Cisco Nexus 6000 シリーズ NX-OS Quality of Service コンフィギュレーション ガイド、リリース 7.x
QoS 設定例
QoS 設定例

QoS 設定例

この章の内容は、次のとおりです。

QoS 例 1

次の例は、システム全体でアクセス コントロール リストに一致するトラフィックに対して、フレームの CoS フィールドを 5 に書き換えるように設定する方法を示しています。

手順
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 入力分類ポリシーを設定します(アクセス コントロール リストは定義済みです)。  
    (config)# class-map type qos cmap-qos-acl
    (config-cmap-qos)# match access-group ACL-CoS
    (config-cmap-qos)# exit
    (config)# policy-map type qos pmap-qos-acl
    (config-pmap-qos)# class cmap-qos-acl
    (config-pmap-c-qos)# set qos-group 4
    (config-pmap-c-qos)# exit
    (config-pmap-qos)# exit
     
     
    ステップ 2分類ポリシーをシステムに追加します。  
    (config)# system qos
    (config-sys-qos)# service-policy type qos input pmap-qos-acl
    (config-sys-qos)# exit
     
     
    ステップ 3システム クラスの割り当てを設定し、ポリシーを書き換えます。 システム クラスを qos-group 4 に割り当て、書き換えアクションを定義します。  
    (config)# class-map type network-qos cmap-nq-acl
    (config-cmap-nq)# match qos-group 4
    (config-cmap-nq)# exit
    (config)# policy-map type network-qos pmap-nq-acl
    (config-pmap-nq)# class type network-qos cmap-nq-acl
    (config-pmap-c-nq)# set cos 5
    (config-pmap-c-nq)# exit
    (config-pmap-nq)# exit
     
     
    ステップ 4割り当ておよび書き換えポリシーをシステムに追加します。  
    (config)# system qos
    (config-sys-qos)# service-policy type network-qos pmap-nq-acl
    (config-sys-qos)# exit
     
     

    QoS 例 2

    次の例は、アクセス コントロール リストを使用して、イーサネット インターフェイス 1/1 のトラフィックに一致するイーサネット インターフェイス 1/3 のトラフィックに、50% の帯域幅を適用する方法を示しています。

    手順
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1 入力分類ポリシーを設定します。  
      (config)# class-map type qos cmap-qos-bandwidth
      (config-cmap-qos)# match access-group ACL-bandwidth
      (config-cmap-qos)# exit
      (config)# policy-map type qos pmap-qos-eth1-1
      (config-pmap-qos)# class cmap-qos-bandwidth
      (config-pmap-c-qos)# set qos-group 2
      (config-pmap-c-qos)# exit
      (config-pmap-qos)# exit
       
       
      ステップ 2イーサネット インターフェイス 1/1 に分類ポリシーを結合します。 
      (config)# interface ethernet 1/1
      (config-if)# service-policy type qos input pmap-qos-eth1-1
      (config-if)# exit
       
       
      ステップ 3初めにシステム全体で qos-group の定義を設定します。  
      (config)# class-map type queuing cmap-que-bandwidth
      (config-cmap-que)# match qos-group 2
      (config-cmap-que)# exit
       
       
      ステップ 4 出力帯域幅ポリシーを設定します。  
      (注)     

      まず class-default と class-fcoe のデフォルトの帯域幅設定を小さくすれば、ユーザ定義のクラス cmap-que-bandwidth に帯域幅を正常に割り当てることができます。

      (config)# policy-map type queuing pmap-que-eth1-2
      (config-pmap-que)# class type queuing class-default
      (config-pmap-c-que)# bandwidth percent 10
      (config-pmap-c-que)# exit
      (config-pmap-que)# class type queuing class-fcoe
      (config-pmap-c-que)# bandwidth percent 40
      (config-pmap-c-que)# exit
      (config-pmap-que)# class type queuing cmap-que-bandwidth
      (config-pmap-c-que)# bandwidth percent 50
      (config-pmap-c-que)# exit
      (config-pmap-que)# exit
       
       
      ステップ 5帯域幅ポリシーを出力インターフェイスに追加します。  
      (config)# interface ethernet 1/3
      (config-if)# service-policy type queuing output pmap-que-eth1-2
      (config-if)# exit
       
       
      ステップ 6 システム クラスを qos-group 2 に割り当てます。  
      (config)# class-map type network-qos cmap-nq-bandwidth
      (config-cmap-nq)# match qos-group 2
      (config-cmap-nq)# exit
       
       
      ステップ 7network-qos ポリシーを設定します。  
      (config)# policy-map type network-qos pmap-nq-bandwidth
      (config-pmap-nq)# class type network-qos cmap-nq-bandwidth
      (config-pmap-c-nq)# exit
      (config-pmap-nq)# exit
       
       
      ステップ 8network-qos ポリシーをシステムに追加します。  
      (config)# system qos
      (config-sys-qos)# service-policy type network-qos pmap-nq-bandwidth
      (config-sys-qos)# exit
       
       

      QoS 例 3

      次の例は、CoS 値 3 の 802.1p タグを着信タグなしパケットに追加し、イーサネット インターフェイス 1/15 にプライオリティ フロー制御ネゴシエーションを強制的に設定する方法を示しています。

      手順
         コマンドまたはアクション目的
        ステップ 1 入力分類ポリシーを設定します(アクセス コントロール リストは定義済みです)。  
        (config)# interface Ethernet 1/15
        (config-if)# untagged cos 3
        (config-if)# priority-flow-control mode on
        (config-if)# exit