Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS MPLS コンフィギュレーション ガイド
MPLS スタティック ラベル バインディングの 設定
MPLS スタティック ラベル バインディングの設定
発行日;2012/05/08 | 英語版ドキュメント(2011/10/28 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

MPLS スタティック ラベル バインディングの設定

MPLS スタティック ラベル バインディングについて

MPLS スタティック ラベルおよび LDP VRF 認識スタティック ラベルの概要

スタティックな割り当てに予約されたラベル

MPLS スタティック ラベル バインディングのライセンス要件

MPLS スタティック ラベル バインディングの前提条件

MPLS スタティック ラベル バインディングに関する注意事項と制限事項

MPLS スタティック ラベル バインディングのデフォルト設定

MPLS スタティック ラベル バインディングの設定

MPLS スタティック ラベルおよび LDP VRF 認識スタティック ラベルに使用するラベルの予約

MPLS VPN プロバイダー コアでの MPLS スタティック ラベルの設定

VPN のエッジでの MPLS LDP VRF 認識スタティック ラベルの設定

MPLS スタティック ラベル バインディング設定の確認

MPLS スタティック ラベル バインディングの設定例

例:MPLS スタティック ラベルおよび MPLS LDP VRF 認識スタティック ラベルに使用するラベルの予約

例:MPLS VPN プロバイダー コアでの MPLS スタティック ラベルの設定

例:VPN エッジでの MPLS LDP VRF 認識スタティック ラベルの設定

MPLS スタティック ラベル バインディングの追加情報

関連資料

RFC

MIB

MPLS スタティック ラベル バインディングの機能履歴

MPLS スタティック ラベル バインディングの設定

この章では、Cisco NX-OS デバイスで Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)のスタティック ラベル バインディングを設定する方法について説明します。

この章では、次の内容について説明します。

「MPLS スタティック ラベル バインディングについて」

「MPLS スタティック ラベル バインディングのライセンス要件」

「MPLS スタティック ラベル バインディングの前提条件」

「MPLS スタティック ラベル バインディングに関する注意事項と制限事項」

「MPLS スタティック ラベル バインディングのデフォルト設定」

「MPLS スタティック ラベル バインディングの設定」

「MPLS スタティック ラベル バインディング設定の確認」

「MPLS スタティック ラベル バインディングの設定例」

「MPLS スタティック ラベル バインディングの追加情報」

「MPLS スタティック ラベル バインディングの機能履歴」

MPLS スタティック ラベル バインディングについて

MPLS スタティック バインディング機能では、MPLS スタティック ラベルと LDP Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)Routing and Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)認識スタティック ラベルを設定できます。VRF 認識 MPLS スタティック ラベルは、MPLS VPN のエッジで使用できます。一方、MPLS スタティック ラベルは、MPLS VPN プロバイダー コアでのみ使用できます。

ここでは、MPLS スタティック ラベルの概要について説明します。

「MPLS スタティック ラベルおよび LDP VRF 認識スタティック ラベルの概要」

「スタティックな割り当てに予約されたラベル」

MPLS スタティック ラベルおよび LDP VRF 認識スタティック ラベルの概要

Label Switch Router(LSR; ラベル スイッチ ルータ)は、ラベル スイッチ パケットに使用する必要があるラベルを、次のラベル配布プロトコルを使用してダイナミックに学習します。

ラベルをネットワーク アドレスにバインドするのに使用される Internet Engineering Task Force(IETF)標準である、Label Distribution Protocol(LDP; ラベル配布プロトコル)

Traffic Engineering(TE; トラフィック エンジニアリング)のラベル配布に使用される Resource Reservation Protocol(RSVP; リソース予約プロトコル)

MPLS VPN のラベル配布に使用される Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)

LSR はダイナミックに学習したラベルを、Label Forwarding Information Base(LFIB; ラベル転送情報ベース)にインストールします。

スタティック ラベルは、次の目的で設定できます。

LDP ラベル配布を実装していないネイバー ルータ経由の MPLS ホップバイホップ転送をサポートするために、ラベルを IPv4 プレフィクスにバインドする場合。MPLS スタティック ラベルを使用すると、MPLS 転送テーブルにエントリを設定し、IGP が学習した Forward Equivalence Class(FEC)にラベル値を割り当てることができます。エンドポイント間で LDP セッションを設定することなく、LSP を手動で設定できます。

