Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS LISP コンフィギュレーション ガイド
Locator/ID Separation Protocol の設定
Locator/ID Separation Protocol の設定
発行日;2012/10/31   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

目次

Locator/ID Separation Protocol の設定

この章では、入力トンネル ルータ(ITR)、出力トンネル ルータ、Proxy-ITR(PITR)、Proxy-ETR(PETR)、Map Resolver(MR)、Map-Server(MS)、LISP-ALT デバイスを含む、LISP 関連のすべてのデバイス上で基本的な Cisco NX-OS Locator/ID Separation Protocol(LISP)機能を設定する方法について説明します。

この章の内容は、次のとおりです。

Locator/ID Separation Protocol に関する情報

LISP は、エンド ホストに割り当てられたエンドポイント ID(EID)と、グローバル ルーティング システムを構成するデバイス(主にルータ)に割り当てられたルーティング ロケータ(RLOC)という 2 つの新しい名前空間を作成することによって IP アドレッシングの新しいセマンティックを実装するネットワーク アーキテクチャおよびプロトコルです。 EID と RLOC の機能を分割することによって、ルーティング システムのスケーラビリティ、マルチホーミングの効率、および入力トラフィック エンジニアリングの向上を含むいくつかの利点がもたらされます。 LISP のエンド サイト サポートは、シスコ ルータなどのデバイス上に設定されます。

LISP 機能の概要

現在のインターネット ルーティングおよびアドレッシング アーキテクチャでは、IP アドレスはデバイスに関する 2 つの機能(デバイスの ID とデバイスのネットワークへの接続方法)を同時に表す 1 つの名前空間として使用されます。 この 1 つの名前空間の非常に明白かつ有害な結果の 1 つが、マルチホーミング、トラフィック エンジニアリング(TE)、集約不可能なアドレス割り当て、合併や吸収などのビジネス イベントの結果としてのインターネットの DFZ(デフォルト フリー ゾーン)の急増によって示されています。

LISP では、エンドホストに割り当てられたエンドポイント ID(EID)と、グローバル ルーティング システムを構成するデバイス(主にルータ)に割り当てられたルーティング ロケータ(RLOC)という 2 つの新しい名前空間を作成することによって、現在の IP アドレスのセマンティックを変更します。 これらの 2 つの名前空間によって、次の利点が提供されます。

  • トポロジ的に集約された RLOC の使用による、ルーティング システムのスケーラビリティの向上
  • EID 空間の外部で番号付けされたデバイスによる、プロバイダーからの独立性
  • トラフィック エンジニアリングの向上による、エンド サイトの運用経費の低いマルチホーミング
  • IPv6 への移行機能

LISP は、主にネットワーク エッジ デバイスに配置される、単純で、増分的な、ネットワーク ベースの実装です。 ホスト スタック、ドメイン ネーム サービス(DNS)、またはローカル ネットワーク インフラストラクチャを変更する必要はなく、既存のネットワーク インフラストラクチャへの大きな変更はほとんどありません。

シスコの LISP 開発の理念は、最初から、エンド ユーザの変更や配置の複雑さを最小限に抑えることにありました。

図 1. Cisco NX-OS LISP の配置環境. 次の図は、LISP の配置環境を示しています。 LISP 環境には、LISP サイト(EID 名前空間)、LISP 以外のサイト(RLOC 名前空間)、および LISP マッピング サービス(インフラストラクチャ)という 3 つの不可欠な環境が存在します。



LISP EID 名前空間は、今日定義されているカスタマー エンド サイトを表します。 唯一の違いは、これらの LISP サイト内で使用される IP アドレスが、LISP 以外のサイトであるインターネット(RLOC 名前空間)内にはアドバタイズされないという点にあります。 エンド ユーザの LISP 機能は、入力トンネル ルータ(ITR)および出力トンネル ルータ(ETR)デバイスの LISP の役割で機能する CE ルータ上に排他的に配置されます。


(注)  


