Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS MPLS コンフィギュレーション ガイド
MPLS LDP セッション保護の設定
MPLS LDP セッション保護の設定
発行日;2012/05/08 | 英語版ドキュメント(2011/10/28 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

MPLS LDP セッション保護の設定

MPLS LDP セッション保護について

MPLS LDP セッション保護のライセンス要件

MPLS LDP セッション保護の前提条件

MPLS LDP セッション保護のデフォルト設定

MPLS LDP セッション保護の設定

MPLS LDP セッションのクリア

MPLS LDP セッション保護設定の確認

MPLS LDP セッション保護の設定例

MPLS LDP セッション保護の追加情報

関連資料

RFC

MIB

MPLS LDP セッション保護の機能履歴

MPLS LDP セッション保護の設定

この章では、Cisco NX-OS デバイスで Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Label Distribution Protocol(LDP; ラベル配布プロトコル)のセッション保護を設定する方法について説明します。

この章では、次の内容について説明します。

「MPLS LDP セッション保護について」

「MPLS LDP セッション保護のライセンス要件」

「MPLS LDP セッション保護の前提条件」

「MPLS LDP セッション保護のデフォルト設定」

「MPLS LDP セッション保護の設定」

「MPLS LDP セッションのクリア」

「MPLS LDP セッション保護設定の確認」

「MPLS LDP セッション保護の設定例」

「MPLS LDP セッション保護の追加情報」

「MPLS LDP セッション保護の機能履歴」

MPLS LDP セッション保護について

セッション保護機能は、停電後のリンク回復時に高速の LDP コンバージェンスを提供します。直接接続されているネイバー間の LDP セッションまたは Traffic Engineering(TE; トラフィック エンジニアリング)トンネルに対して確立された LDP セッションを保護します。

MPLS LDP セッション保護では、リンク障害が発生した際、LDP バインディングを維持します。MPLS LDP セッションは、LDP hello メッセージで保護されます。MPLS LDP をイネーブルにすると、Label Switched Router(LSR; ラベル スイッチド ルータ)はメッセージを送信して、LDP セッションを作成できる他の LSR を探します。

LSR がそのネイバーから 1 つめのホップである場合、LSR はネイバーに直接接続されています。LSR は、LDP hello メッセージを User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)パケットとしてサブネット上のすべてのルータに送信します。hello メッセージは、 LDP リンク hello と呼ばれます。ネイバー LSR が hello メッセージに応答すると、2 台のルータは LDP セッションの確立を開始します。

LSR がネイバーから 2 つめ以降のホップである場合、LSR はそのネイバーに直接接続されていません。LSR は、有向型 hello メッセージを UDP パケットとして、特にその LSR に宛てられたユニキャスト メッセージとして送信します。hello メッセージは、 LDP ターゲット hello と呼ばれます。直接接続されていない LSR が hello メッセージに応答すると、2 台のルータは LDP セッションの確立を開始します。2 つの LSR 間のパスがトラフィック エンジニアリングされ、そのパスで LDP がイネーブルになっている場合、2 つの LSR 間の LDP セッションを ターゲット セッション と呼びます。

MPLS LDP セッション保護では、LDP ターゲット hello を使用して、LDP セッションを保護します。LDP がイネーブルで、ネットワークの代替 IP ルータを通して互いに接続できる 2 台の直接接続ルータがあるとします。2 台のルータ間に存在する LDP セッションは、 LDP リンク セッション と呼ばれます。MPLS LDP セッション保護がイネーブルになっている場合、LDP セッションには LDP ターゲット hello 隣接も確立されます。2 台のルータ間のリンクで障害が発生した場合は、LDP リンク隣接も失敗します。ただし、IP 経由で LDP ピアにまだ接続可能な場合、ルータ間の LDP ターゲット hello 隣接も存在しているので、LDP セッションは動作し続けます。直接接続されているリンクが回復したら、セッションを再確立する必要も、プレフィクスの LDP バインディングを再学習する必要もありません。

