Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS SAN スイッチング設定ガイド
IVR ゾーンとゾーン セット
IVR ゾーンとゾーン セット
発行日;2012/10/12   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

IVR ゾーンとゾーン セット

IVR ゾーンとゾーン セットに関する情報

IVR 設定の一部として、1 つ以上の IVR ゾーンを設定して、VSAN 間通信をイネーブルにする必要があります。 そのためには、各 IVR ゾーンを(pWWN、VSAN)エントリの集合として指定する必要があります。 ゾーンと同様に、複数の IVR ゾーン セットが 1 つの IVR ゾーンに属するように設定できます。 複数の IVR ゾーン セットを定義して、そのうちの 1 つのみをアクティブにできます。


(注)  


同じ IVR ゾーン セットは、すべての IVR 対応スイッチ上でアクティブにする必要があります


表 1 IVR ゾーンとゾーンの主な相違点
IVR ゾーン ゾーン
IVR ゾーン メンバーシップは、VSAN と pWWN の組み合わせを使用して指定します。 ゾーン メンバーシップは、pWWN、ファブリック WWN、sWWN、または AFID を使用して指定します。
デフォルト ゾーン ポリシーは常に deny です(設定不可)。 デフォルト ゾーン ポリシーは deny です(設定可能)。

IVR 設定の一部として、1 つ以上の IVR ゾーンを設定して、VSAN 間通信をイネーブルにする必要があります。 そのためには、各 IVR ゾーンを(pWWN、VSAN)エントリの集合として指定する必要があります。 IVR ゾーンは 1 つ以上の IVR ゾーン セットのメンバにできるため、複数の IVR ゾーン セットに同じ IVR ゾーンを含めることができます。

IVR ゾーンの自動作成

pwwn1 と pwwn2 が通信できるようにするには、これらのメンバが VSAN 1 と VSAN 2 で同じゾーンに属している必要があります。 同じゾーンに属していない場合は、ハード ゾーン分割 ACL エントリによって、pwwn1 と pwwn2 の通信が禁止されます。

アクティブ IVR ゾーンで指定されたエッジ VSAN ごとに、各アクティブ IVR ゾーンに対応するゾーンが自動的に作成されます。 IVR ゾーン内のすべての pWWN が、各 VSAN 内のゾーンのメンバです。

図 1. IVR ゾーンのアクティベーション時のゾーン作成

IVR ゾーン セットがアクティブになると、IVR プロセスによって自動的にゾーンが作成されます。 作成されたゾーンはフル ゾーン セット データベースに格納されないため、スイッチを再起動するか、新規ゾーン セットがアクティブになると失われます。 IVR 機能がこれらのイベントをモニタして、新規ゾーン セットがアクティブになると、アクティブ IVR ゾーン セット設定に対応するゾーンを追加します。 ゾーン セットと同様に、IVR ゾーン セットも中断することなくアクティブになります。


(注)  


pwwn1 と pwwn2 が現在の IVR ゾーン セットと新規 IVR ゾーン セット内の IVR ゾーンに含まれている場合は、新規 IVR ゾーン セットがアクティブになっても、これらの間のトラフィックは中断されません。


pwwn1 と pwwn2 が現在の IVR ゾーン セットと新規 IVR ゾーン セット内の IVR ゾーンに含まれている場合は、新規 IVR ゾーン セットがアクティブになっても、これらの間のトラフィックは中断されません。

デフォルト設定値

パラメータ デフォルト
IVR 機能 ディセーブル
IVR NAT ディセーブル
IVR 配信 ディセーブル
IVR 自動トポロジ ディセーブル
IVR VSAN 仮想ドメインに追加されない
IVR ゾーンの QoS

ライセンス要件

製品 ライセンス
Cisco Nexus 7000 シリーズ IVR では、F シリーズ モジュールごとに FCoE のライセンスが必要です。 ストレージ VDC でイネーブルにされた FCoE では、Advanced Services ライセンスは不要です。

また、IVR ではストレージ エンタープライズ ライセンスが必要です。

Cisco NX-OS ライセンス方式の詳細と、ライセンスの取得および適用の方法については、『Cisco NX-OS Licensing Guide』を参照してください。

