Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS MPLS コンフィギュレーション ガイド
MPLS TE の LSP 属性の設定
MPLS TE の LSP 属性の設定
発行日;2012/05/09 | 英語版ドキュメント(2011/10/28 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

MPLS TE の LSP 属性の設定

MPLS TE の LSP 属性の概要

LSP 属性リスト

MPLS TE トンネル LSP のパス オプション選択

コンストレイントベース ルーティングとパス オプション選択

トンネル再最適化とパス オプション選択

帯域幅上書きを使用したパス オプション選択

MPLS TE の LSP 属性のライセンス要件

MPLS TE の LSP 属性の前提条件

MPLS TE の LSP 属性に関する注意事項と制限事項

MPLS TE の LSP 属性のデフォルト設定

MPLS TE の LSP 属性の設定

MPLS TE トンネルでの LSP 属性の設定

LSP 属性リストの設定

LSP 属性リストの MPLS TE トンネルへの関連付け

帯域幅上書きのパス オプションの設定

MPLS TE の LSP 属性の設定の確認

MPLS TE の LSP 属性の設定例

例:TE トンネル上の LSP 属性リスト

例:帯域幅上書きのパス オプション

MPLS TE に関する追加情報

関連資料

MIB

RFC

MPLS TE の LSP 属性の機能履歴

MPLS TE の LSP 属性の設定

この章では、Cisco NX-OS デバイス上で、Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Traffic Engineering(TE; トラフィック エンジニアリング)トンネルに関連付けられたパス オプション用に Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)属性を設定する方法について説明します。

この章では、次の内容について説明します。

「MPLS TE の LSP 属性の概要」(P.13-1)

「MPLS TE の LSP 属性のライセンス要件」(P.13-4)

「MPLS TE の LSP 属性の前提条件」(P.13-4)

「MPLS TE の LSP 属性に関する注意事項と制限事項」(P.13-4)

「MPLS TE の LSP 属性のデフォルト設定」(P.13-4)

「MPLS TE の LSP 属性の設定」(P.13-5)

「MPLS TE の LSP 属性の設定の確認」(P.13-14)

「MPLS TE の LSP 属性の設定例」(P.13-14)

「MPLS TE に関する追加情報」(P.13-16)

「MPLS TE の LSP 属性の機能履歴」(P.13-16)

MPLS TE の LSP 属性の概要

LSP 属性リストを設定し、1 つ以上の MPLS TE トンネルに関連付けることができます。この LSP 属性リストは、帯域幅やプライオリティなど、複数の LSP 属性をサポートしています。また TE トンネルを一時的にフォールバックさせ、帯域幅制約を緩和するパス オプションを使用するように設定することもできます。

ポートプロファイルを使用して、トンネル全体の設定のテンプレートを提供できます。属性リストを使用して、1 つ以上のパス オプションの設定のテンプレートを適用できます。

ここでは、次の内容について説明します。

「LSP 属性リスト」(P.13-2)

「MPLS TE トンネル LSP のパス オプション選択」(P.13-2)

LSP 属性リスト

Cisco NX-OS トンネリング インターフェイスには、MPLS TE に関連した数多くのパラメータがあります。一般に、これらのパラメータはインターフェイスに対して設定します。これらの属性の多くは、トンネルのロード シェアリングなどの、トンネル固有のプロパティを決定します。これらのパラメータは、トンネルによって使用されている特定の LSP には関連しません。ただし、一部のトンネリング パラメータは、トンネルが使用する LSP に適用されます。

LSP 属性リストを使用して、LSP 固有のプロパティを設定できます。LSP 属性リストには、TE トンネルに設定できる各 LSP 固有のパラメータの値を含めることができます。属性リストでは次の LSP 属性を指定できます。

LSP を構成するリンクの属性フラグ

グローバル プールからの LSP 帯域幅

LSP の再最適化のディセーブル化

LSP プライオリティ

保護障害

LSP が使用するルートの記録

すべての属性をすべて再リストするか、特定の属性を LSP 属性リストから削除することができます。

要件に応じて、異なるパス オプションに対して、異なる属性のセットを持つ LSP 属性リストを設定できます。また、LSP 属性リストは、同じ LSP 属性を使用する複数の TE トンネルを設定するための簡単な方法でもあります。同じ LSP 属性リストを参照して、1 つ以上の TE トンネルの LSP 固有のパラメータを設定できます。

