Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS システム管理コ ンフィギュレーション ガイド リリース 5.x
Embedded Event Manager システム イベン トおよびコンフィギュレーション例
Embedded Event Manager システム イベントおよびコンフィギュレーション例
発行日;2012/02/05 | 英語版ドキュメント(2011/08/01 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Embedded Event Manager システム イベントおよびコンフィギュレーション例

EEM システム ポリシー

EEM イベント

EEM ポリシーのコンフィギュレーション例

CLI イベントのコンフィギュレーション例

インターフェイス シャットダウンのモニタリング

モジュール パワーダウンのモニタリング

ロールバックを開始するトリガーの追加

メジャーしきい値を上書き(ディセーブル)するコンフィギュレーション例

メジャーしきい値に達したときにシャットダウンを防ぐ方法

1 つの不良センサをディセーブルにする方法

複数の不良センサをディセーブルにする方法

モジュール全体の上書き(ディセーブル)

複数のモジュールおよびセンサの上書き(ディセーブル)

1 つのセンサをイネーブルにして、すべてのモジュールの残りのセンサをすべてディセーブルにする方法

複数のセンサをイネーブルにして、すべてのモジュールの残りのセンサをすべてディセーブルにする方法

1 つのモジュールのすべてのセンサをイネーブルにして、残りのモジュールのすべてのセンサをディセーブルにする方法

モジュールのセンサを組み合わせてイネーブルにして、残りのモジュールのすべてのセンサをディセーブルにする方法

ファン取り外しのためのシャットダウンを上書き(ディセーブル)するコンフィギュレーション例

1 つまたは複数のファン取り外しのためのシャットダウンの上書き(ディセーブル)

指定したファンを取り外すためのシャットダウンの上書き(ディセーブル)

指定した複数のファンを取り外すためのシャットダウンの上書き(ディセーブル)

1 つを除くすべてのファンを取り外すためのシャットダウンの上書き(ディセーブル)

指定したファンのセットを除くファンを取り外すためのシャットダウンの上書き(ディセーブル)

ファンのセットの 1 つを除くすべてのファンを取り除くためのシャットダウンの上書き(ディセーブル)

補足ポリシーを作成するコンフィギュレーション例

ファンが存在しないイベントの補足ポリシーの作成

温度しきい値イベントの補足ポリシーの作成

電力のバジェット超過ポリシーのコンフィギュレーション例

モジュールのシャットダウン

指定された一連のモジュールのシャットダウン

シャットダウンするモジュールを選択するコンフィギュレーション例

デフォルトでシャットダウンに非上書きモジュールを選択するポリシーの使用

シャットダウンに非上書きモジュールを選択するパラメータ置き換えの使用

活性挿抜イベントのコンフィギュレーション例

ユーザ syslog を生成するコンフィギュレーション例

SNMP 通知のコンフィギュレーション例

SNMP OID のポーリングによる EEM イベントの生成

イベント ポリシーのイベントへの応答で SNMP 通知を送信

ポート トラッキングのコンフィギュレーション例

EEM ポリシー機能の履歴

Embedded Event Manager システム イベントおよびコンフィギュレーション例

この付録では、Embedded Event Manager(EEM)システム ポリシー、イベント、およびポリシーのコンフィギュレーション例について説明します。

ここでは、次の内容を説明します。

「EEM システム ポリシー」

「EEM イベント」

「EEM ポリシーのコンフィギュレーション例」

「EEM ポリシー機能の履歴」

EEM システム ポリシー

表 B-1 に、Embedded Event Manger(EEM)システム ポリシーを示します。

 

表 B-1 EEM システム ポリシー

イベント
説明

__PortLoopback

CallHome を実行し、Syslog、OBFL、または例外ログにエラーを記録し、GOLD "PortLoopback" テストに 10 回連続で失敗した場合は、その後影響を受けたポートでの HM テストをディセーブルにします。

__RewriteEngineLoopback

CallHome を実行し、Syslog、OBFL、または例外ログにエラーを記録し、GOLD "RewriteEngine" テストに 10 回連続で失敗した場合は、その後影響を受けたポートでの HM テストをディセーブルにします。

__asic_register_check

CallHome を実行し、エラーを記録し、GOLD "ASICRegisterCheck" テストに 20 回連続で失敗した場合は、その後その ASIC デバイスおよびインスタンスの HM テストをディセーブルにします。

__compact_flash

CallHome を実行し、エラーを記録し、GOLD "CompactFlash" テストに 20 回連続で失敗した場合は、その後 HM テストをディセーブルにします。