この ITR と ETR は、この図では xTR として省略されています。


LISP をマッピング サービスやインターネット インターワーキングのサポートとともに完全に実装するには、追加の LISP インフラストラクチャ コンポーネントの配置も必要になる可能性があります。 これらの追加の LISP インフラストラクチャ コンポーネントには、Map-Server(MS)、Map-Resolver(MR)、プロキシ入力トンネル ルータ(PITR)、プロキシ出力トンネル ルータ(PETR)、および ALT の LISP の役割をサポートするデバイスが含まれます。

LISP デバイスの概要

次のデバイスは、完全な LISP 配置で検出されます。

LISP サイト デバイス

LISP サイト デバイスは次のとおりです。

入力トンネル ルータ(ITR):このデバイスは、LISP サイト エッジ デバイスとして配置されます。 サイトに面したインターフェイス(内部ホスト)からのパケットを受信し、LISP がリモートの LISP サイトへのパケットをカプセル化するか、または ITR がパケットを LISP 以外のサイトにネイティブに転送します。

出力トンネル ルータ(ETR):このデバイスは、LISP サイト エッジ デバイスとして配置されます。 コアに面したインターフェイス(インターネット)からのパケットを受信し、LISP パケットをカプセル化解除するか、または LISP パケットをサイトにあるローカルの EID に配信します。


(注)  


CE デバイスは、ITR 機能と ETR 機能の両方を実装できます。 このタイプの CE デバイスは xTR と呼ばれます。 ただし、LISP 仕様では、デバイスが ITR 機能と ETR 機能の両方を実行する必要はありません。

両方のデバイスについて、EID 名前空間は、ホストおよびルータのエンドサイト アドレスのサイト内で使用されます。 EID は DNS レコードに入力されます。 EID 名前空間は、基礎となるインターネット内でグローバルにはルーティングされません。 これに対して、RLOC 名前空間は(インターネット)コアで使用されます。 RLOC は、LISP ルータおよび ISP ルータのインフラストラクチャ アドレスとして使用され、基礎となるインフラストラクチャ内でグローバルにルーティングされます。 ホストは RLOC を認識せず、RLOC はホストを認識しません。


LISP インフラストラクチャ

LISP インフラストラクチャ デバイスは次のとおりです。

Map-Server(MS):このデバイスは、LISP インフラストラクチャ コンポーネントとして配置されます。 LISP サイトごとに、登録側の ETR が権限を持つ EID プレフィックスを指定することによって、LISP サイトが登録できるように設定されている必要があります。 認証キーは、ETR 上に設定されているキーに一致している必要があります。 MS は、ETR から Map-Register 制御パケットを受信します。 MS に LISP ALT へのサービス インターフェイスが設定されている場合、MS は、登録された ETR への EID プレフィックスの集約を ALT に挿入します。 MS はまた ALT からも Map-Request 制御パケットを受信し、その制御パケットを、クエリーが実行されている EID プレフィックスに対して権限を持つ登録された ETR にカプセル化します。

Map-Resolver(MR):このデバイスは、LISP インフラストラクチャ デバイスとして配置されます。 ITR から、自身にカプセル化された Map-Request を受信します。 LISP ALT へのサービス インターフェイスが設定されている場合、Map-Request を ALT に転送します。 MR はまた、LISP 以外のアドレスに対するクエリーに応答して、Negative Map-Reply を ITR に送信します。

代替トポロジ(ALT):これは論理的なトポロジであり、スケーラブルな EID プレフィックス集約を提供するために LISP インフラストラクチャの一部として配置されます。 ALT は、総称ルーティング カプセル化(GRE)トンネル経由のデュアルスタック(IPv4 および IPv6)ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)として配置されるため、基本的なルータ ハードウェアを備えた ALT のみのデバイス、または BGP と GRE をサポートできるその他の市販のデバイスを使用できます。

LISP インターネットワーキング デバイス

LISP インターネットワーキング デバイスは次のとおりです。

Proxy-ITR(PITR):このデバイスは、LISP 以外のサイトと LISP サイトの間を接続する LISP インフラストラクチャ デバイスです。 PITR は、LISP EID 名前空間を集約するより短いプレフィックスをインターネットにアドバタイズします。これにより、LISP サイト宛ての LISP 以外のトラフィックが誘導されます。 PITR は次に、このトラフィックをカプセル化して LISP サイトに転送します。 このプロセスは、LISP と LISP 以外のインターネットワーキングを促進するだけでなく、LISP サイトが、LISP 以外のトラフィックからの LISP 入力トラフィック エンジニアリングの利点を認識できるようにします。

