Cisco NX-OS Layer 2 Switching コンフィギュレーション ガイド Release 4.0
MST の設定
MST の設定
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

MST の設定

MST について

MST の概要

MST 領域

MST BPDU

MST コンフィギュレーション情報

IST、CIST、および CST

IST、CIST、および CST の概要

MST 領域内のスパニング ツリー動作

MST 領域間のスパニング ツリー動作

MST 用語

ホップ カウント

境界ポート

単一方向リンク障害の検出

ポート コストおよびポート プライオリティ

IEEE 802.1D との相互運用性

ハイ アベイラビリティ

バーチャライゼーションのサポート

MST のライセンス要件

MST の前提条件

注意事項および制約事項

MST の設定

MST のイネーブル化

MST コンフィギュレーション モードの開始

MST 名の指定

MST コンフィギュレーション リビジョン番号の指定

MST 領域のコンフィギュレーションの指定

VLAN と MSTI のマッピングおよびマッピング解除

プライベート VLAN のセカンダリ VLAN をプライマリ VLAN と同じ MSTI にマッピングする方法

ルート ブリッジの設定

セカンダリ ルート ブリッジの設定

スイッチ プライオリティの設定

ポート プライオリティの設定

ポート コストの設定

hello タイムの設定

転送遅延時間の設定

最大エージング タイムの設定

最大ホップ カウントの設定

リンク タイプの指定

プロトコルの再初期化

MST コンフィギュレーションの確認

MST 統計情報の表示およびクリア

MST の設定例

デフォルト設定

追加情報

関連資料

標準規格

MIB

MST の設定

この章では、NX-OS デバイスに Multiple Spanning Tree(MST)を設定する方法について説明します。


) レイヤ 2 インターフェイスの作成方法については、『Cisco NX-OS Interface Configuration Guide』を参照してください。


IEEE 802.1s 標準の MST を使用すると、スパニング ツリー インスタンスに複数の VLAN(仮想 LAN)を割り当てることができます。MST はデフォルトのスパニング ツリー モードではありません。Rapid per VLAN Spanning Tree(Rapid PVST+)がデフォルト モードです。名前、リビジョン番号、および VLAN/インスタンス間マッピングが同じ MST Instance(MSTI; MST インスタンス)が組み合わされて、MST 領域を形成します。MST 領域は、領域外のスパニング ツリー構成からは、単一ブリッジとして認識されます。MST が隣接デバイスから IEEE 802.1D Spanning Tree Protocol(STP; スパニング ツリー プロトコル)メッセージを受信すると、該当するインターフェイスとの境界が形成されます。


) スパニング ツリーは、IEEE 802.1w および IEEE 802.1s を表す場合に使用されます。IEEE 802.1D STP に関する説明の場合は、具体的に 802.1D と表記されます。


ここでは、次の内容を説明します。

「MST について」

「MST のライセンス要件」

「MST の前提条件」

「注意事項および制約事項」

「MST の設定」

「MST コンフィギュレーションの確認」

「MST 統計情報の表示およびクリア」

「MST の設定例」

「デフォルト設定」

「追加情報」


) STP および Rapid PVST+ の詳細については、「Rapid PVST+ の設定」、STP 拡張機能の詳細については、「STP 拡張機能の設定」を参照してください。


MST について


) レイヤ 2 インターフェイスの作成方法については、『Cisco NX-OS Interface Configuration Guide』を参照してください。


IEEE 802.1s 標準の MST を使用すると、スパニング ツリー インスタンスに複数の VLAN を割り当てることができます。MST はデフォルトのスパニング ツリー モードではありません。Rapid PVST+ がデフォルト モードです。名前、リビジョン番号、および VLAN/インスタンス間マッピングが同じ MSTI が組み合わされて、MST 領域を形成します。MST 領域は、領域外のスパニング ツリー構成からは、単一ブリッジとして認識されます。MST が隣接デバイスから IEEE 802.1D Spanning Tree Protocol(STP; スパニング ツリー プロトコル)メッセージを受信すると、該当するインターフェイスとの境界が形成されます。


) スパニング ツリーは、IEEE 802.1w および IEEE 802.1s を表す場合に使用されます。このマニュアルで IEEE 802.1D STP に関して説明する場合は、具体的に 802.1D と表記されます。


ここでは、次の内容について説明します。

「MST の概要」

「MST 領域」

「MST BPDU」

「MST コンフィギュレーション情報」

「IST、CIST、および CST」

「ホップ カウント」

「境界ポート」

「単一方向リンク障害の検出」

「ポート コストおよびポート プライオリティ」

「IEEE 802.1D との相互運用性」

「ハイ アベイラビリティ」

「バーチャライゼーションのサポート」

MST の概要


) MST をイネーブルにする必要があります。デフォルトのスパニング ツリー モードは、Rapid PVST+ です。


MST は、複数の VLAN をスパニング ツリー インスタンスにマッピングします。各インスタンスには他のスパニング ツリー インスタンスとは別のスパニング ツリー トポロジがあります。このアーキテクチャにより、データ トラフィック用に複数の転送パスが提供され、ロード バランスが有効化され、多くの VLAN をサポートするために必要な STP インスタンスの数を軽減します。MST では、1 つのインスタンス(転送パス)で障害が発生しても他のインスタンス(転送パス)に影響しないため、ネットワークの耐障害性が向上します。

各 MSTI で IEEE 802.1w 標準が使用されるため、明示的なハンドシェイクを通して高速コンバージェンスを実現することができます。これによって、IEEE 802.1D 転送遅延がなくなり、ルート ブリッジ ポートと指定ポートが迅速にフォワーディング ステートへ移行します(明示的なハンドシェイク合意については、「Rapid PVST+ の設定」を参照)。

デバイス上では、常に MAC アドレス リダクションがイネーブルです(MAC アドレス リダクションの詳細については、「Rapid PVST+ の設定」を参照)。この機能をディセーブルにすることはできません。

MST は、スパニング ツリー動作を改善し、以下の STP バージョンと後方互換性を維持しています。

元の 802.1D スパニング ツリー

Rapid PVST+


) • IEEE 802.1w は Rapid Spanning Tree Protocol(RSTP)を定義し、IEEE 802.1D に組み込まれています。

IEEE 802.1s は MST を定義し、IEEE 802.1Q に組み込まれています。


 

MST 領域

MSTI にデバイスを参加させるには、常に同じ MST コンフィギュレーション情報を使用してスイッチを設定する必要があります(MST コンフィギュレーション情報を参照)。

同じ MST コンフィギュレーションを持つ、相互接続されたデバイスの集合を MST 領域といいます。MST 領域は、同じ MST コンフィギュレーションを持つ、リンクされた MST ブリッジのグループです。

MST コンフィギュレーションは、各デバイスが属する MST 領域を制御します。このコンフィギュレーションには、領域名、リビジョン番号、VLAN/MSTI 割り当てマッピングが含まれます。

領域には、同じ MST コンフィギュレーションを持つメンバーを 1 つ以上格納できます。各メンバーには、802.1w Bridge Protocol Data Unit(BPDU; ブリッジ プロトコル データ ユニット)を処理する機能が必要です。ネットワーク内の MST 領域数に制限はありません。

各デバイスは、単一の MST 領域内で、インスタンス 0 を含む最大 65 個の MSTI をサポートできます。インスタンスは 1 ~ 4094 の任意の番号で識別されます。インスタンス 0 は、Internal Spanning Tree(IST; 内部スパニング ツリー)という特殊なインスタンス専用です。1 つの VLAN を同時に 2 つの MSTI に割り当てることはできません。(IST の詳細については、IST、CIST、および CSTを参照)。

MST 領域は、隣接 MST 領域やその他の Rapid PVST+ 領域、および 802.1D STP からは、単一ブリッジとして認識されます。


) ネットワークを多数の領域に分割することは推奨できません。


MST BPDU

各デバイスで使用できる MST BPDU は、インターフェイスごとに 1 つのみです。この BPDU が、デバイス上の各 MSTI の M レコードを伝達します(図6-1 を参照)。MST 領域の BPDU を送信するのは、IST のみです。すべての M レコードは、IST から伝送される、この特定の BPDU にカプセル化されます(IST の詳細については、IST、CIST、および CST の概要を参照)。MST BPDU はすべてのインスタンスの情報を伝送するため、MST をサポートするために処理しなければならない BPDU の数は、Rapid PVST+ と比べて大幅に削減されます。

図6-1 MSTI の M レコードを含む MST BPDU

 

MST コンフィギュレーション情報

単一の MST 領域内にあるすべてのデバイスで MST コンフィギュレーションを同一にする必要がある場合は、ユーザ側で設定します。

設定できる MST コンフィギュレーションのパラメータは、次の 3 つです。

名前 -- MST 領域を識別する 32 文字のストリング(ヌル パディング、ヌルで終了)

リビジョン番号 -- 現在の MST コンフィギュレーションのリビジョンを識別する、符号なし 16 ビット数


) MST コンフィギュレーションの一部としてリビジョン番号が必要な場合は、リビジョン番号を設定する必要があります。リビジョン番号は、MST コンフィギュレーションをコミットするたびに、自動的に増えるわけではありません。


VLAN/MSTI マッピング -- 各 Virtual Device Context(VDC)でサポートされる 4094 個の各 VLAN を指定インスタンスに対応付ける、4094 個のエレメントを含むテーブル。先頭エレメント(0)および最終エレメント(4095)は 0 に設定されています。エレメント番号 X の値は、VLAN X のマッピング先インスタンスを表します。