__crypto_device

CallHome を実行し、GOLD "CryptoDevice" テストに失敗するとエラーを記録します。

__eobc_port_loopback

CallHome を実行し、GOLD "EOBCPortLoopback" テストに失敗するとエラーを記録します。

__ethpm_debug_1

アクション:なし

__ethpm_debug_2

アクション:なし

__ethpm_debug_3

アクション:なし

__ethpm_debug_4

アクション:なし

__ethpm_link_flap

420 秒間隔でリンク フラップが 30 を超えています。アクション:エラー。ポートをディセーブルにします。

__external_compact_flash

CallHome を実行し、エラーを記録し、GOLD "ExternalCompactFlash" テストに 20 回連続で失敗した場合は、その後 HM テストをディセーブルにします。

__lamira_IDS_pkt_drop

IDS ドロップで syslog を生成します。

(注) Intrusion Detection System(IDS; 侵入検知システム)のパケットがドロップしたときに、30 分おきに最大 1 つの syslog を生成します。IDS パケットがドロップするとすぐに、syslog が生成されます。

__lcm_module_failure

2 度電源を切って入れ直し、電源を切ります。

__management_port_loopback

CallHome を実行し、GOLD "ManagementPortLoopback" テストに失敗するとエラーを記録します。

__nvram

CallHome を実行し、エラーを記録し、GOLD "NVRAM" テストに 20 回連続で失敗した場合は、その後 HM テストをディセーブルにします。

__pfm_fanabsent_all_systemfan

両方のファン(f1 と f2)が 2 分間存在しない場合シャットダウンします。

__pfm_fanabsent_all_xbarfan

Cisco Nexus 7000 10-Slot Switch のみ:両方のファン(f3 と f4)が 2 分間存在しない場合シャットダウンします。

__pfm_fanabsent_any_singlefan

Cisco Nexus 7000 18-Slot Switch:ファンが 3 分間存在しない場合、ハーフシャーシをシャットダウンします。

Cisco Nexus 7000 10-Slot Switch:Syslog(一方のファンが存在しない場合は、残りのファンのスピードが増加します)。

__pfm_fanbad_all_systemfan

ファンで障害が発生した場合シスログに記録します。

__pfm_fanbad_all_xbarfan

Cisco Nexus 7000 10-Slot Switch のみ:両方のファブリック モジュール ファン(f3 と f4)が 2 分間存在しない場合シャットダウンします。

__pfm_fanbad_any_singlefan

ファンで障害が発生した場合シスログに記録します。

__pfm_power_over_budget

不十分な電力超過バジェットに対するシスログ警告

__pfm_tempev_major

TempSensor メジャーしきい値 アクション:シャットダウン

__pfm_tempev_minor

TempSensor マイナーしきい値 アクション:シスログ

__primary_bootrom

CallHome を実行し、エラーを記録し、GOLD "PrimaryBootROM" テストに 20 回連続で失敗した場合は、その後 HM テストをディセーブルにします。

__pwr_mgmt_bus

CallHome を実行し、エラーを記録し、GOLD "PwrMgmtBus" テストに 20 回連続で失敗した場合は、モジュールまたはスパインカードの HM テストをディセーブルにします。

__real_time_clock

CallHome を実行し、エラーを記録し、GOLD "RealTimeClock" テストに 20 回連続で失敗した場合は、その後 HM テストをディセーブルにします。

__secondary_bootrom

CallHome を実行し、エラーを記録し、GOLD "SecondaryBootROM" テストに 20 回連続で失敗した場合は、その後 HM テストをディセーブルにします。

__spine_control_bus

CallHome を実行し、エラーを記録し、GOLD "SpineControlBus" テストに 20 回連続で失敗した場合は、そのモジュールまたはスパインカードの HM テストをディセーブルにします。

__standby_fabric_loopback

CallHome を実行し、エラーを記録し、10 回連続で失敗した場合は、その後 HM テストをディセーブルにします。

__status_bus

CallHome を実行し、エラーを記録し、GOLD "StatusBus" テストに 5 回連続で失敗した場合は、その後 HM テストをディセーブルにします。

__system_mgmt_bus

CallHome を実行し、エラーを記録し、GOLD "SystemMgmtBus" テストに 20 回連続で失敗した場合は、そのファンまたは電源の HM テストをディセーブルにします。

__usb

CallHome を実行し、GOLD "USB" テストに失敗するとエラーを記録します。

EEM イベント

表 B-2 では、デバイスで使用できる EEM イベントについて説明します。

 

