Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS システム管理コ ンフィギュレーション ガイド リリース 5.x
索引
Index
発行日;2012/02/05 | 英語版ドキュメント(2011/09/21 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

Index

C

Call Home

CFS によるサポート 2-2

E メール通知 1-4

E メールの設定 6-19

HTTP を使用したメッセージ送信のための VRF 設定 6-21

MIB 6-38

Smart Call Home の機能 6-6

宛先プロファイル

アトリビュート 6-14

アラート グループの関連付け 6-16

作成 6-12

説明 6-2

定義済み 6-2

変更 6-14

アラート グループ 6-3

アラート グループの変更 6-17

イネーブル 6-24

イベント トリガー(表) 6-26

インベントリ通知の設定 6-19, 6-22

仮想化サポート 6-7

コンタクト情報の設定 6-10

コンフィギュレーション例 6-26

重複メッセージ スロットリングのディセーブル化 6-23

制約事項 6-8

設定確認 6-25

説明 6-1 ~ 6-7

前提条件 6-8

注意事項 6-8

ディセーブル 6-24

データベース マージの注意事項 6-7

テスト メッセージの送信 6-24

デフォルト設定 6-9

ハイ アベイラビリティ 6-7

メッセージ フォーマット

XML(表) 6-28, 6-30

XML フォーマットの例 6-34

インベントリ イベント(表) 6-31

オプション 6-2

ショート テキスト(表) 6-28

対応型イベント(表) 6-30

フル テキスト(表) 6-28, 6-30

フル テキスト フォーマットの例 6-31

予防型イベント(表) 6-30

メッセージ レベル 6-5

メッセージ レベルと syslog レベルのマッピング(表) 6-5

ライセンス要件 6-8

利点 6-2

CDP

LLDP での定義 16-1

MIB(表) 4-8

TLV フィールド 4-2

VLAN ID 4-2

VTP 4-2

インターフェイスでのイネーブル 4-5

オプション パラメータ 4-7

仮想化 4-3

機能のディセーブル 4-5

キャッシュの消去 4-8

グローバルなイネーブル 4-4

制約事項 4-3

設定確認 4-7

説明 4-1

前提条件 4-3

タイマーの設定例 4-8

注意事項 4-3

デフォルト設定 4-4

統計情報の消去 4-8

バージョン 4-4

ライセンス要件 4-3

CFS

MIB(表) 2-26

NTP 3-2

仮想化 2-4

サポート対象の機能 2-2

スイッチでのイネーブル化 2-23

スイッチでのディセーブル化 2-23

制約事項 2-4

セッション ロックの解放 3-15

説明 2-1 ~ 2-3

前提条件 2-4

注意事項 2-4

デフォルト設定 2-5

ハイ アベイラビリティ 2-3

配信モード 2-2

ライセンス要件 2-4

CFS over IP

IP マルチキャスト アドレスの設定 2-12

デフォルト設定 2-5

CFS アプリケーション

Call Home の配信のイネーブル化 2-6, 2-10

RADIUS の配信のイネーブル化 2-7

TACACS+ の配信のイネーブル化 2-8

イネーブル 2-5

セッション ロックのクリア 2-21

ファブリック ロック 2-20

変更のコミット 2-20

変更の破棄 2-22

ロールの配信のイネーブル化 2-9

CFS 配信モード 2-11

CFS リージョン

CLI の使用 2-14

アプリケーションの移動 2-15

削除 2-18

作成 2-14

説明 2-3

Cisco Fabric Service。「CFS」を参照

Cisco NX-OS

要件の設定 1-6

E

EEM

CLI コマンドを実行可能 13-13

SNMP によるサポート 10-5

アクション 13-4

アクション文の設定 13-12

イベント 13-3, B-3

イベント文の設定 13-10

イベント ログ 13-2

上書きポリシー 13-2

上書きポリシー(注) 13-3

上書きポリシーのアクション(注) 13-5

仮想化サポート 13-6

環境変数 13-5

環境変数の定義 13-7