Proxy-ETR(PETR):このデバイスは、ネイティブな IPv6 RLOC 接続を持たない IPv6 LISP サイトが、IPv6 RLOC 接続しか持たない LISP サイトに到達できるようにする LISP インフラストラクチャ デバイスです。 さらに、PETR を使用すると、ユニキャスト リバース パス転送(URPF)の制限のある LISP サイトが LISP 以外のサイトに到達できるようにすることもできます。

LISP のライセンス要件

次の表に、Locator/ID Separation Protocol のライセンス要件を示します。

製品

ライセンス要件

Cisco NX-OS

この機能には、Transport Services ライセンスが必要です。 Cisco NX-OS ライセンス方式の詳細については、『Cisco NX-OS Licensing Guide』を参照してください。

LISP の注意事項と制限事項

LISP 設定時の注意事項と制限事項は次のとおりです。

  • LISP には、EPLD バージョン 186.008 以降の Cisco Nexus 7000 シリーズ 32 ポート 10 ギガビット イーサネット(M1)モジュール(N7K-M132XP-12 または N7K-M132XP-12L)が必要です。
  • OTV またはその他の任意の LAN 機能拡張メカニズムでデータセンター間の HSRP hello メッセージをフィルタリングして、アクティブ-アクティブの HSRP 設定を作成し、データセンター ホストのための出力パスの最適化を提供する必要があります。
  • 拡張 LAN 内のすべてのデータセンターの HSRP グループと HSRP 仮想 IP アドレスが同じである必要があります。 HSRP グループ番号のロケーション間の一貫性を保持することにより、仮想ファースト ホップ ゲートウェイに対して常に同じ MAC アドレスが使用されることが保証されます。
  • LISP サブネット間の VM-Mobility では、ダイナミック EID のローミングを許可するすべての HSRP グループにわたって同じ MAC アドレスを設定する必要があります。 また、サブネット間で使用されるときに VM-Mobility がイネーブルになるインターフェイスに対してプロキシ ARP もイネーブルにする必要があります。
  • LISP は、F2 シリーズ モジュールではサポートされません。

LISP のデフォルト設定

次の表に、LISP パラメータのデフォルト設定を示します。

表 1 LISP のデフォルト設定

パラメータ

デフォルト

feature lisp コマンド

ディセーブル

Locator/ID Separation Protocol の設定

LISP 機能のイネーブル化

Cisco NX-OS デバイス上の LISP 機能をイネーブルにできます。

手順の概要

    1.    configure terminal

    2.    feature lisp


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 configure terminal


    例:
    switch# configure terminal
    switch(config)# 
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 2feature lisp


    例:
    switch(config)# feature lisp
     

    LISP フィーチャ セットがまだ設定されていない場合は、イネーブルにします。

     

    LISP ITR/ETR(xTR)機能の設定

    LISP ITR/ETR(xTR)の設定

    マッピング サービスのための LISP Map-Server および Map-Resolver を備えた LISP xTR は、IPv4 と IPv6 の両方のアドレス ファミリに対してイネーブルにしたり、設定したりできます。

    手順の概要

      1.    configure terminal

      2.    {ip | ipv6} lisp itr

      3.    {ip | ipv6} lisp etr

      4.    (任意) {ip | ipv6} lisp itr-etr

      5.    {ip | ipv6} lisp itr map-resolver map-resolver-address

      6.    {ip | ipv6} database-mapping EID-prefix/prefix­length locator priority priority weight weight

      7.    {ip | ipv6} lisp etr map-server map-server-address key key-type authentication-key