表 B-2 EEM イベント

EEM イベント
説明

cli

ワイルドカードを使用したパターンを照合する CLI コマンドが入力されます。

counter

EEM カウンタが指定された値または範囲に達します。

fanabsent

システム ファンがありません。

fanbad

システム ファンで障害が生成されます。

gold

GOLD テスト失敗条件がヒットします。

memory

使用可能なシステム メモリがしきい値を超えます。

module-failure

モジュール障害が生成されます。

oir

活性挿抜が発生します。

policy-default

デフォルトのパラメータおよびしきい値が、上書きするシステム ポリシーのイベントに使用されます。

poweroverbudget

プラットフォーム ソフトウェアが電力バジェット条件を検出します。

snmp

SNMP オブジェクト ID(OID)の状態が変化します。

storm-control

プラットフォーム ソフトウェアがイーサネット パケット ストーム条件を検出します。

sysmgr

システム マネージャがイベントを生成します。

temperature

システムの温度レベルがしきい値を超えます。

track

トラッキング対象オブジェクトの状態が変化します。

EEM ポリシーのコンフィギュレーション例

ここでは、次の内容について説明します。

「CLI イベントのコンフィギュレーション例」

「メジャーしきい値を上書き(ディセーブル)するコンフィギュレーション例」

「ファン取り外しのためのシャットダウンを上書き(ディセーブル)するコンフィギュレーション例」

「補足ポリシーを作成するコンフィギュレーション例」

「電力のバジェット超過ポリシーのコンフィギュレーション例」

「シャットダウンするモジュールを選択するコンフィギュレーション例」

「活性挿抜イベントのコンフィギュレーション例」

「ユーザ syslog を生成するコンフィギュレーション例」

「SNMP 通知のコンフィギュレーション例」

「ポート トラッキングのコンフィギュレーション例」

CLI イベントのコンフィギュレーション例

この項では、CLI イベントのコンフィギュレーション例を紹介します。

「インターフェイス シャットダウンのモニタリング」

「モジュール パワーダウンのモニタリング」

「ロールバックを開始するトリガーの追加」

インターフェイス シャットダウンのモニタリング

インターフェイスのシャットダウンをモニタする例を示します。

switch# config t
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
switch(config)# event manager applet monitorShutdown
switch(config-applet)#
switch(config-applet)# description “Monitors interface shutdown.”
switch(config-applet)# event cli match “conf t; interface *; shutdown”
switch(config-applet)# action 1.0 cli show interface e 3/1
switch(config)# copy running-config startup-config

) EEM ポリシーの一部として入力された show コマンドの出力は、「eem_archive_」というプレフィクスが付加されたテキスト ファイルとして logflash にアーカイブされます。アーカイブされている出力を表示するには、show file logflash:eem_archive_n コマンドを使用します。


モジュール パワーダウンのモニタリング

モジュールのパワーダウンをモニタする例を示します。

switch# config t
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
switch(config)# event manager applet monitorPoweroff
switch(config-applet)#
switch(config-applet)# description “Monitors module power down.”
switch(config-applet)# event cli match “conf t; poweroff *”
switch(config-applet)# action 1.0 cli show module
switch(config)# copy running-config startup-config

ロールバックを開始するトリガーの追加

ロールバックを開始するトリガーを追加する例を示します。

switch# config t
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
switch(config)#
switch(config)# event manager applet rollbackTrigger
switch(config-applet)#
switch(config-applet)# description “Rollback trigger.”
switch(config-applet)# event cli match “rollback *”
switch(config-applet)# action 1.0 cli copy running-config bootflash:last_config
switch(config)# copy running-config startup-config

メジャーしきい値を上書き(ディセーブル)するコンフィギュレーション例

ここでは、次の内容について説明します。

「メジャーしきい値に達したときにシャットダウンを防ぐ方法」

「1 つの不良センサをディセーブルにする方法」

「複数の不良センサをディセーブルにする方法」

「モジュール全体の上書き(ディセーブル)」

「複数のモジュールおよびセンサの上書き(ディセーブル)」

「1 つのセンサをイネーブルにして、すべてのモジュールの残りのセンサをすべてディセーブルにする方法」

「複数のセンサをイネーブルにして、すべてのモジュールの残りのセンサをすべてディセーブルにする方法」

「1 つのモジュールのすべてのセンサをイネーブルにして、残りのモジュールのすべてのセンサをディセーブルにする方法」

「モジュールのセンサを組み合わせてイネーブルにして、残りのモジュールのすべてのセンサをディセーブルにする方法」

メジャーしきい値に達したときにシャットダウンを防ぐ方法

メジャーしきい値に達したことによるシャットダウンを防ぐ例を示します。

switch# config t
switch(config)# event manager applet myappletname override __pfm_tempev_major
switch(config)# end
 