) VLAN/MSTI マッピングを変更すると、MST が再コンバージェンスされます。


MST BPDU には、上記の 3 つのコンフィギュレーション パラメータが含まれています。MST ブリッジが自身の領域に MST BPDU を受け入れるのは、これらの 3 つのコンフィギュレーション パラメータが完全に一致する場合のみです。特定のコンフィギュレーション属性が異なる場合、MST ブリッジはこの BPDU が別の MST 領域から伝送されたとみなします。

IST、CIST、および CST

ここでは、IST、Common and Internal Spanning-Tree(CIST)、および Common Spanning Tree(CST)について説明します。

「IST、CIST、および CST の概要」

「MST 領域内のスパニング ツリー動作」

「MST 領域間のスパニング ツリー動作」

「MST 用語」

IST、CIST、および CST の概要

すべての STP インスタンスが独立している Rapid PVST+(詳細については「Rapid PVST+ の設定」を参照)と異なり、MST は IST、CIST、および CST スパニング ツリーを次のように確立して、維持します。

IST は 1 つの MST 領域で稼働するスパニング ツリーです。

MST は各 MST 領域内でその他のスパニング ツリーを確立して、維持します。これらのスパニング ツリーは、MSTI といいます。

インスタンス 0 は領域の特殊インスタンスで、IST と呼ばれています。IST は必ずすべてのポート上にあります。IST(インスタンス 0)は削除できません。デフォルトでは、すべての VLAN が IST に割り当てられています。他のすべての MSTI には 1 ~ 4094 の番号が割り当てられます。

IST は BPDU を送受信する唯一の STP インスタンスです。他のすべての MSTI 情報は、MST レコード(M レコード)内に含まれ、MST BPDU 内でカプセル化されています。

同じ領域内にあるすべての MSTI は同じプロトコル タイマーを共有しますが、各 MSTI にはルート ブリッジ ID、ルート パス コストなどの独自のトポロジ パラメータがあります。

MSTI は領域に対してローカルです。たとえば、領域 A と B が相互接続されている場合でも、領域 A の MSTI 9 は 領域 B の MSTI 9 から独立しています。領域の境界をまたいで使用されるのは、CST 情報のみです。

CST は MST 領域と、ネットワーク上で稼働できる 802.1D および 802.1w STP の任意のインスタンスを相互接続します。CST はブリッジ型ネットワークの STP インスタンスの 1 つです。すべての MST 領域と、802.1w および 802.1D インスタンスが含まれます。

CIST は、各 MST 領域にある IST の集合です。CIST は、MST 領域の内部では IST と同じであり、MST 領域の外部では CST と同じです。

MST 領域内で計算されたスパニング ツリーは、スイッチド ドメイン全体を含む CST のサブツリーとみなされます。CIST は 802.1w、802.1s、802.1D 標準をサポートするスイッチ間で動作するスパニング ツリー アルゴリズムによって形成されます。MST 領域内にある CIST は領域外にある CST と同じです。

詳細については、「MST 領域内のスパニング ツリー動作」および「MST 領域間のスパニング ツリー動作」を参照してください。

MST 領域内のスパニング ツリー動作

IST は領域内のすべての MST のスイッチを接続します。IST が収束すると、IST のルートが CIST 領域のルートになります(図6-2 を参照)。CIST リージョナル ルートは、ネットワーク内に領域が 1 つしかない場合は CIST ルートでもあります。CIST ルートが領域外にある場合、領域の境界にある MST デバイスの 1 つが CIST リージョナル ルートとして選択されます。

MST のデバイスは初期化時に、自身を CIST ルートおよび CIST リージョナル ルートとして識別する BPDU を送信します。その際、CIST ルートへのパス コストと CIST リージョナル ルートへのパス コストは 0 に設定されています。また、デバイスは、すべての MSTI を初期化し、自身がこれらすべてのルートであることを示します。デバイスが現在ポートに格納されているものよりも上位の MSTI ルート情報(小さいスイッチ ID、低いパス コストなど)を受信すると、CIST リージョナル ルートとしての主張を撤回します。

初期化中に、MST 領域内に独自の CIST リージョナル ルートを持つ多くのサブ領域が形成される場合があります。スイッチは、同じ領域内のネイバーから上位の IST 情報を受信すると、古いサブ領域を脱退して、真の CIST リージョナル ルートが含まれている新しいサブ領域に加入します。このようにして、真の CIST リージョナル ルートが含まれているサブ領域以外のサブ領域はすべて縮小します。

MST 領域内のすべてのスイッチが同じ CIST リージョナル ルートを承認する必要があります。領域内にある任意の 2 つのスイッチは、共通 CIST リージョナル ルートに収束する場合、MSTI に対するポート ロールのみを同期します。

MST 領域間のスパニング ツリー動作

ネットワーク内に複数の領域、または 802.1 w や 802.1D STP インスタンスがある場合、MST はネットワーク内のすべての MST 領域、およびすべての 802.1w と 802.1D STP スイッチを含む CST を確立して、維持します。MSTI は領域の境界で IST と結合して CST になります。

IST は領域内のすべての MST のスイッチを接続し、スイッチ ドメイン全体を含んだ CIST 内のサブツリーとして認識されます。サブツリーのルートは CIST リージョナル ルートです。MST 領域は、隣接する STP のスイッチおよび MST 領域からは仮想デバイスとして認識されます。

図6-2 に、3 つの MST 領域および 802.1D デバイス(D)があるネットワークを示します。領域 1 の CIST リージョナル ルート(A)は CIST ルートでもあります。領域 2 の CIST リージョナル ルート(B)および領域 3 の CIST リージョナル ルート(C)は、CIST 内の各サブツリーのルートです。

図6-2 MST 領域、CIST リージョナル ルート、および CST ルート

 

BPDU を送受信するのは CST インスタンスのみです。MSTI は自身のスパニング ツリー情報を BPDU に(M レコードとして)追加し、同じ MST 領域内の隣接スイッチと相互作用して、最終的なスパニング ツリー トポロジを計算します。そのため、BPDU 送信に関連したスパニング ツリー パラメータ(たとえば hello タイム、転送時間、最大エージング タイム、最大ホップ数など)は、CST インスタンスにのみ設定されますが、すべての MSTI に影響します。スパニング ツリー トポロジに関連するパラメータ(スイッチ プライオリティ、ポート VLAN コスト、ポート VLAN プライオリティなど)は CST インスタンスと MSTI の両方で設定できます。

MST デバイスは、バージョン 3 BPDU を使用します。802.1D STP にフォール バックした MST デバイスは、802.1D 専用デバイスと通信する場合、802.1D BPDU のみを使用します。MST デバイスは、MST デバイスと通信する場合、MST BPDU を使用します。

MST 用語

MST の命名規則には、一部の内部パラメータまたはリージョナル パラメータの識別情報が含まれています。これらのパラメータは、ネットワーク全体で使用されている外部パラメータとは違い、MST 領域のみで使用されます。CIST はネットワーク全体にまたがる唯一のスパニング ツリー インスタンスなので、CIST パラメータでは、内部修飾子や領域の修飾子ではなく、外部修飾子が必要です。MST 用語を次に示します。

CIST ルートは CIST のルート ブリッジで、ネットワーク全体にまたがる一意のインスタンスです。

CIST 外部ルート パス コストは、CIST ルートのコストです。このコストは、MST 領域内では変化しません。MST 領域は CIST に対して単一のデバイスのように見えます。CIST 外部ルート パス コストは、これらの仮想スイッチとどの領域にも属さないスイッチとの間で計算されたルート パス コストです。

CIST ルートが領域内にある場合、CIST リージョナル ルートは CIST ルートです。それ以外の場合は、領域内で CIST ルートに最も近いデバイスが CIST リージョナル ルートです。CIST リージョナル ルートは IST のルート ブリッジとして動作します。

CIST 内部ルート パス コストは、領域内の CIST リージョナル ルートのコストです。このコストは、IST(インスタンス 0)にのみ関連します。

ホップ カウント

MST 領域内の STP トポロジを計算する場合、MST はコンフィギュレーション BPDU のメッセージ有効期間および最大エージング タイムの情報を使用しません。その代わりに、ルートへのパス コストおよび IP Time to Live(TTL; 存続可能時間)メカニズムに似たホップカウント メカニズムを使用します。

spanning-tree mst max-hops グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用することで、領域内の最大ホップを設定して、それをその領域内にある IST およびすべての MSTI に適用できます。

ホップ カウントは、メッセージ有効期間情報と同じ結果(再設定の開始)となります。インスタンスのルート ブリッジは、常にコスト 0 でホップ カウントが最大値に設定されている BPDU(または M レコード)を送信します。デバイスがこの BPDU を受信すると、受信 BPDU の残存ホップ カウントから 1 だけ差し引いた値を残存ホップ カウントとする BPDU を生成し、これを伝播します。ホップ カウントが 0 になると、デバイスは BPDU を廃棄して、ポートに維持された情報を期限切れにします。

BPDU の 802,1w 部分に格納されているメッセージ有効期間および最大エージング タイムの情報は、領域全体で同じです(IST の場合のみ)。同じ値が、境界にある領域の指定ポートによって伝播されます。