コンストレイントベース ルーティングとパス オプション選択

MPLS TE は、リソース予約プロトコル(RSVP)を使用して、バックボーン全体で LSP を自動的に確立および維持します。LSP で使用されるパスは、LSP リソース要件とネットワーク リソース(帯域幅など)によって決まります。TE トンネルは、必要なリソースと使用可能なリソースの調和に基づいて LSP ヘッドで計算されます(コンストレイントベース ルーティング)。

TE トンネルでは、ダイナミック パス オプションまたは明示パス オプションに基づいて、優先度順に LSP が確立されます。ただし、TE トンネルに設定された帯域幅などの属性によって、LSP パス オプションが制約を満たす場合にだけ LSP の設定が許可されます。設定されたパス オプションを満たすパスが見つからない場合、トンネルは設定されません。

帯域幅上書きのパス オプションを、TE トンネル インターフェイスに設定された帯域幅を上書きするフォールバック パス オプションとして設定できます。たとえば、帯域幅をゼロ(0)に設定するパス オプションを設定できます。これにより、制約ベースのルーティング計算によって適用される帯域幅制約が事実上なくなります。

帯域幅が、パス オプションで設定する必要がある唯一の LSP 属性である場合は、帯域幅上書きに対してパス オプションを使用します。これは、小さくなる帯域幅制約を使用して複数のパス オプションを設定するための最も簡単な方法です。


) LSP 属性リストの帯域幅と帯域幅上書きは相互に排他的であるため、両方同時には設定できません。


トンネル再最適化とパス オプション選択

再最適化は、TE トンネルを持つデバイスで、LSP が確立されているトンネルを調査し、より適切な LSP が利用できるかどうかを取得するときに発生します。より適切な LSP が使用可能な場合、デバイスはより適切な LSP をシグナリングします。シグナリングに成功すると、デバイスでは古い LSP がより適切な新しい LSP に置き換えられます。

設定可能なタイマー、reoptimize コマンド、またはトンネルの再シグナリングが必要な設定変更を使用して再最適化を起動できます。帯域幅上書きのパス オプションは、TE トンネル インターフェイスに対して設定されている帯域幅と、特定のパス オプションに対して設定されている帯域幅の間で切り替えることができます。この上書きにより、TE トンネルにおける LSP のシグナリングの成功率が高まります。

パス オプションに対して帯域幅上書きを設定する場合、TE は 30 秒ごとに帯域幅を再最適化し、トンネルに対して設定されている帯域幅を再確立します(「帯域幅上書きのパス オプションの設定」を参照)。

LSP 属性リストで LSP の再最適化をディセーブルにし、この LSP 属性リストをパス オプションに適用できます。

帯域幅上書きを使用したパス オプション選択

帯域幅上書きパス オプションをイネーブルにした場合、特定のパス オプションに対して帯域幅パラメータを設定できます。帯域幅が設定されたパス オプションを使用して LSP がシグナリングされる場合、トンネルに直接設定された帯域幅ではなく、パス オプションに関連付けられた帯域幅がシグナリングされます。

トンネルのヘッドエンドで LSP の確立に失敗するたびに帯域幅の制約が緩和される複数のパス オプションを設定できます。

次に、3 つの path-option コマンドの例を示します。

bandwidth 1000
path-option 1 explicit name path1
path-option 2 explicit name path2 bandwidth 500
path-option 3 dynamic bandwidth 0
 

デバイスでは、次のように優先度順に LSP のパス オプションが選択されます。

デバイスでは、パス オプション 1 で始まるパス オプションを使用して LSP のシグナリングを行います。

パス オプション 1 には帯域幅が設定されていないため、デバイスでは、トンネル インターフェイスに設定された 1000 kbps の帯域幅を使用して LSP のシグナリングを行います。

1000 kbps が利用できない場合、デバイスは、パス オプション 2 を使用して LSP の確立を試みます。

パス オプション 2 には 500 kbps の帯域幅が設定されています。これは、トンネル インターフェイスに設定されている元の 1000 kbps から帯域幅制約を緩和します。

500 kbps が利用できない場合、デバイスは、パス オプション 3 を使用して LSP の確立を試みます。

パス オプション 3 はダイナミックとして設定されており、帯域幅は 0 です。宛先までの IP パスが存在し、他のすべてのトンネル制約が満たされる場合、デバイスで LSP が確立されます。