デフォルト コンフィギュレーションに戻す例を示します。

switch# config t
switch(config)# no event manager applet myappletname override __pfm_tempev_major
switch(config)# end

1 つの不良センサをディセーブルにする方法

センサ 3 で障害が発生した場合(他のセンサに影響なし)に、モジュール 2 でセンサ 3 だけをディセーブルにする例を示します。

switch# config t
switch(config)# event manager applet myappletname override __pfm_tempev_major
switch(config-applet)# event temperature module 2 sensor 3 threshold major
switch(config-applet)# end
 

デフォルト コンフィギュレーションに戻す例を示します。

switch# config t
switch(config)# no event manager applet myappletname override __pfm_tempev_major
switch(config)# end

複数の不良センサをディセーブルにする方法

モジュール 2 のセンサ 5、6、7 で障害が発生した場合(他のセンサに影響なし)に、これらのセンサをディセーブルにする例を示します。

switch# config t
switch(config)# event manager applet myappletname override __pfm_tempev_major
switch(config-applet)# event temperature module 2 sensor 5 threshold major
switch(config-applet)# end
switch# config t
switch(config)# event manager applet myappletname override __pfm_tempev_major
switch(config-applet)# event temperature module 2 sensor 6 threshold major
switch(config-applet)# end
switch# config t
switch(config)# event manager applet myappletname override __pfm_tempev_major
switch(config-applet)# event temperature module 2 sensor 7 threshold major
switch(config-applet)# end
 

デフォルト コンフィギュレーションに戻す例を示します。

switch# config t
switch(config)# no event manager applet myappletname override __pfm_tempev_major
switch(config)# end

モジュール全体の上書き(ディセーブル)

誤動作するモジュール 2 をディセーブルにする例を示します。

switch# config t
switch(config)# event manager applet myappletname override __pfm_tempev_major
switch(config-applet)# event temperature module 2 threshold major
switch(config-applet)# end
 

デフォルト コンフィギュレーションに戻す例を示します。

switch# config t
switch(config)# no event manager applet myappletname override __pfm_tempev_major
switch(config)# end

複数のモジュールおよびセンサの上書き(ディセーブル)

誤動作するモジュール 2 のセンサ 3、4、7 とモジュール 3 のすべてのセンサをディセーブルにする例を示します。

switch# config t
switch(config)# event manager applet myappletname override __pfm_tempev_major
switch(config-applet)# event temperature module 2 sensor 3 threshold major
switch(config-applet)# end
switch# config t
switch(config)# event manager applet myappletname override __pfm_tempev_major
switch(config-applet)# event temperature module 2 sensor 4 threshold major
switch(config-applet)# end
switch# config t
switch(config)# event manager applet myappletname override __pfm_tempev_major
switch(config-applet)# event temperature module 2 sensor 7 threshold major
switch(config-applet)# end
switch# config t
switch(config)# event manager applet myappletname override __pfm_tempev_major
switch(config-applet)# event temperature module 3 threshold major
switch(config-applet)# end
 

デフォルト コンフィギュレーションに戻す例を示します。

switch# config t
switch(config)# no event manager applet myappletname override __pfm_tempev_major
switch(config)# end

1 つのセンサをイネーブルにして、すべてのモジュールの残りのセンサをすべてディセーブルにする方法

モジュール 9 のセンサ 4 を除くすべてのモジュールのすべてのセンサをディセーブルにする例を示します。

switch# config t
switch(config)# event manager applet myapplet1 override __pfm_tempev_major
switch(config-applet)# end
switch# config t
switch(config)# event manager applet myapplet2 override __pfm_tempev_major
switch(config-applet)# event temperature module 9 sensor 4 threshold major
switch(config-applet)# action 2 policy-default
switch(config-applet)# end

複数のセンサをイネーブルにして、すべてのモジュールの残りのセンサをすべてディセーブルにする方法

モジュール 9 のセンサ 4、6、7 を除くすべてのモジュールのすべてのセンサをディセーブルにする例を示します。

switch# config t
switch(config)# event manager applet myapplet1 override __pfm_tempev_major
switch(config-applet)# end
switch# config t
switch(config)# event manager applet myapplet2 override __pfm_tempev_major
switch(config-applet)# event temperature module 9 sensor 4 threshold major
switch(config-applet)# action 2 policy-default
switch(config-applet)# end
switch# config t
switch(config)# event manager applet myapplet3 override __pfm_tempev_major
switch(config-applet)# event temperature module 9 sensor 6 threshold major
switch(config-applet)# action 3 policy-default
switch(config-applet)# end
switch# config t
switch(config)# event manager applet myapplet4 override __pfm_tempev_major
switch(config-applet)# event temperature module 9 sensor 7 threshold major
switch(config-applet)# action 4 policy-default
switch(config-applet)# end