コンフィギュレーション例 13-19, B-4

システム ポリシー 13-2, B-1

システム ポリシーの上書き 13-15

スクリプト ポリシー 13-5

スクリプト ポリシーのアクティブ化 13-14

スクリプト ポリシーの定義 13-14

スクリプト ポリシーの登録 13-14

制約事項 13-6

設定確認 13-18

説明 13-1 ~ 13-6

前提条件 13-6

注意事項 13-6

デフォルト設定 13-7

ハイ アベイラビリティ 13-6

パラメータ置換 13-5

ポリシー 13-2

ポリシーの上書き 13-8

ライセンス要件 13-6

EEM によるシステム ポリシーの上書き(例) 13-19

Embedded Event Manager。「EEM」を参照

G

GOLD。「オンライン診断」を参照

L

LLDP

インターフェイス上でのイネーブル化またはディセーブル化 16-5

オプション パラメータの設定 16-6

ガイドライン 16-3

仮想化サポート 16-2

グローバルなイネーブル化またはディセーブル化 16-4

コンフィギュレーション例 16-8

制限 16-3

設定の確認 16-8

説明 16-1

タイマーの設定 16-6

定義 16-1

デフォルト設定 16-3

ハイ アベイラビリティ 16-2

ライセンス要件 16-2

M

MIB

Call Home 6-38

CDP 4-8

CFS 2-26

NTP 3-17, 4-8

RMON 11-8

SNMP 10-30

説明 10-2

ダウンロード元 10-30

N

NetFlow

collect パラメータの指定 17-8

match パラメータの指定 17-8

NetFlow の設定 17-5

VLAN へのモニタ マップの適用 17-15

イネーブル 17-6

インターフェイスへのサンプラ マップの適用 17-13

インターフェイスへのモニタ マップの適用 17-13

エクスポータ マップ 17-2

エクスポータ マップの作成 17-9

エクスポート フォーマット 17-3

仮想化サポート 17-4

キー 17-1

コンフィギュレーション例 17-19

サンプラ マップ 17-3

サンプラ マップの作成 17-12

サンプル モード 17-2

設定確認 17-18

説明 17-1 ~ 17-4

タイムアウトの設定 17-18

ディセーブル 17-6

デフォルト設定 17-5

ハイ アベイラビリティ 17-4

ブリッジ型 NetFlow の設定 17-15

フル モード 17-2

フロー 17-1

モニタ マップ 17-3

モニタ マップの作成 17-11

ライセンス要件 17-4

レコード マップ 17-2

レコード マップの作成 17-6

Netflow

レイヤ 2 キーの設定 17-15

NTP

CFS 3-2

CFS サポート 2-2

CFS セッション ロックの解放 3-15

MIB(表) 3-17, 4-8

stratum 3-2

アクセス グループ 3-10

アクセス制限の設定 3-10

イネーブル化 3-4

仮想化 3-2, 4-3

機能の履歴(表) 3-17

コンフィギュレーション変更のコミット 3-14

コンフィギュレーション変更のディセーブル化 3-14

コンフィギュレーション例 3-16

サーバの設定 3-6

信頼できるキー 3-9

制約事項 3-3

セッションのクリア 3-16

設定確認 2-25, 3-15

説明 3-1

前提条件 3-3

ソース IP アドレス 3-12

ソース インターフェイス 3-12

注意事項 3-3

ディセーブル化 3-4

デフォルト設定 3-4, 4-4

統計情報の消去 3-16

認証キー 3-9

認証の設定 3-8

ハイ アベイラビリティ 3-2, 4-3

ピアの設定 3-6

ライセンス要件 3-3

ロギング 3-12

O

OBFL

イネーブル 14-3

仮想化サポート 14-2

コンフィギュレーション例 14-7

制約事項 14-2

設定確認 14-6

説明 14-1

前提条件 14-2

注意事項 14-2

デフォルト設定 14-3

統計情報の消去 14-7

ライセンス要件 14-2

Onboard Failure Logging。「OBFL」を参照

R

RADIUS

CFS によるサポート 2-2

RMON

MIB 11-8

VRF 11-3

アラーム 11-2

アラームの設定 11-4

