Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS MPLS コンフィギュレーション ガイド
MPLS TE 転送隣接の設定
MPLS TE 転送隣接の設定
発行日;2012/05/09 | 英語版ドキュメント(2011/10/28 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

MPLS TE 転送隣接の設定

MPLS TE 転送隣接の概要

MPLS TE 転送隣接のライセンス要件

MPLS TE 転送隣接の前提条件

MPLS TE 転送隣接に関する注意事項と制限事項

MPLS TE 転送隣接のデフォルト設定

MPLS TE 転送隣接の設定

MPLS TE 転送隣接の設定の確認

MPLS TE 転送隣接の設定例

MPLS TE 転送隣接の追加情報

関連資料

MIB

RFC

MPLS TE 転送隣接の機能履歴

MPLS TE 転送隣接の設定

この章では、Cisco NX-OS デバイスで Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Traffic Engineering(TE; トラフィック エンジニアリング)転送隣接を設定する方法について説明します。

この章では、次の内容について説明します。

「MPLS TE 転送隣接の概要」(P.15-1)

「MPLS TE 転送隣接のライセンス要件」(P.15-2)

「MPLS TE 転送隣接の前提条件」(P.15-3)

「MPLS TE 転送隣接に関する注意事項と制限事項」(P.15-3)

「MPLS TE 転送隣接のデフォルト設定」(P.15-3)

「MPLS TE 転送隣接の設定」(P.15-3)

「MPLS TE 転送隣接の設定の確認」(P.15-5)

「MPLS TE 転送隣接の設定例」(P.15-5)

「MPLS TE 転送隣接の追加情報」(P.15-6)

「MPLS TE 転送隣接の機能履歴」(P.15-7)

MPLS TE 転送隣接の概要

MPLS TE 転送隣接を使用すると、TE Label-Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)トンネル を、Shortest Path First(SPF)アルゴリズムに基づいて Interior Gateway Protocol(IGP)ネットワーク内のリンクとして扱うことができます。Intermediate System-to-Intermediate System(IS-IS)と Open Shortest Path First(OSPF)の両方が IGP としてサポートされています。

転送隣接は、ネットワーク内でのスイッチの場所に関係なく、ルータとルータの間に作成できます。図 15-1 に示すように、スイッチとスイッチは、間に何個かホップを入れて配置できます。

図 15-1 転送隣接のトポロジ

この結果、TE トンネルは IGP 内にリンクとしてアドバタイズされ、トンネルのコストが関連付けられます。

TE ドメインの外側にあるスイッチは、TE トンネルを参照し、その TE トンネルを使用して、ネットワーク内でトラフィックをルーティングするための最短パスを計算します。

TE トンネル インターフェイスは、他のリンクと同様に、IGP ネットワーク内にアドバタイズされます。これにより、スイッチは、IGP 内のこれらのアドバタイズメントを使用して SPF を計算できるようになります。このことは、これらのアドバタイズメントがいずれかの TE トンネルのヘッドエンドでない場合も同様です。

MPLS TE 転送隣接のライセンス要件

次の表に、この機能のライセンス要件を示します。

 

製品
ライセンス要件

Cisco NX-OS

転送隣接では MPLS ライセンスが必要です。Cisco NX-OS ライセンス方式の詳細と、ライセンスの取得および適用の方法については、『 Cisco NX-OS Licensing Guide 』を参照してください。

MPLS TE 転送隣接の前提条件

転送隣接には、次の前提条件があります。

MPLS TE 機能をイネーブルにする必要があります。「MPLS TE のイネーブル化」を参照してください。

MPLS TE 転送隣接に関する注意事項と制限事項

転送隣接設定時の注意事項と制限事項は次のとおりです。

転送隣接では、TE トンネルをリンクとしてアドバタイズすることで、IGP データベースのサイズが大きくなります。

TE トンネルに対して転送隣接をイネーブルにすると、リンクは IGP ネットワーク内で、TE sub-TLV のない、Type, Length, Value(TLV; タイプ、長さ、値)が 22 のオブジェクトとしてアドバタイズされます。

MPLS TE 転送隣接トンネルは、双方向に設定する必要があります。

論理 Generic Routing Encapsulation(GRE; 総称ルーティング カプセル化)トンネル インターフェイスには MPLS TE を設定できません。


) リンクに対して転送隣接と自動ルート通知の両方を設定した場合、転送隣接が優先されます。転送隣接の設定を削除すると自動ルート設定が自動的に有効になりますが、転送隣接パスが障害になっても自動ルート設定は有効になりません。


MPLS TE 転送隣接のデフォルト設定

表 15-1 に、転送隣接のデフォルト設定を示します。

 

表 15-1 転送隣接のデフォルト設定

パラメータ
デフォルト

転送隣接保持時間

デフォルトは 0 です。

MPLS TE 転送隣接の設定

MPLS TE 転送隣接のトンネル インターフェイスを設定できます。


) 転送隣接は、2 つの LSP トンネル上で双方向に(A から B へ、および B から A へ)設定する必要があります。このようにしない場合、転送隣接はアドバタイズされますが、IGP ネットワーク内で使用されません。