MPLS TE の LSP 属性のライセンス要件

次の表に、この機能のライセンス要件を示します。

 

製品
ライセンス要件

Cisco NX-OS

MPLS TE LSP 属性機能では MPLS ライセンスが必要です。Cisco NX-OS ライセンス方式の詳細と、ライセンスの取得および適用の方法については、『 Cisco NX-OS Licensing Guide 』を参照してください。

MPLS TE の LSP 属性の前提条件

MPLS TE トンネルの LSP 属性には次の前提条件があります。

MPLS TE 機能をイネーブルにする必要があります。「MPLS TE のイネーブル化」を参照してください。

MPLS TE の LSP 属性に関する注意事項と制限事項

MPLS TE トンネルの LSP 属性設定時の注意事項と制限事項は次のとおりです。

LSP 属性は明示的に設定する必要があります。

MPLS TE の LSP 属性のデフォルト設定

表 13-1 に、LSP 属性のデフォルト設定を示します。

 

表 13-1 LSP 属性のデフォルト設定

パラメータ
デフォルト

アフィニティ

0、マスク 0

帯域幅

0

プライオリティ

7 7

保護高速再ルーティング

ディセーブル

ルート記録

ディセーブル

MPLS TE の LSP 属性の設定

ここでは、次の内容について説明します。

「MPLS TE トンネルでの LSP 属性の設定」(P.13-5)

「LSP 属性リストの設定」(P.13-7)

「LSP 属性リストの MPLS TE トンネルへの関連付け」(P.13-10)

「帯域幅上書きのパス オプションの設定」(P.13-12)

MPLS TE トンネルでの LSP 属性の設定

MPLS TE トンネルで LSP 属性を設定できます。これらの値は、この MPLS TE トンネルに関連付けられている LSP 属性リストで上書きされます。

前提条件

MPLS TE 機能がイネーブルになっている必要があります(「MPLS TE のイネーブル化」を参照)。

適切な VDC であることを確認します(または、 switchto vdc コマンドを使用します)。

手順の概要

1. configure terminal

2. interface tunnel-te number

3. destination { ip-address }

4. (任意) autoroute announce

5. (任意) bandwidth kbps

6. (任意) priority setup-priority [ hold-priority ]

7. (任意) show interface tunnel-te number

8. (任意)show mpls traffic-eng tunnels tunnel-te number

9. (任意)show running config interface tunnel-te number

10. (任意) copy running-config startup-config

手順の詳細

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

 

例:

switch# configure terminal

switch(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface tunnel-te number

 

例:

switch(config)# interface tunnel-te 1

TE インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。 number 引数には、設定するトンネル番号を指定します。

ステップ 3

destination { ip-address }

 

例:

switch(config-if-te)# destination 10.10.10.12

このパス オプションのトンネルの宛先を指定します。 ip-address 引数は、10 進の 4 分割ドット表記で表した、ホスト宛先の IP アドレスです。

ステップ 4

autoroute announce

 

例:

switch(config-if-te)# autoroute announce

(任意)IGP における拡張 Shortest Path First(SPF)の計算において、(トンネルがアップの場合に)トンネルを使用する必要があることを指定します。

ステップ 5

bandwidth kbps

 

例:

switch(config-if-te)# bandwidth 1000

(任意)MPLS TE トンネルで必要な帯域幅を設定し、グローバル プールに割り当てます。 kbps 引数は、MPLS TE トンネルで確保する kbps 単位の帯域幅です。指定できる範囲は 1 ~ 4294967295 です。

ステップ 6

priority setup-priority [ hold-priority ]

 

例:

switch(config-if-te)# priority 1 1

(任意)どの既存のトンネルを優先的に取得するかをシステムが決定する場合に使用されるプライオリティを設定します。

setup-priority 引数は、このトンネルでの LSP のシグナリング時に既存のどのトンネルよりも優先的に取得できるかを決定するために使用されるプライオリティです。

有効な値は 0 ~ 7 で、値が小さいほど、プライオリティが高いことを示します。設定プライオリティが 0 の LSP は、プライオリティが 0 以外のどの LSP よりも優先的に取得されます。

hold-priority 引数は、このトンネルの LSP と関連付けられた、シグナリングされている他の LSP の方を優先的に取得する必要があるかどうかを決定するためのプライオリティです。