      8.    exit

      9.    (任意) show {ip | ipv6} lisp


    手順の詳細
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1configure terminal


      例:
      switch# configure terminal
      switch(config)#
       

      グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

       
      ステップ 2{ip | ipv6} lisp itr


      例:
      switch(config)# ip lisp itr


      例:
      switch(config)# ipv6 lisp itr
       

      LISP ITR 機能をイネーブルにします。

       
      ステップ 3{ip | ipv6} lisp etr


      例:
      switch(config)# ip lisp etr


      例:
      switch(config)# ipv6 lisp etr
       

      LISP ETR 機能をイネーブルにします。

       
      ステップ 4{ip | ipv6} lisp itr-etr


      例:
      switch(config)# ip lisp itr-etr


      例:
      switch(config)# ipv6 lisp itr-etr
       
      (任意)

      LISP ITR 機能と LISP ETR 機能の両方をイネーブルにします。 同じデバイス上で ITR 機能と ETR 機能の両方がイネーブルになっている場合は、{ip | ipv6} lisp itr コマンドと {ip | ipv6} lisp etr コマンドを個別に使用する代わりにこのコマンドを使用することによって設定を簡略化できます。

       
      ステップ 5{ip | ipv6} lisp itr map-resolver map-resolver-address


      例:
      switch(config)# ip lisp itr map-resolver 10.10.10.1


      例:
      switch(config)# ipv6 lisp itr map-resolver 10.10.10.1
       

      このルータが IPv4 または IPv6 EID の Map-Request メッセージを送信する先の Map-Resolver のロケータ アドレスを設定します。

      (注)     

      Map-Resolver のロケータ アドレスには IPv4 または IPv6 アドレスを指定できます。 詳細については、『Cisco Nexus 7000 Series NX-OS LISP Command Reference』を参照してください。

       
      ステップ 6{ip | ipv6} database-mapping EID-prefix/prefix­length locator priority priority weight weight


      例:
      switch(config)# ip lisp database-mapping 10.10.10.0/24 
      172.16.1.1 priority 1 weight 100


      例:
      switch(config)# ipv6 lisp database-mapping 
      2001:db8:bb::/48 172.16.1.1 priority 1 weight 100
       

      この LISP サイトのためのすべての IPv4 または IPv6 EID プレフィックスの EID から RLOC へのマッピング関係、および関連するトラフィック ポリシーを設定します。

      (注)     

      サイトに、同じ EID プレフィックス ブロックに関連する複数のロケータがある場合は、ip lisp database-mapping コマンドを複数回入力して、特定の EID プレフィックス ブロックのすべてのロケータを設定します。

      サイトに、複数の EID プレフィックス ブロックが割り当てられている場合は、そのサイトに割り当てられた EID プレフィックス ブロックごとに、および EID プレフィックスに到達するために使用できるロケータごとに ip lisp database-mapping コマンドを入力します。

      サイトに複数の ETR がある場合は、ip lisp database-mapping および ipv6 lisp database-mapping コマンドですべての ETR を設定して、使用されるオプションの一貫性を保証する必要があります。

       
      ステップ 7{ip | ipv6} lisp etr map-server map-server-address key key-type authentication-key


      例:
      switch(config)# ip lisp etr map-server 172.16.1.2 
      key 0 123456789


      例:
      switch(config)# ipv6 lisp etr map-server 172.16.1.2 
      key 0 123456789
       

      IPv4 または IPv6 LISP ETR として機能しているこのルータの登録先の LISP Map-Server のロケータ アドレスを設定します。

      (注)     

      この Map-Server は、この ETR 上に設定されている EID プレフィックスに一致する EID プレフィックスと、この ETR 上に設定されているキーに一致するキーを使用して設定する必要があります。

      Map-Server のロケータ アドレスには IPv4 または IPv6 アドレスを指定できます。 詳細については、『Cisco Nexus 7000 Series NX-OS LISP Command Reference』を参照してください。

       
      ステップ 8exit


      例:
      switch(config)# exit
      switch# 
       

      グローバル コンフィギュレーション モードを終了します。

       
      ステップ 9show {ip | ipv6} lisp


      例:
      switch# show ip lisp


      例:
      switch# show ipv6 lisp
       
      (任意)