最大エージング タイムは、デバイスがスパニング ツリー設定メッセージを受信せずに再設定を試行するまで待機する秒数です。

境界ポート

境界ポートは LAN に接続されたポートです。この LAN の代表ブリッジは、MST コンフィギュレーションが異なる(したがって、MST 領域が異なる)ブリッジ、または Rapid PVST+ や 802.1D STP ブリッジです。指定ポートは、STP ブリッジを検出した場合、またはコンフィギュレーションの異なる MST ブリッジや Rapid PVST+ ブリッジから合意メッセージを受信した場合に、自身が境界上にあることを認識します。この定義により、領域の内側にある 2 つのポートが異なる領域に属するポートとセグメントを共有することができるので、内部メッセージと外部メッセージの両方をポートで受信できる可能性があります(図6-3 を参照)。

図6-3 MST 境界ポート

 

境界では、MST ポートの役割は重要でありません。、MSTポート ステートは強制的に IST ポート ステートと同じに設定されます。ポートに境界フラグが設定されている場合、MST ポートのロール選択プロセスによって、境界にポート ロールが割り当てられ、IST ポートと同じステートが割り当てられます。境界の IST ポートは、バックアップ ポート ロール以外のあらゆるポート ロールを担うことができます(境界ポートのステートおよびロード バランシングに関する重要な情報については、注意事項および制約事項を参照)。

単一方向リンク障害の検出

現在、IEEE MST 標準に単一方向リンク障害の検出機能はありませんが、標準に準拠した実装には組み込まれています。この機能のベースとなるのは、異議メカニズムです。ソフトウェアは、受信した BPDU のポート ロールとステートの一貫性をチェックして、ブリッジング ループが発生する可能性のある単一方向リンク障害を検出します。


) Unidirectional Link Detection(UDLD; 単一方向リンク検出)の詳細については、『Cisco NX-OS Fundamentals Configuration Guide』を参照してください。


指定ポートが矛盾を検出するとロールは維持されますが、状態は廃棄ステートに戻ります。これは、接続に矛盾が生じた場合、ブリッジング ループを開始するよりも接続を中断する方が好ましいためです。

図6-4 に、ブリッジング ループの一般的な原因となる単一方向リンク障害を示します。スイッチ A はルート ブリッジで、その BPDU はデバイス B へのリンクで損失されます。Rapid PVST+(802.1w)および MST BPDU には、送信ポートのロールとステートが含まれます。デバイス A はこの情報を使用して、デバイス B が A の送信した上位 BPDU に反応せず、デバイス B がルート ポートではなく、指定ポートであることを検出できます。その結果、デバイス A は B のポートをブロックする(またはブロックし続ける)ので、ブリッジング ループが回避されます。

図6-4 単一方向リンク障害の検出

 


) ブリッジ保証機能の詳細については、「STP 拡張機能の設定」も参照してください。


ポート コストおよびポート プライオリティ

スパニング ツリーはポート コストを使用して、指定ポートを決定します。値が低いほど、ポート コストは小さくなります。スパニング ツリーはコストが最小のパスを選択します。デフォルト ポート コストは、次のように、インターフェイスの帯域幅から取得されます。

10 Mbps -- 2,000,000

100 Mbps -- 200,000

1 ギガビット イーサネット -- 20,000

10 ギガビット イーサネット -- 2,000

ポート コストを設定すると、選択されるポートが影響を受けます。


) MST では常にロング パスコスト計算方式が使用されるため、有効値は 1 ~ 200,000,000 です。


コストが同じポートを差別化するために、ポート プライオリティが使用されます。値が小さいほど、プライオリティは高くなります。デフォルトのポート プライオリティは 128 です。プライオリティに設定できる値は、0 ~ 224 です(32 単位で増分)。

IEEE 802.1D との相互運用性

MST が稼働しているデバイスは、802.1D STP スイッチと相互運用できるようにする内蔵プロトコル移行機能をサポートします。このデバイスが 802.1D コンフィギュレーション BPDU(プロトコル バージョンが 0 に設定されている BPDU)を受信すると、そのポートからは 802.1D BPDU のみを送信します。また、MST デバイスは、802.1D BPDU、異なる領域と関連する MST BPDU(バージョン 3)、または 802.1w BPDU(バージョン 2)を受信するときに、ポートが領域の境界にあることを検出できます。

ただし、デバイスが 802.1D BPDU を受信しなくなっても、自動的に MST モードに戻ることはありません。これは、802.1D デバイスが指定デバイスでない場合、802.1D デバイスがリンクから削除されているかどうかを検出できないためです。また、デバイスは、このデバイスに接続されているデバイスがその領域に加入した場合、引き続きポートに境界ロールを割り当てる可能性もあります。

プロトコル移行プロセスを再起動する(隣接スイッチと強制的に再ネゴシエーションする)には、 clear spanning-tree detected-protocols コマンドを入力します。

リンク上のすべての Rapid PVST+ スイッチ(およびすべての 8021.D STP スイッチ)は、802.1w BPDU の場合と同様に、MST BPDU を処理できます。MST スイッチは、境界ポートでバージョン 0 コンフィギュレーションと Topology Change Notification(TCN; トポロジ変更通知)BPDU、またはバージョン 3 MST BPDU のいずれかを送信できます。境界ポートは、指定デバイスが単一のスパニング ツリー デバイスであるか、または異なる MST コンフィギュレーションを持つデバイスである LAN に接続されます。


) MST は、MST ポートでシスコの先行標準 MSTP を受信した場合、必ず先行標準 MSTP と相互運用されます。明示的な設定は不要です。


ハイ アベイラビリティ

ソフトウェアは MST に対してハイ アベイラビリティをサポートしています。ただし、MST を再起動した場合、統計情報およびタイマーは復元されません。タイマーは再起動し、統計情報は 0 から開始します。


) ハイ アベイラビリティ機能の詳細については、『Cisco NX-OS High Availability and Redundancy Configuration Guide』を参照してください。


バーチャライゼーションのサポート

システムでは VDC がサポートされ、VDC ごとに個別の STP が実行されます(図6-5 を参照)。

図6-5 VDC ごとに個別の STP

 

特定の VDC で Rapid PVST+ を実行し、別の VDC で MST を実行することができます。VDC ごとに独自の MST があります。作業している VDC が正しいことを確認してください。

たとえば、VDC1 で MST、VDC2 で Rapid PVST+、VDC 3 で MST を実行することができます。


) 異なる VDC 内の MST は区別されます。つまり、VDC ごとに MST 領域を設定する必要があります。



) VDC およびリソース割り当ての詳細については、『Cisco NX-OS Virtual Device Context Configuration Guide』を参照してください。


MST のライセンス要件

次の表に、この機能に関するライセンス要件を示します。

 

製品
ライセンス要件

NX-OS

MST のライセンスは不要です。ライセンス パッケージに含まれていない機能は Cisco NX-OS システム イメージにバンドルされ、無料で提供されます。NX-OS ライセンス方式の詳細については、『 Cisco NX-OS Licensing Guide 』を参照してください。

ただし、VDC を使用する場合は、Advanced Services ライセンスが必要です。

MST の前提条件

MST には次の前提条件があります。

デバイスにログオンする必要があります。

DCNM を使用して STP パラメータを設定する前に、デバイスのコマンドラインに logging-level spanning-tree 6 NX-OS グローバル コマンドを入力して、ロギング レベルを設定する必要があります。ロギング レベルの詳細については、『 Cisco NX-OS System Management Configuration Guide 』を参照してください。

必要に応じて、Advanced Services ライセンスをインストールし、目的の VDC を開始します。

デフォルト以外の VDC で作業する場合は、目的の VDC を作成しておく必要があります。

注意事項および制約事項


) VLAN/MSTI マッピングを変更すると、MST が再コンバージェンスされます。


MST を使用する場合は、次の注意事項に従ってください。

MST をイネーブルにする必要があります。デフォルトのスパニング ツリー モードは、Rapid PVST+ です。

1 つの VLAN を同時に 2 つの MSTI に割り当てることはできません。

1 つのデバイスに最大 65 個の MSTI を設定できます。

VLAN およびポートの最大数は 75,000 です。

デフォルトでは、すべての VLANが MSTI 0(IST)にマッピングされます(VLAN を特定の MSTI にマッピングする方法については、VLAN と MSTI のマッピングおよびマッピング解除を参照)。

システムのプライベート VLAN で作業する場合は、すべてのセカンダリ VLAN がプライマリ VLAN と同じ MSTI にマッピングされていることを確認してください。

セカンダリおよびプライマリ VLAN を同期化して、同じ MSTI に設定する方法については、「プライベート VLAN のセカンダリ VLAN をプライマリ VLAN と同じ MSTI にマッピングする方法」を参照してください。

ロード バランスは、MST 領域の 内部 でのみ実行できます。

MSTI にマッピングされたすべての VLAN が、トランクによって伝送されているか、または伝送から除外されていることを確認します。

STP は常にイネーブルのままにしておきます。

タイマーは変更しないでください。安定性が低下することがあります。

ユーザ トラフィックが管理 VLAN に流れないようにして、管理 VLAN とユーザ データを常に分離するようにしてください。

プライマリおよびセカンダリ ルート スイッチの場所として、ディストリビューション レイヤおよびコア レイヤを選択します。

ポート チャネリング -- ポート チャネル バンドルは、単一ポートとみなされます。ポート コストは、このチャネルに割り当てられたすべての設定済みポート コストの合計値です。


) ソフトウェアは、MST に対して中断のない完全アップグレードをサポートします。中断のないアップグレードの詳細については、『Cisco NX-OS High Availability and Redundancy Configuration Guide』を参照してください。