イベント 11-2

イベントの設定 11-6

仮想化サポート 11-3

コンフィギュレーション例 11-7

制約事項 11-3

設定確認 11-7

説明 11-1

前提条件 11-3

注意事項 11-3

デフォルト設定 11-3

ハイ アベイラビリティ 11-2

ライセンス要件 11-3

S

Session Manager 8-5

ACL セッションの設定(例) 8-6

ACL の設定 8-4

仮想化サポート 8-2

制約事項 8-2

セッションの確認 8-5

セッションのコミット 8-5

セッションの作成 8-3

セッションの廃棄 8-6

セッションの保存 8-6

設定確認 8-6

説明 8-1

前提条件 8-2

注意事項 8-2

ハイ アベイラビリティ 8-2

ライセンス要件 8-2

Smart Call Home

SMARTnet 登録 6-6

説明 6-6

登録要件 6-6

SNMP

CLI とユーザの同期 10-4

EEM によるサポート 10-5

engineID の形式 10-8

ifIndex 値の表示 10-23

MIB 10-2

RFC 10-2

RMON 11-1

SNMP 要求のフィルタリング 10-10

VRF 10-6

暗号化の強制 10-9

エージェント 10-2

仮想化サポート 10-6

機能の履歴(表) 10-30

グループベースのアクセス 10-5

コミュニティの作成 10-10

コンタクトの指定 10-24

コンテキスト 10-5

コンテキストとネットワーク エンティティ間のマッピング設定 10-25

コンテキスト マッピング 10-6

コンフィギュレーション例 10-28

サポート対象の MIB 10-30

制約事項 10-7

説明 10-1 ~ 10-6

前提条件 10-7

注意事項 10-7

通知

LinkUp/LinkDown 通知の設定 10-23

VRF を使用する SNMP 通知レシーバの設定 10-13

応答要求 10-2

個々の通知のイネーブル化 10-16

説明 10-2

通知ターゲット ユーザの設定 10-12

通知レシーバの設定 10-11

トラップ 10-2

発信元インターフェイスの設定 10-12

通知の発信元インターフェイス 10-12

デフォルト設定 10-7

認証 10-4

バージョン

SNMPv3 10-2

USM 10-4

セキュリティのモデルおよびレベル 10-3

ハイ アベイラビリティ 10-6

複数のユーザ ロールの割り当て 10-10

プロトコルのディセーブル化 10-27

マネージャ 10-2

マルチインスタンス サポート 10-5

ユーザの設定 10-8

ライセンス要件 10-6

ロケーションの指定 10-24

ワンタイム認証のイネーブル化 10-24

SNMP 要求

フィルタリング 10-10

SPAN

RSPAN VLAN の設定 15-12

仮想 SPAN セッション 15-3

仮想 SPAN セッションの設定 15-10

仮想 SPAN セッションの設定(例) 15-16

仮想化サポート 15-4

サブインターフェイスの制約事項 15-7

制約事項 15-5

セッション 15-3

セッションの PVLAN 送信元の設定(例) 15-17

セッションの宛先 15-7

セッションのイネーブル化 15-13

セッションのシャットダウン 15-13

セッションの上限 15-5

セッションの設定 15-6

セッションの設定(例) 15-15

セッションの送信元 15-6

設定確認 15-15

説明 15-1

前提条件 15-5

注意事項 15-5

ハイ アベイラビリティ 15-4

マルチ セッション 15-4

ライセンス要件 15-5

syslog

「システム メッセージ」を参照

T

TACACS+

CFS によるサポート 2-2

TLV

LLDP でのサポート 16-7

定義 16-2

V

VTP

CDP 4-2

エクスポータ マップ 17-2

オンデマンド診断 12-4

オンライン診断

VRF 12-5

オンデマンド 12-4

オンデマンド テストの開始 12-9

オンデマンド テストの中止 12-9

仮想化サポート 12-5

起動 12-2

起動診断レベルの設定 12-6

機能の履歴(表) 12-13

コンフィギュレーション例 12-12

診断テストのアクティブ化 12-7

診断テストを非アクティブとして設定する場合 12-9

制約事項 12-5

