Cisco NX-OS Virtual Device Context コンフィギュレーション ガイド Release 4.0
はじめに
はじめに
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 697KB) | フィードバック

目次

はじめに

はじめに

ここでは、『 Cisco NX-OS Virtual Device Context コンフィギュレーション ガイド Release 4.0 』の対象読者、構成、および表記規則について説明します。また、関連資料の入手方法についても説明します。

ここでは、次の内容を説明します。

「対象読者」

「マニュアルの構成」

「表記法」

「関連資料」

「マニュアルの入手および Service Request ツールの使用」

対象読者

このマニュアルは、NX-OS デバイスの設定および維持に携わる、十分な経験を持つネットワーク管理者を対象としています。

マニュアルの構成

このマニュアルは、以下の各章に分かれています。

 

タイトル
説明

「概要」

Virtual Device Context(VDC; 仮想デバイス コンテキスト)の概要について説明します。

「VDC リソース テンプレートの設定」

VDC リソース テンプレートの作成および設定についての情報を提供します。

「VDCの作成」

VDC の作成についての情報を提供します。

「VDC の管理」

VDC の管理についての情報を提供します。

表記法

コマンドの説明では、次の表記法を使用しています。

 

表記
説明

太字

コマンドおよびキーワードは 太字 で示しています。

イタリック体

ユーザが値を指定する引数は、 イタリック体 で示しています。

[ ]

角カッコの中の要素は、省略可能です。

[ x | y | z ]

どれか 1 つを選択できる省略可能なキーワードは、角カッコで囲み、縦棒で区切って示しています。

ストリング

引用符を付けない一組の文字。ストリングの前後には引用符を使用しません。引用符を使用すると、その引用符も含めてストリングとみなされます。

出力例では、次の表記法を使用しています。

 

screen フォント

スイッチが表示する端末セッションおよび情報は、 screen フォントで示しています。

太字 screen フォント

ユーザが入力しなければならない情報は、 太字 screen フォントで示しています。

イタリック体 screen フォント

ユーザが値を指定する引数は、 イタリック体 screen フォントで示しています。

< >

パスワードのように出力されない文字は、かぎカッコ(< >)で囲んで示しています。

[ ]

システム プロンプトに対するデフォルトの応答は、角カッコで囲んで示しています。

!、#

コードの先頭に感嘆符(!)またはポンド記号(#)がある場合には、コメント行であることを示します。

このマニュアルでは、次の表記法を使用しています。


) 「注釈」です。役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。



注意要注意」の意味です。機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。

関連資料

Cisco NX-OS のマニュアルは、次の URL から入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps9372/tsd_products_support_series_home.html

Cisco NX-OS のマニュアル セットには、次の資料が含まれます。

リリース ノート

Cisco NX-OS Release Notes 』Release 4.0

NX-OS コンフィギュレーション ガイド

Cisco NX-OS Getting Started with Virtual Device Contexts 』Release 4.0

Cisco NX-OS Fundamentals Configuration Guide 』Release 4.0

Cisco NX-OS Interfaces Configuration Guide 』Release 4.0

Cisco NX-OS Layer 2 Switching Configuration Guide 』Release 4.0

Cisco NX-OS Quality of Service Configuration Guide 』Release 4.0

Cisco NX-OS Unicast Routing Configuration Guide 』Release 4.0

Cisco NX-OS Multicast Routing Configuration Guide 』Release 4.0

Cisco NX-OS Security Configuration Guide 』Release 4.0

Cisco NX-OS Virtual Device Context Configuration Guide 』Release 4.0

Cisco NX-OS Software Upgrade Guide 』Release 4.0

Cisco NX-OS Licensing Guide 』Release 4.0

Cisco NX-OS High Availability and Redundancy Guide 』Release 4.0

Cisco NX-OS System Management Configuration Guide 』Release 4.0

Cisco NX-OS XML Management Interface User Guide 』Release 4.0

Cisco NX-OS System Messages Reference

Cisco NX-OS MIB Quick Reference

NX-OS コマンド リファレンス

Cisco NX-OS Command Reference Master Index 』Release 4.0

Cisco NX-OS Fundamentals Command Reference 』Release 4.0

Cisco NX-OS Interfaces Command Reference 』Release 4.0

Cisco NX-OS Layer 2 Switching Command Reference 』Release 4.0

Cisco NX-OS Quality of Service Command Reference 』Release 4.0

Cisco NX-OS Unicast Routing Command Reference 』Release 4.0

Cisco NX-OS Multicast Routing Command Reference 』Release 4.0

Cisco NX-OS Security Command Reference 』Release 4.0

Cisco NX-OS Virtual Device Context Command Reference 』Release 4.0

Cisco NX-OS High Availability and Redundancy Command Reference 』Release 4.0

Cisco NX-OS System Management Command Reference 』Release 4.0

その他のソフトウェアのマニュアル

Cisco NX-OS Troubleshooting Guide 』Release 4.0

マニュアルの入手および Service Request ツールの使用

マニュアルの入手方法、サービス リクエストの申請方法、および詳細情報の収集方法については、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。ここには、シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧が示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation 』の Really Simple Syndication(RSS)フィードに加入して、Reader アプリケーションを使用してデスクトップに直接配信するよう設定します。RSS フィードは無料のサービスで、現在、RSS バージョン 2.0 がサポートされています。

Japan TAC Web サイト

Japan TAC Web サイトでは、利用頻度の高い TAC Web サイト( http://www.cisco.com/tac )のドキュメントを日本語で提供しています。Japan TAC Web サイトには、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/jp/go/tac

サポート契約を結んでいない方は、「ゲスト」としてご登録いただくだけで、Japan TAC Web サイトのドキュメントにアクセスできます。

Japan TAC Web サイトにアクセスするには、Cisco.com のログイン ID とパスワードが必要です。ログイン ID とパスワードを取得していない場合は、次の URL にアクセスして登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/jp/register/