      設定されたすべての IPv4 または IPv6 LISP 設定パラメータを表示します。

       
      次の作業

      必要に応じて、オプションの LISP xTR パラメータを入力します。

      オプションの LISP ITR/ETR(xTR)機能の設定

      LISP xTR のオプション機能を設定できます。

      手順の概要

        1.    configure terminal

        2.    (任意) {ip | ipv6} lisp etr accept-map-request-mapping [verify]

        3.    (任意) {ip | ipv6} lisp ip lisp etr map-cache-ttl time-to-live

        4.    (任意) {ip | ipv6} lisp map-cache-limit cache-limit [reserve-list list]

        5.    (任意) {ip | ipv6} lisp map-request-source source-address

        6.    (任意) {ip | ipv6} lisp path-mtu-discovery {min lower-bound|max upper-bound}

        7.    (任意) [no] lisp loc-reach-algorithm {tcp-count | echo-nonce | rloc-probing}

        8.    exit

        9.    (任意) show {ip|ipv6} lisp


      手順の詳細
         コマンドまたはアクション目的
        ステップ 1 configure terminal


        例:
        switch# configure terminal
        switch(config)# 
         

        グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

         
        ステップ 2{ip | ipv6} lisp etr accept-map-request-mapping [verify]


        例:
        switch(config)# ip lisp etr accept-map-request verify


        例:
        switch(config)# ipv6 lisp etr accept-map-request verify
         
        (任意)

        LISP ITR の代わりに、Map-Server から受信された Map-Request メッセージに含まれている IPv4 または IPv6 マッピング データをキャッシュするように LISP ETR を設定します。

        verify キーワードは、マッピング データをキャッシュできるが、ETR が独自の Map-Request をマッピング データ レコードからのロケータのいずれかに送信し、同じデータを含む Map-Reply を応答として受信できるまで、パケットの転送に使用できないようにします。 デフォルトでは、ルータは Map-Request メッセージに含まれているマッピング データをキャッシュしません。

         
        ステップ 3{ip | ipv6} lisp ip lisp etr map-cache-ttl time-to-live


        例:
        switch(config)# ip lisp etr map-cache-ttl 720


        例:
        switch(config)# ipv6 lisp etr map-cache-ttl 720
         
        (任意)

        この ETR によって送信される LISP Map-Reply メッセージに挿入される存続可能時間(TTL)値(分単位で)を設定します。

         
        ステップ 4{ip | ipv6} lisp map-cache-limit cache-limit [reserve-list list]


        例:
        switch(config)# ip lisp map-cache-limit 2000


        例:
        switch(config)# ipv6 lisp map-cache-limit 2000
         
        (任意)

        保存が許可される LISP マップ キャッシュ エントリの最大数を設定します。 デフォルトでは、LISP マップ キャッシュの制限は 1000 エントリです。

         
        ステップ 5{ip | ipv6} lisp map-request-source source-address


        例:
        switch(config)# ip lisp map-request-source 172.16.1.1


        例:
        switch(config)# ipv6 lisp map-request-source 
        2001:db8:0a::1
         
        (任意)

        LISP Map-Request メッセージの送信元アドレスとして使用されるアドレスを設定します。 デフォルトでは、ip lisp database-mapping または ipv6 lisp database-mapping コマンドで設定されたロケータ アドレスのいずれかが LISP Map-Request メッセージのデフォルトの送信元アドレスとして使用されます。

         
        ステップ 6{ip | ipv6} lisp path-mtu-discovery {min lower-bound|max upper-bound}


        例:
        switch(config)# ip lisp path-mtu-discovery min 1200


        例:
        switch(config)# ipv6 lisp path-mtu-discovery min 1200
         
        (任意)

        パス MTU ディスカバリのための LISP ルータの最小と最大の MTU を設定します。 デフォルトでは、LISP ルータによってパス MTU ディスカバリはイネーブルになっています。

        注意       

        パス MTU ディスカバリの使用をディセーブルにすることは推奨しません。

         
        ステップ 7[no] lisp loc-reach-algorithm {tcp-count | echo-nonce | rloc-probing}


        例:
        switch(config)# lisp loc-reach-algorithm 
        rloc-probing
         
        (任意)