MPLS LDP セッション保護のライセンス要件

 

製品
ライセンス要件

Cisco NX-OS

MPLS LDP セッション保護には MPLS Services ライセンスが必要です。Cisco NX-OS ライセンス方式の詳細と、ライセンスの取得および適用の方法については、『 Cisco NX-OS Licensing Guide 』を参照してください。

MPLS LDP セッション保護の前提条件

MPLS LDP セッション保護には次の前提条件があります。

MPLS LDP をイネーブルにする必要があります。

MPLS LDP セッション保護に関わるすべてのルータは、ターゲット hello に応答できる必要があります。応答できない場合、LSR はターゲット隣接を確立できません。両方のネイバー ルータをセッション保護用に設定するか、1 台のルータをセッション保護用に、もう 1 台のルータをターゲット hello への応答用に設定する必要があります。

MPLS LDP セッション保護のデフォルト設定

表 5-1 に、MPLS LDP セッション保護パラメータのデフォルト設定を示します。

 

表 5-1 デフォルトの MPLS LDP セッション保護パラメータ

パラメータ
デフォルト

MPLS LDP セッション保護

ディセーブル

MPLS LDP セッション保護の設定

Cisco NX-OS デバイスを MPLS LDP セッション保護用に設定できます。

前提条件

適切な VDC であることを確認します(または、 switchto vdc コマンドを使用します)。

MPLS LDP がイネーブルになっていることを確認します。

手順の概要

1. configure terminal

2. mpls ldp configuration

3. session protection [ for prefix-list ] [ duration { seconds | infinite }]

4. (任意)show mpls ldp neighbor detail

5. (任意)copy running-config startup-config

手順の詳細

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

 

例:

switch# configure terminal

switch(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

mpls ldp configuration

 

例:

switch(config)# mpls ldp configuration
switch(config-ldp)#

LDP コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

session protection [ for prefix-list ] [ duration { seconds | infinite } ]

 

例:

switch(config-ldp)# session protection for prefix1 duration 100

MPLS LDP セッション保護をイネーブルにします。このコマンドを使用すると、リンクの障害発生中に LDP セッションを保護できます。プレフィクス リストを指定しないかぎり、すべての LDP セッションを保護します。

次のキーワードを使用して、保護される LDP セッションの数を制限できます。

for キーワードでは、保護する必要のあるプレフィクス リストを指定できます。その後、そのプレフィクス リストに含まれているピア ルータに対してセッション保護がイネーブルになります。

duration キーワードでは、ルータが LDP リンク hello 隣接が失われてから LDP ターゲット hello 隣接を保持する時間を指定できます。指定できる範囲は 30 ~ 2,147,483 秒です。リンクが失われると、タイマーが起動します。タイマーが切れると、LDP ターゲット hello 隣接が削除されます。 infinite キーワードでは、LDP リンク hello 隣接が失われたあとも、LDP ターゲット hello 隣接を無期限で保持できます。

ステップ 4

show mpls ldp neighbor detail

 

例:

switch(config-ldp)# show mpls ldp neighbor detail

(任意)MPLS LDP セッション保護の設定ステータスと現在の状態を表示します。状態は「Ready」または「Protecting」です。

(注) 状態が「Incomplete」の場合、ターゲット hello 隣接はまだ起動していません。

ステップ 5

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config-ldp)# copy running-config startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

MPLS LDP セッションのクリア

リンクのダウン後、MPLS LDP セッションを終了できます。この手順は、リンクをサービスのために切り離す必要がある場合または異なるネイバーに接続する必要がある場合に役立ちます。

前提条件

適切な VDC であることを確認します(または、 switchto vdc コマンドを使用します)。

MPLS LDP がイネーブルになっていることを確認します。

手順の概要

1. clear mpls ldp neighbor { * | neighbor-address }

手順の詳細

コマンド
目的

ステップ 1

clear mpls ldp neighbor {* | neighbor-address }

 