VLAN を MSTI にマッピングすると、この VLAN が以前の MSTI から自動的に削除されます。

1 つの MSTI に任意の個数の VLAN をマッピングできます。

Rapid PVST+ と MST クラウド、または PVST+ と MST クラウドとの間でロード バランスを実現するには、すべての MST 境界ポートがフォワーディング ステートでなければなりません。MST クラウドの CIST リージョナル ルートが CST のルートでなければなりません。MST クラウドが複数の MST 領域で構成されている場合、MST 領域の 1 つに CST ルートが含まれていなければならず、その他のすべての MST 領域では MST クラウド内に含まれるルートへのパスが、Rapid PVST+ または PVST+ クラウドよりも良好なものでなければなりません。

ネットワークを多数の領域に分割しないでください。ただし、そのような状況が避けられないような場合には、スイッチド LAN を非レイヤ 2 装置と相互接続された小規模な LAN に分割することを推奨します。

プライベート VLAN で作業する場合は、 private-vlan synchronize コマンドを入力して、セカンダリ VLAN を、プライマリ VLAN と同じ MSTI にマッピングします。

MST コンフィギュレーション サブモードで作業している場合は、次の注意事項に従ってください。

コマンド リファレンスの各行によって未適用の領域設定が作成されます。

未適用の領域設定は、現在の領域の設定から開始されます。

変更をコミットしないで、MST コンフィギュレーション サブモードを終了するには、 abort コマンドを入力します。

MST コンフィギュレーション サブモードを終了し、サブモード終了前に行われたすべての変更をコミットするには、 exit または end コマンドを入力するか、または Ctrl + z キーを押します。

MST の設定

ここでは、次の内容について説明します。

「MST のイネーブル化」

「MST コンフィギュレーション モードの開始」

「MST 名の指定」

「MST コンフィギュレーション リビジョン番号の指定」

「MST 領域のコンフィギュレーションの指定」

「VLAN と MSTI のマッピングおよびマッピング解除」

「プライベート VLAN のセカンダリ VLAN をプライマリ VLAN と同じ MSTI にマッピングする方法」

「ルート ブリッジの設定」

「セカンダリ ルート ブリッジの設定」

「スイッチ プライオリティの設定」

「ポート プライオリティの設定」

「ポート コストの設定」

「hello タイムの設定」

「転送遅延時間の設定」

「最大エージング タイムの設定」

「最大ホップ カウントの設定」

「リンク タイプの指定」

「プロトコルの再初期化」


) Cisco IOS の CLI に慣れている場合、この機能のシスコ ソフトウェア コマンドは従来の Cisco IOS コマンドと異なることがあるので注意が必要です。


MST のイネーブル化

MST をイネーブルにできます。デフォルトは、Rapid PVST+ です。

同じ VDC 上で MST と Rapid PVST+ を同時に実行することはできません。


) スパニング ツリー モードを変更すると、すべてのスパニング ツリー インスタンスが前のモードで停止して新規モードで再開されるため、トラフィックは中断されます。


始める前に

正しい VDC を開始していること(または switchto vdc コマンドを入力済みであること)を確認してください。

手順の要約

1. config t

2. spanning-tree mode mst

3. exit

4. show running-config spanning-tree all

5. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

例:

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

spanning-tree mode mst

 

例:

switch(config)# spanning-tree mode mst

デバイス上で MST をディセーブルにして、Rapid PVST+ に戻します。

no spanning-tree mode mst

 

例:

switch(config)# no spanning-tree mode mst

デバイス上で MST をディセーブルにして、Rapid PVST+ に戻します。

ステップ 3

exit

 

例:

switch(config)# exit

switch#

コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 4

show running-config spanning-tree all

 

例:

switch# show running-config spanning-tree all

(任意)現在稼働している STP コンフィギュレーションを表示します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

 

例:

switch# copy running-config startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

次に、デバイス上で MST をイネーブルにする例を示します。

switch# config t
switch(config)# spanning-tree mode mst
switch(config)# exit
switch#

) スパニング ツリー モードを変更すると、すべてのスパニング ツリー インスタンスが前のモードで停止して新規モードで再開されるため、トラフィックは中断されます。


MST コンフィギュレーション モードの開始

デバイスに MST 名、VLAN/インスタンス間マッピング、および MST リビジョン番号を設定するには、MST コンフィギュレーション モードを開始します。

複数のデバイスが同じ MST 領域内にある場合は、これらのデバイスの MST 名、VLAN/インスタンス間マッピング、および MST リビジョン番号を 同一 にする必要があります。


) MST コンフィギュレーション モードでは、コマンド リファレンスの各行によって未適用の領域設定が作成されます。また、未適用の領域設定は、現在の領域の設定から開始されます。


始める前に

正しい VDC を開始していること(または switchto vdc コマンドを入力済みであること)を確認してください。

手順の要約

1. config t

2. [no] spanning-tree mst configuration

3. exit
または
abort

4. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

例:

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

spanning-tree mst configuration

 

例:

switch(config)# spanning-tree mst configuration

switch(config-mst)#

 

システム上で、MST コンフィギュレーション サブモードを開始します。次に示す MST コンフィギュレーション パラメータを割り当てるには、MST コンフィギュレーション サブモードを開始する必要があります。

MST 名

VLAN/MSTI 間マッピング

MST リビジョン番号

プライベート VLAN での、プライマリ VLAN とセカンダリ VLAN の同期

no spanning-tree mst configuration

 

例:

switch(config-mst)# no spanning-tree mst configuration

MST 領域設定を次のデフォルト値に戻します。

領域名は空の文字列です。

どの MSTI にも VLAN はマッピングされません(すべての VLAN は CIST インスタンスにマッピングされます)。

リビジョン番号は 0 です。

ステップ 3

exit

 

例:

switch(config-mst)# exit

switch(config)#

すべての変更をコミットし、MST コンフィギュレーション サブモードを終了します。

abort

 

例:

switch(config-mst)# abort

switch(config)#

変更をコミットしないで、MST コンフィギュレーション サブモードを終了します。

ステップ 4

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config)# copy running-config startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

次に、デバイスで MST コンフィギュレーション サブモードを開始する例を示します。

switch# config t
switch(config)# spanning-tree mst configuration
switch(config-mst)#
 

次に、デバイスで変更をコミットし、MST コンフィギュレーション サブモードを終了する例を示します。

sswitch(config-mst)# exit
switch(config)#
 

次に、デバイスで変更を コミットしないで 、MST コンフィギュレーション サブモードを終了する例を示します。

sswitch(config-mst)# abort
switch(config)#

MST 名の指定

ブリッジに領域名を設定できます。複数のブリッジが同じ MST 領域内にある場合は、これらのブリッジの MST 名、VLAN/インスタンス間マッピング、および MST リビジョン番号を 同一 にする必要があります。

始める前に

正しい VDC を開始していること(または switchto vdc コマンドを入力済みであること)を確認してください。

手順の要約

1. config t

2. spanning-tree mst configuration

3. name name

4. exit
または
abort

5. show spanning-tree mst

6. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

例:

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

spanning-tree mst configuration

 

例:

switch(config)# spanning-tree mst configuration

switch(config-mst)#

MST コンフィギュレーション サブモードを開始します。

ステップ 3

name name

 

例:

switch(config-mst)# name accounting

MST 領域の名前を指定します。 name 文字列は、最大 32 文字で大文字と小文字を区別します。デフォルトは空の文字列です。

ステップ 4

exit

 

例:

switch(config-mst)# exit

switch(config)#

すべての変更をコミットし、MST コンフィギュレーション サブモードを終了します。

abort

 

例:

switch(config-mst)# abort

switch(config)#

変更をコミットしないで、MST コンフィギュレーション サブモードを終了します。

ステップ 5

show spanning-tree mst

 

例:

switch# show spanning-tree mst

(任意)MST コンフィギュレーションを表示します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config)# copy running-config startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

次に、MST 領域の名前を設定する例を示します。

switch# config t
switch(config)# spanning-tree mst configuration
switch(config-mst)# name accounting
switch(config-mst)#

MST コンフィギュレーション リビジョン番号の指定

ブリッジにリビジョン番号を設定します。複数のブリッジが同じ MST 領域内にある場合は、これらのブリッジの MST 名、VLAN/インスタンス間マッピング、および MST リビジョン番号を 同一 にする必要があります。

始める前に

正しい VDC を開始していること(または switchto vdc コマンドを入力済みであること)を確認してください。

手順の要約

1. config t

2. spanning-tree mst configuration

3. revision version

4. exit
または
abort

5. show spanning-tree mst

6. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

例:

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

spanning-tree mst configuration

 

例:

switch(config)# spanning-tree mst configuration

switch(config-mst)#

MST コンフィギュレーション サブモードを開始します。

ステップ 3

revision version

 

例:

switch(config-mst)# revision 5

MST 領域のリビジョン番号を指定します。指定できる範囲は 0 ~ 65535、デフォルト値は 0 です。

ステップ 4

exit

 

例:

switch(config-mst)# exit

switch(config)#

すべての変更をコミットし、MST コンフィギュレーション サブモードを終了します。

abort

 

例:

switch(config-mst)# abort

switch(config)#

変更をコミットしないで、MST コンフィギュレーション サブモードを終了します。

ステップ 5

show spanning-tree mst

 

例:

switch# show spanning-tree mst

(任意)MST コンフィギュレーションを表示します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config)# copy running-config startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