注意事項および制約事項

interop モードがイネーブルになっている場合は、次の IVR 設定に関する注意事項を考慮してください。

  • メンバのネイティブ VSAN が interop モードの場合(interop モードが 2、3、または 4 の場合)は、ReadOnly、QoS 属性、および LUN ゾーン分割が許可されません。
  • メンバの VSAN がすでに interop モードになっている状態で、ReadOnly、QoS 属性、または LUN ゾーン分割を設定しようとすると、その設定が許可されていないことを示す警告メッセージが表示されます。
  • ReadOnly、QoS 属性、または LUN ゾーン分割を設定してから、メンバの VSAN interop モードを変更した場合は、その設定が許可されていないことを示す警告メッセージが表示されます。 その後で設定を変更するように促されます。
次に、ReadOnly、QoS 属性、および LUN ゾーン分割に影響を与える設定変更を行った場合に表示される警告メッセージの例を示します。
switch(config)# vsan database
switch(config-vsan-db)# vsan 2
switch(config-vsan-db)# vsan 2 interop 2
switch(config-vsan-db)# exit

switch(config)# ivr zoneset name ivr_zs1 
switch(config-ivr-zoneset)# zone name ivr_z1 
switch(config-ivr-zoneset-zone)# member pwwn 21:00:00:14:c3:3d:45:22 
lun 0x32 vsan 2 
VSAN is in interop mode, and LUN zoning cannot be set.

switch(config)# ivr zoneset name ivr_zs1 
switch(config-ivr-zoneset)# zone name ivr_z1 
switch(config-ivr-zoneset-zone)# member pwwn 21:00:00:14:c3:3d:45:22 vsan 2 
switch(config-ivr-zoneset-zone)# attribute read-only 
VSAN is in interop mode and zone member has been configured, zone cannot be set to READ-ONLY.
switch(config-ivr-zoneset-zone)# attribute qos priority medium 
VSAN is in interop mode and zone member has been configured, 
QoS cannot be assigned to zone.

IVR ゾーンとゾーン セットの設定

IVR ゾーンの設定

はじめる前に

  • 正しいストレージ ベースの VDC が表示されていることを確認します。
  • IVR 機能がイネーブルになっていることを確認します。
手順の概要

    1.    configure terminal

    2.    ivr zone name zonename

    3.    member pwwn pwwn vsan vsan-id

    4.    (任意) show ivr pending-diff

    5.    (任意) show ivr zone

    6.    (任意) ivr commit


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1configure terminal


    例:
    switch# configure terminal
    switch(config)#
     

    コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 2ivr zone name zonename


    例:
    switch(config)# ivr zone name sample_vsan2-3
    switch(config-ivr-zone)#
     

    IVR ゾーンを作成し、IVR ゾーン コンフィギュレーション モードを開始します。 zonename は、59 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

     
    ステップ 3member pwwn pwwn vsan vsan-id


    例:
    switch(config-ivr-zone)# member pwwn 21:00:00:20:37:c8:5c:6b vsan 2
     

    IVR ゾーン メンバとして VSAN 2 で指定された pWWN を追加します。 pwwn は、コロンで区切られた 16 進形式です。 VSAN の範囲は 1 ~ 4093 です。

     
    ステップ 4show ivr pending-diff


    例:
    switch(config-ivr-zone)# show ivr pending-diff
     
    (任意)

    IVR データベースに対する保留中の変更に関する情報を表示します。 これは、まだコミットされていない変更を表示します。

     
    ステップ 5show ivr zone


    例:
    switch(config-ivr-zone)# show ivr zone
     
    (任意)

    アクティブ ゾーン データベースのゾーンに関する情報を表示します。

     
    ステップ 6ivr commit


    例:
    switch(config-ivr-zone)# ivr commit
     
    (任意)

    IVR に対する保留中の変更をすべてアクティブ IVR データベースにコミットし、ファブリック内のすべての IVR 対応スイッチにこれらの変更を配信します。

     
    次の作業

    これらの変更内容を永続的に行い、ファブリック内のすべての IVR 対応スイッチに変更を配信するには、IVR の変更をコミットする必要があります。

    IVR ゾーン セットの設定

    はじめる前に

    • 正しいストレージ ベースの VDC が表示されていることを確認します。
    • IVR 機能がイネーブルになっていることを確認します。
    手順の概要

      1.    configure terminal

      2.    ivr zoneset name zoneset-name

      3.    member zonename

      4.    (任意) show ivr pending-diff

      5.    (任意) show ivr zoneset

      6.    (任意) ivr commit


    手順の詳細
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1configure terminal


      例:
      switch# configure terminal
      switch(config)#
       

      コンフィギュレーション モードを開始します。

       
      ステップ 2ivr zoneset name zoneset-name


      例:
      switch(config)# ivr zoneset name ivrZoneset1
      switch(config-ivr-zoneset)#
       

      IVR ゾーン セットを作成し、IVR ゾーン セット コンフィギュレーション モードを開始します。 zoneset-name には最大 59 文字の英数字文字列を指定します。大文字と小文字は区別されます。

       
      ステップ 3member zonename


      例:
      switch(config-ivr-zoneset)# member sample_vsan2-3
       

      IVR ゾーン セット メンバとして指定された IVR ゾーンを追加します。 zoneset-name には最大 59 文字の英数字文字列を指定します。大文字と小文字は区別されます。