例:

switch# clear mpls ldp neighbor 10.0.0.13

すべての LDP ネイバー セッションまたは特定の LDP ネイバー セッションをクリアします。

* キーワードは、すべての LDP ネイバー セッションをクリアします。

neighbor-address argument では、セッションをクリアする LDP ネイバーの IP アドレスを指定します。

MPLS LDP セッション保護設定の確認

MPLS LDP セッション保護の設定を表示するには、次のいずれかの作業を行います。

 

コマンド
目的

show mpls ldp discovery [detail]

ローカルに生成された LDP ターゲット hello の送信元を表示します。

show mpls ldp neighbor

LDP セッションのステータスを表示し、ターゲット hello がアクティブかどうかを示します。

show mpls ldp neighbor detail

MPLS LDP セッション保護の設定ステータスと現在の状態を表示します。

これらのコマンド出力のフィールドの詳細については、 Cisco Nexus 7000 Series NX-OS MPLS Command Reference を参照してください。

MPLS LDP セッション保護の設定例

次に、プレフィクス リスト「prefix1」に MPLS LDP セッション保護を設定し、結果を確認する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# mpls ldp configuration
switch(config-ldp)# session protection for prefix1 duration 100
switch(config-ldp)# show mpls ldp discovery
Local LDP Identifier:
10.0.0.13:0
Discovery Sources:
Interfaces:
Ethernet2/6 (ldp): xmit/recv
LDP Id: 10.0.0.22:0
Targeted Hellos:
10.0.0.13 -> 10.0.0.22 (ldp): active, xmit/recv
LDP Id: 10.0.0.22:0
switch(config-ldp)# show mpls ldp neighbor detail
Peer LDP Ident: 10.0.0.22:0; Local LDP Ident 10.0.0.13:0
TCP connection: 10.0.0.22.36624 - 10.0.0.13.646
Password: not required, none, in use
Adj pwd Rx/Tx: [nil]/[nil]
TCP pwd Rx/Tx: [nil]/[nil]
State: Oper; Msgs sent/rcvd: 17/20; Downstream; Last TIB rev sent 9
Up time: 00:10:25; UID: 3; Peer Id 0
LDP discovery sources:
Ethernet2/6; Src IP addr: 168.6.6.22
holdtime: 15000 ms, hello interval: 5000 ms
Targeted Hello 10.0.0.13 -> 10.0.0.22, active;
holdtime: infinite, hello interval: 10000 ms
Addresses bound to peer LDP Ident:
10.0.0.22 10.0.0.122 2.0.0.73 168.6.6.22
192.168.1.22
Peer holdtime: 180000 ms; KA interval: 60000 ms; Peer state: estab
Clients: Dir Adj Client
LDP Session Protection enabled, state: Protecting
duration: 100 seconds
holdup time remaining: 60 seconds
Capabilities Sent:
[Dynamic Announcement (0x0506)]
[Typed Wildcard (0x0970)]
Capabilities Received:
[None]

MPLS LDP セッション保護の追加情報

MPLS LDP セッション保護の実装に関連する詳細情報については、次の項を参照してください。

「関連資料」

「RFC」

「MIB」

関連資料

関連項目
参照先

CLI コマンド

Cisco Nexus 7000 Series NX-OS MPLS Command Reference

RFC

RFC
タイトル

RFC 3036

『LDP Specification』

RFC 3037

LDP Applicability

RFC 5036

『LDP Specification』

MIB

MIB
MIB のリンク

MPLS-LDP-STD-MIB

MIB を検索およびダウンロードするには、次の URL にアクセスしてください。

http://www.cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml

MPLS LDP セッション保護の機能履歴

表 5-2 は、この機能のリリースの履歴です。

 

表 5-2 MPLS LDP セッション保護の機能履歴

機能名
リリース
機能情報

MPLS LDP セッション保護

5.2(1)

この機能が導入されました。