Cisco Nexus 7000 シリーズ Connectivity Management Processor コンフィギュレーション ガイド
索引
Index
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2011/11/22 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

Index

A

ACL、設定 2-6

ACT LED 1-2

attach cmp コマンド 2-9

attach cp コマンド 3-2

C

clear logging logfile コマンド 2-11

CMP 2-9

イメージ、アップグレード 2-20

イメージ、インストール 2-21

インターフェイス設定、表示 2-4

機能 1-1

コンポーネント 1-1

システム リソース、表示 2-19

処理、表示 2-19

接続 1-1

設定の確認 2-19

ソフトウェアのリロード 3-4

デュアル CMP アップグレード 2-20

電源ドメイン 1-1

ハードウェア情報、表示 2-19

フロー制御 2-16

メッセージ レベル 2-10

リブート 3-3

リロード 2-21, 3-4

ロギング メッセージ 2-8

CMP MGMT ETH LED 1-2

CMP MGMT ETH ポート。「CMP 管理イーサネット ポート」を参照

CMP-MGMT イーサネット ポート 2-1

CMP-MGMT インターフェイス

CMP を通じた設定 2-5

CP を通じた設定 2-4

セットアップ スクリプトを通じた設定 2-4

CMP STATUS LED 1-2

CMP 管理インターフェイス。 「CMP-MGMT インターフェイス」を参照 2-4

CP

監視 3-2

ステータス 3-2

接続 3-2

ソフトウェアのリロード 3-4

フロー制御 2-18

リロード 3-3

D

databits コマンド 2-13

deny コマンド 2-7

disabling the Telnet server コマンド 1-3

F

flowcontrol hardware コマンド 2-17

I

install all コマンド 2-20

install module コマンド 2-21

interface cmp-mgmt module コマンド 2-4

interface cmp-mgmt コマンド 2-5

ip access-group コマンド 2-7

ip access-list コマンド 2-7

ip address コマンド 2-4, 2-5

ip default-gateway コマンド 2-4, 2-5

IP アドレス、設定 2-4

L

LED 1-2

line com1 コマンド 2-17

line console コマンド 2-18

LINK LED 1-2

logging level コマンド 2-10

M

monitor CP コマンド 3-2

N

no ssh server enable コマンド 1-3

no telnet server enable コマンド 1-3

P

parity コマンド 2-14

permit コマンド 2-7

ping コマンド 3-2

R

reload cmp コマンド 2-21

reload cp コマンド 3-3

reload soft コマンド 3-4

reload system コマンド 3-3, 3-4

RJ-45 コネクタ 2-1

S

show attach sessions コマンド 2-19

show cp state コマンド 3-2

show logging level コマンド 2-10

show logging logfile コマンド 2-9, 2-19

show logging コマンド 1-3, 2-9

show logs コマンド 2-19

show processes コマンド 2-19

show running-config cmp コマンド 2-19

show running-config コマンド 2-19

show sprom コマンド 2-19

show ssh コマンド 2-19

show startup-config cmp コマンド 2-19

show system resources コマンド 2-19

show tech-support コマンド 2-19

show users コマンド 2-19

show version コマンド 2-19, 3-2

speed コマンド 2-12

SPROM コンテンツ、表示 2-19

ssh server enable コマンド 1-3

SSH サーバ、イネーブルまたはディセーブル 1-3

SSH 情報、表示 2-19

stopbits コマンド 2-15

switchto vdc コマンド 2-2, 2-3, 2-4, 2-5, 2-9, 2-10, 2-11, 2-12, 2-13, 2-14, 2-15, 2-16, 2-20

syslog メッセージ、表示 2-19

T

telnet server enable コマンド 1-3

Telnet サーバ、イネーブルまたはディセーブル 1-3

traceroute コマンド 3-2

アクセス権限 1-3

アクセス コントロール リスト。 「ACL」を参照

アクティブ セッション、表示 2-19

アラート メッセージ 2-8

一時停止セッション、表示 2-19

イネーブル、SSH サーバの 1-3

イネーブル、Telnet サーバの 1-3

イメージのバージョン、表示 3-2

インターフェイス コンフィギュレーション モード、CMP-MGMT の 2-4

関連資料 vii

起動設定、表示 2-19

機能、CMP 1-1

クリティカル メッセージ 2-8

ゲートウェイ、設定 2-4

コンポーネント 1-1

実行設定、表示 2-19

重大度、メッセージ 2-8

冗長性 1-4

資料

その他の資料 vii

スイッチオーバー、CMP の動作 1-4

ステータス、LED 1-2

ストップ ビット、設定 2-15

接続

CP から 1-1

デフォルト VDC 要件 1-3

ネットワーク 2-1

速度、設定 2-12

ソフトウェア イメージの情報、表示 2-19

ソフトウェアのリロード 3-4

ディセーブル、SSH の 1-3

データ ビット、設定 2-13

テクニカルサポート、CMP 出力の 2-19

デフォルト ゲートウェイ、設定 2-4

デフォルト設定 2-21

電源ドメイン、個別 1-1

同期パスワード 1-3

ネットワーク接続 2-1

ハードウェア フロー制御

CMP の設定 2-16

CP の設定 2-18

ハイ アベイラビリティ 1-4

パスワード 1-3

パリティ チェック、設定 2-14

非同期ストップ ビット、設定 2-15

フロー制御

CMP の設定 2-16

CP の設定 2-18

ボー レート、設定 2-12

ホップ数、ルートあたりの、表示 3-2

メッセージ

重大度 2-8

表示 2-9

ロギング 2-8

メッセージ レベル、設定 2-10

ユーザ、表示 2-19

ユーザ名 1-3

リブート、システムの 3-4

リロード、CMP の 3-4

リロード、システム 3-3, 3-4

ロギング、CMP メッセージ 2-8

ロギング ファイル

消去 2-11

定義済み 2-8

ロギング メッセージ、表示 2-19