次に、MSTI 領域のリビジョン番号を 5 に設定する例を示します。

switch# config t
switch(config)# spanning-tree mst configuration
switch(config-mst)# revision 5
switch(config-mst)#

MST 領域のコンフィギュレーションの指定

複数のデバイスを同じ MST 領域に設定するには、同じ VLAN/インスタンス間マッピング、同じコンフィギュレーション リビジョン番号、および同じ MST 名を設定する必要があります。

1 つの領域では、1 つのメンバーまたは同じ MST コンフィギュレーションを持つ複数のメンバーを有することができます。各メンバーには IEEE 802.1w RSTP BPDU を処理する能力がなければなりません。ネットワーク内の MST 領域の数に制限はありませんが、各領域がサポートできる MSTI の数は最大で 65 です。1 つの VLAN を同時に 2 つの MSTI に割り当てることはできません。

始める前に

正しい VDC を開始していること(または switchto vdc コマンドを入力済みであること)を確認してください。

手順の要約

1. config t

2. spanning-tree mst configuration

3. instance instance-id vlan vlan-range

4. name name

5. revision version

6. exit
または
abort

7. show spanning-tree mst

8. copy running-config startup-config

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

例:

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

spanning-tree mst configuration

 

例:

switch(config)# spanning-tree mst configuration

switch(config-mst)#

MST コンフィギュレーション サブモードを開始します。

ステップ 3

switch(config-mst)# instance instance-id vlan vlan-range

 

例:

switch(config-mst)# instance 1 vlan 10-20

次のように VLAN を MSTI にマッピングします。

instance-id の範囲は 1 ~ 4094 です。

vlan vlan-range の範囲は、1 ~ 4094 です。

VLAN を MSTI にマッピングすると、マッピングは差分で実行されます。コマンドに指定された VLAN は以前にマッピングされた VLAN に追加されるか、または VLAN から削除されます。

VLAN 範囲を指定する場合には、ハイフンを使用します。たとえば VLAN 1 ~ 63 を MSTI 1 にマッピングする場合は、 instance 1 vlan 1-63 を入力します。

一連の VLAN を指定する場合には、カンマを入力します。たとえば VLAN 10、20、30 を MSTI 1 にマッピングする場合は、 instance 1 vlan 10, 20, 30 を入力します。

ステップ 4

switch(config-mst)# name name

 

例:

switch(config-mst)# name region1

インスタンス名を指定します。 name 文字列は、最大 32 文字で大文字と小文字を区別します。

ステップ 5

switch(config-mst)# revision version

 

例:

switch(config-mst)# revision 1

設定のリビジョン番号を指定します。指定できる範囲は 0 ~ 65535 です。

ステップ 6

exit

 

例:

switch(config-mst)# exit

switch(config)#

すべての変更をコミットし、MST コンフィギュレーション サブモードを終了します。

abort

 

例:

switch(config-mst)# abort

switch(config)#

 

変更をコミットしないで、MST コンフィギュレーション サブモードを終了します。

ステップ 7

show spanning-tree mst

 

例:

switch# show spanning-tree mst

(任意)MST コンフィギュレーションを表示します。

ステップ 8

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config)# copy running-config startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

デフォルトに戻すには、以下のように実行します。

デフォルトの MST 領域設定に戻るには、 no spanning-tree mst configuration グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力します。

デフォルトの VLAN/インスタンス間マッピングに戻るには、 no instance instance_id vlan vlan-range MST コンフィギュレーション コマンドを入力します。

デフォルトの名前に戻すには、 no name MST コンフィギュレーション コマンドを入力します。

デフォルトのリビジョン番号に戻るには、 no revision MST コンフィギュレーション コマンドを入力します。

Rapid PVST+ を再度イネーブルにするには、 no spanning-tree mode または spanning-tree mode rapid-pvst グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力します。

次に、MST コンフィギュレーション モードを開始して、VLAN 10 ~ 20 を MSTI 1 にマッピングし、その領域の名前を region1 に設定し、コンフィギュレーション リビジョンを 1 に設定し、未適用の設定を表示し、変更を適用して、グローバル コンフィギュレーション モードに戻る例を示します。

switch(config)# spanning-tree mst configuration
switch(config-mst)# instance 1 vlan 10-20
switch(config-mst)# name region1
switch(config-mst)# revision 1
switch(config-mst)# show pending
Pending MST configuration
Name [region1]
Revision 1
Instances configured 2
Instance Vlans Mapped
-------- ---------------------
0 1-9,21-4094
1 10-20
-------------------------------
 
switch(config-mst) exit
switch(config)#

VLAN と MSTI のマッピングおよびマッピング解除

複数のブリッジが同じ MST 領域内にある場合は、これらのブリッジの MST 名、VLAN/インスタンス間マッピング、および MST リビジョン番号を 同一 にする必要があります。


) VLAN/MSTI マッピングを変更すると、MST が再コンバージェンスされます。



) MSTI はディセーブルにできません。


始める前に

正しい VDC を開始していること(または switchto vdc コマンドを入力済みであること)を確認してください。

手順の要約

1. config t

2. spanning-tree mst configuration

3. [no] instance instance-id vlan vlan-range

4. exit
または
abort

5. show spanning-tree mst

6. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

例:

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

spanning-tree mst configuration

 

例:

switch(config)# spanning-tree mst configuration

switch(config-mst)#

MST コンフィギュレーション サブモードを開始します。

ステップ 3

instance instance-id vlan vlan-range

 

例:

switch(config-mst)# instance 3 vlan 200

 

 

 

次のように VLAN を MSTI にマッピングします。

instance_id の範囲は 1 ~ 4094 です。

インスタンス 0 は、各 MST 領域の IST 専用です。

vlan-range の範囲は 1 ~ 4094 です。

VLAN を MSTI にマッピングすると、マッピングは差分で実行されます。コマンドに指定された VLAN は以前にマッピングされた VLAN に追加されるか、または VLAN から削除されます。

no instance instance-id vlan vlan-range

 

例:

switch(config-mst)# no instance 3 vlan 200

指定されたインスタンスを削除し、VLAN をデフォルト MSTI(CIST)に戻します。

ステップ 4

exit

 

例:

switch(config-mst)# exit

switch(config)#

すべての変更をコミットし、MST コンフィギュレーション サブモードを終了します。

abort

 

例:

switch(config-mst)# abort

switch(config)#

変更をコミットしないで、MST コンフィギュレーション サブモードを終了します。

ステップ 5

show spanning-tree mst

 

例:

switch# show spanning-tree mst

(任意)MST コンフィギュレーションを表示します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config)# copy running-config startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

次に、VLAN 200 を MSTI 3 にマッピングする例を示します。

switch# config t
switch(config)# spanning-tree mst configuration
switch(config-mst)# instance 3 vlan 200
switch(config-mst)#

プライベート VLAN のセカンダリ VLAN をプライマリ VLAN と同じ MSTI にマッピングする方法

システムのプライベート VLAN で作業する場合は、すべてのセカンダリ VLAN が同じ MSTI 内、および対応するプライマリ VLAN 内になければなりません。この同期化を自動実行するには、コマンドを入力します。

始める前に

正しい VDC を開始していること(または switchto vdc コマンドを入力済みであること)を確認してください。

手順の要約

1. config t

2. spanning-tree mst configuration

3. private-vlan synchronize

4. exit
または
abort

5. show spanning-tree mst

6. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

例:

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

spanning-tree mst configuration

 

例:

switch(config)# spanning-tree mst configuration

switch(config-mst)#

MST コンフィギュレーション サブモードを開始します。

ステップ 3

private-vlan synchronize

 

例:

g-mst)# private-vlan synchronize

すべてのプライベート VLAN で、すべてのセカンダリ VLAN を同じ MSTI および対応するプライマリ VLAN に自動的にマッピングします。

ステップ 4

exit

 

例:

switch(config-mst)# exit

switch(config)#

すべての変更をコミットし、MST コンフィギュレーション サブモードを終了します。

abort

 

例:

switch(config-mst)# abort

switch(config)#

変更をコミットしないで、MST コンフィギュレーション サブモードを終了します。

ステップ 5

show spanning-tree mst

 

例:

switch# show spanning-tree mst

(任意)MST コンフィギュレーションを表示します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config)# copy running-config startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

次に、すべてのプライベート VLAN で、すべてのセカンダリ VLAN を同じ MSTI および対応するプライマリ VLAN に自動的にマッピングする例を示します。

switch# config t
switch(config)# spanning-tree mst configuration
switch(config-mst)# private-vlan synchronize
switch(config-mst)#

ルート ブリッジの設定

ルート ブリッジになるデバイスを設定できます。

ルート ブリッジになるために必要な値が 4096 より小さい場合は、 spanning-tree vlan vlan_ID primary root コマンドは失敗します。ソフトウェアがブリッジ プライオリティをこれ以上小さくできない場合、デバイスは次のメッセージを戻します。

Error: Failed to set root bridge for VLAN 1
It may be possible to make the bridge root by setting the priority
for some (or all) of these instances to zero.