前提条件

MPLS TE 機能がイネーブルになっている必要があります(「MPLS TE のイネーブル化」を参照)。

適切な VDC であることを確認します(または、 switchto vdc コマンドを使用します)。

手順の概要

1. configure terminal

2. interface tunnel-te number

3. forwarding-adjacency [ holdtime value ]

4. isis metric metric-value { level-1 | level-2 }

5. (任意) show interface tunnel-te number

6. (任意) copy running-config startup-config

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

 

例:

switch# configure terminal

switch(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface tunnel-te number

 

例:

switch(config)# interface tunnel-te 1

TE インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

number 引数には、設定するトンネル番号を指定します。

ステップ 3

forwarding-adjacency [ holdtime value ]

 

例:

switch(config-if-te)# forwarding-adjacency

TE トンネルを IGP ネットワーク内にリンクとしてアドバタイズします。holdtime は、トンネルがダウンしてから IGP に通知するまで TE が待機する時間(ミリ秒単位)を指定します。この処理により、トンネルはその時間内に代替パスを探そうとすることができ、それに成功した場合、IGP にはトンネルがダウンしたことが通知されません(これにより、無駄な SPF の計算を避けることができます)。

ステップ 4

isis metric metric-value { level-1 | level-2 }

 
switch(config-if-te)# isis metric 2 level-1

転送隣接として使用するトンネル インターフェイスの IS-IS メトリックを設定します。 isis metric コマンドには、TE を実行している IGP レベルと一致するように、レベル 1 またはレベル 2 を指定する必要があります。このようにしない場合、メトリックのデフォルト値は 10 です。

(注) このコマンドは IGP が IS-IS の場合のみ使用します。IGP が OSPF の場合は、同等の OSPF コマンドを使用します。

ステップ 5

show interface tunnel-te number

 

例:

switch(config-if-te)# show interface tunnel-te 1

(任意)TE トンネルに関する情報を表示します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config-if-te)# copy running-config startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

MPLS TE 転送隣接の設定の確認

MPLS TE 転送隣接の設定を表示するには、次のいずれかの作業を行います。

 

コマンド
目的

show mpls traffic-eng forwarding-adjacency [ ip-address ]

MPLS TE 転送隣接に関する情報を表示します。

show isis [ process-tag ] database [ level-1 ] [ level-2 ] [ l1 ] [ l2 ] [ detail ] [ lspid ]

IS-IS に関する情報を表示します。

これらのコマンドの出力フィールドの詳細については、『 Cisco NX-OS MPLS Command Reference 』を参照してください。

MPLS TE 転送隣接の設定例

次に、転送隣接と IS-IS メトリックを使用して TE トンネル インターフェイスを設定する例を示します。

configuration terminal
feature mpls traffic-engineering
interface tunnel-te 7
forwarding-adjacency
isis metric 2 level-1

forwarding adjacency コマンドと autoroute announce コマンドの両方がコンフィギュレーションにある場合、forwarding adjacency コマンドが優先されます。


図 15-2 では、B が A から F への最短パスであるため、B と F の間、および C と F の間の TE トンネルに転送隣接が設定されていない場合、A から F に転送する必要のあるトラフィックはすべて B を通過します。(A から F へのコストは、B を経由する場合は 15 で、C を経由する場合は 20 です)。

図 15-2 転送隣接の使用

B と F の間、および C と F の間の TE トンネルに転送隣接が設定されていて、F と B の間、および F と C の間の TE トンネルにも転送隣接が設定されている場合、A は SPF アルゴリズムを計算するとき、F への 2 つのパスのコストが等価である(11)と見なします。その結果、リンク A-B と A-C を経由するトラフィックが共有されます。

MPLS TE 転送隣接の追加情報

転送隣接機能に関する詳細情報については、次の項を参照してください。

「関連資料」(P.15-6)

「MIB」(P.15-7)

「RFC」(P.15-7)

関連資料

関連項目
参照先

CLI コマンド

『Cisco Nexus 7000 Series NX-OS MPLS Command Reference』

MIB

MIB
MIB のリンク

CISCO-IETF-FRR-MIB

MPLS-FTN-STD-MIB

MPLS TE-STD-MIB

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、およびフィーチャ セットに対する Cisco MIB を特定してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

RFC 2961

『RSVP Refresh Overhead Reduction Extensions』

RFC 3209

『RSVP TE: Extensions to RSVP for LSP Tunnels』

RFC 3630

『Traffic Engineering (TE) Extensions to OSPF Version 2』

RFC 3784

『Intermediate System to Intermediate System (IS-IS) Extensions for Traffic Engineering (TE)』

RFC 3812

『MPLS TE MIB』

RFC 3814

『MPLS-FTN-STD-MIB』

MPLS TE 転送隣接の機能履歴

表 15-2 は、この機能のリリースの履歴です。

 

表 15-2 転送隣接の機能履歴

機能名
リリース
機能情報

MPLS TE 転送隣接

5.2(1)

この機能が導入されました。