        LISP ロケータ到達可能性アルゴリズムの使用をイネーブルまたはディセーブルにします。 ロケータ到達可能性アルゴリズムは、アドレス ファミリに依存しません。 デフォルトでは、すべてのロケータ到達可能性アルゴリズムがディセーブルになっています

         
        ステップ 8exit


        例:
        switch(config)# exit
        switch# 
         

        グローバル コンフィギュレーション モードを終了します。

         
        ステップ 9show {ip|ipv6} lisp


        例:
        switch# show ip lisp


        例:
        switch# show ipv6 lisp
         
        (任意)

        設定されたすべての IPv4 または IPv6 LISP 設定パラメータを表示します。

         

        LISP-ALT の機能の設定

        LISP-ALT(ALT)機能は IPv4 と IPv6 の両方のアドレス ファミリに対してイネーブルにしたり、設定したりできます。

        手順の概要

          1.    configure terminal

          2.    {ip | ipv6} lisp alt-vrf vrf-name

          3.    exit

          4.    (任意) show {ip | ipv6} lisp


        手順の詳細
           コマンドまたはアクション目的
          ステップ 1 configure terminal


          例:
          switch# configure terminal
          switch(config)# 
           

          グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

           
          ステップ 2{ip | ipv6} lisp alt-vrf vrf-name


          例:
          switch(config)# ip lisp alt-vrf lisp


          例:
          switch(config)# ipv6 lisp alt-vrf lisp
           

          LISP-ALT VRF の VRF 名を使用するように LISP を設定します。

           
          ステップ 3exit


          例:
          switch(config)# exit
          switch# 
           

          グローバル コンフィギュレーション モードを終了します。

           
          ステップ 4show {ip | ipv6} lisp


          例:
          switch# show ip lisp


          例:
          switch# show ipv6 lisp
           
          (任意)

          設定されたすべての IPv4 または IPv6 LISP 設定パラメータを表示します。

           

          必須の LISP Map-Resolver 機能の設定

          LISP Map-Resolver(MR)機能は IPv4 と IPv6 の両方のアドレス ファミリに対してイネーブルにしたり、設定したりできます。

          手順の概要

            1.    configure terminal

            2.    {ip | ipv6} lisp map-resolver

            3.    exit

            4.    (任意) show {ip | ipv6} lisp


          手順の詳細
             コマンドまたはアクション目的
            ステップ 1configure terminal


            例:
            switch# configure terminal
            switch(config)# 
             

            グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

             
            ステップ 2{ip | ipv6} lisp map-resolver


            例:
            switch(config)# ip lisp map-resolver


            例:
            switch(config)# ipv6 lisp map-resolver
             

            デバイス上の LISP Map-Resolver 機能をイネーブルにします。

             
            ステップ 3exit


            例:
            switch(config)# exit
            switch# 
             

            グローバル コンフィギュレーション モードを終了します。

             
            ステップ 4show {ip | ipv6} lisp


            例:
            switch# show ip lisp


            例:
            switch# show ipv6 lisp
             
            (任意)

            設定されたすべての IPv4 または IPv6 LISP 設定パラメータを表示します。

             

            LISP Map-Server 機能の設定

            必須の LISP Map-Server 機能の設定

            LISP Map-Server(MS)機能は IPv4 と IPv6 の両方のアドレス ファミリに対してイネーブルにしたり、設定したりできます。

            手順の概要

              1.    configure terminal

              2.    {ip | ipv6} lisp map-server

              3.    lisp site site-name

              4.    description description

              5.    authentication-key key-type password

              6.    eid-prefix EID-prefix [route-tag tag]

              7.    end

              8.    (任意) show {ip | ipv6} lisp


            手順の詳細
               コマンドまたはアクション目的
              ステップ 1 configure terminal


              例:
              switch# configure terminal
              switch(config)# 
               

              グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

               
              ステップ 2{ip | ipv6} lisp map-server


              例:
              switch(config)# ip lisp map-server


              例:
              switch(config)# ipv6 lisp map-server
               

              デバイス上の LISP Map-Server 機能をイネーブルにします。

               
              ステップ 3lisp site site-name


              例:
              switch(config)# lisp site Customer1
              switch(config-lisp-site)# 
               

