Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS CLI 管理ベスト プラクティス ガイド
統合侵入検知セキュリティ
統合侵入検知セキュリティ
発行日;2012/02/02 | 英語版ドキュメント(2011/08/18 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 898KB) | フィードバック

目次

統合侵入検知セキュリティ

IDS チェックのステータスとカウンタの確認

IDS パケット チェックの無効化と有効化

統合侵入検知セキュリティ

Cisco NX-OS ソフトウェアは、IPv4 と IPv6 の侵入検知パケット チェックによって特定の条件に一致し、ほとんどの実稼動ネットワークでは通常必要のないパケットをドロップして、ネットワークのセキュリティを強化します。デフォルトでは、ほとんどの Intrusion Detection System(IDS; 侵入検知システム)パケット チェックが有効になっています。このチェックを無効にする明確な理由がない限り、有効にしておく必要があります。

この章で説明する内容は、次のとおりです。

IDS チェックのステータスとカウンタの確認

IDS パケット チェックの無効化と有効化

IDS チェックのステータスとカウンタの確認

導入:Cisco NX-OS Release 4.0(1)

show hardware forwarding ip verify コマンドを使用して、IDS パケット チェックのステータスとカウンタを確認する必要があります。「Packets Failed」カウンタでは、パケットが IDS チェックに当てはまったかどうかを確認できます。この出力は、ネットワーク トラフィックを確認するとき、アプリケーションの問題をトラブルシューティングするときに役立ちます。場合によっては、IDS パケット チェックを無効にする必要があります。Cisco NX-OS Release 5.0(3) では、パケットがドロップされたときの Syslog メッセージと Embedded Event Manager(EEM)イベント トリガーのサポートが導入されました。

n7000# show hardware forwarding ip verify
 
IPv4 and v6 IDS Checks Status Packets Failed
-----------------------------+---------+------------------
address source broadcast Enabled 0
address source multicast Enabled 0
address destination zero Enabled 0
address identical Enabled 0
address reserved Enabled 0
address class-e Disabled --
checksum Enabled 0
protocol Enabled 0
fragment Disabled --
length minimum Enabled 0
length consistent Enabled 0
length maximum max-frag Enabled 0
length maximum udp Disabled --
length maximum max-tcp Enabled 0
tcp flags Disabled --
tcp tiny-frag Enabled 0
version Enabled 0
-----------------------------+---------+------------------
IPv6 IDS Checks Status Packets Failed
-----------------------------+---------+------------------
length consistent Enabled 0
length maximum max-frag Enabled 0
length maximum udp Disabled --
length maximum max-tcp Enabled 0

IDS パケット チェックの無効化と有効化

導入:Cisco NX-OS Release 4.0(1)

この項は、参考のために記載しており、必要のない場合があります。

アプリケーションが適切に機能するように、IDS パケット チェックを無効にする必要がある場合があります。次のグローバル コマンドを使用して、パケット チェックを無効および有効にすることができます。この例では、「length maximum max-tcp」IDS チェックを無効および有効にします。他のパケット チェックも同じ手順で設定できます。

n7000(config)# no hardware ip verify length maximum max-tcp
 
n7000(config)# hardware ip verify length maximum max-tcp