Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS MPLS コンフィギュレーション ガイド
MPLS フィーチャ セットの設定
MPLS フィーチャ セットの設定
発行日;2012/05/09 | 英語版ドキュメント(2011/10/28 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

MPLS フィーチャ セットの設定

MPLS フィーチャ セットについて

MPLS フィーチャ セットのライセンス要件

MPLS フィーチャ セットの前提条件

MPLS フィーチャ セットに関する注意事項と制限事項

MPLS フィーチャ セットのデフォルト設定

MPLS フィーチャ セットの設定

MPLS フィーチャ セットのインストール

MPLS フィーチャ セットのイネーブル化

VCD での MPLS フィーチャ セットの使用

MPLS フィーチャ セット設定の確認

MPLS フィーチャ セットの設定例

MPLS フィーチャ セットの追加情報

関連資料

MPLS フィーチャ セットの機能履歴

MPLS フィーチャ セットの設定

この章では、Cisco NX-OS デバイスに Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)フィーチャ セットをインストールし、イネーブルにする方法について説明します。

この章では、次の内容について説明します。

「MPLS フィーチャ セットについて」

「MPLS フィーチャ セットのライセンス要件」

「MPLS フィーチャ セットの前提条件」

「MPLS フィーチャ セットに関する注意事項と制限事項」

「MPLS フィーチャ セットのデフォルト設定」

「MPLS フィーチャ セットの設定」

「MPLS フィーチャ セット設定の確認」

「MPLS フィーチャ セットの設定例」

「MPLS フィーチャ セットの追加情報」

「MPLS フィーチャ セットの機能履歴」

MPLS フィーチャ セットについて

Cisco Nexus 7000 シリーズ デバイスは、多くの場合、デバイスで有効なライセンスに応じて実行時にイネーブルにできる多数の機能をサポートしています。複雑な機能の中には、ダイナミックにロードまたはアンロードできないものがあります。Cisco NX-OS の旧リリースでは、これらの機能は、設定済みであるか、デバイスでアクティブに使用されているかどうかにかかわらず、ブート時にロードされました。そのためにシステム リソース(特にメモリと CPU)が消費されることが問題となっていました。また、ファイル システム、コンフィギュレーション コマンド、デバイス ドライバ、メッセージング Opcode などの機能やその他の要素に実行中のサービス、バイナリ、ライブラリなど、機能の痕跡が残るという好ましくない影響もありました。

フィーチャ セットは、これらの問題を解決するために作成されました。フィーチャ セットは、特定の一連の機能を実行するコンポーネントの集合です。

MPLS フィーチャ セットを構成するコンポーネントを設定する前に、フィーチャ セットをインストールし、イネーブルにする必要があります。そのため、このガイドで説明されている他の MPLS コンポーネントを設定する前に、この章の手順を実行してください。

MPLS フィーチャ セットのライセンス要件

 

製品
ライセンス要件

Cisco NX-OS

MPLS には、MPLS Services ライセンスが必要です。Cisco NX-OS ライセンス方式の詳細と、ライセンスの取得および適用の方法については、『 Cisco NX-OS Licensing Guide 』を参照してください。

MPLS フィーチャ セットの前提条件

MPLS フィーチャ セットには次の前提条件があります。

MPLS フィーチャ セットをインストールしてイネーブルにする前に、MPLS サービス ライセンスをインストールする必要があります。

MPLS フィーチャ セットに関する注意事項と制限事項

MPLS フィーチャ セット設定時の注意事項と制限事項は次のとおりです。

デフォルト VDC を含む任意の VDC でフィーチャ セットをイネーブルにする前に、デフォルトの VDC に MPLS フィーチャ セットをインストールする必要があります。

サービス障害や電源投入後など、スタンバイ スーパーバイザが不安定な状態にある場合、MPLS フィーチャ セットの操作によってスタンバイ スーパーバイザがリロードされることがあります。スタンバイ スーパーバイザが安定しているかどうかは、 show system redundancy ha status コマンドで確認できます。このコマンドでは、すべての VDC のハイアベイラビリティ状態が示されます。スタンバイ スーパーバイザが安定している場合、「HA standby」と表示されます。

MPLS フィーチャ セットのデフォルト設定

表 2-1 に、MPLS フィーチャ セットのデフォルト設定の一覧を示します。

 

表 2-1 デフォルトの MPLS フィーチャ セット パラメータ

パラメータ
デフォルト

MPLS フィーチャ セット

アンインストールおよびディセーブル

MPLS フィーチャ セットの設定

ここでは、次の内容について説明します。

「MPLS フィーチャ セットのインストール」

「MPLS フィーチャ セットのイネーブル化」

「VCD での MPLS フィーチャ セットの使用」

MPLS フィーチャ セットのインストール

MPLS フィーチャ セットはデフォルト VDC にインストールする必要があります。

前提条件

デフォルト VDC にいることを確認します。

手順の概要

1. configure terminal

2. [no] install feature-set mpls

3. (任意) show feature-set

手順の詳細

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

 