              サイト名を作成し、LISP サイト コンフィギュレーション モードを開始します。

               
              ステップ 4description description


              例:
              switch(config-lisp-site)# description LISP Site Customer1
               

              設定されている LISP サイトの説明を入力します。

               
              ステップ 5authentication-key key-type password


              例:
              switch(config-lisp-site)# authentication-key 0 123456789
               

              設定されている LISP サイトの認証キーのタイプとパスワードを入力します。

              (注)     

              ETR で正常に登録されるには、このパスワードが ETR 上に設定されているパスワードに一致している必要があります。

               
              ステップ 6eid-prefix EID-prefix [route-tag tag]


              例:
              switch(config-lisp-site)# eid-prefix 192.168.1.0/24 
              route-tag 12345


              例:
              switch(config-lisp-site)# eid-prefix 2001:db8:aa::/48 
              route-tag 12345
               

              設定されている LISP サイトが権限を持つ EID プレフィックスを入力し、さらにオプションでルート タグを追加します。

               
              ステップ 7end


              例:
              switch(config-lisp-site)# end
              switch# 
               

              LISP サイト コンフィギュレーション モードを終了します。

               
              ステップ 8show {ip | ipv6} lisp


              例:
              switch# show ip lisp
               


              例:
              switch# show ipv6 lisp
               
               
              (任意)

              設定されたすべての IPv4 または IPv6 LISP 設定パラメータを表示します。

               
              次の作業

              必要に応じて、オプションの LISP Map-Server 設定項目を入力します。

              オプションの LISP Map-Server 機能の設定

              オプションの LISP Map-Server 機能を設定できます。

              手順の概要

                1.    configure terminal

                2.    lisp site site-name

                3.    (任意) allowed-locators rloc1 [rloc2 [...]]

                4.    end

                5.    (任意) show {ip | ipv6} lisp


              手順の詳細
                 コマンドまたはアクション目的
                ステップ 1configure terminal


                例:
                switch# configure terminal
                switch(config)# 
                 

                グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

                 
                ステップ 2lisp site site-name


                例:
                switch(config)# lisp site Customer1
                switch(config-lisp-site)# 
                 

                指定したサイトの LISP サイト コンフィギュレーション モードを開始します。 このサイトが存在しない場合は、作成されます。

                 
                ステップ 3allowed-locators rloc1 [rloc2 [...]]


                例:
                switch(config-lisp-site)# allowed-locators 172.16.8.1 
                2001:db8:aa::1
                 
                (任意)

                設定されている LISP サイトの Map-Register メッセージに含めることを許可されるロケータを入力します。

                (注)     

                allowed-locators コマンドが設定されている場合は、LISP サイトの設定内の Map-Server に示されているすべてのロケータも、受け入れられる Map-Register メッセージのために ETR によって送信される Map-Register メッセージに表示される必要があります。

                 
                ステップ 4end


                例:
                switch(config-lisp-site)# end
                switch# 
                 

                LISP サイト コンフィギュレーション モードを終了します。

                 
                ステップ 5show {ip | ipv6} lisp


                例:
                switch# show ip lisp


                例:
                switch# show ipv6 lisp
                 
                (任意)

                設定されたすべての IPv4 または IPv6 LISP 設定パラメータを表示します。

                 

                必須の LISP Proxy-ITR 機能の設定

                LISP Proxy-ITR 機能は IPv4 と IPv6 の両方のアドレス ファミリに対してイネーブルにしたり、設定したりできます。

                手順の概要

                  1.    configure terminal

                  2.    {ip | ipv6} proxy-itr locator [other-address-family-locator]

                  3.    exit

                  4.    (任意) show {ip | ipv6} lisp


                手順の詳細
                   コマンドまたはアクション目的
                  ステップ 1configure terminal


                  例:
                  switch# configure terminal
                  switch(config)# 
                   

                  グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

                   
                  ステップ 2{ip | ipv6} proxy-itr locator [other-address-family-locator]


