スイッチ : Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチ

Cisco NX-OS:仮想デバイス コンテキスト スタートアップ ガイド Release 4.0

Cisco NX-OS:仮想デバイス コンテキスト スタートアップ ガイド Release 4.0
発行日;2011/12/22 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco NX-OS:仮想デバイス コンテキスト

VDC について

VDC の作成および初期化

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、およびセキュリティ ガイドライン

シスコのテクニカル サポート

Service Request ツールの使用

その他の情報の入手方法

Cisco NX-OS:仮想デバイス コンテキスト
スタートアップ ガイド Release 4.0

 

【注意】シスコ製品をご使用になる前に、安全上の注意( www.cisco.com/jp/go/safety_warning/ )をご確認ください。
 
本書は、米国シスコシステムズ発行ドキュメントの参考和訳です。
米国サイト掲載ドキュメントとの差異が生じる場合があるため、正式な内容については米国サイトのドキュメントを参照ください。
また、契約等の記述については、弊社販売パートナー、または、弊社担当者にご確認ください。

April 2, 2008
Text Part Number: OL-16007-01-J

このマニュアルでは、Virtual Device Contexts(VDC; 仮想デバイス コンテキスト)を NX-OS デバイスで起動する手順について説明します。

ここでは、次の内容について説明します。

「VDC について」

「VDC の作成および初期化」

「マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、およびセキュリティ ガイドライン」

VDC について

VDC は 1 台の物理デバイスを複数の論理デバイスにパーティションで区切ることで、障害の分離、管理の分離、アドレス割り当ての分離、サービス別ドメイン、および適応リソース管理を実現します。VDC インスタンスは物理デバイス内で個別に管理することができます。各 VDC は一意のデバイスとして、接続ユーザに表示されます。VDC は物理デバイス内で個別の論理エンティティとして動作し、一意の実行ソフトウェア プロセスのセットを維持し、独自の設定があり、別々の管理者が管理することができます。

NX-OS ソフトウェアを使用して VDC を操作する方法については、『 Cisco NX-OS Virtual Device Context Configuration Guide, Release 4.0 』を参照してください。

VDC の作成および初期化

ここでは、VDC を作成して初期化する方法について説明します。

VDC を作成して初期化するには、次の手順に従ってください。


ステップ 1 デフォルトの VDC に、ネットワーク管理者ロールを持つユーザ名でログインします。

ステップ 2 コンフィギュレーション モードを開始して、デフォルト設定で VDC を作成します。

switch# configure terminal
switch(config)# vdc MyVDC
Note: VDC creation is a time consuming process, please wait until the command completes
switch(config-vdc)#
 

ステップ 3 (任意)VDC にインターフェイスを割り当てます。


) VDC にインターフェイスを割り当てると、インターフェイス設定は失われます。


switch(config-vdc)# show vdc membership
 
vdc_id: 1 vdc_name: switch interfaces:
Ethernet2/1 Ethernet2/2 Ethernet2/3
Ethernet2/4 Ethernet2/5 Ethernet2/6
Ethernet2/7 Ethernet2/8 Ethernet2/9
Ethernet2/10 Ethernet2/11 Ethernet2/12
Ethernet2/13 Ethernet2/14 Ethernet2/15
Ethernet2/16 Ethernet2/17 Ethernet2/18
Ethernet2/19 Ethernet2/20 Ethernet2/21
Ethernet2/22 Ethernet2/23 Ethernet2/24
Ethernet2/25 Ethernet2/26 Ethernet2/27
Ethernet2/28 Ethernet2/29 Ethernet2/30
Ethernet2/31 Ethernet2/32 Ethernet2/33
Ethernet2/34 Ethernet2/35 Ethernet2/36
Ethernet2/37 Ethernet2/38 Ethernet2/39
Ethernet2/40 Ethernet2/41 Ethernet2/42
Ethernet2/43 Ethernet2/44 Ethernet2/45
Ethernet2/46 Ethernet2/47 Ethernet2/48
 
switch(config-vdc)# allocate interface ethernet 2/11-14
Moving ports will cause all config associated to them in source vdc to be removed. Are you sure you want to move the ports? [yes] yes

ステップ 4 VDC 設定を確認します。

switch(config-vdc)# show vdc MyVDC
 
vdc_id vdc_name state mac
------ -------- ----- ----------
2 MyVDC active 00:00:00:00:00:00
 

ステップ 5 新しい VDC に切り替えて、VDC 管理者ユーザ アカウント パスワードを入力します。

switch(config-vdc)# switchto vdc MyVDC
 
 
---- System Admin Account Setup ----
 
 
Enter the password for "admin": <password>
Confirm the password for "admin": <password>
 

ステップ 6 (任意)VDC に対するセットアップ スクリプトを実行します。


) セットアップ スクリプトを省略して、setup コマンドにより、VDC 内であとから実行することもできます。


---- Basic System Configuration Dialog VDC: 3 ----
 
This setup utility will guide you through the basic configuration of
the system. Setup configures only enough connectivity for management
of the system.
 