例:

switch# configure terminal

switch(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

[no] install feature-set mpls

 

例:

switch(config)# install feature-set mpls

デフォルト VDC に MPLS フィーチャ セットをインストールします。

形式を使用します。フィーチャ セットが他の VDC でイネーブルになっている場合、アンインストールすることはできません。

ステップ 3

show feature-set

 

例:

switch(config)# show feature-set

(任意)デバイス上の MPLS フィーチャ セットのステータスを表示します。

MPLS フィーチャ セットのイネーブル化

デバイスの任意の VDC でインストール済みの MPLS フィーチャ セットをイネーブルにできます。

前提条件

デフォルト VDC に MPLS フィーチャ セットをインストールしたことを確認します。

適切な VDC であることを確認するか、 switchto vdc コマンドを使用します。

手順の概要

1. configure terminal

2. [no] feature-set mpls

3. (任意) show feature-set

手順の詳細

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

 

例:

switch# configure terminal

switch(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

[no] feature-set mpls

 

例:

switch(config)# feature-set mpls

MPLS フィーチャ セットをイネーブルにします。

(注) このコマンドに対して、フィーチャ セットをオプションとして表示するには、その前にフィーチャ セットをインストールする必要があります。

形式を使用します。設定サイズが非常に大きい場合、このコマンドが完了するまでに時間がかかることがあります。コマンドは、MPLS フィーチャ セットと関連付けられているすべての設定をクリーンアップする必要があります。

ステップ 3

show feature-set

 

例:

switch(config)# show feature-set

(任意)デバイス上の MPLS フィーチャ セットのステータスを表示します。

VCD での MPLS フィーチャ セットの使用

デフォルトでは、インストール済みの MPLS フィーチャ セットは、デバイス上のすべての VDC で使用できます。特定の VDC でインストール済みの MPLS フィーチャ セットの使用を禁止した後、その VDC で禁止した MPLS フィーチャ セットの使用を許可することができます。

前提条件

デフォルト VDC に MPLS フィーチャ セットをインストールしたことを確認します。

手順の概要

1. configure terminal

2. vdc vdc-id

3. [no] allow feature-set mpls

手順の詳細

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

 

例:

switch# configure terminal

switch(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

vdc vdc-id

 

例:

switch(config)# vdc 1
switch(config-vdc)#

VDC を指定し、VDC コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

[no] allow feature-set mpls

 

例:

switch(config-vdc)# allow feature-set mpls

VDC で MPLS フィーチャ セットの使用を許可します。

形式を使用します。指定された VDC で MPLS フィーチャ セットがイネーブルになっている場合、その使用を禁止することはできません。

MPLS フィーチャ セット設定の確認

MPLS フィーチャ セットの設定を表示するには、次のいずれかの作業を行います。

 

コマンド
目的

show feature-set

デバイス上のフィーチャ セットのステータスを表示します。

show feature-set services mpls

MPLS フィーチャ セットで使用されているサービスを表示します。

これらのコマンド出力のフィールドの詳細については、 Cisco Nexus 7000 Series NX-OS MPLS Command Reference を参照してください。

MPLS フィーチャ セットの設定例

次に、デバイス上のデフォルト VDC に MPLS フィーチャ セットをインストールし、イネーブルにする例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# install feature-set mpls
switch(config)# feature-set mpls
switch(config)# exit

switch#

次に、デバイスに MPLS フィーチャ セットをインストールし、VDC に切り替えてから、その VDC でフィーチャ セットをイネーブルにする例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# install feature-set mpls
switch(config)# exit
switch# switchto vdc vdc1
switch-vdc1# configure terminal
switch-vdc1(config)# feature-set mpls
switch-vdc1(config)# switchback
switch#

switchto コマンドの代わりに ssh コマンドを使用すると、VDC の管理ポートに接続できます。


次に、デバイスのフィーチャ セットのステータスを表示する例を示します。

switch# show feature-set
Feature Set Name ID State
-------------------- -------- ----------
fcoe 1 installed
fabricpath 2 enabled
fex 3 disabled
mpls 4 enabled
switch#

次に、MPLS フィーチャ セットで使用されているサービスを表示する例を示します。

switch# show feature-set services mpls
ulib
rsvp
mpls_te
mpls_oam
mpls
ldp
6 services in feature set mpls
switch#

MPLS フィーチャ セットの追加情報

ここでは、MPLS フィーチャ セット コマンドに関連する追加情報を示します。

関連資料

関連項目
参照先

Cisco NX-OS のライセンス

Cisco NX-OS Licensing Guide

CLI コマンド

Cisco Nexus 7000 Series NX-OS MPLS Command Reference

VDC

Cisco Nexus 7000 Series NX-OS Virtual Device Context Configuration Guide, Release 5.x

MPLS フィーチャ セットの機能履歴

表 2-2 は、この機能のリリースの履歴です。

 

表 2-2 MPLS フィーチャ セットの機能履歴

機能名
リリース
機能情報

MPLS フィーチャ セット

5.2(1)

この機能が導入されました。