1 つのモジュールのすべてのセンサをイネーブルにして、残りのモジュールのすべてのセンサをディセーブルにする方法

モジュール 9 のすべてのセンサを除く残りのモジュールのすべてのセンサをディセーブルにする例を示します。

switch# config t
switch(config)# event manager applet myapplet1 override __pfm_tempev_major
switch(config-applet)# end
switch# config t
switch(config)# event manager applet myapplet2 override __pfm_tempev_major
switch(config-applet)# event temperature module 9 threshold major
switch(config-applet)# action 2 policy-default
switch(config-applet)# end

モジュールのセンサを組み合わせてイネーブルにして、残りのモジュールのすべてのセンサをディセーブルにする方法

モジュール 2 の センサ 3、4、7 とモジュール 3 のすべてのセンサを除くすべてのモジュールのすべてのセンサをディセーブルにする例を示します。

switch# config t
switch(config)# event manager applet myapplet1 override __pfm_tempev_major
switch(config-applet)# end
switch# config t
switch(config)# event manager applet myapplet2 override __pfm_tempev_major
switch(config-applet)# event temperature module 2 sensor 3 threshold major
switch(config-applet)# action 2 policy-default
switch(config-applet)# end
switch# config t
switch(config)# event manager applet myapplet3 override __pfm_tempev_major
switch(config-applet)# event temperature module 2 sensor 4 threshold major
switch(config-applet)# action 3 policy-default
switch(config-applet)# end
switch# config t
switch(config)# event manager applet myapplet4 override __pfm_tempev_major
switch(config-applet)# event temperature module 2 sensor 7 threshold major
switch(config-applet)# action 4 policy-default
switch(config-applet)# end
switch# config t
switch(config)# event manager applet myapplet5 override __pfm_tempev_major
switch(config-applet)# event temperature module 3 threshold major
switch(config-applet)# action 5 policy-default
switch(config-applet)# end

ファン取り外しのためのシャットダウンを上書き(ディセーブル)するコンフィギュレーション例

ここでは、次の内容について説明します。

「1 つまたは複数のファン取り外しのためのシャットダウンの上書き(ディセーブル)」

「指定したファンを取り外すためのシャットダウンの上書き(ディセーブル)」

「指定した複数のファンを取り外すためのシャットダウンの上書き(ディセーブル)」

「1 つを除くすべてのファンを取り外すためのシャットダウンの上書き(ディセーブル)」

「指定したファンのセットを除くファンを取り外すためのシャットダウンの上書き(ディセーブル)」

「ファンのセットの 1 つを除くすべてのファンを取り除くためのシャットダウンの上書き(ディセーブル)」


) Cisco Nexus 7000 10-Slot Switch から 1 つのファンを取り外しても、シャットダウンは発生しません。残りのファンはスピードが増加し、syslog にメッセージが書き込まれます。


1 つまたは複数のファン取り外しのためのシャットダウンの上書き(ディセーブル)

1 つまたは複数(またはすべて)のファンを取り外せるように、シャットダウンをディセーブルにする例を示します。

switch# config t
switch(config)# event manager applet myappletname override __pfm_fanabsent_any_singlefan
switch(config-applet)# end
 

デフォルト コンフィギュレーションに戻す例を示します。

switch# config t
switch(config)# no event manager applet myappletname override __pfm_fanabsent_any_singlefan
switch(config-applet)# end

指定したファンを取り外すためのシャットダウンの上書き(ディセーブル)

指定したファン(ファン 3)を取り外せるように、シャットダウンをディセーブルにする例を示します。

switch# config t
switch(config)# event manager applet myappletname override __pfm_fanabsent_any_singlefan
switch(config-applet)# event fanabsent fan 3 time 60
switch(config-applet)# end
 

デフォルト コンフィギュレーションに戻す例を示します。

switch# config t
switch(config) no event manager applet myappletname override __pfm_fanabsent_any_singlefan
switch(config)# end

指定した複数のファンを取り外すためのシャットダウンの上書き(ディセーブル)

