Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS MPLS コンフィギュレーション ガイド
MPLS TE トンネルのパス選択メトリックの 設定
MPLS TE トンネルのパス選択メトリックの設定
発行日;2012/05/09 | 英語版ドキュメント(2011/10/28 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

MPLS TE トンネルのパス選択メトリックの設定

MPLS TE トンネルのパス選択メトリックの概要

MPLS TE トンネルのパス選択メトリックのライセンス要件

MPLS TE トンネルのパス選択メトリックの前提条件

MPLS TE トンネルのパス選択メトリックに関する注意事項と制限事項

MPLS TE トンネルのパス選択メトリックのデフォルト設定

MPLS TE トンネルのパス選択メトリックの設定

MPLS TE トンネルのグローバル パス選択メトリック タイプの設定

TE トンネルのパス選択メトリック タイプの設定

MPLS TE トンネルのパス選択メトリックの設定の確認

MPLS TE トンネルのパス選択メトリックの設定例

MPLS TE トンネルの追加情報

関連資料

MIB

RFC

MPLS TE トンネルのパス選択メトリックの機能履歴

MPLS TE トンネルのパス選択メトリックの設定

この章では、Cisco NX-OS デバイス上で、Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Traffic Engineering(TE; トラフィック エンジニアリング)トンネルのパス選択メトリックを設定する方法について説明します。

この章では、次の内容について説明します。

「MPLS TE トンネルのパス選択メトリックの概要」(P.12-1)

「MPLS TE トンネルのパス選択メトリックのライセンス要件」(P.12-2)

「MPLS TE トンネルのパス選択メトリックの前提条件」(P.12-2)

「MPLS TE トンネルのパス選択メトリックに関する注意事項と制限事項」(P.12-2)

「MPLS TE トンネルのパス選択メトリックのデフォルト設定」(P.12-2)

「MPLS TE トンネルのパス選択メトリックの設定」(P.12-3)

「MPLS TE トンネルのパス選択メトリックの設定の確認」(P.12-5)

「MPLS TE トンネルのパス選択メトリックの設定例」(P.12-6)

「MPLS TE トンネルの追加情報」(P.12-8)

「MPLS TE トンネルのパス選択メトリックの機能履歴」(P.12-9)

MPLS TE トンネルのパス選択メトリックの概要

特定のトンネルは低遅延が必要な音声トラフィックを伝送し、別のトンネルはデータを伝送します。TE トンネルのパス選択メトリックはグローバルまたはトンネルごとに設定できます。インターフェイスに対して TE リンク メトリックを指定するか、デフォルトの IGP リンク メトリックを使用することができます。また、これらの低遅延トラフィック トンネルに対してパス選択のリンク メトリックを指定し、他のトンネルでパス選択に Interior Gateway Protocol(IGP)メトリックを使用することもできます。MPLS TE は、IGP として Intermediate System-to-Intermediate System(IS-IS)および Open Shortest Path First(OSPF)をサポートしています。

IGP は、すべての MPLS TE リンクについて、次のように 2 つのメトリックをフラッディングします。

IGP リンク メトリック。これは、リンクの IGP で決定されるメトリックです。

パス選択メトリック。これは、リンクの TE リンク メトリックです。このメトリックはデフォルトで IGP リンク メトリックになりますが、インターフェイス上で mpls traffic-eng administrative-weight コマンドを使用することで、TE リンク メトリックを使用できます。

MPLS TE トンネルのパス選択メトリックのライセンス要件

次の表に、この機能のライセンス要件を示します。

 

製品
ライセンス要件

Cisco NX-OS

トンネルの設定可能なパス選択メトリックでは MPLS ライセンスが必要です。Cisco NX-OS ライセンス方式の詳細と、ライセンスの取得および適用の方法については、『 Cisco NX-OS Licensing Guide 』を参照してください。