       
      ステップ 4show ivr pending-diff


      例:
      switch(config-ivr-zoneset)# show ivr pending-diff
       
      (任意)

      IVR データベースに対する保留中の変更に関する情報を表示します。 これは、まだコミットされていない変更を表示します。

       
      ステップ 5show ivr zoneset


      例:
      switch(config-ivr-zoneset)# show ivr zoneset
       
      (任意)

      アクティブ ゾーン セット データベースのゾーン セットに関する情報を表示します。

       
      ステップ 6ivr commit


      例:
      switch(config-ivr-zoneset)# ivr commit
       
      (任意)

      IVR に対する保留中の変更をすべてアクティブ IVR データベースにコミットし、ファブリック内のすべての IVR 対応スイッチにこれらの変更を配信します。

       
      次の作業

      これらの変更内容を永続的に行い、ファブリック内のすべての IVR 対応スイッチに変更を配信するには、IVR の変更をコミットする必要があります。 また、ゾーン セットをアクティブにする必要があります。

      IVR ゾーン分割における LUN の設定

      LUN ゾーン分割は、アクティブ IVR ゾーンのメンバ間で使用できます。 ゾーン分割インターフェイスを使用して、すべての関連するエッジ VSAN 内の対象となる IVR ゾーン メンバ間で LUN ゾーンを作成しアクティブにすることでサービスを設定するか、または IVR が直接サポートする LUN ゾーン分割を使用できます。

      はじめる前に

      • 正しいストレージ ベースの VDC が表示されていることを確認します。
      • IVR 機能がイネーブルになっていることを確認します。
      手順の概要

        1.    configure terminal

        2.    ivr zone name zonename

        3.    member pwwn pwwn lun lun-id vsan vsan-id [ autonomous-fabric-id afid]

        4.    (任意) show ivr pending-diff

        5.    (任意) show ivr zone

        6.    (任意) ivr commit


      手順の詳細
         コマンドまたはアクション目的
        ステップ 1configure terminal


        例:
        switch# configure terminal
        switch(config)#
         

        コンフィギュレーション モードを開始します。

         
        ステップ 2ivr zone name zonename


        例:
        switch(config)# ivr zone name ivrLunZone
        switch(config-ivr-zone)#
         

        IVR ゾーンを作成し、IVR ゾーン コンフィギュレーション モードを開始します。 zonename は、59 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

         
        ステップ 3member pwwn pwwn lun lun-id vsan vsan-id [ autonomous-fabric-id afid]


        例:
        switch(config-ivr-zone)# member pwwn 21:00:00:20:37:c8:5c:6b
         lun 0x64 vsan 2
        
         

        指定された pWWN と LUN 値に基づいて IVR ゾーン メンバを設定します。

        (注)     

        CLI は、0x プレフィックスが含まれているかどうかに関係なく、LUN ID の値を 16 進値として解釈します。

        pwwn は、コロンで区切られた 16 進形式です。 lun-id は、16 進表記です。 VSAN の範囲は 1 ~ 4093 です。

         
        ステップ 4show ivr pending-diff


        例:
        switch(config-ivr-zone)# show ivr pending-diff
         
        (任意)

        IVR データベースに対する保留中の変更に関する情報を表示します。 これは、まだコミットされていない変更を表示します。

         
        ステップ 5show ivr zone


        例:
        switch(config-ivr-zone)# show ivr zone
         
        (任意)

        アクティブ ゾーン データベースのゾーンに関する情報を表示します。

         
        ステップ 6ivr commit


        例:
        switch(config-ivr-zone)# ivr commit
         
        (任意)

        IVR に対する保留中の変更をすべてアクティブ IVR データベースにコミットし、ファブリック内のすべての IVR 対応スイッチにこれらの変更を配信します。

         

        QoS 属性の設定

        はじめる前に

        • 正しいストレージ ベースの VDC が表示されていることを確認します。
        • IVR 機能がイネーブルになっていることを確認します。
        手順の概要

          1.    configure terminal

          2.    ivr zone name zonename

          3.    attribute qos priority { low | medium | high}

          4.    (任意) show ivr pending-diff

          5.    (任意) show ivr zone

          6.    (任意) ivr commit


        手順の詳細
           コマンドまたはアクション目的
          ステップ 1configure terminal


          例:
          switch# configure terminal
          switch(config)#
           

          コンフィギュレーション モードを開始します。

           
          ステップ 2ivr zone name zonename


          例:
          switch(config)# ivr zone name sample_vsan2-3
          switch(config-ivr-zone)#
           