指定した複数のファン(ファン 2、3、4)を取り外せるように、シャットダウンをディセーブルにする例を示します。

switch# config t
switch(config)# event manager applet myapplet1 override __pfm_fanabsent_any_singlefan
switch(config-applet)# event fanabsent fan 2 time 60
switch(config-applet)# end
switch# config t
switch(config)# event manager applet myapplet2 override __pfm_fanabsent_any_singlefan
switch(config-applet)# event fanabsent fan 3 time 60
switch(config-applet)# end
switch# config t
switch(config)# event manager applet myapplet3 override __pfm_fanabsent_any_singlefan
switch(config-applet)# event fanabsent fan 4 time 60
switch(config-applet)# end
 

デフォルト コンフィギュレーションに戻す例を示します。

switch# config t
switch(config)# no event manager applet myappletname override __pfm_fanabsent_any_singlefan
switch(config)# end

1 つを除くすべてのファンを取り外すためのシャットダウンの上書き(ディセーブル)

1 つ(ファン 2)を除くすべてのファンを取り外せるように、シャットダウンをディセーブルにする例を示します。

switch# config t
switch(config)# event manager applet myapplet1 override __pfm_fanabsent_any_singlefan
switch(config-applet)# end
switch# config t
switch(config)# event manager applet myapplet2 override __pfm_fanabsent_any_singlefan
switch(config-applet)# event fanabsent fan 2 time 60
switch(config-applet)# action 2 policy-default
switch(config-applet)# end

指定したファンのセットを除くファンを取り外すためのシャットダウンの上書き(ディセーブル)

指定したファンのセット(ファン 2、3、4)を除くファンを取り外せるように、シャットダウンをディセーブルにする例を示します。

switch# config t
switch(config)# event manager applet myapplet1 override __pfm_fanabsent_any_singlefan
switch(config-applet)# end
switch(config)# event manager applet myapplet2 override __pfm_fanabsent_any_singlefan
switch(config-applet)# event fanabsent fan 2,3,4 time 60
switch(config-applet)# action 2 policy-default
switch(config-applet)# end

ファンのセットの 1 つを除くすべてのファンを取り除くためのシャットダウンの上書き(ディセーブル)

指定したファンのセット(ファン 2、3、4)の 1 つを除くすべてのファンを取り外せるように、シャットダウンをディセーブルにする例を示します。

switch# config t
switch(config)# event manager applet myapplet1 override __pfm_fanabsent_any_singlefan
switch(config-applet)# end
switch# config t
switch(config)# event manager applet myapplet2 override __pfm_fanabsent_any_singlefan
switch(config-applet)# event fanabsent fan 2 time 60
switch(config-applet)# action 2 policy-default
switch(config-applet)# end
switch# config t
switch(config)# event manager applet myapplet3 override __pfm_fanabsent_any_singlefan
switch(config-applet)# event fanabsent fan 3 time 60
switch(config-applet)# action 3 policy-default
switch(config-applet)# end
switch# config t
switch(config)# event manager applet myapplet4 override __pfm_fanabsent_any_singlefan
switch(config-applet)# event fanabsent fan 4 time 60
switch(config-applet)# action 4 policy-default
switch(config-applet)# end

補足ポリシーを作成するコンフィギュレーション例

ここでは、次の内容について説明します。

「ファンが存在しないイベントの補足ポリシーの作成」

「温度しきい値イベントの補足ポリシーの作成」

ファンが存在しないイベントの補足ポリシーの作成

event fanabsent コマンドを使用して、補足ポリシーを作成する例を示します。

[ no ] event fanabsent [ fan fan-number ] time time-interval

ファン 1 が 60 秒間存在しない場合に、デフォルトのポリシーに加えて、ポリシー myappletname とアクション 3 を実行する例を示します。

switch# config t
switch(config)# event manager applet myappletname
switch(config-applet)# event fanabsent fan 1 time 60
switch(config-applet)# action 3 cli “show env fan”
switch(config-applet)# end

温度しきい値イベントの補足ポリシーの作成

event temperature コマンドを使用して、補足ポリシーを作成する例を示します。

[ no ] event temperature [ mod module-number ] [ sensor sensor-number ] threshold { major | minor | any }

モジュール 2 のセンサ 3 で温度がマイナーしきい値を超えた場合に、デフォルトのポリシーに加えて、ポリシー myappletname とアクション 1 を実行する例を示します。

switch# config t
switch(config)# event manager applet myappletname
switch(config-applet)# event temperature module 2 sensor 3 threshold minor
switch(config-applet)# action 1 cli “show environ temperature”
switch(config-applet)# end