MPLS TE トンネルのパス選択メトリックの前提条件

MPLS TE トンネルのパス選択メトリックの前提条件は次のとおりです。

デバイス上で MPLS TE をイネーブルにする必要があります。「MPLS TE のイネーブル化」を参照してください。

MPLS TE トンネルのパス選択メトリックに関する注意事項と制限事項

パス選択メトリック設定時の注意事項と制限事項は次のとおりです。

明示的に設定しないかぎり、特定のリンクの TE リンク メトリックは IGP リンク メトリックになります。TE リンク メトリックを使用してコスト/距離以外のリンク プロパティを表す場合、TE トンネルに使用できるすべてのネットワーク リンクに対して、そのプロパティを表す TE リンク メトリックを設定する必要があります。このようにしない場合は、トンネルによって予期しないパスが使用されることがあります。

論理 Generic Routing Encapsulation(GRE; 総称ルーティング カプセル化)トンネル インターフェイスには MPLS TE を設定できません。

MPLS TE は、1 つの IGP プロセスまたはインスタンスのみをサポートします。複数の IGP プロセスまたはインスタンスはサポートされず、複数の IGP プロセスまたはインスタンスでは MPLS TE を設定できません。MPLS TE を複数の OSPF エリアまたは両方の IS-IS レベルで設定することはできます。

MPLS TE トンネルのパス選択メトリックのデフォルト設定

表 12-1 に、MPLS TE トンネルのパス選択メトリックのデフォルト設定の一覧を示します。

 

表 12-1 MPLS TE トンネルのパス選択メトリックのデフォルト設定

パラメータ
デフォルト

グローバル パス選択メトリック タイプ

TE

インターフェイス パス選択メトリック タイプ

IGP

TE トンネル インターフェイス パス選択メトリック タイプ

TE

TE リンク メトリックまたは管理上の重み

IGP リンク メトリック


) グローバル パス選択メトリックと TE トンネル パス選択メトリックはデフォルトで TE になりますが、インターフェイス TE リンク メトリックはデフォルトで IGP リンク メトリックになるため、実際のデフォルト コンフィギュレーションは IGP リンク メトリックを使用します。


MPLS TE トンネルのパス選択メトリックの設定

ここでは、次の内容について説明します。

「MPLS TE トンネルのグローバル パス選択メトリック タイプの設定」(P.12-3)

「TE トンネルのパス選択メトリック タイプの設定」(P.12-4)

MPLS TE トンネルのグローバル パス選択メトリック タイプの設定

すべての MPLS TE トンネルについて、IGP メトリックまたは TE メトリックを使用するようにパス選択を設定できます。


) 設定された TE トンネル インターフェイス パス選択メトリック タイプは、グローバル パス選択メトリック タイプよりも優先されます。


前提条件

MPLS TE 機能がイネーブルになっている必要があります(「MPLS TE のイネーブル化」を参照)。

適切な VDC であることを確認します(または、 switchto vdc コマンドを使用します)。

手順の概要

1. configure terminal

2. mpls traffic-eng configuration

3. path-selection metric { igp | te }

4. (任意) show mpls traffic-eng tunnels tunnel-te number

5. (任意) copy running-config startup-config

手順の詳細

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

 

例:

switch# configure terminal

switch(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

mpls traffic-eng configuration

 

例:

switch(config)# mpls traffic-eng configuration

switch(config-te)#

MPLS TE コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

path-selection metric { igp | te }

 

例:

switch(config-te)# path-selection metric te

特定の MPLS TE トンネルに対してメトリック タイプが明示的に設定されていない場合に使用するメトリック タイプを指定します。TE パス選択メトリック タイプを設定する場合、各 TE トンネルに対して MPLS TE の管理上の重みも設定できます。デフォルトは IGP です。

ステップ 4

show mpls traffic-eng tunnels tunnel-te number

 

例:

switch(config-if-te)# show mpls traffic-eng tunnels tunnel-te 0

(任意)MPLS TE トンネルの設定に関する情報を表示します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config-if-te)# copy running-config startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