有効な値は 0 ~ 7 であり、数字が小さいほど優先順位は高くなります。

ステップ 7

show interface tunnel-te number

 

例:

switch(config-if-te)# show interface tunnel-te 1

(任意)TE トンネルに関する情報を表示します。

ステップ 8

show mpls traffic-eng tunnels tunnel-te number

(任意)設定したトンネル番号の MPLS TE トンネルを表示します。

ステップ 9

show running config interface tunnel-te number

(任意)設定したトンネル番号のインターフェイス MPLS TE トンネルの実行コンフィギュレーションを表示します。

ステップ 10

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config-if-te)# copy running-config startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

LSP 属性リストの設定

目的とする属性を使用して LSP 属性リストを設定し、パス オプションに適用することができます。また、既存の LSP 属性リストに属性を追加または変更したり、 no サブコマンドを使用して、既存の属性リストから属性を削除することができます。


) LSP 属性リストとパスオプション帯域幅上書きは相互に排他的であるため、両方同時には設定できません。


前提条件

MPLS TE 機能がイネーブルになっている必要があります(「MPLS TE のイネーブル化」を参照)。

適切な VDC であることを確認します(または、 switchto vdc コマンドを使用します)。

手順の概要

1. configure terminal

2. mpls traffic-eng configuration

3. lsp attributes name

4. (任意) affinity value [ mask value ]

5. (任意) bandwidth kbps

6. (任意) list

7. (任意) lockdown

8. (任意) priority setup-priority [ hold-priority ]

9. (任意) protection fast-reroute

10. (任意) record-route

11. (任意) no sub-command

12. (任意) show mpls traffic-eng lsp attributes [ name ]

13. (任意)show running mpls traffic-eng

14. (任意)show mpls traffic-eng tunnels tunnel-te number

15. (任意)show running config interface tunnel-te number

16. (任意) copy running-config startup-config

手順の詳細

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

 

例:

switch# configure terminal

switch(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

mpls traffic-eng configuration

 

例:

switch(config)# mpls traffic-eng configuration

switch(config-te)#

MPLS TE コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

lsp attributes string

 

例:

switch(config-te)# lsp attributes 1

switch(config-lsp-attr)#

LSP 属性リストを設定し、LSP 属性コンフィギュレーション モードを開始します。 name 引数は特定の LSP 属性リストを識別し、最大 63 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

ステップ 4

affinity value [ mask value ]

 

例:

switch(config-lsp-attr)# affinity 0 mask 0

(任意)LSP を構成するリンクの属性フラグを指定します。 value 引数は、LSP を構成するリンクで必要な値です。各ビットの値は 0 または 1 です。

mask value のキーワードと引数の組み合わせは、どの属性値をチェックする必要があるかを示します。

マスクのビットが 0 の場合、そのビットに対応するリンクの属性値は関連しません。

マスクのビットが 1 の場合、そのリンクの属性値と、そのビットに対応する LSP の必要なアフィニティは一致する必要があります。

ステップ 5

bandwidth kbps

 

例:

switch(config-lsp-attr)# bandwidth 5000

(任意)LSP 帯域幅を指定します。 kbps 引数は、パス オプションで確保する kbps の数値です。指定できる範囲は 1 ~ 4294967295 です。

ステップ 6

list

 

例:

switch(config-lsp-attr)# list

(任意)LSP 属性リストの内容を表示します。

ステップ 7

lockdown

 

例:

switch(config-lsp-attr)# lockdown

(任意)LSP の再最適化をディセーブルにします。

ステップ 8

priority setup-priority [ hold-priority ]

 

例:

switch(config-lsp-attr)# priority 1 1

(任意)LSP プライオリティを指定します。 setup-priority 引数は、LSP のシグナリング時に既存のどの LSP よりも優先的に取得できるかを決定するために使用します。指定できる範囲は 0 ~ 7 であり、数字が小さいほどプライオリティは高くなります。設定プライオリティが 0 の LSP は、プライオリティが 0 以外のどの LSP よりも優先的に取得されます。

hold-priority 引数は LSP と関連付けられて、シグナリングされている他の LSP の方を優先的に取得する必要があるかどうかを決定します。指定できる範囲は 0 ~ 7 であり、数字が小さいほどプライオリティは高くなります。