Provider Edge(PE; プロバイダー エッジ)ルータで VRF 認識ラベルをカスタマー ネットワーク プレフィクス(VPN IPv4 プレフィクス)にスタティックにバインドする場合。VRF 認識スタティック ラベルを非グローバル VRF テーブルとともに使用して、VPN エッジでラベルを使用できるようにすることができます。たとえば、Carrier Supporting Carrier(CSC)機能において、バックボーン キャリアで、カスタマー キャリアのエッジ ルータにアドバタイズする FEC に特定のラベルを割り当てることができます。その後、バックボーン キャリアは、請求などの目的で、特定のカスタマー キャリアから入ってくるバックボーン トラフィックを監視できます。VRF 認識スタティック ラベルは、サービス プロバイダーのバックボーンで VPNv4 BGP によりアドバタイズされます。

スタティックな割り当てに予約されたラベル

手動でラベルを割り当てる前に、手動割り当てに使用する一連のラベルを予約する必要があります。ラベルを予約することによって、ラベルがダイナミックに割り当てられないようにすることができます。

MPLS スタティック ラベル バインディングのライセンス要件

 

製品
ライセンス要件

Cisco NX-OS

MPLS スタティック ラベル バインディングには、MPLS Services ライセンスが必要です。Cisco NX-OS ライセンス方式の詳細と、ライセンスの取得および適用の方法については、『 Cisco NX-OS Licensing Guide 』を参照してください。

MPLS スタティック ラベル バインディングの前提条件

MPLS スタティック ラベル バインディングには、次の前提条件があります。

MPLS LDP をイネーブルにする必要があります。

MPLS スタティック ラベル バインディングに関する注意事項と制限事項

MPLS スタティック ラベル バインディング設定時の注意事項と制限事項は次のとおりです。

スタティック ローカル ラベルは、割り当てられたラベルをダイナミックにプリエンプション処理します。

接続されたルータに対するスタティック ローカル ラベルの設定はサポートされていません。

LDP によって学習されたリモート ラベルは、ローカル設定の出ラベルより優先されます。

スタティック出ラベルは、ネクストホップの入ラベルと一致している必要があります。

VRF はスタティック出ラベルについてはサポートされていません。

MPLS スタティック ラベル バインディングのデフォルト設定

表 9-1 に、MPLS スタティック ラベル バインディング パラメータのデフォルト設定を示します。

 

表 9-1 デフォルトの MPLS スタティック ラベル バインディング パラメータ

パラメータ
デフォルト

MPLS スタティック ラベル バインディング

ディセーブル

MPLS スタティック ラベル バインディングの設定

ここでは、次の内容について説明します。

「MPLS スタティック ラベルおよび LDP VRF 認識スタティック ラベルに使用するラベルの予約」

「MPLS VPN プロバイダー コアでの MPLS スタティック ラベルの設定」

「VPN のエッジでの MPLS LDP VRF 認識スタティック ラベルの設定」

MPLS スタティック ラベルおよび LDP VRF 認識スタティック ラベルに使用するラベルの予約

ダイナミックに割り当てられないようにスタティックに割り当てるラベルを予約します。

前提条件

適切な VDC であることを確認します(または、 switchto vdc コマンドを使用します)。

MPLS LDP がイネーブルになっていることを確認します。

手順の概要

1. configure terminal

2. mpls label range min-value max-value [ static min-static-value max-static-value ]

3. (任意) show mpls label range

4. (任意) copy running-config startup-config

手順の詳細

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

 

例:

switch# configure terminal

switch(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

mpls label range min-value max-value [ static min-static-value max-static-value]

 

例:

switch(config)# mpls label range 200 100000 static 16 199

スタティック ラベル割り当てに使用する一連のラベルを予約します。

最小値と最大値の範囲は 16 ~ 492286 です。

ステップ 3

show mpls label range

 

例:

switch(config)# show mpls label range

(任意)スタティック割り当てに使用できるラベルを含む、ローカル ラベルの値の範囲に関する情報を表示します。

ステップ 4

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config)# copy running-config startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