TE トンネルのパス選択メトリック タイプの設定

リンクに対する TE の管理上の重みを設定することで、TE トンネル インターフェイスごとにグローバル トンネル パス選択メトリックを上書きしたり、任意のリンクに対する IGP リンク メトリックを上書きできます。

手順の概要

1. configure terminal

2. interface tunnel-te number

3. path-selection metric { igp | te }

4. (任意) interface type/ number

5. (任意) mpls traffic-eng administrative-weight weight

6. (任意) show mpls traffic-eng tunnels tunnel-te number

7. (任意) copy running-config startup-config

手順の詳細

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

 

例:

switch# configure terminal

switch(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface tunnel-te number

 

例:

switch(config)# interface tunnel-te 1

switch(config-if-te)#

TE インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。 number の範囲は 0 ~ 65503 です。

ステップ 3

path-selection metric { igp | te }

 

例:

switch(config-if-te)# path-selection metric te

MPLS TE トンネル パス選択で使用するメトリック タイプを指定します。デフォルトは TE です。

ステップ 4

interface type/nu mber

 

例:

switch(config-if-te)# interface ethernet 2/1

switch(config-if)#

(任意)インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。サポートされているインターフェイスのリストを表示するには、 ? を使用します。

ステップ 5

mpls traffic-eng administrative-weight weight

 

例:

switch(config-if)# mpls traffic-eng administrative weight 20

(任意)リンクの IGP 管理上の重み(コスト)を上書きします。このパラメータを設定するのは、パス選択メトリック タイプを TE として設定し、デフォルトの IGP のコストを使用するのではなく、TE リンクのコストまたは管理上の重みを指定する場合です。

ステップ 6

show mpls traffic-eng tunnels tunnel-te number

 

例:

switch(config-if)# show mpls traffic-eng tunnels tunnel-te 0

(任意)MPLS TE トンネルの設定に関する情報を表示します。

ステップ 7

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config-if)# copy running-config startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

MPLS TE トンネルのパス選択メトリックの設定の確認

MPLS TE トンネルのパス選択メトリックを表示するには、次のいずれかの作業を行います。

 

コマンド
目的

show mpls traffic-eng topology

各リンクの TE および IGP メトリックを表示します。

show mpls traffic-eng tunnels

トンネルパス選択で使用されるリンク メトリックを表示します。

show mpls traffic-eng link-management summary

各リンクの管理上の重みと、それが IGP から継承したものなのか、TE の管理上の重みを使用した上書きなのかを表示します。

これらのコマンドの出力フィールドの詳細については、『 Cisco NX-OS MPLS Command Reference 』を参照してください。

MPLS TE トンネルのパス選択メトリックの設定例

ここでは、トンネル パス選択で使用できるリンク メトリック タイプの設定方法と、リンク メトリックを設定する方法を示します。ここに挙げたコンフィギュレーション コマンドを使用すると、パス選択のためのメトリック タイプを指定し、メトリックをリンクに割り当てることができます。シナリオ例を完全に設定するには、追加のコマンドが必要になります。たとえば、TE を続行するには IGP コマンドが必要であり、TE をイネーブルにして使用可能な帯域幅を指定するにはリンク インターフェイス コマンドが必要です。

ここに示す例では、図 12-1 の単純なネットワーク テクノロジーがサポートされています。

図 12-1 ネットワーク トポロジ

 

図 12-1 で、トポロジは次のことを示しています。

Tunnel1 と Tunnel2 は、R1(ヘッドエンド)から R4(テールエンド)に接続されています。

Tunnel3 は、R1 から R5 に接続されています。

Tunnel1 と Tunnel3 のパス選択では、リンク遅延を表すメトリックを使用する必要があります。これらのトンネルでは音声トラフィックを伝送するためです。

Tunnel2 のパス選択は、IGP メトリックを使用する必要があります。これは、MPLS TE が遅延要件なしでデータ トラフィックを伝送するためです。

各ルータの次の設定は、リンク メトリックと、トンネル パス選択でのその使用に関する設定を示しています。リンク遅延を表す TE メトリックは、各ルータのネットワーク リンクに対して設定する必要があります。また、R1 には 3 つのトンネルを設定する必要があります。