                  例:
                  switch(config)# ip lisp proxy-itr 172.16.8.1


                  例:
                  switch(config)# ipv6 lisp proxy-itr 2001:db8:aa::1
                   

                  デバイス上の LISP Proxy-ITR 機能を設定します。 locator アドレスは、データ パケットまたは Map-Request メッセージをカプセル化するための送信元アドレスとして使用されます。 オプションで、他のアドレス ファミリ(たとえば、ip proxy-itr コマンドでは IPv6)のアドレスを指定できます。

                   
                  ステップ 3exit


                  例:
                  switch(config)# exit
                  switch# 
                   

                  グローバル コンフィギュレーション モードを終了します。

                   
                  ステップ 4show {ip | ipv6} lisp


                  例:
                  switch# show ip lisp


                  例:
                  switch# show ipv6 lisp
                   
                  (任意)

                  設定されたすべての IPv4 または IPv6 LISP 設定パラメータを表示します。

                   

                  必須の LISP Proxy-ETR 機能の設定

                  LISP Proxy-ETR 機能は IPv4 と IPv6 の両方のアドレス ファミリに対してイネーブルにしたり、設定したりできます。

                  手順の概要

                    1.    configure terminal

                    2.    {ip | ipv6} proxy-etr

                    3.    exit

                    4.    (任意) show {ip | ipv6} lisp


                  手順の詳細
                     コマンドまたはアクション目的
                    ステップ 1configure terminal


                    例:
                    switch# configure terminal
                    switch(config)# 
                     

                    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

                     
                    ステップ 2{ip | ipv6} proxy-etr


                    例:
                    switch(config)# ip lisp proxy-etr


                    例:
                    switch(config)# ipv6 lisp proxy-etr
                     

                    LISP Proxy-ETR 機能を設定します。

                     
                    ステップ 3exit


                    例:
                    switch(config)# exit
                    switch# 
                     

                    グローバル コンフィギュレーション モードを終了します。

                     
                    ステップ 4show {ip | ipv6} lisp


                    例:
                    switch# show ip lisp


                    例:
                    switch# show ipv6 lisp
                     
                    (任意)

                    設定されたすべての IPv4 または IPv6 LISP 設定パラメータを表示します。

                     

                    その他の関連資料

                    ここでは、LISP の実装に関する追加情報について説明します。

                    関連資料

                    関連項目

                    参照先

                    Cisco NX-OS のライセンス

                    Cisco NX-OS ライセンス ガイド

                    標準

                    標準

                    タイトル

                    このリリースによってサポートされる新しい規格や変更された規格はありません。

                     

                    MIB

                    MIB

                    MIB リンク

                    なし

                    選択したプラットフォーム、Cisco NX-OS ソフトウェア リリース、およびフィーチャ セットの MIB を検索してダウンロードする場合は、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。http://www.cisco.com/go/mibs

                    RFC

                    RFC

                    タイトル

                    draft-ietf-lisp-07

                    Locator/ID Separation Protocol(LISP)

                    http://tools.ietf.org/html/draft-ietf-lisp-07

                    draft-ietf-lisp-alt-04

                    LISP 代替トポロジ(LISP+ALT)

                    http://tools.ietf.org/html/draft-ietf-lisp-alt-04

                    draft-ietf-lisp-interworking-01

                    IPv4 と IPv6 によるインターワーキング LISP

                    http://tools.ietf.org/html/draft-ietf-lisp-interworking-01

                    draft-ietf-lisp-lig-00

                    LISP Internet Groper(LIG)

                    http://tools.ietf.org/html/draft-ietf-lisp-lig-00

                    draft-ietf-lisp-ms-05

                    LISP Map-Server

                    http://tools.ietf.org/html/draft-ietf-lisp-ms-05

                    LISP の機能の履歴

                    表 2 LISP の機能の履歴

                    機能名

                    リリース

                    機能情報

                    LISP-ALT の機能

                    5.2(3)

                    この機能は他の LISP 機能を設定するために必要はありません。

                    Locator/ID Separation Protocol(LISP)

                    5.2(1)

                    この機能が導入されます。