電力のバジェット超過ポリシーのコンフィギュレーション例

電力のバジェット超過ポリシーは、使用可能な電力がゼロ未満に低下し、前に起動されたモジュールを起動状態で維持できなくなった場合に開始します。デフォルトのアクションでは、ユーザに電力のバジェット超過が発生したことを通知する syslog を出力します。

利用可能な電力が赤(負)のゾーンから回復するまでモジュールの電源を落とす追加アクションをイネーブルにできます。

ここでは、次の内容について説明します。

「モジュールのシャットダウン」

「指定された一連のモジュールのシャットダウン」

モジュールのシャットダウン

モジュールを指定しない場合、電力のバジェット超過シャットダウンはスロット 1 から始まり、電力が赤(負)のゾーンから回復するまでモジュールをシャットダウンします。空のスロットやスーパーバイザ、スタンバイ スーパーバイザ、スパイン、クロスバーを含むスロットは飛ばされます。

利用可能な電力がゼロ未満に低下した場合に、モジュール 1 からモジュールをシャットダウンする例を示します。

switch# config t
switch(config)# event manager applet <myappletname4a> override __pfm_power_over_budget
switch(config-applet)# event poweroverbudget
switch(config-applet)# action 4 overbudgetshut
switch(config-applet)# end

指定された一連のモジュールのシャットダウン

電力のバジェット超過アクションによって、電力が赤(負)のゾーンから回復するまでシャットダウンされるモジュールのリストを指定できます。空のスロットやスーパーバイザ、スタンバイ スーパーバイザ、スパイン、クロスバーを含むスロットは飛ばされます。

利用可能な電力がゼロ未満に低下した場合に、指定されたモジュールのリスト(1、2、7、8)からモジュールをシャットダウンする例を示します。

switch# config t
switch(config)# event manager applet <myappletname4b> override __pfm_power_over_budget
switch(config-applet)# event poweroverbudget
switch(config-applet)# action 5 overbudgetshut module 1,2,7,8
switch(config-applet)# end

シャットダウンするモジュールを選択するコンフィギュレーション例

ここでは、次の内容について説明します。

「デフォルトでシャットダウンに非上書きモジュールを選択するポリシーの使用」

「シャットダウンに非上書きモジュールを選択するパラメータ置き換えの使用」

デフォルトでシャットダウンに非上書きモジュールを選択するポリシーの使用

メジャーしきい値を超えた場合に、デフォルトで非上書きモジュールをシャットダウンするよう選択するポリシーを使用する例を示します。

switch# config t
switch(config)# event manager applet my5a1 override __pfm_tempev_major
switch(config-applet)# end
switch# config t
switch(config)# event manager applet my5a2 override __pfm_tempev_major
switch(config-applet)# event temperature module 1-3 sensor 4 threshold major
switch(config-applet)# action 5 policy-default
switch(config-applet)# end

シャットダウンに非上書きモジュールを選択するパラメータ置き換えの使用

メジャーしきい値を超えた場合に、パラメータの置き換えを使用してシャットダウンする非上書きモジュールを選択する例を示します。

switch# config t
switch(config)# event manager applet my5b1 override __pfm_tempev_major
switch(config-applet)# end
switch# config t
switch(config)# event manager applet my5b2 override __pfm_tempev_major
switch(config-applet)# event temperature module 1-3 sensor 8 threshold major
switch(config-applet)# action 6 forceshut module my_module_list reset “temperature-sensor policy trigger”
switch(config-applet)# end
 

イベント マネージャ パラメータを作成するには、 event manager environment コマンドを使用します。イベント マネージャ パラメータの値を表示するには、 show event manager environment all コマンドを使用します。

活性挿抜イベントのコンフィギュレーション例

活性挿抜イベント(OIR)には、デフォルトのポリシーがありません。

event oir コマンドを使用して、OIR イベントを設定する例を示します。

event oir device-type event-type [ device-number ]

device-type は、 fan module または powersupply です。

event-type は、 insert remove 、または anyoir (装着または取り外し)です。

オプションの device-number では 1 台のデバイスを指定します。省略すると、すべてのデバイスが選択されます。

装着イベントを設定する例を示します。

switch# config t
switch(config)# event manager applet myoir
switch(config-applet)# event oir module insert
switch(config-applet)# action 1 syslog priority critical msg “OIR insert event: A Module is inserted”
 

取り外しイベントを設定する例を示します。

switch# config t
switch(config)# event manager applet myoir
switch(config-applet)# event oir module remove
switch(config-applet)# action 1 syslog priority critical msg “OIR remove event: A Module is removed”