MPLS VPN プロバイダー コアでの MPLS スタティック ラベルの設定

MPLS スタティック ラベルを設定して、MPLS 転送テーブルでエントリを設定し、ルーティング プロトコルやスタティック ルートで学習された FEC にラベル値を割り当てることができます。エンドポイント間で LDP セッションを設定することなく、LSP を手動で設定できます。


) MPLS VPN ネットワークでは、MPLS VPN プロバイダー コアでのみスタティック ラベルを使用できます。


前提条件

適切な VDC であることを確認します(または、 switchto vdc コマンドを使用します)。

MPLS LDP が各 LSR でイネーブルになっていることを確認します。

手順の概要

1. configure terminal

2. mpls ldp configuration

3. mpls static binding ipv4 prefix mask {label | input label | output nexthop { explicit-null | implicit-null | label}}

4. (任意) show mpls static binding ipv4

5. (任意) copy running-config startup-config

手順の詳細

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

 

例:

switch# configure terminal

switch(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

mpls ldp configuration

 

例:

switch(config)# mpls ldp configuration
switch(config-ldp)#

LDP コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

mpls static binding ipv4 prefix mask { label | input label | output nexthop {explicit-null | implicit-null | label }}

 

例:

switch(config-ldp)# mpls static binding ipv4 10.2.2.0 255.255.255.255 input 17

IPv4 プレフィクスに対するラベルのスタティック バインディングを指定します。

指定したバインディングは、ルーティングの要求として自動的に MPLS 転送テーブルにインストールされます。

ステップ 4

show mpls static binding ipv4

 

例:

switch(config-ldp)# show mpls static binding ipv4

(任意)設定されたスタティック ラベルを表示します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config-ldp)# copy running-config startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

VPN のエッジでの MPLS LDP VRF 認識スタティック ラベルの設定

PE ルータで認識ラベルをカスタマー ネットワーク プレフィクス(VPN IPv4 プレフィクス)にスタティックにバインドできます。VRF 認識スタティック ラベルを非グローバル VRF テーブルとともに使用して、VPN エッジでラベルを使用できるようにすることができます。

前提条件

適切な VDC であることを確認します(または、 switchto vdc コマンドを使用します)。

MPLS LDP が各 LSR でイネーブルになっていることを確認します。

MPLS VPN が設定されていることを確認します。

プロバイダー ネットワークに MPLS LDP がインストールされ、実行されていることを確認します。

手順の概要

1. configure terminal

2. mpls ldp configuration

3. mpls static binding ipv4 vrf vrf_name prefix mask { input label | label}

4. (任意) show mpls static binding ipv4 vrf vrf_name

5. (任意) show running-config vrf vrf_name

6. (任意) copy running-config startup-config

手順の詳細

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

 

例:

switch# configure terminal

switch(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

mpls ldp configuration

 

例:

switch(config)# mpls ldp configuration
switch(config-ldp)#

LDP コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

mpls static binding ipv4 vrf vrf_name prefix mask {input label | label }

 

例:

switch(config-ldp)# mpls static binding ipv4 vrf vrf1 10.2.0.0 255.255.0.0 input 17

プレフィクスをローカル ラベルにバインドします。

指定したバインディングは、ルーティングの要求として自動的に MPLS 転送テーブルにインストールされます。

(注) VRF 認識スタティック ラベルを作成する前に、MPLS VPN と VRF を設定する必要があります。

ステップ 4

show mpls static binding ipv4 vrf vrf_name

 

例:

switch(config-ldp)# show mpls static binding ipv4 vrf vrf1

(任意)設定された MPLS スタティック バインディングを表示します。

ステップ 5

show running-config vrf vrf_name

 

例:

switch(config-ldp)# show running-config vrf vrf1

(任意)VRF 実行コンフィギュレーションを表示します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config-ldp)# copy running-config startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

MPLS スタティック ラベル バインディング設定の確認

MPLS スタティック ラベル バインディングの設定を表示するには、次のいずれかの作業を行います。

 

コマンド
目的

show mpls label range

スタティック割り当てに使用できるラベルを含む、ローカル ラベルの値の範囲に関する情報を表示します。

show mpls ldp bindings

MPLS LDP Label Information Base(LIB; ラベル情報ベース)を表示します。

show mpls static binding

設定されたスタティック ラベル バインディングを表示します。

show mpls switching

MPLS ラベル スイッチング データベースを表示します。

show running-config vrf vrf_name

VRF の実行コンフィギュレーションを表示します。

これらのコマンド出力のフィールドの詳細については、 Cisco Nexus 7000 Series NX-OS Multiprotocol Label Switching Command Reference, Release 5.x を参照してください。