          IVR ゾーンを作成し、IVR ゾーン コンフィギュレーション モードを開始します。 zonename は、59 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

           
          ステップ 3attribute qos priority { low | medium | high}


          例:
          switch(config-ivr-zone)# attribute qos priority medium
           

          IVR ゾーン トラフィックの QoS を設定します。

           
          ステップ 4show ivr pending-diff


          例:
          switch(config-ivr-zone)# show ivr pending-diff
           
          (任意)

          IVR データベースに対する保留中の変更に関する情報を表示します。 これは、まだコミットされていない変更を表示します。

           
          ステップ 5show ivr zone


          例:
          switch(config-ivr-zone)# show ivr zone
           
          (任意)

          アクティブ ゾーン データベースのゾーンに関する情報を表示します。

           
          ステップ 6ivr commit


          例:
          switch(config-ivr-zone)# ivr commit
           
          (任意)

          IVR に対する保留中の変更をすべてアクティブ IVR データベースにコミットし、ファブリック内のすべての IVR 対応スイッチにこれらの変更を配信します。

           

          読み取り専用ゾーン分割の設定

          読み取り専用ゾーン分割(LUN を使用する場合としない場合がある)は、アクティブな IVR ゾーンのメンバ間で使用できます。 このサービスを設定するには、ゾーン分割インターフェイスを使用して、関連するすべてのエッジ VSAN 上で必要な IVR ゾーン メンバ間の読み取り専用ゾーンを作成してアクティブにする必要があります。

          (注)  


          読み取り専用ゾーン分割は、IVR ゾーン セットのセットアップ時には設定できません。


          はじめる前に

          • 正しいストレージ ベースの VDC が表示されていることを確認します。
          • IVR 機能がイネーブルになっていることを確認します。
          手順の概要

            1.    configure terminal

            2.    ivr zone name zonename

            3.    attribute read-only

            4.    (任意) show ivr pending-diff

            5.    (任意) show ivr zone

            6.    (任意) ivr commit


          手順の詳細
             コマンドまたはアクション目的
            ステップ 1configure terminal


            例:
            switch# configure terminal
            switch(config)#
             

            コンフィギュレーション モードを開始します。

             
            ステップ 2ivr zone name zonename


            例:
            switch(config)# ivr zone name sample_vsan2-3
            switch(config-ivr-zone)#
             

            IVR ゾーン コンフィギュレーション モードを開始します。 zonename は、59 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

             
            ステップ 3attribute read-only


            例:
            switch(config-ivr-zone)# attribute read-only
             

            IVR ゾーン トラフィックの QoS を設定します。

             
            ステップ 4show ivr pending-diff


            例:
            switch(config-ivr-zone)# show ivr pending-diff
             
            (任意)

            IVR データベースに対する保留中の変更に関する情報を表示します。 これは、まだコミットされていない変更を表示します。

             
            ステップ 5show ivr zone


            例:
            switch(config-ivr-zone)# show ivr zone
             
            (任意)

            アクティブ ゾーン データベースのゾーンに関する情報を表示します。

             
            ステップ 6ivr commit


            例:
            switch(config-ivr-zone)# ivr commit
             
            (任意)

            IVR に対する保留中の変更をすべてアクティブ IVR データベースにコミットし、ファブリック内のすべての IVR 対応スイッチにこれらの変更を配信します。

             

            IVR 設定の確認

            IVR の設定を表示するには、次のいずれかの作業を行います。

            コマンド

            目的

            show ivr

            IVR 設定のステータスを表示します。

            show ivr diagnostics

            IVR の診断に関する情報を表示します。

            show ivr merge status

            最後の IVR 結合イベントに関する情報を表示します。

            show ivr pending

            IVR 保留データベースに関する情報を表示します。

            show ivr pending-diff

            保留データベースとコンフィギュレーション データベースの差異を表示します。

            show ivr vsan-topology [active | configured]

            IVR VSAN トポロジを表示します。

            show ivr session status

            IVR CFS セッションに関する情報を表示します。

            show ivr virtual-domains

            すべてのローカル VSAN の IVR 仮想ドメインに関する情報を表示します。

            show ivr zone

            IVR ゾーンに関する情報を表示します。

            show ivr zoneset

            IVR ゾーン セットに関する情報を表示します。

            show ivr service-group active

            アクティブなサービス グループに関する情報を表示します。
            show ivr service-group configured 設定されたサービス グループに関する情報を表示します。
            show autonomous-fabric-id database AFID に関する情報を表示します。
            show ivr virtual-fcdomain-add-status IVR 仮想ドメイン設定のステータスを表示します。

            機能の履歴

            表 2  機能履歴 IVR

            機能名

            リリース

            機能情報

            IVR

            5.2(1)

            この機能が導入されました。