ユーザ syslog を生成するコンフィギュレーション例

action syslog コマンドを使用して、ユーザ syslog を生成する例を示します。

switch# config t
switch(config)# event manager applet myoir
switch(config-applet)# event oir module remove
switch(config-applet)# action 1 syslog priority critical msg “Module is removed”
 

このイベントが発生すると、次の syslog が生成されます。

p1b-57(config)# 2008 Feb 20 00:08:27 p1b-57 %$ VDC-1 %$ %EEM_ACTION-2-CRIT: "Module is removed"

2008 Feb 20 00:08:27 p1b-57 %$ VDC-1 %$ %PLATFORM-2-MOD_REMOVE: Module 2 removed (Serial number JAB120101PW)

SNMP 通知のコンフィギュレーション例

ここでは、次の内容について説明します。

「SNMP OID のポーリングによる EEM イベントの生成」

「イベント ポリシーのイベントへの応答で SNMP 通知を送信」

SNMP OID のポーリングによる EEM イベントの生成

スイッチの CPU 使用率を問い合わせるには、SNMP オブジェクト ID(OID)CISCO-SYSTEM-EXT-MIB::cseSysCPUUtilization が使用されます。

cseSysCPUUtilization OBJECT-TYPE
SYNTAX Gauge32 (0..100 )
UNITS "%"
MAX-ACCESS read-only
STATUS current
DESCRIPTION
"The average utilization of CPU on the active supervisor."
::= { ciscoSysInfoGroup 1 }
 

10 秒間隔でポーリングされ、しきい値が 95 % の SNMP ODI を使用する例を示します。

switch# config t
switch(config)# event manager applet test_policy
switch(config-applet)# event snmp oid 1.3.6.1.4.1.9.9.305.1.1.1.0 get-type exact entry-op gt entry-val 95 exit-op lt exit-val 90 poll-interval 10

イベント ポリシーのイベントへの応答で SNMP 通知を送信

このタイプのコンフィギュレーションを使用して、重大なイベント トリガーで SNMP 通知を生成できます。

イベント マネージャのアプレット コンフィギュレーション モードからイベントに対して SNMP 通知を送信する例を示します。

switch(config-applet)# action 1.1 snmp-trap intdata1 100 intdata2 300 strdata "CPU Hogging at switch1"
switch(config-applet)# action 1.1 snmp-trap intdata1 100 intdata2 300 strdata "Port Failure eth9/1"
 

このコンフィギュレーションでは、スイッチから SNMP ホストに SNMP 通知(トラップ)を行います。SNMP ペイロードには、ユーザ定義フィールド intdata1、intdata2、および strdata の値が含まれます。

ポート トラッキングのコンフィギュレーション例

1 つのポートの状態を別のポートの状態と一致させるように設定する例を示します(ポート トラッキング)。

イーサネット インターフェイス 1/2 によるイーサネット インターフェイス 3/23 のポート トラッキングを設定するには、次のステップに従います。


ステップ 1 イーサネット インターフェイス 3/23 のステータスを追跡するオブジェクトを作成します。

switch# config t
switch(config)# track 1 interface ethernet 3/23
switch(config-track)# end
 

ステップ 2 トラッキング オブジェクトがシャットダウンされたらイーサネット インターフェイス 1/2 をシャットダウンする EEM イベントを設定します。

switch(config)# event manager applet track_3_23_down
switch(config-applet)# event track 1 state down
switch(config-applet)# action 1 syslog msg EEM applet track_3_23_down shutting down port eth1/2 due to eth3/23 being down
switch(config-applet)# action 2 cli conf term
switch(config-applet)# action 3 cli interface ethernet 1/2
switch(config-applet)# action 4 cli shut
switch(config-applet)# end
 

ステップ 3 イーサネット インターフェイス 3/23 が起動したらイーサネット インターフェイス 1/2 を起動する EEM イベントを設定します。

switch# config t
switch(config)# event manager applet track_3_23_up
switch(config-applet)# event track 1 state up
switch(config-applet)# action 1 syslog msg EEM applet track_3_23_down bringing up port eth1/2 due to eth3/23 being up
switch(config-applet)# action 2 cli conf term
switch(config-applet)# action 3 cli interface ethernet 1/2
switch(config-applet)# action 4 cli no shut
switch(config-applet)# end
 


 

EEM ポリシー機能の履歴

表 B-3 に、この機能のリリース履歴を示します。

 

表 B-3 EEM ポリシー機能の履歴

機能名
リリース
機能情報

EEM システム ポリシー

5.0(2)

Cisco Nexus 7000 10-Slot Switch に対するファン EEM ポリシーが更新されました。