Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS システム管理コ ンフィギュレーション ガイド リリース 5.x
OBFL の設定
OBFL の設定
発行日;2012/02/05 | 英語版ドキュメント(2011/08/01 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

OBFL の設定

OBFL の概要

OBFL の概要

仮想化サポート

OBFL のライセンス要件

OBFL の前提条件

注意事項および制約事項

デフォルト設定

OBFL の設定

OBFL コンフィギュレーションの確認

OBFL のコンフィギュレーション例

その他の関連資料

関連資料

規格

OBFL 機能の履歴

OBFL の設定

この章では、Cisco NX-OS で Onboard Failure Logging(OBFL)機能を設定する方法について説明します。

ここでは、次の内容を説明します。

「OBFL の概要」

「OBFL のライセンス要件」

「OBFL の前提条件」

「注意事項および制約事項」

「デフォルト設定」

「OBFL の設定」

「OBFL コンフィギュレーションの確認」

「OBFL のコンフィギュレーション例」

「その他の関連資料」

「OBFL 機能の履歴」

OBFL の概要

ここでは、次の内容について説明します。

「OBFL の概要」

「仮想化サポート」

OBFL の概要

Cisco NX-OS には永続ストレージに障害データを記録する機能があるので、あとから記録されたデータを取得して表示し、分析できます。この OBFL 機能は、障害および環境情報をモジュールの不揮発性メモリに保管します。この情報は、障害モジュールの分析に役立ちます。

OBFL が保管するデータは、次のとおりです。

最初の電源投入時刻

モジュールのシャーシ スロット番号

モジュールの初期温度

ファームウェア、BIOS、FPGA、および ASIC のバージョン

モジュールのシリアル番号

クラッシュのスタック トレース

CPU hog 情報

メモリ リーク情報

ソフトウェア エラー メッセージ

ハードウェア例外ログ

環境履歴

OBFL 固有の履歴情報

ASIC 割り込みおよびエラー統計の履歴

ASIC レジスタ ダンプ

OBFL は Cisco NX-OS クラッシュが発生した場合に、カーネル トレースを保管します。

仮想化サポート

OBFL 情報を設定して表示するには、デフォルト Virtual Device Context(VDC; 仮想デバイス コンテキスト)を使用する必要があります。VDC の詳細については、『 Cisco Nexus 7000 Series NX-OS Virtual Device Context Configuration Guide, Release 5.x 』を参照してください。

OBFL のライセンス要件

次の表に、この機能のライセンス要件を示します。

 

製品
ライセンス要件

Cisco NX-OS

OBFL にはライセンスは不要です。ライセンス パッケージに含まれていない機能は、Cisco NX-OS システム イメージにバンドルされて提供されます。追加料金は発生しません。Cisco NX-OS ライセンス方式の詳細については、『 Cisco NX-OS Licensing Guide 』を参照してください。

OBFL の前提条件

VDC を設定する場合は、Advanced Services ライセンスをインストールし、所定の VDC を開始する必要があります(『 Cisco Nexus 7000 Series NX-OS Virtual Device Context Configuration Guide, Release 5.x 』を参照)。

network-admin ユーザ権限で、デフォルト VDC にログインする必要があります。

注意事項および制約事項

OBFL に関する注意事項および制約事項は、次のとおりです。

OBFL はデフォルトでイネーブルです。

OBFL フラッシュがサポートする書き込みおよび消去の回数には制限があります。イネーブルにするロギング数が多いほど、この書き込みおよび消去回数に早く達してしまいます。


) この機能の Cisco NX-OS コマンドは、Cisco IOS のコマンドとは異なる場合があるので注意してください。


デフォルト設定

表 14-1 に、OBFL パラメータのデフォルト設定を示します。

 

表 14-1 デフォルトのOBFL パラメータ

パラメータ
デフォルト

OBFL

すべての機能がイネーブル

OBFL の設定

Cisco NX-OS デバイス上で OBFL 機能を設定できます。

操作の前に

グローバル コンフィギュレーション モードになっていることを確認します。

手順の概要

1. hw-module logging onboard

2. hw-module logging onboard environmental-history

3. hw-module logging onboard error-stats

4. hw-module logging onboard interrupt-stats

5. hw-module logging onboard module slot

6. hw-module logging onboard module obfl-log

7. show logging onboard

8. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

例:

switch# config t

Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.

switch(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 1

hw-module logging onboard

 

例:

switch(config)# hw-module logging onboard

Module: 7 Enabling ... was successful.

Module: 10 Enabling ... was successful.

Module: 12 Enabling ... was successful.

すべての OBFL 機能をイネーブルにします。

ステップ 2

hw-module logging onboard environmental-history

 

例:

switch(config)# hw-module logging onboard environmental-history

Module: 7 Enabling environmental-history ... was successful.

Module: 10 Enabling environmental-history ... was successful.

Module: 12 Enabling environmental-history ... was successful.

OBFL 環境履歴をイネーブルにします。

ステップ 3

hw-module logging onboard error-stats

 

例:

switch(config)# hw-module logging onboard error-stats

Module: 7 Enabling error-stats ... was successful.

Module: 10 Enabling error-stats ... was successful.

Module: 12 Enabling error-stats ... was successful.