設定確認 12-11

説明 12-1 ~ 12-5

前提条件 12-5

注意事項 12-5

テスト結果のシミュレーション 12-11

テスト結果の消去 12-10

デフォルト設定 12-5

ハイ アベイラビリティ 12-4

ヘルス モニタリング 12-3

ライセンス要件 12-5

ランタイム 12-3

仮想化

CFS 2-4

NTP 3-2

仮想化サポート

LLDP 16-2

簡易ネットワーク管理プロトコル。「SNMP」を参照

関連資料 xxi

起動診断 12-2

機能、新規および変更された(表) xvii

コマンド スケジューラ

実行ログ 9-2

サンプラ マップ 17-3

シスコ検出プロトコル

「CDP」を参照

システム チェックポイント 7-2

システム メッセージ

Linux システムでの syslog サーバの設定 5-10

RFC 5-1

syslog サーバ 5-2

syslog サーバの設定 5-8

UNIX システムでの syslog サーバの設定 5-10

仮想化サポート 5-2

記録する重大度の設定 5-6

コンソール ポートへのロギング 5-4

重大度(表) 5-2

設定確認 5-11

設定(例) 5-12

説明 5-1

タイムスタンプの設定 5-6

端末セッションへのロギング 5-4

注意事項 5-3

デフォルト設定 5-3

ファイルへのロギング 5-5

メッセージ リスト 5-13

ライセンス要件 5-3

ログ ファイルの消去 5-11

ログ ファイルの表示 5-10

診断

オンデマンド 12-4

起動 12-2

ランタイム 12-3

スイッチド ポート アナライザ。「SPAN」を参照

スケジューラ

仮想化サポート 9-2

機能のイネーブル 9-4

機能のディセーブル 9-12

実行ログ 9-2

ジョブの削除 9-8

ジョブの定義 9-7

制約事項 9-3

設定 9-4

設定確認 9-13

説明 9-1

前提条件 9-3

タイムテーブルの定義 9-9

注意事項 9-3

デフォルト設定 9-4

認証 9-2

認証の設定 9-6

ハイ アベイラビリティ 9-2

ライセンス要件 9-3

ログファイルの消去 9-11

ログファイルの設定 9-5

セッションの実行 8-5

設定方式 1-1

チェックポイント

システム 7-2

調整、CFS 配信 2-2

デバイス検出プロトコル 16-1

デフォルト設定

Call Home 6-9

CDP 4-4

EEM 13-7

NetFlow 17-5

NTP 3-4, 4-4

OBFL 14-3

RMON 11-3

SNMP 10-7

オンライン診断 12-5

システム メッセージ 5-3

スケジューラ 9-4

ロールバック 7-4

トラップ。「SNMP」を参照

トラブルシューティング 1-6

ネットワーク タイム プロトコル。「NTP」を参照

ハイ アベイラビリティ

CDP 4-3

CFS 2-3

EEM 13-6

LLDP 16-2

NetFlow 17-4

NTP 3-2, 4-3

RMON 11-2

SNMP 10-6

SPAN 15-4

オンライン診断 12-4

ロールバック 7-2

配信モード 2-11

非調整、CFS 配信 2-2

ヘルス モニタリング診断 12-3

マニュアル

追加資料 xxi

表記法 xx

モード、CFS 配信 2-11

モニタ マップ 17-3

ユーザ

CFS によるサポート 2-2

ライセンス要件

Call Home 6-8

CDP 4-3

CFS 2-4

EEM 13-6

LLDP 16-2

NetFlow 17-4

NTP 3-3

OBFL 14-2

RMON 11-3

Session Manager 8-2

SNMP 10-6

SPAN 15-5

オンライン診断 12-5

システム メッセージ 5-3

スケジューラ 9-3

ロールバック 7-3

ランタイム診断 12-3

レコード マップ 17-2

ロール

CFS によるサポート 2-2

ロールバック

仮想化サポート 7-3

コンフィギュレーション例 7-7

制約事項 7-3

設定確認 7-7

説明 7-1

前提条件 7-3

チェックポイント コピー 7-2

チェックポイント コピーの作成 7-5

チェックポイント ファイルへの復帰 7-5

注意事項 7-3

デフォルト設定 7-4

ハイ アベイラビリティ 7-2

ライセンス要件 7-3

ロールバックの実装 7-5