Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS Quality of Service コンフィギュレーション ガイド リリース 5.x
Quality of Service(QoS)統計情報のモニ タリング
Quality of Service(QoS)統計情報のモニタリング
発行日;2012/02/05 | 英語版ドキュメント(2011/12/07 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Quality of Service(QoS)統計情報のモニタリング

QoS 統計情報について

QoS 統計情報のモニタリングのライセンス要件

QoS 統計情報のモニタリングの前提条件

統計情報のイネーブル化

統計情報のモニタリング

統計情報のクリア

QoS 統計情報のモニタリングの設定例

統計情報の機能履歴

Quality of Service(QoS)統計情報のモニタリング

この章では、Cisco NX-OS デバイス上で QoS 統計情報をイネーブル化、表示、およびクリアする方法について説明します。ここでは、次の内容を説明します。

「QoS 統計情報について」

「QoS 統計情報のモニタリングのライセンス要件」

「QoS 統計情報のモニタリングの前提条件」

「統計情報のイネーブル化」

「統計情報のモニタリング」

「統計情報のクリア」

「統計情報の機能履歴」

QoS 統計情報について

デバイスの各種の QoS 統計情報を表示できます。統計情報の機能はデフォルトでイネーブルになっていますが、ディセーブルにすることができます。詳細については、「QoS 統計情報のモニタリングの設定例」を参照してください。

QoS 統計情報のモニタリングのライセンス要件

次の表に、この機能のライセンス要件を示します。

 

製品
ライセンス要件

Cisco NX-OS

QoS 機能にライセンスは必要ありません。ライセンス パッケージに含まれていない機能は、Cisco NX-OS システム イメージにバンドルされて提供されます。追加料金は発生しません。Cisco NX-OS ライセンス方式の詳細については、『 Cisco NX-OS Licensing Guide 』を参照してください。

ただし、Virtual Device Context(VDC; 仮想デバイス コンテキスト)の使用には Advanced Services ライセンスが必要です。

QoS 統計情報のモニタリングの前提条件

QoS 統計情報のモニタリングの前提条件は、次のとおりです。

「モジュラ QoS コマンドライン インターフェイス(MQC)の使用」に精通している。

スイッチにログインしている。

正しい VDC 内にいる。VDC とは、システム リソースのセットを論理的に表現したものです。 switchto vdc コマンドでは VDC 番号を使用できます。

統計情報のイネーブル化

デバイスのすべてのインターフェイスについて、QoS 統計情報をイネーブルまたはディセーブルにできます。デフォルトでは、QoS 統計情報はイネーブルになっています。

手順の概要

1. config t

2. qos statistics

no qos statistics

3. show policy-map interface
または
show policy-map vlan

4. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

例:

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

qos statistics

 

例:

switch(config)# qos statistics

すべてのインターフェイスで QoS 統計情報をイネーブルにします。

no qos statistics

 

例:

switch(config)# no qos statistics

すべてのインターフェイスで QoS 統計情報をディセーブルにします。

ステップ 3

show policy-map interface

 

例:

switch(config)# show policy-map interface

(任意)すべてのインターフェイス上の統計情報のステータスおよび設定済みのポリシー マップを表示します。

show policy-map vlan

 

例:

switch(config)# show policy-map vlan

(任意)すべての Virtual LAN(VLAN; 仮想 LAN)上の統計情報のステータスおよび設定済みのポリシー マップを表示します。

ステップ 4

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config)# copy running-config startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションに保存します。

統計情報のモニタリング

すべてのインターフェイスについて、あるいは選択したインターフェイス、データ方向、または QoS タイプについて、QoS 統計情報を表示できます。

手順の概要

1. show policy-map [ policy-map-name ] [ interface ] [ vlan ] [ input | output ] [ type { qos | queuing }]

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

show policy-map [ policy-map-name ] [ interface ] [ vlan ] [ input | output ] [ type { qos | queuing }] [{ class [ type { qos | queuing }]

 

例:

switch# show policy-map interface ethernet 2/1

すべてのインターフェイスまたは指定したインターフェイス、すべての VLAN または指定した VLAN、データ方向、および QoS タイプについて、統計情報および設定済みのポリシー マップを表示します。

統計情報のクリア

すべてのインターフェイスについて、あるいは選択したインターフェイス、データ方向、または QoS タイプについて、QoS 統計情報をクリアできます。

手順の概要

1. clear qos statistics [ interface ] [ vlan ] [ input | output ] [ type { qos | queuing }]

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

clear qos statistics [ interface ] [ vlan ] [ input | output ] [ type { qos | queuing }]

 

例:

switch# clear qos statistics type qos

すべてのインターフェイスまたは指定したインターフェイス、すべての VLAN または指定した VLAN、データ方向、または QoS タイプについて、統計情報および設定済みのポリシー マップをクリアします。

QoS 統計情報のモニタリングの設定例

次に、QoS 統計情報の表示方法の例を示します。

switch(config)# show policy-map interface ethernet 8/1
 
Global statistics status: enabled
Ethernet8/1
Service-policy (qos) input: pmap
policy statistics status: enabled
Class-map (qos): map (match-all)
0 packets, 0 bytes
5 minute offered rate 0 bps, drop rate 0 bps
Match: cos 0
police cir 10 mbps bc 200 ms
conformed 0 bytes, 0 bps action: transmit
violated 0 bytes, 0 bps action: drop
Class-map (qos): map1 (match-all)
0 packets, 0 bytes
5 minute offered rate 0 bps, drop rate 0 bps
Match: dscp 0
police cir 10 mbps bc 200 ms
conformed 0 bytes, 0 bps action: transmit
violated 0 bytes, 0 bps action: drop
Class-map (qos): map2 (match-all)
0 packets, 0 bytes
5 minute offered rate 0 bps, drop rate 0 bps
Match: precedence 5
police cir 20 mbps bc 200 ms
conformed 0 bytes, 0 bps action: transmit
violated 0 bytes, 0 bps action: drop
Class-map (qos): map3 (match-all)
0 packets, 0 bytes
5 minute offered rate 0 bps, drop rate 0 bps
Match: cos 3
police cir 30 mbps bc 200 ms
conformed 0 bytes, 0 bps action: transmit
violated 0 bytes, 0 bps action: drop
Class-map (qos): map4 (match-all)
0 packets, 0 bytes
5 minute offered rate 0 bps, drop rate 0 bps
Match: packet length 100
police cir 40 mbps bc 200 ms
conformed 0 bytes, 0 bps action: transmit
violated 0 bytes, 0 bps action: drop
Class-map (qos): map5 (match-all)
0 packets, 0 bytes
5 minute offered rate 0 bps, drop rate 0 bps
Match: access-group foo
police cir 50 mbps bc 200 ms
conformed 0 bytes, 0 bps action: transmit
violated 0 bytes, 0 bps action: drop
Class-map (qos): class-default (match-any)
0 packets, 0 bytes
5 minute offered rate 0 bps, drop rate 0 bps
police cir 60 mbps bc 200 ms
conformed 0 bytes, 0 bps action: transmit
violated 0 bytes, 0 bps action: drop

show policy-map コマンドの詳細については、『 Cisco Nexus 7000 Series NX-OS Quality of Service Command Reference, Release 5.x 』を参照してください。

統計情報の機能履歴

表 8-1 に、この機能のリリース履歴を示します。

 

表 8-1 統計情報の機能履歴

機能名
リリース
機能の情報

変更なし

4.1(2)

--

変更なし

4.2(1)

--

変更なし

5.0(2)

--