OBFL エラー統計をイネーブルにします。

ステップ 4

hw-module logging onboard interrupt-stats

 

例:

switch(config)# hw-module logging onboard interrupt-stats

Module: 7 Enabling interrupt-stats ... was successful.

Module: 10 Enabling interrupt-stats ... was successful.

Module: 12 Enabling interrupt-stats ... was successful.

OBFL 割り込み統計をイネーブルにします。

ステップ 5

hw-module logging onboard module slot

 

例:

switch(config)# hw-module logging onboard module 7

Module: 7 Enabling ... was successful.

モジュールの OBFL 情報をイネーブルにします。

ステップ 6

hw-module logging onboard obfl-log

 

例:

switch(config)# hw-module logging onboard obfl-log

Module: 7 Enabling obfl-log ... was successful.

Module: 10 Enabling obfl-log ... was successful.

Module: 12 Enabling obfl-log ... was successful.

ブート時間、デバイス バージョン、および OBFL 履歴をイネーブルにします。

ステップ 7

show logging onboard

 

例:

switch(config)# show logging onboard

----------------------------

OBFL Status

----------------------------

Switch OBFL Log: Enabled

 

Module: 7 OBFL Log: Enabled

cpu-hog Enabled

environmental-history Enabled

error-stats Enabled

exception-log

.

.

.

 

Fri Mar 21 19:07:33 2008 (957597 us)

Module 2 SecondaryBootROM test has failed 20 times with error BIOS file checksum

error

 

Library could not be opened

*** /lc/isan/lib/libcrdcfg.so: undefined symbol: get_slot_id ***

plog_show_data_type: Error opening library statcl, func_name statcl_disp_func

(任意)OBFL に関する情報を表示します。

ステップ 8

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config)# copy running-config startup-config

(任意)このコンフィギュレーションの変更を保存します。

OBFL コンフィギュレーションの確認

OBFL の設定状況を表示するには、 show logging onboard status コマンドを使用します。

switch# show logging onboard status
----------------------------
OBFL Status
----------------------------
Switch OBFL Log: Enabled
 
Module: 2 OBFL Log: Enabled
cpu-hog Enabled
environmental-history Enabled
error-stats Enabled
exception-log Enabled
interrupt-stats Enabled
mem-leak Enabled
miscellaneous-error Enabled
obfl-log (boot-uptime/device-version/obfl-history) Enabled
register-log Enabled
stack-trace Enabled
system-health Enabled
 
Module: 6 OBFL Log: Enabled
cpu-hog Enabled
environmental-history Enabled
error-stats Enabled
exception-log Enabled
interrupt-stats Enabled
mem-leak Enabled
miscellaneous-error Enabled
obfl-log (boot-uptime/device-version/obfl-history) Enabled
register-log Enabled
stack-trace Enabled
system-health Enabled
temp Error Enabled
 

モジュールのフラッシュに保存されている OBFL 情報を表示するには、次のコマンドを使用します。

 

コマンド
目的

show logging onboard boot-uptime

ブートおよび動作時間の情報を表示します。

show logging onboard counter-stats

すべての ASIC カウンタについて、統計情報を表示します。

show logging onboard device-version

デバイス バージョン情報を表示します。

show logging onboard endtime

指定した終了時刻までの OBFL ログを表示します。

show logging onboard environmental-history

環境履歴を表示します。

show logging onboard error-stats

エラー統計情報を表示します。

show logging onboard exception-log

例外ログ情報を表示します。

show logging onboard interrupt-stats

割り込み統計情報を表示します。

show logging onboard kernel-trace

カーネル トレース情報を表示します。

show logging onboard module slot

指定したモジュールの OBFL 情報を表示します。

show logging onboard obfl-history

履歴情報を表示します。

show logging onboard obfl-logs

ログ情報を表示します。

show logging onboard stack-trace

カーネル スタック トレース情報を表示します。

show logging onboard starttime

指定した開始時刻からの OBFL ログを表示します。

show logging onboard status

OBFL ステータス情報を表示します。

 


) 上記の各 show コマンド オプションの OBFL 情報を消去するには、clear logging onboard コマンドを使用します。


OBFL のコンフィギュレーション例

モジュール 2 で環境情報について OBFL をイネーブルにする例を示します。

conf t

hw-module logging onboard module 2 environmental-history

その他の関連資料

OBFL の実装に関連する詳細情報については、次の項を参照してください。

「関連資料」

「規格」

関連資料

関連項目
マニュアル名

OBFL CLI コマンド

『Cisco Nexus 7000 Series NX-OS System Management Command Reference, Release 5.x

コンフィギュレーション ファイル

『Cisco Nexus 7000 Series NX-OS Fundamentals Configuration Guide, Release 5.x

VDC

『Cisco Nexus 7000 Series NX-OS Virtual Device Context Configuration Guide, Release 5.x

規格

規格
タイトル

この機能がサポートする新しい規格または変更された規格はありません。また、この機能で変更された既存規格のサポートはありません。

--

OBFL 機能の履歴

表 14-2 に、この機能のリリース履歴を示します。

 

表 14-2 OBFL 機能の履歴

機能名
リリース
機能情報

OBFL

5.0(2)

リリース 4.2 から変更ありません。