) 各 MSTI のルート ブリッジは、バックボーンまたはディストリビューション デバイスでなければなりません。アクセス デバイスをスパニング ツリーのプライマリ ルート ブリッジとして設定しないでください。


レイヤ 2 ネットワークの直径(すなわち、レイヤ 2 ネットワーク上の任意の 2 つの端末間における最大レイヤ 2 ホップ数)を指定するには、MSTI 0(IST)でのみ利用可能な diameter キーワードを指定します。ネットワーク直径を指定すると、デバイスはその直径を持つネットワークに最適な hello タイム、転送遅延時間、および最大エージング タイムを自動的に設定します。その結果、コンバージェンスに要する時間が大幅に短縮されます。 hello キーワードを入力すると、自動的に計算される hello タイムを上書きすることができます。


) デバイスがルート ブリッジとして設定されている場合、spanning-tree mst hello-timespanning-tree mst forward-time、および spanning-tree mst max-age グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、hello タイム、転送遅延時間、および最大エージング タイムを手動で設定しないでください。


始める前に

正しい VDC を開始していること(または switchto vdc コマンドを入力済みであること)を確認してください。

手順の要約

1. config t

2. spanning-tree mst instance-id root { primary | secondary } [ diameter dia [ hello-time hello-time ]]

3. exit

4. show spanning-tree mst

5. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

例:

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

spanning-tree mst instance-id root { primary | secondary } [ diameter dia [ hello-time hello-time]]

 

例:

switch(config)# spanning-tree mst 5 root primary

次のように、デバイスをルート ブリッジとして設定します。

instance-id には、単一のインスタンス、ハイフンで区切られたインスタンス範囲、またはカンマで区切られた一連のインスタンスを指定できます。指定できる範囲は 1 ~ 4094 です。

diameter net-diameter には、任意の 2 つの端末間における最大レイヤ 2 ホップ数を指定します。デフォルトは 7 です。このキーワードを使用できるのは MSTI 0 のみです。

hello-time seconds には、ルート ブリッジによって作成されるコンフィギュレーション メッセージの間隔を秒単位で指定します。指定できる範囲は 1 ~ 10 秒です。デフォルトは 2 秒です。

no spanning-tree mst instance-id root

 

例:

switch(config)# no spanning-tree mst 5 root

スイッチのプライオリティ、直径、hello タイムをデフォルト値に戻します。

ステップ 3

exit

 

例:

switch(config)# exit

switch#

コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 4

show spanning-tree mst

 

例:

switch# show spanning-tree mst

(任意)MST コンフィギュレーションを表示します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config)# copy running-config startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

次に、デバイスを MSTI 5 のルート スイッチに設定する例を示します。

switch# config t
switch(config)# spanning-tree mst 5 root primary
switch(config)#

セカンダリ ルート ブリッジの設定

複数のバックアップ ルート ブリッジを設定するには、次のコマンドを複数のデバイスに対して実行します。 spanning-tree mst root primary グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用してプライマリ ルート ブリッジを設定する際に使用したのと同じネットワーク直径および hello-time 値を入力します。

始める前に

正しい VDC を開始していること(または switchto vdc コマンドを入力済みであること)を確認してください。

手順の要約

1. config t

2. spanning-tree mst instance-id root { primary | secondary } [ diameter dia [ hello-time hello-time ]]

3. exit

4. show spanning-tree mst

5. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

例:

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

spanning-tree mst instance-id root { primary | secondary } [ diameter dia [ hello-time hello-time]]

 

例:

switch(config)# spanning-tree mst 5 root secondary

次のように、デバイスをセカンダリ ルート ブリッジとして設定します。

instance-id には、単一のインスタンス、ハイフンで区切られたインスタンス範囲、またはカンマで区切られた一連のインスタンスを指定できます。指定できる範囲は 1 ~ 4094 です。

diameter net-diameter には、任意の 2 つの端末間における最大レイヤ 2 ホップ数を指定します。デフォルトは 7 です。このキーワードを使用できるのは MSTI 0 のみです。

hello-time seconds には、ルート ブリッジによって作成されるコンフィギュレーション メッセージの間隔を秒単位で指定します。指定できる範囲は 1 ~ 10 秒です。デフォルトは 2 秒です。

no spanning-tree mst instance-id root

 

例:

switch(config)# no spanning-tree mst 5 root

スイッチのプライオリティ、直径、hello タイムをデフォルト値に戻します。

ステップ 3

exit

 

例:

switch(config)# exit

switch#

コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 4

show spanning-tree mst

 

例:

switch# show spanning-tree mst

(任意)MST コンフィギュレーションを表示します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config)# copy running-config startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

次に、デバイスを MSTI 5 のセカンダリ ルートスイッチに設定する例を示します。

switch# config t
switch(config)# spanning-tree mst 5 root secondary
switch(config)#

スイッチ プライオリティの設定

指定されたデバイスがルート ブリッジとして選択される可能性が高くなるように、MSTI のスイッチ プライオリティを設定できます。


spanning-tree mst priority コマンドを使用する場合は、注意してください。通常、スイッチ プライオリティを変更するには、spanning-tree mst root primary および spanning-tree mst root secondary グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力することを推奨します。


始める前に

正しい VDC を開始していること(または switchto vdc コマンドを入力済みであること)を確認してください。

手順の要約

1. config t

2. spanning-tree mst instance-id priority priority-value

3. exit

4. show spanning-tree mst

5. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

例:

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

spanning-tree mst instance-id priority priority-value

 

例:

switch(config)# spanning-tree mst 5 priority 4096

 

 

 

 

次のように、デバイス のプライオリティを設定します。

instance-id には、単一のインスタンス、ハイフンで区切られたインスタンス範囲、またはカンマで区切られた一連のインスタンスを指定できます。指定できる範囲は 1 ~ 4094 です。

priority の範囲は、4096 単位で 0 ~ 61440 です。デフォルト値は 32768 です。値が少ない方が、デバイスがルート ブリッジとして選択される可能性が高くなります。

プライオリティ値は、0、4096、8192、12288、16384、20480、24576、28672、32768、36864、40960、45056、49152、53248、57344、61440 です。これ以外の値はすべて拒否されます。

ステップ 3

exit

 

例:

switch(config)# exit

switch#

コンフィギュレーション モードを終了します。

 

ステップ 4

show spanning-tree mst

 

例:

switch# show spanning-tree mst

(任意)MST コンフィギュレーションを表示します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config)# copy running-config startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

次に、MSTI 5 のブリッジ プライオリティを 4096 に設定する例を示します。

switch# config t
switch(config)# spanning-tree mst 5 priority 4096
switch(config)#

ポート プライオリティの設定

ループが発生すると、MST はポート プライオリティを使用して、フォワーディング ステートに置くインターフェイスを選択します。最初に選択させたいインターフェイスには低いプライオリティ値を、最後に選択させたいインターフェイスには高いプライオリティ値を割り当てることができます。すべてのインターフェイスが同じプライオリティ値を使用している場合には、MST はインターフェイス番号が最も小さいインターフェイスをフォワーディング ステートにして、残りのインターフェイスをブロックします。

始める前に

正しい VDC を開始していること(または switchto vdc コマンドを入力済みであること)を確認してください。

手順の要約

1. config t

2. interface {{ type slot/port } | { port-channel number }}

3. spanning-tree mst instance-id port-priority priority

4. exit

5. show spanning-tree mst

6. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

例:

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface {{ type slot/port } | { port-channel number }}

 

例:

switch(config)# interface ethernet 3/1

switch(config-if)#

設定するインターフェイスを指定します。インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

spanning-tree mst instance-id port-priority priority

 

例:

switch(config-if)# spanning-tree mst 3 port-priority 64

 

 

 

 

 

 

 

次のように、ポート プライオリティを設定します。

instance-id には、単一の MSTI、ハイフンで区切られた MSTI の範囲、またはカンマで区切られた一連の MSTI を指定できます。指定できる範囲は 1 ~ 4094 です。

priority の範囲は 32 単位で、0 ~ 224 です。デフォルト値は 128 です。数値が小さいほど、プライオリティは高くなります。

有効なプライオリティ値は、0、32、64、96、128、160、192、224 です。その他の値はすべて拒否されます。

ステップ 4

exit

 

例:

switch(config-if)# exit

switch(config)#

インターフェイス モードを終了します。

ステップ 5

show spanning-tree mst

 

例:

switch# show spanning-tree mst

(任意)MST コンフィギュレーションを表示します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config)# copy running-config startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

次に、イーサネット ポート 3/1 上の MSTI 3 の MST インターフェイス ポート プライオリティを 64 に設定する例を示します。

switch# config t
switch(config)# interface ethernet 3/1
switch(config-if)# spanning-tree mst 3 port-priority 64
switch(config-if)# exit
switch(config)

ポート コストの設定

MST ポート コストのデフォルト値は、インターフェイスのメディア速度から抽出されます。ループが発生すると、MST はコストを使用して、フォワーディング ステートに置くインターフェイスを選択します。最初に選択させたいインターフェイスには低いコスト値を、最後に選択させたいインターフェイスには高いコスト値を割り当てることができます。すべてのインターフェイスが同じコスト値を使用している場合には、MST はインターフェイス番号が最も小さいインターフェイスをフォワーディング ステートにして、残りのインターフェイスをブロックします。


) MST はロング パスコスト計算方式を使用します。


始める前に

正しい VDC を開始していること(または switchto vdc コマンドを入力済みであること)を確認してください。

手順の要約

1. config t

2. interface {{ type slot/port } | { port-channel number }}

3. spanning-tree mst instance-id cost [ cost | auto ]

4. exit

5. show spanning-tree mst

6. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

例:

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface {{ type slot/port } | { port-channel number }}

 

例:

switch# config t

switch(config)# interface ethernet 3/1

switch(config-if)#

設定するインターフェイスを指定します。インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

spanning-tree mst instance-id cost [ cost | auto ]