ステップ 9

protection fast-reroute

 

例:

switch(config-lsp-attr)# protection fast-reroute

(任意)LSP で障害保護をイネーブルにします。

ステップ 10

record-route

 

例:

switch(config-lsp-attr)# record-route

(任意)LSP によって使用されるルートを記録します。

ステップ 11

no sub-command

 

例:

switch(config-lsp-attr)# no record-route

(任意)LSP 属性リストから特定の属性を削除します。 sub-command 引数には、属性リストから削除する LSP 属性を指定します。

ステップ 12

show mpls traffic-eng lsp attributes [ name ]

 

例:

switch(config)# show mpls traffic-eng lsp attributes

(任意)設定した LSP 属性リストに関する情報を表示します。スイッチから LSP 属性リストが削除されたことを確認する場合に、 show mpls traffic-eng lsp attributes コマンドを使用します。

ステップ 13

show running mpls traffic-eng

 

例:

switch(config)# show running mpls traffic-eng

(任意)MPLS TE 機能の実行コンフィギュレーションに関する情報を表示します。

ステップ 14

show mpls traffic-eng tunnels tunnel-te number

 

例:

switch(config)# show mpls traffic-eng tunnels tunnel-te 12

(任意)設定したトンネル番号の MPLS TE トンネルを表示します。

ステップ 15

show running config interface tunnel-te number

 

例:

switch(config)# show running config interface tunnel-te 12

(任意)設定したトンネル番号のインターフェイス MPLS TE トンネルの実行コンフィギュレーションを表示します。

ステップ 16

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config-lsp-attr)# copy running-config startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

LSP 属性リストの MPLS TE トンネルへの関連付け

LSP 属性リストを、1 つ以上の MPLS TE トンネルのパス オプションに関連付けることができます。

TE トンネルのパス オプション属性は次のようにして決まります。

パスオプションの LSP 属性リストで設定された属性は、トンネル インターフェイス コンフィギュレーション モードで同じ属性が直接設定されている場合、それよりも優先されます。

LSP 属性リストに属性が指定されていない場合、トンネル設定の属性が使用されます。LSP 属性リストにはデフォルト値はありません。

トンネルで属性が設定されておらず、属性リストにない場合、トンネルのデフォルト属性値が使用されます。「MPLS TE の LSP 属性のデフォルト設定」を参照してください。

前提条件

MPLS TE 機能がイネーブルになっている必要があります(「MPLS TE のイネーブル化」を参照)。

適切な VDC であることを確認します(または、 switchto vdc コマンドを使用します)。

手順の概要

1. configure terminal

2. interface tunnel-te number

3. path-option number { dynamic | explicit { name path-name | path-number } [ verbatim ] } [ attributes string ] [ bandwidth kbps ] [ lockdown ]

4. (任意) show interface tunnel-te number

5. (任意)show mpls traffic-eng tunnels tunnel-te number

6. (任意)show running config interface tunnel-te number

7. (任意) copy running-config startup-config

手順の詳細

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

 

例:

switch# configure terminal

switch(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface tunnel-te number

 

例:

switch(config)# interface tunnel-te 1

TE インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

number 引数には、設定するトンネル番号を指定します。

ステップ 3

path-option number { dynamic | explicit { name path-name | path-number } [ verbatim ]} [ attributes string ] [ bandwidth kbps ] [ lockdown ]

 

例:

switch(config-if-te)# path-option 1 dynamic attributes 1

 

MPLS TE トンネルのパス オプションの LSP 関連のパラメータを指定するために、LSP 属性リストを追加します。引数は次のとおりです。

number 引数は、パス オプションを示します。

dynamic キーワードは、パス オプションがダイナミックに計算されることを示します(スイッチによって最良パスが計算されます)。

explicit キーワードは、パス オプションが指定されていることを示します。パスの IP アドレスを指定します。

name path-name のキーワードと引数の組み合わせは、明示パス オプションの名前を示します。

path-number 引数は、明示パス オプションの番号を示します。

verbatim キーワードを指定すると、トポロジ データベース検証がバイパスされます。

キーワードは、明示パス オプションでだけ使用できます。

attributes string のキーワードと引数の組み合わせは、LSP のパス オプションを指定する属性リストを示します。

bandwidth キーワードは、LSP の帯域幅を指定します。

kbps 引数は、このパス オプションを使用してシグナリングされた場合にトンネル用に確保する kbps の数値です。指定できる範囲は 1 ~ 4294967295 です。

lockdown キーワードは、トンネルがこのパス オプションでシグナリングされたときに、LSP の再最適化をディセーブルにします。

ステップ 4

show interface tunnel-te number

 