これらの設定では、Tunnel1 ではパス R1-R3-R4、Tunnel2 ではパス R1-R2-R4、Tunnel3 ではパス R1-R3-R4-R5 が強制的に使用されるようにしています(リンクの帯域幅がトンネルに対応するのに十分な場合)。

R1 の設定

interface eth1/1
mpls traffic-eng administrative-weight 15 !TE metric different from IGP metric
interface eth1/2
mpls traffic-eng administrative-weight 15 !TE metric different from IGP metric
 
interface Tunnel-te 1 !Tunnel1 uses TE metric (default)
!for path selection
ip unnumbered loopback0
destination 192.168.4.4
bandwidth 1000
path-option 1 dynamic
 
interface Tunnel-te 2 !Tunnel2 uses IGP metric
!for path selection
ip unnumbered loopback0
destination 192.168.4.4
bandwidth 1000
path-option 1 dynamic
path-selection metric igp !Use IGP cost for path selection.
 
interface Tunnel 3 !Tunnel3 uses TE metric (default)
!for path selection
ip unnumbered loopback0
destination 192.168.5.5
bandwidth 1000
path-option 1 dynamic
 

R2 の設定

interface eth1/3
mpls traffic-eng administrative-weight 15 !TE metric different from IGP metric
interface eth4/1
mpls traffic-eng administrative-weight 40 !TE metric different from IGP metric
 

R3 の設定

interface eth2/1
mpls traffic-eng administrative-weight 15 !TE metric different from IGP metric
interface eth3/1
mpls traffic-eng administrative-weight 15 !TE metric different from IGP metric
interface eth6/1
mpls traffic-eng administrative-weight 5 !TE metric different from IGP metric
 

R4 の設定

interface eth2/2
mpls traffic-eng administrative-weight 15 !TE metric different from IGP metric
interface eth2/1
mpls traffic-eng administrative-weight 15 !TE metric different from IGP metric
interface eth2/3
mpls traffic-eng administrative-weight 5 !TE metric different from IGP metric
 

R5 の設定

interface eth1/2
mpls traffic-eng administrative-weight 15 !TE metric different from IGP metric
interface eth1/1
mpls traffic-eng administrative-weight 5 !TE metric different from IGP metric
 

MPLS TE トンネルの追加情報

ここでは、MPLS TE トンネルのパス選択メトリックに関する関連資料について説明します。

関連資料

関連項目
参照先

MPLS TE コマンド

『Cisco NX-OS Multiprotocol Label Switching Command Reference』

MIB

MIB
MIB のリンク

CISCO-IETF-FRR-MIB

MPLS-FTN-STD-MIB

MPLS TE-STD-MIB

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、およびフィーチャ セットに対する Cisco MIB を特定してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

RFC 2961

『RSVP Refresh Overhead Reduction Extensions』

RFC 3209

『RSVP TE: Extensions to RSVP for LSP Tunnels』

RFC 3630

『Traffic Engineering (TE) Extensions to OSPF Version 2』

RFC 3784

『Intermediate System to Intermediate System (IS-IS) Extensions for Traffic Engineering (TE)』

RFC 3812

『MPLS TE MIB』

RFC 3814

『MPLS-FTN-STD-MIB』

MPLS TE トンネルのパス選択メトリックの機能履歴

表 12-2 は、この機能のリリースの履歴です。

 

表 12-2 MPLS TE トンネルのパス選択メトリックの機能履歴

機能名
リリース
機能情報

パス選択メトリック

5.2(1)

この機能が導入されました。