MPLS スタティック ラベル バインディングの設定例

ここでは、MPLS LDP 自動設定の設定例を示します。内容は次のとおりです。

「例:MPLS スタティック ラベルおよび MPLS LDP VRF 認識スタティック ラベルに使用するラベルの予約」

「例:MPLS VPN プロバイダー コアでの MPLS スタティック ラベルの設定」

「例:VPN エッジでの MPLS LDP VRF 認識スタティック ラベルの設定」

例:MPLS スタティック ラベルおよび MPLS LDP VRF 認識スタティック ラベルに使用するラベルの予約

次に、200 ~ 100000 の汎用ラベル範囲を予約し、16 ~ 199 のスタティック ラベル範囲を設定する例を示します。

switch(config)# mpls label range 200 100000 static 16 199

 

この例では、 show mpls label range コマンドの出力に新しいラベル範囲が表示されます。

switch# show mpls label range
Downstream Generic label region: Min/Max label: 200/100000
Range for static labels: Min/Max/Number: 16/199

例:MPLS VPN プロバイダー コアでの MPLS スタティック ラベルの設定

次に、複数のプレフィクスに入力および出力ラベルを設定する例を示します。

switch(config)# mpls ldp configuration
switch(config-ldp)# mpls static binding ipv4 10.0.0.0 255.0.0.0 55
switch(config-ldp)# mpls static binding ipv4 10.0.0.0 255.0.0.0 output 10.0.0.66 167
switch(config-ldp)# mpls static binding ipv4 10.66.0.0 255.255.0.0 input 17
switch(config-ldp)# mpls static binding ipv4 10.66.0.0 255.255.0.0 output 10.13.0.8 explicit-null

 

show mpls static binding ipv4 コマンドによって、設定されたスタティック ラベルが表示されます。

switch# show mpls static binding ipv4
10.0.0.0/8: (vrf: デフォルト) Incoming label: 55
Outgoing labels:
10.0.0.66 167
10.66.0.0/16: (vrf: デフォルト) Incoming label: 17
Outgoing labels:
10.13.0.8.0

例:VPN エッジでの MPLS LDP VRF 認識スタティック ラベルの設定

次に、さまざまなプレフィクスにスタティック ラベル バインディングと入力(ローカル)ラベルを設定する例を示します。

switch(config)# mpls ldp configuration
switch(config-ldp)# mpls static binding ipv4 vrf vpn100 10.0.0.0 255.0.0.0 55
switch(config-ldp)# mpls static binding ipv4 vrf vpn100 10.66.0.0 255.255.0.0 input 17

 

次の出力では、 show mpls static binding ipv4 vrf コマンドによって、設定された VRF 認識スタティック バインディングが表示されます。

switch# show mpls static binding ipv4 vrf vpn100
10.0.0.0/8: (vrf: vpn100) Incoming label: 55
Outgoing labels: None
10.66.0.0/16: (vrf: vpn100) Incoming label: 17
Outgoing labels: None

MPLS スタティック ラベル バインディングの追加情報

MPLS ルータ アドバタイズメント メッセージの実装に関連する詳細情報については、次の項を参照してください。

「関連資料」

「RFC」

「MIB」

関連資料

関連項目
参照先

CLI コマンド

Cisco Nexus 7000 Series NX-OS Multiprotocol Label Switching Command Reference, Release 5.x

RFC

RFC
タイトル

RFC 3036

『LDP Specification』

RFC 3037

LDP Applicability

RFC 5036

『LDP Specification』

MIB

MIB
MIB のリンク

MPLS-LDP-STD-MIB

MIB を検索およびダウンロードするには、次の URL にアクセスしてください。

http://www.cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml

MPLS スタティック ラベル バインディングの機能履歴

表 9-2 は、この機能のリリースの履歴です。

 

表 9-2 MPLS スタティック ラベル バインディングの機能履歴

機能名
リリース
機能情報

MPLS スタティック ラベル バインディング

5.2(1)

この機能が導入されました。