Cisco Nexus 6000 シリーズ NX-OS Quality of Service コンフィギュレーション ガイド、リリース 7.x
マイクロバースト モニタリング
マイクロバースト モニタリング

マイクロバースト モニタリング

この章の内容は、次のとおりです。

マイクロバースト モニタリング

マイクロバースト モニタリングに関する情報

マイクロバースト モニタリングの概要

マイクロバースト モニタリング機能は、入出力ポートの両方でポートごとにトラフィックをモニタし、非常に短い時間(マイクロ秒)内で不測のデータ バーストを検出できるようにするものです。 これにより、データ消失の危険性があったり、追加の帯域幅を必要とするようなネットワーク フローを検出できます。

マイクロバーストは、所定の時間間隔で一定量のデータ(単位:バイト)を超過した場合に発生します。 マイクロバースト モニタリング機能では、これらの制限を絶対値として(データおよびバースト サイズの場合)、またはリンク速度の割合として指定できます。 これらのしきい値を超えると、システムは Syslog アラーム メッセージを生成します。

マイクロバースト モニタリングの使用方法

マイクロバースト モニタリング機能は、バーストをリアルタイムでモニタします。 モニタリング プロセスはデータ パス問題の概要を示すので、ネットワーク内の潜在的な容量問題の特定に役立ちます。 バーストが設定値を超えると、Syslog メッセージが生成されます。

マイクロバースト モニタリングは、以下の目的のためにリアルタイムのバースト情報を提供します。
  • ネットワークのマイクロバーストをモニタする
  • 輻輳検出とレイテンシ プロセスをトリガする

マイクロバースト モニタリングの注意事項と制約事項

  • マイクロバーストの検出はリンクごとを基準にして実行され、ポート チャネルは考慮されません。

  • マイクロバーストの検出はイーサネット ポート上だけでサポートされ、ファブリック エクステンダ テクノロジ(FEX)、ポート チャネル、仮想イーサネット(VETH)、仮想ファイバ チャネル(VFC)などのポートではサポートされていません。

マイクロバースト モニタリングの設定方法

マイクロバースト モニタリングの設定

マイクロバースト モニタリングを設定するには、インターフェイスのマイクロバーストしきい値を設定してから、インターフェイスで許容されるマイクロバーストの最大数を設定します。 入力ポートと出力ポートの設定は別々に行います。

手順
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 enable


    例:
    switch> enable
     

    特権 EXEC モードをイネーブルにします。 パスワードを入力します(要求された場合)。

     
    ステップ 2configure terminal


    例:
    switch# configure terminal
    switch(config)#
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 3interface ethernet slot/port


    例:
    switch(config)# interface ethernet 1/1
     

    インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 4burst threshold ingress limit percent interval interval_time


    例:
    switch(config-if)# burst threshold ingress limit 60 interval 10000000
     

    インターフェイスの入力トラフィックのマイクロバーストしきい値を設定します。

     
    ステップ 5burst threshold egress size max_bytes interval interval_time


    例:
    switch(config-if)# burst threshold egress size 500000 interval 16000
     

    インターフェイスの出力トラフィックのマイクロバーストしきい値を設定します。

     
    ステップ 6burst maximum egress burst-count max_bytes


    例:
    switch(config-if)# burst maximum egress burst-count 50000
     

    出力方向のポートの中断が生成されるまでの時間間隔内で許容される、マイクロバーストの最大数を設定します。 この時間間隔は、マイクロバーストしきい値間隔(単位:秒)に 10 を掛けた値と等しくなります。

     
    ステップ 7burst maximum ingress burst-count max_bytes


    例:
    switch(config-if)# burst maximum ingress burst-count 600000
     

    入力方向のポートの中断が生成されるまでの時間間隔内で許容される、マイクロバーストの最大数を設定します。 この時間間隔は、マイクロバーストしきい値間隔(単位:秒)に 10 を掛けた値と等しくなります。

     
    ステップ 8exit


    例:
    switch(config-if)# exit
     

    設定を更新し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

     
    ステップ 9copy running-config startup-config


    例:
    switch(config)# copy running-config startup-config
    
     
    (任意)

    リブートおよびリスタート時に実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーして、変更を永続的に保存します。

     

    マイクロバースト モニタリングの確認

    マイクロバースト モニタリング情報を表示するには、次の show コマンドを入力します。

    コマンド 目的

    show interface burst-counters

    マイクロバースト モニタリングが設定されているすべてのインターフェイスのマイクロバースト カウンタ情報を表示します。

    マイクロバースト モニタリングの例

    マイクロバースト モニタリングの設定例

    次の例は、イーサネット インターフェイス上でのマイクロバースト モニタリングの設定方法を示しています。

    switch# configuration terminal   
    switch(config)# interface ethernet 1/1
    switch(config-if)# burst threshold egress limit 50 interval 30
    switch(config-if)# burst threshold ingress size 500000 interval 16000
    switch(config-if)# burst maximum egress burst-count 50000
    switch(config-if)# burst maximum ingress burst-count 600000
    switch(config-if)# exit
    switch(config)# copy running-config startup-config