 

例:

switch(config-if)# spanning-tree mst 4 cost 17031970

 

 

 

コストを設定します。

ループが発生すると、MST はパス コストを使用して、フォワーディング ステートに置くインターフェイスを選択します。次のように、パス コストの低い方が高速で伝送されます。

instance-id には、単一のインスタンス、ハイフンで区切られたインスタンス範囲、またはカンマで区切られた一連のインスタンスを指定できます。指定できる範囲は 1 ~ 4094 です。

cost の範囲は 1 ~ 200000000 です。デフォルト値は auto で、値はインターフェイスのメディア速度から抽出されます。

ステップ 4

exit

 

例:

switch(config-if)# exit

switch(config)#

インターフェイス モードを終了します。

 

ステップ 5

show spanning-tree mst

 

例:

switch# show spanning-tree mst

(任意)MST コンフィギュレーションを表示します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config)# copy running-config startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

次に、イーサネット 3/1 上の MSTI 4 の MST インターフェイス ポート コストを設定する例を示します。

switch# config t
switch(config)# interface ethernet 3/1
switch(config-if)# spanning-tree mst 4 cost 17031970
switch(config-if)# exit
switch(config)
 

hello タイムの設定

デバイス上のすべてのインスタンスに対してルート ブリッジが作成する設定メッセージの間隔を設定するには、hello タイムを変更します。


spanning-tree mst hello-time コマンドを使用する場合は、注意してください。通常、hello タイムを変更するには、spanning-tree mst instance-id root primary および spanning-tree mst instance-id root secondary グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力します。


始める前に

正しい VDC を開始していること(または switchto vdc コマンドを入力済みであること)を確認してください。

手順の要約

1. config t

2. spanning-tree mst hello-time seconds

3. exit

4. show spanning-tree mst

5. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

例:

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

spanning-tree mst hello-time seconds

 

例:

switch(config)# spanning-tree mst hello-time 1

 

すべての MSTI に対して hello タイムを設定します。hello タイムは、ルート ブリッジによって作成される設定メッセージの間隔です。これらのメッセージは、デバイスが動作していることを示します。 seconds の範囲は 1 ~ 10 です。デフォルトは 2 秒です。

ステップ 3

exit

 

例:

switch(config)# exit

switch#

コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 4

show spanning-tree mst

 

例:

switch# show spanning-tree mst

(任意)MST コンフィギュレーションを表示します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config)# copy running-config startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

次に、デバイスの hello タイムを 1 秒に設定する例を示します。

switch# config t
switch(config)# spanning-tree mst hello-time 1
switch(config)#

転送遅延時間の設定

デバイスのすべての MSTI の転送遅延時間を 1 つのコマンドで設定できます。

始める前に

正しい VDC を開始していること(または switchto vdc コマンドを入力済みであること)を確認してください。

手順の要約

1. config t

2. spanning-tree mst forward-time seconds

3. exit

4. show spanning-tree mst

5. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

例:

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

spanning-tree mst forward-time seconds

 

例:

switch(config)# spanning-tree mst forward-time 10

すべての MSTI の転送時間を設定します。転送遅延は、スパニング ツリー ブロッキングおよびラーニング ステートからフォワーディング ステートに移行するまでにポートが待機する秒数です。 seconds の範囲は 4 ~ 30 です。デフォルトは 15 秒です。

ステップ 3

exit

 

例:

switch(config)# exit

switch#

コンフィギュレーション モードを終了します。

 

ステップ 4

show spanning-tree mst

 

例:

switch# show spanning-tree mst

(任意)MST コンフィギュレーションを表示します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config)# copy running-config startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

次に、デバイスの転送遅延時間を 10 秒に設定する例を示します。

switch# config t
switch(config)# spanning-tree mst forward-time 10
switch(config)#

最大エージング タイムの設定

デバイスのすべての MSTI の最大エージング タイマーを 1 つのコマンドで設定できます(最大エージング タイムが適用されるのは IST のみです)。

最大エージング タイマーは、デバイスがスパニング ツリー設定メッセージを受信せずに再設定を試行するまで待機する秒数です。

始める前に

正しい VDC を開始していること(または switchto vdc コマンドを入力済みであること)を確認してください。

手順の要約

1. config t

2. spanning-tree mst max-age seconds

3. exit

4. show spanning-tree mst

5. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

例:

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

spanning-tree mst max-age seconds

 

例:

switch(config)# spanning-tree mst max-age 40

 

 

すべての MSTI に対して最大エージング タイムを設定します。最大エージング タイムは、デバイスがスパニング ツリー設定メッセージを受信せずに再設定を試行するまで待機する秒数です。 seconds の範囲は 6 ~ 40 です。デフォルトは 20 秒です。

ステップ 3

exit

 

例:

switch(config)# exit

switch#

コンフィギュレーション モードを終了します。

 

ステップ 4

show spanning-tree mst

 

例:

switch# show spanning-tree mst

(任意)MST コンフィギュレーションを表示します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config)# copy running-config startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

次に、デバイスの最大エージング タイマーを 40 秒に設定する例を示します。

switch# config t
switch(config)# spanning-tree mst max-age 40
switch(config)#

最大ホップ カウントの設定

領域内の最大ホップを設定し、それをその領域内にある IST およびすべての MSTI に適用できます。MST は IST リージョナル ルートへのパス コストおよび IP Time to Live(TTL)メカニズムに似たホップ カウント メカニズムを使用します。ホップ カウントは、メッセージ有効期間情報と同じ結果(再設定の開始)となります。

始める前に

正しい VDC を開始していること(または switchto vdc コマンドを入力済みであること)を確認してください。

手順の要約

1. config t

2. spanning-tree mst max-hops hop-count

3. exit

4. show spanning-tree mst

5. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

例:

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

spanning-tree mst max-hops hop-count

 

例:

switch(config)# spanning-tree mst max-hops 40

BPDU が廃棄され、ポートに維持されていた情報が期限切れになるまでの、領域内でのホップ数を指定します。 hop-count の範囲は 1 ~ 255 です。デフォルト値は 20 ホップです。

ステップ 3

exit

 

例:

switch(config-mst)# exit

switch#

コンフィギュレーション モードを終了します。

 

ステップ 4

show spanning-tree mst

 

例:

switch# show spanning-tree mst

(任意)MST コンフィギュレーションを表示します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config)# copy running-config startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

次に、最大ホップ数を 40 に設定する例を示します。

switch# config t
switch(config)# spanning-tree mst max-hops 40
switch(config)#

リンク タイプの指定

高速接続(802.1w 標準)は、ポイントツーポイント リンク上にのみ確立されます。デフォルトでは、リンク タイプがインターフェイスのデュプレックス モードから制御されます。つまり、全二重ポートはポイントツーポイント接続とみなされ、半二重ポートは共有接続とみなされます。

リモート デバイスの単一ポートに、ポイントツーポイントで物理的に接続されている半二重リンクがある場合、リンク タイプのデフォルト設定を上書きして高速移行をイネーブルにできます。

リンクを共有に設定すると、STP は 802.1D にフォール バックします。

始める前に

正しい VDC を開始していること(または switchto vdc コマンドを入力済みであること)を確認してください。

手順の要約

1. config t

2. interface type slot/port

3. spanning-tree link-type { auto | point-to-point | shared }

4. exit

5. show spanning-tree

6. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

例:

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface type slot/port

 

例:

switch(config)# interface ethernet 1/4

switch(config-if)#

設定するインターフェイスを指定します。インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

spanning-tree link-type { auto | point-to-point | shared}

 

例:

switch(config-if)# spanning-tree link-type point-to-point

リンク タイプをポイントツーポイントまたは共有に設定します。デフォルト値はデバイス接続から読み取られます。半二重リンクは共有、全二重リンクはポイントツーポイントです。リンク タイプが共有の場合、STP は 802.1D に戻ります。デフォルトの auto では、インターフェイスのデュプレックス設定に基づいてリンク タイプが設定されます。

ステップ 4

exit

 

例:

switch(config-if)# exit

switch(config)#

インターフェイス モードを終了します。

ステップ 5

show spanning-tree

 

例:

switch# show spanning-tree

(任意)STP コンフィギュレーションを表示します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config)# copy running-config startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

次に、リンク タイプをポイントツーポイントに設定する例を示します。

switch# config t
switch (config)# interface ethernet 1/4
switch(config-if)# spanning-tree link-type point-to-point
switch(config-if)# exit
switch(config)#

プロトコルの再初期化

レガシー BPDU、または異なる領域に対応付けられた MST BPDU が受信された場合、MST ブリッジはポートが領域の境界にあることを検出できます。ただし、STP プロトコルを移行しても、レガシー デバイス(IEEE 802.1D のみが稼働するデバイス)が代表スイッチでないかぎり、レガシー デバイスがリンクから削除されたかどうかを判別することはできません。デバイス全体で、または指定されたインターフェイスでプロトコル ネゴシエーションを再初期化する(隣接デバイスとの再ネゴシエーションを強制的に行う)には、次のコマンドを入力します。

始める前に

正しい VDC を開始していること(または switchto vdc コマンドを入力済みであること)を確認してください。

手順の要約

1. clear spanning-tree detected-protocols [ interface interface [ interface-num | port-channel ]]

手順の詳細

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

clear spanning-tree detected-protocol [ interface interface [interface-num | port-channel]]

 

