スイッチ : Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチ

Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS 仮想デバイス コンテキスト クイック スタート

Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS 仮想デバイス コンテキスト クイック スタート
発行日; 2012/11/15 |  ドキュメントご利用ガイド |ダウンロード ;   この章 pdf   |   フィードバック

Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS 仮想デバイス コンテキスト クイック スタート

このマニュアルでは、Cisco NX-OS デバイスで仮想デバイス コンテキスト(VDC)を初めて使用するときの手順について説明します。

VDC の概要

VDC は、1 つの物理デバイスを複数の論理デバイスとして分割する機能であり、障害の切り分け、管理の分離、アドレス割り当ての分離、サービス別ドメイン、および適応型リソース管理を可能にします。 VDC インスタンスは、1 つの物理デバイス内で個別に管理できます。 各 VDC は、接続ユーザに対し一意のデバイスとして表示されます。 VDC は、物理デバイス内で個別の論理エンティティとして実行されます。VDC は、実行中の一連のソフトウェア プロセスを独自に管理し、独自の設定を持つことができます。また、個別の管理者による管理が可能です。

Cisco NX-OS ソフトウェア を使用した VDC の活用方法については、『Cisco Nexus 7000 Series NX-OS Virtual Device Context Configuration Guide』を参照してください。

VDC の作成および初期化

ここでは、VDC を作成および初期化する方法について説明します。

手順
    ステップ 1   network-admin ロールを持つユーザ名で、デフォルト VDC にログインします。
    ステップ 2   コンフィギュレーション モードを開始し、デフォルト設定を使用して VDC を作成します。
    switch# configure terminal
    switch(config)# vdc MyVDC 
    Note:  Creating VDC, one moment please ...
    switch(config-vdc)#
                    
    
    ステップ 3   (任意)インターフェイスを VDC に割り当てます。
     
    switch(config-vdc)# show vdc membership 
    
    vdc_id: 1 vdc_name: switch interfaces:
            Ethernet2/1           Ethernet2/2           Ethernet2/3
            Ethernet2/4           Ethernet2/5           Ethernet2/6
            Ethernet2/7           Ethernet2/8           Ethernet2/9
            Ethernet2/10          Ethernet2/11          Ethernet2/12
            Ethernet2/13          Ethernet2/14          Ethernet2/15
            Ethernet2/16          Ethernet2/17          Ethernet2/18
            Ethernet2/19          Ethernet2/20          Ethernet2/21
            Ethernet2/22          Ethernet2/23          Ethernet2/24
            Ethernet2/25          Ethernet2/26          Ethernet2/27
            Ethernet2/28          Ethernet2/29          Ethernet2/30
            Ethernet2/31          Ethernet2/32          Ethernet2/33
            Ethernet2/34          Ethernet2/35          Ethernet2/36
            Ethernet2/37          Ethernet2/38          Ethernet2/39
            Ethernet2/40          Ethernet2/41          Ethernet2/42
            Ethernet2/43          Ethernet2/44          Ethernet2/45
            Ethernet2/46          Ethernet2/47          Ethernet2/48
    
    switch(config-vdc)# allocate interface ethernet 2/11-1 
    Moving ports will cause all config associated to them in source vdc to be removed. 
    Are you  sure you want to move the ports? [yes] yes
    
    
    (注)     

    VDC にインターフェイスを割り当てると、そのインターフェイスの設定は失われます。

    ステップ 4   VDC の設定を確認します。
     
    switch(config-vdc)# show vdc MyVDC 
    
    vdc_id  vdc_name                  state           mac
    ------  --------                  -----           ----------
    2       MyVDC                     active          00:00:00:00:00:00
    
    
    ステップ 5   新しい VDC に切り替えて、VDC 管理者ユーザ アカウントのパスワードを入力します。
    switch(config-vdc)# switchto vdc MyVDC 
    
    
             ---- System Admin Account Setup ----
    
    
    Do you want to enforce secure password standard (yes/no) [y]: y
    
      Enter the password for "admin":
    Confirm the password for "admin":
    
    
    ステップ 6   (任意)VDC のセットアップ スクリプトを実行します。
    ---- Basic System Configuration Dialog VDC: 2 ----
    
    This setup utility will guide you through the basic configuration of
    the system. Setup configures only enough connectivity for management
    of the system.
    
    Please register Cisco Nexus7000 Family devices promptly with your
    supplier. Failure to register may affect response times for initial
    Please register Cisco Nexus7000 Family devices promptly with your
    service calls. Nexus7000 devices must be registered to receive
    entitled support services.
    
    Press Enter at anytime to skip a dialog. Use ctrl-c at anytime
    to skip the remaining dialogs.
    
    Would you like to enter the basic configuration dialog (yes/no):
    
    
    (注)     

    ここではセットアップ スクリプトを実行せず、あとで setup コマンドを使用して VDC 内から実行することもできます。

    ステップ 7   セットアップ スクリプトが終了したら、または実行を省略したら、新しい VDC を開始します。
    Cisco Nexus Operating System (NX-OS)Software
    TAC support: http://www.cisco.com/tac
    Copyright (c) 2002-2011, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
    The copyright to certain works contained in this software are
    owned by other third parties and usedand distributed under
    license. Certain components of this software are licensed under
    the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
    Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
    such license is available at
    http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and 
    http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
    switch-MyVDC#

    マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

    マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『What's New in Cisco Product Documentation』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

    http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​docs/​general/​whatsnew/​whatsnew.html

    What's New in Cisco Product Documentation』は RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。 RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。

     

    このマニュアルに記載されている仕様および製品に関する情報は、予告なしに変更されることがあります。 このマニュアルに記載されている表現、情報、および推奨事項は、すべて正確であると考えていますが、明示的であれ黙示的であれ、一切の保証の責任を負わないものとします。 このマニュアルに記載されている製品の使用は、すべてユーザ側の責任になります。

    対象製品のソフトウェア ライセンスおよび限定保証は、製品に添付された『Information Packet』に記載されています。 添付されていない場合には、代理店にご連絡ください。

    The Cisco implementation of TCP header compression is an adaptation of a program developed by the University of California, Berkeley (UCB) as part of UCB's public domain version of the UNIX operating system. All rights reserved. Copyright © 1981, Regents of the University of California.

    ここに記載されている他のいかなる保証にもよらず、各社のすべてのマニュアルおよびソフトウェアは、障害も含めて「現状のまま」として提供されます。 シスコおよびこれら各社は、商品性の保証、特定目的への準拠の保証、および権利を侵害しないことに関する保証、あるいは取引過程、使用、取引慣行によって発生する保証をはじめとする、明示されたまたは黙示された一切の保証の責任を負わないものとします。

    いかなる場合においても、シスコおよびその供給者は、このマニュアルの使用または使用できないことによって発生する利益の損失やデータの損傷をはじめとする、間接的、派生的、偶発的、あるいは特殊な損害について、あらゆる可能性がシスコまたはその供給者に知らされていても、それらに対する責任を一切負わないものとします。

    CCDE, CCENT, CCSI, Cisco Eos, Cisco HealthPresence, Cisco Ironport, the Cisco logo, Cisco Lumin, Cisco Nexus, Cisco Nurse Connect, Cisco Stackpower, Cisco StadiumVision, Cisco TelePresence, Cisco Unified Computing System, Cisco WebEx, DCE, Flip Channels, Flip for Good, Flip Mino, Flip Video, Flip Video (Design), Flipshare (Design), Flip Ultra, and Welcome to the Human Network are trademarks; Changing the Way We Work, Live, Play, and Learn, Cisco Store, and Flip Gift Card are service marks; and Access Registrar, Aironet, AsyncOS, Bringing the Meeting To You, Catalyst, CCDA, CCDP, CCIE, CCIP, CCNA, CCNP, CCSP, CCVP, Cisco, the Cisco Certified Internetwork Expert logo, Cisco IOS, Cisco Press, Cisco Systems, Cisco Systems Capital, the Cisco Systems logo, Cisco Unity, Collaboration Without Limitation, EtherFast, EtherSwitch, Event Center, Fast Step, Follow Me Browsing, FormShare, GigaDrive, HomeLink, Internet Quotient, IOS, iPhone, iQuick Study, IronPort, the IronPort logo, LightStream, Linksys, MediaTone, MeetingPlace, MeetingPlace Chime Sound, MGX, Networkers, Networking Academy, Network Registrar, PCNow, PIX, PowerPanels, ProConnect, ScriptShare, SenderBase, SMARTnet, Spectrum Expert, StackWise, The Fastest Way to Increase Your Internet Quotient, TransPath, WebEx, and the WebEx logo are registered trademarks of Cisco Systems, Inc. and/or its affiliates in the United States and certain other countries.

    All other trademarks mentioned in this document or website are the property of their respective owners. The use of the word partner does not imply a partnership relationship between Cisco and any other company. (0907R)

    このマニュアルで使用している IP アドレスは、実際のアドレスを示すものではありません。 マニュアル内の例、コマンド出力、および図は、説明のみを目的として使用されています。 説明の中に実際のアドレスが使用されていたとしても、それは意図的なものではなく、偶然の一致によるものです。

    © 2008–2009 Cisco Systems, Inc. All rights reserved.