例:

switch(config-if-te)# show interface tunnel-te 1

(任意)TE トンネルに関する情報を表示します。

ステップ 5

show mpls traffic-eng tunnels tunnel-te number

 

例:

switch(config-if-te)# show mpls traffic-eng tunnels tunnel-te 12

(任意)設定したトンネル番号の TE の MPLS TE トンネルを表示します。

ステップ 6

show running config interface tunnel-te number

 

例:

switch(config-if-te)# show running config interface tunnel-te 12

(任意)設定したトンネル番号のインターフェイス MPLS TE トンネルの実行コンフィギュレーションを表示します。

ステップ 7

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config-if-te)# copy running-config startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

帯域幅上書きのパス オプションの設定

パス オプションの帯域幅パラメータを使用して、TE トンネルのフォールバック帯域幅パス オプションを設定できます。トンネルのヘッドエンドで LSP の確立に失敗するたびに帯域幅の制約が緩和されるパス オプションを設定できます。

帯域幅パス オプションの上書きは、帯域幅制約を一時的に緩和するものです。この機能を使用して、帯域幅要件を大きくすることもできます。すべての TE トンネルをすぐに再最適化するには、グローバル コマンド reoptimize を使用します。また、帯域幅上書きに lockdown コマンドを設定して、自動再最適化を防止できます。


) path-option パラメータとして帯域幅を設定すると、path-option パラメータとして LSP 属性リストを設定することはできなくなります。


手順の概要

1. configure terminal

2. interface tunnel-te number

3. path-option number { dynamic | explicit { name path--name | path-number } [ verbatim ] } [ attributes string ] [ bandwidth kbps ] [ lockdown ]

4. (任意) show interface tunnel-te number

5. (任意)show mpls traffic-eng tunnels tunnel-te number

6. (任意)show running config interface tunnel-te number

7. (任意) copy running-config startup-config

手順の詳細

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

 

例:

switch# configure terminal

switch(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface tunnel-te number

 

例:

switch(config)# interface tunnel-te 1

TE インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

number 引数には、設定するトンネル番号を指定します。

ステップ 3

path-option number { dynamic | explicit { name path-name | path-number } [ verbatim ]} [ attributes string ] [ bandwidth kbps ] [ lockdown ]

 

例:

switch(config-if-te)# path-option 1 dynamic attributes 1

 

MPLS TE トンネルのパス オプションの LSP 関連のパラメータを指定するために、LSP 属性リストを追加します。引数は次のとおりです。

number 引数は、パス オプションを示します。

dynamic キーワードは、パス オプションがダイナミックに計算されることを示します(スイッチによって最良パスが計算されます)。

explicit キーワードは、パス オプションが指定されていることを示します。パスの IP アドレスを指定します。

name path-name のキーワードと引数の組み合わせは、明示パス オプションの名前を示します。

path-number 引数は、明示パス オプションの番号を示します。

verbatim キーワードを指定すると、トポロジ データベース検証がバイパスされます。

キーワードは、明示パス オプションでだけ使用できます。

attributes string のキーワードと引数の組み合わせは、LSP のパス オプションを指定する属性リストを示します。

bandwidth キーワードは、LSP の帯域幅を指定します。

kbps 引数は、パス オプションで確保する kbps の数値です。指定できる範囲は 1 ~ 4294967295 です。

lockdown キーワードを指定すると、LSP の再最適化がディセーブルになります。

ステップ 4

show interface tunnel-te number

 

例:

switch(config-if-te)# show interface tunnel-te 1

(任意)TE トンネルに関する情報を表示します。

ステップ 5

show mpls traffic-eng tunnels tunnel-te number

 

例:

switch(config-if-te)# show mpls traffic-eng tunnels tunnel-te 1

(任意)設定したトンネル番号の MPLS TE トンネルを表示します。

ステップ 6

show running config interface tunnel-te number

 

例:

switch(config-if-te)# show running config interface tunnel-te 1

(任意)設定したトンネル番号のインターフェイス MPLS TE トンネルの実行コンフィギュレーションを表示します。

ステップ 7

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config-if-te)# copy running-config startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

MPLS TE の LSP 属性の設定の確認

LSP 属性の MPLS TE の設定を表示するには、次のいずれかの作業を行います。

 

コマンド
目的

show mpls traffic-eng lsp attributes [ string ] [ details ]

LSP 属性リストについての情報を表示します。

show mpls traffic-eng tunnels tunnel-interface [ brief ]

MPLS TE トンネル属性およびパス オプションに関する情報を表示します。

これらのコマンドの出力フィールドの詳細については、『 Cisco NX-OS MPLS Command Reference 』を参照してください。

MPLS TE の LSP 属性の設定例

ここでは、次の内容について説明します。

「例:TE トンネル上の LSP 属性リスト」

「例:帯域幅上書きのパス オプション」

例:TE トンネル上の LSP 属性リスト

次に、LSP 属性リストを設定し、MPLS TE トンネルに関連付ける例を示します。

configuration terminal
feature mpls traffic-engineering
mpls traffic-eng configuration
lsp attributes 3
affinity 7 7
bandwidth 1000
priority 1 1
 
interface Tunnel-te 1
ip unnumbered Ethernet2/1
destination 10.112.0.12
affinity 1
bandwidth 5000
path-option 1 dynamic attributes 3
 

例:帯域幅上書きのパス オプション

次に、パス オプションを設定して帯域幅を上書きする例を示します。

 

) path-option パラメータとして帯域幅を設定すると、path-option パラメータとして LSP 属性リストを設定することはできなくなります。


configuration terminal
feature mpls traffic-engineering
interface Tunnel-te 1
ip unnumbered Loopback0
destination 10.10.10.12
autoroute announce
priority 1 1
bandwidth 1000
path-option 1 explicit name path1
path-option 2 explicit name path2 bandwidth 500
path-option 3 dynamic bandwidth 0
 

デバイスでは、次のように優先度順に LSP のパス オプションが選択されます。

デバイスでは、パス オプションを使用して、パス オプション 1 から LSP のシグナリングが試みられます。

パス オプション 1 には帯域幅が設定されていないため、デバイスでは、トンネル インターフェイスに設定された 1000 kbps の帯域幅を使用して LSP のシグナリングが試みられます。

1000 kbps が利用できない場合、デバイスは、パス オプション 2 を使用して LSP の確立を試みます。

パス オプション 2 には 500 kbps が設定されています。これは、トンネル インターフェイスに設定されている元の 1000 kbps から帯域幅制約を緩和します。

500 kbps が利用できない場合、デバイスは、パス オプション 3 を使用して LSP の確立を試みます。

パス オプション 3 はダイナミックとして設定されており、帯域幅は 0 です。宛先までの MPLS TE パスが存在し、他のすべてのトンネル制約が満たされる場合、デバイスで LSP が確立されます。

MPLS TE に関する追加情報

次の項で、LSP 属性機能に関する参考資料を紹介します。

関連資料

関連項目
参照先

CLI コマンド

『Cisco Nexus 7000 Series NX-OS MPLS Command Reference』

MIB

MIB
MIB のリンク

CISCO-IETF-FRR-MIB

MPLS-FTN-STD-MIB

MPLS TE-STD-MIB

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、およびフィーチャ セットに対する Cisco MIB を特定してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

RFC 2961

『RSVP Refresh Overhead Reduction Extensions』

RFC 3209

『RSVP TE: Extensions to RSVP for LSP Tunnels』

RFC 3630

『Traffic Engineering (TE) Extensions to OSPF Version 2』

RFC 3784

『Intermediate System to Intermediate System (IS-IS) Extensions for Traffic Engineering (TE)』

RFC 3812

『MPLS TE MIB』

RFC 3814

『MPLS-FTN-STD-MIB』

MPLS TE の LSP 属性の機能履歴

表 13-2 は、この機能のリリースの履歴です。

 

表 13-2 MPLS TE トンネルの LSP 属性の機能履歴

機能名
リリース
機能情報

MPLS TE トンネルの LSP 属性

5.2(1)

この機能が導入されました。