Please register Cisco Nexus 7000 Series devices promptly with your
supplier. Failure to register may affect response times for initial
service calls. Cisco Nexus 7000 Series devices must be registered to receive
entitled support services.
 
Press Enter at anytime to skip a dialog. Use ctrl-c at anytime
to skip the remaining dialogs.
 
Would you like to enter the basic configuration dialog (yes/no): yes
 

ステップ 7 セットアップ スクリプトが完了したら(またはセットアップ スクリプトを省略後)、新しい VDC を開始します。

Cisco Nexus Operating System (NX-OS) Software
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2008, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
switch-MyVDC#
 


 

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、およびセキュリティ ガイドライン

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、マニュアルに関するフィードバックの提供、セキュリティ ガイドライン、および推奨エイリアスや一般的なシスコのマニュアルについては、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

シスコのテクニカル サポート

次の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

http://www.cisco.com/en/US/support/index.html

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。

テクニカル サポートを受ける

ソフトウェアをダウンロードする

セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける

ツールおよびリソースへアクセスする

Product Alert の受信登録

Field Notice の受信登録

Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索

Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する

トレーニング リソースへアクセスする

TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

Japan テクニカル サポート Web サイトでは、Technical Support Web サイト( http://www.cisco.com/techsupport )の、利用頻度の高いドキュメントを日本語で提供しています。

Japan テクニカル サポート Web サイトには、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/jp/go/tac

Service Request ツールの使用

Service Request ツールには、次の URL からアクセスできます。

http://www.cisco.com/techsupport/servicerequest

日本語版の Service Request ツールは次の URL からアクセスできます。

http://www.cisco.com/jp/go/tac/sr/

シスコの世界各国の連絡先一覧は、次の URL で参照できます。

http://www.cisco.com/warp/public/687/Directory/DirTAC.shtml

その他の情報の入手方法

シスコの製品、サービス、テクノロジー、ネットワーキング ソリューションに関する情報について、さまざまな資料をオンラインで入手できます。

シスコの E メール ニュースレターなどの配信申し込みについては、Cisco Subscription Center にアクセスしてください。

http://www.cisco.com/offer/subscribe

日本語の月刊 Email ニュースレター「Cisco Customer Bridge」については、下記にアクセスください。

http://www.cisco.com/web/JP/news/cisco_news_letter/ccb/

シスコ製品に関する変更やアップデートの情報を受信するには、Product Alert Tool にアクセスし、プロファイルを作成して情報の配信を希望する製品を選択してください。Product Alert Tool には、次の URL からアクセスできます。

http://tools.cisco.com/Support/PAT/do/ViewMyProfiles.do?local=en

Cisco Product Quick Reference Guide 』はリファレンス ツールで、パートナーを通じて販売されている多くのシスコ製品に関する製品概要、主な機能、製品番号、および簡単な技術仕様が記載されています。『 Cisco Product Quick Reference Guide 』を発注するには、次の URL にアクセスしてください。

http://www.cisco.com/go/guide

ネットワークの運用面の信頼性を向上させることのできる最新の専門的サービス、高度なサービス、リモート サービスに関する情報については、Cisco Services Web サイトを参照してください。Cisco Services Web サイトには、次の URL からアクセスできます。

http://www.cisco.com/go/services

Cisco Marketplace では、さまざまなシスコの書籍、参考資料、マニュアル、ロゴ入り商品を提供しています。Cisco Marketplace には、次の URL からアクセスできます。

http://www.cisco.com/go/marketplace/

DVD に収録されたシスコの技術マニュアル(Cisco Product Documentation DVD)は、Product Documentation Store で発注できます。Product Documentation Store には、次の URL からアクセスできます。

http://www.cisco.com/go/marketplace/docstore

日本語マニュアルの DVD は、マニュアルセンターから発注できます。マニュアルセンターには下記よりアクセスください。

http://www.cisco.com/japanese/warp/public/3/jp/service/manual_j/manual_center/index.shtml

Cisco Press では、ネットワーク、トレーニング、認定関連の出版物を発行しています。Cisco Press には、次の URL からアクセスできます。

http://www.ciscopress.com

日本語のシスコプレスの情報は以下にアクセスください。

http://www.seshop.com/se/ciscopress/default.asp

Internet Protocol Journal 』は、インターネットおよびイントラネットの設計、開発、運用を担当するエンジニア向けに、シスコが発行する季刊誌です。『 Internet Protocol Journal 』には、次の URL からアクセスできます。

http://www.cisco.com/ipj

What's New in Cisco Product Documentation 』は、シスコ製品の最新マニュアル リリースに関する情報を提供するオンライン資料です。毎月更新されるこの資料は、製品カテゴリ別にまとめられているため、目的の製品マニュアルを見つけることができます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

シスコの Web サイトの各国語版へは、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/public/countries_languages.shtml