcid fcid


    例:
    switch(config-fcdomain-db)# pwwn 11:22:33:44:55:66:77:88 fcid 0x114466
     

    FC ID に pWWN をマップするためにデータベース エントリを追加または置換します。

     
    ステップ 4device-alias alias-name fcid fcid


    例:
    switch(config-fcdomain-db)# device-alias SampleName fcid 0x123456
     

    FC ID にデバイス エイリアスをマップするためにデータベース エントリを追加します。

     

    IVR 設定の確認

    IVR の設定を表示するには、次のいずれかの作業を行います。

    コマンド

    目的

    show ivr

    IVR 設定のステータスを表示します。

    show ivr diagnostics

    IVR の診断に関する情報を表示します。

    show ivr merge status

    最後の IVR 結合イベントに関する情報を表示します。

    show ivr pending

    IVR 保留データベースに関する情報を表示します。

    show ivr pending-diff

    保留データベースとコンフィギュレーション データベースの差異を表示します。

    show ivr vsan-topology [active | configured]

    IVR VSAN トポロジを表示します。

    show ivr session status

    IVR CFS セッションに関する情報を表示します。

    show ivr virtual-domains

    すべてのローカル VSAN の IVR 仮想ドメインに関する情報を表示します。

    show ivr zone

    IVR ゾーンに関する情報を表示します。

    show ivr zoneset

    IVR ゾーン セットに関する情報を表示します。

    show ivr service-group active

    アクティブなサービス グループに関する情報を表示します。
    show ivr service-group configured 設定されたサービス グループに関する情報を表示します。
    show autonomous-fabric-id database AFID に関する情報を表示します。
    show ivr virtual-fcdomain-add-status IVR 仮想ドメイン設定のステータスを表示します。

    機能の履歴

    表 1  機能履歴 IVR

    機能名

    リリース

    機能情報

    IVR

    5.2(1)

    この機能が導入されました。