例:

switch# clear spanning-tree detected-protocol

デバイス全体または指定されたインターフェイスで、MST を再初期化します。

次に、スロット 2 のイーサネット インターフェイスのポート 8 で、MST を再初期化する例を示します。

switch# clear spanning-tree detected-protocol interface ethernet 2/8

MST コンフィギュレーションの確認

MST コンフィギュレーション情報を表示するには、次のいずれかのタスクを実行します。

 

コマンド
目的

show running-config spanning-tree [ all ]

STP 情報を表示します。

show spanning-tree mst configuration

MST 情報を表示します。

show spanning-tree mst [ detail ]

MSTI の情報を表示します。

show spanning-tree mst instance-id [ detail ]

指定された MSTI に関する情報を表示します。

show spanning-tree mst instance-id interface { ethernet slot/port | port-channel channel-number } [ detail]

指定されたインターフェイスおよびインスタンスの MST 情報を表示します。

show spanning-tree summary

STP の概要を表示します。

show spanning-tree detail

STP の詳細を表示します。

show spanning-tree { vlan vlan-id | interface {[ ethernet slot/port ] | [ port-channel channel-number ]}} [ detail ]

VLAN またはインターフェイス単位の STP 情報を表示します。

show spanning-tree vlan vlan-id bridge

STP ブリッジの情報を表示します。

これらのコマンドの出力フィールドの詳細については、『 Cisco NX-OS Layer 2 Switching Command Reference 』を参照してください。

MST 統計情報の表示およびクリア

MST コンフィギュレーション情報を表示するには、次のいずれかのタスクを実行します。

 

コマンド
目的

clear spanning-tree counters [interface type/slot | vlan vlan-id ]

STP のカウンタをクリアします。

show spanning-tree { vlan vlan-id | interface {[ ethernet slot/port ] | [ port-channel channel-number ]}} detail

送受信された BPDU などの STP 情報を、インターフェイスまたは VLAN 別に表示します。

MST の設定例

次に、MST を設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# spanning-tree mode mst
switch(config)# spanning-tree port type edge bpduguard default
switch(config)# spanning-tree port type edge bpdufilter default
switch(config)# spanning-tree port type network default
switch(config)# spanning-tree mst 0-64 priority 24576
switch(config)# spanning-tree mst configuration
switch(config-mst)# name cisco_region_1
switch(config-mst)# revision 2
switch(config-mst)# instance 1 vlan 1-21
switch(config-mst)# instance 2 vlan 22-42
switch(config-mst)# instance 3 vlan 43-63
switch(config-mst)# instance 4 vlan 64-84
switch(config-mst)# instance 5 vlan 85-105
switch(config-mst)# instance 6 vlan 106-126
switch(config-mst)# instance 7 vlan 127-147
switch(config-mst)# instance 8 vlan 148-168
switch(config-mst)# instance 9 vlan 169-189
switch(config-mst)# instance 10 vlan 190-210
switch(config-mst)# instance 11 vlan 211-231
switch(config-mst)# instance 12 vlan 232-252
switch(config-mst)# instance 13 vlan 253-273
switch(config-mst)# instance 14 vlan 274-294
switch(config-mst)# instance 15 vlan 295-315
switch(config-mst)# instance 16 vlan 316-336
switch(config-mst)# instance 17 vlan 337-357
switch(config-mst)# instance 18 vlan 358-378
switch(config-mst)# instance 19 vlan 379-399
switch(config-mst)# instance 20 vlan 400-420
switch(config-mst)# instance 21 vlan 421-441
switch(config-mst)# instance 22 vlan 442-462
switch(config-mst)# instance 23 vlan 463-483
switch(config-mst)# instance 24 vlan 484-504
switch(config-mst)# instance 25 vlan 505-525
switch(config-mst)# instance 26 vlan 526-546
switch(config-mst)# instance 27 vlan 547-567
switch(config-mst)# instance 28 vlan 568-588
switch(config-mst)# instance 29 vlan 589-609
switch(config-mst)# instance 30 vlan 610-630
switch(config-mst)# instance 31 vlan 631-651
switch(config-mst)# instance 32 vlan 652-672
switch(config-mst)# instance 33 vlan 673-693
switch(config-mst)# instance 34 vlan 694-714
switch(config-mst)# instance 35 vlan 715-735
switch(config-mst)# instance 36 vlan 736-756
switch(config-mst)# instance 37 vlan 757-777
switch(config-mst)# instance 38 vlan 778-798
switch(config-mst)# instance 39 vlan 799-819
switch(config-mst)# instance 40 vlan 820-840
switch(config-mst)# instance 41 vlan 841-861
switch(config-mst)# instance 42 vlan 862-882
switch(config-mst)# instance 43 vlan 883-903
switch(config-mst)# instance 44 vlan 904-924
switch(config-mst)# instance 45 vlan 925-945
switch(config-mst)# instance 46 vlan 946-966
switch(config-mst)# instance 47 vlan 967-987
switch(config-mst)# instance 48 vlan 988-1008
switch(config-mst)# instance 49 vlan 1009-1029
switch(config-mst)# instance 50 vlan 1030-1050
switch(config-mst)# instance 51 vlan 1051-1071
switch(config-mst)# instance 52 vlan 1072-1092
switch(config-mst)# instance 53 vlan 1093-1113
switch(config-mst)# instance 54 vlan 1114-1134
switch(config-mst)# instance 55 vlan 1135-1155
switch(config-mst)# instance 56 vlan 1156-1176
switch(config-mst)# instance 57 vlan 1177-1197
switch(config-mst)# instance 58 vlan 1198-1218
switch(config-mst)# instance 59 vlan 1219-1239
switch(config-mst)# instance 60 vlan 1240-1260
switch(config-mst)# instance 61 vlan 1261-1281
switch(config-mst)# instance 62 vlan 1282-1302
switch(config-mst)# instance 63 vlan 1303-1323
switch(config-mst)# instance 64 vlan 1324-1344
switch(config-mst)# exit
switch(config)# interface Ethernet3/1
switch(config-if)# switchport
switch(config-if)# no shutdown
switch(config-if)# spanning-tree port type edge
switch(config-if)# exit
switch(config)# interface Ethernet3/2
switch(config-if)# switchport
switch(config-if)# switchport mode trunk
switch(config-if)# no shutdown
switch(config-if)# spanning-tree guard root
switch(config-if)# exit
switch(config)#
 

STP ポート タイプ、BPDU ガード、BPDU フィルタ、およびルート ガードの設定の詳細については、「STP 拡張機能の設定」を参照してください。

デフォルト設定

表6-1 に、MST パラメータのデフォルト設定を示します。

 

表6-1 デフォルトの MST パラメータ

パラメータ
デフォルト

スパニング ツリー

イネーブル

スパニング ツリー モード

Rapid PVST+ がデフォルトでイネーブル


注意 スパニング ツリー モードを変更すると、すべてのスパニング ツリー インスタンスが前のモードで停止して新規モードで開始されるため、トラフィックが中断されます。

名前

空の文字列

VLAN マッピング

すべての VLAN を CIST インスタンスにマッピング

リビジョン

0

インスタンス ID

インスタンス 0。VLAN 1 ~ 4094 はデフォルトでインスタンス 0 にマッピングされます。

MST 領域あたりの MSTI 数

65

ブリッジ プライオリティ(CIST ポート単位で設定可能)

32768

スパニング ツリー ポート プライオリティ(CIST ポート単位で設定可能)

128

スパニング ツリー ポート コスト(CIST ポート単位で設定可能)

auto

デフォルトのポート コストは、次のように、ポート速度から判別されます。

10 Mbps: 2,000,000

100 Mbps: 200,000

1 ギガビット イーサネット: 20,000

10 ギガビット イーサネット: 2,000

hello タイム

2 秒

転送遅延時間

15 秒

最大エージング タイム

20 秒

最大ホップ カウント

20 ホップ

リンク タイプ

auto

デフォルト リンク タイプは、次のようにデュプレックスから判別されます。

全二重:ポイントツーポイント リンク

半二重:共有リンク

追加情報

MST の実装に関する情報については、次のセクションを参照してください。

「関連資料」

「標準規格」

「MIB」

関連資料

関連トピック
マニュアル名

Rapid PVST+

「Rapid PVST+ の設定」

STP 拡張機能

「STP 拡張機能の設定」

コマンド リファレンス

Cisco NX-OS Layer 2 Switching Command Reference

DCNM レイヤ 2 スイッチングの設定

Cisco DCNM Layer 2 Switching Configuration Guide

レイヤ 2 インターフェイス

Cisco NX-OS Interfaces Configuration Guide

NX-OS の基本情報

Cisco NX-OS Fundamentals Configuration Guide

ハイ アベイラビリティ

Cisco NX-OS High Availability and Redundancy Guide

システム管理

Cisco NX-OS System Management Configuration Guide

VDC

Cisco NX-OS Virtual Device Context Configuration Guide

ライセンス

Cisco NX-OS Licensing Guide

リリース ノート

Cisco NX-OS Release Notes 』Release 4.0

標準規格

標準規格
タイトル

IEEE 802.1Q-2006(従来の名称は IEEE 802.1s)、IEEE 802.1D-2004(従来の名称は IEEE 802.1w)、IEEE 802.1D、IEEE 802.1t

--

MIB

MIB
MIB リンク

CISCO-STP-EXTENSION-MIB

BRIDGE-MIB

次の URL から、MIB の検索およびダウンロードができます。

http://www.cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml